ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月24日土曜日

世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸


ネイチャーカンのブラックフライデーウィークセールが始まります!
全商品最大50%オフ!更に当サイト専用コードを使えば更に15%オフ!
なので最大65%オフのセールです!

11月22日(日曜日)18:00時スタート
11月29日(日曜日)00:00時フィニッシュ

高い効果と品揃えから評価の高いNaturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸です!!

更に当社はパートナーとなるので、専用のクーポンコード入力によって更に15%OFFにて購入する事が可能です。

是非ともお見逃しなく!!


Naturecan(ネイチャーカン)とは

Naturecan(ネイチャーカン)とはCBD製品を販売する国際企業です。

英国・マンチェスターに本社を持ち、

プロテインの世界的企業[MyProtein]の創設者が作った会社です。


大きな特徴は三つ


世界一の商品数

ショップを見ればわかりますが、CBDオイルだけでなくCBDを利用した化粧品、CBDカプセル、CBDクッキーやCBDチョコレート等、様々なCBD製品を展開しており、その商品数は世界一の品揃えです。

自分にあった好みの摂取方法にてCBD製品を選ぶ事が可能です。


最高品質の商品を手ごろな価格で販売

様々なCBD製品を扱うTOP企業なので、ボリュームディスカウントが効き、高濃度なCBD製品も手頃な価格で購入可能です。

CBD製品に含まれるCBD量にて他社と価格比較すれば一目瞭然でしょう。


厳しいテストを合格している安全性

世界展開しているCBD企業なので、各国に対する安全性担保の為のテストをしっかりと行っています。

全ての製品を厳しくテストし、品質と安全性を確保するテストは全7回も実施しています。

そのテスト過程については自信をもっており、ホームページに動画として掲載されています。


お得な購入方法

現在Naturecan(ネイチャーカン)は日本上陸記念にて全商品50%OFFキャンペーンを行っています。※日本上陸記念キャンペーンは終了しました。再度セールの際はツイッターで告知します。

ただでさえコスパが良いのに、更に安く購入できる今はチャンスです。

そして、今回は当社とパートナーとなりましたので、当社経由での購入で更に15%OFFにて購入可能です。

ここではお得な購入方法について解説します


→Naturecan(ネイチャーカン)ジャパンショップはこちら


購入したい商品ページ内の「カートに追加する」ボタンを押し、カートに購入商品を追加していきます。



カート画面が少しわかりにくいのですが、購入する商品を確認しましたら、下部の「チェックアウト」というボタンを押すことで購入に進む事が出来ます。



すると、配送先や支払い方法を入力する画面が表示去れます。

その中で、クーポンコードを入力する箇所がありますので、そこに「CHILLIN15」と入力し、「適用する」ボタンを押してください。

合計金額から更に15%値引きされている事が分かるかと思います。



後は通常のネットショッピングと同様に進めてください。

また、配送料は8500円以上の購入で無料となりますので、まとめて購入した方がお得です。


→Naturecan(ネイチャーカン)ジャパンショップはこちら


中でもおすすめなCBD商品

Naturecan(ネイチャーカン)では様々なCBD商品が展開されていますが、中でもお勧めな商品をいくつか紹介します。


Naturecan 40% CBDオイル


なんとCBD含有量40%の超高濃度CBDオイルです。

一般的に日本で流通しているCBDオイルは濃度3%~15%程度が主流ですが、このCBDオイルの濃度は驚きの濃度です。

低濃度にてしっかりと効果を得る為には摂取量を増やすしかないですが、オイル量が多くなり飲みにくかったり、味を害してしまいます。

このNaturecan 40% CBDオイルは濃度が高い分、オイルの摂取量を抑えてしっかりとCBDを得る事が可能です。

ブロードスペクトラムCBDオイルなので、アトラージュ効果も得る事が出来、体感を感じられる事でしょう。


1滴当たりに含まれるCBDは約16mg、しっかり濃度のCBDグミが25mgなのに比べると、2滴で32mgのCBDを摂取する事が出来るので、どれだけ高濃度なのかが分かるかと思います。


→Naturecan 40% CBDオイル



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月31日日曜日

Talya社とは


本日は、トルコ産CBDオイルを製造販売するTalya社をご紹介します。
トルコ共和国は以前より大麻栽培が盛んで、現在国内19の地域で厳格な管理の元に栽培されています。
2019年には、トルコのエルドアン大統領が国内の農家にむけて、産業用ヘンプの栽培を推進するように呼びかけました。
以前より大麻の有用性を感じていたトルコの人達は、禁止成分であるTHCを完全に除去することによって、大麻が人の役に立ち、世界中から受け入れられる産業になる事を知っているのです。

そんなヘンプ先進国のトルコ・アンターヤで、2004年にTalya社は創業しました。
Talya社が使用するCBDの原料となる麻は、豊かな土壌でオスマン帝国時代からその栽培の歴史が受け継がれてきた地元トルコ産です。
限りなくオーガニックな土壌で栽培されたヘンプを厳選し、不純物を取り除いたピュアな原材料を使用しています。

Talya社のCBDは、CBGやCBNなどのカンナビノイド成分を豊富に残す「フルスペクトラム製法」により精製されたものを使用しています。
CBDがより効果的に働くことに加え、テルペンやミネラルなども多く含まれているため素早く体に良い成分が吸収されます。
もちろんTHCは完全に除去されていますし、製造の過程で繰り返し成分検査を行っていますので。日本でも安心してご利用いただけるCBDオイルです。
また、そこに加える本場オリーブオイルやハーブも現地トルコ産のものを使用するなど、摂取しやすく且つ効果的な商品づくりをモットーにしている企業なのです。

Talya社は、いにしえから伝わるヘンプの可能性とCBDの将来性をよく知るトルコ共和国のトップメーカーであり、CBD業界の世界的企業なのです。


Talya社の商品一覧はこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

HareBare(株式会社ギヤマン)社とは


本日は、1923年創業の株式会社ギヤマンが販売するブランド「HareBare」のご紹介です。
東京に本社を持ち、医療理化学硝子やメンタルヘルスケア事業の老舗企業である株式会社ギヤマンがこだわった、国内管理・国内製造のCBDオイルです。

HareBareが目指したのは、続けられるCBDオイルです。どんなに効果が高い商品であっても値段が高くては続けることができません。
多くの人にCBDオイルを続けてその良さを実感していただくために、HareBareは出来るだけコストを下げて、低価格商品を提供しています。
もちろんその品質を落としては意味がありませんので、HareBareは製法・分析・管理など全ての面で高品質を維持するための努力を惜しむことなく続けています。

HareBareのCBDはフルスペクトラム製法です。大麻の禁止成分であるTHCだけを完全除去しつつ、その他のカンナビノイド成分は全て残した状態でCBDを精製しているので、
CBDだけを抜き出したアイソレート製法よりも本来の自然に近い形でCBDを吸収でき、アントラージュ(相乗)効果が期待できるのです。
このフルスペクトラム製法は抽出に手間がかかるので、どうしても高額になってしまうものですが、HareBareは他の原料と一括購入することによりコストを下げて仕入しています。
各専門分析機関での成分チェックはもちろんのこと、低温で温度管理し、ご注文後に瓶詰するなど、品質管理にも徹底的にこだわっております。
女性が不足しがちなオメガ3をたっぷり含んだ話題の亜麻仁油を使用するなど、良いものを詰め込んだCBDオイルは、日本国内だけでなく海外にも評価されています。

日本の女性の様々な悩みやストレスに優しく寄り添うCBDオイルをつくったのは、コツコツ頑張る生真面目な日本の老舗企業でした。


HareBare(株式会社ギヤマン)社の商品一覧はこちら

HareBare(株式会社ギヤマン)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Canna River(カンナリバー)社とは


本日は、カリフォルニア州サウザンドオークスに本社を構えるCanna River(カンナリバー)社のご紹介です。
共同創設者であるGrant Boatman(グラントボートマン)の、「自らサプライヤー・メーカー・小売業者という全ての立場から、プレミアムなCBDをより手頃な価格で提供し、購入する人達が銀行の通帳を解約すること無く必要なサポートを受けることができれば、それが私にとっての成功だと思う」という言葉にあるとおり、カンナリバー社はそのCBDオイルづくりにおいて細部にまで拘り一括管理する事により、本来は高価なCBDオイルを出来るだけお手頃な価格で提供することを目指す会社です。

カンナリバー社が使用するヘンプは、アメリカ・ケンタッキー州の広大な大自然の中、農薬などは一切使用していないオーガニックな環境の元で栽培されます。
そのヘンプをブロードスペクトラム製法で抽出するため、大麻の禁止成分であるTHCは完全に除去され、その他の豊富なカンナビノイドやテルペン、ミネラルなどは豊富に含まれており、CBD単体での摂取よりも高い効果が得られると期待されています。
またカンナリバーの製造工場は、医薬品等を生産するようなハイレベル工場と同等の「CGMP」を取得しているため、より高品質で安全なCBDオイルを製造できるのです。

製品づくりにおいて妥協はせず、それでいてリーズナブルな商品を作りつづけるために、カンナリバー社は企業努力を重ねています。
今では、カンナリバー社はアメリカで最も信頼のできる企業の一つと称されています。
グラント氏は言います。「CBDオイルは使い続けることに意味があります。そのために低価格の商品を多くの人達に販売しつづけるのがCannaRiver社の使命です。」


Canna River(カンナリバー)社の商品一覧はこちら

Canna River(カンナリバー)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月30日土曜日

H THINK社とは


本日は、日本生産のCBDオイルにこだわるH THINKのご紹介です。
数年前まで日本のCBD市場で販売されているCBDオイルは、ほぼ海外で製造商品化されたものを輸入販売している状況で、日本製のCBDオイルは皆無に等しい状態でした。
当時、海外のCBDブランドの販売やCBD原料の輸入・生産に携わってきたメンバー達は、日本の技術力があれば、より高品質で安全性の高いCBDオイルを日本で製品化できるのではないかと考えました。
原料の栽培地から工場に至るまで、自分たちの目で見て安心して販売できる商品を作りたいという志を持ったメンバーが集結して立ち上げたのがH THINKブランドです。

彼らは3年もの間、より高品質なCBDを抽出できるヘンプ畑を探すために世界中を旅して周り、アメリカでヘンプを有機栽培しているヘンプ畑農家に出会います。
H THINKは、クオリティの高いヘンプを栽培しているヘンプ畑の農家さんと独占契約を結び、農薬や化学物質などを含まない高品質なCBD原料を手にしたのです。

H THINKのCBDは、超臨界CO2抽出法でじっくりCBDを抽出しています。これによりナチュラル志向で環境にやさしい方法、かつ高い効果を望めるCBDの製造が可能なのです。
このようにつくられたCBD原料は、アメリカ食品医薬局(FDA)認可の研究施設で厳格な検査を実施した後、日本の厚生労働省の指導のもと日本に輸入されています。
さらに国産のMCTオイルを使用することにより、日本人の好みに合った商品を製造しているのです。

日本に安心・安全・高品質なCBDオイルを提供するべく徹底した品質管理と厳しい検査体制を続けるH THINKのこだわりは、MADE IN JAPANのプライドです。


H THINK社の商品一覧はこちら

H THINK社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月29日金曜日

Neurogan(ニューロガン)社とは


本日は、Neurogan(ニューロガン)社のご紹介です。
ニューロガン社のルーツはスカンジナビアにあり、デンマークの人々の心に宿る歴史の記憶がニューロガン社のビジネスのあらゆる側面に深く根付いています。

ニューロガン社の共同創設者Jan Brandrup氏は、幼少期に彼の出身地であるデンマークのフネンで、ヘンプの驚くべき能力と出会います。
ヤンの祖母であるカレンは毎日、キャビネットから麻の入ったガラスの瓶を取り出し暖かいお茶を自分で淹れていました。
そのシンプルな植物医学を摂取することによって カレンの活力が見違えるように戻っていく光景を ヤンは畏敬の念を持って観察していました。
その後ヘンプの勉強を始めたヤンは、大麻が地球上に存在する植物の中でも最も優れた性質を持ち、肥料がなくてもほとんどすべての条件で成長し、環境に役立ち、強力なビタミンと栄養素を持ち、痛みを癒し、和らげる力があることに気づきます。
これらの経験は、ヤンのヘンプへの探求心と、その癒し効果を世間に広めたいという欲求を刺激しました。

カリフォルニア州サンディエゴへ移り住んだヤンは、自分のルーツであるスカンジナビアの伝統を継承しつつ麻の能力を多くの人々に伝えるべくニューロガン社を創設しました。
2015年、ヤンはトウモロコシ農場をヘンプ農園に変更することについて、デンマークの家族に連絡します。
麻の栽培はスカンジナビア地方にとって1000年以上前のバイキング時代から行われており、その化学物質や遺伝子組み換えなどを使用しないデンマークの伝統的栽培法は、ニューロガン社のCBDオイルの原料となるヘンプを栽培するには最良の条件なのです。
自然豊かな北欧の水と新鮮なデンマークの田舎の空気の下で、ゆっくり育ったヘンプは、ヤンの家族によって丁寧に収穫され包装されてサンディエゴに送られていくのです。
こうして届けられたヘンプをニューロガン社チームが超臨界CO2抽出法により抽出されるフルスペクトラム製法により、強力かつバランスのとれたCBDオイルを製造し、人やペットの健康に役立つ商品を提供していくのです。

スカンジナビアにルーツを持つニューロガン社のCBDオイル製品は、シンプルで、優しく、慰め喜びを与えてくれるデンマークの「ヒュッゲ」のような存在です。


Neurogan(ニューロガン)社の商品一覧はこちら

Neurogan(ニューロガン)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

株式会社クロスパブリシティ(CBDダイレクト)とは


本日は、日本のCBD業界最大手のひとつ、クロスパブリシティ社(CBDダイレクト)のご紹介です。
2010年に設立された岐阜県の広告代理店であるクロスパブリシティは、良質なCBDオイルを多くの日本人に広くお届けするべく、2016年にCBD製品の販売・OEM事業となる「CBDダイレクト」部門を設立しました。
CBDオイルの健全なる普及とCBD業界の発展にむけての「CBDダイレクト」の取り組みは、多くのCBD専門家より認められており「日本臨床カンナビノイド学会」の法人賛助会員として学術大会で研究結果を発表するなど、CBDダイレクトの研究は高く評価され期待されています。

そんなクロスパブリシティのオリジナルブランドとして2016年に発売されたのが「CANOVYシリーズ」です。

クロスパブリシティの強み

クロスパブリシティの強みは、その商品によって2つの製法のCBDを使い分けることが出来ることです。
純度の高いCBDだけ抽出したアイソレート製法と、様々なカンナビノイドが含まれ、アントラージュ効果が期待できるフルスペクトラム製法の両方に対応できるため、
使用する人や商品によって、もっとも効率の良い商品づくりが出来るのです。
さらにCBDをナノ化することにより、水に溶けCBDの吸収率の高い商品の開発にも成功しました。
クロスパブリシティの対応力の高さによりCANOVYシリーズの商品ラインナップは、他社に類を見ない充実ぶりです。

もちろん、日本に輸入したCBD原材料は全て国内の研究機関と提携し成分分析を行っているので、大麻の禁止成分であるTHCは一切含まれておらず、安全安心です。
日々の努力研究によって作り出されるクロスパブリシティの商品は、安心で高品質なジャパン・クオリティです。


株式会社クロスパブリシティの商品一覧はこちら

株式会社クロスパブリシティのWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CANNAPRESSO(カンナプレッソ)社とは


本日は、CANNAPRESSO(カンナプレッソ)社のご紹介です。
CANNAPRESSO社は、2017年にアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに設立されました。
健康意識が高いロサンゼルスで高い評価を受けるCANNAPRESSOは、アメリカ合衆国の50の州すべてで合法であると認められる完全クリーンなCBDオイルを提供しています。

カンナプレッソ社のCBD施設には、その製造に特化した最新の設備を整えられています。
18,000平方メートルもの広大な敷地の中には、病院で使用されるような高レベル医療品を製造できる最新鋭機材が整えられており、5つもの生産ラインではチリやホコリをシャットアウト出来る安全かつ安心な環境の中、製品づくりが行われています。
そこで製造されるカンナプレッソのCBDオイルは、不純物や重金属を徹底排除し、化学物質を使用しない超臨界CO2抽出法により抽出しています。
種子から製造に至る工程の間、カンナプレッソのCBDオイルは何度も厳しい検査を繰り返し行います。
試験場で、最高品質の純度と濃度を確保するために厳しいテストが繰り返し行われ、また第三者機関の試験により大麻の禁止成分であるTHC成分は含まれずCBDのみ含まれている事が証明されています。
また輸入される日本国内においても、日本最大の食品分析機関である日本食品分析センターの調査によって、ニコチンはもちろん、ホルムアルデヒド(発ガン性物質)などが含まれていないことが証明されています。
こうしてカンナプレッソ社では、純度99%で、国内最高濃度の高品質なCBDのみを販売しているのです。

カンナプレッソ社のCBDオイルは、世界中のお客様に安心安全な商品をご提供出来るように日々研究と努力を重ね、日本のみならずEU諸国など高評価を受ける世界的CBDオイル企業なのです。


CANNAPRESSO(カンナプレッソ)社の商品一覧はこちら

CANNAPRESSO(カンナプレッソ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月28日木曜日

NATUuR(ナチュール)社とは


本日はNATUuR(ナチュール)社のご紹介です。
NATUuR(ナチュール)社は、オランダで企画・開発されたCBDオイルメーカーです。
オランダは以前よりソフトドラッグが合法化されており、医療大麻などの研究も盛んに行われていました。
そんな大麻研究の先進国の地の利を生かし、ナチュール社は世界的にも高い水準のCBDオイルの商品開発をしており、医療従事者の研究用としても広く使用されています。
もちろん、ナチュール社の商品は大麻の禁止成分であるTHCは含まれていませんので、日本での安心してご使用いただけます。

ナチュール社のCBDオイルは、アメリカ農務省(USDA)で認められた現在料を使用しています。農薬や重金属類などを極力除去したオーガニックな土壌で育てられたヘンプは高品質を保っています。
アイソレート製法で、より純度が高く、安全はCBDを製造しています。

そんなナチュール社ですが、大麻植物の主要成分であるCBD(カンナビジオール)とともに、最近注目度が高くなってきているCBG(カンナビゲロール)の研究も盛んに行っています。
胃腸や消化器官への働きかけや、肌に優しい抗菌作用など 数多くの効果が期待されるCBG(カンナビゲロール)は、CBDよりも高い効力があるのではないかと、CBD業界で注目されはじめています。
そのように欧米各国のヘンプオイル業界のトレンドになりつつあるCBGですが、ナチュール社はその進んだ研究データの蓄積により、現在CBGの研究開発を先導するリーディングカンパニーとなっています。

CBD/CBGが世界中でより日常的で安全に使用されることを使命とするナチュール社は、欧州各国や日本で高い評価を受けています。


NATUuR(ナチュール)社の商品一覧はこちら

NATUuR(ナチュール)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

MEDTERRA(メディテラ)社とは


本日は、カリフォルニア生まれのCBDオイルブランドMEDTERRA(メディテラ)社のご紹介です。
メディテラ社は、CBDオイルの可能性を信じ、CBDオイルの製品開発に情熱を注ぐ各個人が集結して結成されたグループによってその研究が開始されました。
CBDオイルを必要とする多くの人が手頃な価格で入手できるべき未来を信じ、日々研究を重ねている会社です。

メディテラの産業用大麻は、アメリア・ケンタッキー州で栽培されています。
州の農家と直接契約し「ケンタッキー州農業産業ヘンプパイロットプログラム」の厳しいガイドラインに基づいてヘンプ栽培、抽出されています。
溶剤を使用しない超臨界CO2抽出法により、効果的で安全性の高いCBDを製造しています。
多くのアスリートが使用できるよう、大麻の禁止成分であるTHCは完全に排除し、純度99%のCBDを使用したCBDオイル商品づくりをしています。
また高品質なCBDオイルを提供するために、抽出・製造・試験までのすべての工程をアメリカ国内で行い、更に第三者機関によるテストを受ける事によって、より高い安全性と高品質な商品を販売しています。

産業用ヘンプを使用する商品は比較的新しい分野ですが、medterra社の専門家とパートナーのチームは、例えば産業用農業方法論、食品の化合物抽出、植物の遺伝学、および品質管理などのエキスパートです。
Medterra社の目標は、安全で効果的であると信頼できるCBDを提供することです。
麻のもつ可能性と奇跡的な力を信じるMedterra社は、大麻栽培に関連した汚名や誤った認識を取り除いていくことを使命に、CBD業界全体の活性化・健全化を目指して日々努力している企業です。


MEDTERRA(メディテラ)社の商品一覧はこちら

MEDTERRA(メディテラ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

KoiCBD社とは


本日は、アメリカCBD業界の最大手KoiCBD社のご紹介です。
カリフォルニア州に拠点を構えるKoiCBD社は、2015年からCBDオイル業界に参入し、アメリカ・ヘンプ・ラウンドテーブルのメンバーでもある品質基準の規範的企業です。
種子から栽培、製造、商品化など、あらゆる場面でCBDオイルユーザーのために業界他社の模範となる品質基準を作成し、厳格な検証プロセスを通じてハイクオリティな製品を送り出しています。

KoiCBD社で使用するCBDオイルは、全てアメリカ・コロラド州南部の有機農場でオーガニック栽培された産業用ヘンプから抽出されたものを使用しています。
信頼のおける農場で栽培されるCBDの品質は常に一定の基準を満たしており、最高のCBDオイルを提供できるのです。
またその製造も医薬品を製造するのと同レベルの厳格な基準のcGMP認定施設を使用して純度99%のCBDオイルの精製・商品化されています。
さらに認定された第三者機関で、製造するすべての最終バッチのテストを行い、 詳細はすべて公開され透明性と信頼性が提供されまていす。

現状において、CBD業界はまだ黎明期でありCBDを取り巻く状況は様々な問題があります。
市場には数百のCBD製品が出回っていますが、一部の商品では品質およびテストに関しては依然として深刻な欠如欠陥が残っています。
また、州と連邦の規制に不一致があり、商品に表示されるラベルの内容と実際の商品の成分条件が異なるなどの問題があるため、CBDが依然として非難されているのも事実です。
そうした中で自らがスタンダードとなり、説明責任を果たし、安心安全なCBD体験をユーザーに提供するのがkoiCBD社の役割なのです。


KoiCBD社の商品一覧はこちら

KoiCBD社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月27日水曜日

Kat’s Naturals(キャッツナチュラルズ)社とは


本日はアメリカの企業Kat’s Naturals(キャッツナチュラルズ)社の紹介です。
創業者であるKat Merryfield氏の夫であるブライアンさんは13年におよぶ軍隊での生活ののち、心的外傷後ストレス障害(PTDS)に悩まされていました。
栄養学と薬草学の専門家でもある妻のKat Merryfield氏は、ココロとカラダに栄養を与えて夫の生活を回復させるため、CBDオイルの効用に着目し、2015年に高品質なCBDオイルの製造を目指してKat’s Naturals(キャッツナチュラルズ)社を設立しました。
Kat氏による自然農法の農家での10年もの経験と、薬草学・栄養学の豊富な知識を生かし、Kat’s NaturalsはCBDオイルの開発製造を始め、商品化していきました。
Kat’s Naturalsは、アメリカ南部に契約農場で栽培されたオーガニックヘンプ、環境に配慮されたエッセンシャルオイル、自然の力を利用する治療エネルギーを使用して、最も健康的なオーガニックCBDオイル製品を製造しています。

Kat’s Naturalsは、品質向上のため、各プロセス全てにおいて最高技術と安全管理を実践しています。
  • 抽出:化学物質を使用することなく、超臨界CO2抽出法にて精製しています。
  • 蒸留:CBDオイルを3回蒸留して、土臭い成分を取り除き、各用量の濃度を最大化します。
  • 浄化:農薬、化学物質、およびカンナビノイドを栽培プロセス全体を通じてテストしています。また、各製品に第三者機関の分析証明書(COA)を提供して透明性を高めています。
  • 効能:個々の重要性に配慮し、複数の濃度のCBDオイルをボトル詰めして、ニーズに基づいてカスタムの投与量を選択できるようにします。
またKat’s Naturalsは創設以来、退役軍人とその家族の生活の質の向上を支援するために精力的に取り組んできました。
Kat’s Naturalsは、創業者の想いが詰まった、自然と人にやさしい企業です。


Kat’s Naturals(キャッツナチュラルズ)社の商品一覧はこちら

Kat’s Naturals(キャッツナチュラルズ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

HempMeds(ヘンプメッズ)社とは


本日は、CBDオイル業界のパイオニアHempMeds(ヘンプメッズ)社のご紹介です。
世界で初めてCBDオイルを合法的に開発したヘンプメッズ社はCBDオイル業界のトップメーカーであり、様々なCBDオイルメーカーを先導し模範となる企業です。
科学が人間の最大の味方であると強く信じるヘンプメッズ社の研究者たちは、その製品づくりにおいて原料から製法に至るあらゆる面において常に改善・革新することを目指し成長を続けています。

ヘンプメッズ社の製品の原料は、ヨーロッパ産のヘンプです。
アメリカでは商業用ヘンプの栽培が制限されている事もその理由の一つではありますが、最も大きな理由は、ヨーロッパで栽培されるヘンプの品質の良さです。
穏かなヨーロッパの気候と長年ヘンプ栽培に携わってきたプロフェッショナルな農家の元で栽培されるヘンプは、CBDオイル製造においてカンナビノイドの成分割合など様々な面で、ヘンプメッズ社が理想とするものです。
ヘンプメッズ社は特にその中でも優れた3000人の栽培者を選定し、より高品質で安全性の高いヘンプを使用しています。
また、ヘンプメッズ社の商品管理システムは、他のCBDオイルメーカーのスタンダードとなっております。
今では様々な企業で取り入れられ標準化されているカンナビノイド製品の検査プロセスを考案したのもヘンプメッズ社です。
製造過程において複数回の検査を重ね、また第三者機関を通じてその安全性を調査してもらうことにより、濃度や汚染物質などを厳しく調べ、より安全安心な製品を販売しつづけています。

CBD業界のパイオニアであるヘンプメッズ社は、CBDオイルの品質の高さ、使いやすさ、デザインの良さなど、あらゆる面で高い信頼性を得ている世界のトップメーカーです。


HempMeds(ヘンプメッズ)社の商品一覧はこちら

HempMeds(ヘンプメッズ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

hemptouch(ヘンプタッチ)社とは


本日は、スロベニアを拠点とするhemptouch(ヘンプタッチ)社のご紹介です。
ヘンプタッチの創設者はヘンプの可能性を信じ、自ら栽培から収穫まで携わるマルコ・スラディック氏と、薬草のエキスパートでインドのアーユルヴェーダにも精通するシルヴィア・スペハー氏の二人です。
2014年に「Nature is the best medicine(自然は最高の薬)」との合言葉の元、2人は研究を重ねCBDメーカーとしてヘンプタッチ社を設立しました。
ヘンプ栽培において、長年の経験と研究を積み重ねてきたマルコ氏の栽培技術と、リュブリャナ大学の生物学者であり、薬草学やアジアの自然療法などを基礎とした自然の力を知るシルヴィア氏の豊富な知識が結集し、ヘンプタッチ社CBD製品は生み出されました。
初めは一種類のCBD製品の販売からスタートし、その後に次々と開発されたヘンプ由来の化粧品や食料品などが、瞬く間に口コミで広がり、薬局やオーガニックショップで販売されるようになりました。
今やヨーロッパの至る所でヘンプタッチ社の商品は販売されています。

ヘンプタッチ社のCBDオイルは、原材料から製品まで2人の妥協なきコダワリによって他に類の無い最高品質になっています。
完全オーガニックで栽培されたヘンプを利用して、超臨界CO2抽出法によって抽出されたCBDを使用しています。
また、防腐剤やパラベン、シリコンなど人工的な素材は一切使用せず、植物ベースの原材料のみを使用しています。
最終的に製品化されたCBDオイルは、加工一回ごとに分析をし、品質管理を徹底しています。

またヘンプタッチ社は環境にも配慮しており、製造工程におけるCO2削減を極力抑え込む取り組みやリサイクル品の活用などにも力を入れています。
自然と人間にやさしい哲学を持った企業なのです。


Hemptouch(ヘンプタッチ)社の商品一覧はこちら

Hemptouch(ヘンプタッチ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

grön(グルーン)社とは


本日は、grön(グルーン)社の紹介です。
グルーンとはスウェーデン語で「みどり」という意味です。
かつて、デンマークに留学していた創業者のクリスティーン・スミスは、北欧のナチュラルで自然あふれる健康的な暮らしを想い、社名をgrön(グルーン)と名付けました。

グルーン社は、2015年にアメリカ・オレゴン州のノースイーストポートランドで設立された会社です。
元々、美味しいチョコレートで慢性痛に悩む人達に少しでも和らいでもらいたいという想いで研究を始めたクリスティーンは、チョコレートをカンナビノイドエキスと融合させる製品づくりに取り組みます。
大麻に関する法律が絶えず変化するオレゴン州において、グルーン社は常にその変化に対応するべく試行錯誤を繰り返し製品を作り続け、大麻食品加工業者としてはオレゴン州で初めて農務省および保健局の認定を受けました。
今では複数の味を楽しめるチョコレートがオレゴン州400か所以上の薬局で入手可能です。

自然の恵みから得られる痛みの緩和や治癒力に着目したクリスティーンは、カンナビノイドの中で人の健康に効果をもたらす主成分であるCBDに着目します。
CBDを純度100%まで蒸留、分離することで、より健康的で安全性の高いCBDオイルを製造販売することに成功し、アメリカ屈指のCBDオイルメーカーに成長しています。
もちろん大麻の禁止成分であるTHCは一切含まれていないため、多くの国でCBDオイルの効果を享受することができます。

オーガニック原料をはじめ、製造工程で発生する廃棄物のリサイクル、商品を入れる容器の安全性、エコ素材パッケージの使用など、環境への負担を最小限にするため鋭意努力を重ねるグルーン社は、
その名前のとおり、まさに自然の緑を大切にする企業です。


grön(グルーン)社の商品一覧はこちら

grön(グルーン)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Elixinol(エリクシノール)社とは


今回は世界最高品質のCBDオイルを生産するアメリカ・コロラド州を拠点とする「Elixinol(エリクシノール)社」のご紹介です。

エリクシノール社CEOのポール・ベンハイム氏は、1991年にヘンプシードと出会ってから20年間、西欧・中欧・東欧のヨーロッパ各国をはじめ、
アジア・カナダ・アメリカ・オーストリア・ニュージーランドなど世界中を巡って高品質のヘンプを生産する農家を探し求め、世界規模の産業ネットワークを築き上げました。
今現在エリクシノール社は、自社農場でのヘンプ栽培のほかに、世界で最も高水準のヨーロッパの産業用ヘンプを栽培しているヘンプ農家と契約し、高品質なCBDオイルを生産しています。
ポール氏のCBDオイル製品に対するこだわりは大変強く、超臨界CO2抽出法で精製されたフルスペクトラム・カンナビノイドをCBDオイルの原材料としています。
製造工程においても、その高品質維持へのこだわりは徹底しています。
ヨーロッパにあるエリクノール社の施設で製造されたCBD製品をアメリカへ出荷する際、ヨーロッパ規格の品質検査とアメリカ本土での高度な検査機器による再検査の2回の検査で品質チェックしています。
細菌や微生物、農薬、殺虫剤、テルペノイドなどの薬理成分についても厳格に検査することにより、その安全性は高い評価を受けています。

更にポール氏は、ヘンプ関連産業の市場拡大により種子生産者・栽培者・食品加工業者・商品生産者など業界全体が活性化するのために、グローバル戦略や政府政策の支援などの活動を積極的に画策し、
CBDオイル産業の社会的普及に尽力しました。

エリクシール社は生産施設への投資を継続し、そのCBDオイルは尽きる事のない進化を続けています。


Elixinol(エリクシノール)社の商品一覧はこちら

Elixinol(エリクシノール)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ENDOCA (エンドカ)とは


今日はデンマークが生んだCBDオイル業界のエキスパート「ENDOCA(エンドカ)」をご紹介します。
エンドカの創始者であるHenryVincentryは、麻の栽培において長い伝統と高い技術力を持ち世界最高品質の産業用ヘンプを栽培している Vincentry一族に生まれました。
科学の知識を持つHenryは、効果的な有機医薬品を探し求めて世界中を旅しながら研究を進めた結果、治療法としての大麻の効用にたどり着き、麻植物からオイルを抽出する方法を研究しました。

こうして北欧デンマークで設立されたENDOCA社は、「種から棚まで」をポリシーに、CBDオイル製造における種子・栽培・抽出・製造の全てのプロセスを厳重に管理し、高品質なCBDオイルを生産しています。
ENDOCA社は、北欧のオーガニック認定された土地を使い、独自の厳選された種子と育種育苗プログラムを用い、除草剤や農薬を一切使わずに有機栽培された麻を使用したCBDオイルをつくっています。
また、CBDの効果をより高く引き出すために、CO2超臨界抽出にて抽出するフルスペクトラム製法でCBDオイルを精製しています。
その品質管理も徹底しており、多くの市販CBDオイルに含まれているとされる農薬や除草剤、カビ、マイコトキシンなど200種類以上の不純物を徹底的に検査・除去しています。
WHOが制定したGMP認証を取得し、第三者機関の分析を積極的に公開したりと、その品質の高さと検査の透明性により、ENDOCAのCBDオイルは多くのユーザーに高く評価されています。

ENDOCAの高品質製品は病院でも広く使用されるため、そのメディカルグレード製品を供給する社会的責任を果たすべく徹底した管理が必要であると考えているのです。


ENDOCA (エンドカ)社の商品一覧はこちら

ENDOCA (エンドカ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Dixie Botanicals(ディキシーボタニカルズ)社とは


本日は、ハイクオリティCBDブランド「ヘンプメッズ」の姉妹ブランドとなる「ディキシーボタニカル社」の紹介です。
ヘンプメッズ社の品質の高い製品を、より多くの方にお試しいただきやすい価格でお届けすることを目的に設立された系列会社となっています。

ディキシーボタニカルズ社のCBDオイルは、価格こそお求めやすいものではありますが、品質の管理基準はヘンプメッズ社と同様に業界トップクラスの高基準です。
原料となる麻は、欧州連合(EU)の中で最も理想的な局地気候の地域で、農薬や化学肥料などの残留汚染物質になるものを一切使用せず、オーガニック有機栽培されたヘンプを輸入しています。
もちろん遺伝子組み換えもしていない完全ナチュラルなヘンプです。
ディキシーボタニカルズ社は、カリフォルニア州サンディエゴに最先端の生産設備を持ち、最新の科学的研究と革新的思考の組み合わせにより、安全かつオリジナリティあふれる製品づくりに取り組んでいます。
CBDオイルの処方製造は、カリフォルニア州の保健食品医薬品部に登録されている「JBKウェルネス研究所」が独占的に手掛けています。
JBKウェルネス研究所の創設者であり、伝統東洋医学の理学修士を保持する、処方主任のキム氏が持つ独自の処方技術は高い評価を受けています。
品質管理において、ディキシーボタニカルズ社はアメリカ食品医薬品局が定める基準と同等かそれ以上の製造管理システムの基準を設け、伝統的はISO17025化学試験設備にて複数回のテストを繰り返しています。
原料およびCBDオイルの純度、品質、組成に影響を与える全ての規格・手順・試験等の管理はもちろん、設備機器や器具・容器の衛生などの管理も徹底的に行い、高い品質の製品を作りだしています。

「高品質をお求めやすく」がコンセプトのディキシーボタニカルズ社はCBDオイルへの強い思いを持つ企業です。


Dixie Botanicals(ディキシーボタニカルズ)社の商品一覧はこちら

Dixie Botanicals(ディキシーボタニカルズ)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBD LIVING(シービーディーリビング)社とは


CBDリビング社は、アメリカ・カリフォルニア州のコロナに本社を持つ、世界的に有名なCBDオイル製造メーカーです。
CBDの研究で有名なブリティッシュ・コロンビア大学のSingh博士など、数多くの科学者達がCBDオイルの研究に関する最先端技術の英知を結集し、日夜カンナビノイドに関する研究をすすめた結果、ついに体内への吸収力を高めるCBDの「ナノ化」に成功しました。

通常のCBDオイルは、たとえCBD含有量が多くても実際に体内に取り入れられる吸収率は10%~15%で、摂取したものの多くが廃棄物として排泄されてしまいます。
しかし、ナノ化したCBDオイルの吸収率は最大90%にもなりますので、他社のCBDオイルと比較しても、より少しの量で全身循環してその有効性を高い商品となっています。
さらにナノ化することにより、水にも溶けやすくなったため、水や紅茶など様々な水溶CBD商品を製造販売できるようになりました。

CBDリビング社が使用する原材料の麻はアメリカ・コロラド州認可の大麻農場および抽出施設で有機栽培されています。
動物性の素材を極力使用しないように考えられたビーガン仕様の商品も多く、健康意識が高いカリフォルニアに本社を持つ企業らしい徹底した製造管理がなされています。
大麻の禁止成分であるTHCを完全に除去しており、日本国内への輸入の際には、厚生労働省、保健局、麻薬取締部などより許可を受けた安心安全は商品だけを数多く日本で販売しています。

CBD業界最先端のナノ化技術を駆使し、CBDオイルをはじめ数多くのCBD商品を販売しているCBDリビング社は、アメリカCBD業界で最も評価の高いメーカーのひとつであり、また海外でもそのシェアを着実に伸ばしているメーカーです。


CBD LIVING(シービーディーリビング)社の商品一覧はこちら

CBD LIVING(シービーディーリビング)社のWebサイトはこちら



ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月25日月曜日

Aztec(アステカ)社とは


本日はCBDオイルの人気および知名度でヨーロッパNo1と称されるCBDブランド「Aztec(アステカ)社」のご紹介です。

Aztecの本社はイギリス・ロンドンにあります。
欧州から認可された生産施設を保有して、2016年より高級な麻製品の生産している 欧州屈指のCBDオイルブランドメーカーです。

Aztec社のCBDオイルの原材料はフランス産です。
フランスの完全オーガニックの土壌で、化学物質や農薬・遺伝子組み換えなどを一切使用せずに、有機的に栽培されたヘンプを使用しています。
もちろん除草剤や殺虫剤・重金属類などの不純物も完全に除去されています。
最初の土壌確認から、種子・収穫までの各段階において、Aztec社は何度も厳しいテストを繰り返します。
成分分析と安全性の検証を繰り返し、それらをデータ化することによって、高品質で安全性の高いCBDオイルを世界中にお届けできるのです。

また、Aztec社はイギリスで最初にフルスペクトラム製法を導入したCBDオイル製造メーカーです。
成熟した麻の茎と種を成分分離させるのでは無く、超臨界CO2抽出法を用い、ゆっくりと生搾りする製造で抽出するフルスペクトラム製法で作られるCBDオイルは、
大麻の禁止成分であるTHCは完全に除去した状態で、それ以外の本来ヘンプに自然に含まれているカンナビノイドやテルペン・必須ビタミン・ミネラルなどは豊富に残っているため
CBDの効果をより強くカラダに取り入れる事が出来るアントラージュ効果が期待されます。
このフルスペクトラム製法を導入しているメーカーは、欧州でも数少ないため、アステカ社のCBDオイルはヨーロッパNo.1と称されているのです。

Aztec(アステカ)社の商品一覧はこちら

Aztec(アステカ)社のWebサイトはこちら


▼Aztec(アステカ)社の製品をいろいろ試しているレビュー動画です


ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル メーカー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示