ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

水溶性CBD入り炭酸飲料「レモンライム」-GREEN HERO


仕事、家事、育児など、現代人は忙しく動き回っています。頑張っているときには疲れを感じていなくても、仕事や家事などが終わるとドッと疲れを感じることがあります。

そんな現代人におすすめなドリンクが「GREEN HERO CBDドリンク」です。1本あたり10mgのCBDを配合したドリンクです。


CBDは麻に含まれる天然の成分です。CBDの可能性に注目が集まっており、研究が進められています。リラックス、安眠、リフレッシュなどのために取り入れられている成分です。

「麻は危険なのでは?」と感じるかもしれませんが、CBDはWHOが安全性を認めており、日本で合法な成分です。CBDは海外から輸入をされており、輸入の際には厚生労働省の指示に従っています。


GREEN HERO CBDドリンクは、爽やかなレモンライム味です。CBDは独特な味が気になることがありますが、レモンライム味ならスッキリと飲むことができます。スポーツの後、仕事の合間など、スッキリしたいときに最適な味です。

CBDは油に溶けやすい性質があるため、オイルタイプになっていることが多いのですが、この製品はドリンクなのでオイルのようなべたつきが気になりません。GREEN HERO CBDドリンクに使用しているCBDは水溶性になっています。

また、見た目は一般的なドリンクなので、人目を気にせずに摂取できます。


1日の摂取量は体調を見ながら調整してください。1本250mlあたりにCBDを10mg配合しています。

微炭酸でそのまま飲んでもおいしく、アルコールとの組み合わせも相性バッチリです。


レモンライム味のスッキリした飲みごたえのドリンクです。スポーツ後や仕事の合間などにおすすめです。


→GREEN HERO CBDドリンク CBD10mg 250ml 微炭酸 レモンライム


ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

リラックス効果の高い緑茶エキス配合。水にも溶ける水溶性CBDオイル-Pharma Hemp


睡眠の質を上げたい、そんな方におすすめの製品が「Pharma Hemp Japan 水溶性CBD TAKE THE SPOTLIGHT」です。


Pharma Hemp Japanがおすすめな理由は3つあります。


1つめは、高品質なCBDを使用していることです。

Pharma Hemp Japanでは、スロベニア産のオーガニックヘンプから抽出したCBDを使用しています。スロベニアはヨーロッパの緑の宝とも呼ばれており、美しい自然が広がっている国です。

日本の場合は、化学合成農薬・化学非利用を米や野菜などの1年生作物は種まきや植え付けの前2年間使用しないという条件をクリアするとオーガニックとして認められます。Pharma Hemp Japanでは、40年間も農薬を使用していない土地で育てられたヘンプを使用しています。


2つめは、L-テアニンと緑茶エキスを配合していることです。

テアニンとは緑茶に含まれる成分です。特に玉露や抹茶に多く含まれています。テアニンには、リラックス作用が期待できます。質の良い睡眠を手に入れるためには、リラックスしていることが大切です。


3つめは、水溶性であることです。

CBDは脂溶性成分なので、一般的には水には溶けにくいとされています。Pharma Hemp JapanはCBDを乳化コーティングすることで、水に溶けやすくなっています。


舌下に直接垂らしたり、飲み物に混ぜたりして摂取をしてください。CBDは5%濃度で配合をしています。体調を見ながら量を調整してください。


スロベニア産のオーガニックヘンプを使用、リラックス作用が期待できるL-テアニンも配合、そして水に溶けやすい水溶性のCBD製品です。睡眠の質が気になる方に特におすすめです。


→Pharma Hemp 水溶性CBDオイル


ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

有名メーカーの水に溶けるCBDナノパウダー-elixinol


CBDは脂溶性なためオイルに配合しているものが一般的ですが、今回紹介する「elixinol(エリクシノール) CBDナノパウダー」は水溶性です。


脂溶性とは油に溶けやすい性質のことです。CBDは脂溶性なので、MCTオイルやヘンプオイルなどの油脂にCBDを配合した、CBDオイルが一般的に出回っています。

しかし、口から摂取をして体内に吸収するためには、乳化する必要があります。吸収のためにひと手間かかるのです。

elixinol CBDナノパウダーは、水溶性化(乳化)をしてあります。ナノ化することで水に溶けやすくなっています。

水溶性化されているため、水にさっと溶かすことができ、オイルと比べて吸収率が違います。

人工腸液を用いた溶出試験によると、6時間後の吸収率はCBD原体は35%程度なのに対し、CBDナノパウダーは90%程度という結果になっています。


使用しているCBDはアイソレートです。THCはもちろん、その他の不純物も取り除いた、純度の高いCBDです。

個包装になっており、1包あたり300mgのCBDを使用しています。個包装なので計量の必要がなく、オイルと違って持ち運びがしやすいです。また、摂取する際に手を汚す心配がなく、飲み物に混ぜてしまえば人の目は気になりません。スポーツの後などにもサッと摂取できます。

elixinol CBDパウダー医薬品などの開発を行っているSENTAN Phama(センタンファーマ)と共同開発をしています。


1日1包が摂取目安量です。そのまま口にすることも、水などの飲み物に混ぜて摂取することも可能です。好みの飲み物に混ぜてください。


水溶性化したことで吸収率が違います。サッと溶かして素早く摂取できるCBDパウダーです。


→elixinol CBDナノパウダー


ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

添加式CBDパウダー!水溶性特殊製法なので、どんなものにでも混ざります-ataracia


CBDオイルを人前で飲むことに抵抗を感じていませんか。

飲み物に混ぜて摂取できれば、人目を気にせずに摂取できそうです。

CBDを飲み物に溶かして摂取したいときに便利な製品が「ataracia 水溶性パウダーCBD」です。

正に万能。水溶性特殊製法なので様々な飲食物にCBDを添加出来る優れものです。


ataracia(アタラシア)は、日本発のCBDブランドです。

本来の自分らしく、なりたい自分に近づくための手段として、CBD製品を提案しています。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種です。

人間の体には、エンドカンナビノイドシステム(ECS)が存在しています。

食欲、睡眠、運動などの働きにかかわっているシステムです。

ECSはカンナビノイドのサポートを受けています。

カンナビノイドは、私たちの健康と密接に関係しているといわれている物質です。


CBDは脂溶性の成分なので、水には溶けにくい性質があります。

しかし、ataracia 水溶性パウダーCBDは飲み物に溶けやすいタイプです。

CBDを粉末状にしたもので、水にさっと溶けてくれます。

パウダーは個包装になっているので、大容量袋と違って湿気る心配がありません。

また、個包装なら持ち運びしやすく、外出先でもCBDを摂取できる利点もあります。

1包は1gでCBDは20mg配合をしています。


摂取するときには、好きな飲み物と混ぜてください。

特にコーヒーや紅茶に混ぜることがおすすめです。

また、さっと溶けるタイプなので、料理に混ぜることも可能です。


CBDパウダーは飲み物に混ぜて摂取することができ、飲み物ならCBDを摂っていることが周りにわかりにくく、抵抗なく摂取できそうです。

いつでも手軽にCBDを利用できることでしょう。


→ataracia 水溶性CBDパウダー 200mg


ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ただのCBDじゃない!ナノ化させた水溶性CBDとは?


日本に出回っているCBD製品は、オイル、リキッド、カプセル、グミやチョコレートなどのお菓子が一般的です。

同じ主成分であるCBDに対し、技術の進歩により誕生したのが水溶性のCBDです。

では、これまでのCBDと水溶性CBDでは何が違うのでしょうか。


CBDとはどんな成分?

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれており、その中の一種がCBDです。

大麻草には危険なイメージを持つかもしれませんが、CBDはWHOが安全性を認めており、世界アンチドーピング機構ではCBDを禁止薬物から除外しています。

危険なイメージのある成分は、大麻草に含まれているTHCです。

THCは脳内にあるCB1という受容体への親和性が高く、精神錯乱、幻覚、幻聴を引き起こす可能性があり、日本の法律では規制されています。

法律で規制されている成分なので、日本に輸入されるCBD製品にはTHCは含まれていません。

一方、CBDはTHCに比べるとCB1への親和性が低く、精神や神経に悪影響を与えることがないとされています。

日本の法律では規制されていません。


CBD製品の形態は?

日本で販売されているCBD製品には、主に5つのタイプがあります。


1・オイル

ヘンプオイル、ココナッツオイル、MCTオイルなどにCBDを加えたものです。

スポイトタイプの容器に入っており、舌に垂らして摂取をします。


2・リキッド

液体状になっているCBDを専用のヴェポライザーにセットをし、蒸気にして吸引をします。

ニコチンやタールなどは含まれていません。


3・カプセル

CBDをカプセルに閉じ込めた製品です。

オイルタイプのCBDをソフトカプセルに閉じ込めているものが多くあります。

CBDは苦味のある成分ですが、カプセルに閉じ込めることで苦味が気になりにくくなっています。


4・お菓子

チョコレートやグミなどのお菓子にCBDを配合したものです。

甘いお菓子と組みあわせることで、CBDの苦味が気になりにくくなっています。

また、他の人から見たら普通のお菓子なので職場などでも一目を気にせずに食べやすいです。


5・化粧品

クリーム、バーム、化粧水などにCBDを配合したものです。

皮膚の細胞にもCBDの受容体があります。


水溶性CBDとは

CBDは脂溶性の成分です。

オイルにCBDを混ぜているのも脂溶性だからです。

油と水は混ざりにくいので、脂溶性であるCBDを水に混ぜようとしてもうまく混ざりません。

水溶性CBDとは、本来脂溶性であるCBDを水溶性にしたものです。

特殊な技術によってCBDをナノ化させ、水に混ざりやすくされています。

水溶性なので飲み物に混ぜて摂取をすることが可能です。

コーヒー、ジュース、水などさまざまな飲み物に混ぜられます。

食事と一緒に摂ることも可能で、スープや味噌汁などに混ぜて摂取できます。


水溶性CBDのメリット

さまざまなものに混ぜられる

CBDオイルは舌に垂らして、舌から吸収させる摂取方法をします。

舌に直接垂らすことに抵抗を感じたり、人の目が気になってしまうことがあったりすると思います。

しかし、水溶性CBDであれば飲み物に混ぜて摂取ができるため、舌に垂らす必要がありません。

直接舌に垂らすことに抵抗がある人でも、気軽に摂取できることでしょう。

そして、水溶性なのでジュースやスープなどさまざまなものに混ぜられます。


持ち運びしやすい

水溶性CBDはパウダー状になっている製品が多いようです。

パウダーは軽くて持ち運びに便利です。

個包装になっているものなら、かさばることもありません。

外出先に持ち運びやすいと、いつでも手軽にCBDを利用できます。


べたつきが気にならない

オイルタイプのCBDはココナッツオイルやMCTオイルに配合されているため、若干オイルのべたつきが気になるかもしれません。

しかし、水溶性であればべたつきは気になりません。


味が気にならない

ココナッツオイルには独特の風味があるため、CBDオイルはベースとなっているオイルの味が気になってしまうことがあります。

CBD自体の味も気になり、オイルの味も気になるようでは、CBDを利用しにくくなってしまいます。

水溶性CBDはオイルを使っていないので、オイル自体の味が気になりません。


▼水に溶けるCBDについて解説


ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ナノCBDが高い吸収率を実現する-CBD Living


今回紹介するのは「CBD Living CBD Tincture(OIL)」です。
カリフォルニア州に本社を置く[CBD Living]、はブリティッシュコロンビア大学の博士などの科学者が集まり、最先端のテクノロジー研究を進めてきました。
その[CBD Living]で製造されたCBDオイルの最大の特徴は、何と言っても「ナノフルスペクトラル」。
乳化剤などを添加せず、CBD粒子を赤血球の千分の一のナノサイズ液滴にまで還元させたことにより、体内に実際に吸収されるCBD吸収率を90%の高さにまでで実現させたCBDオイルです。
通常のCBD製品の吸収率が15%前後であるのに対し、このナノ化されたCBDオイルの吸収率90%というのは、他に類を見ない効率の良い数字であり、より少ない摂取で高い効果を実感できることから、
よりお手軽に利用する人が増え、普及率が上がるのでないかと、CBD業界で期待が高まっているCBDオイルです。
また通常CBDは水には溶けず、オイルに溶ける性質がありますが、ナノCBDは水溶性なので様々は食品に加工したり加えてもその効果は期待できます。

こちらのCBDオイルの摂取方法ですが、
水溶性なのCBDオイルなので、飲み物や食べ物の加えてお召し上がりいただいても効果は得られますが、やはりスポイトで直接舌下に垂らし口の中に含むことで口腔粘膜から吸収させることにより、より高い効果が得られます。
食品ですので摂取量の制限はありませんが、最初は少ない量から摂取し、より高い実感を得られる適量を探しましょう。
CBD Living CBD Tincture(OIL)は、90%の吸収率を誇り、通常のCBDオイルの約半分の時間で効果を実感できますので、早く効果を得たい方に最適の商品です!


ナノCBDオイル 内容量30ml ナノCBD750mg


ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

冷たい飲み物にも混ざる水溶性CBDオイル「grön(グルーン)」


今回紹介するCBDオイルは、grön(グルーン)水溶性CBDオイルです。

アメリカオレゴン州でヘンプ栽培をしている夫婦が、慢性痛で苦しむ人達にカンナビスチョコレートを楽しんでもらおうと、2015年にgrön(グルーン)を設立しました。
オレゴン州では初めて大麻食品加工業者の認定を受け、そのチョコレートは州内400以上の薬局で販売されています。
そのgrön(グルーン)から販売されているCBDオイルが、こちらのgrön(グルーン)水溶性CBDオイルです。
栽培から製品づくりまで一貫して行っている少数精鋭企業なので、その安全性と信頼度は折り紙付きです。
大麻の禁止成分であるTHCフリーで、厚生労働省からも認可を受けています。

このCBDオイルの特徴は、なんといっても水溶性。通常のCBDオイルであれば、水と油の原理で分離し、混ざる事はないのですが、このCBDオイルは水溶性なので、CBDオイルとドリンクが分離することが無く、冷たいお飲み物ともしっかり混ざって効率的に摂取可能です。
原料を微粒子化しているため吸収率も高く、緊張状態の緩和や、睡眠前にリラックスしたい時に、やすらぎをプレゼントしてくれるCBDオイルです。

こちらのCBDオイルの摂取方法ですが、こちらは飲み物に添加するタイプのCBDオイルです。味は変化しません。
スポイト0.5mlから1ml程度を飲み物に入れて軽く混ぜてお召し上がりください。熱すぎる飲み物には入れないでください(ホットコーヒーやココア程度の飲める程度の温かさであれば大丈夫です)
他のCBDオイルと異なり、直接口の中に入れないで、かならず飲み物と混ぜてお召し上がりいただくCBDオイルです。
また、水溶性だからといって、グツグツ煮立たせるような料理に混ぜても、効果は薄れますのでご注意を。
普段お飲みになる飲物に数滴垂らしてください。

苦味もなく飲み物に混ぜてお召し上がりいただくCBDオイルなので、CBD初心者の方でもお気軽にお楽しみいただけるCBDオイルです。
grön(グルーン)水溶性CBDオイルは、質の良い睡眠へ導いてくれます。


gron 水溶性CBD 内容量30ml CBD含有量500mg



ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 水溶性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示