ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

日本初のCBD入りのシーシャは8つのフレーバー-DARUMA


シーシャとは水タバコのことです。火皿でタバコを燃やし、その煙を見ずにくぐらせてろ過したものを喫煙します。今回、日本初のシーシャブランドが登場しました。それが「DARUMA」です。DARUMAのシーシャはただのシーシャではなく、CBDを配合しています。今回は「DARUMA CBD HERBAL SHISHA」を紹介します。


DARUMAのCBDシーシャは、CBDを楽しみたい方や、タバコが苦手だけれどシーシャを楽しみたい方に特におすすめです。

生物にはエンドカンナビノイドシステム(ECS)が備わっています。ECSは、食欲、睡眠、リラックスなど、さまざまな活動にかかわっているシステムです。

CBDはヘンプから得られるカンナビノイドの一種である天然の成分です。カンナビノイドの受容体に働きかけることで、ECS本来の働きをサポートすることが期待できます。

ヘンプから抽出したCBDには、ヘンプに含まれるその他の成分を含有するものと、その他の成分を含まないものとがあります。DARUMAのCBDシーシャは、CBCやCBNなどその他の成分も含むものを使用しています。他の成分も同時に摂取することで、アントラージュ効果が期待できます。ニコチンやタールは含んでいません。

フレーバーは8種類を用意しています。ブルーベリー、パイナップル、ピーチ、スイカ、ストロベリー、マンゴー、ミント、ダブルアップルの中から好きなものを選べます。いくつかを用意して、気分に合わせて使用するのもおすすめです。


喫煙のポイントは、肺に5秒ほど留めておくことです。煙を吸ってからしばらく留めておくことで、CBDが吸収されやすくなります。


DARUMAのシーシャはCBDを配合したタイプです。ニコチンやタールなどは含まず、リラックスしたい人やタバコが苦手な人におすすめです。


→DARUMA SHISHA公式サイトはこちら


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

使い方は様々!CBD93%・CBG3%のCBDディストレートワックス


CBD製品は、液体のオイルが多く出回っていますが、ワックス製品もあります。ワックスは、食品に混ぜたり、電子タバコのリキッドに加えたりなど、さまざまな使い方ができます。今回ご紹介する製品は「CBD ディストレート ワックス」です。イライラしやすい方、眠りが浅い方、CBDを電子タバコで摂取したい方などにおすすめです。


CBDはヘンプから抽出される天然の成分です。リラックス、ハツラツとした毎日、活力のある日々などをサポートします。

CBD ディストレート ワックスは、CBD93%・CBG3%、合計で96%の濃度のワックスです。CBDだけでなく、ヘンプに含まれる他の成分も含有しているので、アントラージュ効果が期待できます。

アントラージュ効果とは、ひとつひとつの成分で摂取をするよりも、複数の成分を同時に摂取することによって、働きが高まることです。相乗効果が期待できるのです。

固形になっているので、オイルのように液ダレする心配がなく、カバンやポケットに入れて持ち運びやすくなっています。持ち運びやすければ、職場や自宅などさまざまな場所で活用できます。


固まっているので、使用の際には砕いてください。砕いたものを食品に混ぜて食べたり飲んだり、電子タバコのリキッドに混ぜて蒸気を吸引したりして摂取をします。食品の場合は、油分を含むものに混ぜることをおすすめします。口に含んですぐに飲み込むのではなく、しばらく留めておくと吸収が高まることが期待できます。


ワックスタイプのCBD ディストレートは、持ち運びやすく、食品やリキッドなどさまざまなものに加えて摂取できます。1つあるだけで、いろいろな使い方ができるのです。CBD ディストレート ワックスでオリジナルな使い方をしてみませんか。


→CBDディストレートワックス 高濃度96% CBD93% CBG3%


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBD吸収率が一般の6倍!水溶性ナノCBDオイル-CBD Medica


CBD製品はどれも同じだと思っていませんか。CBD製品を選ぶときに大切なことは、質と吸収率です。質が劣るものでは、高い働きは期待できません。質がよくても、吸収されなければその効果は発揮されません。

質と吸収率にこだわったCBDオイルが「CBD Medica ドリップナノCBD」です。では、どのようなCBDオイルなのかみていきましょう。


CBDはヘンプから抽出されるカンナビノイドの一種です。CBD Medicaでは、オイルを製造するのに適した専用の種子からヘンプを栽培しています。栽培から製造までを一括管理し、すべての製品に固有番号をつけ、安全面に配慮をしています。

製造は日本専用のラインで行っています。第三者機関によって検査を行い、必要な手続きを行い、日本に輸入・販売をしている製品です。

日本で販売されているCBDオイルには、ブロードスペクトラムとアイソレートの2種類があります。

ヘンプには、100種類以上のカンナビノイドが含まれています。CBDもカンナビノイドの一種です。

ブロードスペクトラムは、自然な形でCBD以外のカンナビノイドも含有しているものです。アイソレートは、純度の高いCBDで、それ以外のカンナビノイドは含んでいません。

CBD Medica ドリップナノCBDが使用しているのはブロードスペクトラムです。さまざまなカンナビノイドが含まれているので、アントラージュ効果が期待できます。

そして、ナノ化をしていることも特徴です。CBDを微粒子化をすると、していないものに比べて、吸収率が6倍にも高くなります。


十分に吸収させるためには、しばらく口の中に留めておくことがポイントです。そのまま口に含んでも、コーヒーやスープなどに加えても摂取できます。


CBD Medica ドリップナノCBDは、質と吸収率にこだわった製品です。せっかくCBDを利用するなら、安心できて、しっかり吸収されるものを選びませんか。


→CBD Medica 水溶性ドリップ用ナノCBD CBD300mg

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

エイジングケアのためのCBDコンセントレートクリーム


年齢を重ねるごとに、肌の衰えを感じていませんか。いつまでも若々しい肌を保つことは難しいのでしょうか。いえ、日々のお手入れを丁寧に行えば、肌は応えてくれます。

今回ご紹介する製品は「モディッシュ hi-bi コンセントレートクリーム」です。エイジングケアのための成分を配合したクリームです。


年齢を重ねると肌本来の力は衰えてきます。それによって、シワ、たるみ、くすみなどが目立つように。

しかし、年齢を重ねても若々しい肌を保っている人もいます。

肌の若々しさを保つ鍵は成長因子です。成長因子とは、特定の細胞を増やす働きを促すタンパク質のことです。きれいな肌は、肌細胞が日々生まれ変わることで作られます。肌が生まれ変わるときに大切な役割を果たすものが成長因子なのです。

hi-bi コンセントレートクリームは幹細胞エキスを配合したクリームです。幹細胞は、細胞を作っている細胞です。幹細胞エキスが、ダメージを受けた肌に働きかけて、ツヤのある若々しい肌へと導いていきます。

さらに、今注目されているCBDも配合をしています。CBDは植物由来の成分です。抗炎症や抗酸化などの働きが期待されており、美容面でも注目されています。

幹細胞エキスとCBDを組み合わせたクリームは、ほうれい線が気になる方、ハリの低下を感じる方、毛穴が気になる方などに特におすすめです。


使い方ですが、普段使用しているクリームと同じです。洗顔後、化粧水などで肌を整えた後に、適量を手に取って顔全体になじませます。特に気になる部分には重ねづけがおすすめです。


年齢には逆らうことができず、日々肌は衰えていく一方です。何もせずに衰えていくのではなく、ケアをしてハリやツヤのある健康的な肌を目指しませんか。普段のお手入れを続けることで肌は応えてくれるはずです。


→CBDコンセントレートクリーム


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

女性の為のCBD膣ケア-プレミアムフェミニンオイル

赤ちゃんを育てたり、パートナーシップを育んだり、女性にとって大切な膣。かゆみやニオイなど、デリケートな部位の悩みを抱えていませんか。ケアをしたくても、どのようにケアをしたらよいのか悩んでしまうこともあると思います。膣のケアには、専用の製品を使用しましょう。今回ご紹介する製品は、「fuwari プレミアムフェミニンオイル」です。女性にとっての大切な場所をケアするための専用のオイルです。


fuwari プレミアムフェミニンオイルは、日本美膣協会代表理事の美崎唯の監修のもと開発をしています。日本美膣協会は、女性の膣のケアの重要性やその方法の啓もう活動を、20年以上にわたって行っている膣の専門家ともいえる存在です。多くの女性が安心して使えるように、こだわりを持って商品開発をしています。

使用している成分は天然植物オイル100%です。ゴマ油、カンナビジオール、月見草油などを配合しており、防腐剤や着色料など余計なものは一切加えていません。

中でも注目の成分がCBDです。1製品200mlあたりに1000mgのCBDを配合しています。CBDは植物由来の成分で、抗酸化作用や抗菌作用が期待できます。美容や健康の分野で幅広く活用されています。


使い方は簡単です。ポンプをプッシュして適量を取り出し、肌になじませます。ポンプ式の容器なので、適量を取り出しやすいです。お風呂上りなど、肌が清潔になっているときの使用をおすすめします。

直射日光、高温多湿を避けて保管をしてください。


膣は女性にとって大切なものです。大切なところだからこそ、安心できる専用の製品で日々ケアをしませんか。日々の丁寧なお手入れが、軽やかな心や体を作っていきます。


→フェミニンオイル 膣オイル CBD1000mg


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

オリジナルのCBD製品の製造、販売は簡単で個人でも十分に可能


CBDの販売をしたいと思ったときには、OEMを利用すると便利と言えるでしょう。

OEMは他社の製品を自社で製造するサービスのことで、これを利用すると製造部門がない会社であっても、オリジナルのCBDの製造が可能となります。

実際、この形態を利用してCBD製品を作り、販売している会社は存在するので、詳しく知っておくといいのではないでしょうか?

CBDは日本においてこれから話題沸騰の存在になる可能性を持っているだけに、そうなる前からCBD製品の販売を開始できれば、事業として有利な状況を作ることができます。

オリジナルのCBD製品を作って販売する会社は今後増え、それ自体がトレンドになるかもしれませんから、覚えておくといいのではないでしょうか?


オリジナルのCBD製品を製造、販売するハードルはかなり低い

CBDという存在は、多くの人たちの日常生活にあって当たり前という存在ではないため、未知の部分が少なからずあるでしょう。

したがって、そんなCBDを販売したいと思ったとしても、それがどこまで可能なのか?という点について、難しいイメージもあるはずです。

しかし、すべてを自力でやろうとすれば難しいですが、他人の力を借りることでハードルは大分下がります。

すでに話したように、今の時代はOEMという非常に便利なサービスがありますから、他人に製造の大部分を任せることが可能です。

どういった製品にするか?というコンセプトなどは自力で考えないといけないとしても、製造にかかわる多くの部分を他人任せでいい点はありがたいでしょう。

工場を持たない会社であっても、何らかの製品を作ることができるとなれば、事業の展開の幅が一気に広がると言えます。

このような部分を知っている会社とそうでない会社では業績に差が出てくると言えるので、こういう視点を持つこともビジネスにおいては重要でしょう。


OEMを利用してオリジナルのCBDの製造が可能なのは個人も同じ

これまでオリジナルのCBD製品を作ることに関して、会社である前提で話をしてきましたが、個人は除外されるというわけではありません。

個人であってもOEMの利用は可能で、同様にCBD製品を作り、販売することはできると言えるでしょう。

だから、会社のような規模ではないにせよ、オリジナルのCBD製品を作ってみたいと考えているならば、その願いは叶いやすいはずです。

今は個人で商売をしている人は世の中に非常に多くいますし、ECサイトを作って、それを通じてビジネスを行うことは容易いと言えます。

実際、世の中に存在するECサイトの中には個人で運営をしている例がかなり多くあるのではないでしょうか?

CBD製品を販売しているECサイトもそれなりに数がありますけど、その中には個人で運営しているケースが恐らく含まれているでしょう。

そして、オリジナルのCBD製品を売っているところも見つかる可能性があるのではないか?と思われます。

そのような例を見て、自分も同じことをしてみたいと考える可能性がありますが、そのときにはその夢を叶えられる環境が十分に整っている事実は知っておいてほしいです。


オリジナルのCBDだからこそ売ることが楽しいと思える面があるはず

CBDを売るということに関して、オリジナルのものじゃないといけない理由は本来ありません。

しかし、オリジナルのものを売るからこそ発生する楽しさは絶対にあるはずで、そこは頭に入れておくといいと思います。

オリジナルということは、その製品は基本的に他に同様のものが存在しないと言えるはずです。

そして、自分が考案したという点があるため、より愛着を持つことができるでしょう。

そういったものが実際に売れていけば、その喜びは非常に大きいはずで、実際に日々の仕事をしていくうえで大きなモチベーションになると評価できます。

自分が考えたものが多くの人たちに買われている、必要とされている、愛用されているという感覚は何物にも代えがたい素晴らしさだと思います。

CBDの販売に少しでも興味を持っている、これから始めてみたいと考えている人は、オリジナルという点にこだわるといいでしょう。

オリジナルの自分だけのCBDを作ったうえで、それを世界中に発信していく、そんなビジネスは非常に魅力的ですから。


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDがこれから人々の生活の一部になる可能性は期待できる?


CBDは私たちの普段の生活の中において、特別馴染みを感じられる存在とは言い難いものです。

しかし、そのCBDが本当に生活の一部と言えるような状況になる日がこれからやってこないとは言い切れません。

CBDには様々な魅力的な効果があり、その可能性は今後もさらに広がっていくことが予想されています。

そうであれば、何らかの魅力に惹かれ、CBDを使い始める人がどんどん増え、日本において実際に生活の一部と言える状況が誕生する状況もありえます。

CBDの効果の可能性も魅力的ですが、CBDが今後どの程度普及していくか?についても非常に期待感を高めてくれるはずです。


CBDがすでに生活の一部になっている人は存在している

CBDは医療などの非日常的な使い方ができる面もありますけど、美容や食事など日常的な使い方ができる部分もあります。

特に後者については、毎日CBDを使用している状況に近いため、完全に生活に溶け込んでいる状況と評価できるでしょう。

CBDを使ったことがない人にとっては、基本的にはCBDは自分には縁がない存在、つまり非日常的なアイテムという認識になりやすいです。

しかし、毎日使っている状況に近い人にとっては、CBDという存在が身近にあって当たり前であり、それがない生活が逆に考えづらい状況だと思います。

自分の関心領域において、プラスの効果を発揮することを知っている人であれば、CBDをすでに使っているケースは多いです。

それがどういう効果を狙ったうえでの使用か?という点に違いはあっても、CBDに意味を見出している点は共通なわけです。

CBDは単なる自己満足のためのアイテムや嗜好品としての使い方ができるので、敷居が高いような雰囲気は実はなく、気軽に毎日の生活に導入しやすい要素があります。

だから、これから実際に生活の一部となっていく人に関しては、どんどん増えていく可能性が期待できるのではないか?と思います。


CBDに関して人々が特に興味を持ちやすいのは食事におけるシーン

CBDは私たちの普段の生活に取り入れやすい性質のアイテムですが、それが特に顕著なのは食事においてでしょう。

やはり食事をしない人間は存在せず、誰もが毎日何らかのものを食べているため、その中にCBDを取り入れることはしやすいはずです。

実際、CBDを含んだ食事に関しては、世の中に当たり前に存在しているとは言い難い状況ですけど、場所を選べば気軽に摂取しやすいと言えます。

というのも、CBDの場合には一定数のカフェが特別なメニューを提供している状況があります。

CBDを含んだメニューが普通に提供されており、しかも利用者の評判が高いことが多いため、違和感なく口にすることができるわけです。

飲み物、食べ物ともに揃っているカフェが多いので、少しでもCBDに関心を持った人であれば、まずはこういった場所を訪れるのはありでしょう。

それに特定のお店がそういうメニューを揃えている状況を知らないで、たまたま訪れた先でCBD関連のメニューがあることに気付くケースもありそうです。

そんなときにも興味本位で注文することが可能となるため、それをきっかけにCBDにのめり込んでいく可能性は期待できると言えます。


日常においてCBDに触れる機会が増えることで可能性がより広がる

CBDは元々嗜好品のような使用方法が可能であり、日常的に気軽に使っていける環境がありました。

それに加えて、すでに説明したようなカフェの存在により、飲食店においてもCBDを気軽に摂取することができるわけです。

このような傾向がどんどん加速すれば、CBDに触れるためのチャンスが増えていき、社会に浸透する可能性も高まっていきます。

CBDは効果の幅が広く、誰にとってもメリットと言える部分は少なからず存在していると思います。

そこに気付くことができれば、日々の生活に取り入れることがしやすいですし、まさに生活の一部と言える人が増えていくでしょう。

特にCBDに存在する不安を解消する効果、リラックス効果は日常的に使用しやすいもので、誰もが知るべきポイントと評価できます。

不安を解消したい、緊張を和らげたいと思う瞬間は誰にだってあるはずですし、そのときにはCBDの可能性に期待するのは得策です。

実際、こういったシーンにおいてCBDを摂取している人は多くいて、さらにはエステなどでCBDオイルなどを使用して不安を和らげているところもあります。

CBDに触れる機会が増えれば、CBDの有用性を知る人や可能性に気付ける人が増えていくでしょうけど、そういった状況の実現においては不安の解消、リラックス効果は特に大きな存在感を発揮するのではないか?と思われます。


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

日本では今後どのようにCBDの普及が進むか?アメリカや韓国と同様になれるか?


CBDは誰もが知っている存在とは言い難いものの、その知名度は徐々に高まっている雰囲気が日本でも感じられます。

以前と比べたらCBDを知っている人、使っている人の割合は高くなっており、その割合は今後さらに高くなると予想されます。

ただ、具体的にどのような状況になるのか?どのくらいの認知度や使用率になるか?に関しては、なんとも言い難い面があるでしょう。

しかし、CBDに関してより普及が進んでいるアメリカや韓国の状況を見れば、将来的な日本におけるCBDの扱いについて想像しやすいかもしれません。

アメリカや韓国の現状が日本の今後になるかもしれないので、CBDの未来を占ううえでは非常に重要なポイントになります。


アメリカでは相当程度にCBDの普及が進んでいる

CBDという存在をどのように捉えているのか?に関しては、日米において顕著な差があります。

2020年に実施されたアンケート結果によると、アメリカにおいてCBDを知っている人は約9割で、使用したことがある人は2割となっています。

同時期の日本におけるこのようなデータは見つからないものの、恐らく日本よりも明らかに高いと言える数字になっていると思われます。

特に9割の人間が知っているという点に関しては、日本では現状まず厳しい数字であると評価できるはずです。

それくらいにCBDという存在は日常に溶け込んでいると言えるわけで、国によってはかなりメジャーな存在という扱いが可能なわけです。

アメリカはCBDに関してかなり進んでいる国であり、日本との比較というよりは、世界で見てもそこは顕著と言えるでしょう。

しかし、現実的にアメリカのような国があるということは、日本もいずれ同様の状況が到来するかもしれないと評価できるのではないでしょうか?

時間がどのくらいかかるか?は不明なものの、CBDの普及が国内でさらに進めば、今のアメリカと同様の状況が起きないとは言い切れないと思います。


アジアでは韓国の存在が非常に興味深い

アジアと言えば中国は無視できない存在ですが、中国においてはCBDの存在はそこまで顕著とは言えないでしょう。

というのも、中国では薬物に対する法律が非常に厳しい状況で、それによる影響をCBDもどうしても受けてしまいます。

結果として、CBD製品に対する監視の目も厳しく、今日では思ったほど普及していないという現状があります。

ただ、一方で韓国においてはCBDの普及がかなり進んでおり、今後その伸びはより一層となる可能性もあるでしょう。

韓国の場合、元々美容に対する関心が国民全体として非常に高いため、美容への効果が期待できるCBDは自然と興味をそそられるはずです。

そういった面もあってか、2016年の時点でCBD関連商品の韓国国内における売り上げは約9000億円となっている状況です。

この額は非常にすさまじく、さすが韓国という言い方もできるかもしれませんが、アジアでも実際にこのように普及が進んでいる国も確認できます。

日本は韓国よりも人口がかなり多いわけですから、この売り上げの額を超えられるポテンシャルは持っていると評価できるのではないでしょうか?

何らかのきっかけにより、今後の日本において韓国同様のCBDに関する盛り上がりが見られる可能性は一応残ると言えるはずです。


日本においてCBDが今後普及していくために必要なことは?

日本の場合、CBDに対する規制は現状それほど厳しくないと言えるため、普及するための土台は存在していると思います。

ただ、日本においては大麻に対するイメージの悪さがどうしても他国よりも大きい可能性が考えられるでしょう。

海外においては、大麻の利用などが禁止されている国であっても、国民レベルではその有用性を認めていると言えるところはあります。

また、医療用に限っては合法という国も存在しているので、大麻は必ずしも悪いものではないという認識が存在しているはずです。

世の中には絶対的にいいもの、悪いものと評価できるアイテムは少なく、いいところもあるし、悪いところもあるというアイテムが実際は多いでしょう。

大麻も本来はその1つであると思われるのですが、その状況に国民の多くが気付くことができれば、大麻に対するイメージが変わる可能性があると言えます。

そして、大麻成分が含まれているCBDを利用することへの懸念が小さくなり、認知度とともに利用者の割合も高くなっていくのではないでしょうか?

国民の意識が変われば、CBDに対する意識も変わり、自然と興味が出てくる状況を迎え、普及がどんどん進んでいくと評価できると思われます。


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDが規制される可能性はある?CBDだから規制されないは間違い


CBDは規制されていないカンナビノイドという印象が強く、ある程度は安心して使用できるという認識の人が多いです。

実際、CBD製品を使用して捕まったとか、そういう話はほぼ聞きませんし、基本的には日本では合法という見方が強いです。

CBDが完全に合法であるという言い方は必ずしも適切ではないかもしれませんが、現状に即して言えば間違っているとは言い難いでしょう。

CBDの所持や使用が違法という扱いを受ける可能性はかなり低く、今後も一応考えづらい部分があるからです。

しかし、今後もCBDを同じように使用していけるのか?一切規制されないのか?に関しては、何とも言えない部分があります。


CBDのみならずTHCも名指しで使用などが禁止されている存在ではない

CBDが合法というイメージが世の中に広まっている理由としては、逮捕者に関するニュースなどをほぼ聞かないという点がまず大きいでしょう。

ただ、それ以外でもCBDを禁止している法律がないという点は大きいのではないか?と思われます。

これにより、CBDは所持や使用が認められている、法律的に安全な存在であるという認識になっている人が多いはずです。

しかし、これに関していえば注意点がと言え、実はTHCも名指しで禁止されている状況はありません。

THCは基本的に違法という扱いであり、実際にこれが含まれている製品を使用したときには捕まる可能性は非常に高いと言えます。

でも、大麻取締法などにおいて、THC自体を直接規制するような文面は特に見つからない状況です。

大麻取締法では、大麻の特定の部位から抽出される成分を禁止している状況であり、ここが実はポイントになります。

大麻にかかわる成分において、部位規制が日本では行われていることになりますが、これによるとCBDが絶対に規制対象にならない保証はありません。


特定の成分がどこから抽出されたか?の判断は実は難しい

THCは日本では一般的に違法という扱いではありますけど、これはTHC自体が違法なのではなく、禁止されている部位から抽出された可能性が高いという判断によるものです。

つまり、理屈で言えば、禁止されていない部位から抽出されたTHCなら合法ということになります。

でも、現実的には特定のTHCが禁止されていない部位から抽出されたことを客観的に証明するのは難しいです。

そのため、確率的に禁止されていない部位から抽出されたTHCはほぼ存在しないという判断のもと、THCはまとめて違法という扱いとなっています。

逆に言えば、CBDに関しては、確率的に禁止されている部位から抽出されたものではないという判断のもと、まとめて合法という扱いになっていると言えます。

ただ、仮に特定のCBDの抽出された場所が判明し、それが禁止されている部位からだとしたら、それは規制対象という言い方が可能です。

現実ではあまり考えづらいですけど、特定のCBD製品が違法視されてしまう可能性はゼロではないということです。

だから、CBDは絶対に大丈夫、捕まることはないと確実に言い切れる状況ではないため、そこは全員が知っておくべきでしょう。


CBDがこれから規制される可能性はある

CBDは現状においては規制されていないという言い方ができそうな気がしますが、今後も同様とは言えないでしょう。

大麻由来の成分が含まれている時点で、どうしてもリスクは少なからずあるわけで、国としても完全に野放しにはできないからです。

常にCBDの動向をうかがっている可能性があり、いつどのタイミングで国が大掛かりな規制を行うか?は分かりません。

規制されたからといって、CBDが完全に使えなくなるとは言えませんが、そうなる可能性もなくはないでしょう。

でも、CBDが国内で普及し、知名度を高めてから相当時間が経っているのに、大した規制もないということは、この先も大掛かりな規制はない可能性が高いかもしれません。

一応そういう期待を持つことは可能でしょうけど、常に規制される可能性は頭に入れておいた方がいいですし、CBDに関する情報は頻繁に調べておくべきです。

CBDは嗜好品の性格が強いため、国としては規制に踏み切りやすい面もあるでしょうから、一瞬で状況が変わる想定はしておいてほしいと思います。


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

健康お菓子ブランドの「kururi」とコラボのCBDクッキー-Earth Laboratory


甘いものを食べたい、でもカロリーや健康への影響が気になる。食べたいものを我慢していて、ストレスがたまっていませんか。そんな方におすすめが「CBDクッキー ヘンププロテインver.」です。健康お菓子ブランドの「kururi」とコラボをしています。


クッキーは一口サイズの丸い形状です。1個当たりにはCBDディストレートを10mg配合をしています。CBDはヘンプに含まれるカンナビノイドの一種です。CBDディストレートはCBD以外のカンナビノイドも含有しており、アントラージュ効果が期待できます。THCは取り除いており、安全なものです。

お菓子というと糖質が気になるのではないでしょうか。ダイエット中で糖質の摂取を控えている方もいると思います。

CBDクッキー ヘンププロテインver.は、甘さにココナッツシュガーとメープルシロップを使用しています。砂糖に比べてGI値が低く、そしてGI値が低い食品は血糖値を急激に上げにくいです。

メインの粉にはアーモンドを使用しています。アーモンドは糖質が少なく、これによって低糖質を実現しました。小麦は使用しておらず、グルテンフリーです。

さらに、質にもこだわり、可能な限りオーガニックな原料を使用しています。

「Kururi」は、おいしくヘルシーであることを大切にしている健康お菓子ブランドです。甘さを感じられながらも、体のことを考えたお菓子を製造しています。


1日当たりの摂取量に決まりはありません。体の調子を見ながら食べてください。


CBDを配合しており、さらに低GI、グルテンフリーで質にこだわったお菓子です。これならダイエット中の方も、健康に気を使っている方も、罪悪感なく口にできることでしょう。


→CBDクッキー ヘンププロテインver.

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

植物性スクワランをベースに、全身に使えるCBDトータルスキンオイル-hiilu


肌の調子が優れない、肌がゆらぎやすい、こんな悩みを持っていませんか。トラブルのない肌を目指してさまざまな化粧品を試したけれど、思うような結果にならなかった方もいるのではないでしょうか。そんなときにはCBDがおすすめです。今回は「CBD TOTAL SKIN OIL」を紹介します。


CBD TOTAL SKIN OILは、植物性スクワランをベースに、CBDと精油を配合した全身に使えるオイルです。

CBDは注目されている成分のひとつで、肌を健やかに保つ働きが期待できます。オイルとして口から摂取する製品が多く出回っていますが、肌に塗って使用することもできます。CBD TOTAL SKIN OILは1製品あたりに500mgのCBDを配合しています。

スクワランは、スクワレンという成分を安定した形にしたものです。人間の皮脂にはスクワレンが含まれており、肌の潤いを保ってくれています。

スクワランの他に、ホホバ種子油も配合しています。ホホバ種子油は、砂漠地帯に生育するホホバの種子から得られるオイルです。保湿作用があり、潤いのある肌に導きます。

精油は、ヒノキを配合したものと、ジャバラを配合したものの2種類を用意しています。ヒノキは森の中に入ったようなすがすがしい香り、ジャバラは柑橘系のすっきりした香りが特徴です。心地よい香りのものを取り入れれば、肌だけでなく心にも働きかけてくれることが期待できます。


全身に使えるオイルで、スキンケアにも、マッサージにも使用できます。適量を手に取り出し、気になる部分になじませて使用をしてください。


CBDやスクワラン、精油で肌をケアしてみませんか。トラブルのない健やかな肌へと導いていきます。


→hiilu CBDトータルスキンオイル50ml

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

洗顔後の保湿やメイクアップのベースとしてCBDフェイスオイル-KISKANU


CBDは肌に塗って使用することもできます。「KISKANU CBDフェイスオイル」は肌に塗るタイプのCBD製品です。健やかで滑らかに整った肌へと導きます。今回は、このKISKANU CBDフェイスオイルについて紹介をします。


KISKANU CBDフェイスオイルは、CBDをはじめとした植物由来の成分を使用した顔用のオイルです。1製品あたりにはCBDを250mg配合しています。

CBDは、麻に含まれる100種類以上あるカンナビノイドの一種です。美容や健康をサポートするとして注目されています。

麻というとハイになるのではないかと心配になるかもしれませんが、CBDにはハイになる作用はありません。ハイになるとされる成分は麻に含まれるTHCです。KISKANUが使用しているCBDはTHCを取り除いており、成分分析によってTHC非検出レベルという結果をもらっています。

フェイスオイルにはCBD以外にも、ラベンダー油、ローズ油、ヒマワリ種子油、アルガンオイルなども配合をしています。ヒマワリ種子油やアルガンオイルはコールドプレスバージン有機オイルを使用しています。コールドブレスは熱を加えない抽出方法で、熱による酸化や成分の変化を極力抑えることができます。


KISKANU CBDフェイスオイルは、洗顔後の保湿やメイクアップのベースとしての使用がおすすめです。手のひらに適量をとり、顔全体に優しくなじませてください。容器はプッシュ式になっており、簡単に適量を取り出しやすいです。


CBDをはじめとした植物由来の成分が、肌のバランスを整え、滑らかな肌に導いていきます。日々のお手入れにCBDオイルを加えて、健やかな肌を目指しませんか。


→KISKANU CBDフェイスオイル 30mL CBD250mg

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

チューブ容器で使いやすい便利で手頃なCBDクリーム-Ninatural


朝スッキリと目覚められない、ストレスが強い、イライラしっぱなし、こんな悩みがありませんか。リラックスしたい方や十分な休息を取りたい方におすすめの製品が「Ninatural(ニーナチュラル) CBDクリーム」です。体本来の力を呼び覚ますサポートをします。


Ninatural CBDクリームは、CBDという成分を配合したボディー用のクリームです。CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、ストレスや緊張を軽減し、体本来の力を呼び覚ます働きが期待されています。

Ninaturalが使用しているCBDは、米国オレゴン州の契約農家が栽培した有機栽培の麻を原料にしています。日本では、麻の花穂や葉の使用は規制されていますが、種子や茎の使用は規制されていません。そのため、種子や茎から抽出した日本向けのCBDを使用しています。THCは取り除いており、第三者機関による成分検査を受け、THC0%であることを確認しています。

CBD製品としてよく使用されているのがオイルです。オイルは口から直接摂取するものですが、クリームのように肌に使用してもCBDの働きは期待できるといわれています。クリームなら味が気になりません。そして、スキンケア効果も期待できます。


製品はチューブタイプの容器になっています。適量を取り出し、気になる部分に塗ってください。お風呂上りのケアにおすすめです。ゆったりとマッサージをしながら塗れば、マッサージによるリラックス作用も期待できます。


肌のお手入れを毎日しているという方は少なくないことでしょう。毎日使用するものをCBD配合のものにすれば、手軽にCBDを使ったケアを行うことができます。手軽にできるものなら継続しやすいです。


→Ninatural CBDクリーム CBD1500mg 60g


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ボタニカルな香りとCBDで安眠CBDピローミスト


CBDは睡眠の手助けをすることが期待できる成分です。なかなか寝付けない、朝起きたときにスッキリしない、こんな悩みを抱えていませんか。そんな方にCBDがおすすめです。今回は「CBD ピローミスト」を紹介します。


CBD ピローミストは、枕にスプレーを使用するものです。

一般的なピローミストには、枕にシュッと吹きかけて、枕や空間に心地よい香りを広げる働きがあります。心地よい香りが広がることで、安眠を手に入れられることが期待できます。

CBD ピローミストの場合も、一般的なピローミストと同じで枕や空間に香りを広げる働きがあります。それだけでなく、CBDの働きも期待できます。CBDはストレスの緩和をサポートするといわれており、体内に取り入れることで安眠へと導かれることが期待できます。枕にスプレーをした場合、呼吸とともに体内に取り込まれます。CBDの配合濃度は20%です。CBDは成分分析をし、安全性を確認しています。

CBD ピローミストはボタニカル成分も配合しています。配合している成分は、リラックスを誘うとしてよく知られているラベンダー、南アジアでは不安を和らげるために用いられているベチバー、甘い香りがほっとさせてくれるカモミールなど11種類です。

香りは天然のもので合成香料は一切使用していません。動物性原料も使用しておらず、ヴィーガンに対応をしています。


容器はスプレーになっています。就寝前に3回ほどスプレーをして使用してください。枕に使用するものなので、肌に直接スプレーをしないでください。


CBD ピローミストなら、ボタニカル成分の香りによる働きだけでなく、CBDの働きも期待できます。心地よい眠りのために、枕にシュッとスプレーして使ってみませんか。


→CBDピローミスト CBD 1600mg 8mL

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

低濃度で管理しやすいブロードスペクトラムCBDグミ-envy


CBDに興味があるけれど、オイルやベイプは苦手という方もいるようです。そんな方におすすめなものが「CBDグミ 1粒10mg」です。おやつ感覚で食べられるので、気軽に取り入れたい方にもおすすめです。


CBDグミ 1粒10mgは、ブロードスペクトラムのCBDを1粒当たりに10mg配合をしています。CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種です。麻に含まれるカンナビノイドは100種類以上だといわれており、CBDはその中の一つになります。ブロードスペクトラムはその他のカンナビノイドも含有しているもので、アントラージュ効果が期待できます。THCは含有していません。

CBDがサポートできると期待されている事柄は、ハツラツとした毎日、リラックス、気力に満ちた生活などです。イライラしやすい、ぐっすり眠った気がしない、集中力が続かないといった方におすすめです。

グミのフレーバーは、オレンジ、ミント、レモン、ラベンダーです。甘酸っぱさやフルーティーな味わいを楽しめます。オイルやリキッドとは異なる風味で、オイルなどが苦手な方でも口にしやすいものとなっています。

グミには色がついていますが、これはニンジンやカボチャなど天然の色素です。合成着色料は使用していません。甘味も自然な原料を使用しており、人工甘味料は不使用です。


1日の摂取量に決まりはありませんが、1~2粒を目安に摂取してください。いつでも好きなときに食べることができます。原料にゼラチンを使用しているので、アレルギーを持っている方は原料を確認してください。


CBDグミはオイルなどが苦手な方でも、おやつ感覚で気軽に口にできるものです。CBDは苦手だと思っていた方は、グミを試してみませんか。また、おいしくCBDを摂取したいという方にもおすすめです。


→ブロードスペクトラムCBDグミ 1粒 CBD10mg 20個入り


▼様々なCBDグミを解説してきた弊社が選んだCBDグミ7選はこちら

→日本国内で購入可能な最強CBDグミ7選


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDの広告などにおいて効果にかかわる記述は基本的にNG


CBDはその効果自体にかなり大きな魅力があり、それを知ることで実際に使用してみたいと感じる人が多く生まれます。

したがって、CBDを広告などを通じて宣伝する意味は多くあると思われるものの、実際にCBDに関する広告はあまり見られません。

それはCBDを広告を通じて宣伝することの難しさが関係しており、自由に宣伝活動がしづらい面があるわけです。

CBDの場合には嗜好品としての性格が強く、一般的に医薬品ではないため、法律による規制が存在しています。

特に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」による影響は大きいと評価できるでしょう。


薬機法による規制がCBDの広告による宣伝を妨げている

すでに挙げた法律は、現実的には「薬機法」という略称が使われており、これがCBDの宣伝に大きく関係しています。

薬機法によると、いわゆる医薬品に該当するものはその効果や効能を含めて宣伝することが可能です。

人間の身体に発生する何らかの効果に言及しながら、広告を流すことも十分にできるわけですが、医薬品に該当しないものは話が違います。

CBDを含めた嗜好品、健康食品、化粧品などは人間の身体に関する効果に言及しながら、宣伝をすることは不可能となっています。

宣伝自体が不可能ではありませんが、効果それ自体に言及しない宣伝というのは、もはや宣伝になりえないでしょう。

つまり、事実上CBDに関する広告を流すことは厳しく、これが現実においてCBDの広告をほぼ見ない理由になると言えます。

これからCBDの販売などをしたいと考えている人にとっては、ここに関しては詳しく理解しておく必要があるでしょう。

広告という表現のみならず、宣伝に当たるものは基本的に厳しい規制があるため、正しく把握しておかないといけません。


CBDにかかわる効果などに言及する記述自体がNGなわけではない

薬機法によると、すでに話したようにCBDに関する効果を含めた広告を流すこと、いわゆる宣伝に当たる行為はNGです。

ただ、これは顧客を誘引する場面であることが重要であり、特定の製品などを買ってもらう、そういったケースで該当します。

最も分かりやすい例で言えば、CBD製品を販売するサイト上において、その効果にかかわる記述をしてはいけないわけです。

したがって、こういった場面とは関係ないケースであれば、CBDの効果に関する記述をしても問題ありません。

そういう意味では、CBDを販売するなど、明らかにビジネス目的でやっている人は注意が必要ですが、関係ない人も十分にいると言えます。

でも、ビジネス目的でCBDを扱うつもりがあるならば、このような法律はしっかりと勉強しておく必要があるでしょう。

CBDにおける効果がどこまでの範囲を指しているのか?どういう具体的な内容が禁止されているのか?そういった理解は特に重要です。


CBDの副作用などに関する記述をする際にも注意が必要

薬機法はCBDの効果に関して記述する際の規制にかかわる法律ですけど、実は他にも気を配っておく必要がある法律が存在します。

それは「不当景品類及び不当表示防止法」であり、普段は景品表示法と略されることが多いものになります。

この景品表示法によると、例えば副作用に関しての表示は消費者が誤認をしないような表現を使わないといけません。

つまり、実際にCBDの安全性や副作用にかかわる記述をする際には、正確な事実のみを載せる必要があります。

そして、ここで特に注意しないといけないのは誇大広告に当たる表現であり、例えば「副作用は一切ない」といった表現を使用すると、実際に誇大広告と見なされる可能性があるでしょう。

そういう意味では、副作用が現実的に全く見られない場合であっても、やや濁した表現、曖昧な表現を使った方が無難と評価できます。

また、特定の有名人などが使用している事実を記載するときには、その情報源を一緒に載せた方がいいです。

例えば、本人がブログで公言していたときには、そのブログのURLを掲載するなどの措置が必要と言えるわけです。

CBDの場合には景品表示法についても気を遣っていかないといけませんから、実際に情報を載せていくときにはここも頭に入れておくべきでしょう。

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDに関しての情報収集においてはYoutubeがおすすめ


Youtubeには日々いろいろな動画が投稿されており、世の中の多くの人々を楽しませている側面が確認できます。

その中には実はCBDに関する動画も含まれていて、CBDに関心がある人たちにとってもYoutubeはかなり有益な存在になります。

だから、CBDにかかわる情報を収集をするにあたっては、Youtubeにおいて行うというのは十分におすすめの方法と言えるでしょう。

実際、普通に検索エンジンを利用して得られる情報とYoutubeを視聴して得られる情報には大きな違いがありますから、そこは認識しておくといいです。

そのうえでYoutube上からCBDについて調べて、CBDに対する理解を少しでも深めていくといいのではないでしょうか?


CBDはYoutube上においてもメジャーな存在になりつつある

CBDは人間の身体にプラスの影響を与えられるアイテムとして人気になりつつあり、嗜好品としての扱いがされている状況です。

徐々に知名度を高めて、普及している雰囲気が確認できますけど、それはYoutubeを見ても同様です。

以前であれば、Youtube上にCBDに関する動画はほとんど見られなかったものの、今日ではかなり増えています。

こういった部分からも、世の中でCBDの利用者が増えてきている現状をきちんと確認することができるわけです。

そして、Youtube上にそういった動画が多くアップされているならば、動画を参考にしてCBDへの理解を深めることができます。

Youtubeに関しては普段から利用している人がかなり多くいると思われるので、同じYoutube上という点は大きなメリットです。

動画を通じて何らかの情報を仕入れるというスタイルを日々実行している人にとっては、こういうやり方は非常に合っていると思いますから。

だから、そのような方法で実際にCBDについて調べようとしたときには、中身がすんなりと頭に入ってくるのではないでしょうか?


Youtube上におけるCBDの動画は体験談に近いものが特に多い

実際にYoutube上で「CBD」のキーワードを検索してみると、多数の動画がヒットする状況が確認できます。

その中で気になったものから視聴をしていくといいと思いますが、全体的な傾向で言えば体験談に近い内容のものが多いです。

つまり、CBDを使ってみたらどうだったか?に関して収められている動画が割と目立つため、そういった目線で情報収集ができるはずです。

検索エンジンで調べる際には、事実と思われる内容がただ羅列されているだけというケースも多いですけど、Youtubeの場合には少し違います。

事実とされている情報を踏まえたうえで、私の場合はどうだったか?という部分が中心となっているわけです。

CBDの効果は少なからず個人差があるため、全体的な傾向と特定の個人に現れる変化は必ずしも一致しません。

こういう部分を知るには、個別の体験談が重要であり、Youtubeでは実際にそのような体験談を見つけやすいと思われます。


自分が使ったときにどんな状況になるか?を想像しやすい

Youtube上では実際にCBDを使ったときの体験談に関する動画が多い状況ですけど、その中には初めて使用した人のケースも含まれています。

つまり、これからCBDを使用したいと思っている人にとっては、自身と同じ立場にあった人たちの状況を知ることができます。

実際、初めてCBDを使ってみようか?と考えている人にとっては、体験談であればなんでもいいわけではありません。

できればCBDの使用に慣れていない人の方がより参考になるでしょうから、そのような動画を実際にYoutubeで探してみましょう。

動画を通じた体験談の場合、素のリアクションなどを直に見ることがしやすいため、文章で表現されるよりも大分理解しやすいはずです。

人生で初めてCBDを使用したらどんな感覚になるのか?どんな感想を持つのか?そこは動画の方が向いていると評価できます。

CBDの使用を実際に検討している人は、事前にあらゆる情報を集めていくことになると思いますけど、そのときにはYoutubeもぜひ利用してみてほしいです。


当ブログはYoutubeでも情報発信しています。是非ともチャンネル登録よろしくお願いいたします。


→https://www.youtube.com/channel/UCTrUD8AKX9Uma0sCe3dT-iA

ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

リモートワークなどの大きな環境の変化でCBDは救世主になれる


新型コロナウイルスの流行により、今までの生活が一変したという人は世の中で多くありません。

特に働き方がそれまでよりも大きく変貌したと感じている人は、かなり多くいるのではないでしょうか?

リモートワークが世間で注目を浴びるようになり、いきなりそのような労働環境に追い込まれた人にとっては、少なからず戸惑いがあったと思われます。

やはりこのような働き方に関しては、それまで1度もやったことがない人が多数派であったため、精神的な影響は大きかったでしょう。

それによって平穏な毎日が崩れつつあるような人もいたと思われますし、その状況は望ましくないと評価できたはずです。


CBDを使うことでリモートワークに順応することが可能になりやすい?

リモートワークについては、これが初めてという人も珍しくなかったと思いますし、いきなりすべての人が順応できたわけではありません。

今までオフィス内でいろいろな人たちと直接かかわりながら、話しながら仕事をしていた人にとっては、相当難しい環境を経験することになりました。

だから、そもそもこういう状況で仕事をすること自体が非常に難しかったわけです。

ただ、さらに言えば、孤独な環境下での仕事が厳しいと感じた人もいたはずです。

そして、次第に不安が大きくなっていく、そんな状況を迎えてしまった人もいたのではないでしょうか?

不安が少なからずあれば、それが仕事に影響するかもしれませんし、健康的に問題であるとも評価できます。

したがって、できればその不安を和らげる策を実行していきたいわけですが、そのときに有効なのがCBDでしょう。

CBDにはいくつかの効果がありますが、その1つには不安を和らげる作用が含まれていると言えます。

つまり、CBDを使用することでそれまでに存在していた不安が気にならなくなる、どんどん消えていくような感覚を味わえるかもしれません。

結果として、リモートワークに上手く順応できる、そんな光景を見られる可能性が高まったと言えるはずです。


自宅であればCBDのようなアイテムは非常に使いやすい

CBDはリキッドやオイルといったものがメジャーですけど、こういったものは自宅であれば容易に使いやすいでしょう。

会社で使うとなると、隠れてこそこそ使用しないとあらぬ疑いをかけられるとか、何か言われそうといった不安が生じる可能性があります。

でも、自宅でCBDを使用していても、会社の人間に知られる恐れはまずないので、ここは非常に便利な点と言えます。

だから、リモートワークのような働き方に慣れるまで、不安が消えるまで、CBDを使用するといったやり方は現実的です。

自宅で毎日CBDを使用してから仕事に臨むという状況を習慣化すれば、次第にこの働き方に対して何の疑問や違和感も覚えなくなるかもしれません。

最終的にはそうなるのが理想と言えるため、実際にリモートワークを最近になって実践し始めた、以前からやっているがまだ慣れない人がいれば、CBDを使っていくのはおすすめです。

すでに長い時間が経過して、特に問題を感じなくなった人であれば何もしなくていいかもしれませんが、そうではない人も世の中にはいるはずですから。


これからもCBDは世の中にとって必要な存在

CBDはリモートワークなど、それまでとは明らかに日常の環境が変わった人たちにとっては救世主になれる存在です。

そして、このような日常の環境の変化に関しては、今後もまた訪れると言える可能性があります。

コロナ禍によって、そういう経験を実際にした人が世の中に多数いたわけですけど、この経験は大きな心境の変化を生みます。

当たり前の生活などない、いつそれが崩れるか?分からない、そういう認識になった人が実際多かったのではないでしょうか?

そうであれば、何らかの日常における環境の変化をまた経験する可能性があると考える人は一定割合は確実にいると思います。

実際にそういう考えに至る人が多くいるならば、CBDが活躍する余地はまだまだあると言えるでしょう。

再び不安を抱えながら毎日を送るかもしれないと言えるわけで、そういうときにはCBDがまた救世主になってくれる可能性は高いです。

だからこそ、リモートワークと同じような、大きな変化が今後もないとは言えない中では、CBDはまだまだ世の中にとって必要な存在でしょう。


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDは自粛期間中に興味を示す、使い始める人が増えた?


CBDは世界中で関心を持たれているカンナビノイドであり、嗜好品の一種とも言える状況です。

ただ、このCBDはある特定の時期において、その関心が特に高まったと言えるはずです。

それは自粛期間と言える時期であり、新型コロナウイルスに対して世間が大いに騒いでいた頃にはCBDの話題性は非常に高まっていました。

自粛期間は外出しづらい空気が漂い、各自が家でできることをするといった雰囲気があったでしょう。

そこでパソコンやスマートフォンを使用して情報を集めていた人たちの中には、CBDに対して興味を持ち始めた層もいたわけです。


CBDがコロナに対して有効ではないか?という噂が見られた

自粛期間中はインドアで過ごす割合が高まり、できることも限られてしまいましたが、その結果としてCBDに対して関心を示す人が増えました。

コロナにCBDは効くんじゃないの?という噂が広がり、ネットサーフィン中にそういった記述を見た人が多くいたでしょう。

この頃はコロナに対して嫌でも関心を持たざるを得ない状況で、予防策などが非常に議論されていました。

その後、いわゆるコロナ慣れにより、自粛の動きはあまり見られなくなっていったものの、当時は多くの国民が自粛という意識を持っていたはずです。

したがって、家にいながらできることをして、コロナに備えようという思いは多くが持っていたと評価できます。

そして、その中から実際にコロナとCBDの関係が噂されたわけですが、実際のところはCBDを摂取したからといって、感染確率が下がるなどの因果関係は見出せませんでした。

でも、噂をきっかけにして、CBDという言葉を初めてに目にした人、知った人は世の中に多くいたはずです。

つまり、この時期以降にCBDの存在を知り、実際に使用を始めたという人はそれなりにいるのではないか?と思われます。


コロナに対して有効か?に関係なくCBDを使用する人が増えた可能性が高い

国民の多くが自粛していた期間において、CBDの存在を知り、もしかしてコロナに有効なのでは?と興味を持った人がいたのは事実でしょう。

ただ、詳しく調べてみるとCBDがコロナに対して有効であるとは必ずしも言えない部分にぶち当たったはずです。

そこで完全にCBDに対して興味を失った人もいるとは思いますが、そこからCBDには一体どんな効果があるのか?を調べた人もいたと思われます。

そして、コロナには有効ではないかもしれないけど、十分に魅力を感じられる効果があるじゃないかと感じ、使用を始めた人もいたでしょう。

実際、CBDは人間の健康や美容における効果を有しており、そこに共感する人が多くいても不思議ではありません。

したがって、コロナにおける効果はあまり期待できないかもしれないが、別の効果に注目した場合には十分だろうと感じた人もいるわけです。

そういった状況により、CBDは自粛期間中において、その知名度を大いに高めて使用者の数を一気に増やしたと評価できる可能性があります。


CBDは今後も何らかのウイルスが流行ったときには注目される存在

CBDがコロナに対して有効ではないか?と思われた背景には、CBD自体がウイルスに対して効果的と言える面があったと思われます。

CBDは抗炎症作用があるため、全身における炎症を引き起こすようなウイルスであれば、本当に効果が期待できるはずです。

だからこそ、同じウイルスに当たるコロナに対しても効果があるんじゃ?と噂された状況があったと言えます。

ただ、現実的には炎症に当たる要素が乏しいコロナに対しては、CBDはそれほど期待できない事実が判明したわけですが、今後は分からないでしょう。

全身における炎症をともなうウイルスが国内、または世界で流行ったときには、再びCBDが注目されるかもしれません。

実際、今回のケースを踏まえると、再度何らかのウイルスの蔓延が危惧されるとなれば、自粛といった雰囲気がもう1度世の中に流れる可能性がありますし。

仮に自粛すべきといった空気が世の中に再び生まれれば、今回のケースと同じような経過を辿り、CBDに興味を示す人、実際に使い始める人はさらに増えるのではないでしょうか?


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDは徐々に普及が進む、流行る余地が大いにある


CBDは世界中の国々の人たちの中で愛用されている嗜好品であり、日本においてももちろん愛用している人たちがいます。

このCBDに関しては、基本的には嗜好品という扱いになっていますけど、人体に様々なメリットをもたらすことができる力があります。

そのため、単なる嗜好品という見方をされない場合もありますが、使用している人たちの感覚としては嗜好品といった言い方が適切でしょう。

でも、このCBDは嗜好品と言えども、そこまで世間に浸透しているとは言えない面があるはずです。

例えば、お酒やタバコといった嗜好品と比べれば、普及度合いは低く、そもそも存在を認識していない人の割合も高いのではないか?と思われます。


CBDは世界中で流行る要素を十分に持った存在

CBDはお酒やタバコといった存在と比較したときには、かなりマイナーであり、使用している人、存在を知っている人はともに少ないと言えるでしょう。

ただ、それはCBDの歴史がかなり浅いことが最大の原因であり、CBDが実際に人々の間で使用され始めた時期は、お酒やタバコと比較したらかなり最近です。

そのため、普及度合いに差があるのは当然と言え、CBDはこれから隆盛期を迎える可能性が大いにあるでしょう。

すでに話したように、CBDは単なる嗜好品という存在ではなく、人体に有用なアイテムですから、人気になる、流行る余地は非常に大きいです。

あとは人々がどこでCBDの存在を知るか?が重要であり、そこがクリアできれば少しずつ実際に普及していくと思います。

CBDを実際に使用する人がどれくらい現れるか?は不明なものの、CBDの存在を知らない人はほぼ誰もいないという状況はいずれ到来するかもしれません。

嗜好品でありながら、健康や美容に関するアイテムとして使うことができるものならば、流行る要素は大いにあると思いますし、その期待は大いに持てるでしょう。


大麻由来の成分が含まれている点がCBDの普及を妨げている?

CBDに関してある程度詳しい人であれば、大麻由来の成分が含まれている点は知っているでしょう。

そして、大麻由来の成分が含まれている点は、基本的にはマイナスイメージとして作用するはずで、これが普及の妨げになっている可能性が考えられます。

ただ、そこが理由で使用しない人がいるのは事実でしょうけど、そのような人はCBD自体は認識しているわけです。

つまり、大麻由来の成分が含まれている部分は知名度の普及という点においては障害にはなっていません。

CBDが世間で流行るというか、人気になるという点において難点と言える余地は残りますが。

でも、こういった部分は徐々に理解が進むことで解消されていく問題ではないか?と思われます。

嗜好品というのはどれをとっても問題点、デメリットと言える要素はあるはずで、そこが大問題ならばお酒やタバコが流行ることはなかったでしょう。

お酒やタバコに関しても実際に問題点はありますし、健康を損なうなどの懸念は有名と言え、こういったものを使用しない人でも理解しているはずですから。


大麻由来の成分に関して気にしない人は徐々に増えるはず

CBDは一定の人たちが愛用している状況であるため、今後も多少なりとも愛用者が増えていく可能性が高いです。

実際、多くの人たちは自然と身の回りの人間の中で、CBDを使用している存在が増えていく光景を目にするはずです。

すると、大麻由来の成分であることが気になっていたとしても、そんなに心配する必要はないのか?と考える人が増えると思われます。

CBDは法律的には問題ない扱いであるため、冷静に考えればそんなに問題視する必要はないわけですが、その事実にようやく気付く人が出てくるわけです。

つまり、大麻由来を気にしていた人も、時間が経てば気にならなくなってくる可能性があり、それによってCBDは流行る状況を迎えるかもしれません。

CBDが実際に流行るためには、CBDを知る人、実際に使用する人がともに増えないといけませんが、実は両方とも時間の問題と言える可能性があります。

CBD自体はいろいろなメディアで取り上げられる機会が増えていますし、使用する人の数も少しずつ増える予測が立つため、知名度は十分に高まりやすいでしょう。

そして、知名度が高まればデメリット部分を気にする人が自然と減りますし、利用する人も自然と増えやすくなるため、最終的にはCBDが有名な嗜好品になる状況は十分にありえます。

CBDが日本で、世界で流行る光景はいずれ見ることができるのではないでしょうか?


ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示