ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年2月7日日曜日

プロロングボーダーMitch Abshere監修CBDオイル-BEACHED DAYS


麻から抽出されたCBDに不安を感じていたり、安全性に疑問を持っている方もいることでしょう。

高品質なCBDを使用している製品が「BEACHED DAYS(ビーチドデイズ)CBDオイル」です。


ビーチドデイズは、カリフォルニア出身のMitch Abshereのがデビューさせたブランドです。

Mitch Abshereはカリスマ的なプロロングボーダーであり、カフェや古着などを一段高い次元に引き上げた、日本においても影響力のある人物です。


ビーチドデイズ CBDオイルは、1ボトルあたり1000mgのCBDを配合しています。

使用しているCBDは、有機栽培をしているヘンプの茎から超臨界二酸化炭素抽出法を用いて抽出しています。

超臨界二酸化炭素抽出方法は、有機溶剤を使用しない方法で、高温によって損なわれてしまう成分を守りながら抽出することができます。

日本ではTHCという成分が規制されていますが、ビーチドデイズ CBDオイルはアメリカ食品医薬局(FDA)が認可する施設で成分分析を行っており、THCフリーなことを確認しています。

また、輸入に際しては日本の厚生労働省の指導に基づいています。

ビーチドデイズ CBDオイルに使用されている原料は、MCTオイルとCBDだけとシンプルです。

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルで、中鎖脂肪酸はココナッツオイルや母乳などに含まれています。


1回摂取量は1mlです。付属のスポイトの8分目ほどが1mlになります。

初めてCBDを摂取する場合は、少ない量から試すようにしてください。


有機栽培されたヘンプの茎を使用し、成分分析を行っている、高品質なCBD製品です。

品質の高いものなら、毎日安心して摂取できることでしょう。


→BEACHED DAYS CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

農薬、除草剤ゼロ!イタリア産有機栽培ヘンプ使用CBDオイル-Alpentol


なかなか寝付けない、朝起きたときすっきりしない、ストレスやプレッシャーが多い、現代社会に生きる人たちは、このような悩みを抱えていることが珍しくありません。

みんなそうなのだからとあきらめてしまっている方もいることでしょう。

しかし、まだあきらめないでください。

睡眠や疲れの悩みを抱えている方に試してもらいたいものが「アルペントル CBDオイル」です。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれていて、CBDはその中の一つです。

これまでに数々の研究が行われ、さまざまなことがわかってきました。

海外セレブやアスリートが注目をしている成分です。


アルペントル CBDオイルは、農薬や除草剤を使用せずに栽培されている、イタリア産有機栽培のヘンプから抽出をしています。

大麻草を危険視する方もいると思いますが、アルペントル CBDオイルは、日本の法律で規制されているTHCをほとんど含まない産業用ヘンプを使用しています。

製品にする段階でTHCは取り除いており、製品にはTHCは含まれていません。

1ボトルあたりのCBD配合量は1000mg、10%濃度です。

ベースには冷温圧搾ヘンプシードオイルを使用しています。

オイルは高温が加わると酸化が進んでしまいますが、低温圧搾することで酸化を最小限に抑えています。


スポイト式のキャップになっており、適量を簡単に取り出すことができます。

1日2回、1回4滴ほどが摂取目安量です。

舌下に適量を垂らし、90秒ほどそのままにします。

その後に飲み込んで構いません。


日々疲れやストレスは蓄積をしていきます。

日々のコンディションの管理のために、アルペントル CBDオイルを役立ててみてはどうでしょうか。


→アルペントル 10ml CBD10%(1000mg)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

自己治癒力を目覚めさせるCBDオイル-NUMUN NATURALS


CBDは独特の苦みを感じることがあります。

苦味が苦手な人にとっては、飲みにくく感じてしまうことでしょう。

「苦味を感じない」と評価されているCBDオイルが「NUMUN NATURALS(ニュームーン・ナチュラルズ) プレミアムCBDオイル」です。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれています。

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドのことです。

いくつもの研究論文が発表されており、ストレスの緩和、抗炎症作用、食欲のサポートな度の働きが期待されています。


日本では大麻草の栽培や所持などが禁止されており、大麻草に含まれるTHCという成分を所持することも禁止されています。

海外で販売されている製品の中には、わずかですがTHCを含有しているものがありますが、日本で販売するには、THCを含んでいてはいけません。

ニュームーン・ナチュラルズのCBD製品は、THCフリーな製品です。

無農薬で栽培された、非遺伝子組み換えの大麻草の種子や茎から成分を抽出しています。

また、アメリカのCBD製品の業者と話しをして、信頼できる生産工場に生産をしてもらっています。

CBDの配合量は1500mg、10%濃度です。

1本5%濃度の製品の2本分を含有しているコストパフォーマンスがよい商品といえます。


MCTオイルをベースにしており、甘味料は使用していない、そのものの味を感じられる製品です。

最初は2滴ほどから始めてください。

スポイトで舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにしてから飲み込みます。

摂取量を増やす場合は、少しずつ増やしてください。


甘味料や添加物を使用していない、そのものの味わいを楽しめるCBDオイル。

そして、原料にも製造工場にもこだわっている製品です。


→NUMUN NATURALS プレミアムCBDオイル 10% 1500mg


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年2月5日金曜日

4つのフレーバーから選べる自然の恵みCBDオイル-nuu(ヌー)


寝つきが悪い、疲れが抜けない、イライラするなど、不調を抱えている方は少なくありません。

もっと心地よい生活をサポートする製品が「nuu(ヌー) CBDオイル」です。


nuuは、自然の恵みで心身を整えることをコンセプトにした、日本で誕生したブランドです。

CBDを通して、現代に生きる人々の身体や心の健康をサポートします。

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種のことです。

大麻草を危険視している方もいると思いますが、CBDは日本では合法で、WHOが安全性を認めている成分です。

CBD製品はアメリカから輸入をしており、輸入の際には必要書類を提出しています。

日本の法律を守り、許可を得て販売している製品です。

CBDはこれまでにいくつもの研究論文が発表されており、ストレスが多い方、寝つきが悪い方、疲れが抜けない方などをサポートする働きが期待できます。


nuu CBDオイルは4つのフレーバーを用意しています。

ノンフレーバーは、そのまま口にしても、飲み物に加えても摂取しやすいフレーバーです。

ベリーは、もぎたてのベリー類の甘酸っぱさがあります。

ミントは、爽やかさを感じられるフレーバーです。

ゆずは、柑橘系のみずみずしさを感じられる、ほっとくつろげるようなフレーバーです。

どのフレーバーも、6%濃度でCBDを配合しています。


スポイトタイプの容器で、10滴から20滴ほどを舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにして使用をします。

しばらくおくことで舌の皮膚から吸収されます。

好みの飲み物に加えて摂取することも可能です。


すっきり目覚めたい、気持ちを休めたい、このような方をサポートする製品です。

心身のケアのために手軽に取り入れられる製品といえるでしょう。


→nuu(ヌー) CBDオイル 6% 600mg 10ml


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

使いやすくオシャレなボトルのCBD OIL ASAMI


癒しが欲しい、すっきりしたい、そんな悩みを抱えていませんか。

毎日忙しく過ごしていると、リラックスするための時間を取りにくいことでしょう。

そのような方をサポートする製品が「CBD OIL ASAMI」です。


CBD OIL ASAMIは、CBDを配合したオイルです。

CBDは麻から抽出される成分のことで、いくつもの論文が発表されており、世界中で注目されています。

CBDには、気持のリフレッシュ、くつろぎなどの働きが期待できます。

麻は危険なのではないかと心配になる方もいると思いますが、日本でCBDは合法な成分です。

CBD OIL ASAMIは国内自社グループで製造をしている、国産のCBDオイルです。

99%以上高純度なCBDオイルで、THCは含んでいないことを成分分析をして確認しています。


ベースオイルには、MCTオイルを使用しています。

MCTオイルは、ココナッツオイルやパーム核油から得られる中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。

MCTオイルに10%濃度でCBDを配合しています。

さらに、ビタミンEを5000mg配合しています。

ビタミンEは抗酸化力や血行促進などの働きがある成分です。

食品では、アボカド、アーモンド、オリーブオイルなどに多く含まれています。


CBD OIL ASAMIは、飲んでも塗っても使用できます。

舌に直接垂らすか、飲み物に加えて、口に含んだら60秒ほどそのままにし、その後に飲み込みます。

1日3滴程度が目安量です。塗る場合は粘膜や傷口を避けて使用してください。


CBD OIL ASAMIは、飲むことも飲むこともできて、気軽に使えるCBDオイルです。

いつでもどこでも持ち歩いて、リラックスやリフレッシュに活用してみてはどうですか。


→CBD OIL ASAMI 1500mg(10%)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年1月27日水曜日

国内配送完全対応!日本語パッケージの20%CBDオイル-Naturecan


世界一の商品数を誇るネイチャーカンですが、今までは日本に上陸していたとしても、発送元は海外からの輸入対応でした。

しかし、ネイチャーカンが日本に本格参入するにあたり、都度輸入にかかる時間や配送料を提言する為に、

予め日本に一括輸入し、注文の度に国内からの即日配送、送料無料が可能となりました。


パッケージも専用に日本語化されており、摂取量などの注意書き含め、英語が苦手な方でも理解できる状態となっています。


現在国内配送を可能としているのは、下記の10種類です。

(今後は他にも国内配送対象商品を随時増やす計画です)


国内配送対象商品

  • 5%CBDオイル10ml (500mg)
  • 5%CBDオイル30ml (1500mg)
  • 10%CBDオイル10ml (1000mg)
  • 10%CBDオイル30ml (3000mg)
  • 15%CBDオイル10ml (1500mg)
  • 15%CBDオイル30ml (4500mg)
  • 20%CBDオイル10ml (2000mg)
  • 20%CBDオイル30ml (6000mg)
  • 40%CBDオイル10ml (4000mg)
  • 40%CBDオイル30ml (12000mg)
→国内配送対象商品ページはこちら


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸


今回はその中でも、20%CBDオイルについて解説します。

ネイチャーカンのCBDオイルは、CBD以外にも様々なカンビノイド成分を含んだブロードスペクトラムオイルですので、アトラージュ効果(相乗効果)が期待できます。

濃度の20%と、高濃度タイプなので手軽に体感を得られるでしょう。


摂取量目安としては、1日当たり2~3回を目安に、2-5滴を下の裏に垂らして舌下吸収させてください。

20%CBDオイル30mlであれば、1瓶に6000mgものCBDが配合されています。

1滴辺りのCBD摂取量は8.33mgなので、一回当たり3滴で25mgのCBDが摂取可能です。


味は40%CBDオイルは少し辛めのショウガ風味でしたが、20%はとても飲みやすく、さわやかな味です。

MCTオイルを基材に使用している為、余計な味は一切なく、不快感は感じません。

40%は濃すぎるし、10%は体感が不安という方にはちょうど良いのではないでしょうか。

おすすめのCBDオイルです。


→20%CBDオイル30ml(CBD6000mg)


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年1月24日日曜日

CBDオイルとグルテンフリー。メリットについて解説


テレビ、雑誌、コンビニ、スーパーなどで、グルテンフリーという言葉を目にしたり、耳にしたりするようになりました。

健康やダイエットを意識している人なら、グルテンフリーという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、「グルテンフリーって何?」という人もいるはずです。

健康を意識している人は、CBDオイルという言葉を聞いたこともあると思います。

グルテンフリーを意識している人なら、CBDオイルにグルテンが含まれていないのか気になるところです。

ここでは、グルテンとはどんなものなのか、グルテンフリーにはどのようなメリットがあるのか、CBDオイルにグルテンが含まれているのかなどを解説していきます。


グルテンとは

グルテンとは、タンパク質の一種です。

小麦にはグルテニンとグリアジンという2種類のタンパク質が含まれており、小麦粉に水を加えて練るとグルテニンとグリアジンが絡まって、グルテンが形成されます。

グルテニンには弾力があるけれど伸びにくい性質、グリアジンには弾力は低いけれど伸びがよく粘着力がある性質があります。

この性質を活かして、パン、パスタ、ラーメンなどが作られています。

小麦粉には、強力粉、中力粉、薄力粉があり、これは小麦中に含まれるタンパク質量によって分類をしています。

グルテンが多いのが強力粉、少ないのが薄力粉です。

小麦以外の食品では、大麦やライ麦にもグルテンが含まれています。

また、小麦を使用した醤油、カレー、シチュー、パスタ、ラーメン、パン、餃子、唐揚げ、お麩、クッキー、ケーキなどもグルテンを含んでいます。


グルテンの人体への影響

では、なぜグルテンフリーが注目されているのでしょうか。

小腸では、食べたものの栄養素が吸収されていますが、小腸にはバリアのようなものがあり、未消化な大きな分子の物質は吸収されないようになっています。

しかし、グルテンは腸のバリアを弱らせ、リーキーガットという状態にしてしまうことがあります。

リーキーガットとは、日本語にすると腸漏れのことです。

リーキーガットになってしまうと、本来は通すことがない大きな分子が腸を通過してしまいます。

グルテンは人間が持っている消化酵素では分解されにくい性質があります。

未消化の大きな分子の状態で小腸から吸収されてしまうことがあるのです。

リーキーガットになると、グルテンも腸を通過して体内に取り込まれてしまい、未消化のタンパク質が体内に入ることで、アレルギー反応、頭痛、倦怠感など、さまざまな不調が引き起こされるといわれています。


グルテンフリーのメリット

グルテンフリーを実践することでどのような効果があるのか、科学的に解明されていないようですが、グルテンフリーを実践することで心身に変化を感じている人がいるようです。

グルテンフリーを実践することで腸の荒れが治まり、肌の調子が整ってくることがあるようです。

肌は腸の状態を表すといわれています。

また、炎症が鎮まるのでそれによって体重が減少したという人もいます。

腸の調子が整うので、便通がよくなる、下痢が治まるといった変化も期待できます。

腸と脳はやり取りをしており、腸の状態が精神に影響を与えるといわれています。

腸の調子が整えば、心が安定する働きも期待できます。


CBDオイルにグルテンは含まれているの?

グルテンは、小麦、大麦、ライ麦などに含まれているタンパク質のことです。

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドのことです。大麻草にはグルテンは含まれていないので、CBDにもグルテンは含まれていません。

CBDオイルとは、ココナッツオイル、MCTオイル、ヘンプオイルなどのオイルをベースにして、CBDを混ぜ合わせたものです。

ココナッツにはグルテンは含まれていません。

MCTオイルは、ココナッツオイルやパーム核油を原料にして作られた、中鎖脂肪酸100%のオイルです。

グルテンは含まれていません。

ヘンプオイルは麻の実から抽出されるオイルです。麻の実にはグルテンは含まれておらず、ヘンプオイルにもグルテンは含まれていません。

つまり、CBDオイルはグルテンフリーな製品なのです。

フレーバーつきのCBDオイルも販売されていますが、フレーバー付きのものもグルテンフリーです。

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年1月13日水曜日

忙しい女性へ贈るCBDオイル-Bicle


育児、家事、仕事など、忙しく過ごしている女性は、日々ストレスがたまりがち。

ストレスは心身に影響を与えます。

女性の健康をサポートするために誕生した製品が「Bicle(ビクル) CBDオイル」です。


CBDは麻から抽出されるカンナビノイドです。

研究が進められており、医薬品として利用されたり、健康食品や化粧品に配合されたりしています。

人間の体に備わっている生態調整機能であるエンドカンナビノイドシステムをサポートして、ストレスの軽減や睡眠の質をサポートすることが期待されています。


ビクルは自社農園を持つアメリカの企業と提携をし、オーガニック栽培の麻から抽出されたCBDを輸入しています。

麻には日本の法律で規制されているTHCが含まれているため、輸入前にTHCは取り除かれています。

第三者機関での成分分析済みで、厚生労働省麻薬取締部に書類を提出しており、安全性を確認しているCBDです。

CBD原料には、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3種類があります。

フルスペクトラムはTHCが含まれているため、日本では違法です。

ビクルが使用しているのはブロードスペクトラムです。

CBDとそれ以外のカンナビノイドやテルペンなどの成分が含まれており、アントラージュ効果が期待できます。

フレーバーは、ナチュラル、ゆず&レモン、ライム&ミントの3種類です。全ての原料が天然由来です。


初めて摂取される方は、1回1~2滴程度から始めてください。

スポイトを使って舌に数滴垂らし、口の中に90秒ほど留めます。

その後に飲み込んでしまって構いません。

妊娠中・授乳中の方は摂取を控えてください。


第三者機関での成分分析済みで、天然成分を使用した、安全面に配慮したCBDオイルです。

3つのフレーバーが用意されており、味が気になる方でも日々の生活に取り入れやすい製品です。


→Bicle CBDオイル CBD1,500mg(約5%) 内容量:30ml


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

グミだけじゃない!ヘンプベイビーのフルスペクトラムCBDオイル-HEMP Baby


CBDは日々のコンディションをサポートすることが期待できる成分です。

毎日摂取するなら安全性にこだわった製品を選びたいと思いませんか。

今回ご紹介する製品は「HEMP Baby CBDオイル」です。


HEMP Baby CBDオイルは、アメリカ・コロラドで栽培されたオーガニックの麻からCBDを抽出しています。

農薬や化学肥料を使用せずに栽培されている、安全性に配慮した麻を使用したCBDです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、麻にはCBD以外にも数多くのカンナビノイドが含まれています。

HEMP Baby CBDオイルは、CBG、CBNなども含まれているフルスペクトラムです。

CBDとそれ以外のカンナビノイドとのアントラージュ効果が期待できます。

特にCBNは深いリラックスをもたらすことが期待できる成分で、睡眠の悩みを抱えている方に向いているといえそうです。

HEMP Baby CBDオイルは第三者機関で検査を実施し、問題がないことが確認されています。


内容量は1本30mlで、CBDを3000mg配合をしています。

ベースにはMCTオイルを使用しています。

MCTオイルは無味無臭でクセがなく、そのまま飲んでも味が気になりにくいオイルです。

HEMP Baby CBDオイルには、ほのかにミントの風味が加えられています。


容器はスポイトタイプになっており、スポイトを使って適量を舌に垂らして摂取をします。

口の中に含んだら90秒ほどそのままにし、その後に飲み込みます。

運転前や運転中には使用しないでください。


フルスペクトラムはCBDだけでなく、CBGやCBNなども含まれており、アントラージュ効果が期待できます。

HEMP Baby CBDオイルはオーガニックの麻から抽出した成分を使用したフルスペクトラムのオイルです。


→HEMP Baby フルスペクトラムCBDオイル CBD3000mg含有


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年1月10日日曜日

スイスのメジャー。ヘンプシードオイルベースのCBDオイル-Marry Jane


疲れ、ストレス、痛みなどに悩んでいませんか。

自分らしくハツラツと過ごしたい方をサポートする成分がCBDです。

今回ご紹介する製品は、Marry Jane社の「CBDドロップス ヘンプシードオイル」です。


Marry Jane社は、2017年に創立されたスイスに拠点を置くヘンプメーカーです。

Marry Jane社のCBDドロップスは、1本あたりCBDを1500mg配合をしています。

濃度にすると15%です。

日本で販売されているCBDオイルは、5%濃度や10%濃度のものが多いのですが、CBDドロップスはそれよりも高い濃度となっています。

ヘンプシードオイルとCBD(カンナビジオール)から作られている、天然原料を使用したCBDドロップスです。

使用している成分はEUが認定をしています。

日本の法律では禁止されているTHCは含まれていません。

ヘンプシードオイルは必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6を理想的なバランスで含んでいます。

ヘンプの風味を感じられる製品です。

合成香料、合成着色料、保存料は使用していません。


製品はスポイトタイプとなっています。

1滴ずつ量を調整しやすく、初めての方でも少ない量から調整できるようになっています。

1本は10ml入りでカバンに入れて持ち運びやすいサイズです。


1日の目安量は1~6滴です。

体の調子を見ながら量を調整してください。

舌の下に直接垂らし、90秒ほどそのまま口の中に含んだ状態を維持し、その後に飲み込みます。

妊娠中や授乳中には摂取しないでください。

車の運転前、運転中の摂取は控えてください。


CBDを15%濃度で配合しているヘンプの風味豊かなCBDドロップスで、ヘンプの味や香りを楽しみたい方におすすめです。


→Marry Jane CBDオイル CBD1500mg 15%


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

使いやすい個包装タイプCBDオイル(お試し用)-REFLECTY


外出先ではCBDオイルを摂取しにくいと感じたことがありませんか。

旅行の際や職場、外食でも摂取しやすい製品が「REFLECTY(リフレクティ) CBD OIL」です。


「REFLECTY」は内側から湧き出る輝きを意味しています。

その名の通り、REFLECTYの製品を使用して、人間本来の力を活かし、QOLの向上をサポートする製品となっています。

近年特に問題となっているのが、睡眠障害や女性特有の体の不調で、インナーバランスを崩しやすい状態になっています。

インナーバランスを整えるためには、毎日使える製品であることが大切です。

REFLECTYは、日常使いやすいデザインとなっています。


REFLECTY CBDオイルは個包装です。

1包は1gで、CBDは10mg配合をしています。

使用している原料は、中鎖脂肪酸油(MCTオイル)とCBD(カンナビジオール)だけです。

余計なものは使用していません。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、世界で研究が進められている成分です。

向精神作用はなく、WHOは安全性を認めています。

REFLECTY CBDオイルは第三者機関で検査を実施しており、日本の法律で規制されているTHCが含まれていないことを確認しています。


1日あたりの目安量は1包です。

MCTオイルを使用しているのでオイル自体の味が気になりにくく、そのまま口に含んだり、パスタなどの料理やコーヒーなどの飲み物に混ぜて摂取することができます。

口に含んで摂取する場合は、口の中に1分ほど留めておくことをおすすめします。


REFLECTY CBDオイルは個包装でバッグに入れてどこにでも持ち運びしやすい製品です。

旅行の際や外食の際に重宝することでしょう。


→REFLECTY 個包装タイプCBD OIL


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年1月6日水曜日

1プッシュ10mgCBD摂取!使いやすいスプレータイプのCBDオイル-GREEN LIFE With Natural


スポイトタイプのCBDオイルは使いにくいと感じたことがありませんか。

今回ご紹介する製品はスプレータイプのCBDオイル、「GREEN LIFE With Natural CBD1200mg」です。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドのことです。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれており、その中でもCBDは麻の品種によってはカンナビノイドの40%を占める成分です。

医学的・薬学的な研究論文が多数発表されており、CBDの働きに期待が寄せられています。


CBDは違法性のある成分でないかと心配になる方もいることでしょう。

日本の法律で禁止されているのは大麻草に含まれるTHCという成分で、マリファナの主成分になっています。

CBDには違法性はありません。

マリファナとCBDでは使用される部位が異なり、CBDは日本の法律で規制対象となっていない麻の種子と茎を使用しています。

CBDにはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3タイプがあり、With Naturalが使用しているのはアイソレートCBDです。

大麻草に含まれるCBD以外の成分を除去した、純度の高いCBDとなっています。配合量は製品1本25mlあたりにCBD1200mgです。

オレンジフレーバーとミントフレーバーの2種類を用意しています。


スプレータイプのCBDオイルで、口の中にシュッと吹きかけて使用をします。

1プッシュ当たり約10mgのCBDを含有しています。


GREEN LIFE With Natural CBD1200mgは、スプレータイプでどこでも使いやすいタイプとなっています。

手軽にいつでもCBDを使いたいという方に向いている製品です。


→GREEN LIFE With Natural CBD1200mg CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

株式会社日本ヘンプによる監修・協力にて生まれたCBDオイル-netsbee


常に忙しく、ゆっくり休んだり、食事をしたりする時間がない現代社会。

カリカリ、イライラしている人が少なくありません。

ストレスの多い現代人のサポートとなってくれるような製品が「netsbee CBDオイル」です。


私たちの体の状態は常に一定に保たれています。

体温や血圧などが常に一定に保たれているのは、体に備わっている機能のおかげです。

しかし、ストレスや加齢などによって恒常性を維持する機能が衰えてしまうことがあります。

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

体内のCB2受容体に働きかけて生態恒常性維持をサポートします。


netsbee CBDオイルは、CBDを6.9%濃度で配合をしています。

ベースにはヘンプオイルを使用しています。

ヘンプオイルも麻から抽出されるものです。

オメガ3系脂肪酸が豊富に含まれており、健康食品として注目を集めています。

大麻草には日本の法律では違法とされているTHCが含まれていますが、netsbee CBDオイルはTHCを排除した製品です。

製造は日本国内で行われています。

ヘンプを使ったオイルや雑貨、化粧品などを扱う「株式会社日本ヘンプ」が監修・協力をしています。

CBDは苦味のある成分で、オイルを直接含むと苦味が気になってしまうことがあります。

しかし、netsbee CBDオイルはチョコミント味を採用することで、無理なく摂取できるようにされています。


CBDオイルは直接舌の下に垂らして摂取をします。

2~3滴を垂らしたら、90秒ほど口の中に留め、その後に飲み込みます。

1日目安量は5~10滴です。


netsbee CBDオイルは、日本国内で製造されており、THCが除去されている、安心できるCBD製品といえるでしょう。


→netsbee 6.9%CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年12月30日水曜日

40%を誇る超高濃度CBDオイル-Naturecan


CBDオイルといえば、舌下吸収にてCBDを摂取する製品です。

CBDオイル毎にオイルに含まれるCBD量は異なり、その濃度も一般的には3%~15%が殆どです。

ですが、今回紹介するNaturecanのCBDオイルは数あるCBDオイルの中でも超高濃度の40%です。

多くのCBDオイルは濃度の関係から、一回に使用する滴数が多くなりがちで、口の中がオイルまみれになる事に抵抗がある方も多いでしょう。

Naturecanの40%CBDオイルは1滴あたり16mgものCBDが含まれるので、通常使用では2滴で32mgものCBDを摂取する事が可能です。

他の製品と比べても、CBDカプセルであれば大体1カプセル20mg、高濃度CBDグミであれば1粒25mgですので、どれだけ高濃度なのかが分かるかと思います。

多くの方が体感を得られるCBD摂取量は25mgと言われていますので、2滴で体感を得られるほどのCBD摂取が可能です。

2滴であれば、そこまで口の中のオイルっぽさは気にならないでしょう。


ただ一点、好みが分かれるのが味です。

Naturecanの40%CBDオイルは高濃度がゆえにCBD特有の苦みが強く、少し辛くも感じます。

近い味としては「ショウガ」でしょうか。

良薬は口に苦しというように、少し刺激的な味に好みが分かれそうです。


また、使用しているCBDも単純に濃度を高めるだけのアイソレートとは違い、しっかりとブロードスペクトラムCBDを使用していますので、アトラージュ効果によって高い体感・効果が期待できます。

ブロードスペクトラムとは、CBD以外のも様々な有効成分が含まれ、相乗効果が期待できる抽出方法です。

純粋にCBDだけのアイソレートとは異なり、CBDをより効果的に作用させるための様々な成分が含まれています。

見掛け倒しの高濃度とは違い、しっかりと有効作用される事を考えた高濃度CBDオイルですので、他のCBDオイルで体感を得られなかった方にオススメです。


注意点としては、超高濃度なゆえに過剰摂取が気になる所です。

CBDは大量に摂取したとしても、お腹が緩くなったり、他の薬の効果を弱くする等が言われていますが、致命的な副作用はありません。

ですが、あえて基準を設けるとしたら、1日当たりのCBD最大摂取量は70mgまでとしてください。

これは英国食品基準庁によって定められている基準値です。

ですので、Naturecanの40%CBDオイルでは1日当たり4滴までを目安に摂取してください。


→Naturecan 40%CBDオイル


また、当サイト限定のクーポンコードを利用すれば、更に15%引きにて購入可能です。

詳しい購入方法は下記記事にて解説しています。


→Naturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年12月12日土曜日

国産レモンティーフレーバーCBDオイル-CANNERGY


寝つきが悪い、朝起きたときスッキリしない、疲れが取れない、こんな悩みがありませんか。

睡眠は心身を回復させるために重要なものです。

十分な睡眠時間を確保できないと日中のパフォーマンスに影響を与えます。

体の機能を調節するエンドカンナビノイドシステム(ESC)の働きをサポートすることが期待されている成分がCBDです。

今回はCBDを配合した「CANNERGY CBDオイル」を紹介します。


CBDはヘンプから抽出される成分です。ヘンプと聞くと危険に感じるかもしれませんが、日本の法律で規制されている成分はTHCです。

CBDは産業用ヘンプから抽出されており、THCとは使用するヘンプの品種や抽出部位が異なります。

CANNERGYでは99.9%ピュアなアイソレートCBDを使用しています。

ヘンプから抽出した成分からTHCを取り除いており、THCは含まれていません。日本国内向けのCBDとなっています。


CBDは独特の苦みがある成分ですが、レモンティーフレーバーで摂取しやすいようにしました。

CBDを5%濃度で配合しているにもかかわらず、えぐみを感じにくくなっています。

ベースにはMCTオイルを使用しているので、オイルの臭いや味も気になりません。


CBDを体内に吸収させるために、舌下摂取する方法がおすすめです。

1回3~4滴を舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにして、その後に飲み込みます。

飲み物に混ぜて摂取することも可能です。1日1~2回を目安にし、過剰に摂取しないようにしてください。


CBDは苦味が気になる成分でCBDオイルを苦手と感じている方もいることでしょう。

そのような方でも日常的に利用しやすいCBDオイルとなっています。


→CANNERGY CBDオイル CBD含有率 5% 500mg 10ml


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年12月7日月曜日

三つの味でペットも大満足なペット用CBDオイル-MEDTERRA


CBDを普段から利用している方は、ペットにも与えたいと考えているのではないでしょうか。

CBDを利用していない方でも、ペットには健康に長生きして欲しいと考えていると思います。

人間とペットでは代謝などに違いがあるため、ペットにはペット用の製品が必要です。

「メディテラ ペット用CBDオイル」はペットのために開発されたCBD製品です。

今回はペット用CBDについて紹介をします。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドのことです。

メディテラでは、ヘンプパイロットプログラムのもと栽培された、アメリカ産のヘンプ(麻)を使用しています。

非遺伝子組み換えで汚染されていないことを確認しています。

抽出には二酸化炭素抽出法を採用しています。

99%という高純度のCBDです。

大麻草にはTHCという日本の法律で規制されている成分が含まれています。

そのため、日本にはTHCを含んだ製品を輸入することができません。

メディテラの製品はTHCを含んでいないもので、ラボ試験によってTHC0%であることを確認しています。


ペット用CBDは1本が15ml入りで、CBDは150mg配合をしています。

スポイトタイプの容器なので簡単に与えることができ、量を調整しやすくなっています。

ペットの好みにあわせられるように、味なし、ビーフ味、チキン味の3種類を用意しています。


1日の目安量は1mlです。

スポイトを使ってフードや水に直接垂らし、与えます。

舌に直接垂らして与えることも可能です。

舌に直接垂らす場合は、ペットの下にスポイトが触れないようにしてください。


ペットにCBDを与えるならペット用のものを選ぶことが大切です。

メディテラ ペット用CBDオイルは、ペットのことを考えたCBD製品です。


→medterra ペット用CBDオイル CBD150mg 15mL


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月18日水曜日

サイズも濃度も丁度よいCBDオイル-AVIDA


なかなか寝付けない、リラックスできない、このように悩んでいる方は少なくありません。

睡眠やリラックスへの働きかけが期待されている成分がCBDです。

今回はAVIDA CBDオイルについて紹介をします。


CBDはヘンプから抽出されるカンナビノイドの一種の成分で、アメリカではエピディオレックスという医薬品が承認されています。

医薬品は一般の人は利用しにくいですが、AVIDA CBDオイルなら一般の人でも気軽に利用できます。


AVIDAでは、有機栽培のヘンプから成分を抽出したブロードスペクトラムCBDを使用しています。

ヘンプには113種類ほどのカンナビノイドが含まれており、ブロードスペクトラムはCBD以外のカンナビノイドであるCBDA、CBCなどや、テルペン類などを含有しています。

さまざまな成分が含まれていることで、それぞれの成分の相互作用が期待できます。

製品はGMP認定工場で製造をしています。

また、地球に配慮した製品製造にも配慮されています。

ヘンプにはTHCというカンナビノイドも含まれており、この成分は日本の法律では規制されています。

AVIDAでは第三者機関でテストを行い、問題がないことを確認しています。

THC検査の結果はオンライン上で公開をしています。


AVIDA CBDオイルはスポイトを使用して摂取をします。

舌に数滴を垂らしたら、1分程度そのままの状態に保ち、その後に飲み込みます。

あくびがでることがあるので、運転前や運転中には摂取しないでください。

通院している方、薬を服用している方は医師に相談をしてください。


AVIDAのCBDオイルは、有機栽培ヘンプを使用した、THCを含まない安心できる製品といえるでしょう。

安心できるものであれば、日常的に利用できます。


サイズも小さすぎず大きすぎずな30ml、CBD濃度も10%(CBD3000mg)と、日常的に続けやすいCBDオイルです。


→AVIDA CBDオイル 30ml 濃度10% CBD3000mg配合



ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月2日月曜日

超高濃度CBDオイル!なんと40%-Naturecan


海外では一般の人もアスリートも利用しているものがCBDです。

今回は「Naturecan 40% CBDオイル」を紹介します。


麻は古代から人間が利用してきた植物です。

CBDは麻から抽出される成分で、現在研究が進められており、さまざまな働きが期待されています。

リラックスしたいとき、気持ちを切り替えたいとき、アクティブに過ごしたいときなどサポートをしてくれます。


CBD製品には3つのタイプがあります。

1つめはフルスペクトラムです。

麻に含まれる成分がそのまま残っています。

2つめはブロードスペクトラムです。

麻から抽出される成分からTHCを取り除いたものです。

CBDやその他のカンナビノイド、テルペンなどは含まれています。

3つめはアイソレートです。

純度の高いCBDで、CBD以外のカンナビノイドは含まれていません。

Naturecan 40% CBDオイルはブロードスペクトラムCBDオイルです。

麻には多数のカンナビノイドが含まれており、ブロードスペクトラムにも多数のカンナビノイドが含まれています。

そのため、それぞれの成分が相互に働くことが期待できます。

THCは0.0%で第三者機関によって検査済みです。

日本で出回っているCBDオイルは濃度が5~10%のものが多いのですが、NaturecanのCBDオイルは濃度40%です。

MCTオイルをベースに配合をしています。

スペアミントの風味を加えています。


ピペットが付属している容器に入っており、ピペットを使って舌に垂らして摂取をします。

1,2滴を舌に垂らし、1分ほどそのままおいて、その後に飲み込みます。

1滴あたりのCBD量は16mgです。

1日のCBD摂取量が70mgを超えないようにしてください。


ブロードスペクトラムのCBDを40%も配合した高品質なオイルといえるでしょう。


→Naturecan CBDオイル CBD40% CBD2000mg

当サイト限定のクーポンコードを利用すれば、更に15%引きにて購入可能です
→Naturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸

ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

コスメキッチンとElixinolがコラボしたCBDオイル-MINDFULNESS


今回ご紹介する製品は「マインドフルネス オイル エッセンス」です。

CBDとMCTオイルをブレンドした、コスメキッチンとコラボして実現した商品です。


麻には80~114種類ほどのカンナビノイドという物質が含まれており、CBDはその中の一つです。

麻の種類によってはカンナビノイドの40%ほどをCBDが占めていることがあります。

日本の法律では大麻草の所持や栽培などについて規制がされていますが、CBDは日本の法律では規制されていない麻の成熟した種子や茎から成分を抽出しています。

日本の厚生労働省の指導のもとに原料や製品の輸入が行われています。

マインドフルネス オイル エッセンス1本には、200mgのCBDを配合しています。


ベースとなるMCTオイルは、中鎖脂肪酸100%のオイルです。

中鎖脂肪酸やココナッツオイルやパーム核油など天然のものに含まれています。

一般的な植物油には長鎖脂肪酸が多く含まれています。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸では炭素数が違い、中鎖脂肪酸の方が炭素数が少なく、直接門脈を通って肝臓に届けられるため、素早くエネルギーになるといわれています。

MCTオイルは無味無臭ですが、CBDには独特の味がありますが、マインドフルネス オイル エッセンスはオレンジの香りをブレンドして、飲み物に混ぜてもそのままでも摂取しやすいようにされています。


スポイトタイプの容器で、直接舌に垂らす、飲み物に混ぜるなどして摂取が可能です。

舌に垂らして摂取をする場合は、数敵を垂らした後にしばらく口の中にとどめておき、その後に飲み込むようにします。


忙しくてリラックスする時間を作りにくい、手軽にCBDを試してみたいといった方をサポートするオイルです。


→MINDFULNESS CBDオイル


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月29日木曜日

CBDは空腹時に摂取しても良いの?効果的な摂取タイミングとは


CBDの働きを最大限に引き出すためには、摂取するタイミングが重要です。

医薬品の場合は空腹時、食後など服薬するタイミングが示されていますが、CBDにはそれがありません。

どのタイミングで摂取したらよいのか迷ってしまうことでしょう。

ここでは、CBDの働きを引き出すための摂取のタイミングや空腹時に摂取するメリットを紹介します。


CBDってどんな成分

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれています。

カンナビノイドとは、麻に含まれる化学物質の総称です。

CBDはその中の一つです。

大麻草にはTHCという成分も含まれています。

THCはマリファナの主成分で、受容体への感受性が高く、幻聴や幻覚を引き起こす成分です。

向精神作用があり、日本の法律では規制されています。

一方、CBDにはそういった働きはありません。

向精神作用はなく、WHOは安全性を認めています。

日本の法律では規制されていません。

また、THCとは抽出する部位が違い、CBDは日本の法律で規制されていない麻の成熟した種子や茎から抽出を行っています。

抽出したものからはTHCを完全に取り除く、THCを含んでいないことが第三者機関によって確かめられています。


CBDは油と一緒に摂取するとよい

ビタミンやミネラルのサプリメントの場合、胃の働きが活発になっている食事中や食後に摂取をすると吸収率が高まります。

逆に食事中や食後だと吸収が妨げられてしまう成分もあります。

アミノ酸は、運動前に摂取するとよいもの、運動後に摂取するとよいものがあります。

プロテインにはホエイ、大豆、カゼインなどがあり、それぞれ吸収スピードが違うので、どのタイミングで摂取したらよいのかも違います。

CBDの場合は、脂質が多い食事と一緒にCBDカプセルを摂取することで、空腹時の摂取に比べて4倍の吸収率になったとミネソタ大学の研究で報告されています。

CBDは油になじみやすい性質があります。

CBDオイルはココナッツオイル、MCTオイル、ヘンプオイルなどをベースにしてCBDを配合していますが、これはCBDが油になじみやすいからです。

脂溶性の成分は油と一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

ビタミンAやビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂取をすると吸収がよいです。

CBDもこれと同じことがいえそうです。


CBDは空腹時に摂取してもよい?

脂質を多く含む食事と摂取すると吸収率が高まると聞くと、空腹時には摂取しない方がよいように感じてしまうことでしょう。

しかし、空腹時に摂取してはいけないわけではありません。

食事と一緒に摂取をすると吸収率が高まったのは、脂質を一緒に摂取したからです。

つまり、CBDを摂取する際に脂質も一緒に摂れば、空腹時でも吸収率が高まることが期待できるのです。

CBDオイルは油を使用しているので、脂質と一緒にCBDを摂取することができます。

そのため、空腹時でも吸収がよいことが期待できます。

CBDカプセルの場合は、オイルをカプセルに閉じ込めているものならCBDの吸収がよくなることが期待できそうです。

リキッドはCBD入りの液体を蒸気にして吸引するものです。

蒸気には脂質は含まれていないので、リキッドの場合の吸収率はわかりません。

しかし、肺に長くとどめておくことでCBDの吸収がよくなるといわれています。


空腹時に摂取するメリット

寝つきが悪いときには、就寝前にCBDを摂取するとよいといわれています。

就寝前に脂質が豊富な食事をすると翌朝の胃もたれが気になります。

夕食の際に摂取をする場合だと、就寝前でに間が空いてしまいます。

空腹時にも摂取できれば、就寝前にたっぷりとした食事を摂ることなく、CBDを摂取することが可能となります。

仕事中にイライラしているとき、リフレッシュしたいときにもCBDが役立ちます。

仕事中はたいていお腹が空いているのではないでしょうか。

そういったときも手軽にCBDを摂取できます。

また、食事と一緒だと食品に含まれる成分によってCBDの吸収が妨げられてしまう可能性があります。

とくに食物繊維の大量摂取は、微量栄養素の吸収を妨げるといわれています。

空腹時ならそういった心配がありません。


ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示