ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年5月7日金曜日

MCTオイルベースのオーガニックCBDオイル


CBDは、美容や健康をサポートする働きが期待されている成分です。CBDを手軽に摂り入れられる製品が、CBDオイルです。

今回は「PREMIUM CBDオイル 5%」を紹介します。


CBDは麻に含まれる天然の成分です。麻には114種類ほどのカンナビノイドといわれる天然の成分が含まれており、その中の一種がCBDです。

カンナビノイドの中でも、CBDは麻に含まれる割合が多く、品種によっては40%ほど含有しています。注目されている成分で研究が進められており、美容や健康をサポートする働きが期待されています。

カンナビノイドの中には、日本の法律で規制されているTHCというものがありますが、PREMIUM CBDオイル 5%はTHCを取り除いた原料を使用しています。成分分析によってTHC0%であることを確認済みです。成分分析表は商品ページで確認できます。


PREMIUM CBDオイル 5%は、1本あたりの内容量が30ml、CBDを1500mg、5%濃度で配合をしています。

ベースとなっているのはMCTオイルです。MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%でできているオイルです。中鎖脂肪酸は母乳、ココナッツオイル、パーム核油などに含まれている、口にしても安全なものです。

MCTオイルは無味無臭なので、他のものと混ぜても味が気になりません。


容器はスポイト式になっており、このスポイトを使用して、舌下に直接垂らします。皮膚から吸収させるために、60秒ほどそのままにして、その後にのみ込みます。1日数滴を目安に摂取します。


スポイトを使って数滴口の中に垂らすだけ。手軽に摂取ができる製品です。手軽だからこそ続けやすく、コンディションのサポートに役立つことでしょう。

→PREMIUM CBDオイル 30ml(CBD5%)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBD生成専用品種「チェリーワイン」使用CBDオイル-REGRA


口にするものだからこそ、CBDオイルは安全・安心にこだわりたいものです。

今回ご紹介する製品は、安心・安全に配慮した「REGRA CBDティンクチャ―オイル」です。


CBDとは、麻に含まれる天然成分の一種です。

日本では大麻取締法によって、麻の花穂と葉の使用が禁止されています。そのため、REGRAでは、CBD生成専用に品種改良されたチェリーワインという品種の、茎と種子からCBDを抽出しています。茎と種子の使用は、日本の法律の規制対象外です。

さらに、抽出に使用している麻は無農薬で栽培をしています。また、第三者機関による成分分析を実施しています。農薬、重金属、THCを含まないことが確かめられている、純度99.5%のCBDを使用しています。


このCBDをMCTオイルに混ぜています。1本あたり1000mg、10%濃度で配合をしています。

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルで、無味無臭なことが特徴です。ココナッツオイル、パーム核油、母乳などにも中鎖脂肪酸は含まれており、安全なオイルです。


ティンクチャ―とは食用香味油のことで、直接口に垂らしたり、食べものに混ぜたりして摂取するものです。MCTオイルは味が気にならず、さまざまなものに混ぜてCBDオイルを摂取できます。直接口の中に垂らす場合は、舌の下に垂らすようにして、そのまま60秒ほど浸透させ、その後に飲み込みます。

舌下には多くの静脈が存在し、皮膚から吸収されたものが静脈に入り込み、素早く全身に運ばれることが期待できます。


第三者機関で検査済みの高品質なCBDを使用したオイルです。手を汚さずに、直接舌に垂らして、または飲み物や食べ物に混ぜて摂取できます。


→REGRA CBDオイル CBD含有量1000mg 10ml

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ハーブティーに混ぜてリラックスCBDオイル-H&F BELX


H&F BELXは、ノンカフェインティーやデカフェコーヒーを扱っている、ノンカフェイン専門店です。そんなH&F BELXでは、ノンカフェイン飲料と相性がよいCBDオイルを販売しています。


CBDとは、麻に含まれる114種類ほどあるカンナビノイドの一種です。睡眠、食欲、運動など体の機能を調整している、エンドカンナビノイドシステムをサポートする働きが期待されています。エンドカンナビノイドシステムをサポートすることで、心と体を内側からケアしていきます。

CBDはWHOが安全性を認めている成分です。H&F BELXのCBDオイルは、THCフリー、合成香料フリー、保存料フリー、MCTオイル使用の安全性に配慮した製品です。


フレーバーは3種類用意をしています。

ライムミントは、フレッシュなライムを組み合わせたものです。爽やかな香りが元気を与えてくれ、リフレッシュしたいとき、集中したいときにおすすめです。

カモミールオレンジは、優しいカモミールの香りと爽やかなオレンジをブレンドしたものです。カモミールは、リラックスをサポートするハーブで、寝つきが悪いときに利用されています。安らぎを得たいとき、リラックスしたいときにおすすめです。

ナチュラルは、テルペンの香りを感じられるものです。いつでもおすすめです。


H&F BELXのCBDオイルを1本購入すると、ハーブティーのプレゼントがあります。CBDオイルはそのまま口にして摂取してもよいですが、ハーブティーに混ぜても楽しめます。


気分やシーンにあわせて選べる3種類を用意、ハーブティーとあわせれば香りも味もさまざまに楽しめます。元気を得たいとき、リフレッシュしたいときなどに、CBDを取り入れてみませんか。

→H&F BELX CBDオイル 5%


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

第三者検査機関、国内製造にこだわったCBDオイル-KUON


眠りが浅い、イライラする、疲れが抜けない、こんな悩みがありませんか。些細なことだと思っているかもしれませんが、小さなことでも積み重ねていくと、大きなものとなります。ハツラツとした毎日を過ごすためには、日々のケアが大切です。

日々のケアにおすすめな製品が「KUON CBD OIL」です。


CBDオイルとは、麻から抽出されるCBDという成分をMCTオイルやヘンプオイルに混ぜたものです。雑誌に紹介されたり、百貨店やサロンで取り扱われたりなど、注目を集めています。

生物には体の機能を調整するエンドカンナビノイドシステム(ECS)が備わっています。EDSによって睡眠、食欲、運動、認知などの機能が調整されていますが、加齢に伴い機能が低下をし、それが不調の原因ではないかと考えられています。

CBDは数々の研究論文が発表されて、さまざまな働きがわかってきており、体の機能をサポートすることが期待されている成分です。

イライラしやすい、寝つきが悪い、眠りが悪い、疲れが抜けないなどの悩みを抱える方におすすめです。


KUON CBD OILは、アメリカの第三者機関で検査を行っており、その精度はTHC0.001%から検出する事が可能です。

安定供給を行うために、数量を限定して国内で製造をしています。高品質な製品を届けるための工夫がされています。


CBDオイルは直接舌に垂らして摂取をします。皮膚から吸収させるために、しばらく口の中にとどめておきます。

直接口に垂らして摂取しにくいときには、飲み物に混ぜても構いません。


国内のラインで製造、高性能検査機関による検査にて安全に配慮した製品です。CBDがはじめてという方でも、安心して摂取できることでしょう。

→KUON CBD OIL 10%


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

健康油部門1位の大人気CBDオイル-WELLMOTTO


CBDオイルはどれも同じだと思っていませんか。今回ご紹介する「WELLMOTTO CBD OIL PREMIUM」は違います。


WELLMOTTO CBD OIL PREMIUMは、国産MCTオイルをベースにブロードスペクトラムのCBDを5.6%配合しているオイルです。

CBDとは、麻に含まれるカンナビノイドという天然成分の一種です。数々の研究論文が発表されており、心と体のサポートのために利用されています。

ブロードスペクトラムとは、CBD以外のカンナビノイドを含むものです。CBD以外のカンナビノイドも一緒に摂取をすることで、アントラージュ効果が期待できます。

THCも麻に含まれるカンナビノイドの一種ですが、ブロードスペクトラムはTHCは取り除いたものです。WELLMOTTO CBD OIL PREMIUMは、信頼できる第三者機関による成分分析を行っており、THCが含まれていないことを確認しています。成分検査結果は、商品ページに掲載しています。

オーガニックヘンプの茎から抽出しており、抽出に使用する原料にもこだわっています。


WELLMOTTO CBD OIL PREMIUMはCBDだけでなく、ベースとなるオイルにもこだわっています。

ベースになっているのは、国内製造のMCTオイルです。MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルで、長鎖脂肪酸に比べて素早くエネルギーになる特徴があります。CBDと相性がよいオイルです。


容器はスポイト式になっており、直接口に垂らしたら1分ほどそのままにし、その後に飲み込んで摂取をします。飲み物に混ぜて摂取することも可能です。


ブロードスペクトラム、THC0%、国内製造のMCTオイル使用の、こだわりのCBDオイルです。


→WELLMOTTO CBD OIL PREMIUM CBD5.6%

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

陰部の痛みに対してcbdオイルを使うことのメリットや注意点


cbdは身体のあらゆる部分に効果をもたらすので、その使い方は非常に多様となっている状況です。

したがって、常識では考えづらいような使い方が可能となるケースもありますし、実際にそういう使い方をしている人もいます。

例えば、cbdオイルを陰部に塗るという状況があり得るわけですが、これは効果的なのか?大丈夫なのか?と考える人がいるでしょう。

実際に陰部に何かしら問題があって、その問題をcbdオイルで解決できると思われるシチュエーションでは、候補にする人もいるはずです。

陰部にcbdオイルを使用することの意味や問題点などに関して、あらかじめ理解しておくと良いと思います。


陰部に痛みが生じるケースが実際にある

陰部というのは非常にデリケートな部分で、何らかの刺激に敏感に反応する場合があります。

そして、この陰部は場合によっては痛みが発生することになり、程度次第でかなり気になる状況を生みます。

特に女性の場合には、外陰部痛という病気が実際に存在しているため、割と有名な症状とも言えます。

これは外陰部に痛みが発生する状況になりますけど、痛みの程度は個人差があるため、中には深刻なケースもあるはずです。

一般的には医療機関を受診することで、痛みを含めた状況の改善が期待されます。

しかし、適切な処置を施しても状況が変わらないケースも中には存在するでしょうし、そういうときにcbdオイルの出番になります。

自分の陰部の痛みが気になっている、できるだけ早く改善させたいというときには、cbdオイルの可能性に期待を持つ人が出てくるわけです。

実際、cbdオイルは痛みを緩和させることができる力を秘めていると評価できますから、そのような行動をとるのは自然かもしれません。


cbdの効果には痛みを和らげるものが含まれている

外陰部痛などは、要するに痛みがポイントと言える状況であり、その痛みを緩和させることができれば問題ありません。

そして、cbdには鎮痛効果が存在しているので、身体に発生する痛みを和らげることができます。

この鎮痛効果はあらゆる部位に効く可能性があるため、陰部に関する痛みについても効果を発揮してもおかしくはない状況です。

陰部の痛みに関してcbdを使う際には、cbdオイルを使用する人が多いようで、それを直接患部に塗っていくことになります。

それによって痛みが緩和すれば成功と言えますが、どこまで効果があるか?については、はっきり言って未知数でしょう。

というのも、実際にcbdオイルを陰部に塗る方法を選択する人は多くないからです。

このやり方の効果に関しては、サンプル数があまりにも少ないため、有効とは断言できない面がどうしても存在します。

理屈としては、効果が出ても不思議ではありませんけど、確実に効果があるとまでは言えないわけです。

やはり陰部に痛みがあっても、cbdオイルをここに使ってみようと考える人は少数派になるのが普通でしょう。


陰部にcbdオイルを塗ることのリスクも理解しておくべき

陰部に対してcbdオイルを使用するケースに関しては、どうしても実践する人間が少ないため、正確なデータがほぼ存在しない状況と言えます。

体験談なども乏しいわけですから、事前に確実な状況を予想することは厳しいでしょう。

だからこそ、リスクなどに関しても前もって想定しておくべきと言え、どんな状況がありえるか?考えながら把握してほしいです。

陰部にcbdオイルを塗ることの最大の問題点としては、患部の状況が悪化するケースです。

痛みを和らげるために塗ったcbdオイルによって、患部の痛みが酷くなる、またはかゆみやかぶれなどの別の症状を引き起こす可能性があります。

陰部はデリケートゾーンと言えるため、通常の皮膚以上に刺激に対して弱い側面を持っているはずです。

したがって、陰部にcbdオイルを使うことで、状況を悪化させてしまう恐れがどうしても考えられます。

cbdオイルを陰部に使用する際のリスクとしては特にここが重要と言え、最悪の結果として頭に入れておかないといけないでしょう。

効果に期待できる反面、リスクもきちんと存在するため、考慮すべき点はそれなりにあるという評価が可能になるはずです。

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年4月13日火曜日

小型中型大型犬に加え、猫や馬用もあるペット用CBDオイル-Naturecan(ネイチャーカン)


ペットも人間と同じようにストレスを感じます。

人間はストレスによって不調を引き起こすように、ペットにもストレスの影響はあります。

ペットが快適に日々を過ごせるようにするためには、ストレス対策が欠かせません。

環境を整える、遊んであげるなどが大切なのですが、いつもいつもそうできるとは限りません。

もっと手軽でケアに役立つものが「 Naturecan(ネイチャーカン) CBDオイル」です。

この記事では、CBDオイルとはどのようなものなのかや、ネイチャーカン CBDオイルの特徴を解説していきます。


CBDとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、麻に含まれる成分の一種です。

麻は古くから利用されてきた植物で、食用、衣類、縄、神事など、さまざまなことに活用されています。

CBDは世界中で注目されている成分で、研究が進められています。これまでの研究では、抗炎症作用やストレスの緩和などに役立つことがわかってきました。

アメリカやカナダなどでは、医薬品として承認されているものがあります。

生物の体にはエンドカンナビノイドシステムが備わっており、食欲・運動機能・体温・睡眠など、さまざまな体の働きが調整しされています。

しかし、ストレスや加齢などの影響で、エンドカンナビノイドシステムの働きが低下をします。

働きが乱れることで、不調につながると考えられています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムをサポートすると期待されている成分です。


ペットのストレスとCBDの関係

犬や猫を留守番させておくと、帰宅したときに部屋が荒らされていたという経験がありませんか。

対策に頭を悩ませている飼い主さんは少なくないことでしょう。

部屋を荒してしまうのは、一人ぼっちでストレスを感じているからと考えられます。

大きな音もペットのストレスになります。

騒音を怖がっていた犬にCBDを与えたことにより、落ち着くようになったという証言があります。

また、暗闇を怖がっていた犬がCBDを服用することで、ぐっすり眠るようになったという証言もあります。

ペットが一人で過ごしているとき、飼い主さんが何かをしてストレスを和らげてあげることができません。

しかし、CBDなら外出前などに与えることが可能です。

ペットのストレス緩和に役立つことでしょう。


痛みの緩和

2018年に関節炎を持つ犬にCBDを投与する研究が行われました。

この研究では、体重1kgあたり2ミリまたは8ミリのCBDを与えました。

その結果、80%の犬に痛みや体の動きに変化があったと報告をします。

炎症が起こっている部位には痛みが発生をします。

CBDは抗炎症作用が期待でき、それによって痛みをコントロールすることが期待できます。

人間の場合は痛みのある部位に湿布を貼るなど対処ができますが、ペットには湿布を貼ることは難しいです。

しかし、CBDオイルなら口から与えることができ、利用しやすい特徴があります。


ネイチャーカンが使用しているCBDとは

CBDには、3つのタイプがあります。

1つめは、フルスペクトラムです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、カンナビノイドには少なくとも114種類ほどがあります。

フルスペクトラムは、麻に含まれるCBD以外のカンナビノイドも含むものです。

日本ではカンナビノイドの一種であるTHCが規制されていますが、フルスペクトラムにはTHCが含まれています。

2つめは、ブロードスペクトラムです。

フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

THC以外のカンナビノイドは含んでいます。

3つめは、アイソレートです。

純度の高いCBDで、CBD以外のカンナビノイドは含んでいません。

もちろん、THCも含まれていません。

ネイチャーカンが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。

アメリカで栽培され、州法に準拠したものです。

第三者機関の検査を受けており、THC0%であることが確かめられています。

さまざまなテストをクリアしたもので、ペットに与えても安全なものです。

CBDオイルの原料は、CBDとMCTキャリアオイルのみです。

ペットにとって刺激となる成分は配合していません。

ネイチャーカン CBDオイルは、小型犬/猫用 3%、中型犬用 5%、大型犬用 10%、馬用 40%を用意しています。

ペットの体格にあわせて選ぶことができます。



ネイチャーカンのペット用CBDオイルは国内配送対象商品です。


→国内配送対象ペット用CBDオイルはこちら


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

100%オーガニックブロードスペクトラムCBDオイル-roun(ラウン)


疲れが抜けない、寝つき悪い、解決のためにさまざまなことを試した方は少なくないことでしょう。

いろいろ試したけれど、思うような変化を実感できなかった。

そのような方に試して欲しいものが「roun(ラウン) CBDオイル」です。


CBDとは、麻に含まれるカンナビノイドの一種のことです。

麻には少なくとも114種類のカンナビノイドが含まれているといわれています。

CBD以外のカンナビノイドを取り除いてしまっている製品もありますが、rounは麻に含まれるさまざまな天然成分を含有しているブロードスペクトラムを使用しています。

CBD以外のCBGやCBNなどのカンナビノイド、テルペン類、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

さまざまな成分を含みますが、日本の法律で規制されているTHCは取り除いており、第三者機関による成分分析でTHCを含まないことを確認しています。

CBDを抽出する麻は、北欧のオーガニック認定された土地で栽培されたものです。

農薬、化学肥料、除草剤などは一切含んでいません。

農薬などを含んでいないことは、成分分析で確認済みです。


原料は、CBDやその他のカンナビノイド、テルペン類、フラボノイド、その他の天然成分、ヘンプシードオイルです。

ヘンプシードオイルも麻由来の成分で、必須脂肪酸のオメガ3やオメガ6を豊富に含んでいます。


オイルはスポイトを使用して、口の中に垂らして摂取をします。口の中に1~2分ほど留めてください。

飲み物や食べものに混ぜて摂取することも可能です。

CBD濃度は2%で、目安量は1日5~10滴です。


roun CBDオイルは、100%オーガニック、ブロードスペクトラムのこだわりのCBDオイルです。

体と心のサポートのために試してみませんか。


→roun(ラウン) CBDオイル

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月30日火曜日

エキゾチックアニマル向けCBDオイル-VIGOPET


ペットにもCBDを与えたいと思ったことがありませんか。

ペットには人間用の製品の使用は向かず、安全・安心して使用するためにはペット用の製品を選ぶ必要があります。

今回ご紹介する製品は、ペットのためのCBD製品「VIGOPET EXOTIC ANIMALS(ビーゴペットエキゾチックアニマル) CBDオイル」です。


ビーゴペットでは、人間が口にできるほどの品質であるCBDを使用しています。

ヨーロッパ産の有機栽培ヘンプの成熟した種子や茎から抽出したものです。

抽出には、アルコールや溶剤などを使用しない超臨界二酸化炭素抽出法を採用しています。

ヘンプの成分をできる限りそのままに保つことができる抽出方法です。

CBDには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの種類がありますが、ビーゴペットではフルスペクトラムを使用しています。

ヘンプに含まれる80~114種類ともいわれるさまざまなカンナビノイドや、テルペンなどを含有するもので、さまざまな成分が含まれることにより、アントラージュ効果が期待できます。

日本の法律で規制されているTHCは取り除いており、成分分析によってTHCを含まないことを確認しています。


原料はヘンプシードオイルとCBDのみです。

保存料・着色料・香料などは使用していません。

ヘンプシードオイルはオメガ3やオメガ6といった必須脂肪酸を含むオイルです。

ヨーロッパ産の有機栽培されたヘンプからコールドプレス製法で抽出をしています。


1日に与える量は、体重1kgあたり7滴までが目安です。

直接与える、またはフードなどの食べものに混ぜて与えます。


ビーゴペットCBDオイルは、ヒューマングレードのCBDを使用したオイルです。

大切なペットに安心して与えられるように配慮されています。


→VIGOPET ペット用CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

9つの安心・安全性の信頼CBDオイル-Ninatural


CBD製品を選ぶときに大切なことは、THCを含まない高品質なものであることです。

高品質な製品の一つが「Ninatural(ニーナチュラル) CBDオイル」です。


アサ科植物にはカンナビノイドという植物成分が含まれています。

カンナビノイドは114種類ほどあるといわれており、その中でも研究が進められており、よく知られている成分がCBDです。

生物には、食欲、痛み、運動、睡眠などの身体機能にかかわるエンドカンナビノイドシステムが備わっています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムの調整をサポートするといわれています。


ニーチナチュラルでは、アメリカのオレゴン州で有機栽培認定されている農場で栽培されたヘンプを使用しています。

日本の法律では、麻の花穂や葉の所持など禁止されているため、規制対象外となっている成熟した種子や茎からCBDを抽出しています。

原料を輸入する前には第三者機関によって2回の成分検査を行っており、さらに日本で製品化されたからも成分検査を行っています。

THC0%であることを確認済みです。

製造は約150年の歴史がある持留製油株式会社が行っています。

菜種油を中心とした食用油の製造を行ってきた会社です。

ニーチナチュラル CBDオイルは、1000mg、1500mg、2000mgのラインナップです。

体調にあわせて選ぶことができます。


CBDオイルは直接舌に垂らし、30秒間ほど口の中に留めて摂取をします。

直接口に含むことに抵抗がある場合は、飲み物に混ぜても摂取できます。

脂溶性なので、直接肌に塗っても吸収されることが期待できます。


有機認定農場で栽培されたヘンプを使用した、THCフリーの高品質なオイルです。

高品質だからこそ、毎日安心して利用できます。


→Ninatural CBD2000mg


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月26日金曜日

ウェルネス志向のCBDオイル-organi


体調は日々変化をするため、コンディションを維持するためには、日々のケアがかかせません。

サプリメントなどでケアをする場合、継続して使用することでコンディションのサポートに役立つことが期待できます。

毎日使うならコスパを重視したいところです。

今回ご紹介する製品は、「organi(オルガニ) CBDオイル」です。

価格を抑えながらも高品質なCBDオイルです。


オルガニ CBDオイルは、1本の内容量が30mlでCBDを1500mg配合しています。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれており、その中の一種がCBDです。

CBDはさまざまな可能性を秘めているとされ、研究が進められています。

リラックス、イキイキとした毎日、睡眠などをサポートすることが期待できる成分です。


オルガニ CBDオイルが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。

ブロードスペクトラムには、CBD以外のカンナビノイドも含まれており、それらの働きも期待できます。

大麻草には日本の法律で規制されているTHCという成分も含まれますが、ブロードスペクトラムはTHCを取り除いたものです。

原料はMCTとCBDのみです。

甘味料や香料など余計なものは使用していないシンプルで高品質なオイルとなっています。


1回に2~3滴を目安に、1日数回摂取をします。

舌下に数滴を垂らして1分ほどそのままの状態にします。

舌下から吸収をさせたいので、しばらく口の中に留めておくことがポイントです。

直接飲むことに抵抗がある場合は、飲み物などに混ぜて摂取してください。


CBD1500mg配合なのに価格を抑えた高品質なCBDオイルです。

リラックスしたい、イキイキとした毎日を送りたいといった方をサポートします。


→organi CBDオイル 1500mg含有


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月21日日曜日

CBDの苦みが気にならないチョコミント味のCBDオイル-netsbee


健康の維持、睡眠、美容、仕事など、現代人の悩みは多岐にわたります。

食事バランスに気をつけなくちゃと思っても、常に忙しくなかなか難しいです。

そんな現代人をサポートする製品が「netsbee CBDオイル」です。

ほんわりリラックスをサポートします。


生物にはエンドカンナビノイドシステムという、恒常性の維持にかかわる機能が存在しています。

食欲、睡眠、運動、体温などさまざまな働きに関係しており、バランスが崩れることが不調の原因といわれています。

CBDとは、大麻草に含まれる成分の一種です。

CBDはCB2という受容体を介して、生態恒常性維持をサポートすることが期待できるとされています。

さまざまな分野で研究が進む、注目されている成分です。


netsbee CBDオイルは、はじめての人も慣れている人も飲みやすい6.9%濃度でCBDを配合しています。

ベースにはヘンプオイルを使用しています。

日本では違法とされるTHCは取り除いており、成分分析結果を商品詳細ページで公開しています。

安心できるCBDを使用した製品です。

最終的な製造は日本国内で行っており、ヘンプと名がつく日本の会社では一番古い株式会社日本ヘンプが監修・協力をしています。

フレーバーはチョコミントです。

爽やかな甘さがCBD特有の苦みをわかりにくくしてくれます。


1日摂取目安量は5~10滴です。

1回の使用量は2~3滴を目安にします。

スポイトを使用して口に垂らしたら、90秒ほどのみ込まずにそのままにします。

その後にのみ込んで構いません。


CBDは飲みにくいと感じていた方も、飲みやすさを配慮した6.9%濃度、チョコミントフレーバーなら、気軽に日々の生活に取り入れることができるでしょう。


→netsbee 6.9%CBDオイル チョコミント


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

4種の精油と様々なベースオイルを掛け合わせたCBDオイル


365日同じ日はありません。体調や心は変化していないように感じても、実際には少しずつ変化しているのです。

変化はよいものだけではなく、ときには不調をきたすこともあります。

日々変化する体と心のケアのための製品が「365 hi-bi CBDオイル」です。


ブランド名の365 hi-biとは、365日=hi-bi=日々のことです。

同じ日はなく、日々を大切に生きて何かに触れている感性を喚起して欲しいという願いが込められています。

CBDとは大麻草に含まれる成分の一種で、アメリカでは7人に1人がCBD製品を取り入れているといわれる、注目されている成分です。

日本でもサプリメントが販売されていたり、エステで取り入れられたりしています。

大麻草にはTHCという成分も含まれており、この成分には向精神作用があり、日本では規制されています。

365 hi-biは純度99%以上のCBD原料を使用しており、THCは含まれていません。


365 hi-bi CBDオイルのベースとなるオイルは、アルガンオイル、アボカドオイル、マカデミア種子オイルなどです。

そこにCBDを8%濃度で配合しています。

さらに、ラベンダー、ローズマリー、ダマスクローズ、ネロリの4種の精油も配合をしています。

どれもリラックスを誘うといわれる香りです。

すっきりとした気分を落ち着けてくれるような香りとなっています。


365 hi-bi CBDオイルは、肌に優しくなじませて使用をします。

アルガンオイルは浸透力が高く、なじみやすい使用感です。


日々体と心は変化をします。

日々変わる体と心のために、CBDオイルを生活に取り入れてみませんか。

心地よい香りとCBDがコンディションのサポートに役立つことが期待できます。


→365 hi-bi CBDオイル 30ml


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月20日土曜日

日本国内配送対応CBDオイル5種類飲み比べ-Naturecan


遂に国内配送に対応したネイチャーカンですが、現在は5種類のCBDオイルが日本国内に一括輸入され、日本国内からの注文には国内配送に完全対応しています。

→国内配送対象商品ページはこちら


海外からの個人輸入と違って、送料無料、注文から1-2日で到着するという嬉しい状態です。

今回は、そんな日本国内配送対応となっている5種類のCBDオイルについて、実際に飲み比べし、徹底解説いたします。

当サイト独自のクーポンコードを使う事で、更に15%オフにて購入出来るため、是非とも最後までお読みください


日本国内配送対象CBDオイル


ネイチャーカンでは、現在下記の5種類のCBDオイルを日本国内配送にて手に入れる事が出来ます。

  • 5%CBDオイル
  • 10%CBDオイル
  • 15%CBDオイル
  • 20%CBDオイル
  • 40%CBDオイル

これらのCBDオイルは、日本国内配送に対応すると同時に、パッケージやラベルも日本語対応され、内容も分かりやすくなっています。

ネイチャーカンのCBDオイルは、ちゃんと適用量の記載もあり、日本語化される事でさらに安心してCBDを摂取する事が可能です。

▼英語表記の頃は下記の状態

▼日本語化された事により、下記の様な状態で届きます


濃度違いのCBDオイル適用量

それぞれのCBDオイルは、濃度によって適した使用量が異なります。

CBD毎の適用量と含有量は下記の通りです。

尚、最大摂取量の表記は、英国食品基準庁で1日のCBD最大摂取量は70mgと定められているので、それに起因しています。


5%CBDオイル 10mlタイプ

1瓶のCBD含有量は500mgです。

そして1滴当たりのCBDは2.08mg。

ネイチャーカンの推奨では、1日2-3回。

1回当たり2滴から5滴の摂取と記載されています。

1日当たりの最大摂取量は33滴です。


10%CBDオイル 10mlタイプ

1瓶のCBD含有量は1000mgです。

そして1滴当たりのCBDは4.16mg。

ネイチャーカンの推奨では、1日2-3回。

1回当たり2滴から5滴の摂取と記載されています。

1日当たりの最大摂取量は16滴です。


15%CBDオイル 10mlタイプ

1瓶のCBD含有量は1500mgです。

そして1滴当たりのCBDは6.24mg。

ネイチャーカンの推奨では、1日2-3回。

1回当たり2滴から5滴の摂取と記載されています。

1日当たりの最大摂取量は11滴です。


20%CBDオイル 10mlタイプ

1瓶のCBD含有量は2000mgです。

そして1滴当たりのCBDは8.32mg。

ネイチャーカンの推奨では、1日2-3回。

1回当たり2滴から5滴の摂取と記載されています。

1日当たりの最大摂取量は8滴です。


40%CBDオイル 10mlタイプ

1瓶のCBD含有量は4000mgです。

そして1滴当たりのCBDは16.64mg。

ネイチャーカンの推奨では、1日2-3回。

1回当たり1滴から2滴の摂取と記載されています。

1日当たりの最大摂取量は4滴です。


CBDオイル飲み比べ

濃度の違いによって、風味や味はどのくらい違うのでしょうか。

実際に飲み比べてみます。

まずは、それぞれ色の比較です。



※40%CBDオイルは海外輸入時代に購入したもので、まだパッケージは英語表記のものです。国内配送CBDオイルはちゃんと日本語化されています。

※20%CBDオイルは、普段飲みする為に大きいサイズを購入したので特別大きいですが、量が多いだけで濃度は変わりません


改めて比較してみると、5%CBDオイルの色が極端に薄く、40%CBDオイルの色が極端に濃い印象です。

では早速飲み比べてみます。


5%CBDオイル

スポイトで吸った感じ、実際に口に含んだ感じはとってもサラサラしています。

香りはMCTオイルがベースなので、そこまで強くはありませんが、まろやかなオイルっぽさはあります。

味的には、ちょっとクリアな感じで、水っぽさもあります。


10%CBDオイル

5%CBDオイルに比べると、多少トロミが出てきました。

香りはなぜか5%CBDオイルよりも強くは感じません。

味も5%CBDオイルよりも飲みやすいです。5%CBDオイルの方は、ちょっとMCTオイルが強すぎるのかも知れません。

5%CBDオイルよりも、10%CBDオイルの方が味も香りもお勧めです。


15%CBDオイル

より味がしっかりしてきました。ですが、5%CBDオイルで感じた水っぽさが少しあります。

なぜか10%CBDオイルよりもサラサラした印象です。

濃度によって若干配合製法が違うのでしょうか。

15%CBDオイルにするなら。10%CBDオイルの方がおすすめです


20%CBDオイル

味もしっかりとしてきて、CBD特有の苦みも感じる様になりました。

ですが、決して嫌な味ではなく、さわやかな草の香りの様な感じです。

トロミも出てきて、普段飲みにはお勧めです。


40%CBDオイル

他とは段違いの風味、香り、しっかりと味わって飲めるCBDオイルです。

トロミもあり、ショウガの様なしっかりとした味わいを感じます。

個人的には40%CBDオイルが一番好きで、オススメなんですが、濃度が濃いゆえに1回あたりの摂取量に気を使うのが何点です。

うっかりスポイトで多めに出してしまうと、値段も高価なのでもったいない感じがします。

ですが、しっかりと体感も得られ、一番オススメな濃度です。


おすすめの濃度は

5%CBDオイルだと薄すぎて、風味もあまり良くありません。

10%CBDオイルでは、CBD初心者の方は始めやすいのではないでしょうか。

15%CBDオイルは、なんだかパッとしません。

20%CBDオイルは味も風味もしっかりしており、CBDオイルとして続けやすいです。

40%CBDオイルはしっかりとCBDを摂取したい、CBDの風味をしっかり味わいたい人向けです。


纏めますと、40%CBDオイルと20%CBDオイルの併用をお勧めします。

平日忙しい時は20%CBDオイルを使用し、週末は40%CBDオイルを使用するといった具合です。


ネイチャーカンではCBDオイルの国内配送完全対応により、とっても入手しやすくなっていますので、自分に適した濃度を選んでください。


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月11日木曜日

国内生産ライン高品質CBDオイル-PHICARON


CBD製品を選ぶときに気をつけたいことが品質です。

高品質なものなら、安心して摂取できることでしょう。

今回ご紹介する製品は「PHICARON(フィカロン) CBDオイル」です。品質にこだわったCBDオイルです。


CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略で、麻に含まれるカンナビノイドの一種です。

研究が進められることで人間の健康への働きが明らかになってきて、海外では注目されています。

Cannabidiol CBDオイルは、麻から抽出したCBDを中鎖脂肪酸に配合をした製品です。

配合濃度は10%になります。中鎖脂肪酸は、ココナッツ油、パーム核油、母乳などにも含まれている脂肪酸の一種です。

カンナビノイドには80以上の種類があり、その中にTHCという成分があります。

THCは生理活性作用が高く、日本の大麻取り締まる方では禁止されています。

Cannabidiol CBDオイルは、第三者機関の検査によってTHCを含んでないことを確認している、THC0%の製品です。


日本の大麻取締法では、麻の成熟した茎と種子の使用は規制されていません。

そのため、これらの部位を分けて製品化できれば、日本でもCBD製品の製造が可能です。

しかし、日本市場では部位ごとに製造ラインがわかれていない状態でした。

そこで、2年ほどの歳月をかけて製造ラインを完成させ、アメリカから原料を輸入して日本国内で製造することが可能となりました。

メイドインジャパンの製品です。


Cannabidiol CBDオイルはスポイト式の容器になっており、スポイトを使用して摂取をします。

舌下に数滴を垂らし、1分ほどそのままにします。

その後は飲み込んで構いません。

量は体調にあわせて調整してください。


THCを含んでいないメイドインジャパンの高品質な製品です。


→PHICARON CBDオイル CBD含有量1,000mg


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年2月7日日曜日

プロロングボーダーMitch Abshere監修CBDオイル-BEACHED DAYS


麻から抽出されたCBDに不安を感じていたり、安全性に疑問を持っている方もいることでしょう。

高品質なCBDを使用している製品が「BEACHED DAYS(ビーチドデイズ)CBDオイル」です。


ビーチドデイズは、カリフォルニア出身のMitch Abshereのがデビューさせたブランドです。

Mitch Abshereはカリスマ的なプロロングボーダーであり、カフェや古着などを一段高い次元に引き上げた、日本においても影響力のある人物です。


ビーチドデイズ CBDオイルは、1ボトルあたり1000mgのCBDを配合しています。

使用しているCBDは、有機栽培をしているヘンプの茎から超臨界二酸化炭素抽出法を用いて抽出しています。

超臨界二酸化炭素抽出方法は、有機溶剤を使用しない方法で、高温によって損なわれてしまう成分を守りながら抽出することができます。

日本ではTHCという成分が規制されていますが、ビーチドデイズ CBDオイルはアメリカ食品医薬局(FDA)が認可する施設で成分分析を行っており、THCフリーなことを確認しています。

また、輸入に際しては日本の厚生労働省の指導に基づいています。

ビーチドデイズ CBDオイルに使用されている原料は、MCTオイルとCBDだけとシンプルです。

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルで、中鎖脂肪酸はココナッツオイルや母乳などに含まれています。


1回摂取量は1mlです。付属のスポイトの8分目ほどが1mlになります。

初めてCBDを摂取する場合は、少ない量から試すようにしてください。


有機栽培されたヘンプの茎を使用し、成分分析を行っている、高品質なCBD製品です。

品質の高いものなら、毎日安心して摂取できることでしょう。


→BEACHED DAYS CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

農薬、除草剤ゼロ!イタリア産有機栽培ヘンプ使用CBDオイル-Alpentol


なかなか寝付けない、朝起きたときすっきりしない、ストレスやプレッシャーが多い、現代社会に生きる人たちは、このような悩みを抱えていることが珍しくありません。

みんなそうなのだからとあきらめてしまっている方もいることでしょう。

しかし、まだあきらめないでください。

睡眠や疲れの悩みを抱えている方に試してもらいたいものが「アルペントル CBDオイル」です。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれていて、CBDはその中の一つです。

これまでに数々の研究が行われ、さまざまなことがわかってきました。

海外セレブやアスリートが注目をしている成分です。


アルペントル CBDオイルは、農薬や除草剤を使用せずに栽培されている、イタリア産有機栽培のヘンプから抽出をしています。

大麻草を危険視する方もいると思いますが、アルペントル CBDオイルは、日本の法律で規制されているTHCをほとんど含まない産業用ヘンプを使用しています。

製品にする段階でTHCは取り除いており、製品にはTHCは含まれていません。

1ボトルあたりのCBD配合量は1000mg、10%濃度です。

ベースには冷温圧搾ヘンプシードオイルを使用しています。

オイルは高温が加わると酸化が進んでしまいますが、低温圧搾することで酸化を最小限に抑えています。


スポイト式のキャップになっており、適量を簡単に取り出すことができます。

1日2回、1回4滴ほどが摂取目安量です。

舌下に適量を垂らし、90秒ほどそのままにします。

その後に飲み込んで構いません。


日々疲れやストレスは蓄積をしていきます。

日々のコンディションの管理のために、アルペントル CBDオイルを役立ててみてはどうでしょうか。


→アルペントル 10ml CBD10%(1000mg)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

自己治癒力を目覚めさせるCBDオイル-NUMUN NATURALS


CBDは独特の苦みを感じることがあります。

苦味が苦手な人にとっては、飲みにくく感じてしまうことでしょう。

「苦味を感じない」と評価されているCBDオイルが「NUMUN NATURALS(ニュームーン・ナチュラルズ) プレミアムCBDオイル」です。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれています。

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドのことです。

いくつもの研究論文が発表されており、ストレスの緩和、抗炎症作用、食欲のサポートな度の働きが期待されています。


日本では大麻草の栽培や所持などが禁止されており、大麻草に含まれるTHCという成分を所持することも禁止されています。

海外で販売されている製品の中には、わずかですがTHCを含有しているものがありますが、日本で販売するには、THCを含んでいてはいけません。

ニュームーン・ナチュラルズのCBD製品は、THCフリーな製品です。

無農薬で栽培された、非遺伝子組み換えの大麻草の種子や茎から成分を抽出しています。

また、アメリカのCBD製品の業者と話しをして、信頼できる生産工場に生産をしてもらっています。

CBDの配合量は1500mg、10%濃度です。

1本5%濃度の製品の2本分を含有しているコストパフォーマンスがよい商品といえます。


MCTオイルをベースにしており、甘味料は使用していない、そのものの味を感じられる製品です。

最初は2滴ほどから始めてください。

スポイトで舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにしてから飲み込みます。

摂取量を増やす場合は、少しずつ増やしてください。


甘味料や添加物を使用していない、そのものの味わいを楽しめるCBDオイル。

そして、原料にも製造工場にもこだわっている製品です。


→NUMUN NATURALS プレミアムCBDオイル 10% 1500mg


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年2月5日金曜日

4つのフレーバーから選べる自然の恵みCBDオイル-nuu(ヌー)


寝つきが悪い、疲れが抜けない、イライラするなど、不調を抱えている方は少なくありません。

もっと心地よい生活をサポートする製品が「nuu(ヌー) CBDオイル」です。


nuuは、自然の恵みで心身を整えることをコンセプトにした、日本で誕生したブランドです。

CBDを通して、現代に生きる人々の身体や心の健康をサポートします。

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種のことです。

大麻草を危険視している方もいると思いますが、CBDは日本では合法で、WHOが安全性を認めている成分です。

CBD製品はアメリカから輸入をしており、輸入の際には必要書類を提出しています。

日本の法律を守り、許可を得て販売している製品です。

CBDはこれまでにいくつもの研究論文が発表されており、ストレスが多い方、寝つきが悪い方、疲れが抜けない方などをサポートする働きが期待できます。


nuu CBDオイルは4つのフレーバーを用意しています。

ノンフレーバーは、そのまま口にしても、飲み物に加えても摂取しやすいフレーバーです。

ベリーは、もぎたてのベリー類の甘酸っぱさがあります。

ミントは、爽やかさを感じられるフレーバーです。

ゆずは、柑橘系のみずみずしさを感じられる、ほっとくつろげるようなフレーバーです。

どのフレーバーも、6%濃度でCBDを配合しています。


スポイトタイプの容器で、10滴から20滴ほどを舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにして使用をします。

しばらくおくことで舌の皮膚から吸収されます。

好みの飲み物に加えて摂取することも可能です。


すっきり目覚めたい、気持ちを休めたい、このような方をサポートする製品です。

心身のケアのために手軽に取り入れられる製品といえるでしょう。


→nuu(ヌー) CBDオイル 6% 600mg 10ml


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

使いやすくオシャレなボトルのCBD OIL ASAMI


癒しが欲しい、すっきりしたい、そんな悩みを抱えていませんか。

毎日忙しく過ごしていると、リラックスするための時間を取りにくいことでしょう。

そのような方をサポートする製品が「CBD OIL ASAMI」です。


CBD OIL ASAMIは、CBDを配合したオイルです。

CBDは麻から抽出される成分のことで、いくつもの論文が発表されており、世界中で注目されています。

CBDには、気持のリフレッシュ、くつろぎなどの働きが期待できます。

麻は危険なのではないかと心配になる方もいると思いますが、日本でCBDは合法な成分です。

CBD OIL ASAMIは国内自社グループで製造をしている、国産のCBDオイルです。

99%以上高純度なCBDオイルで、THCは含んでいないことを成分分析をして確認しています。


ベースオイルには、MCTオイルを使用しています。

MCTオイルは、ココナッツオイルやパーム核油から得られる中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。

MCTオイルに10%濃度でCBDを配合しています。

さらに、ビタミンEを5000mg配合しています。

ビタミンEは抗酸化力や血行促進などの働きがある成分です。

食品では、アボカド、アーモンド、オリーブオイルなどに多く含まれています。


CBD OIL ASAMIは、飲んでも塗っても使用できます。

舌に直接垂らすか、飲み物に加えて、口に含んだら60秒ほどそのままにし、その後に飲み込みます。

1日3滴程度が目安量です。塗る場合は粘膜や傷口を避けて使用してください。


CBD OIL ASAMIは、飲むことも飲むこともできて、気軽に使えるCBDオイルです。

いつでもどこでも持ち歩いて、リラックスやリフレッシュに活用してみてはどうですか。


→CBD OIL ASAMI 1500mg(10%)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示