ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

植物由来の天然成分100%のCBD美容オイル-SHIRI SILA


肌に直接触れるものにこだわってみませんか。

「SHIRI SILA オーガニックオイル」は、植物由来の天然成分100%でできている美容オイルです。


SHIRI SILA オーガニックオイルには世界で注目されているCBDが配合されています。

CBDは大麻草に含まれる自然由来の成分です。

人間の体内にはエンカンナビノイドシステムという、体の恒常性を保つための機能が備わっています。

睡眠、食欲、体温など、さまざまなことにかかわっています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムをサポートし、イライラを鎮める、睡眠の質を改善するなどの働きが期待されています。

大麻草にはTHCという日本の法律で規制されている成分が含まれていますが、SHIRI SILA オーガニックオイルはTHCを取り除いたTHC0%の成分を使用しています。

第三者機関での成分分析済みです。


CBD以外には、スクワランオイル、ホホバ油、オリーブオイルなどを配合しています。

どれも天然由来、保湿力の高い成分です。

オイルは酸化しやすく、酸化を防ぐためには空気にできるだけ触れないようにして保管をすることが重要です。

SHIRI SILA オーガニックオイルはエアレス容器を採用しており、最後まで清潔に保つことができます。


顔、体、髪など1本で全身に使用できるオイルです。

フェイスケアに使用する場合は、半プッシュから1プッシュが使用目安量です。

洗顔後に化粧水などで肌を整えた後に使用をします。

ボディケアに使用する場合は、肌の状態に合わせて適量を使用します。

ヘアケアに使用する場合は、半プッシュから1プッシュを髪の中ほどから毛先に向かってなじませます。


全身をケアできて1本あると重宝するCBD配合のオイルです。


→SHIRI SILA CBD美容オイル


ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

リラックスとリフレッシュを可能とするCBDボディバーム-gron


マッサージやリラックスしたいときに適した製品が、gron CBDボディバームです。
運動後のケア、肌の乾燥が気にあるとき、気分をリフレッシュさせたいときなどに、このクリームがサポートをします。

グロンは慢性痛に苦しむ人のためのカンナビスチョコレート作りから始まった、オレゴン州に拠点を構えるブランドです。
ヘンプの栽培からCBDプロダクツまでを一貫して行っています。
製品に使用する成分はフェアトレードで、中にはオーガニック成分を使用した製品もあります。

CBDボディーバームは、オーガニックなココアバター、グレープシードオイル、ビーズワックス、エッセンシャルオイル、ヘンプエキスを使用した製品です。
ココアバター、グレープシードオイル、ビーズワックスはどれも保湿力の高い成分です。
特にココアバターは近年注目されている成分で、肌を柔らかくする、保湿をする、などの働きが期待できます。
カカオから得られる油脂でほのかにカカオの香りを感じられます。
エッセンシャルオイルには、ペパーミントとローズマリーを使用しています。
どちらも天然のものです。爽やかな香りが気分のリフレッシュをサポートします。
ヘンプエキスもCBDも大麻草から得られる成分ですが、日本で規制されているTHCは含まれていません。
できる限りオレゴン州で栽培されたヘンプを使用しています。
製品には化学的な成分は一切使用しておらず、グルテンフリー、非遺伝子組み換えの製品です。

清潔な肌に適量をなじませて使用してください。
バームが固い場合は、手のひらで温めると伸びがよくなります。

肌のことを考えた天然成分を組み合わせた、さまざまな肌の不調のケアをサポートするボディバームです。


➡gron CBDボディバーム 内容量28g CBD含有量200mg



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

かさつく肌を優しくケア!CBDボディクリーム-gron


肌がカサカサする、ハリが低下した、こんな悩みがありませんか。
特に秋冬は乾燥しやすい季節です。
今回ご紹介するのは、gron CBDボディクリームです。
保湿力と栄養を含む成分を使用したボディケア製品です。

大麻草には80種類以上のカンナビノイド類が含まれていて、CBDはその一つです。
大麻草から抽出される成分ですが、国内で流通している製品に違法性はなく、WHOは安全性を認めています。
アメリカやヨーロッパなどでは、化粧品や食品などに使用されていて、一般的に流通している成分です。

CBDボディクリームの主な成分は、ローズヒップ、発酵海藻成分、ヘンプエキス・CBDです。
ローズヒップはビタミンCの爆弾といわれている、ビタミンCを豊富に含むバラの果実です。
水分保持力にも優れています。
発酵海藻成分とは、ワカメを発酵させたエキスのことです。
その他、紅藻由来のアスタキサンチンも配合しています。
アスタキサンチンは抗酸化作用の高い成分です。
ややオレンジ色をしているクリームですが、合成香料ではなくアスタキサンチンなど天然の成分による色です。
ヘンプエキスはオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれていて、肌なじみがよい成分です。
CBDも肌になじみやすい特徴があります。
1製品170gあたり、CBD200mgを配合しています。

適量を手に取り、肌になじませて使用をします。
保湿力のある成分を使用しているので、乾燥が気になる部位への使用をおすすめします。
お風呂上りは肌が乾燥しやすくなっているので、お風呂上り後のケアに使用することもおすすめです。

CBDをはじめとした天然成分を使用したボディクリームで、かさつく肌を優しくケアしませんか。


➡gron CBDスキンケア ボディクリーム 180ml CBD200mg



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

たるみを解消する目元のCBDアイクリーム-gron


目の下は顔の中でも皮膚が薄くてデリケートで、乾燥、小ジワ、くすみなどのトラブルが出やすい部位です。
目の下の肌の悩みを抱えている方をサポートするスキンケア化粧品が、gron CBDアイクリームです。

gronはアメリカオレゴン州でヘンプ栽培から製品作りまで一貫して行っている少数精鋭のブランドです。
CBDと相性のよい成分を組み合わせたスキンケア製品をお届けしています。

gron CDBアイクリームに配合しているCBD量は1製品14g中75mgです。
CBDとはCannabidiolの略で、ヘンプに含まれるカンナビノイドの一種です。
皮膚にはカンナビノイドの受容体が存在し、肌なじみがよい特徴があります。
その他にも、目の下の皮膚の悩みに働きかける成分やCBDとの相性がよい成分を配合しています。
目の下の悩みで多いものがたるみです。
たるみがあるだけで実年齢よりも老けてみられてしまいます。
ピーンとハリのある目元に近づくために大切な成分がコラーゲンです。
コラーゲン生成にかかわるペプチドを配合しています。
デリケートな部分なので活性酸素の影響から守ることも、若々しい目元を維持するために大切なことです。
抗酸化物質を配合することで、活性酸素の影響から守っていきます。

gron CBDアイクリームは、普段のスキンケアにプラスして使用できます。
洗顔後、化粧水で肌を整えた後に目の周りになじませます。
皮膚が薄くデリケートな部位なため、力を入れてすり込ませるようにして使用するとシワの原因になるため、優しくなじませてください。

目元は年齢を感じさせすい部位です。CBDアイクリームでケアをして、若々しい目元を維持しませんか。


➡gron CBDスキンケア アイクリーム 30ml CBD75mg



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

泥とCBDの相乗効果!CBDクレイマスク-grön


今回ご紹介する製品は、gron(グルーン) CBDクレイマスクです。
オーガニックな製品で肌をケアしたい、リラックスをしたいという方をサポートする製品です。

gronで使用している原料は無農薬で栽培されたものが中心で、石油系原料は含んでいません。
CBDクレイマスクには、CBD240mg、クレイ、海藻成分、ヘンプエキスなどを配合しています。

CBDはヘンプから抽出されるもので、リラックスをサポートする成分です。
ヘンプの安全性が気になるかもしれませんが、WHOは安全性を認めています。
法律で規制されているのはヘンプに含まれるTHCで、日本で取り扱っている製品にはTHCは含まれていません。
クレイとは泥のことです。
クレイにもいくつか種類がありますが、gronのCBDクレイマスクに配合をしているのは、カオリンと海泥です。
どちらも汚れを吸着する性質があり、ミネラルを含んでいて潤いを与える働きを備えています。
海藻は海のミネラルをたっぷりと吸収して成長をします。
肌を健やかな状態に保てるように導く成分です。
ヘンプエキスには、ビタミン、ミネラル、オメガ3系脂肪酸などが含まれています。
健康食品としてもヘンプは注目されています。
男女ともに使用できるクレイマスクです。

洗顔後に肌全体が隠れるように塗り広げ、そのままの状態で15~20分ほど放置をします。
長時間放置し続けるとクレイが乾いてしまい、肌が乾燥する恐れがあるため、20分以上は放置しないでください。
その後、水またはぬるま湯で洗い流します。
週に1~2回の使用が目安です。

肌の汚れを取り除きながら潤いを与えていき、健やかな肌に導いていくクレイマスクです。
スペシャルケアとして使用してみませんか。


➡gron CBDスキンケア クレイマスク 60ml CBD240mg



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

潤いとツヤを与えるCBDヘアケアクリーム-grön


潤いやツヤのある髪にあこがれている方は少なくありません。
しかし、毎日丁寧にお手入れをしているのに理想の髪には程遠い。
そのような方におすすめが、gron(グルーン) CBDヘアケアクリームです。

グルーンはCBD入りチョコレートを楽しんでもらいたくて設立されたブランドです。
アメリカオレゴン州で夫婦が少数精鋭で営んでいます。
グロンはオレゴン農務省とオレゴン保険局の認定を受けており、オレゴン州の薬局ではグロンのチョコレートを一般的に手に入れることができます。
チョコレートだけでなく、ヘアケア製品やボディケア製品なども取り扱っています。

CBDヘアクリームはシアバターやココアバターといった天然の成分を使用していることが特徴です。
シアバターは、西アフリカから中央アフリカに生育するシアの木の実から得られる油脂です。
やけどや筋肉痛など民間療法として現地では利用されています。
保湿力が高く、肌や髪に潤いを与えます。
ココアバターはカカオから得られる油脂です。
オレイン酸やステアリン酸などを豊富に含んでいて保湿力があります。
カカオのような香りが若干することも特徴です。
その他にもアロエ、ホホバシードオイル、アルガンオイルなどの自然の恵みを使用しています。
そこにヘンプエキスとCBDをブレンドしています。
ヘンプエキスやCBDはなじみやすい特徴があります。

CBDヘアクリームは、一般的なヘアマスクと同じように使用をします。
シャンプー後に軽く水気を切ってから、髪に適量をなじませます。
20分ほど置いたら洗い流します。

天然成分を中心に使用しているCBDヘアクリームです。
しっとり潤いのある髪に近づきたい、そんなかたにおすすめです。


gron CBDヘアクリーム 内容量170g CBD含有量150mg



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDの老化に対する効果とは?


CBDは女性が美容のためなどの目的で使用することも多々あります。
それはやはりCBDに美容と関連の深い効果が存在しているからであり、その効果はかなり魅力的と言えます。
実際、CBDを利用するとアンチエイジング効果が期待でき、それによって肌の老化への対策が可能です。
少しでも若く見られたい人にとって、この部分は非常に重要ですから、美容に関心がある人はCBDの老化に対する効果について詳しく理解しておきましょう。

CBDを利用してアンチエイジングの対策が実行できる

CBDには抗酸化作用が含まれており、このCBDを含んだ製品が実際に化粧水などとして販売されています。
したがって、普段スキンケアをするときにこういったものを使用することで、自然とCBDによるアンチエイジングを行うことができます。
CBDの抗酸化作用というのは、端的に言えば酸化を抑える、食い止める効果であり、それが大きいと言えます。
基本的に私たちの肌は放っておくと勝手に酸化していくものですが、それは肌が老化していく状況と同じです。
だから、CBDの抗酸化作用によって酸化それ自体を抑えることができれば、老化を防止でき、肌が若々しい状態でいられるわけです。
具体的に言えば、CBDは活性酸素という存在を取り除くことが可能となっています。
この活性酸素は、私たちの身体に存在しうるものですが、肌を含めて老化へと導く状況が考えられ、かなり不都合な物質です。
その活性酸素を除去することにより、酸化を防止して、若々しい見た目を作っていくことになります。
活性酸素に関しては、呼吸などで発生しうるものですから、どうしても体内に生まれてしまうものです。
だからこそ、日々CBDを利用して、活性酸素の脅威から身体を守り、酸化を防いで老化を防止する意識が大切と言えます。

CBDの抗酸化作用はあらゆるものの中でかなり優れている方である

CBDにはすでに説明したように抗酸化作用が含まれていますが、これは他のものにも存在しています。
ただ、その効果の程度に関してはそれぞれで差がある状況と言えます。
CBDに存在している抗酸化作用については、他の抗酸化作用を含んだ存在と比較して、その効果が大きいと評価されています。
例えば、ビタミンCやビタミンEといった成分には抗酸化作用が存在していることが美容界では有名ですが、それらと比べてもCBDの抗酸化作用は強いです。
したがって、老化を防止する効果に関してもより期待できる状況と言え、CBDを使うことが賢明な選択になるはずです。
抗酸化作用自体はいろいろなものに含まれているので、CBDじゃないといけないわけではありません。
ただ、その効果の程度に注目し、少しでも期待できるものを選んだ方が、実際に現れる変化が大きくなる可能性が考えられます。
そのため、抗酸化作用に注目している人、肌の老化の防止に関心がある人はCBDを利用する方法が望ましいと言えます。
実際、CBDの化粧水などが販売されているため、日常のスキンケアに導入することはしやすいはずですから。

活性酸素の除去は病気のなりにくさにも影響している

CBDを使うと活性酸素を除去して、肌の老化を少しでもストップさせやすくなります。
ただ、この活性酸素は私たちの肌に関してのみ影響を与えているわけではありません。
というのも、活性酸素の存在は実は病気にも関係しており、特に生活習慣病については身体の酸化が起因して起きることが多いとされています。
したがって、CBDを使って酸化を抑制できれば、それがそのまま生活習慣病の防止にもつながります。
病気にかかりやすくなる状況は、身体の老化という捉え方もできますから、この点も見過ごせない部分です。
若いときには病気にかからなくても、歳をとると病院に通うケースが増えることが多々あります。
だからこそ、病気にかかりやすくなることは身体の衰えと考えることができ、生活習慣病になりやすい状況は確実に老化と表現できます。
生活習慣病をになりづらくなれば、老化を防止できると言え、結果的に健康な状態で生活ができるので、ここもCBDが持つ抗酸化作用のメリットと評価できるでしょう。



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

セレブが注目するCBDフェイスマスク-CBD FX


CBD FX(シービーディーエフエックス)は、ヨーロッパや米国を始め、世界61か国で展開するロサンゼルス発のCBDブランドです。
CBD専門ブランドからフェイスマスクが登場しました。

CBD FX フェイスマスクには、50mgのCBDを配合しています。
乾燥肌・敏感肌に、ニキビが気になる方に、オイリー肌に、リラックスタイムに、弾力が欲しい方になど、5種類のマスクを用意しています。

使用しているCBDはオーガニックヘンプから抽出した高品質なものです。
大麻は花や葉から成分を抽出していますが、CBDはこれとは使用している部位が違い、茎から抽出をしています。
第三者機関で試験を実施し、安心・安全・高品質な製品の製造に努めています。
CBDには抗炎症作用があるといわれています。
肌がヒリヒリする、赤みがある、そんな肌と抗炎症成分との相性がよいです。
5つのマスクには、CBDの他に肌の悩みにあわせた成分が配合されています。
ヒアルロン酸、アロエベラ液汁、ラベンダー油、ゼニアオイエキスなどの成分が、それぞれの肌の悩みに働きかけます。
マスクは1回分が1つの袋に入っていて、清潔に保てるようになっています。1包には22mlの液を使用しています。
また、個包装なので持ち運びに便利です。個包装なら保管中にマスクが乾く心配がありません。

洗顔後に水気を拭き取ってから使用をします。
パッケージからフェイスマスクを取り出して広げ、フィルムをはがします。
目や口の位置をあわせて顔にはり、そのまま10分ほどパックをします。
マスクをはがしたら残った液で軽くパッティングをします。

肌に栄養を与えながら炎症を鎮める働きが期待できるCBDは、お肌のケアとの相性が抜群です。
目的にあわせて選んで肌のケアに役立てられます。


➡CBD fx CBD フェイスマスク CBD含有量1枚あたり50mg/各種5枚セット



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDが含まれた化粧水を使うメリットとその効果


CBDと言えば、口から摂取するような使い方が割と有名であり、そういった製品をイメージしている人も多いでしょう。
確かにそういった摂取の仕方は非常にメジャーになっているものの、それ以外の摂取の仕方も実はあります。
その1つが局所的摂取というもので、これは特定の部位だけにCBDの効果をもたらすことを狙うときに使用されます。
経口摂取に関しては、口の中からCBDの成分が吸収されるので、身体全体に効果をもたらすことが可能です。
しかし、その一方で効果が出るまでに時間がかかるなどのデメリットがありましたから、その点が気になる人は局所的摂取を目指してみると良いです。

CBDを局所的摂取により吸収することのメリット

CBDを口からではなく、特定の部位からのみ摂取しようとすると、その部位だけに効果が出ます。
そして、効果が出る範囲が限定されていることで、実際に効果を実感するまでにかかる時間は短く感じられる場合があります。
個人差はありますけど、経口摂取と比較したときに、短く感じられる可能性は十分にあるでしょう。
また、経口摂取ではない以上、口に含めなくていいので、CBD独特の味が苦手な人にとっては使いやすさを実感できるはずです。
したがって、全身に対して効果を期待するわけではなく、特定の部位のみに効果が現れればそれでいいと思っている人はこういった方法を使うと良いです。
そして、このCBDを局所的に摂取するための製品としてはいくつかのタイプが存在しています。
その中の1つに化粧水があり、CBDの成分を含んだ化粧水を使うことが現実的に可能です。
CBDを含んだ化粧水はいろいろなメーカーが製品を作っているため、その中からまた個別のものを選ばないといけませんが。
ただ、化粧水ならば使い方に戸惑う必要もないはずですから、そこはCBDの化粧水を選ぶことのメリットになるでしょう。

CBD化粧水ならばいつものスキンケアのまま使用できる

化粧水タイプのCBD製品を使うときには、普段のスキンケアとして使用することができます。
化粧水は普段から使っている人も多いはずなので、いつもと同じように使用すれば大丈夫です。
だから、普段使っている化粧水をCBDを含んだ化粧水に変えるだけでOKとなり、誰でも簡単にいつもの生活の中に取り入れることができるでしょう。
洗顔後などのタイミングで使っていくことが望ましく、手またはコットンで肌に浸透させていけば良いです。
使い方に関して、1から学ぶ必要がない部分は化粧水からCBDを摂取することの大きな魅力と言えます。
例えば、CBDオイルに関しては経口摂取する際には、そのやり方を間違える人が実際にいます。
CBDオイルは化粧水と同様に、肌から摂取することも可能ではありますけど、経口摂取する場合には舌に一定時間乗せたうえで飲み込まないといけません。
そういった部分で慣れないと、摂取の仕方を間違える人もいるため、やはり化粧水に関しては多くの人たちにとって便利なアイテムと評価できます。
ただ、実際にCBDが含まれた化粧水を使用することで、どんな効果が現れるのか?も重要です。
CBD化粧水を使ったときに、自分が望んでいる効果がちゃんと現れるか?に関してはしっかりと確認しておかないといけません。

CBD化粧水を使った場合に肌に現れる効果の例

CBD化粧水は美容に対しての効果が期待できるため、綺麗な肌を作るためにいろいろな効果が生み出されます。
例えば、肌荒れが改善する作用はその1つで、ニキビなどができていればそれが治りやすくなります。
CBDには抗炎症作用がありますから、それが肌に起きた炎症、つまりニキビなどに効くとされています。
あとはアンチエイジング効果も期待でき、例えば肌のハリや艶などに対する効果が挙げられます。
CBDには抗酸化作用があると言えるので、それだけ肌の老化を防止することができ、年齢を重ねても若い肌を維持することが可能です。
実年齢と比べても若く見られやすい傾向にあると言えるでしょう。
こういったところがCBD化粧水を肌に浸透させた場合の美容効果ですが、どれも魅力的に見えるのではないでしょうか?
これらの効果に共感できる人は、実際にCBD化粧水を使用してみることをおすすめします。

▼CBD入りの化粧水のメリットとは

ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDとMCTオイルで最強ニキビ改善!


美容、ダイエット、便秘予防など女性にうれしい効果が期待できるMCTオイル
しかし、油を摂るとニキビが増えるのではないかと気になりませんか。
はたして、MCTオイルでニキビが悪化してしまうのでしょうか。

ニキビの原因

毛穴に皮脂がたまることでニキビができます。
毛穴に皮脂がたまってしまう原因は、過剰な皮脂分泌、肌の乾燥、ターンオーバーの乱れなどです。
思春期はニキビができやすい年ごろですが、思春期になると性ホルモンの分泌が活発になり、その影響で皮脂分泌が促されます。
思春期を過ぎてもストレスや不規則な生活の影響で性ホルモンのバランスが崩れてしまい、皮脂分泌が活発になってニキビができることがあります。
ニキビは脂性肌の人ができるものというイメージがあり、乾燥肌でもニキビができるのは意外ではないでしょうか。
肌が乾燥していると、角質が肥厚して毛穴がつまりやすくなります。
毛穴の出口がふさがれてしまい、わずかな皮脂分泌でも毛穴がつまってニキビができるのです。
皮膚は古い細胞が剥がれて新しい細胞が生まれる新陳代謝を繰り返しています。
これをターンオーバーといいます。
肌が乾燥していたり年齢を重ねたりすると、ターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質が蓄積をして毛穴がつまりやすい状態になります。

MCTオイルの皮膚への働き

肌細胞は細胞膜に包まれています。
細胞膜は通常脂質二重層と呼ばれる構造をつくっています。
脂質二重層の主な構成成分はリン脂質です。
つまり、脂質が必要なのです。
脂質の摂取量が少ないと肌が乾燥してしまいます。
乾燥肌はニキビの原因です。
化粧水やクリームをつけても肌が乾燥することがありませんか。
その場合、脂質の摂取不足が考えられます。
ダイエットをしている女性は脂質を避ける傾向があり、肌に潤いを与えるだけの脂質を摂れていないのかもしれません。
潤いのある肌に近づくためにはスキンケアだけでなく、体によい油を摂って体の内側から潤いケアをすることも大切です。
肌のために摂りたい油の一つがオメガ3系脂肪酸です。
オメガ3系脂肪酸は炎症を抑える働きや肌に潤いを与える働きがあります。
MCTオイルは中鎖脂肪酸100%で主にエネルギー供給に使われます。
オメガ3系脂肪酸のような働きはありませんが、脂質の供給が少なくなってしまうと、オメガ3系脂肪酸が肌に使われずエネルギーとして優先的に使われる可能性があります。
エネルギーをしっかり摂りつつ、肌によい脂質を適度に摂ることが美肌に使づくために大切なことです。

オイルの摂りすぎでニキビに

脂質は肌の乾燥を防ぐために重要ですが、摂りすぎると皮脂分泌量が増えてニキビができてしまう可能性があります。
MCTオイルは体によいといわれていますが、体によいものであっても摂りすぎれば体の負担になり、ニキビを悪化させてしまう心配があるのです。
現代の日本人の食事は、揚げ物、ファストフード、スナック菓子など油を使ったものが多く、普段の食事を変えずにMCTオイルをプラスすると脂質の摂りすぎになります。
MCTオイルを摂取することが悪いのではなく、食事全体の脂質のバランスが問題です。
これまでの食事を変えずにMCTオイルをプラスするのではなく、これまで使っていた油をMCTオイルに変えれば脂質の摂りすぎを防ぐことができます。
たとえば、これまでサラダにオイル入りドレッシングを使っていたなら、それをMCTオイルに変えてみましょう。
オイルだけでは物足りないようなら、塩や酢を加えて自分でドレッシングを作ることもできます。
MCTオイルは加熱調理には向かず、加熱調理に使うと煙が出たり泡立ちが起こったりして危険です。
サラダにかけるなど生で摂取しましょう。
ケーキへの練り込みや炊飯には使用できるので、こういったことに油を使っていたなら、それをMCTオイルに変えることで脂質の摂りすぎを防ぎながらMCTオイルを摂取できます。
脂肪分の代謝にはビタミンB群が必要で、ビタミンB群不足でも皮脂分泌量が増えてしまいます。
脂質を適度に摂って肌の乾燥を防ぎながら、過剰な皮脂分泌を防ぐためにビタミンB群もきちんと摂り、ニキビを防いできましょう。

ニキビに効果的なCBDと共に

CBD自体もニキビに対して効果的とされていますので、まさにCBDオイルの基材としてMCTオイルを使用している製品を選べば、ニキビに作用する事は言うまでもありません。
是非、正しい製品知識と共に最適な製品をお選びください。



ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

肌から吸収するCBDフェイスマスク-smile CBD

今回は、肌に効果的なCBD「smile CBDフェイスマスク」のご紹介です。

CBDの効果は体内に吸収するだけでなく、肌を通してもその効果が発揮されるとして、日々研究が続けられています。
CBDがたっぷりと含まれる「smile CBD FACE MASK」は、肌の潤いと心身のリラクゼーションを一緒に感じられる商品として評判を呼んでいます。

マスクに含まれるCBDは、クリーンは環境設備を使用し、農薬などの残留物質などが含まれないよう厳重な品質管理のもとに製造された高品質なCBDを使用しています。
1枚につき10㎎のCBDリキッドが使用されており、CBD成分の浸透による直接的美肌効果が期待されるとともに、リキッドが神経の疲れやイライラを沈め、深い睡眠作用をもたらしてくれるため、
体調のバランスが整えられ、肌の調子とCBD効果を持続させてくれると言われています。

こちらのご使用方法ですが、まずは洗顔し、化粧水で肌を整えてください。
次に袋からマスクを取り出し、目と口の位置にマスクを合わせてから肌にしっかりと密着させてください。
(顔にフィットしやすいように上下に分かれたシートになっています)
30分程度そのままの状態でお待ちください。
マスクをはがして、顔に残ったCBDエッセンスを手のひらで顔全体に優しく馴染ませてください。
週2~3回の頻度でご使用いただくことによってその効果が最良に発揮されますが、特別なケアとして週一回程度のご使用でもその効果は充分に得られると言われています。
乾燥や日焼けなど、ご自身の状態に合わせた頻度でご使用ください。

肌から吸収するsmile CBD FACE MASKは、ストレスなどによる肌トラブルに効果的だと多くの女性から支持されている画期的な商品です。
まだCBDを飲んだり吸ったりする事に抵抗がある方は、こちらの商品から試してみるのも良いかもしれません。

ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

美容面で注目!CBDでスキンケア


肌を美しく整えるために毎日スキンケアを欠かさず行っている方は少なくありません。しかし、そのスキンケアで理想の肌に近づくことができたでしょうか。
美容面で注目を集めている成分がCBDです。
ここでは、CBD配合の化粧品やスキンケア方法について紹介をします。

スキンケアで大切なこと

肌を美しく保つために大切なことが、ターンオーバーを整えることです。
肌は常に生まれ変わっていて、これを肌のターンオーバーといいます。新しい細胞ができて古い細胞が垢として排泄されていきます。
ターンオーバーが滞ってしまうと、肌表面には古い角質が蓄積をして、毛穴のつまり、ニキビ、くすみ、乾燥、シワなどさまざまな肌悩みの原因になります。また、古い角質は固くゴワゴワしているため、肌がざらついてメイクのノリが悪くもなります。
ターンオーバーを整えるためにやりたいことが保湿ケアです。
脂性肌の方はさっぱり系の化粧品を選ぶ傾向がありますが、脂性肌も保湿ケアをすることがおすすめです。過剰に皮脂が分泌されるのは、肌の水分と油分のバランスが崩れているからです。潤いが足りないため、皮脂を多く分泌させて不足する潤いを補おうとしているのです。保湿ケアをして水分と油分のバランスが整うことで、皮脂の分泌バランスも整ってきます。

CBDに期待できる働き

20代のころは約28日周期だったターンオーバーは、40代になると約45日ほどかかるようになります。皮膚の再生が遅くなるほど古い角質はたまりやすくなり、たまった角質は乾燥肌、毛穴のつまり、ニキビ、シワなどさまざまな肌悩みを引き起こします。
肌を美しく保つポイントは、ターンオーバーを整えることです。CBDは皮膚の再生を促進する働きが報告されています。
CBDを配合した化粧品はオイルやクリームが一般的で、これらには保湿作用があります。保湿をすることでもターンオーバーが整うことが期待できます。
その他にも炎症を鎮める働きも期待できます。
肌にはバリア機能が備わっていて、紫外線・花粉・大気汚染・ホコリなどの外部刺激から守ってくれています。ところが、バリア機能が低下した肌では外部刺激に敏感になっており、肌内部では炎症が起こっています。炎症の刺激はメラニンの生成を促してシミを作ってしまいます。また、バリア機能の低下によって紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線によるメラニンの生成も促されてしまいます。そして、外部の刺激によってかゆみやヒリヒリなどの肌トラブルが出ることもあります。炎症を鎮める作用は、こういった肌の悩みに働きかけてくれることが期待できます。

CBDは安全なの?

CBDはオイルやクリームなどを肌に直接塗って使用することができます。直接つけるものなので、肌への影響が気になりますが、CBDは安全なのでしょうか。
CBDは麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。麻というとマリファナなど違法薬物を連想する方もいることでしょう。
マリファナにはTHCという成分が多く含まれています。THCは精神への作用が強く、幻覚や幻聴などを引き起こすことがあります。一方、CBDは精神への働きがあまりないのでTHCのような強い作用はありません。
成分を抽出するために用いる麻は薬物とは違います。麻にはいくつか種類があり、CBDは規制対象外の麻の種子や茎から抽出されています。
CBDオイルは、アルガンオイルやヘンプオイルなどの基材となるオイルにCBDを混ぜたものです。これらのオイルは化粧品にも配合されていて安全なものです。
CBDクリームは、美容成分やアルガンオイル、シアバターなどにCBDを混ぜたものです。これらも一般的な化粧品に配合されている成分で安全なものです。

CBDを使ったスキンケア方法

肌に使いやすいのはCBDクリームです。日本で販売されているCBD配合化粧品は、クリームが多くあります。化粧水や美容液などでCBD配合のものはあまりないようなので、化粧水や美容液などは普段使っているものを使用するとよいでしょう。
洗顔後、化粧水、美容液、クリームの順番でスキンケアをします。
化粧水は顔全体に優しくパッティングをします。美容液は肌の悩みに特化した美容成分を配合しているので、肌悩みにあわせて選びましょう。最後にCBD配合のクリームを乾燥が気になるところを中心に塗ります。

▼CBDのスキンケアは美容面で有効である

ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDはニキビに効果的?製品の選び方や使い方


繰り返すニキビはやっかいです。やっと治ったと思ってもまたできてしまい、落ち込んでしまうことがありませんか。ニキビができていてマスクを手放せないという方もいることでしょう。
ニキビの悩みにおすすめがCBDです。
では、CBDとはどのようなものなのでしょうか。CBDとニキビの関係も紹介します。

ニキビができる原因

ニキビのできる原因には、毛穴のつまりとアクネ菌が関係しています。
ホルモンバランスの乱れ、古い角質の蓄積、過剰な皮脂分泌によって、毛穴に皮脂がたまってしまうと、白いニキビや黒いニキビができます。
人間の皮膚にはアクネ菌が棲みついていて、普段は悪さをせずにおとなしくしています。しかし、毛穴に皮脂がたまると悪さをし始めます。ニキビができはじめた毛穴の中は、アクネ菌によって好条件です。好物の油分が豊富で繁殖しやすい状態になっています。毛穴の中でアクネ菌がどんどんと増殖をしていくと、炎症が悪化をして赤いニキビができます。赤ニキビを放置していると膿がたまった黄色ニキビになり、さらに放置をしていると紫ニキビになります。

皮脂が毛穴にたまる原因

女性ホルモンの分泌には周期性があります。生理も女性ホルモンのバランスによって起こるものです。排卵期は肌の調子がよい、生理中は肌の調子が悪くニキビができやすいと感じたことがありませんか。これも女性ホルモンのバランスが関係しています。
女性ホルモンの分泌はストレスの影響を受けてバランスが崩れてしまうことがあります。バランスが崩れることで皮脂分泌が過剰になり、毛穴がつまりやすくなります。
食事バランスもニキビと関係をしています。油っぽいものばかり食べていると皮脂分泌量が増加をします。皮脂分泌を抑制する働きのあるビタミンB群などの栄養素の不足も、過剰な皮脂分泌を招き毛穴をつまらせます。
乾燥肌の方はニキビと無縁のような気がしますが、乾燥肌でもニキビはできます。肌が乾燥しすぎていると、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積をします。たまった角質によって毛穴の出口が細くなり、わずかな皮脂でも毛穴がつまりやすくなります。

CBDとは

CBD(カンナビジオール)は少なくとも113種類あるといわれる麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。
CBDはさまざまな疾患で研究がされており、偏頭痛、不安、皮膚炎、うつ、高血圧、食欲不振などの報告がされています。
炎症を抑える働きがニキビの炎症に働きかけてくれることが期待できそうです。リラックス作用により睡眠の質を改善してくれることも期待できます。しっかり眠ると肌の再生が促されます。
ニキビに対しては、CBDを配合した化粧品を肌に塗ったり、CBDのサプリメントで摂取したりする使い方があります。
CBDを配合した化粧品はクリームやバームが販売されています。サプリメントはリキッドやカプセルのものがあります。日本で販売されているものは輸入品が多いようです。
麻にはTHCという精神への作用がある成分が含まれていますが、CBDはTHCを多く含まない麻から抽出されています。日本で販売されている製品には、規制対象外の麻の種子や茎から抽出したCBDが使われています。

CBDクリームの選び方・使い方

ニキビの原因となるアクネ菌は油分が好物です。そのため、油分を多く肌につけてしまうとニキビが悪化をすることがあります。
日本で販売されているCBD配合化粧品は、クリームやバームなど油分を配合したものが中心です。油分がニキビを悪化させてしまうことがあるので、どんな油分を使用しているのか確認をしましょう。ノンコメドジェニックテスト済みの製品だと、ニキビができにくいことが確かめられています。
クリームやバームにはCBD以外の成分も配合されています。アクネ菌の増殖を抑える殺菌成分、過剰な皮脂分泌を抑える成分などが配合されているものを選ぶとよいでしょう。
使い方は普段のスキンケアと同じです。
クリームやバームはスキンケアの最後に使用をします。化粧水の前に使ってしまうと、油分によって化粧水の水分が弾かれてしまいます。また、油分には保湿力があり、与えた潤いを守ってくれます。
製品によって適量が違うので、使用前に製品の説明をよく読みましょう。塗りすぎると毛穴つまりの原因となるので、肌の調子を見ながら適量を使うようにします。

▼YouTubeでもニキビについて解説しています

ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDクリームとは?働きや選び方を紹介


CBDとは、アメリカやヨーロッパで話題になっている成分で、緊張緩和、不眠、皮膚の再生などの働きが期待されています。
海外では健康食品や化粧品として販売されています。日本でも少しずつCBD製品が輸入されるようになり、CBD配合のCBDオイルやCBDクリームを手に入れられるようになりました。
ここでは、CBDクリームの特徴や使い方を紹介します。

CBDクリームとは

CBDクリームとは、基材となるクリームにCBDを配合したものです。基材となるクリームは、シアバター、ココアバター、ミツロウなどさまざまなものが使用されています。
CBD(カンナビジオール)とは、113種ほどある麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。
麻というと薬物を連想するかもしれませんが、CBDには薬物を摂取したときのような精神作用はありません。
精神に影響を与える成分の一つが、麻に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。日本で販売されているCBD製品は、規制されていない麻の種と茎から成分を抽出しています。
アメリカやカナダではCBDを使用した医薬品が商品されており、ドラべ症候群や多発性硬化症に伴う疼痛の緩和などに使用されています。
また、いくつか研究がされており、うつの緩和、高血圧、リラックス、皮膚の再生、食欲不振などへの働きが期待されています。

CBDクリームの働き

CBDクリームには皮膚の再生を促す働きが期待されています。皮膚が新しく生まれ変わることで、キメが整った肌へと近づいていきます。
キメが整った肌は、明るく透明感が生まれ、化粧ノリがよくなってきます。キメを整えるためには保湿ケアをすることも大切です。クリームには保湿作用があるので、CBDクリームはCBDの効能に加え、クリームの働きも期待できます。
CBDは抗炎症作用が報告されています。
肌にはバリア機能があり、紫外線や花粉など外部の刺激から守ってくれています。バリア機能が低下をすると肌内部に刺激が入り込んでしまい炎症を引き起こします。
炎症は肌荒れの原因です。肌を鎮めることで健やかな状態に近づいていきます。

CBDクリームの選び方

日本で販売されているCBDクリームは、規制対象外の麻の種や茎から成分を抽出していますが、まれにそうでないCBDクリームが輸入されていることがあるので注意が必要です。
必ず成分を読むようにして、信頼できる販売店から購入をするようにします。
CBDクリームの基材として使われる成分はシアバターやミツロウなどさまざまあります。使用される基材にはそれぞれ特徴があるので、肌の状態に合わせて選んでみてください。
シアバターは肌へのなじみがよく、保湿力のある成分です。ココアバターは高い保湿力があります。
ミツロウはミツバチが集めた成分で、ヨーロッパでは皮膚の炎症に効果があるとして民間療法で使われてきました。
アルガンオイルはオレイン酸とビタミンEを豊富に含むオイルです。アルガンの実からわずか1~2%ほどしか抽出できない希少なものです。
この他にもCBDクリームによってさまざまな成分を使用しています。
肌に塗るものなので、無添加なCBDクリームであることが望ましいです。香料、着色料、アルコール、パラベンなどは肌への刺激が心配されるので、肌が弱い方は気をつけましょう。

CBDクリームの使い方

・顔に使う場合
洗顔後、化粧水や美容液などで肌を整えた後に使用をします。CBDクリームは油分を多く含んでおり、洗顔後すぐ、化粧水の前に使ってしまうと、油分によって化粧水の水分が弾かれてしまいます。また、油分には与えた潤いを守る働きがあります。そのため、スキンケアの最後にCBDクリームを使用します。
適量を手に取り出し、気になる部分を中心に顔に塗ります。CBDクリームが固い場合は、手のひらで温めた柔らかくしてから顔に塗ります。

・体に使う場合
適量を手に取り出し、気になる部分に塗ります。固い場合は手のひらで温めると柔らかくなって塗りやすいです。

どの部位に使う時であっても、容器内のCBDクリームを清潔に保つためにスパチュラを使ってクリームを取ることが望ましいです。
使用前にはパッチテストを行いましょう。目立たない部位に少量を塗り、24時間後の肌の状態を確認します。赤み、かゆみ、腫れなどが出た場合は使用を中止してください。

▼動画でCBDクリームを解説

ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイルのエステサロンでの使われ方


アメリカでは美容や健康面で注目されるCBD。日本でもエステサロンで使用されたり、化粧品に配合されるなどして注目されています。
日本ではまだあまり広くは知られていないCBDですが、CBDオイルを使った施術を取り入れるサロンは増えてきているようです。
では、エステサロンでCBDオイルを使った施術を受けることで、どのような変化が期待できるのでしょうか。

CBDとは

CBDとは、カンナビジオールとも呼ばれる麻から得られる成分のことです。
大麻に含まれる成分にテトラヒドロカンナビノール(THC)があります。大麻を吸ってハイになるのは、この成分が脳や神経に影響を与えるからです。
CBDは向精神作用はなく、薬物のようにハイになることはありません。
「麻」と呼んでいますが、麻には産業用ヘンプ(ヘンプとは麻のこと)と大麻草があります。
違法薬物のマリファナは大麻草から作られたものです。
産業用ヘンプのTHC含有率は03%以下、大麻草のTHC含有率は20%以上です。
日本では薬物規制でない麻の茎や葉からCBDを抽出しています。
CBDは、抗炎症作用、鎮痛作用、制吐作用、抗不安作用など、さまざまな研究がされています。

エステでの使われ方

美容や健康への働きかけを期待して、エステでもCBDオイルを取り入れていることが増えてきました。
エステでは主にCBDオイルを使用します。
基材にするCBDオイルはエステサロンによって違いますが、アーモンドオイル、ホホバオイル、オリーブオイルなどのオイルにCBDを配合し、それをマッサージに使用します。
CBDオイルを使ってマッサージをすることで手の滑りがよくなり、摩擦による肌への負担が軽減します。
また、滑りがよくなるので施術者は施術を行いやすくなります。
肌へのなじみがよいCBDオイルを使用しているならべたつくことはありません。肌に浸透をして肌を内側から整えてくれることが期待できます。
ヘッドスパに用いれているエステサロンもあります。頭にCBDオイルを使うと髪も頭皮もべたつきそうですが、なじみがよいCBDオイルを使用しているためべたつきは気になりません。

肌への働き

マッサージには血行をよくする働きがあります。
血液の流れがよくなることで体のすみずみに酸素や栄養素が行きわたりやすくなり、それによって肌の新陳代謝が整います。
肌の新陳代謝が整うことでキメが整った潤いのある肌に近づくことが期待できます。
CBDにはリラックス作用があるといわれています。リラックスすることも肌によい影響を与えます。
ストレスを感じるようなことが続くと肌荒れを起こすという経験を持つ方はいることでしょう。
ストレスによって血行が悪くなる、活性酸素が発生する、肌の新陳代謝が乱れるなどして、肌荒れを引き起こしてしまうのです。
マッサージ自体にリラックス作用があり、マッサージにCBDオイルを使えばCBD自体のリラックス作用も同時に得られることでしょう。
また、エステサロンではオイルに精油も配合することがあり、精油の香りによるリラックス作用も得ることができます。
リラックスをすると血流が促されます。それによって体の隅々に酸素と栄養素が行きわたり、肌代謝が整うことが期待できます。

頭皮や髪への働き

緊張していたり血流が悪かったりすると頭皮はガチガチに固くなります。
頭皮は髪を育てる土壌で、頭皮が固くなってしまうと毛根への血流が悪くなり、十分な酸素と栄養素を受け取ることができず、髪の成長に影響を与えます。
ヘッドスパには頭皮のリラックス作用が期待できます。
優しくマッサージをすることで、固くなった頭皮をほぐしていきます。
CBDオイルをヘッドスパに使えば、マッサージとCBDの相乗作用が期待できることでしょう。
髪にCBDオイルが付着するとべたつきそうですが、CBD配合でないヘアオイルが販売されているように、オイルには髪にツヤを与えたり保護する働きがあります。
CBDオイルにも、オイルそのものによるこのような働きがあります。
エステサロンによっては頭皮だけでなく肩やデコルテまでマッサージをしてくれて、血行が促されることによる肩こり解消に役立ちます。
パソコン作業を長時間している方などは、肩が楽になることでしょう。


▼おすすめCBDオイル
女性の為のフルスペクトラムCBDオイル1500 5ml CBD1500mg

▼上記解説記事
女性の為のフルスペクトラムCBDオイル-HareBare

▼YouTubeでも解説しています

ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDに期待できる美容効果


CBDとはカンナビジオールの略です。カンナビジオールは麻に含まれる化学物質の一つです。
麻というと薬物の大麻を連想するかもしれませんが、CBDは薬物規制に関する国際条約による規制はありません。日本では健康食品や化粧品として扱われています。
そんなCBDですが、美容効果が期待されています。

CBDとは

麻にはCBDの他に、テトラヒドロカンナビノール(THC)などの物質も含まれています。
THCは精神作用性が非常に高く、脳内にあるCB1レセプターに高い親和性があります。
レセプターに作用をすることで、精神かく乱、幻聴、幻視などを引き起こす恐れがあり、日本では禁止されています。
一方、CBDはTHCに比べてCB1レセプターへの親和性が低く、精神や神経への作用はそれほど強くないといわれています。
日本では規制対象でない麻の種子や茎からCBDを抽出しています。

皮膚の再生

CBD製品はオイルやクリームに混ぜたものが販売されています。CBDで皮膚の再生が促進することが報告されています。
人間の皮膚は常に生まれ変わりをしていて、これを肌のターンオーバーといいます。ターンオーバーが順調に行われることで、
新しい細胞が生まれて古い細胞は垢として排泄されます。この繰り返しによって乾燥しにくく、キメの整った肌が保たれています。
ところが、年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなってきます。
皮膚のターンオーバーは20代だと約28日周期、30代や40代になると約45日周期になります。年齢を重ねるほどにターンオーバーが遅くなっていくのです。
ターンオーバーが遅くなると、皮膚表面には古い角質が蓄積をします。たまった角質によって肌がくすむ、乾燥する、ごわつくなどの肌悩みがでてきます。
肌で作られたメラニン色素はターンーバーの過程で排泄されます。ターンオーバーが遅くなるということは、メラニン色素が排泄されにくくなるということです。
つまり、シミもできやすくなります。
また、ターンオーバーが遅くなることで肌のバリア機能が低下をします。
肌のバリア機能には、紫外線・花粉・大気汚染などの外部刺激から守る役割や、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割があります。
この機能が低下をすることで外部刺激の影響を受けやすくなり、肌内部の水分が逃げて乾燥しやすくなります。肌荒れを起こしやすい状態なのです。

ターンオーバーを整えることがポイント

潤いがあり、キメが整った、透明感のある肌に近づくためには、肌のターンオーバーを整えることがポイントです。
ターンオーバーが整うことで古い角質はたまりにくくなり、古い角質によるくすみ、乾燥、ごわつきなどの改善が期待できます。
また、肌のバリア機能が整ってきて外部刺激に負けない肌に近づくことも期待できます。
CBDは皮膚の再生を促すことが報告されており、ターンオーバーを整えるサポートをしてくれると考えられます。
CBD製品はオイルに混ぜたCBDオイル、クリームに混ぜたCBDクリームなど、皮膚に塗れるタイプが販売されています。
普段のスキンケアに取り入れることで美容効果が期待できます。
化粧品の使い方ですが、CBDオイルもCBDクリームも化粧水をつけた後に使います。
油は水と混ざりにくいため、油分を含むCBDオイルやCBDクリームを化粧水の前につけてしまうと、化粧水の浸透が妨げられてしまうためです。
肌の生まれ変わりには時間がかかるので、最低でも1か月は使い続けてみるとよいでしょう。

ストレスの緩和

ストレスも肌荒れを起こす原因です。ストレスによって活性酸素が発生をして肌細胞を傷つけてしまったり、ストレスによって自律神経が乱れてターンオーバーを乱したりしてしまいます。
毎日のスキンケアを丁寧に行うことも大切ですが、肌荒れを防ぐためにはストレス対策をすることも大切です。
そうはいっても、仕事、人間関係、家族など、生きているとさまざまなストレスがあります。ストレスゼロの生活を送ることは難しいです。
CBDはストレスを緩和する働きも期待されています。
化粧品を使って外側からケアをするだけでなく、ストレス緩和も同時に行うことで、より美容効果が高まることでしょう。


▼おすすめCBDオイル
女性の為のフルスペクトラムCBDオイル1500 5ml CBD1500mg

▼上記解説記事
女性の為のフルスペクトラムCBDオイル-HareBare

本記事に関しては、YouTubeでも解説しています


ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 美容 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示