ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月30日火曜日

1粒CBD50mg配合の高濃度CBDグミ-Alpentol


CBDグミは、CBD配合量が1粒10mg~25mg程度のものが少なくありません。

1粒でもっとたくさんのCBDを摂るのに最適な製品が「アルペントル CBDグミ」です。

アルペントル CBDグミは、1粒50mgのCBDを配合しています。


CBDは麻に含まれる成分の一種で、カンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

植物から抽出される天然の成分で、WHOは安全性を認めています。

さまざまな研究が進められており、体の恒常性の維持をサポートすることが期待できるとされています。

日本には大麻取締法があり、大麻の所持や使用に規制がありますが、日本に輸入されているCBDは大麻取締法では規制対象外となっている、大麻草の成熟した種子や茎から成分を抽出したものです。

輸入の際には必要書類を提出しており、日本で禁止されているTHCは含まないことが確認されています。

Cannabidiolは成分分析を行っており、成分分析書をホームページで公開しています。

THCフリーの製品です。


グミタイプのよいところは、おいしくCBDを摂取できることです。

1袋の中に、リンゴ・ラズベリー・イチゴ・オレンジ・レモン・パイナップの6種類のフレーバーが入っています。

天然由来成分100%で、合成着色料や人工甘味料などは使用していません。


1日に摂取する量は2粒程度までを目安にしましょう。

体調を見ながら量を調整してください。舌の皮膚から吸収されることが期待できるので、すぐにのみ込んでしまわず、しばらく舐めながらゆっくり食べるようにします。


1粒50mgのCBDを配合している、CBDオイルやリキッドが苦手な方でもおいしく抵抗なく摂取できるCBDグミです。


→アルペントルCBDグミ 1粒50mg 80粒4000mg


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月26日金曜日

葉っぱがポイント。棒付きCBDキャンディ-CHILL STICK CANDY


CBDは舌下から吸収させる方法が吸収率が高いといわれています。

オイルは舌下に垂らして使用する製品ですが、もっとおいしくCBDを摂取したいと思いませんか。

おいしさを考えたCBD製品が「CBD スティック・キャンディ」です。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種である天然成分です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、その中でもCBDがよく知られています。

世界で注目されており、現在も研究が進められている成分です。

CBD スティック・キャンディは、オーガニック認証の畑で栽培された、遺伝子組み換えでない大麻草からCBDを抽出しています。

GMP認証された設備で精製しており、THCは一切含んでいません。

また、農薬、化学合成物質、重質溶剤なども一切含んでいません。

成分分析をしており、結果を公表しています。


CBD スティック・キャンディは、オレンジ、リンゴなどのフレーバーはつけておらず、水あめの甘さのある味です。

フレーバーが苦手な方でも食べやすい味となっています。

スティック・キャンディのよいところは、CBDを舌下から吸収させられることです。

舐めているだけで舌に触れるので、自然とCBDが吸収されていきます。

また、周りからは普通のキャンディを食べているようにしか見えないので、人目が気になりにくいです。

気分転換にも適しています。


摂取量は体調を見ながら調整してください。

1本あたり30mgのCBDを摂取する事が可能です。

運転前や運転中の摂取は控えるようにします。

食べる際には、スティックを誤って飲まないように注意をしてください。


舐めるだけでおいしくCBDを摂取できる製品です。

気分転換や日々のコンディションのサポートに役立つことでしょう。


→CHILL STICK CANDY CBD30mg配合


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月21日日曜日

リラックスと栄養補給!アスリートの為に考えられたCBDグミ-MEDTERRA


MEDTERRA(メディテラ)は、CBDブランドとしてアメリカ国内で3冠を達成しているブランドです。

そんなメディテラからCBDグミが登場しました。

CBDの味が苦手な方にとっても食べやすいグミとなっています。


メディテラはCBD製品開発に携わってきたメンバーが集い誕生したブランドです。

アメリカ国内では、全米食料品店CBDブランド売上第1位、米CVS薬局CBDブランド売上第1位、全米オーガニックCBDクリーム売上1位を獲得しています。

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草にはTHCという日本の法律で規制されている成分が含まれていますが、メディテラではTHCを取り除いた成分を使用しています。

二酸化炭素抽出方法によって限りなく純粋な99%純度のCBDです。

製造の最終段階ではTHCを含んでいないことを確認しています。


メディテラ CBDグミは、1粒当たり25mgのCBDを配合しています。

1袋は30粒入りで、1袋では750mgのCBDを配合していることになります。

タイプは、キープカームとイミュノブーストの2種類を用意しています。

キープカームはリラックスしたいときに、イミュノブーストはビタミンCと亜鉛も配合しており、栄養補給をしたいときに適しています。

どちらもナチュラルフレーバーです。

グミはゼラチンを使用しているものが多くありますが、メディテラ CBDグミはヴィーガンに対応をしています。


1日1粒を目安に摂取をします。

噛まずに口の中で溶かしながら摂るようにします。


メディテラは安心できる製品をお届けしているCBDブランドです。

そんなブランドのグミなら、CBDを試したことがない方でも安心して摂取できることでしょう。

また、グミなら抵抗なく食べられるはずです。


→MEDTERRA CBDグミ 750mg


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月20日土曜日

ビタミンC配合のCBDグミ!1ボトルCBD1000mg配合


お菓子を食べるなら、体のことを考えたものを選んでみませんか。

CBDとビタミンCを同時に摂取できるものが「&CBD Gummy」です。


CBDは大麻草に含まれる少なくとも114種類あるカンナビノイドの一種です。

日本には大麻取締法があり、大麻取扱者以外は所有などを禁止されていますが、大麻草の成熟した種子や茎は大麻取締法の対象外です。

CBDは、大麻草の成熟した種子や茎から抽出されており、日本の法律では合法です。

さまざまな研究が進められており、欧米では医薬品として承認されています。


&CBD Gummyは、1粒当たり20mg、1ボトルあたり1000mgのCBDを配合しています。

フルスペクトラムという、CBDVやCBGなど大麻草に含まれる他のカンナビノイドも含有するものを使用しています。

さらに、ビタミンCもプラスされています。

ビタミンCは人間の体内で合成することができず、食事などから摂取する必要があります。

コラーゲンを作る、鉄の吸収をよくする、体内で発生する活性酸素の影響を抑えるなどの働きがある栄養素です。

ビタミンCは不安定な栄養素で、光や熱などによって減少してしまい、調理をすることでも調理方法によっては減少します。

しかし、グミなら手軽に口にできます。


&CBD Gummyは、体調を見ながら1日の摂取量を調整してください。

舌の皮膚から吸収させたいので、噛んですぐにのみ込んでしまうのではなく、口の中で溶かしながらゆっくりと食べるようにします。


グミという形なら、いつでもどこでも気軽に口にできます。

&CBD GummyならCBDだけでなく、食事などから摂らなければならないビタミンCも配合されており、コンディションの維持に役立つことでしょう。

→フルスペクトラムCBDグミ


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

なんと1粒50mg!超高濃度CBDグミ-Lechill


いつでもどこでも気軽に食べることができ、グミは簡単にCBDを摂取できる形だといえるでしょう。

しかし、カロリーが気になる、味が好みでないという方もいると思います。

1粒に多くの量のCBDを配合した、日本人好みのフレーバーのグミが登場しました。

それが「Lechill(レチル)CBDグミ」です。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

さまざまな分野で研究が進められており、リラックス作用や睡眠の質の改善が期待できるとされています。

大麻草と聞くと違法ではないかと思うかもしれませんが、CBDは日本の法律では合法です。

大麻取締法では、大麻草の種子およびそれを使用した製品、茎およびそれを使用した製品は規制の対象外とされています。

そのため、CBDは大麻草の種子や茎から抽出されています。


レチルが使用しているCBDは、大麻草の成熟した茎や種子から、冷抽出という方法で抽出をしています。

抽出時に余分な圧力をかけず、植物成分を維持しながら成分を得ることが可能です。

ロット毎にTHC、重金属、残留農薬、微生物の検査をアメリカン第三者機関に依頼をして検査をしており、THCフリーであることなどを確認しています。

原料を除く製品の製造はすべて日本で行い、最終製造は日本で行われています。


CBDグミは海外製のものが少なくなく、ダブルアップルやチェリーなど日本人にはなじみが薄い味が多くで回っていますが、レチル CBDグミは日本人が食べることを考え、なじみのあるグレープ味となっています。

1粒のCBD配合量は50mgです。

他社のものは1粒10mg程度が一般的で、レチル CBDグミなら5粒分を1粒で摂ることができます。

食べる量が少なくて済むため、カロリーが気になりにくいです。


1日目安量は1~2粒です。

噛まずに口の中でゆっくりと溶かしてください。


1粒50mgのCBD配合、日本人になじみのあるグレープ味を採用した、食べやすいCBDグミといえるでしょう。


→Lechill CBDグミ 1500mg


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月13日土曜日

1粒10mgで摂取量を調整しやすいCBDグミ-green roads


お菓子感覚でCBDを摂取できれば、いつでもどこでもCBDを摂りやすいと思いませんか。

CBDオイルやリキッドで摂ることに抵抗をか感じる方、苦味に抵抗を感じる方におすすめなものが「green roads(グリーンローズ) CBDグミ」です。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれているといわれており、麻の品種によってはカンナビノイドの40%ほどをCBDが占めているといわれています。

世界中で研究が進められている、麻に含まれる成分の中でも注目されているものです。

イキイキとした毎日、心身のリラックス、恒常性の維持などに役立つとされています。

green roadsは薬剤師が立ち上げたブランドで、アメリカのCBD市場の6%を占めています。

アメリカだけでなく世界に商品を発信し続けており、2018年、2019年には、「ベストCBD製品賞」「CBD貢献賞」を受賞しています。


green roads CBDグミは、一口サイズのグミにCBDを配合したものです。

1ボトルの内容量は30粒、1ボトルあたりには300mg、1粒には10mgのCBDを配合しています。

グミのフレーバーは、ブルーベリー、チェリー、オレンジ、レモン、グリーンアップルの5種類です。

一般的なグミと同じように食べやすいフレーバーとなっています。

CBDオイルの苦味に抵抗を感じる方でも、おいしくCBDを摂取できることでしょう。


CBDグミは一般的なお菓子のグミと同じように食べることができますが、過剰摂取にならないように気をつけてください。

適切なCBD摂取量は人によって異なるので、最初は1日1粒から食べるようにし、体調をみながら量を調整します。


グミタイプのCBD製品は、苦味が気にならず、摂取している姿を人に見られても抵抗を感じにくく、気軽に利用できるものといえるでしょう。

心身のコンディションのサポートへの働きが期待できます。


→green roads CBDグミ CBD300MG


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月18日日曜日

手軽に可愛く3種のCBDキャンディ-WEENERGY


普段からカバンに飴を入れて持ち歩き、よく口にしている人は少なくありません。

飴は手軽に口にできる食品なのです。

そんな飴にCBDを配合した製品が、WEENERGY CBDキャンディです。


人間の体内にはエンカンナビノイドシステム(ESC)というものが備わっています。

ESCは食欲、睡眠、運動機能など生態を調整しているシステムなのですが、ストレスや加齢の影響で働きが低下をしてしまいます。

ESCの機能低下がさまざまな不調に原因になるといわれています。

弱った機能を手助けするものがCBDです。

CBDは麻に含まれる成分の一種、心身の不調をサポートすると注目が集まっています。

CBDの安全性と薬理作用はWHOが認めています。

麻にはTHCという成分が含まれていて、この成分は日本の法律で禁止されているので、WEENERGY CBDキャンディはTHCを取り除いた成分を使用しています。

第三者機関によってTHCを含んでいないことが検査済みです。

CBDの原料を輸入して日本で生産・管理をしています。


キャンディのフレーバーは、イチゴ・レモン・グレープの3種類です。

海外製のキャンディやグミなどは日本人の口に合わないものが珍しくありませんが、WEENERGY CBDキャンディは日本で生産されており、日本人好みの味となっています。


1日当たりの摂取量に決まりはありません。

イライラしたとき、リフレッシュしたいとき、口寂しいとき、集中力が続かないときなどに摂取することがおすすめです。

CBDの摂取で眠気がでることがあるので、運転前や運転中には摂取をしないでください。


CBD製品はオイルが多く出回っていますが、WEENERGY CBDキャンディは飴という形なのでいつでもどこでもCBDを摂取しやすくなっています。


→WEENERGY CBDキャンディ(75mg配合)

ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ナチュラルフレーバーCBDグミ-+WEED(プラスウィード)


PLUS WEED GUMMY CBDは、手軽に食べられるCBD入りのグミです。

オイルは苦味があって苦手、リキッドや外出先で気軽に吸引できない、このような悩みを抱えている方に向いている製品といえます。


CBDは麻に含まれるカンナビノイドで、現在研究が進められており、さまざまな報告がされている成分です。

麻と聞くと危険なイメージを持つかもしれませんが、日本の法律で規制をしているのは麻に含まれるTHCという成分です。

THCには向精神作用がありますが、CBDには向精神作用はありません。

PLUS WEED GUMMY CBDは1粒当たりに20mg、1ボトル50粒入りで1ボトルには約1000mgを配合しています。


グミは「+WEED」のWやEなどの形をしています。

一口サイズの食べやすい大きさです。

ナチュラルフレーバーでクセがありません。

砂糖やイソマルトオリゴ糖を使用しているため、CBD独特の苦みが気になりにくくなっています。

オイルが苦手という方でも味を気にせずに摂取しやすいことでしょう。

ボトル入りなので持ち運びが可能です。

仕事中にリフレッシュしたいとき、外出先で気分転換したくなったときなど、手軽に口に入れられます。


1日の摂取量に決まりはありませんが、はじめてCBDを摂取する方は1日1~2粒程度の少ない量から始めるようにします。

体の調子を見ながら量を調整してください。原料の一部にはゼラチンと大豆を使用しているので、原材料名を確認してアレルギーを持っている方は摂取を控えてください。


PLUS WEED GUMMY CBDは1粒に20mgのCBDを配合した、手軽に食べられるグミです。

気になったときに摂取ができて、毎日の生活をサポートしてくれることに役立てられることでしょう。


→PLUS WEED CBDグミ


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ナノ化されたCBDグミで吸収率を高く-CBD LIVING


今回ご紹介する製品は、CBD LIVINGのグミです。

CBD LIVINGは、ブリティッシュ・コロンビア大学の科学者が集まり、カンナビノイドテクノロジーの研究に取り組み、ナノ化したCBDを製品として開発したメーカーです。

カリフォルニア州コロナに本拠地を置いています。


CBD LIVINGのグミは、ナノ化したCBDを使用していることが特徴です。

CBDはオイルになじみやすい性質がありますが、水には溶けにくい性質があります。

そのため、一般的に出回っているCBD製品はオイルタイプが多いです。

ところが、ナノ化することでCBDが水に溶けやすくなります。

そして、ナノ化したCBDは生物学的利用能が高いため、少量でも力を発揮することが期待できます。

CBDの抽出には有機麻植物を使用しています。

有機作物は農薬や化学肥料に頼らずに栽培されています。

グミにはこのナノ化したCBDを1粒当たり10mg配合をしています。


グミのフレーバーは、ナチュラルグミ・サワーグミ・ヴィーガングミ・チェリーフレーバー・グリーンアップルフレーバーの5種類です。

どれもフルーツ風味の食べやすい味です。忙しいときでも手軽に食べられる一口サイズとなっています。


1日の目安量は1~2粒です。

CBDは忍容性が高い成分ですが、食べ過ぎないようにしてください。

初めて摂取する場合は、1粒から食べるようにしましょう。

体の調子をみながら量を調整してください。

より実感するためには空腹時の摂取がおすすめです。

リフレッシュしたいとき、眠れないときなどにもおすすめです。


ナノ化したCBDを使った製品は多くはありません。

CBD LIVINGのグミはナノ化CBDを配合しており、貴重な製品といえるでしょう。


→CBD LIVING ナノ化CBD 1粒10mg 30粒入り

▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

パッケージも馴染み深い国産CBDグミ-EAST


CBD製品はオイルやリキッドタイプのものが多く、舌に垂らしたり、ヴェポライザーで吸引したりなど、人前で摂取するにはためらいを感じてしまいませんか。

もっと手軽にCBDを摂取したいという方にピッタリな製品が、EAST CBD グミです。


EAST CBD グミは、1粒当たりに20mgのCBDを配合しているグミです。

CBDとはヘンプに含まれるカンナビノイドの一種です。

ヘンプというと危険なイメージがあるかもしれませんが、EAST CBD グミには日本の法律で規制されているTHCは一切含まれていません。

純度99.9%以上のピュアなグレードのCBDです。

THCもヘンプに含まれる成分で向精神作用がありますが、CBDにはそのような働きはありません。

CBDは医療分野での研究が進んでおり、世界中で数多くの論文が発表されています。


グミはかわいいクマの形をしています。

一般的なグミと同じ見た目なので、人前でも気にせずに食べられることでしょう。

フレーバーは、ストロベリーです。

イチゴがデザインされたパッケージが印象的です。

グミもイチゴをイメージした赤い色をしていますが、これは合成着色料ではなく、いちご濃縮果汁やベニコウジ色素によるものです。

そして、EAST CBD グミは日本製です。海外から輸入をしたCBD製品が多い中、EASTは日本国内の工場で製品を製造しており、メイドインジャパンの製品をお届けしています。


1日の摂取量に決まりはありません。

イライラしていると、気分を変えたいとき、やる気が出ないときなどにおすすめです。


純度99.9%のピュアなCBDを使用して日本国内で製造したCBDグミです。

グミタイプなので一人でも、友達と分けても食べやすくなっています。


→国産EAST CBDグミ CBD160mg


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ゼラチン不使用のナチュラルCBDグミ-AVIDA


ストレスがたまりがち、ゆっくり休むことができない、このような悩みを抱えていませんか。

忙しい現代人のサポートが期待できる成分がCBDです。

しかし、CBDは苦味があって摂取しにくいと感じてしまうことがあります。

そのような方でも手軽に取りやすいCBD製品が、AVIDA 快眠 Relax CBD Gummiesです。


CBDは医療や健康の分野で注目されている成分で、これまでの研究では精神の安定や不安の軽減などの働きが報告されています。

麻から抽出される成分ですが、日本の法律では規制されているTHCを含んでいません。

1粒当たりには10mgのCBDを配合しています。


AVIDAは自然の素材やオーガニックの成分を使用しており、グミ表面には有機サトウキビから作られた砂糖がまぶされています。

グミに色がついていますが、これは有機性果物や野菜ジュースの色です。

その他に使用している成分はオーガニックタピオカシロップ、リンゴ酸、クエン酸、ナチュラルフレーバー、ペクチンなどです。

どれもナチュラルな成分です。

ゼラチンを使用しているグミは暖かくなると溶けてしまいますが、AVIDAのグミはゼラチンは使用しておらず、オレンジの皮から作られているので暖かくなっても溶けることがありません。


1日の推奨量は2粒です。

仕事中のリラックスに、眠れないときに、運動後に、気分を切り替えたいときになど、好きなタイミングで摂取できます。

ケースに入っているのでカバンに入れて持ち運びをしやすいです。


ナチュラルな成分を使用しており、サトウキビも使用されているので、苦味を気にせずに摂取しやすいCBD製品です。

いつでもどこでも気になったときに手軽に口にできます。


→AVIDA CBDグミ 360mg 36粒入り


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月5日月曜日

CBDエディブルの安全性とメリット


CBDはオイルを飲むことが一般的な摂取方法でしたが、食べることもできます。

そういった商品のことをCBDエディブルといいます。

ここでは、CBDエディブルとは何かやCBDエディブルのメリットを紹介します。


CBDエディブルとは

英語の「エディブル(edible)」には「食べる」という意味があります。

CBDエディブルとは食べるCBDのことです。

グミとして摂取するタイプが多いです。

CBDは独特の苦みがあり、オイルをそのまま摂取すると苦味が気になります。

苦いものが苦手な方は摂取しにくく感じることでしょう。

グミのような食べるタイプのCBDだと、苦味を気にせずにおいしく摂取をしやすいです。


安全性は?

CBDとは、大麻草に含まれている80種類以上のカンナビノイドの一種です。

さまざまなカンナビノイドがある中、CBDは多くの研究者によって調べられていて、医療分野でも科学分野でも注目されています。

大麻草というと危険なイメージがあるかもしれませんが、日本で販売されているCBDエディブルは安全な成分を使用しています。

日本の法律で規制されているのは、大麻草に含まれるTHCという成分です。

THCには精神に働きかける作用があり、幻覚や幻聴を引き起こすことがあります。

一方、CBDには向精神作用はありません。日本の法律ではCBDを規制しておらず、またWHOはCBDの安全性を認めています。

そして、成分を抽出する部位がTHCとCBDでは違います。

CBDを抽出する部位は日本の法律で規制されていない、成熟した大麻草の種子や茎です。

CBD製品にはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートなどの種類があります。

フルスペクトラムとは、大麻草に含まれるさまざまな成分をそのまま含有しているもののことです。

CBDをはじめとしたカンナビノイド類やテルペンなどを含有しています。

フルスペクトラムにはTHCも含まれています。

ブロードスペクトラムとは、CBDをはじめとしたカンナビノイドやテルペンなどは含んでいますが、THCは取り除いたものです。

アイソレートとは、純度が高いCBDのことです。

CBD以外のカンナビノイドやテルペンなどは含んでいません。

日本で販売されているCBD製品はTHCを含んでいないものです。

また、原料はアメリカやヨーロッパなどから輸入されることが多いのですが、輸入は日本の厚生労働省の指導のもと行われています。


CBDエディブルのメリット

苦味が気にならない

CBDエディブルはグミタイプの製品が多いです。

一般的なグミもそうですが、グミは甘い食べものです。

甘味がCBD独特の苦みをわからなくしてくれて、苦味が苦手な方でも食べやすくなっています。


持ち運びしやすい

オイルの場合、しっかりふたを閉めていてもカバンの中でキャップが開いてしまい、中身がこぼれてしまう心配があります。

また、瓶に入っているものが多いので重さが気になります。

グミタイプのCBDエディブルは液体のように周りを汚すことがありません。

汚す心配がないので、カバンに入れて持ち運びをしやすいです。

重さもそれほど気になりません。


手軽に食べられる

CBDエディブルを食べていても、周りの人からはCBDを摂っているようには見えません。

グミタイプの場合なら、「お菓子を食べているのかな」と普通のグミを食べているように見えます。

オイルやパウダータイプの場合は、舌の下にしばらく置いてから飲み込む摂取方法をします。

人がいるところだと口を開けて舌にオイルを垂らしている姿をみられることにためらいを感じるのではないでしょうか。

しかし、CBDアディブルならそういったことがありません。


安心できる成分

グミは砂糖たっぷりな食べものというイメージがありませんか。

WHOは砂糖などの糖類の摂取量をエネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めています。

CBDエディブルのグミは砂糖を使用せず、アガベや果汁など天然の甘味を使っているものが多いです。

健康志向の人でも安心できるように、合成香料や合成着色料などの成分は使用していません。

グミには色がついていますが天然成分によるものです。


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月29日火曜日

CBD入りのローズマリーはちみつ-ビーマイン


今回ご紹介する製品は、ビーマイン CBDハニープラスです。

ビーマインの蜜蜂ノウハウとCBDを組み合わせたCBD入りのハチミツです。


CBDは独特の苦みがあり、そのままでは摂取しにくく感じる方もいます。

しかし、ハチミツと組みあわせたCBDハニープラスには甘味があり、苦味が苦手な方でも摂取しやすくなっています。

甘いものが好きな方にもおすすめです。


CBDは除草剤・殺虫剤・化学物不使用のオーガニックヘンプから抽出をしています。

成熟したヘンプの種子と茎から抽出しており、精神活性作用のあるTHCは含んでいません。

CBDを抽出する際には、毒性のある溶剤やアルコールは使わない、ヘンプに含まれる成分を活かす方法を採用しています。

口にするものなので安全面が気になるところですが、第三者機関による不純物・濃度・微生物・重金属の検査を受けています。

ハチミツは蜜蜂が採取する花の種類により、アカシア、レンゲなどの種類があります。

ビーマイン CBDハニープラスが使用しているハチミツは、ローズマリーはちみつです。

ローズマリーの葉には清涼感があり、アロマオイルや料理に使用されています。

マリアさまのバラ、若返りのハーブとも呼ばれています。

さらにオリーブオイルもプラスしています。

オリーブオイルはオレイン酸が豊富で、悪玉コレステロールを減らすとされています。


CBDハニープラスは、通常のハチミツと同じように摂取ができます。

パン、ヨーグルト、飲み物などの料理に加えても、そのままでも好みの方法で摂取してください。

1日目安量は小さじ1杯です。


甘いハチミツが好きな方は少なくないことでしょう。

ビーマイン CBDハニープラスは、ハチミツの甘さを楽しめるCBD製品です。



→ビーマイン CBD ハニープラス 300mg


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月20日日曜日

国産のCBD入りローチョコレート!カカオ77%


CBDはさまざまな可能性が秘められているといわれる、医学・薬学の両面から注目されている成分です。

そんなCBDとスーパーフードを組み合わせた製品が、CBDローチョコレート カカオ77%です。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。大麻草は危険なイメージがあるかもしれませんが、それは大麻草に含まれるTHCという成分です。

CBDには精神活性作用はなく、日本の法律で規制はされていません。

日本で流通しているものは厚生労働省の指導の下に輸入されており、THCは一切含まれていません。

1枚あたりのCBD配合量は50mgです。


CBDローチョコレートは、カカオを77%配合をしています。

一般的なチョコレートに使用されるカカオはローストされていますが、このチョコレートの場合はローストをせずに、カカオの栄養素をそのまま抽出をしています。

カカオには、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅などさまざまな栄養素が含まれていて、スーパーフードといわれています。

また、製造工程でも熱を加えないように注意をしており、低温(45度以下)で製造をしています。

砂糖は使用せず、甘味には特別栽培黒糖やココナッツシュガーを使用しています。

使用するカカオ以外の原料も非加熱にこだわっており、ココナッツシュガーは非加熱のものです。

フレーバーは、オレンジ、ラズベリー、シナモン、プレーンの4種類です。プレーン以外のチョコレートには、そのオレンジやラスベリーなどのトッピングをしています。


1日の摂取目安量に決まりはありません。

高温多湿・直射日光を避けて保管をしてください。


CBDとスーパーフードであるカカオを組み合わせたCBDチョコレートを楽しんでみませんか。



→CBDローチョコレート CBD50mg カカオ77%



ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月19日土曜日

CBDキャンディーでいつでも手軽にCBD摂取-ataracia


CBDをいつでも手軽に摂れる製品が、ataracia CBDキャディーです。

外出先でCBDを摂取したい、子どもにもすすめたい、CBD製品の味が苦手、家族や友人にプレゼントしたい、このような方に適しています。


ataraciaは、より身近にCBD製品を手に取って欲しいというビジョンを掲げている日本のブランドで、オイル、飴、ボディクリームなど年齢や性別を問わずに手に取りやすい製品を展開しています。

原料や製造工程にこだわりがあり、違法成分であるTHCを一切含まない原料をアメリカから輸入し、日本向けに構築した製造ラインで製品の製造を行っています。

CBDを抽出するヘンプは、日本で許可されている成熟した種子と茎を使用しています。第三者機関で成分分析を行い、THCが一切含まれていないことを確認しています。


ataracia CBDキャンディー1袋には75mgのCBDを配合しています。

1袋10粒入りで、1粒当たりのCBD配合量は7.5mgです。

グラニュー糖、水飴、はちみつ、生姜粉末を原料に使用しています。

はちみつを加えているため、ほのかな優しい甘味を感じられるキャンディーとなっています。

柔らかなオレンジ色をしており、見た目からも優しさを感じられます。

CBDには独特の苦みがあり、オイルでは摂取しにくいと感じてしまうことがありますが、CBDの味が苦手な方でも甘味を加えたキャンディーなら摂取しやすいです。

熟練の技を使って丁寧にCBDを練り込みました。


1日の目安量は2~3個です。

目安以上を摂取しても問題ありませんが、体の様子を見ながら摂取をしてください。


キャンディーだからこそいつでも持ち運べて手軽に摂取できるCBD製品です。


→ataracia CBDキャンディ CBD含有量7.5mg 10個入り



ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月2日水曜日

肉体改造にCBDを!CBDプロテイン-Greeus


CBDとプロテインを同時に摂取できる製品が、Greeus CBDプロテインです。

Greeusは、スイス原産の大麻草を使用して、日本国内でCBD製品を製造している国産ブランドです。
産業用大麻草の茎と種から抽出をしている、日本で認められているCBDを使用しています。
法律を遵守して、輸入・製造を行っており、日本で規制されているTHCは一切含んでいません。

CBDには恒常性の維持や健康の維持に役立つ働きが期待されています。
イライラしやすい、眠りが浅い、集中力の低下など気になる方をサポートします。
このような働きが期待できるCBDを植物由来のプロテインに配合をしています。
植物由来タンパク質にはいくつか種類がありますが、Greeus CBDプロテインにはヘンプタンパク・大豆タンパク・エンドウ豆タンパクを使用しています。
植物性由来なのでヴィーガンや乳製品にアレルギーがある方でも安心して摂取できます。
植物性タンパク質は非遺伝子組み換え作物由来のものです。
さらに、水溶性食物繊維とプランタゴオバタ末も配合をしています。
プランタゴオバタとはインドオオバコのことで、食物繊維を豊富に含有しています。
食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性は腸の働きを活発にし、水溶性は腸内細菌のエサになったり、糖や脂肪の吸収を穏やかにしたりする働きがあります。

豆由来のタンパク質を配合しているため、豆のような味がします。
香料、着色料、甘味料、添加物は不使用です。
1食あたり20gを目安に水に溶かして摂取をします。
ジュースや牛乳など好みの飲み物に混ぜて摂取することも可能です。

CBDとプロテイン、健康維持に大切な2つの成分を同時に摂取できる製品です。


➡Greeus CBDヘンププロテイン CBD140mg配合



ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月30日日曜日

CBD1粒50mgを一気に摂取可能なCBDカプセル-ENDOCA


今回ご紹介する製品は、エンドカ CBDヘンプオイルカプセルです。
カプセルにCBDを包み込むことで、CBDの苦味を気にせずに摂取しやすくなっています。
胃からの摂取となるため、CBDリキッドによる吸引や、CBDオイルでの舌下吸収に比べると即効性は低いですが、継続性は高くなります。

エンドカの製品は、オーガニック、無農薬、非遺伝子組み換えで、種から製品になるまで一貫して管理を行っています。
日本の規定に準じた、THCを含まないCBDが輸入されています。
精神に影響を与えるTHCを含んでいない安全なCBDです。
これをカプセルに詰め込んでいます。

カプセルの中身は、植物性カンナビノイド、テルペン類、その他の天然成分です。
植物性カンナビノイドとは、CBDを含むヘンプから抽出される成分です。
CBDと低濃度のCBC、CBG、CBNを含有しています。
1カプセル当たりのCBD含有量は50mgです。
テルペン類もヘンプから抽出される成分です。
植物が作り出す天然の成分のことで、CBDヘンプオイルカプセルには、ミルセンやリナロールといったテルペン類が含まれています。
その他の天然成分とは、ビタミン、アミノ酸、色素、水、フラボノイドなど植物に含まれる成分のことです。
400種類以上の成分が含まれています。
カプセルは植物性のもので、防腐剤、人工着色料、デンプン、砂糖、トウモロコシ、小麦、乳製品は含まれていません。
グルテンフリーなヴィーガンにタイプしているカプセルです。

適量は人それぞれ違うので、1日1粒から始めて適量をみつけてください。
1箱30粒入りで、毎日1粒を摂取していると30日分です。
薬を服用している方は医師または薬剤師に相談してください。

エンドカ CBDヘンプオイルカプセルは、1粒50mgを含有した天然成分で作られた製品です。
毎日の生活で、旅行先で、手軽に摂取できる製品となっています。


➡ENDOCA CBDヘンプオイルカプセル CBD1500mg



ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDをお菓子感覚で!CBDチューイングガム-ENDOCA


「お菓子感覚でCBDを摂取したい」そのような方にうれしい製品が、エンドカ CBDチューイングガムです。

エンドカはヨーロッパで誕生したCBDブランドです。
「種から棚まで」をポリシーに、すべての生産工程を管理した、オーガニックで非遺伝子組み換えのCBD製品を生産しています。

CBDチューインガムの原料は、チクル、キシリトール、ペパーミント、ヒマワリレシチン、カンナビジオールです。
チクルとは、チューイングガムに使用される天然ガムのことです。
日本では1950年代ころにはチクルを使用したガムが販売されていました。
キシリトールやペパーミントは一般的なガムにも使用される成分です。
キシリトールの甘さとペパーミントの爽やかさを感じられます。
キシリトールは虫歯になりにくい成分であり、砂糖を使用していないチューイングガムなので、虫歯が気になる方でも安心できます。
ヒマワリレシチンは天然の乳化剤です。
CBDはヘンプに含まれるカンナビジオールのことです。
1粒あたり15mgのCBDを配合しています。
人工甘味料や合成着色料などは使わないシンプルなガムです。
CBDやそのほかの成分は純度に関して厳しいテストを受けており、最高水準の管理を行っています。

1日の目安量は1粒です。
1箱10粒入りで毎日摂取していると10日分です。
エンドカのCBDチューインガムは生分解性があり、飲み込んでも栄養となります。
温度によって色や味に変化が生じてしまいますが、食べても問題ありません。
高温多湿・直射日光を避けて保管してください。

エンドカが一貫して管理を行っている、安心できるチューイングガムといえるでしょう。
リラックスしたいとき、気分転換したいときなどにおすすめです。


➡ENDOCA CBDチューイングガム CBD150mg



ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月8日土曜日

より手軽にCBD摂取(アスリート向け)-MEDTTERA


今回ご紹介する製品は、メディテラ CBDゲルカプセルです。

メディテラはカリフォルニアで生まれたCBDブランドです。
製品の生産から消費まで追跡可能な環境を整えた、高品質で信頼性の高さにより、アスリートに支持されています。

CBDゲルカプセルは、ココナッツオイルにCBDを配合した製品です。
1粒当たり50mgのCBDを含有しています。
CBDには恒常性を保つ働きがあるといわれていて、心身の健康をサポートしてくれることが期待されます。
体を酷使するアスリートや日ごろからストレスを感じている方にとって、心身の健康を維持していくことは大切です。
メディテラに使用されるCBDはTHCが0%です。製造の最終段階で試験を行い、THCを含んでいないことを確認しています。
また、抽出に使用する麻は、アメリカ国内で栽培された非遺伝子組み換えのものです。
汚染されていない原料を使用しています。
カプセルタイプなので、どこにでも持ち運ぶことができ、旅行先などでも手軽に摂取できます。
カバンに入れて持ち運べる便利さがあります。
カプセルにCBDを包み込むことで、リキッドのような苦さが気になりません。

1日1粒程度からはじめてみてください。
過剰摂取にならないように注意が必要です。
リラックス作用があるといわれていて眠気を誘うことがあるので、運転前や運転中には摂取しないでください。
高温多湿を避けて、子どもの手が届かない場所で保管をします。
成分にはゼラチンを使用しています。
カプセルに包み込むために使用しているもので、アレルギーがある方は摂取を控えてください。

ストレスを日々感じている方、美容に関心がある方、体のケアを考えている方におすすめのCBDゲルカプセルです。


➡MEDTERRA CBD カプセル 50mg 30カプセル入



ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月6日木曜日

5つの味で美味しい高濃度CBDグミ-HEMP Baby


おいしくCBDを摂取したい、そのような方にうれしい製品が、ヘンプベイビーのCBDグミです。

ヘンプベイビーのCBDグミ100粒入りには、1ボトルに2500mgのCBDを使用しています。
甘味がつけられていて、CBDの苦味を気にせずに食べられます。
高濃度タイプなので、1粒25mgものCBDを摂取できるのも嬉しいポイントです

ヘンプベイビーでは、THCを含んでいないCBDを使用しています。
THCは精神への影響が心配される成分です。
CBDと同じで麻から抽出される成分ですが、CBDの抽出のために使用される麻の品種や部位とは違います。
ヘンプベイビーでは、独立した研究所でテストを行い、安全性を確かめたうえで製品を届けています。
グミのフレーバーは5種類で、1ボトルに5つの味が入っているのですべての味を楽しめます。
グリーンアップルはフレッシュなリンゴの味を楽しめるフレーバーです。
レモンは甘さ控えめのさっぱりした味です。
オレンジは柑橘系の爽やかな香りを感じられます。
ストロベリーはイチゴの風味がありながらも、ややCBDの苦味を感じられます。
ソーダはラムネのような味です。
それぞれのフレーバーのイメージにあった色付けがされていて、どのフレーバーなのか一目でわかるようになっています。
グミの形はクマのようです。ついたくさん食べたくなってしまうような柔らかさがあります。

1日の摂取量は決められていませんが、食べ過ぎないように注意をしてください。
食べる時間帯にも決まりはありません。
妊娠中・授乳中の方や運転前・運転中には食べないでください。
薬を服用している方は、医師または薬剤師に相談をしてください。
お子様の手が届く場所には保管しないでください。

苦味を気にせず、5つのフレーバーを楽しみながら、おいしく摂取できるCBD製品です。


➡HEMP Baby CBDグミ 100粒入り CBD25mg含有/1粒 計CBD2500mg含有


▼他にも、様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能なCBDグミ7選


ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べる の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示