ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月2日月曜日

コスメキッチンとElixinolがコラボしたCBDオイル-MINDFULNESS


今回ご紹介する製品は「マインドフルネス オイル エッセンス」です。

CBDとMCTオイルをブレンドした、コスメキッチンとコラボして実現した商品です。


麻には80~114種類ほどのカンナビノイドという物質が含まれており、CBDはその中の一つです。

麻の種類によってはカンナビノイドの40%ほどをCBDが占めていることがあります。

日本の法律では大麻草の所持や栽培などについて規制がされていますが、CBDは日本の法律では規制されていない麻の成熟した種子や茎から成分を抽出しています。

日本の厚生労働省の指導のもとに原料や製品の輸入が行われています。

マインドフルネス オイル エッセンス1本には、200mgのCBDを配合しています。


ベースとなるMCTオイルは、中鎖脂肪酸100%のオイルです。

中鎖脂肪酸やココナッツオイルやパーム核油など天然のものに含まれています。

一般的な植物油には長鎖脂肪酸が多く含まれています。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸では炭素数が違い、中鎖脂肪酸の方が炭素数が少なく、直接門脈を通って肝臓に届けられるため、素早くエネルギーになるといわれています。

MCTオイルは無味無臭ですが、CBDには独特の味がありますが、マインドフルネス オイル エッセンスはオレンジの香りをブレンドして、飲み物に混ぜてもそのままでも摂取しやすいようにされています。


スポイトタイプの容器で、直接舌に垂らす、飲み物に混ぜるなどして摂取が可能です。

舌に垂らして摂取をする場合は、数敵を垂らした後にしばらく口の中にとどめておき、その後に飲み込むようにします。


忙しくてリラックスする時間を作りにくい、手軽にCBDを試してみたいといった方をサポートするオイルです。


→MINDFULNESS CBDオイル


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月18日日曜日

個包装タイプのCBDオイル-REFLECTY


日本で手に入れやすいCBD製品がオイルです。

スポイト式の容器に入っていることが多いのですが、外出先では摂取しにくい、持ち運びに不便と感じたことがありませんか。

REFLECTY(リフレクティ)CBD OILは、CBDを外出先に持ち運びたい方におすすめな製品です。


CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

ヘンプに含まれる成分で現在研究が進められており、数多くの報告がされています。

そして、アメリカでは医薬品として認められています。

日本ではまだ医薬品としては認められていませんが、オイル、サプリメント、リキッドなどの製品が販売されています。

睡眠をたっぷりと取った翌日、気分がスッキリしませんか。

1日をハツラツと元気に過ごせるはずです。CBDはそのような生活をサポートすると期待されています。


REFLECTY CBD OILはMCTオイルをベースのCBDを配合しています。

MCTオイルは無味無臭なのでサラダにかけたり、飲み物に混ぜたりしても摂取しやすいです。

個包装になっており、持ち運びに便利です。

瓶の場合はキャップが開いて中身がこぼれてしまう心配がありますが、個包装ならその心配がありません。

1包には10mgのCBDを配合しています。


1日の摂取目安は1包です。

そのまま飲む、飲み物に混ぜる、サラダにかけるなど、さまざまな摂取方法が可能です。

そのまま摂る場合は、口の中に1分ほど留めてから飲み込むことをおすすめします。

しばらく口の中に留めておくことで、口腔内の皮膚から吸収されることが期待できます。


REFLECTY CBD OILは個包装で持ち運びしやすいCBDオイルです。

外出先などで手軽に摂取したい方におすすめです。


→REFLECTY CBDオイル 1g×30g (1包 CBD 10mg)

ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月16日金曜日

MCTオイルは過熱しても大丈夫?


CBDオイルの基材にはMCTオイルが使われている事が多いです。

CBDの特性においた摂取方法だけでなく、MCTオイルの最適な摂取方法も意識しなければ、効果を得る事は出来ません。

MCTオイルは、ヨーグルトやサラダにかけたり、コーヒーやジュースなどに混ぜて摂取することが多い油です。

しかし、油は炒め物や揚げ物など加熱調理に使うことが一般的です。

MCTオイルを加熱調理に使えれば、摂取方法の幅が広がります。

でも、どうして加熱調理に使わないのでしょうか。

その理由や上手な摂り方を紹介します。


加熱してよい油と加熱してはいけない油の違い

油といっても調理に使うものには、キャノーラ油、大豆油、オリーブオイル、ラード、エゴマ油などさまざまあります。

それぞれの油は、脂肪酸の結合の仕方によって飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることができます。

脂肪酸は炭素が鎖のようにつながっています。

この炭素鎖に二重結合を含まないものを飽和脂肪酸といい、炭素鎖に二重結合を含むものを不飽和脂肪酸といいます。

不飽和脂肪酸はさらに分けることができ、二重結合を一つだけもつものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上もつものを多価不飽和脂肪酸といいます。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を比べると、化学的に安定しているのは飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は二重結合を持っているため、化学的に不安定な構造をしています。

この構造の違いが、加熱してもよい、しない方がよいを分けます。


加熱してもよい油とは

加熱したもよい油は、加熱しても比較的安定しているものです。

牛脂や豚脂などの動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含有しており、加熱調理に向いています。

すき焼きやステーキなどを作るときに、牛脂や豚脂が使用されます。

植物性脂肪は飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸の含有量が多い種類のものが多いのですが、植物性であってもココナッツオイルやカカオバターは飽和脂肪酸を多く含有しています。

カカオバターはカカオの香りが気になるので調理に使われることはあまりありませんが、ココナッツオイルは炒め物の使用できます。

高価なので揚げ物に使うのは少しもったいないかもしれません。

その他にも、キャノーラ油、オリーブオイル、紅花油、米油なども加熱調理に使用することができます。


加熱しない方がよい油

不飽和脂肪酸を多く含有する油は不安定で熱に弱いので、加熱調理には向いていません。

不飽和脂肪酸は二重結合の位置によって、ω3系、ω6系、ω9系に分けることができます。

不飽和脂肪酸の中でもω3系脂肪酸を多く含む油は、エゴマ油、亜麻仁油で、ω6系脂肪酸を多く含む油はコーン油、大豆油、グレープシードオイル、綿実油などです。

ω3系脂肪酸もω6系脂肪酸も体内で作ることができないので、食事などから摂取する必要があります。

しかし、これらの油は不安定なので加熱調理には向いていません。

ω9系脂肪酸を多く含む油はオリーブオイルです。

ω9系脂肪酸を多く含むように品種改良された紅花油やなたね油も登場しています。

ω9系脂肪酸は体内で作りだすことができます。

オリーブオイルはω3やω6に比べると酸化安定性が高く、加熱調理に使用することができます。


MCTオイルは加熱してもいい?

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸100%のオイルです。

飽和脂肪酸は、炭素数によって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けることができます。

つまり、MCTオイルは飽和脂肪酸の中の中鎖脂肪酸に分類されます。

牛脂や豚脂などの飽和脂肪酸は加熱調理に使用することができます。しかし、中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸であっても加熱調理には向きません。

牛脂や豚脂は長鎖脂肪酸で、中鎖脂肪酸とは炭素数が違います。

MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%で加熱調理をすると煙が出たり、泡立ちが起こったりします。

そのため、揚げたり炒めたりなどの加熱調理には使用することができません。


MCオイルの上手な使い方

MCTオイルは加熱調理に向かないので、サラダにかける、ヨーグルトに混ぜる、コーヒーやジュースと一緒に飲むなど、加熱しない料理に使用をします。

温かいコーヒーに加えるとMCTオイルに熱が加わってしまいますが、揚げたり炒めたりするような高温にはならないので問題ありません。

調理後の味噌汁やスープに加えることも可能です。

一度に大量に摂取をするとお腹がゆるくなることがあるので、直接飲まないようにしてください。

ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MCTオイルに発がん性はあるのか?


食品中には発がん性が心配される物質が含まれていることがあります。

普段知らずに発がん性が心配される物質を口にしていると思うと、心配になってしまうことでしょう。

とくに脂肪分は体に悪いイメージがあるので、発がん性について心配がないか気になるところです。

健康面で注目されているMCTオイルですが、発がん性について大丈夫なのでしょうか。

CBDオイルの基材として多くのCBD商品に利用されているので、CBDの効果だけでなくMCTオイルの安全性についても注意が必要です。


発がん性が指摘される物質

喫煙はがんとの関連が明確になっており、、口腔・鼻咽頭・副鼻腔・喉頭・肺・食道・胃・膵臓・大腸・肝臓・腎臓などは喫煙との関連が明確だと国際がん研究機関(IARC)が2012年に報告をしています。

タバコには、一酸化炭素・ニコチン・タールなど健康へ悪影響を与える成分が含まれています。

国際がん研究機関は、ヒトへの発がん性のある物質を「根拠の強さ」によって、グループ1、2A、2B、3、4に分類をしています。

グループ1はヒトへの発がん性が明確なもの、グループ2Aはおそらく発がん性があると考えられるもの、グループ2Bは発がん性が指摘されているもの、グループ3は動物実験では発がん性が指摘されていけれども、ヒトに対する発がん性はあるとは言えないものです。

グループ1に分類されるものには、紫外線、アスベスト、ベンゼン、カドミウム、タバコ、アルコール、ハムやベーコンなどの加工肉などが含まれています。

グループ2Aには、赤肉、紫外線、アクリルアミドなどおよそ80種類の物質が分類されています。

グループ2Bには、わらび、低周波地場、ガソリン、重油、アセトアルデヒドなど299種類ほどが分類されています。

これらの中にはアルコールやハム、ベーコンなどは普段口にするものが含まれています。


食品の発がん性について

普段口にする食べものの中には、「食品そのものが発がん性を有するもの」と「食品に含まれる物質が発がん性を有するもの」とがあります。

世界がん研究基金によると、明らかに発がん性が確認されている食品は少ないとしています。

しかし、国際がん研究機関(IARC)が発表している発がん性分類では、グループ1にアルコール、加工肉が、グループ2Aには赤肉が含まれています。

発がん性が心配される物質は、「少量でも発がんのリスクを高める」ものと「一定量を摂取しない限り発がんのリスクは高めない」ものとがあります。

毎日摂取しても健康への大きな影響を与えないことを考慮し、一日摂取許容量が求められ、市場に出回る製品は厳しいチェックを受けています。

そのため、基本的には少量を口にしたからといってすぐに発がんするものではないと考えられます。


MCTオイルは発がん性がある?

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸100%のオイルです。

ココナッツオイルやパーム核油から中鎖脂肪酸だけを取り出しています。

健康への影響が心配されている脂肪酸がトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸は高温調理した油脂、マーガリン、ショートニング、これらを使用した食品に含まれています。

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化のリスクを高めるといわれています。

海外ではトランス脂肪酸の使用を制限していることもあります。

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルでトランス脂肪酸ではありません。

しかし、保存方法に注意が必要です。


MCTオイルの保存方法

保存方法に気をつけないとオイルが酸化をしてしまいます。

オイルが酸化をすると過酸化脂質という物質が増え、過酸化脂質は動脈硬化のリスクを高めるといわれています。

MCTオイル開封後は空気に触れて酸化が進んでしまいます。

酸化を少しでも抑えるために、小さい瓶入りのものを購入し、できるだけ早く使い切ってしまうとよいでしょう。

保管場所にも注意が必要です。

どのようなオイルでもそうですが、オイルは光や熱によって酸化が進んでいきます。

エゴマ油やアマニ油などは酸化しやすいオイルなので開封後は冷蔵庫で保管することが望ましいですが、MCTオイルは常温で保存します。

光や熱を避けて保存をしましょう。

遮光瓶に入っているものなら光を遮ることができるので、遮光瓶入りのものを選ぶことが望ましいです。

加熱調理には使用しないでください。

ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月4日日曜日

逆にMCTオイルで太った方へ!


MCTオイルはダイエットにうれしいオイルといわれています。

しかし、MCTオイルを摂るようになってから太ったと感じる人がいるようです。

ダイエットにうれしいMCTオイルなのに、なぜ太ってしまうのでしょうか。


MCTオイルがダイエットにうれしい理由

肥満は生活習慣病のリスクを高めるといわれています。

肥満といっても皮下脂肪がついている、内臓脂肪がついているなどありますが、中でも危険視されているのが内臓脂肪が蓄積をしたメタボリックシンドロームです。

内臓脂肪が蓄積することで、高血糖、血圧上昇、血中コレステロール値の上昇などを招き、それらが重なると動脈硬化による心臓・脳血管疾患など、命にかかわる疾患にかかるリスクを高めます。

肥満を防ぐためには、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くならないようにすることがポイントです。

1g当たりのカロリーは、脂質9kcal、糖質とタンパク質4kcalです。

脂質は糖質やタンパク質よりも1g当たりのカロリーが高いのです。

そのため、ダイエットのために脂質の摂取量を抑えることがあります。

しかし、脂質は体を作るために必要で、摂取を控えすぎてしまうと肌が乾燥をしたり、体の潤滑油としての働きが損なわれてしまいます。

そこで役立つものがMCTオイルです。

MCTオイルは一般的な油よりも分解されやすく、素早くエネルギーになるのです。

一般的に調理に使用する大豆油や菜種油などは長鎖脂肪酸に分類されます。

長鎖脂肪酸とは炭素数が13個以上のものをいいます。

MCTオイルは中鎖脂肪100%のオイルです。

中鎖脂肪酸の炭素数は5~12個で長鎖脂肪酸よりも少ないです。

一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸は、小腸で消化・吸収されて、リンパ管を通ってから血管に入り込んで全身を巡り、体に利用をされます。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸とは構造が違うため、小腸で消化・吸収された後に門脈を通って肝臓に届けられて、エネルギーとして利用されます。

長鎖脂肪酸と比べると中鎖脂肪酸は4~5倍速く分解され、脂肪として蓄積されにくいのです。

それなのに太ってしまうには理由があります。


MCTオイルの摂りすぎ

MCTオイルは脂肪として蓄積しにくい油といわれていますが、摂りすぎれば体がエネルギーとして利用しきれず、使われなかったものは脂肪として体に蓄えられます。

MCTオイルを摂取すれば脂肪が燃えると考えている人もいるようですが、MCTオイルを摂取しただけで体脂肪は減りません。

体脂肪を減らすためにはエネルギーを利用しなければならず、そのためには運動をする必要があります。

MCTオイルは一般的に利用している大豆油や菜種油などとカロリーは同じで、1gあたり9kcalあります。

脂肪としてたまりにくいとはいってもカロリーは同じで、摂りすぎれば肥満につながります。

MCTオイルの摂取方法として勧められているのは、コーヒーやジュースなどの飲み物にませる方法や、ヨーグルトやサラダなど加熱しない料理にかける方法です。

こういった摂り方をしていると、普段よりも油の摂取量が増えます。

調理に使う油を減らさずにさらに油を摂ることになるからです。

MCTオイルは加熱調理に使用すると煙がでることがあるため、加熱料理には向いていません。

肉の脂を控える、炒めるなど油を使う調理よりも蒸したり煮たりなど油を使わない調理にすることで、一般的な油の摂取量を減らすことができます。


運動不足

MCTオイルはダイエットによいからと、MCTオイルを摂取しただけで安心していませんか。

運動をしなくてもやせると思っていませんか。

しかし、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなってしまえば、エネルギーとして利用されなかった分が脂肪として体に蓄積されます。

エネルギー消費のためには動くことが重要です。

ジムに入会したけれど、いつの間にか通わなくなってしまったという人もいることでしょう。

しかし、ジムに通う必要はなく、エスカレーターよりも階段を使う、駅から自宅まで歩く、近所への買い物は徒歩で行くなどをするだけでもエネルギー消費量を増やすことができます。

運動のための時間を作りにくくても、日常生活での動く量を増やすことなら難しくないはずです。

少し意識するだけで運動量は増えます。


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月3日土曜日

MCTオイルによる胃痛が発生したら読む記事


MCTオイルを摂取して胃痛が起こったことがありませんか。

健康やダイエットのために摂りたい、でも胃痛を起こしてしまうと摂取に抵抗を感じてしまいますよね。

そもそもどうして胃痛が起こるのでしょうか。

胃痛の原因や胃が痛くならないMCTオイルの摂取方法を紹介します。


胃痛の原因


食べ過ぎ

食べたものは胃に一定時間留められ、その後に小腸に送り届けられます。

食べ過ぎると胃に留まる時間が長くなり、胃もたれや胃痛の原因に。

三大栄養素とは炭水化物、脂質、タンパク質のことです。食べたものは消化しやすいものと消化しにくいものがあり、炭水化物とタンパク質は口の中や胃の中である程度消化することができますが、脂質は口や胃では消化できない栄養素です。

小腸に送られてから、そこで分泌される胆汁酸や消化液の働きを受けて消化されます。

脂肪が十二指腸に送られると消化管ホルモンのコレシストキニンが分泌されます。

コレシストキニンは脂肪の消化を進める働き上がる一方、胃の蠕動運動を抑制します。

そのため、脂肪分が多い食事をすると胃に食べものが長く留められて、胃もたれを起こしやすくなります。


飲み過ぎ

アルコールは胃粘膜にダメージを与えます。

胃酸から胃壁を守っている胃粘膜がダメージを受けてしまうことが胃痛の原因です。

アルコールの過度の摂取によって嘔吐や吐血などの症状が引き起こされることもあります。


ストレス

胃は自律神経の影響を受けています。

ストレスは自律神経の働きを乱し、それによって食べものを消化したり、胃から小腸に食べものを送り出す働きが弱まってしまったりします。


早食い

早食いをするとたいていよく噛めていません。

唾液には消化酵素が含まれていますが、よく噛まずに飲み込んでしまうと唾液の働きを十分に受けることができないまま、食べものが胃に送られてしまい、胃に負担がかかります。


MCTオイルの摂取方法

MCTオイルを一度に大量に摂取すると食べものが胃の中に長く留まってしまい、胃もたれ・胃痛の原因になります。

また、大量に摂取することで下痢が引き起こされることもあります。

ダイエットや健康によいといわれているMCTオイルですが、たくさん摂るほどによいというものではありません。

人それぞれ適切な量があるので、自分にあった量を探して摂取するようにしましょう。

はじめて摂取する場合は、小さじ1杯、5g程度から始めることをおすすめします。

体の調子を見て、慣れてきたら少し量を増やしてもよいでしょう。

胃痛を防ぐために、そのまま飲むのではなく、食べものや飲み物に混ぜるようにします。

そのまま飲むと胃に刺激を与える可能性があるからです。とくに朝起きたばかりのときや空腹時は胃の中に食べものがなく、オイルをそのまま摂取すると胃への刺激が強くなります。

MCTオイルは無味無臭なので、飲み物や食べものに混ぜても味をほとんど変えません。コーヒー、牛乳、豆乳、ジュース、ヨーグルト、味噌汁、サラダなど、さまざまなものとの相性がよいです。

胃痛を防ぐには、一緒に食べるもの・飲むものにも気を付ける必要があります。

コーヒー、紅茶、緑茶にはカフェインやタンニンが含まれていて、人によっては胃が刺激を受けます。

カフェインには胃酸分泌を促す作用があり、過剰に摂取すると胃粘膜障害を引き起こすこともあります。

カフェインの安全な摂取量は体格によって違います。

成人が1回の安全とみなされる量は3mg/kgまで、1日の安全とみなされる量は5.7mg/kgまでです。

コーヒー、紅茶、緑茶以外にも、チョコレート、ココア、エナジードリンクなどにもカフェインが含まれているので、1日摂取量に気をつけましょう。


MCTオイルの保管方法に注意

酸化した油を摂取すると胃に負担をかけてしまいます。

MCTオイルの酸化を防ぐためには保管方法に注意が必要です。

熱、光、酸素によって酸化が進むので、高温多湿、直射日光を避けて保管をしてください。

冷蔵庫に入れる必要はありません。

開封後はどんどん酸化が進んでいくので、1~2か月以内に使い切ることが望ましいです。

小さなボトルならすぐに使い切ってしまえると思うので、小瓶を購入してなるべく早くに使い切りましょう。


CBDオイルもオイルですので、MCTオイルと同じことが言えます。(CBDオイルの基材にMCTオイルは多々利用されてますので、いずれにせよCBDオイルユーザーも意識した方が良いです。)

管理方法、摂取方法を守り健康的に摂取してください。


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MCTオイルにアレルギー物質は含まれるのか


色々と体質改善の為にCBDオイルを摂取する方も多いですが、CBDオイルの基材に使用しているMCTオイルについて、アレルギー物質が含まれているのか、懸念はないのかについて解説します。

食物アレルギーがある方は、食べるものに気を配っていると思います。

外食の際には何を使っているのかわからないものが多いので、特に気を使うことでしょう。

MCTオイルはダイエットや脳機能の改善によいといわれているオイルで、摂取したみたいと考えている方もいることでしょう。

しかし、アレルギーがある方はMCTオイルを摂取しても大丈夫か不安なはずです。

では、アレルギーのある方でもMCTオイルは摂取することができるのでしょうか。


MCTオイルとは

MCTオイルとは、ココナッツオイルやパーム核油から抽出した中鎖脂肪酸100%のオイルです。

ココナッツオイルやパーム核油は中鎖脂肪酸を豊富に含むオイルですが、それ以外にも長鎖脂肪酸を含んでいます。

ココナツオイルの場合だと、中鎖脂肪酸の含有量は60%ほどです。

MCTオイルなら中鎖脂肪酸だけを摂ることができます。

長鎖脂肪酸に比べて中鎖脂肪酸はエネルギーへの変換が素早い特徴があります。

それは、長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸では消化吸収の経路が違うからです。

長鎖脂肪酸は胆汁酸や膵液などの影響を受けて分解された後、小腸から吸収されてリンパ管を通り、その後に血管内に入り込んで全身を巡って体に利用されます。

中鎖脂肪酸は水になじみやす特徴があり、唾液や胃などで少しだけ分解されます。

小腸では胆汁酸や膵液などの影響を受けて分解され、小腸から吸収されて門脈を通って肝臓に到達をします。

そして、体に利用されます。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の4~5倍速く分解されるといわれます。


アレルギー物質を含むのか?

食物アレルギーの原因となる物質は、食物に含まれるタンパク質です。

食物が腸管から吸収されて、特定のタンパク質だと認識されると、血中のIgE抗体と呼ばれるタンパク質によってアレルギー症状が引き起こされます。

卵でアレルギーを発症する方は卵のタンパク質に反応するIgE抗体、乳製品でアレルギーを発症する方は乳製品のタンパク質に反応するIgE抗体を持っています。

卵アレルギーの方が乳製品でアレルギーを起こさないのは、その方のIgE抗体が乳製品に反応しないからです。

食物アレルギーを引き起こすカギはタンパク質です。

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルでタンパク質は含んでいません。

そのため、中鎖脂肪酸自体による食物アレルギーの心配はないと思われます。

日本では食品に表示する義務がある特定原材料が7つ定められています。

卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かにです。

推奨表示として特定原材料に準ずるものも定められています。

これらに含まれる食品の中にMCTオイルをはじめとし、油脂はありません。


MCTオイルで喉がイガイガするのはなぜ?

特定の食べものを食べて喉がイガイガするのは、アレルギー反応を起こしている可能性があります。

桃を食べて喉がイガイガするという方もいると思います。

MCTオイルも摂取して喉がイガイガすることがありますが、これはオイルが喉に刺激を与えたためです。

飲み物、ヨーグルト、サラダなどと混ぜて摂取する場合は、食べものと混ざることでMCTオイルが直接喉に触れにくくなりますが、そのまま飲むと喉に触れやすくなってしまい、喉に刺激を与えます。

そのため、イガイガとしてしまうのです。

MCTオイルを摂取して喉がイガイガする方は、食べものや飲み物に混ぜて摂取するとよいでしょう。


アレルギーを抑える働きはある?

オメガ3系脂肪酸には炎症を抑える働きがあります。

オメガ3系脂肪酸は、魚、クルミ、亜麻仁油、しそ油などに多く含まれています。

MCTオイルは炎症を抑える働きなどは報告されていないようです。

オメガ3系脂肪酸もMCTオイル同様に健康効果が注目されているオイルです。

しかし、オメガ3系脂肪酸もMCTオイルも食事から摂取する脂肪酸のバランスが大切です。

食事からはオメガ6やオメガ9などさまざまな脂肪酸を摂取しています。

それぞれ働きがことなり、中には体内では合成できないので食事から摂取する必要があるものもあります。

特定のオイルだけに偏ってしまうと体が必要とするものが不足してしまうので、バランスを考えて摂取しましょう。


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MCTオイルと下痢の関係性を解説


ダイエット効果や認知症への効果などが期待されているMCTオイル。

CBDオイルをきっかけにMCTオイルの事を知り、MCTオイル単体でも摂取されている方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、体によさそうだからと、つい大量に摂取してしまっていませんか。

CBDオイルの基材程度の摂取では問題ありませんが、MCTオイルを摂取することで下痢を起こすことがあります。

下痢を起こすようだと食べたものをしっかり体が吸収できず、体の栄養になっていない可能性があります。

これではMCTオイルの効果が期待できません。

また、下痢の腹痛でつらい思いをすることもあると思います。

でも、どうして下痢を起こしてしまうのでしょうか。

MCTオイルで下痢を起こしてしまう理由と下痢を防ぐ方法を解説します。


下痢を起こす原因

理想的とされるバナナ状の便の水分量は60~70%程度です。

これ以上水分量が多い水分量80~90%を軟便、水分量90%以上を下痢便といいます。

下痢の原因はいくつかあります。


分泌性下痢

食あたりで細菌などに感染したとき、薬の影響、アレルギーとなる物質の摂取などにより、腸管内の分泌液の増加によって下痢が起こります。


浸透圧系下痢

腸管内で浸透圧を上げようとする物質(便に水分を取り込もうとする物質)があると、便内に水分が引き込まれて下痢便になります。浸透圧を上げる物質には、非刺激性便秘薬に使用される酸化マグネシウムや水酸化マグネシウム、サプリメント、食品に使用されるソルビトールやキシリトールなどがあります。キシリトール配合のガムには「一時的にお腹がゆるくなることがあります」など記載されていますが、これはキシリトールに腸管内での浸透圧を上げる働きがあるからです。


運動亢進性下痢

腸では水分を吸収されていますが、内容物が腸管内を素早く通過してしまうと、十分に水分が吸収されないまま排泄されます。ストレス、暴飲暴食、冷えなどによって自律神経が乱れることが、腸の動きが過剰に亢進する原因です。


その他に、下痢を伴う疾患として大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群などがあります。


MCTオイルで下痢を起こす理由

オイルには便の滑りをよくする働きがあります。

朝起きたときにオリーブオイルをスプーン1杯摂取して、便通をよくする方法もあります。

オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれていて、オレイン酸が便の滑りをよくして便通を促すとされています。

MCTオイルにはオレイン酸は含まれておらず、中鎖脂肪酸100%のオイルですが、一度に多量に摂取すると吸収しきれなかったオイルによって便の滑りがよくなり、下痢を起こすことがあります。

特に酸化したオイルは下痢を起こしやすいです。

揚げ物を食べた後に下痢を起こしたことがありませんか。

油の摂取によって便の滑りがよくなったとも考えられますが、下痢を起こした原因として酸化した油も考えられます。

人間の体はできるだけ悪いものを吸収しないようになっています。

食あたりのときに下痢を起こすのは、悪いものを早く排泄するためです。

酸化した油は体にとってよいものではありません。

下痢を起こしては約排泄しようとしていると考えられます。

中鎖脂肪酸は比較的安定した油ですが、開封後に長期間放置し続けたり、直射日光が当たったり、高温になったりすると酸化が進みます。

酸化したオイルを摂取するとMCTオイルによって下痢を起こす可能性があります。


MCTオイルによる下痢を防ぐ摂取方法

体によいといわれているものも、過ぎたるは猶及ばざるが如しで摂りすぎれば体の負担になります。

MCTオイルはさまざまな効果が期待されていますが、摂りすぎには注意をしましょう。

初めて摂取する場合はスプーン1杯くらいを目安にします。

もう少し摂取量を増やしたいときには、体の状態を確認しながら少しずつ増やしていきましょう。

1日の摂取量だけでなく1回の摂取量にも気を付ける必要があります。

1回の摂取量が多いとオイルを摂取し切れずに下痢を起こす可能性があります。こまめに摂取をしていれば摂取した分を効率的に体が吸収できます。

きちんと吸収されれば便と一緒に排泄されるオイルが少なくなり、下痢を起こす心配が少なくなります。

また、MCTオイルだけを飲むよりも他の食べものと一緒に摂った方が下痢を起こしにくいです。

ヨーグルトに混ぜたり、サラダにかけたりするとよいでしょう。


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MCTオイルに秘められた効果とは


CBDオイルの基材として頻繁に利用されるMCTオイルとは、ココナッツオイルやパーム核油などから抽出した中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。

一般的に食用に使用している飽和脂肪酸にはない効果が期待されています。


中鎖脂肪酸とは

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルです。

そもそも、中鎖脂肪酸とは何なのでしょうか。

脂肪酸は炭素数によって、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分類されます。

短鎖脂肪酸は炭素数2~4個程度のもので、腸内細菌によって腸内で作られたり、乳製品など一部の食品に含まれています。

中鎖脂肪酸は炭素数が5~12個のもののことで、パーム核油、ココナッツオイル、母乳などに含まれています。

長鎖脂肪酸は炭素数が13個以上のもののことで、オリーブオイル、キャノーラ油、大豆油など普段口にする植物油などに含まれています。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて炭素数が少ないので、水になじみやすく、消化されやすい特徴があります。この特徴により、さまざまな効果が期待されています。


ダイエット効果

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて素早くエネルギーとして利用できる特徴があります。

長鎖脂肪酸の場合は、消化酵素の働きで分解されてから小腸で吸収され、リンパ管を通ってから血液に入り込んで全身を巡り、体のエネルギー源として利用されます。

それに対し中鎖脂肪酸は、消化酵素の働きで分解されて小腸で吸収されてから、門脈を通って肝臓に運ばれてエネルギー源として利用されます。

すぐに血管内に入り、エネルギーとして素早く利用されるのです。

長鎖脂肪酸と比べて体重や胴囲の減少に効果があると報告している研究もあります。


乳酸の蓄積を抑える効果

酸素を使わずに糖をエネルギーとして利用をすると乳酸が蓄積をします。

乳酸の蓄積は筋肉疲労の原因ではないかといわれています。

MCTオイルは素早くエネルギーとして利用することができ、MCTオイルを摂取することで糖の代わりに脂質をエネルギーとしやすくなるといわれています。

それによって、持続的なスポーツを行う際のエネルギー源となってくれることが期待されています。

また、MCTオイルによって乳酸の蓄積の予防に役立つことも報告されています。


認知症に対する効果

認知症は脳の糖尿病といわれ、アルツハイマー型の認知症の方は脳内でブドウ糖をうまくエネルギーとして利用できていないといわれています。

ブドウ糖を脳のエネルギー源としてうまく利用できないと、エネルギー不足によって脳が機能不全状態となってしまいます。

MCTオイルは長鎖脂肪酸に比べて10倍多くケトン体を作りだします。

ケトン体は糖の代わりにエネルギー源となるものです。

能には血液脳関門というものがあり、簡単に脳内に物質が入り込まないようになっています。

しかし、ケトン体は血液脳関門を通過できるとされています。

これまでは脳のエネルギーとなるのはブドウ糖だけと考えられてきましたが、さまざまな研究によってケトン体もエネルギーとして利用できることがわかってきました。

平常時はブドウ糖をほぼ100%脳のエネルギーとして利用しているのですが、絶食時には60%以上をケトン体がエネルギー源として占めていると報告する研究があります。

このことから、脳機能の衰えにケトン体が有効なのではないかと研究が進められています。


記憶力低下を抑制する効果

MCTオイルが短期記憶にどのような影響を与えるのか調査したアメリカからの報告があります。

調査に参加したのは、アルツハイマー病患者、軽度認知障害者です。

MCTオイルを摂取する群と長鎖脂肪酸を摂取する群に分けて試験を行いました。

この試験ではMCTオイルまたは長鎖脂肪酸を20g摂取しています。

その結果、MCTオイルを摂取した群では血中のケトン体濃度が増え、記憶力の低下が抑制されていたのです。

MCTオイルを摂取することでケトン体を脳のエネルギー源として利用でき、機能低下を起こしていた脳が再び機能し始めたと考えられています。

しかし、まだ研究途中なのではっきりしたことはわかっていません。

これからの研究が期待されます。


まだ研究されている途中のものもありますが、このようにMCTオイルにはさまざまな効果が期待されています。


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月20日日曜日

昭和大学薬学部教授監修の国産CBDオイル-Micos


ゆっくりする時間がない、メリハリのある生活をしたい、そんな悩みを抱えているならCBDを試してみませんか。
今回はMicos CBDオイル7%を紹介します。

そもそも、CBDとは何でしょうか。
CBDとは、麻に含まれる植物性成分です。
生活の質を高めるサポートをするとして、ヨーロッパやアメリカで注目されています。
麻にはTHCという精神作用を引き起こす成分が含まれていますが、CBDには精神作用を起こす働きはありません。

Micos CBDオイルが選ばれる理由は3つあります。
1つめは安全性です。
日本のCBD研究の第一人者である、昭和大学薬学部教授の佐藤均教授が監修をしています。
さらに、第三者機関の検査でTHCを一切含まないことが確認されています。
アイソレート製法で抽出した、THC0%、純度99%のCBDを使用しています。
そして、厳格に管理させれた日本の工場で製造をしています。
2つめは高含有なことです。
化学的な薬品を使わない超臨界抽出法により、純度99%のCBDを実現しています。
Micos CBDオイルには、高純度なCBDを1050mg配合をしています。
さらに、ビタミンEを100mg配合しています。ビタミンEは抗酸化作用や血行促進の働きがあるビタミンです。
3つめは続けやすいことです。
CBDはMCTオイルに配合をしています。
MCTオイルはココナッツオイルやパーム核油から中鎖脂肪酸だけを抽出したもので、無味無臭で味も匂いも気にせずに摂りやすいオイルです。

1回の使用目安量は2~3滴、1日使用回数目安は2~3回です。直接舌に垂らして、1分ほどとどめてから飲み込みます。
飲み物に混ぜても摂取できます。

安全、高純度、続けやすいCBDオイルとなっています。


→Micos CBDオイル 15ml CBD含有量1050mg


ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月9日水曜日

より手軽にCBDオイルを!スプレータイプCBDミストオイル-CANNANEES


海外セレブやアスリートが注目している成分がCBDです。
セレブが使っているものというと手が届かないイメージがあるかもしれませんが、CANNANEES CBDミストオイルなら手軽に使用ができます。

CANNANEESは安全性と品質にこだわっているブランドです。
CBDはリラックスをサポートするヘンプ由来の成分です。
日本で合法とされているヘンプの茎や種子から成分を抽出しています。
抽出したものには微量にTHCが含まれていることがあります。
向精神作用がある成分で、日本ではTHCは規制されています。
そのため、精製段階ですべて除去をしています。
そして、日本の厚生労働省の指導のもと厳選した成分を輸入し、日本国内で製造をしています。
厳しい品質管理のものと専門家とともに製品の開発を行い、お客様に届けています。

CBDミストオイルはMCTオイルをベースにCBDを1000mg配合をしています。
オイルが酸化をすると嫌な臭いが気になりますが、MCTオイルは無味無臭で酸化に強い特徴があります。
不飽和脂肪酸のようにデリケートなオイルは冷蔵庫での保管が必要ですが、飽和脂肪酸であるMCTオイルは直射日光を避けて常温で保管ができます。
製品は10ml入りで手のひらにすっぽり納まる小さな容器です。
カバンやポケットに入れて、外出先で手軽に使用ができます。
また、女性が使用することをイメージして、ミツバチをイメージしたおしゃれなデザインのパッケージとなっています。

食用オイルで、そのまま口の中にスプレーをしたり、飲み物に混ぜたりして摂取できます。

ミストなのでシュッとスプレーして、日常的にCBDを手軽に摂取しませんか。
安心できるこだわりのCBDを使用した製品です。


➡CANNANEES CBDミストオイル CBD1000mg 10ml



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月8日火曜日

不眠症の方にオススメしたいCBDオイル-ニュームーン


布団に入ってもなかなか眠れない、緊張しがち、また眠れないと思うと憂うつ、こんな悩みがありませんか。
眠れない日が続くと精神的にも肉体的にもつらいことでしょう。
このような悩みを抱えている方をサポートする製品が、ニュームーン CBDオイルです。

CBDとは、大麻草に含まれる114種類ほどあるといわれるカンナビノイドの一種です。
医療関係者や研究者からは数々の報告がされており、殺菌作用、炎症抑制、不安の軽減、睡眠の補助などの働きがあるとされています。
大麻草は危険なイメージがあるかもしれませんが、規制されているのは大麻草に含まれるTHCという成分です。
THCには向精神作用がありますが、CBDにはそのような働きはありません。

ニュームーン CBDオイルが配合しているのは、ブロードスペクトラムです。
ブロードスペクトラムとは、CBD以外のカンナビノイドやテルペンなどを含むもののことです。
THCは一切含まれていません。
1製品当たり(15ml)に750mg、5%濃度で配合をしており、1スポイトあたりには25mgを含有しています。
1回1スポイトを使用した場合、約30回分になります。
農薬不使用、非遺伝子組み換え、100%オーガニックな成分です。
これをMCTオイルのベースに配合をしています。
MCTオイルは無味無臭なため、ブロードスペクトラムのCBDの味を十分に楽しめます。
甘味料は一切使用していない、CBDそのものの味わいです。

スポイトタイプの製品となっており、1スポイトを舌下に垂らして30秒から90秒ほどおいてから飲み込みます。
お子さまやぺットへの使用も可能です。

オーガニックなブロードスペクトラムのCBDの味を楽しめる製品です。
リラックスしたいときや就寝前におすすめです。


➡ニュームーン CBDオイル CBD1500mg配合



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月6日日曜日

有効成分たっぷり!CBD/CBG/CBDV/配合の国産CBDオイル-NEO


安心できる品質のCDBを使用した製品をお届けしているブランドがNEOです。
そのNEOから毎日摂取しやすいCBDオイルが登場しています。

NEO CBDオイルが使用しているのは、アメリカの有機ファーマー産のCBDです。
有機とは、農薬や化学肥料に頼らずに栽培する方法です。
CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドの一種で、CBDのみを抽出したアイソレート、大麻草に含まれるテルペンやその他のカンナビノイド類を含むブロードスペクトラムといった種類があります。
NEO CBDオイルは、CBDの他にもCBG、CBDVを含有しています。
製品30mlあたりには6000mg、20%濃度で配合をしています。
メイド・イン・ジャパンの製品であり、厚生労働省の指導のもと、検閲の厳しい検査をクリアしたTHCを一切含まない、日本の法律に適合する原料を使用しています。

このCBDをMCTオイルに配合をしています。
MCTオイルはココナッツオイルやパーム核油を原料として得られる中鎖脂肪酸のオイルです。
長鎖脂肪酸に比べて消化されやすく、素早くエネルギーになりやすいといわれています。
MCTオイルは無味無臭で料理の味を邪魔しません。
そのため、飲み物、サラダ、ヨーグルトなどさまざまなものに混ぜて摂取することが可能です。
NEO CBDOオイルは、普段の食事にあわせやすいノンフレーバータイプです。

1日の摂取目安量は1~4スポイトです。1スポイトは0.5mlです。
よく振ってから舌下に垂らし、30~60秒ほど待ってまら飲み込みます。
飲み物や食べものと一緒に摂取しても構いません。

日本の法律に適合する安心できるCBDを使用した製品です。
ノンフレーバーだからこそ、普段の食事ともあわせやすく、手軽に摂取できる製品となっています。


➡NEO CBDオイル 含有率20% 内容量30ml CBDとCBG、CBDV等6000mg配合



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月30日日曜日

目的によって選べるハワイのCBDオイル-ハワイアンチョイス


今回ご紹介する製品は、ハワイ生まれうのブランド・ハワイアンチョイスのCBDオイルです。

ハワイアンチョイスの製品は向精神作用のあるTHCはゼロ、重金属、農薬、除草剤、溶剤、純度、効能、微生物を独自の研究所で検査をしています。
日本の厚生労働省に届け出をしていて、安全性が確かめられています。

使用しているCBDはフルスペクトラムで、ヘンプに含まれるテルペンやCBD以外のカンナビノイドを含有しています。
1本30mlあたり750ml、約2.5%のCBDが含有されています。
MCTオイルをベースに、ハチミツ、パッションフルーツ、ノニ、ハイビスカス、グレープフルーツシードエキスなどもブレンドしています。
ハワイ生まれのブランドだけあり、パッションフルーツやノニなど南国を感じられる成分が使用されています。
南国を感じられるだけでなく、これらの成分には体をサポートする働きが期待できます。
たとえば、ハチミツには抗菌力があり、ノニにはビタミンC・ビタミンB群・ポリフェノールなどが含まれています。
ハワイアンチョイス CBDオイルには、Relax・Rellef・Active・Focusの4種類があります。
ゆったりしたいとき、リフレッシュしたいとき、アクティブに活動したいときなど、目的にあわせて選べます。

摂取する際には、そのまま舌に1~3プッシュをスプレーして、30秒ほどそのままにして、その後に飲み込みます。コーヒー、紅茶などの飲み物に混ぜたり、ヨーグルトのような食べものに混ぜたりして摂取することも可能です。
1スプレープッシュ当たり10mgのCBDを含有しています。

独自の研究所で検査をし、日本の厚生労働省に届け出がされている、安心安全な製品です。
このような製品なら毎日安心して摂取できることでしょう。


▼【ヨガやランニングをされている方、運動やお食事のまえに】
➡ハワイアンチョイス CBD Active 750mg

▼【毎日忙しく過ごされている方、おやすみ前のひとときに】
➡ハワイアンチョイス CBD Relax 750mg

▼【体調や健康に興味が強い方】
➡ハワイアンチョイス CBD Rellef 750mg

▼【勉強や仕事で忙しくされている方、マインドフルネスなどに】
➡ハワイアンチョイス CBD Focus 750mg



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月11日火曜日

日本製のアイソレートCBDオイル-CALMS


日本製にこだわりたい、安心できるCBDを選びたい、CALMS CBDオイルはそのような方に向いている製品です。

CALMS CBDオイルには、CBDアイソレートを使用しています。
不純物を含まない精製されたものです。
そのため、CBD本来の風味を活かすことができます。
日本製のMCTオイルにCBDアイソレートを配合したオイルとなっています。

CALMSはセルフメディテーションを提唱するブランドです。
CBDはさまざまな臨床結果が報告されており、日々の生活をサポートすることが期待されています。
ストレス・不安・吐き気などへの働きも期待できます。オイルなので毎日の生活に取り入れやすいことでしょう。
毎日使うとなると気になることが安全性です。
CALMSではアメリカの農場と契約をしてオーガニック栽培をしたヘンプの茎からCBDを抽出しています。
日本の厚生労働省では、ヘンプの茎の使用は認めています。
アメリカ食品医療局(FDA)の検査にも合格しています。
安全性の確認されたCBDを日本製MCTオイルに配合しています。
MCTオイルはココナッツオイルやパーム油から中鎖脂肪酸を抽出したもので、こちらも安全性が確認されています。
MCTオイルは飲み物やサラダに混ぜて利用されている方もいます。

1回目安量はピペットの7分目までです。
舌に垂らしたら2分ほど口の中にためておき、その後に飲み込みます。
飲み物に混ぜることも可能です。
温かい飲み物に混ぜられますが、加熱料理には使用しないでください。

CBDは日々の健康をサポートすることが期待されている成分です。
CALMS CBDオイルは安全性に配慮しており、下に垂らして手軽に摂取することができ、日々の健康サポートに役立つ製品といえるでしょう。


➡CALMS アイソレートCBDオイル CBD含有量2000mg

➡CALMS アイソレートCBDオイル CBD含有量1000mg

➡CALMS アイソレートCBDオイル CBD含有量500mg



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年7月19日日曜日

CBDオイル以外でのMCTオイルの使い方


MCTオイルは普段使っている大豆油やキャノーラ油とは少し違った使い方をします。
MCTオイルの力を十分に発揮させるために使い方を確認してみましょう。
CBDオイルの基材として有名なMCTオイルですが、CBDオイル以外にどういった使い方が出来るのか解説します。

MCTオイルの特徴

MCTオイルとは中鎖脂肪酸100%の油のことです。
中鎖脂肪酸は、母乳、牛乳、ココナッツ、パームフルーツなどにも含まれていますが、これらの食品には中鎖脂肪酸以外に長鎖脂肪酸も含まれています。
MCTオイルはココナッツ油やパーム油などから、中鎖脂肪酸だけを取り出した中鎖脂肪酸100%です。
ココナッツ油の場合、ココナッツ独特の味や香りがします。
そのため、料理に使いにくかったり、ココナッツが苦手な方は摂りにくいです。
一方、MCTオイルは味や匂いが気にならない特徴があります。
ほとんど味も匂いもしないので、料理や飲み物に加えて摂取しやすくなっています。

一般的な植物油との違い

大豆油、キャノーラ油、コーン油など一般的な植物油は長鎖脂肪酸を多く含んでいます。
長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸は炭素数に違いがあり、長鎖脂肪酸は炭素が12個以上、中鎖脂肪酸は炭素が5~12個ほどのものをさします。
炭素数の違いがあるため分子の長さが違い、分子の長さを比較すると中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の半分ほどの長さです。
一般的な油は炒め物や揚げ物など高温になる調理に使用できますが、MCTオイルは高温になる調理には使用できません。
炒め物や揚げ物に使用をすると煙が出て、泡立ちが起こり危険です。

使い方

加熱調理には向かないので、料理にかけたり、混ぜたりして使用をします。

・ごはんに炊き込む
ごはんに炊き込むとごはんのぱさつきを少し抑えることができます。
また、手軽にエネルギー補給もできます。
ほとんど味と匂いがしないので、ごはんに炊き込んでもお米の味を邪魔しません。

・おかゆに加える
さっぱりしすぎているおかゆですが、MCTオイルを加えると満足感を得やすくなります。
食が細い方でも、おかゆに加えれば手軽にエネルギー補給ができます。

・ドレッシングを作る
MCTオイル、塩、酢を混ぜあわせれば簡単に手作りドレッシングが完成します。
普段使っているオイル入りドレッシングの代わりにMCTオイルを使えば、摂取カロリーをほとんど変えずにMCTオイルを摂取できます。

・マヨネーズに加える
市販のマヨネーズにMCTオイルを加えると、マヨネーズが少し滑らかになります。

・ポテトサラダ
MCTオイルを混ぜあわせたマヨネーズを使う、またはMCTオイルをポテトサラダにそのまま混ぜあわせる使い方ができます。
MCTオイルを混ぜあわせることで、まとまりのある仕上がりになります。

・味噌汁に加える
MCTオイルは味が気にならないので、味噌汁に混ぜてもおいしく摂取できます。
加熱しているときに加えるのではなく、できたものを器によそってから適量を加えてください。

・ヨーグルトに混ぜる
ヨーグルトの味を変えずにおいしく食べられます。

・卵に混ぜる
フライパンでMCTオイルだけを加熱する使い方はできませんが、卵に混ぜ合わせてから加熱することはできます。
卵焼き、オムレツ、などにおすすめです。

MCTパウダーも便利

MCTを粉末状にした製品も販売されています。
オイルを液体に加えると油浮きが気になりますが、パウダーだと油浮きが気になるような料理にも活用しやすいです。
液体に混ぜると白っぽくなるので、牛乳、ヨーグルト、ポタージュなどへの使用がおすすめです。
卵料理やポテトサラダなどに加えると、いつもよりもコクのある仕上がりになります。
一度に多量にパウダーを混ぜるとダマになることがあります。
少量の水で溶かす、パウダーの上から液体を注ぐ、小麦や砂糖などの粉末と混ぜておくなどすると、ダマになりにくいです。

使い方の注意点

一度に多量に摂取をするとお腹がゆるくなることがあるので、量を見ながら摂取をしてください。
はじめは小さじ1杯ほどからはじめてみるとよいでしょう。
ポリスチレン製の容器には使用しないでください。
ポリスチレン製容器は、カップラーメンや飲料用のカップなどに使用されています。
容器が溶けて中身がでてしまいます。
一般的な植物油よりも低温で煙が出て泡立つので、炒め物や揚げ物には使用しないでください。



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MCTオイルの過剰摂取による副作用


健康への働きが注目されているMCTオイル
体のためにと思ってたくさん摂っていませんか。
体によさそうと思うものでも、過剰摂取をすると体の負担になります。
流石にCBDオイルの基材としての取りすぎは無いかと思いますが、MCTオイル単体で摂取する場合もあると思います。
何事も取りすぎは注意が必要という事を念頭に、懸念点について、MCTオイルの過剰摂取の影響について解説していきます。

過剰摂取で肥満に

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルです。
一般的に調理に使っている大豆油やキャノーラ油は長鎖脂肪酸を多く含んでいます。
中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を比べると、中鎖脂肪酸の方が分子の長さが短く、そのため素早くエネルギーになります。
そのため、たまりにくい油だといわれることがあります。
しかし、中鎖脂肪酸も長鎖脂肪酸も油であることには変わりありません。
カロリーがあるのは脂質、糖質、タンパク質です。
1gあたりのカロリーは脂質9kcal、糖質4kcal、タンパク質4kcalで、脂質がもっともカロリーが高くなっています。
摂取カロリー>消費カロリーだと太ると計算上は考えられています。
つまり、カロリーが高い油ばかり摂っていると摂取カロリーが多くなり、脂肪が蓄積して肥満を招く心配があるのです。
MCTオイルはエネルギーになりやすいとはいっても、動かなければエネルギーは消費されません。
現代は車や電車など便利な移動手段が登場し、デスクワークが中心で、動く機会が減っています。
油を過剰に摂取して動かなければ、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、肥満の原因になります。

お腹がゆるくなる

MCTオイルを過剰摂取するとお腹がゆるくなることがあります。
油には便の滑りをよくする働きがあります。
一度に摂取する量が少ないよりも、多量に摂取した方がその働きが高まります。
MCTオイルはコーヒーやヨーグルトに混ぜるとおいしく摂取できますが、こういったものに混ぜるとき計量せずに加えてしまい、思っている以上に多量に摂取してしまいがちです。
また、食べものに混ぜて摂る場合は食べものと混ざることで油の滑りがよくなる働きが抑えられることがありますが、飲み物だと食べもののように混ざり合って働きが弱まるという作用が弱く、お腹がゆるくなるとも考えられます。
「1回の摂取量が多いと、お腹がゆるくなることがあります。」と日清MCTオイルの商品ページに記載されています。
1回に多量に摂取しないようにしましょう。

肥満を防ぐための摂り方

過剰摂取は肥満のもとですが、量に気をつければおいしくMCTオイルを摂取できます。
MCTオイル小さじ1杯は41kcalほどです。
MCTオイルを摂取するなら、その分のカロリーを食事から減らすようにして、摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなりすぎてしまうことを防ぎます。
摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければ、脂肪がたまっていきにくいと考えられます。
ドレッシングのカロリーは、一般的な使用量大さじ1杯あたり、シーザーサラダドレッシング68kcal、胡麻ドレッシング59kcal、フレンチドレッシング38kcalほどです。
普段サラダにかけているドレッシングをやめてMCTオイルにすれば、これまでと摂取カロリーをほとんど変えずにMCTオイルを摂取することができます。
ヨーグルトに混ぜているなら、ヨーグルトを無脂肪のものに変えることで摂取カロリーを抑えられます。
100gあたりのカロリーは、全脂無糖タイプで62kcal、無脂肪無糖タイプで42kcalです。
普段の食事で揚げ物や炒め物など油を使ってカロリーが高くなりがちな料理を控えることでも、摂取カロリーを抑えることができます。
食事で減らした分の油をMCTオイルに置き換えれば、過剰摂取によるカロリーの摂りすぎを防ぐことにつながります。

下痢を防ぐための摂り方

一度に多量に摂取をするとお腹がゆるくなりやすいので、一度に摂取する量を少なくしましょう。
初めて摂る場合は小さじ1杯程度にして、体の調子を見ながら徐々に量を増やしてみます。
MCTオイルでなくても、酸化した油を摂取するとお腹がゆるくなることがあります。
油が悪い揚げ物を食べて下痢を起こした経験を持つ方もいると思います。
MCTオイルは開封後1~2か月で食べ切ってしまうことが目安です。
開封後時間が経つほど酸化をするので、早めに食べ切ってしまいましょう。



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MCTオイルとアマニ油の違い


健康や美容面で注目されているオイルが、「MCTオイル」と「アマニ油」です。
何となくよさそうなイメージがあるこの2つのオイルですが、違いがわかりますか。
CBDオイルの基材として利用されるMCTオイルと、アマニ油はまったく性質が違うものです。
ここでは、どんな違いがあるのか、どういった利用法があるのか紹介していきます。

MCTオイルとは

MCTオイルとは、ココナッツ油やパーム油から中鎖脂肪酸だけを抽出したものです。
ココナッツ油は中鎖脂肪酸が多いと注目されていますが、中鎖脂肪酸だけでなく多不飽和脂肪酸なども含まれています。
中鎖脂肪酸というのは炭素数によって分類した方法で、炭素数によって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3種類に分類されます。
脂肪酸は不飽和度によって分類することもでき、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸です。多価不飽和脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種です。
さらに、中鎖脂肪酸は炭素数によってラウリン酸、カプリル酸、カプリン酸、パルミチン酸などに分けることができます。
ココナッツ油はラウリン酸を49.1%ほど含み、カプリル酸とカプリン酸はそれぞれ6%前後含んでいます。
MCTオイルは中鎖脂肪酸100%で、カプリル酸とカプリン酸で構成されています。
中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて分子の長さが半分ほどです。
長鎖脂肪酸は小腸から吸収された後、リンパ管に入って、それから血液に入って全身を巡ります。
一方、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸よりも水に溶けやすく、小腸から吸収されたら門脈を通って肝臓に運ばれ、エネルギーとして素早く利用できるようになります。

アマニ油とは

アマニ油とは、亜麻の実から抽出したオイルのことです。
アマニ油にはオメガ3系脂肪酸が多く含まれています。
オメガ3系脂肪酸は不飽和脂肪酸に分類されます。
不飽和脂肪酸は他にもオメガ6とオメガ9があります。
オメガ9は体内で作りだすことができますが、オメガ3とオメガ6は体内で作りだすことができず、食事などから摂取する必要がある必須脂肪酸です。
オメガ3系脂肪酸は細胞膜の原料になり、細胞膜に柔軟性を与えます。
乾燥肌の人は肌に潤いが生まれることが期待できます。
また、アマニ油の原料である亜麻の実にはリグナンという成分が含まれています。
リグナンには女性ホルモン様作用があり、女性ホルモンの働きを整えてくれることが期待できます。
日本で販売されている製品だと見かけることは少ないですが、海外のものだとアマニ油に亜麻の種子の粉末が配合されていることがあります。
オメガ3系脂肪酸は魚にも多く含まれています。
しかし、魚臭さが苦手、骨があって食べられないという方もいることでしょう。
そんな方にとって、アマニ油は手軽にオメガ3系脂肪酸を摂取できる存在です。

MCTオイルの使い方

一般的な油と違って、低温で煙が出たり、泡だったりするので、加熱調理には向いていません。
サラダ、コーヒー、ヨーグルト、ご飯、卵料理などに混ぜておいしく摂取できます。
味やニオイはほとんどしません。炒め料理に使うときには、調理の最後にかけるようにします。
食べ物や飲み物に混ぜる際の目安量は小さじ1杯です。
小さじ1杯で約41kcalあります。体によさそうなイメージのあるMCTオイルですが、摂りすぎるとカロリー摂取量が多くなって肥満のもとになります。
一度に多量に摂取をするとお腹がゆるくなることがあるので気をつけてください。
保管は常温で行います。

アマニ油の使い方

アマニ油に含まれるオメガ3系脂肪酸は酸化されやすい性質があるので、加熱料理には使いません。
サラダにかけたり、納豆やヨーグルトなどに混ぜて摂取をします。
スープや炒め料理に使う場合は、少し冷めてから加えるようにします。1日小さじ1杯程度から摂取してみましょう。
開封後は冷蔵庫で保管をします。
酸化されやすいので高温多湿・光を避けて保管をしてください。
遮光瓶に入っているものだと光の影響を抑えられます。
また、時間が経つほどに酸化が進んでいくので、開封後は1か月程度を目安の食べ切るようにします。
小さな容器に入っているものだとすぐに食べ切ることができ、ある程度酸化を抑えられます。



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイル&MCTオイルでダイエット?効果的な摂り方とは?


ダイエットによいといわれているMCTオイル
普段の食事にMCTオイルを取り入れてダイエットに励んでいる方もいるのではないでしょうか。
しかし、MCTオイルは油です。
油はダイエットの大敵です。
それなのに、なぜMCTオイルはダイエットによいといわれているのでしょうか。
CBDオイルとして共に摂取する事でダイエットにも効果的で、より効果を発揮するダイエットのための摂り方も紹介します。

ダイエットによいといわれる理由

MCTとはMedium Chain Triglycerideの略で、中鎖脂肪酸が100%の油です。
中鎖脂肪酸はココナッツ、パームフルーツ、母乳、牛乳などにも含まれています。
中鎖脂肪酸は牛乳には8%ほど、ココナッツオイルでも60%ほどしか含まれていませんが、MCTオイルなら中鎖脂肪酸100%です。
中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて分子が短い特徴があります。
「中鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」とは、脂肪酸を炭素数によって分けたものです。
中鎖脂肪酸は炭素数5~12個、長鎖脂肪酸は炭素数が12個以上のものをさします。
長鎖脂肪酸は、キャノーラ油やオリーブオイルなど一般的な植物油脂に多く含まれています。
これらの油脂は普段の食生活で摂っていて、私たちの生活では中鎖脂肪酸よりも長鎖脂肪酸を摂る機会の方が多いといえるでしょう。
中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて分子が短いため、消化吸収の経路が違います。
水に溶けやすい性質があり、小腸から吸収をされたら、門脈を通って肝臓に届けられて分解されます。
一方、長鎖脂肪酸は小腸から吸収されたらリンパ管を通ってから静脈を通って筋肉や脂肪などに届けられ、必要に応じて分解・貯蔵されます。
代謝経路が違い、中鎖脂肪酸はエネルギーになりやすい特徴があるのです。
中鎖脂肪酸の分解時間は、長鎖脂肪酸に比べて4倍早いです。
分解は約3時間後に最大になり、投与してから10時間後にはほぼ分解されてしまいます。
すぐにエネルギーになるため、ダイエットによいといわれています。

空腹を感じにくい

ダイエット中に食事制限をして、空腹をつらく感じることは珍しくありません。
空腹を我慢できず、お菓子に手が伸びてしまうこともあります。
そして、食べ過ぎて体重が増えてしまうのです。
油はダイエットの大敵だと極端に摂取量を減らす方がいるようですが、極端に減らしてしまうと空腹を感じやすくなります。
カロリーが高い脂質の摂取量を減らして摂取カロリーを抑えたつもりでも、空腹を我慢できずに食べてしまって、結局摂取カロリーが多くなってしまうのです。
脂質は胃の中に長く停滞しやすく、適度に油を摂取することで空腹を感じにくくなります。
空腹を感じにくくなれば、間食を減らすことができます。
余分なカロリー摂取を抑えることは、ダイエットを成功させるために大切なことです。

ダイエット中のおすすめな摂り方

ダイエットに役立ちそうなMCTオイルですが、油なのでカロリーは高いです。
キャノーラ油やオリーブオイルなど普段食事で摂っている油とその点は同じです。
1gあたりのカロリーは、脂質が9kcal、糖質とタンパク質が4kcalです。
油の量自体が少なくても脂質は多量のカロリーを摂取してしまうことになります。
MCTオイルであっても摂りすぎれば摂取カロリーが増えて、肥満のもとになります。
ダイエットによいからと普段の食事+MCTオイルの生活をしてしまうと、これまで以上にカロリーを摂ることになります。
そのため、カロリー摂取量が多くなりすぎないように、これまで使っていた油をMCTオイルに置き換えるようにします。
MCTオイルは加熱をすると煙が出たり、泡だったりして危険なので、加熱料理には向いていません。
そのため、炒め物や揚げ物などには使用しないでください。
おすすめの使い方はサラダにかけることです。
普段オイル入りドレッシングを使っているなら、そのドレッシングをMCTオイルに代えてみましょう。
そうすれば、摂取カロリーはあまり変えずにMCTオイルを摂ることができます。
また、ドレッシングに入っている余計な添加物や糖分の摂取を抑えることにもつながります。
コーヒーやヨーグルトなどに混ぜてもおいしいです。
その場合、調理などで使っている油を減らして、摂取カロリーが多くなりすぎないように気をつけます。



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイル基材、MCTオイルがエネルギーになりやすい理由


CBDオイルの基材としてよく利用されるMCTオイルはエネルギーになりやすいといわれる油です。
でも、どうしてエネルギーになりやすいのか知っていますか。
ここでは、エネルギーになりやすい理由とおすすめの摂取方法を紹介します。

MCTオイルがエネルギーになりやすい理由

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸で構成されている油のことです。
中鎖脂肪酸はココナッツ油やパーム油にも含まれています。
MCTオイルは、主にココナッツ油やパーム油から中鎖脂肪酸だけを抽出して作られています。
脂肪酸は短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つに分けることができます。
普段食事から摂っているのは、中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸です。
長鎖脂肪酸はサラダ油、菜種油など普段調理に使っている油に多く含まれています。
中鎖脂肪酸は炭素数が5~12個程度、長鎖脂肪酸は炭素数が12個以上のものです。
中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べると分子の長さが半分程度で、そのため水に溶けやすい性質があります。
これが、エネルギーになりやすい理由です。
長鎖脂肪酸は小腸で消化酵素の影響を受けて吸収されやすい形になり、小腸から吸収されてリンパ管に入り、そこから血管に入って全身を巡ります。
そして、筋肉、肝臓、脂肪細胞などに運ばれて、必要に応じて分解や貯蔵されます。
中鎖脂肪酸は小腸で消化酵素の影響を受けて吸収されやす形になり、小腸で吸収されるところまでは長鎖脂肪酸と同じですが、その後に門脈を通って肝臓に運ばれる点が違います。
直接肝臓に運ばれるため、素早くエネルギーになるのです。
一般的な油と比べると4倍早いといわれています。

運動時におすすめ

脂質の消化には時間がかかるため、これまでは運動前の脂質の摂取は控えることが望ましいといわれてきました。
しかし、その考えは変わってきたようです。
MCTオイルは一般的な油と比べて素早くエネルギーになるため、運動前のエネルギー補給におすすめです。
エネルギーが不足した状態で運動をするとパフォーマンスが発揮されません。
また、集中力が落ちてしまい怪我の危険性があります。
筋トレの場合だと集中力が落ちた状態で行うと、鍛えたい部位を意識しにくく、効率的なトレーニングができません。
そのため、運動前には適度なエネルギー補給が重要です。
MCTオイルはドリンクに混ぜて手軽に摂取できます。
ゼリータイプ、パウダータイプ、個包装のオイルタイプなどタイプがいくつかあり、どのタイプであっても運動前に摂取しやすくなっています。
CBDオイルも同じです。
個包装なら持ち運びしやすく、外での運動の際に便利です。

おすすめの摂取方法

MCTオイルは加熱せずに摂ることをおすすめします。
加熱をすると一般的な油よりも低い温度で煙が出たり泡が出たりすることがあり危険です。
サラダにドレッシングを使っているなら、それをMCTオイルに変えてみましょう。
MCTオイルはほとんど味がないので、味が欲しいときには酢や塩など混ぜてみてください。
オリジナルのドレッシングを作れます。
健康のために毎日ヨーグルトを食べている方もいると思います。
MCTオイルはヨーグルトとの相性もよく、混ぜてもヨーグルトの味をほとんど変えません。
適度に油を摂取すると便の滑りをよくするので、ヨーグルトとMCTオイルの組み合わせで便通改善が期待できそうです。
味がほとんどないので飲み物に混ぜても気になりません。
コーヒー、牛乳、ジュースなどとの相性がよいです。
ゼリータイプの場合はそのまま食べることができます。
甘味料が使われていて食べやすくなっています。
パウダータイプは混ぜる料理におすすめです。
パスタの仕上げや卵料理などに活用できます。
この様に、基本的に無味無臭であるMCTオイルCBDオイルの基材としても最適で、CBDオイルの飲みやすさを実現している理由の一つとなります。

摂りすぐに注意

エネルギーになりやすいとはいっても、油なのでカロリーがあります。
脂質1gあたりのカロリーは9kcalです。
糖質とタンパク質はそれぞれ1gあたりが4kcalで、これに比べると脂質はエネルギーが凝縮されています。
効率的にエネルギーを摂取でき、高齢者の低栄養の改善に役立つと注目されていますが、低栄養でない人が摂りすぎればエネルギーの過剰摂取で肥満につながります。
1日の摂取カロリーを考えながら適度に摂るようにすることが、肥満を防ぐために大切なことです。



ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MCTオイル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示