ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月18日水曜日

サイズも濃度も丁度よいCBDオイル-AVIDA


なかなか寝付けない、リラックスできない、このように悩んでいる方は少なくありません。

睡眠やリラックスへの働きかけが期待されている成分がCBDです。

今回はAVIDA CBDオイルについて紹介をします。


CBDはヘンプから抽出されるカンナビノイドの一種の成分で、アメリカではエピディオレックスという医薬品が承認されています。

医薬品は一般の人は利用しにくいですが、AVIDA CBDオイルなら一般の人でも気軽に利用できます。


AVIDAでは、有機栽培のヘンプから成分を抽出したブロードスペクトラムCBDを使用しています。

ヘンプには113種類ほどのカンナビノイドが含まれており、ブロードスペクトラムはCBD以外のカンナビノイドであるCBDA、CBCなどや、テルペン類などを含有しています。

さまざまな成分が含まれていることで、それぞれの成分の相互作用が期待できます。

製品はGMP認定工場で製造をしています。

また、地球に配慮した製品製造にも配慮されています。

ヘンプにはTHCというカンナビノイドも含まれており、この成分は日本の法律では規制されています。

AVIDAでは第三者機関でテストを行い、問題がないことを確認しています。

THC検査の結果はオンライン上で公開をしています。


AVIDA CBDオイルはスポイトを使用して摂取をします。

舌に数滴を垂らしたら、1分程度そのままの状態に保ち、その後に飲み込みます。

あくびがでることがあるので、運転前や運転中には摂取しないでください。

通院している方、薬を服用している方は医師に相談をしてください。


AVIDAのCBDオイルは、有機栽培ヘンプを使用した、THCを含まない安心できる製品といえるでしょう。

安心できるものであれば、日常的に利用できます。


サイズも小さすぎず大きすぎずな30ml、CBD濃度も10%(CBD3000mg)と、日常的に続けやすいCBDオイルです。


→AVIDA CBDオイル 30ml 濃度10% CBD3000mg配合



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月2日月曜日

超高濃度CBDオイル!なんと40%-Naturecan


海外では一般の人もアスリートも利用しているものがCBDです。

今回は「Naturecan 40% CBDオイル」を紹介します。


麻は古代から人間が利用してきた植物です。

CBDは麻から抽出される成分で、現在研究が進められており、さまざまな働きが期待されています。

リラックスしたいとき、気持ちを切り替えたいとき、アクティブに過ごしたいときなどサポートをしてくれます。


CBD製品には3つのタイプがあります。

1つめはフルスペクトラムです。

麻に含まれる成分がそのまま残っています。

2つめはブロードスペクトラムです。

麻から抽出される成分からTHCを取り除いたものです。

CBDやその他のカンナビノイド、テルペンなどは含まれています。

3つめはアイソレートです。

純度の高いCBDで、CBD以外のカンナビノイドは含まれていません。

Naturecan 40% CBDオイルはブロードスペクトラムCBDオイルです。

麻には多数のカンナビノイドが含まれており、ブロードスペクトラムにも多数のカンナビノイドが含まれています。

そのため、それぞれの成分が相互に働くことが期待できます。

THCは0.0%で第三者機関によって検査済みです。

日本で出回っているCBDオイルは濃度が5~10%のものが多いのですが、NaturecanのCBDオイルは濃度40%です。

MCTオイルをベースに配合をしています。

スペアミントの風味を加えています。


ピペットが付属している容器に入っており、ピペットを使って舌に垂らして摂取をします。

1,2滴を舌に垂らし、1分ほどそのままおいて、その後に飲み込みます。

1滴あたりのCBD量は16mgです。

1日のCBD摂取量が70mgを超えないようにしてください。


ブロードスペクトラムのCBDを40%も配合した高品質なオイルといえるでしょう。


→Naturecan CBDオイル CBD40% CBD2000mg

当サイト限定のクーポンコードを利用すれば、更に15%引きにて購入可能です
→Naturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

コスメキッチンとElixinolがコラボしたCBDオイル-MINDFULNESS


今回ご紹介する製品は「マインドフルネス オイル エッセンス」です。

CBDとMCTオイルをブレンドした、コスメキッチンとコラボして実現した商品です。


麻には80~114種類ほどのカンナビノイドという物質が含まれており、CBDはその中の一つです。

麻の種類によってはカンナビノイドの40%ほどをCBDが占めていることがあります。

日本の法律では大麻草の所持や栽培などについて規制がされていますが、CBDは日本の法律では規制されていない麻の成熟した種子や茎から成分を抽出しています。

日本の厚生労働省の指導のもとに原料や製品の輸入が行われています。

マインドフルネス オイル エッセンス1本には、200mgのCBDを配合しています。


ベースとなるMCTオイルは、中鎖脂肪酸100%のオイルです。

中鎖脂肪酸やココナッツオイルやパーム核油など天然のものに含まれています。

一般的な植物油には長鎖脂肪酸が多く含まれています。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸では炭素数が違い、中鎖脂肪酸の方が炭素数が少なく、直接門脈を通って肝臓に届けられるため、素早くエネルギーになるといわれています。

MCTオイルは無味無臭ですが、CBDには独特の味がありますが、マインドフルネス オイル エッセンスはオレンジの香りをブレンドして、飲み物に混ぜてもそのままでも摂取しやすいようにされています。


スポイトタイプの容器で、直接舌に垂らす、飲み物に混ぜるなどして摂取が可能です。

舌に垂らして摂取をする場合は、数敵を垂らした後にしばらく口の中にとどめておき、その後に飲み込むようにします。


忙しくてリラックスする時間を作りにくい、手軽にCBDを試してみたいといった方をサポートするオイルです。


→MINDFULNESS CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月29日木曜日

CBDは空腹時に摂取しても良いの?効果的な摂取タイミングとは


CBDの働きを最大限に引き出すためには、摂取するタイミングが重要です。

医薬品の場合は空腹時、食後など服薬するタイミングが示されていますが、CBDにはそれがありません。

どのタイミングで摂取したらよいのか迷ってしまうことでしょう。

ここでは、CBDの働きを引き出すための摂取のタイミングや空腹時に摂取するメリットを紹介します。


CBDってどんな成分

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれています。

カンナビノイドとは、麻に含まれる化学物質の総称です。

CBDはその中の一つです。

大麻草にはTHCという成分も含まれています。

THCはマリファナの主成分で、受容体への感受性が高く、幻聴や幻覚を引き起こす成分です。

向精神作用があり、日本の法律では規制されています。

一方、CBDにはそういった働きはありません。

向精神作用はなく、WHOは安全性を認めています。

日本の法律では規制されていません。

また、THCとは抽出する部位が違い、CBDは日本の法律で規制されていない麻の成熟した種子や茎から抽出を行っています。

抽出したものからはTHCを完全に取り除く、THCを含んでいないことが第三者機関によって確かめられています。


CBDは油と一緒に摂取するとよい

ビタミンやミネラルのサプリメントの場合、胃の働きが活発になっている食事中や食後に摂取をすると吸収率が高まります。

逆に食事中や食後だと吸収が妨げられてしまう成分もあります。

アミノ酸は、運動前に摂取するとよいもの、運動後に摂取するとよいものがあります。

プロテインにはホエイ、大豆、カゼインなどがあり、それぞれ吸収スピードが違うので、どのタイミングで摂取したらよいのかも違います。

CBDの場合は、脂質が多い食事と一緒にCBDカプセルを摂取することで、空腹時の摂取に比べて4倍の吸収率になったとミネソタ大学の研究で報告されています。

CBDは油になじみやすい性質があります。

CBDオイルはココナッツオイル、MCTオイル、ヘンプオイルなどをベースにしてCBDを配合していますが、これはCBDが油になじみやすいからです。

脂溶性の成分は油と一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

ビタミンAやビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂取をすると吸収がよいです。

CBDもこれと同じことがいえそうです。


CBDは空腹時に摂取してもよい?

脂質を多く含む食事と摂取すると吸収率が高まると聞くと、空腹時には摂取しない方がよいように感じてしまうことでしょう。

しかし、空腹時に摂取してはいけないわけではありません。

食事と一緒に摂取をすると吸収率が高まったのは、脂質を一緒に摂取したからです。

つまり、CBDを摂取する際に脂質も一緒に摂れば、空腹時でも吸収率が高まることが期待できるのです。

CBDオイルは油を使用しているので、脂質と一緒にCBDを摂取することができます。

そのため、空腹時でも吸収がよいことが期待できます。

CBDカプセルの場合は、オイルをカプセルに閉じ込めているものならCBDの吸収がよくなることが期待できそうです。

リキッドはCBD入りの液体を蒸気にして吸引するものです。

蒸気には脂質は含まれていないので、リキッドの場合の吸収率はわかりません。

しかし、肺に長くとどめておくことでCBDの吸収がよくなるといわれています。


空腹時に摂取するメリット

寝つきが悪いときには、就寝前にCBDを摂取するとよいといわれています。

就寝前に脂質が豊富な食事をすると翌朝の胃もたれが気になります。

夕食の際に摂取をする場合だと、就寝前でに間が空いてしまいます。

空腹時にも摂取できれば、就寝前にたっぷりとした食事を摂ることなく、CBDを摂取することが可能となります。

仕事中にイライラしているとき、リフレッシュしたいときにもCBDが役立ちます。

仕事中はたいていお腹が空いているのではないでしょうか。

そういったときも手軽にCBDを摂取できます。

また、食事と一緒だと食品に含まれる成分によってCBDの吸収が妨げられてしまう可能性があります。

とくに食物繊維の大量摂取は、微量栄養素の吸収を妨げるといわれています。

空腹時ならそういった心配がありません。


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDはヘルニアに効果的なのか?痛みの緩和やCBDの使い方


長時間のデスクワークや立ち仕事で腰や背中に痛みを覚える人は少なくありません。

ひどい場合はヘルニアを発症してしまうこともあるようです。

CBDは痛みへの働きが期待できるといわれている成分です。

ここでは、CBDの痛みへの働きや使用方法を紹介します。


ヘルニアとは

ヘルニアとは、臓器や組織の一部が組織のすき間を通って本来あるべき場所ではない位置にはみ出ている状態のことです。

ヘルニアには、内ヘルニアと外ヘルニアがあります。

内ヘルニアとは腹部の内側に起こるヘルニアのことです。

内臓が本来あるべき場所から脱出していますが、腹部の内側なので外から確認することはできません。

外ヘルニアは腹部の外側に脱出したもので、外から確認することができます。


ヘルニアにはいろいろな種類があります。


食道裂孔ヘルニア

食道が横隔膜を貫く食道裂孔と呼ばれる通り道があります。

この部位は加齢によって組織の脆弱化によって広がってしまうことがあり、腸や胃が胸腔内に飛び出した状態を食道裂孔ヘルニアといいます。


鼠径ヘルニア

脚の付け根は鼠径輪という孔があります。

ここから腸の一部が脱出したものが脚の付け根にある鼠径輪です。

脱出した腸管を体の外側から触ることができます。


椎間板ヘルニア

よく名前が知られているものが椎間板ヘルニアではないでしょうか。

背骨は椎骨が積み重なったような構造をしています。

椎骨と椎骨の間には、クッションの役割をしている椎間板があります。

椎間板の一部が飛び出た状態が椎間板ヘルニアです。

飛び出た部分が周囲の神経に触れて痛みが伴います。


さまざまな種類のヘルニアがありますが、多くの場合は筋肉や組織が脆弱化をして組織を支えられなくなることが原因です。

筋肉や組織の脆弱化は、加齢や繰り返し動作によって引き起こされます。

椎間板ヘルニアの場合は、立ったり座ったりの動作の繰り返しによって負担がかかることが原因ではないかといわれています。

座ったまま前かがみになる姿勢をすると、体重の2.5倍の負荷がかかります。

こういった繰り返しが椎間板の変性を引き起こし、椎間板ヘルニアにつながると考えられます。


CBDとは

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれているといわれていますが、大麻草によってはカンナビノイドの約40%をCBDが占めることがあります。

人間には恒常性を保つ役割を果たすエンカンナビノイドシステム(ESC)というものが備わっています。

ESCは体温調整、食欲、睡眠、運動機能など、さまざまな活動にかかわっています。

CBDはESCに働きかけて、体のバランスを整えるサポートをすることが期待されています。

CBDはオイル、リキッド、カプセルのサプリメント、CBD入りのチョコレートやグミなどから摂取できます。

CBDを配合したクリームや化粧水を使えば、体の外側からCBDでケアすることも可能です。


CBDはヘルニアによい?

CBDには痛みを抑える働きが期待できます。

ESCは痛みにもかかわっているシステムです。

CBDはESCに働きかけるので、痛みを抑える働きが期待できるのです。

痛みを抑える場合、痛みを抑え過ぎてしまうと問題になることがあります。

感覚がなくなってしまうようだと日常生活に支障がでます。

CBDの場合は適切な範囲に戻すといった働きをします。

そして、副作用の心配がほとんどありません。


CBDの使い方

口から摂取する方法と肌に塗る方法があります。

口から摂取する場合、オイルを利用することが一般的です。

スポイトを使ってオイルを舌に数敵垂らし、その状態を1分ほど保ちます。

その後にCBDオイルを飲み込みます。

オイルは飲み物に加えることも可能です。

運転前や運転中には摂取しないでください。

CBD配合のクリームは痛みが気になる部位に直接塗ります。

適量を手に取り出し、肌にすり込むように塗ってみましょう。

肌が弱い方はパッチテストをしてから気になる部位に使用することをおすすめします。

CBDクリームには炎症を鎮める植物性成分が配合されていることもあり、こういった成分の働きも期待できます。


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月27日火曜日

CBDオイルとCBDカプセルの違い。メリット・デメリット


日本ではオイルタイプのCBD製品が多く出回っていますが、カプセルタイプのCBD製品もあります。

では、オイルとカプセルでは何が違うのでしょうか。

ここでは、カプセルタイプのCBD製品のメリットや摂り方などを紹介します。


オイルとカプセルの違い

CBDとは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、現在研究が進められており注目されている成分です。

これまでに数多くの研究結果が報告されています。

麻と言うと危険に感じる人もいると思いますが、CBDは向精神作用のない成分で、安全性はWHOが認めています。

日本で手に入れやすいCBD製品はオイルです。

オイルタイプのCBD製品は、ココナッツオイル、ヘンプオイル、MCTオイルなどをベースにCBDを配合したものです。

配合濃度は5~10%程度が一般的です。

MCTオイルは無味無臭なので、MCTをベースにしているものだと飲み物や食べものに混ぜても違和感なく摂取できることでしょう。

カプセルタイプのCBD製品は、CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

カプセルにはゼラチンのような柔らかいものが使用されていることが多いです。

ゼラチンは食物アレルギーを持っている人がいたり、ベジタリアンは摂取できなかったりするので、ベジタリアン向けのカプセルを使用した製品もあります。

カプセルに閉じ込められているCBDオイルは、オイルタイプのCBDと同じでココナッツオイル、ヘンプオイル、MCTオイルなどをベースにCBDを配合しています。

1粒中のCBD量は製品によってさまざまです。


CBDカプセルのメリット

味が気になりにくい

CBDは独特の苦みがあります。

オイルの場合は舌に直接垂らして摂取をするので、苦味を直接感じてしまい、味が苦手で摂取しにくいと感じてしまうことがあります。

一方、カプセルの場合はオイルが直接舌に触れることがないので、苦味を感じにくいです。

CBDオイルの味が苦手と感じていた人でも、カプセルなら摂りやすく感じることでしょう。


持ち運びしやすい

オイル製品はスポイト式の容器を採用しています。

スポイトなら直接オイルに手や舌が触れることがなく、清潔に保つことができます。

しかし、カバンに入れて持ち運ぶ際にキャップが開いてしまい、中身がこぼれてしまう心配があります。

オイルがカバンにこぼれると拭き取るのには苦労をします。

カプセルはボトルに入っていて、しっかりフタを閉めておけば中身がこぼれる心配はありません。

もしも中身がこぼれてしまったとしても、オイルのように周りを汚すことはありません。

サプリメントケースなどに入れておけば持ち運びしやすく、外出先でも手軽に摂取できます。


量がわかりやすい

カプセルは1粒○○mgと含有されているCBD量がわかりやすいです。

CBDは忍容性の高い成分で1日1500mgまでなら摂取しても安全だといわれていますが、過剰に摂取をすると頭痛や吐き気などが出ることがあります。

1カプセルのCBD配合量がわかりやすければ、どれくらい摂取したのかを把握しやすく、過剰に摂取する心配がありません。


CBDカプセルの摂取方法

CBDカプセルの摂取方法に決まりはありませんが、せっかくなら効果的な方法で摂取したいものです。

では、どのように摂取したらよいのでしょうか。

CBDを始めて摂取する場合は、1日に大量に摂らないようにしましょう。

カプセルなら1日1粒から始めてみてください。

体の調子を見ながら徐々に増やしていきます。

水やぬるま湯と一緒に飲み込みます。

飲む時間帯に決まりはなく、運転前や運転中でなければ好きなタイミングでカプセルを飲むことができます。

CBDにはリラックスや睡眠をサポートする働きがあるといわれているので、イライラしているとき、寝つきが悪いとき、気分転換したいときなどにおすすめです。

カプセルなら持ち運びをしやすいので、仕事で疲れたときなどにも摂取しやすいことでしょう。

妊娠中、授乳中の人は摂取をしないでください。

薬を服用している人や現在通院をしている人は医師や薬剤師に相談をしてください。

CBDを摂取していて気分が悪くなったりするようなら、摂取を中止しましょう。


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月25日日曜日

初心者にオススメなCBDオイル3選


CBDオイルは様々な種類が販売されていますが、初心者は何から始めて良いのか分からないでしょう。

今回は初心者にオススメしたいCBDオイルを3つ紹介致します。


価格面と継続面、体感面で初心者に最適なCBDオイル3選です。


安くお試しするならhemptouch CBD オイル Gold Amber


hemptouch CBD オイル Gold Amberは価格よりも品質に定評があり、

ヨーロッパでは普通の薬局やオーガニックチェーンにて販売されています。

何故、初心者にオススメするのかというと、このCBDオイルに使われているの基材がMCTオイルで、味に癖がありません。

また、非常にバランスの取れたCBDオイルで、効果を得られている人が多いです。

そして何より、こんなに高品質なCBDオイルなのに、現在はお試しキャンペーンにて安く購入する事が出来る点が、初心者にオススメです。

CBDオイルはただでさえ高価なものが多い中、お手軽にCBDオイルを試すことが出来るのは初心者にとって最高でしょう。


hemptouch CBD オイル Gold Amberについて解説記事がありますので、詳細はそちらを参照してください。

→hemptouch CBD オイル Gold Amber解説記事はこちら



長く愛用して効果を確認するならCBD TINCTURE-CANNA RIVER


1本で2か月ももつ大容量CBDオイルです。

いろいろなCBDオイルを試すのではなく、初めからじっくりとCBDオイルを使っていきたい方向けにオススメです。

CBDオイルは摂取時に強い体感を得られる方もいれば、長い期間CBDを摂取する事で体質改善による体感を得られる方等様々です。

ちょっとCBDオイルを使って体感が無いからと言って辞めてしまうのはもったいないです。

このCBD TINCTURE-CANNA RIVERは、大容量且つ価格もボリュームディスカウントが効いておりコスパの高い商品ですので、

初心者の使用方法によってかなりオススメ出来るCBDオイルです。

また、他にも初心者向けに嬉しい点がバリエーションの豊富さです。

CBD濃度も様々なものが展開されており、選べる香りは九種類も用意されています。

基材には癖のないMCTオイルを使用していますので、CBDオイル特有の味はかなり低減されています。

CBDオイルを続ける事で体感を得たい初心者の方にはお勧めです。


CBD TINCTURE-CANNA RIVERについて解説記事がありますので、詳細はそちらを参照してください。

→CBD TINCTURE-CANNA RIVER解説記事はこちら



初めから強い体感を得たい方にはNaturecan(ネイチャーカン)のCBDオイル40%


最近日本に上陸したばかりのCBDメーカーNaturecan(ネイチャーカン)は世界一の商品数を誇る世界的CBDメーカーです。

そのNaturecan(ネイチャーカン)から販売されているCBDオイルの中で、CBD含有率が40%を誇る高濃度な商品も展開されています。

CBDの体感を得るには、やはりCBD濃度が大きく影響します。

初心者の方は徐々にCBD濃度を高め、自分にあった濃度を見つけていく事が望ましいですが、

多くの方は体感を得られる濃度に出会う前に、体感を得られず辞めてしまう方も多いでしょう。

このCBDオイル40%は、初めから高濃度ですので初心者でも体感を得られやすいです。

CBDオイルなので、一回あたりに何滴服用するかによって、CBDの摂取量をコントロールできますので、

始めは一滴、体感が得られなければ2滴と滴数にて調整してください。

1滴辺り16mgものCBDが摂取可能です。


Naturecan(ネイチャーカン)のCBDオイル40%について解説記事がありますので、詳細はそちらを参照してください。

→Naturecan(ネイチャーカン)のCBDオイル40%解説記事はこちら



初心者向けのCBDオイルを三つ紹介しました。

それぞれ特色がありますので、初心者の中でも何を重要視するかによって、最適なCBDオイルを選択してください。


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月24日土曜日

世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸


ネイチャーカンのブラックフライデーウィークセールが始まります!
全商品最大50%オフ!更に当サイト専用コードを使えば更に15%オフ!
なので最大65%オフのセールです!

11月22日(日曜日)18:00時スタート
11月29日(日曜日)00:00時フィニッシュ

高い効果と品揃えから評価の高いNaturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸です!!

更に当社はパートナーとなるので、専用のクーポンコード入力によって更に15%OFFにて購入する事が可能です。

是非ともお見逃しなく!!


Naturecan(ネイチャーカン)とは

Naturecan(ネイチャーカン)とはCBD製品を販売する国際企業です。

英国・マンチェスターに本社を持ち、

プロテインの世界的企業[MyProtein]の創設者が作った会社です。


大きな特徴は三つ


世界一の商品数

ショップを見ればわかりますが、CBDオイルだけでなくCBDを利用した化粧品、CBDカプセル、CBDクッキーやCBDチョコレート等、様々なCBD製品を展開しており、その商品数は世界一の品揃えです。

自分にあった好みの摂取方法にてCBD製品を選ぶ事が可能です。


最高品質の商品を手ごろな価格で販売

様々なCBD製品を扱うTOP企業なので、ボリュームディスカウントが効き、高濃度なCBD製品も手頃な価格で購入可能です。

CBD製品に含まれるCBD量にて他社と価格比較すれば一目瞭然でしょう。


厳しいテストを合格している安全性

世界展開しているCBD企業なので、各国に対する安全性担保の為のテストをしっかりと行っています。

全ての製品を厳しくテストし、品質と安全性を確保するテストは全7回も実施しています。

そのテスト過程については自信をもっており、ホームページに動画として掲載されています。


お得な購入方法

現在Naturecan(ネイチャーカン)は日本上陸記念にて全商品50%OFFキャンペーンを行っています。※日本上陸記念キャンペーンは終了しました。再度セールの際はツイッターで告知します。

ただでさえコスパが良いのに、更に安く購入できる今はチャンスです。

そして、今回は当社とパートナーとなりましたので、当社経由での購入で更に15%OFFにて購入可能です。

ここではお得な購入方法について解説します


→Naturecan(ネイチャーカン)ジャパンショップはこちら


購入したい商品ページ内の「カートに追加する」ボタンを押し、カートに購入商品を追加していきます。



カート画面が少しわかりにくいのですが、購入する商品を確認しましたら、下部の「チェックアウト」というボタンを押すことで購入に進む事が出来ます。



すると、配送先や支払い方法を入力する画面が表示去れます。

その中で、クーポンコードを入力する箇所がありますので、そこに「CHILLIN15」と入力し、「適用する」ボタンを押してください。

合計金額から更に15%値引きされている事が分かるかと思います。



後は通常のネットショッピングと同様に進めてください。

また、配送料は8500円以上の購入で無料となりますので、まとめて購入した方がお得です。


→Naturecan(ネイチャーカン)ジャパンショップはこちら


中でもおすすめなCBD商品

Naturecan(ネイチャーカン)では様々なCBD商品が展開されていますが、中でもお勧めな商品をいくつか紹介します。


Naturecan 40% CBDオイル


なんとCBD含有量40%の超高濃度CBDオイルです。

一般的に日本で流通しているCBDオイルは濃度3%~15%程度が主流ですが、このCBDオイルの濃度は驚きの濃度です。

低濃度にてしっかりと効果を得る為には摂取量を増やすしかないですが、オイル量が多くなり飲みにくかったり、味を害してしまいます。

このNaturecan 40% CBDオイルは濃度が高い分、オイルの摂取量を抑えてしっかりとCBDを得る事が可能です。

ブロードスペクトラムCBDオイルなので、アトラージュ効果も得る事が出来、体感を感じられる事でしょう。


1滴当たりに含まれるCBDは約16mg、しっかり濃度のCBDグミが25mgなのに比べると、2滴で32mgのCBDを摂取する事が出来るので、どれだけ高濃度なのかが分かるかと思います。


→Naturecan 40% CBDオイル



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月18日日曜日

世界発!ホップ由来のCBDオイル-ImmunAG


CBDは麻から抽出される成分で、麻というと不安に感じてしまう方もいることでしょう。

ImmunAG CBDオイルは、世界初のミラクルホップから抽出したCBDオイルです。


麻には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれています。

カンナビノイドとは、アサ科植物に含まれている成分のことです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、麻の品種によってはカンナビノイドの40%ほどを占めています。

世界で出回っているCBD製品は、麻から抽出したCBDを配合していることが一般的です。

ImmunAG CBDオイルの場合は、ミラクルホップから抽出したCBDを配合しています。

ホップはアサ科の植物です。

麻には向精神作用があり、幻覚や幻聴が現れてしまうことがあるTHCが含まれていますが、ImmunAG CBDオイルはミラクルホップ抽出なので精神活性作用のある成分は一切含まれていません。

CBD以外にもフムレンやβカリオフィリンという成分も含まれています。

これらの成分は心身を穏やかに導くといわれています。


CBD含有量は600mg、CBD含有率は5%です。

麻の場合は法律で花や葉を使用できないため、CBDの抽出には茎や成熟した種子が使用されており、質が低いことがあります。

ImmunAG CBDオイルは質の高いホップの花だけを使用しており、高品質なCBDとなっています。


スポイトタイプの容器です。舌に直接垂らして摂取をします。2~3滴を垂らしたら1分程度そのままにして、その後に飲み込みます。

CBDの摂取ははじめは少ない量からにしてください。


世界初のミラクルホップ抽出、THCを一切含まない安心感のあるCBDオイルです。


→ImmunAG ホップ由来CBDオイル

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

個包装タイプのCBDオイル-REFLECTY


日本で手に入れやすいCBD製品がオイルです。

スポイト式の容器に入っていることが多いのですが、外出先では摂取しにくい、持ち運びに不便と感じたことがありませんか。

REFLECTY(リフレクティ)CBD OILは、CBDを外出先に持ち運びたい方におすすめな製品です。


CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

ヘンプに含まれる成分で現在研究が進められており、数多くの報告がされています。

そして、アメリカでは医薬品として認められています。

日本ではまだ医薬品としては認められていませんが、オイル、サプリメント、リキッドなどの製品が販売されています。

睡眠をたっぷりと取った翌日、気分がスッキリしませんか。

1日をハツラツと元気に過ごせるはずです。CBDはそのような生活をサポートすると期待されています。


REFLECTY CBD OILはMCTオイルをベースのCBDを配合しています。

MCTオイルは無味無臭なのでサラダにかけたり、飲み物に混ぜたりしても摂取しやすいです。

個包装になっており、持ち運びに便利です。

瓶の場合はキャップが開いて中身がこぼれてしまう心配がありますが、個包装ならその心配がありません。

1包には10mgのCBDを配合しています。


1日の摂取目安は1包です。

そのまま飲む、飲み物に混ぜる、サラダにかけるなど、さまざまな摂取方法が可能です。

そのまま摂る場合は、口の中に1分ほど留めてから飲み込むことをおすすめします。

しばらく口の中に留めておくことで、口腔内の皮膚から吸収されることが期待できます。


REFLECTY CBD OILは個包装で持ち運びしやすいCBDオイルです。

外出先などで手軽に摂取したい方におすすめです。


→REFLECTY CBDオイル 1g×30g (1包 CBD 10mg)

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

メモリ付きスポイトのブロードスペクトラムCBDオイル-Code1000


今回ご紹介する製品はCode1000のCBD1000mgオイルです。

モニターさんに試してもらったところ、96.1%が「満足した」と回答しています。

「朝が楽になりました」「寝つきがよくなりました」「集中したいときに変化を感じています」などの声をもらっています。


CBDとはヘンプに含まれるカンナビノイドの一種です。

生活力向上、ハツラツとした毎日、睡眠、不安の軽減などをサポートすることが期待できるといわれています。

そのため、ストレスを感じやすい方、イライラしやすい方、睡眠に不満を抱えている方などにおすすめです。

CBDには精神を高揚させる働きはなく、WHOが安全性を認めている成分です。


Code1000のCBD1000mgオイルは高濃度1000mgを配合しています。

日本ではヘンプに含まれる成分であるTHCを規制しているため、CBD1000mgオイルはTHCを含まない製品を輸入しています。

厳しい審査をクリアして、日本の厚生労働省の指導のもとで輸入されています。

日本で販売されているCBD製品には、ブロードスペクトラムとアイソレートがあります。

CBD1000mgオイルは、THC以外のヘンプに含まれる成分を含有しているブロードスペクトラムです。

不純物は取り除いています。

着色料や香料なども含んでいません。

これをヘンプオイルのベースに配合をしています。

ヘンプオイルには必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6が含まれています。


容器はスポイト式になっていて、スポイトにはメモリがついています。

舌の下に適量を垂らし、1~2分留めてから飲み込みます。

コーヒーなどの飲み物に混ぜて摂取しても構いません。


ブロードスペクトラムのCBDを1000mg配合した、日本向けの製品です。


→Code1000 CBDオイル CBD1000mg 3%

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月29日火曜日

リラックスを追い求めたCBDオイル-100リラックス


リラックスしたい、ストレスが多い、体のバランスを保ちたい、このような方におすすめが、CBDオイル100リラックスです。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれており、その中でも注目されているものがCBDです。

CBDは世界中で注目され、研究が進んでおり、体のバランスを保つサポートをすることが期待されています。

大麻草というと危険なイメージがつきまとうかもしれませんが、それは大麻草に含まれるTHCについてです。

THCには精神を活性化させる作用があり、日本では規制されていますが、CBDは精神活性作用がない成分です。

THCを除いた大麻草を利用した製品はさまざまあり、ヘンプオイルや七味唐辛子など食品としても利用されています。

CBD製品には、フルスペクトラムやアイソレートがあります。

フルスペクトラムとは、CBD以外のカンナビノイドや不純物を含むものです。

一方、アイソレートは不純物を取り除いており、純度99%の安心なものです。

CBDオイル100リラックスは、アイソレートを使用しています。


CBDオイル100リラックスは、MCTオイルをベースに12%濃度でCBDを配合しています。

MCTオイルはココナッツオイルから中鎖脂肪酸だけを抽出したもので、消化が早く、エネルギーになりやすいといわれています。

味や匂いは気になりにくく、飲みやすいオイルです。


おすすめの摂取方法は舌下に垂らす方法です。

スポイトを使って5~10滴ほど垂らし、60~90秒ほどそのままにしたのちに飲み込みます。

車の運転前や運転中には摂取しないでください。


CBDオイル100リラックスは、純度99%の安心できるCBDを使用したオイルです。

リラックスしたいときに特におすすめです。


→CBDオイル100リラックス 12% 10ml CBD1,200mg



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月25日金曜日

メモリ付きスポイトで摂取しやすいCBDオイル-Greeus


今回ご紹介するのはGreeus CBDオイルです。

CBDオイルはスポイトを使って手軽にCBDを摂取できる製品です。

舌に直接垂らす、飲み物や食べ物に混ぜるなど、摂取方法は自由です。


Greeus CBDオイルは、ブロードスペクトラムのCBDとMCTオイルを使用した製品です。

麻にはCBDをはじめとして、80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれています。

ブロードスペクトラムとは、CBD以外の麻に含まれる成分であるCBGやCBDVなども含んでいるもののことです。

しかし、精神活性作用のあるTHCは含んでいません。

日本ではTHCは規制されており、日本に輸入される製品は厚生労働省の指導のもと、必要書類を提出して輸入されています。


CBDはシンガポール産のMCTオイルとブレンドをしています。

MCTオイルはココナッツオイルやパーム核油から中鎖脂肪酸だけを取り出したものです。

中鎖脂肪はエネルギーに変換されやすいといわれているオイルで、無味無臭なことが特徴です。

CBDの味を邪魔せず、そのままでも飲み物などにも混ぜてもMCTオイルが味を変化させることがありません。

容器はスポイト式でスポイトにはメモリが刻まれており、摂取量がわかりやすくなっています。

内容量は30ml、CBD配合量は1500mg、濃度は5%です。


スポイトを使用して、舌に直接垂らして摂取をします。

必要に応じて量を調節してください。

最初は少ない量から摂取することをおすすめします。

舌から成分が吸収されるので、舌に垂らしたら1~2分そのままとどめ、その後に飲み込みます。


30ml容器で持ち運びやすく、メモリ付きスポイトでいつでも摂取しやすいCBDオイルです。




→Greeus CBDオイル 5%(1500mg)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月20日日曜日

CBDの味が苦手な方でも飲めるCBDオイル-organi

CBDには独特の苦みがあり、この味が好きという方もいれば、味が苦手という方もいるようです。
今回ご紹介するのは、オルガニ CBDドロップスです。
4つのフレーバーを用意しており、CBDの味が苦手な方でも摂取しやすくなっています。

オルガニの製品は、アイソレートのCBDを使用しています。
CBDは麻に含まれる80~114種類ほどのカンナビノイドの一種です。
麻に不安を感じる方もいるかもしれませんが、CBDはWHOも安全性を認めており、日本の法律では規制されていません。
麻に含まれるTHDのような向精神作用のない成分です。
アイソレートとは麻からCBDだけを抽出したもののことで、日本で規制されているTHCは一切含んでいません。
CBDは注目されている成分で、医学・薬学の面で研究が進んでいます。

オルガニ CBDドロップスには、ナチュラル・ペパーミント・ラベンダー・レモンの4つのフレーバーが用意されています。
どれもMCTオイルをベースにし、CBDを1000mg配合をしています。
ナチュラルはMCTオイルとCBDだけを原料にしたものです。
MCTオイルは無味無臭でMCTオイル自体の味や匂いは気になりません。
ペパーミントはオーガニックぺパーミントを加えた爽やかな香りが特徴のオイルです。
ラベンダーにはオーガニックラベンダーオイルを加えています。
リラックスを誘うような香りが特徴です。
レモンにはオーガニックレモンオイルを配合しています。
柑橘系の爽やかさが特徴です。

スポイトタイプの容器になっていて、舌に数敵垂らして1~2分そのままにし後に飲み込みます。
必要に応じて量を調節してください。

アイソレートのCBDを使用した4つのフレーバーのオイルです。
CBDが苦手な方でも味を気にせずに気軽に摂取できる製品となっています。


→organi CBDオイル CBD1000mg


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

昭和大学薬学部教授監修の国産CBDオイル-Micos


ゆっくりする時間がない、メリハリのある生活をしたい、そんな悩みを抱えているならCBDを試してみませんか。
今回はMicos CBDオイル7%を紹介します。

そもそも、CBDとは何でしょうか。
CBDとは、麻に含まれる植物性成分です。
生活の質を高めるサポートをするとして、ヨーロッパやアメリカで注目されています。
麻にはTHCという精神作用を引き起こす成分が含まれていますが、CBDには精神作用を起こす働きはありません。

Micos CBDオイルが選ばれる理由は3つあります。
1つめは安全性です。
日本のCBD研究の第一人者である、昭和大学薬学部教授の佐藤均教授が監修をしています。
さらに、第三者機関の検査でTHCを一切含まないことが確認されています。
アイソレート製法で抽出した、THC0%、純度99%のCBDを使用しています。
そして、厳格に管理させれた日本の工場で製造をしています。
2つめは高含有なことです。
化学的な薬品を使わない超臨界抽出法により、純度99%のCBDを実現しています。
Micos CBDオイルには、高純度なCBDを1050mg配合をしています。
さらに、ビタミンEを100mg配合しています。ビタミンEは抗酸化作用や血行促進の働きがあるビタミンです。
3つめは続けやすいことです。
CBDはMCTオイルに配合をしています。
MCTオイルはココナッツオイルやパーム核油から中鎖脂肪酸だけを抽出したもので、無味無臭で味も匂いも気にせずに摂りやすいオイルです。

1回の使用目安量は2~3滴、1日使用回数目安は2~3回です。直接舌に垂らして、1分ほどとどめてから飲み込みます。
飲み物に混ぜても摂取できます。

安全、高純度、続けやすいCBDオイルとなっています。


→Micos CBDオイル 15ml CBD含有量1050mg


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月18日金曜日

CBDは自閉症にどの程度効果があるのか?

CBDは人間の精神面に対して影響を与えることができる存在です。

そして、CBDの使用により精神面におけるプラスの作用を確認することが可能です。

具体的には自閉症に対する効果が確認されており、そういった部分で悩んでいる人にとってはCBDは救世主になる可能性があります。

自閉症というのはそこまでメジャーな病気ではないかもしれませんが、実際に経験している人にとっては自閉症とCBDの関係は気になると言えます。

CBDがどのように自閉症に対して効果をもたらすのか?この部分に関して、特に理解をしていきましょう。


自閉症の症状や問題点とは?

自閉症とは何か?という点を最初に説明していきます。

自閉症に関しては、主に幼少期に出現する発達障害、神経障害の総称です。

具体的に言うと、コミュニケーションをとる際に問題が発生するケースが多いです。

あとは落ち着きのないような態度が見られるといった特徴を持っており、そういった面で一般的な社会生活を送るのが困難と言えます。

特にコミュニケーションをとるのが難しいという点は、実際に社会生活を送るうえでは非常に大きな問題になりえます。

したがって、自身の子供が自閉症だと思われる状況になったときには、親御さんとしてはいかにして状況を改善するか?を考えないといけません。

そんなときに有効なのがCBDであり、例えばCBDオイルなどを使用することで、自閉症の症状が緩和される場合が考えられます。

ただ、自閉症に効果があると言われても、なぜ?という気持ちがあるはずです。

そもそもどうしてCBDは自閉症に効果的と言えるのか?その根拠などの面に関してまず理解していきましょう。


CBDが自閉症の症状を改善したという実験結果がある

CBDと自閉症の関係について調べた実験が存在しており、詳細を見るとCBDが自閉症に効果がある感じられるはずです。

どんな実験か?と言えば、自閉症と診断された子供たち70人を集め、7ヵ月以上にわたりCBDオイルを服用させたというものです。

この実験を行った結果、全体の3分の2以上の子供たちにおいて、従来の自閉症の症状が見られなくなる状況が発生しました。

これは実験と言えども非常に興味深い結果ですし、自閉症で悩んでいる親御さんなどにとっては希望を感じられるケースでしょう。

CBD以外でも症状を緩和させる方法がないわけではないですが、CBDが有効となれば選択肢が増えます。

ある選択肢が効果がなかったときには、CBDオイルなどを試してみようと思えますから、CBDが自閉症に対して有効となれば期待は膨らむはずです。

ただ、もちろんCBDに関して、自閉症の子供たち全員に対して効果があるとは言えません。

実験結果でも、3分の1以下の子供たちには効果がなかったわけですから、万能ではない点は理解しておいてほしいです。

でも、自閉症に対して効果があると思われる存在が1つ増えたことは大きいでしょう。


CBDの自閉症に対する効果は完全ではない

CBDは自閉症の症状を改善させますが、その効果は完全という状況ではありません。

全ての子供たちに効果があるわけではないですし、さらに効果があっても自閉症が完璧に治るわけではないです。

自閉症として当初表れていた症状の一部が緩和する可能性は高いですが、自閉症ではない子供と何もかもが同じになる可能性は低いです。

特に自閉症の中でも中核症状と言われている部分に関しては、効果が薄いとされています。

全く効かないとは言えないものの、この中核症状に関しては限定的となっていますから、CBDは完璧な存在ではないわけです。

中核症状とは具体的に何か?と言えば、いろいろな症状を含みますけど、例えば感覚障害などが当てはまります。

これは一般的な人間と比べて感覚が鈍くなる状況であり、日常生活の中におけるあらゆる感覚に該当します。

だから、CBDに関して、自閉症の改善に期待を持つのは良いとは思うものの、過度な期待は持たない方がいいです。

そもそも効果があるか?どうかは使ってみないと分かりませんし、効果があったとしてもその程度はケースバイケースです。

だから、思ったほどではない可能性もあるため、その部分はあらかじめ頭に入れておきましょう。

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月9日水曜日

より手軽にCBDオイルを!スプレータイプCBDミストオイル-CANNANEES


海外セレブやアスリートが注目している成分がCBDです。
セレブが使っているものというと手が届かないイメージがあるかもしれませんが、CANNANEES CBDミストオイルなら手軽に使用ができます。

CANNANEESは安全性と品質にこだわっているブランドです。
CBDはリラックスをサポートするヘンプ由来の成分です。
日本で合法とされているヘンプの茎や種子から成分を抽出しています。
抽出したものには微量にTHCが含まれていることがあります。
向精神作用がある成分で、日本ではTHCは規制されています。
そのため、精製段階ですべて除去をしています。
そして、日本の厚生労働省の指導のもと厳選した成分を輸入し、日本国内で製造をしています。
厳しい品質管理のものと専門家とともに製品の開発を行い、お客様に届けています。

CBDミストオイルはMCTオイルをベースにCBDを1000mg配合をしています。
オイルが酸化をすると嫌な臭いが気になりますが、MCTオイルは無味無臭で酸化に強い特徴があります。
不飽和脂肪酸のようにデリケートなオイルは冷蔵庫での保管が必要ですが、飽和脂肪酸であるMCTオイルは直射日光を避けて常温で保管ができます。
製品は10ml入りで手のひらにすっぽり納まる小さな容器です。
カバンやポケットに入れて、外出先で手軽に使用ができます。
また、女性が使用することをイメージして、ミツバチをイメージしたおしゃれなデザインのパッケージとなっています。

食用オイルで、そのまま口の中にスプレーをしたり、飲み物に混ぜたりして摂取できます。

ミストなのでシュッとスプレーして、日常的にCBDを手軽に摂取しませんか。
安心できるこだわりのCBDを使用した製品です。


➡CANNANEES CBDミストオイル CBD1000mg 10ml



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月8日火曜日

ヨーロッパ食用ヘンプ使用CBDオイル-rise


原料にも抽出方法にもこだわったCBD製品を開発しているブランドがライズです。
今回はライズCBDオイルを紹介します。

哺乳類は体内でカンナビノイドという物質を作り出しています。
カンナビノイドは受容体に働きかけることで、食欲、代謝、睡眠など恒常性の維持を整える働きをしています。
ところが、加齢やストレスなどによってカンナビノイドは減少をします。
CBDは産業麻由来のカンナビジオールです。
体内に存在するカンナビノイド受容体に働きかけて、炎症の抑制や細胞損傷からの回復などを手助けします。

ライズでは原料と抽出方法にこだわり、非遺伝子組み換えの有機栽培ヘンプから、超臨界二酸化炭素抽出法でCBDを製造しています。
産業麻の種子は日本の法律では規制されていません。
ヨーロッパ産の食用ヘンプを厳選して使用しています。
超臨界二酸化炭素抽出法は溶剤やアルコールを使わずに抽出する方法です。
ヘンプが持つ成分を壊すことなく抽出した、CBD以外のカンナビノイドを含むフルスペクトラムのCBDです。
THCは含んでいません。
ベースとなるのは、パーコレーション法で抽出したイタリア産エクストラヴァージンオリーブオイルです。
パーコレーション法とは、ペースト状のオリーブを遠心分離にかけて果汁と固形物に分けて、金属のプラスとマイナスの電極を利用して上質なオイルを得る方法です。
一度に多量に製造することができない、こだわりをもつ生産者だけが行える方法です。
無理に抽出するのではなく、手間暇がかけられており、えぐみのない味となっています。

スポイトタイプの製品で、舌下に数敵垂らして60~90秒そのままおいたら、飲み込んでください。

こだわりの原料と抽出方法を採用した、天然成分100%のCBDオイルです。


➡rise フルスペクトラムCBDオイル 30ml CBD含有量500mg



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

【超高濃度】イタリアから天然成分CBDオイル-enecta


世界中が注目している成分がCBDです。
今回はエネクタCBDオイルを紹介します。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、CBD以外にも麻には80~114種類ほどのカンナビノイド類が含まれているといわれています。
その中でもCBDは注目されていて、医療・薬学の分野で数多くの論文が発表されていて、リラックス、恒常性の維持、活力ある生活などをサポートすることが期待されています。
アスリートや著名人も利用しているものです。

エネクタはイタリアの農場で除草剤や農薬を使用せずに栽培した麻を原料にしています。
麻にはTHCという向精神作用がある成分が含まれていて、この成分は日本では規制されています。
しかし、エネクタではTHCをほとんど含まない麻から成分を抽出し、精製をしてTHCを取り除いており、安心できる成分を使用しています。
そして、GMP認証プロセスのもとで製造をしています。
製品には合成香料や合成着色料などは使用していません。
管理が簡単に行えるスポイト式のキャップを採用しています。
手で直接触れることがないので清潔、簡単に量を調整できます。
また、瓶は光による酸化を防ぐ遮光瓶を採用しています。

製品は舌下に垂らして摂取をします。
舌から成分が吸収されて、ダイレクトに体に届いていきます。
数敵を舌下に垂らしたら60秒ほどそのままにして、その後に飲み込んでください。
舌に直接触れるとCBDの味が気になるかもしれません。
抵抗を感じる場合は、飲み物などに混ぜて摂取することをおすすめします。

天然成分を使用した余計なものを加えていないCBDオイルです。
イライラが増えた、やる気がでない、リラックスしたい、そんな方におすすめです。


➡enecta 超高濃度CBDオイル 含有率24% CBD2400mg配合



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

不眠症の方にオススメしたいCBDオイル-ニュームーン


布団に入ってもなかなか眠れない、緊張しがち、また眠れないと思うと憂うつ、こんな悩みがありませんか。
眠れない日が続くと精神的にも肉体的にもつらいことでしょう。
このような悩みを抱えている方をサポートする製品が、ニュームーン CBDオイルです。

CBDとは、大麻草に含まれる114種類ほどあるといわれるカンナビノイドの一種です。
医療関係者や研究者からは数々の報告がされており、殺菌作用、炎症抑制、不安の軽減、睡眠の補助などの働きがあるとされています。
大麻草は危険なイメージがあるかもしれませんが、規制されているのは大麻草に含まれるTHCという成分です。
THCには向精神作用がありますが、CBDにはそのような働きはありません。

ニュームーン CBDオイルが配合しているのは、ブロードスペクトラムです。
ブロードスペクトラムとは、CBD以外のカンナビノイドやテルペンなどを含むもののことです。
THCは一切含まれていません。
1製品当たり(15ml)に750mg、5%濃度で配合をしており、1スポイトあたりには25mgを含有しています。
1回1スポイトを使用した場合、約30回分になります。
農薬不使用、非遺伝子組み換え、100%オーガニックな成分です。
これをMCTオイルのベースに配合をしています。
MCTオイルは無味無臭なため、ブロードスペクトラムのCBDの味を十分に楽しめます。
甘味料は一切使用していない、CBDそのものの味わいです。

スポイトタイプの製品となっており、1スポイトを舌下に垂らして30秒から90秒ほどおいてから飲み込みます。
お子さまやぺットへの使用も可能です。

オーガニックなブロードスペクトラムのCBDの味を楽しめる製品です。
リラックスしたいときや就寝前におすすめです。


➡ニュームーン CBDオイル CBD1500mg配合



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示