ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月8日日曜日

CBDクリームが人気の秘密


健康面だけでなく美容面でも注目を集めているCBD。

CBDクリームが日本でも手に入れられるようになり、今後人気が高まっていきそうです。

そもそもどうして、CBDクリームに人気があるのでしょうか。

人気の秘密やCBDクリームの選び方を紹介します。


CBDクリームとは

CBDはカンナビジオールの略で、大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

医療や科学の分野で研究が進められており、これまで多数の論文が発表されています。

大麻草というとマリファナを思い浮かべるかもしれませんが、マリファナの主成分となっているのはTHCです。

THCは向精神作用があり、日本の法律では規制されています。

一方、CBDは向精神作用はなく、日本の法律では規制されていない成分です。

THCは大麻草の花穂や葉などに多く含まれていますが、日本の法律では大麻草の花穂や葉を規制しているため、CBDは大麻草の成熟した種子や茎から抽出をしています。

大麻草から抽出した成分からTHCを取り除き、製品に加工されています。

製品は第三者機関によって検査されていることが多く、THC含有量が0.0%であることを確かめています。

このようなCBDを配合しているクリームがCBDクリームです。

CBDクリームは植物性原料を主に使用しており、ホホバオイル、シアバター、ヘンプオイルなどの植物性油脂がベースになっています。


CBDクリームが人気の秘密

乾燥を防ぐ

CBDクリームは保湿力が高いホホバオイルやシアバターなどの油脂を配合しているため、乾燥を防ぐ働きが期待できます。

肌が乾燥をすると外部刺激から守っているバリア機能が低下をします。

バリア機能の低下によって紫外線や花粉などの外部刺激の影響を受けやすくなってしまい、肌トラブルの原因になります。

バリア機能の低下により肌内部の水分が逃げやすい状態になっているので、ますます肌が乾燥してしまいます。

そして、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が滞り、くすみの原因にもなります。

乾燥を防ぐことはキメが整った明るい肌に近づくために大切なことです。


無添加で作られている

CBDクリームの多くは、パラベン、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤など肌への刺激が心配される成分が使われていません。

肌が弱い人は、化粧品に配合されている成分に気を使っていると思います。

肌にあうものがなかなか見つからず、悩んでいる人もいることでしょう。

CBDクリームは無添加のものが多いので、肌が弱い方にも優しい製品だといえそうです。


CBDの働きが期待できる

CBDはカンナビノイドの受容体に働きかけ、エンカンナビノイドの働きをサポートするといわれています。

受容体は体内だけでなく皮膚にも存在しており、皮膚にCBDを塗ることでもCBDの働きが期待できます。

皮膚の再生を促進するという報告もあります。


CBDクリームの選び方

さまざまなメーカーからCBDクリームが発売されており、CBDの人気が窺えます。

さまざまな製品があると、どれを選んだらいいのか迷ってしまうことでしょう。

CBDクリームを選ぶときには、いくつかポイントがあります。


目的にあわせて選ぶ

CBDクリームといっても、運動後のケア用、香りを楽しめるもの、保湿が目的のものなど、さまざまなタイプがあります。

運動後の皮膚や筋肉のケアに使うなら、鎮静作用のある成分を配合しているものを選ぶとよいでしょう。

香りを楽しみたいなら、天然精油を配合しているものがおすすめです。

保湿が目的なら、ホホバオイルやシアバターなど保湿力が高い成分を配合しているものを選びましょう。


内容量

たっぷりとした内容量だと全身に使いやすいです。

内容量が少ないものは、リップ、ハンドクリームなど部分的に使うことに適しています。

また、内容量が小さいものは持ち運びがしやすく、外出先で使いたいときに適しています。


配合している成分

アルコール、パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤などの配合の有無を確かめましょう。

特に肌が弱い方はこういった成分に対して肌が敏感に反応してしまうことがあるので、成分をよく確かめて購入するようにしてください。


ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月25日日曜日

CBDの選び方において重視すべき3つのポイント


CBDを利用するにあたっては、実際に商品を購入する必要があります。

ただ、CBDに関しての知識が十分でない場合には、どれを選べばいいのか?で悩む可能性が生じます。

CBDを使いたいと思っているならば、CBDの選び方の部分で実は必要な知識を持っておかないといけません。

だから、CBDの選び方において、どういった部分に注目をして選んでいくべきか?そこをまず理解しておきましょう。

いくつかのポイントを知っておけば、CBDを選ぶ際に手間を要する必要がなくなるはずですから。

実際のCBDの選び方においては重要と言える部分を頭に入れて、そのうえで製品ごとに細かくチェックして、最終的に決定をすればいいでしょう。


CBDの摂取の仕方における選び方

CBDはそれぞれごとに摂取の仕方が異なっており、いろいろな方法に分かれている現状があります。

例えば、メジャーなのは経口摂取であり、口に入れて使用するケースが多いです。

しかし、それ以外でもCBDを摂取する方法は存在していて、肌に塗るとか、蒸気にして吸うなどのケースがありえます。

実際に自分がCBDを使うにあたって、どういう方法をとりたいか?ここをまず考えておく必要があるでしょう。

望ましい方法がどれか?に関しては、各自で使いやすさなどの好みが存在しているはずですし、さらに言えば自分が欲している効果によって効率的にそれを実現できるものが決まります。

利便性や効果の面を調べたうえで、自分がどの摂取の仕方を選んだらいいか?まず考えておいてほしいです。

それが決まれば、その摂取の仕方が可能な具体的なCBD製品を探していきましょう。

CBDオイル、CBDリキッド、CBDクリームなどの中で、自分が選んだ摂取の方法に対応可能な製品を購入すると良いです。


CBDの価格は非常に重要なポイント

CBDを使っていく人の場合、何らかの効果を出したいと考えている人が多いはずです。

ということは、CBDを使っていく期間は長期にわたる可能性が非常に高いでしょう。

CBDを長く利用していくときには、結果的に何個も買い足していく状況が考えられ、それだけ費用がかさんでしまいます。

そうであれば、単価という面は非常に重要と評価できるのではないでしょうか?

お金がかかるものである以上、費用が多くかかってしまう状況は望ましくないと考える人が多いはずです。

お金に余裕が十分にある人はともかく、そうでない人にとってはCBDの選び方としてここは無視できません。

安い方がいいというわけではないものの、長く使っていく前提で考えた場合、自分でも十分に続けられる費用で負担していくべきでしょう。

途中から安いものに変えるなどの対処の仕方はありですが、できれば同じものを使い続けたいと考える人が多いのではないか?と思われますから、最初の時点である程度費用と負担の部分は考えておいてほしいです。

ただ、CBD製品の価格を考慮するときには、自分が続けられそうな価格か?という部分の他に、もう1つ大切な要素が絡んできますから、そこも考慮しておきましょう。


CBD製品における濃度は重要なポイントになる

CBDの選び方に関して、特に重要と言えるのはその濃度に関する部分です。

CBDのもたらす効果に直結する部分ですし、効果を出すために使うならば、ここは特に重視しないといけません。

濃度に関しては、それぞれの製品ごとにかなり違いがあるので、そこは必ず注目していきましょう。

この部分は、すでに話した価格の面にもちょっと関係があり、基本的に濃度が濃いものほど値段は高くなりやすいです。

つまり、高価なCBD製品ほど濃度が濃いため、CBDの効果がもたらされやすくなると言えます。

逆に濃度が相対的に低い製品は効果が出る確率が低くなる、または効果の程度が小さくなる状況が考えられるわけです。

内容量によっても価格は変わる面がありますが、このCBDの濃度という点は価格を構成する要素として大きいです。

したがって、安い製品じゃないと続けられないと考えている人もいるはずですが、あまりにも安いものは濃度が薄くなるのでおすすめできません。

価格も必要な部分ではありますけど、CBDの選び方では特に重要なポイントに当たるため、濃度の面は全員がちゃんとチェックしたうえで選んでほしいです。


ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月21日木曜日

CBDシャンプー・トリートメントとは?期待できる効果は?


髪がぱさつく、まとまりがない、ハリやコシの低下、このような髪の悩みを抱えていませんか。美しい髪に近づくために、さまざまな製品を使ってきた方もいると思います。
美しい髪をサポートしてくれる成分の一つがCBDです。CBDを配合したシャンプーやトリートメントが日本で販売されるようになりました。
ここでは、CBDとは何か、CBDを配合したシャンプーやトリートメントはどのようなものなのか紹介します。

CBDとは

CBDとは麻(ヘンプ)由来の成分です。麻には113種類ほどのカンナビノイド類が含まれていて、CBDはその中の一種です。
麻にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)というカンナビノイドの一種も含まれています。マリファナの主成分がこの成分です。THCは脳のCB1レセプターへの親和性が高く、幻覚や幻聴を引き起こします。しかし、CBDにCB1レセプターへの親和性がTHCよりも低く、精神作用はほとんど示しません。
CBDの研究が進められていて、嘔吐、高血圧、食欲不振などへの働きが期待されます。海外では健康食品や美容製品の他に、医薬品としても使用されています。

CBDシャンプー・トリートメントとは

CBDシャンプー・トリートメントとは、CBDを配合したシャンプーやトリートメントのことです。日本では海外に比べるとCBDになじみがありませんが、輸入製品が販売されるようになってきました。日本で販売されているCBD配合のシャンプーやトリートメントは、海外で製造されたものが多いようです。
CBDは麻(ヘンプ)に含まれる成分です。ヘンプには必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6、オメガ9などの脂肪酸が含まれています。また、ヘンプはスーパーフードでもあり、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。とくに女性に不足しがちな鉄分と亜鉛の含有量が高いです。
CBDを配合したシャンプーやトリートメントは自然由来成分を配合していることも多くあります。シア脂、アルガンオイル、チャ葉エキス、精油などです。
シャンプーに使用される洗浄成分には、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系があります。高級アルコール系は洗浄力が高く、しっかりと汚れを落としてくれますが、頭皮や髪に必要な油分まで奪い取ってしまいます。石けん系は石けんカスがでたり、髪がきしんだりします。アミノ酸系は汚れを落としながらも必要な油分は残す優しい洗浄力です。自然由来成分にこだわっているCBDシャンプーだと、アミノ酸系洗浄成分を使っていることがあります。
できるだけ自然由来の成分を使用している、頭皮や髪の健康を考えた製品といえるでしょう。

CBDシャンプー・トリートメントに期待できる働き

自然由来には、ヘンプオイルやアルガンオイルなどの植物オイルが配合されていることがあります。これらのオイルには保湿力があり、髪に潤いを与えてツヤを生み出す働きが期待できます。潤いが与えらえることで、指どおりが滑らかな髪に近づくことでしょう。また、ある程度の潤いがあると髪がまとまりやすくなります。
CBDをはじめとした植物成分は、髪にハリやコシを与えることも期待できます。普段のケアが健やかな髪へと導いていきます。

選び方

CBDシャンプーを選ぶときには、洗浄成分に着目してみましょう。シャンプーの洗浄成分には、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系があり、この中でおすすめはアミノ酸系です。頭皮の潤いを守りながら汚れを落としていきます。
「アミノ酸系成分配合」と記載されていても、高級アルコール系洗浄成分も配合していることがあるので、成分をよく確認しましょう。アミノ酸系の洗浄成分は、ココイル○○、ラウロイル○○などと記載されています。高級アルコール系はラウリル硫酸、ラウレスリュ酸などと記載されています。
頭皮がデリケートな方は、香料、アルコール、着色料などを配合していないものがおすすめです。頭皮への刺激が不安な場合は、サンプルがあれば使ってみたり、旅行用の少量サイズのものを使ってみて、赤みやかゆみなどでないか確かめてみるとよいでしょう。
トリートメントはシリコンを配合しているものが珍しくありません。シリコンは悪者のように扱われることがありますが、指どおりを滑らかにする働きがあります。

CBDシャンプーはこちら

CBDコンディショナーはこちら


ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDはニキビに効果的?製品の選び方や使い方


繰り返すニキビはやっかいです。やっと治ったと思ってもまたできてしまい、落ち込んでしまうことがありませんか。ニキビができていてマスクを手放せないという方もいることでしょう。
ニキビの悩みにおすすめがCBDです。
では、CBDとはどのようなものなのでしょうか。CBDとニキビの関係も紹介します。

ニキビができる原因

ニキビのできる原因には、毛穴のつまりとアクネ菌が関係しています。
ホルモンバランスの乱れ、古い角質の蓄積、過剰な皮脂分泌によって、毛穴に皮脂がたまってしまうと、白いニキビや黒いニキビができます。
人間の皮膚にはアクネ菌が棲みついていて、普段は悪さをせずにおとなしくしています。しかし、毛穴に皮脂がたまると悪さをし始めます。ニキビができはじめた毛穴の中は、アクネ菌によって好条件です。好物の油分が豊富で繁殖しやすい状態になっています。毛穴の中でアクネ菌がどんどんと増殖をしていくと、炎症が悪化をして赤いニキビができます。赤ニキビを放置していると膿がたまった黄色ニキビになり、さらに放置をしていると紫ニキビになります。

皮脂が毛穴にたまる原因

女性ホルモンの分泌には周期性があります。生理も女性ホルモンのバランスによって起こるものです。排卵期は肌の調子がよい、生理中は肌の調子が悪くニキビができやすいと感じたことがありませんか。これも女性ホルモンのバランスが関係しています。
女性ホルモンの分泌はストレスの影響を受けてバランスが崩れてしまうことがあります。バランスが崩れることで皮脂分泌が過剰になり、毛穴がつまりやすくなります。
食事バランスもニキビと関係をしています。油っぽいものばかり食べていると皮脂分泌量が増加をします。皮脂分泌を抑制する働きのあるビタミンB群などの栄養素の不足も、過剰な皮脂分泌を招き毛穴をつまらせます。
乾燥肌の方はニキビと無縁のような気がしますが、乾燥肌でもニキビはできます。肌が乾燥しすぎていると、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積をします。たまった角質によって毛穴の出口が細くなり、わずかな皮脂でも毛穴がつまりやすくなります。

CBDとは

CBD(カンナビジオール)は少なくとも113種類あるといわれる麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。
CBDはさまざまな疾患で研究がされており、偏頭痛、不安、皮膚炎、うつ、高血圧、食欲不振などの報告がされています。
炎症を抑える働きがニキビの炎症に働きかけてくれることが期待できそうです。リラックス作用により睡眠の質を改善してくれることも期待できます。しっかり眠ると肌の再生が促されます。
ニキビに対しては、CBDを配合した化粧品を肌に塗ったり、CBDのサプリメントで摂取したりする使い方があります。
CBDを配合した化粧品はクリームやバームが販売されています。サプリメントはリキッドやカプセルのものがあります。日本で販売されているものは輸入品が多いようです。
麻にはTHCという精神への作用がある成分が含まれていますが、CBDはTHCを多く含まない麻から抽出されています。日本で販売されている製品には、規制対象外の麻の種子や茎から抽出したCBDが使われています。

CBDクリームの選び方・使い方

ニキビの原因となるアクネ菌は油分が好物です。そのため、油分を多く肌につけてしまうとニキビが悪化をすることがあります。
日本で販売されているCBD配合化粧品は、クリームやバームなど油分を配合したものが中心です。油分がニキビを悪化させてしまうことがあるので、どんな油分を使用しているのか確認をしましょう。ノンコメドジェニックテスト済みの製品だと、ニキビができにくいことが確かめられています。
クリームやバームにはCBD以外の成分も配合されています。アクネ菌の増殖を抑える殺菌成分、過剰な皮脂分泌を抑える成分などが配合されているものを選ぶとよいでしょう。
使い方は普段のスキンケアと同じです。
クリームやバームはスキンケアの最後に使用をします。化粧水の前に使ってしまうと、油分によって化粧水の水分が弾かれてしまいます。また、油分には保湿力があり、与えた潤いを守ってくれます。
製品によって適量が違うので、使用前に製品の説明をよく読みましょう。塗りすぎると毛穴つまりの原因となるので、肌の調子を見ながら適量を使うようにします。



ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月17日日曜日

高血圧にも効果的!CBDの作用とは?


不眠症、高血圧、食欲不振など、さまざまな作用が期待されているCBD。ここでは、CBDと高血圧の関係を紹介します。

高血圧の症状

高血圧の自覚症状はほとんどありません。自覚症状がほとんどないため、サイレントキラー(静かなる殺し屋)とも呼ばれています。
気がつかないうちに進行をして、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

高血圧を予防するために大切なこと

高血圧の原因には、本態性高血圧と二次性高血圧があります。
日本人の大半が本態性高血圧です。本態性高血圧の原因は、はっきりとわかっていません。リスクを高めるものとして考えられていることは、過剰な塩分摂取、肥満、運動不足、ストレス、喫煙、加齢などです。
二次性高血圧とは、何らかの病気によって起こる高血圧のことです。日本人の10~15%ほどが二次性高血圧といわれています。腎実質性高血圧、腎血管性高血圧、遺伝性高血圧、薬剤誘発性高血圧などがあります。
高血圧の予防のためには、リスク因子となる塩分の過剰摂取、肥満、ストレス、運動不足、喫煙などを改善します。
塩分の1日の摂取量は6g未満を目標とします。塩分量の少ない料理は味気なく感じるかもしれません。その場合、酢やスパイスなどを使うなど工夫ができます。
野菜や果物にはカリウムが多く含まれており、カリウムが塩分の排泄を助けます。重症の腎臓病を持っている方は、野菜や果物の摂取は推奨できません。
運動は有酸素運動が勧められます。有酸素運動とは、酸素を使って糖や脂肪をエネルギーに変える運動のことです。ウォーキング、ジョギング、水泳、縄跳びなどがこれに当たります。重度の肥満の方が運動を行うと足腰に負担がかかってしまうため、運動が勧められないことがあります。
禁煙は高血圧の予防だけでなく、がん予防のためにも大切なことです。

CBDとは

CBD(カンナビジオール)とは、麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。麻には80~114種類ほどのカンナビノイド類が含まれているといわれており、その中でもCBDは麻の品種によっては40%ほどを占める成分です。オイル、パウダー、クリームなどに配合された製品が販売されています。
麻にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という精神作用のある成分も含まれています。CBDには精神作用はほとんどありません。日本で販売されているCBD製品には、規制対象とならない麻から抽出したCBDが用いられています。
日本では健康食品や化粧品として扱われていますが、海外では医薬品として使用されていることがあります。

CBDによる血管拡張作用

降圧剤にもいくつか作用の仕方がありますが、血管を拡張させて血圧を下げるタイプの薬があります。
血管が拡張することで心臓の負担が軽減します。
高血圧の人は温かいところから寒いところに急に移動する際、注意が必要です。温かいところでは血管が拡張します。寒いところに移動をすると血管が収縮します。血管が収縮することで血圧が上昇をします。
CBDには血管を拡張させる働きが期待されています。

CBD製品の使い方

日本では医薬品として使われていないため、病院でCBDを処方していることはほとんどありません。病院でCBDの治療を受けたい場合は、自費診療をしているところがあるかもしれないので探してみてください。
自己判断で摂取する場合は、サプリメントやCBDリキッドなどの形で摂ることが一般的です。ヘンプ製品を扱っているお店や健康食品店などで販売されています。
そのような形態のものであっても、使用前に必ず製品の説明書を読むようにします。製品によって1日の目安量が違うので、必ず確認をして1日の摂取量を守るようにしましょう。体への影響はほとんどないといわれていますが、過剰摂取によって嘔吐や頭痛などの副作用が出る心配があります。
CBDには独特の苦みがあります。CBDオイルタイプは味を感じやすいので、苦味が気になる方はカプセルタイプのサプリメントを選ぶとよいでしょう。
CBDオイルは舌に直接垂らす、飲み物に混ぜる、食べものに混ぜるなどの方法で摂取できます。
また、現在通院をしている方はCBDの摂取について医師に相談をしましょう。



ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDクリームとは?働きや選び方を紹介


CBDとは、アメリカやヨーロッパで話題になっている成分で、緊張緩和、不眠、皮膚の再生などの働きが期待されています。
海外では健康食品や化粧品として販売されています。日本でも少しずつCBD製品が輸入されるようになり、CBD配合のCBDオイルやCBDクリームを手に入れられるようになりました。
ここでは、CBDクリームの特徴や使い方を紹介します。

CBDクリームとは

CBDクリームとは、基材となるクリームにCBDを配合したものです。基材となるクリームは、シアバター、ココアバター、ミツロウなどさまざまなものが使用されています。
CBD(カンナビジオール)とは、113種ほどある麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。
麻というと薬物を連想するかもしれませんが、CBDには薬物を摂取したときのような精神作用はありません。
精神に影響を与える成分の一つが、麻に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。日本で販売されているCBD製品は、規制されていない麻の種と茎から成分を抽出しています。
アメリカやカナダではCBDを使用した医薬品が商品されており、ドラべ症候群や多発性硬化症に伴う疼痛の緩和などに使用されています。
また、いくつか研究がされており、うつの緩和、高血圧、リラックス、皮膚の再生、食欲不振などへの働きが期待されています。

CBDクリームの働き

CBDクリームには皮膚の再生を促す働きが期待されています。皮膚が新しく生まれ変わることで、キメが整った肌へと近づいていきます。
キメが整った肌は、明るく透明感が生まれ、化粧ノリがよくなってきます。キメを整えるためには保湿ケアをすることも大切です。クリームには保湿作用があるので、CBDクリームはCBDの効能に加え、クリームの働きも期待できます。
CBDは抗炎症作用が報告されています。
肌にはバリア機能があり、紫外線や花粉など外部の刺激から守ってくれています。バリア機能が低下をすると肌内部に刺激が入り込んでしまい炎症を引き起こします。
炎症は肌荒れの原因です。肌を鎮めることで健やかな状態に近づいていきます。

CBDクリームの選び方

日本で販売されているCBDクリームは、規制対象外の麻の種や茎から成分を抽出していますが、まれにそうでないCBDクリームが輸入されていることがあるので注意が必要です。
必ず成分を読むようにして、信頼できる販売店から購入をするようにします。
CBDクリームの基材として使われる成分はシアバターやミツロウなどさまざまあります。使用される基材にはそれぞれ特徴があるので、肌の状態に合わせて選んでみてください。
シアバターは肌へのなじみがよく、保湿力のある成分です。ココアバターは高い保湿力があります。
ミツロウはミツバチが集めた成分で、ヨーロッパでは皮膚の炎症に効果があるとして民間療法で使われてきました。
アルガンオイルはオレイン酸とビタミンEを豊富に含むオイルです。アルガンの実からわずか1~2%ほどしか抽出できない希少なものです。
この他にもCBDクリームによってさまざまな成分を使用しています。
肌に塗るものなので、無添加なCBDクリームであることが望ましいです。香料、着色料、アルコール、パラベンなどは肌への刺激が心配されるので、肌が弱い方は気をつけましょう。

CBDクリームの使い方

・顔に使う場合
洗顔後、化粧水や美容液などで肌を整えた後に使用をします。CBDクリームは油分を多く含んでおり、洗顔後すぐ、化粧水の前に使ってしまうと、油分によって化粧水の水分が弾かれてしまいます。また、油分には与えた潤いを守る働きがあります。そのため、スキンケアの最後にCBDクリームを使用します。
適量を手に取り出し、気になる部分を中心に顔に塗ります。CBDクリームが固い場合は、手のひらで温めた柔らかくしてから顔に塗ります。

・体に使う場合
適量を手に取り出し、気になる部分に塗ります。固い場合は手のひらで温めると柔らかくなって塗りやすいです。

どの部位に使う時であっても、容器内のCBDクリームを清潔に保つためにスパチュラを使ってクリームを取ることが望ましいです。
使用前にはパッチテストを行いましょう。目立たない部位に少量を塗り、24時間後の肌の状態を確認します。赤み、かゆみ、腫れなどが出た場合は使用を中止してください。



ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月15日金曜日

CBDオイルとは?選び方・摂取方法を解説


CBDとは、健康食品として注目されている成分です。主にアメリカやヨーロッパで製品が販売されていますが、日本でもCBDオイルやCBDクリームを手に入れられるようになってきました。
ここでは、健康食品としてのCBDオイルの特徴や摂取方法について紹介します。

CBDオイルとは

CBDオイルとは、CBD(カンナビジオール)を配合しているオイルのことです。
麻(ヘンプ)には80~104種類ほどのカンナビノイドが含まれていて、CBDはその中の一つです。麻に含まれるカンナビノイドの中でも有用性が高いといわれています。
CBDオイルは、ココナッツオイルやオリーブオイルなどにCBDを混合し、サプリメントにしたものです。
麻に含まれる成分にTHC(テトラヒドロカンナビノール)があります。THCは日本では禁止されている成分です。CBDはTHCの含有量が少ない麻から抽出されています。
THCには向精神性があり、気分がハイになったり、幻覚を見たり幻聴が聞こえたりといった作用があります。一方、CBDには向精神性がほとんどなく、恒常性の維持に役立つといわれています。
CBDの疾患への働きが研究されており、食欲不振、嘔吐、高血圧、皮膚再生などの働きが報告されています。

ヘンプシードオイルとの違い

ヘンプシードオイルとは、麻の種からオイルを抽出したものです。CBDも麻から抽出した成分ですが、CBDオイルとヘンプシードオイルは違うものです。
ヘンプシードオイルには、カンナビノイド類があまり多く含まれていません。麻の種子にはオメガ3系脂肪酸が多く含まれており、必須脂肪酸を摂取できると健康オイルとして注目されています。
CBDオイルは植物オイルをベースにCBDが混合されているもののことです。ベースとなるオイルは、ココナッツオイル、オリーブオイル、ヘンプシードオイルなどです。どのようなオイルをベースにしていても、CBDが混合されていればCBDオイルです。
海外ではオイルに混合する成分を花穂や葉から抽出していることが多くあります。日本では大麻草の茎や種子から抽出されたエキス以外は、大麻草取締法に違反するため、どのような部位から抽出した成分なのか注意をして購入する必要があります。

CBDオイルの摂取方法

CBDの含有量が製品によって違うため、1日の摂取量は製品によって違います。必ず製品の説明を読んで、1日の摂取量を守るようにしましょう。
CBDが1.6%混合されているある製品だと、1日の摂取目安量は1mlとなっています。
CBDに副作用として、嘔吐、下痢、発熱などが報告されています。過剰に摂取をすると副作用が出る心配があるので、摂取量に注意が必要です。体質によっては敏感に反応してしまう恐れがあるので、体調を見ながら摂取をしましょう。摂取をして体調に異変を感じたときには、すぐに医師に相談をしてください。
CBDオイルの摂取方法に決まりはありません。
ぐっすり眠りたいときには、就寝30分から1時間ほど前に摂取をするとよいでしょう。スポイト式の製品なら量を調節しやすく、朝・昼・晩など1日数回に分けて摂取することもできます。メーカーによっては食前よりも食後の摂取を推奨しています。
CBDによって眠気が誘発されることがあるので、車の運転前や運転中には摂取しないでください。
また、薬を服用している方は医師や薬剤師に相談をしてください。妊娠中や授乳中の方は摂取してはいけません。

製品の選び方

CBDオイルには苦味やえぐみがあります。苦味・えぐみが苦手な方は、カプセルに入っているタイプを選ぶとよいでしょう。カプセルに包むことで味がわかりにくくなります。カプセルなら持ち運びしやすいというメリットもあります。
液体になっているものだと、ヘンプの味をよく感じることができます。また、スポイト式の容器に入っている液体なら、1滴ずつ細かく量を調整できます。
それぞれ特徴があるので、摂取しやすい方を選んでみるとよいでしょう。
CBDオイルは日本に輸入されていて、許可を得ているメーカーが販売しています。海外旅行に行った際にも購入できます。どこで購入するにしても、どの部位から成分を抽出しているのか確認してください。



ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ペットにCBDを与えることはできる?安全性は?


人間に対して健康や美容面でよい変化が期待できるといわれているCBD。ストレスの緩和や不眠への効果が報告されています。
ペットを飼っている方は、健康的に長生きして欲しいと考えることでしょう。そのため、人間によいといわれるものを与えたくなることがあると思います。
では、ペットにCBDを与えることはできるのでしょうか。

CBDのペットへの影響

日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、CBDがアメリカでは健康・美容業界で話題となっています。
CBD(カンナビジオール)は、産業用ヘンプやマリファナに含まれる成分です。産業用ヘンプやマリファナにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分も含まれています。マリファナを吸って気分が高まるのは、この成分が高濃度で含まれているためです。
THCは脳内のCB1レセプターへの感受性が高い特徴があります。CB1レセプターに作用をすることで精神的な作用を示します。場合によっては幻覚や幻聴を引き起こすこともあります。
一方、CBDは脳内のCB1レセプターへの感受性はTHCに比べると低い特徴があります。精神や神経への影響はほぼありません。
犬や猫にも脳内にCB1レセプターが存在しています。しかし、人間と感受性が違うと考えられます。
また、ペットといっても犬、猫、フェレット、うさぎ、モルモットなど、さまざまな動物がいて、それぞれの動物で感受性は違います。そして、犬といっても小型犬から大型犬までいて体格が違います。
こういったことがあるため、ペットには与えない方がいいという意見があります。その一方でペットに対して安全という意見もあります。

ペットへの効果

がん治療の緩和ケア、不安感の緩和、血圧、炎症抑制などの目的で使用されています。動物病院の中にもCBDを使用するところがでてきています。
CBDの人間への効果の研究は進んできていますが、ペットへの効果の研究はほとんどされていないようです。これからの研究成果が期待されます。

ペット用のCBD製品を選ぼう

ペットに与える場合は、ペット用のCBD製品を選びましょう。ペット用のものは、ペットに与えても安全なようにCBD濃度を調節していたり、CBDを混ぜる基材に十分気をつけていたりします。
人間が使用する製品には、オイル、クリーム、グミ、パウダーなどさまざまな形態がありますが、ペット用のものはオイルが主流です。ペットにグミやパウダーを与えても食べにくいですが、オイルなら舌にそのまま垂らしたり、フードに混ぜたりなどして与えることができます。
CBDオイルとは、MCTオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなどにCBDを混合した製品のことです。混ぜ合わせるオイルにどんなものを使っているのか、そのオイルにアレルギーがないか確認をしましょう。添加物を加えていないとより安心できます。
CBDオイルには独特の苦みやエグミがあるので嫌がるかもしれません。ペット用CBDオイルの摂取を嫌がるときには、フレーバー付きのものを与えてみると、摂取してくれることがあります。
ペット用のCBD製品を選ぶときに、どんなペットに与えることができるのかも確認してください。犬には与えることができるけれど、その他のペットには与えることができないなど、製品に記載されています。「与えることは控えてください」と記載されているものを与えてしまうと、ペットに副作用が出る心配があります。

下記はペット専用として工夫されたCBDオイルです。

ペットへの与え方

製品の説明をよく読んで与え方を確認してください。製品によってCBDの配合濃度が違うので、1日に与える量が違います。
犬は小型犬と大型犬では体格がまったく違い、体格が違うため与える量も違います。ペット製品には体重による目安量が記載されているので、それを目安にしてください。
そして、1日摂取量をいきなり当たるのではなく、少ない量から与えてみましょう。少ない量から与えることで、大量摂取による危険性を回避できます。体調を見ながら量を調節していきます。
ペットの舌に直接垂らす、フードや水に混ぜるといった与え方ができます。苦みやエグミを感じやすいので、味を感じにくいフードに混ぜる方法で与えるとよいでしょう。



ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

海外で注目されるCBD 手軽に摂れるCBDキャンディーとはどんなもの?


海外で話題となっている成分がCBDです。日本ではまだCBD製品は広まっていませんが、海外ではCBDキャンディーというものが販売されています。では、海外で注目されるCBDとはどのようなものなのでしょうか。CBDとはどのようなものか、CBDキャンディーとはどういったものなのか紹介します。

注目されるCBD

CBD(カンナビジオール)は大麻草や産業用ヘンプに含まれる成分の一種です。
大麻というと薬物を連想するかもしれませんが、CBDにマリファナなど薬物を摂取したときのような精神作用はほとんどありません。
マリファナを吸って気分がハイになるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分によるものです。
THCは脳内のCB1レセプターに作用をして、幻覚や幻聴を起こす作用があります。一方CBDは、CB1レセプターへの親和性が低く、精神や神経への影響はほとんどありません。
麻といっても品種改良が進んでおり、THCが少ない品種も登場しています。日本では薬物指定されていない麻の茎などからCBDを抽出しています。
産業用ヘンプはCBD含有量が20%以上・THC含有量が0.3%以下、大麻草はCBD含有量が10%以上・THC含有量が20%以上と、アメリカ連邦法では区分されています。
CBDはいくつかの研究がされており、痙攣、不安神経症、炎症、嘔吐を抑制するといった働きが報告されています。

CBDキャンディーとは

CBDキャンディーとは、CBDを配合しているキャンディーのことです。見た目は普通のキャンディーと変わりなく、味も普通のキャンディーです。
CBDキャンディーは日本では手に入りにくく、手に入れるためには海外に旅行に出かけたときに購入する必要があります。ヨーロッパやアメリカで販売されています。現地の人が買い物をするようなスーパーや健康食品店などを覗いてみると手に入れられるかもしれません。

どうやって食べる?

CBDには、リラックス作用や不安を取り除く作用があるといわれています。しかし、CBDキャンディーを食べてその働きを得られるのかは疑問です。
CBDキャンディーといっても配合量は製品によって違い、ある程度の量を摂取しないとCBDの働きは得られないと考えられます。
医薬品はどの程度摂取をしてもよいのか、どのように摂取するのかなど明確に記載することができますが、CBDキャンディーは食品なので医薬品のように記載することができません。
1日1500mg程度まで体が耐えられるといわれて、これ以上の量は摂取しないようにしましょう。
キャンディーなので1粒当たり数十mgほどの配合量です。大量に食べない限り、1日1500mgを超えることはありません。体長を見ながら摂取量を考えてください。
しかし、キャンディーは手軽に口に入れることができるので、意識をしていないとあっという間に数百mgのCBDを摂ってしまうことになります。
キャンディー好きの方は食べ過ぎてしまう恐れがあります。1日何粒までと決めておくと、食べ過ぎ防止になります。1日の食べてもよい量をあらかじめ決めておいて、その分を小さな容器に分けて置くと、どれくらい食べたのかわかりやすいです。

製品選びの注意点

CBDキャンディー製品を購入するときには、必ず原料を確認しましょう。アレルギー物質が使用されている可能性があり、アレルギーを持っている人は食べることができません。
海外のCBDキャンディーだとグミのような見た目のものがあります。グミにはゼラチンが使用されています。ゼラチンは日本では表示を推奨する特定原材料に準ずるものとされています。
海外製品だと英語などで記載されていてわかりにくいので、よく確認をするように注意をしてください。わかりにくいと面倒になって調べずに食べたしまいがちですが、アレルギー症状を起こす心配があります。辞書などできちんと確認をしておくことが、安全に食べるために大切なことです。
また、CBDキャンディーによってCBD配合量が違うので配合量も確認しましょう。あまりにも配合量が少ないとCBDのメリットを得られないかもしれませんが、多ければ多いほどよいのではなく、摂りすぎることによる副作用もあります。
後は単純に味ですね。CBDキャンディーは普通のキャンディーと同じく様々な味が展開されていますので、普段から定期的にCBDを摂取したい方には、やはり日常的に食べられる味を選ぶと良いでしょう。

日常にCBDを取り入れたい方には、手軽で摂取できるCBDキャンディーはお勧めです。



ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月13日水曜日

即効性のあるCBDオイルの摂取方法について


睡眠障害、仕事のストレスによる疲労や倦怠感、花粉症などのアレルギーといった全身性の不快症状の解決は一朝一夕に出来るものではありません。
ところが、これらに即効効果があると巷で騒めかれるCBDオイルをご紹介します。
いったいどんな成分が含まれ効果を発揮するのか?安全性?使用方法?購入について?などアレコレをお伝えします。

CBDオイルの即効効果

すぐにはどうにもならない、でも明日までにどうにかしたい不快な症状を抱えて生活している人は多いです。
つらい症状があるのに一つの病名に結びつくこともないので特効薬はありません。
そのため、生活全般の改善とかサプリメントや漢方などを継続的に服用したり徐々に消えていくのを待つしかないということになります。
ところが、CBDオイルを使用すると胃炎の胃薬のように即効的な回復効果が得られます。

CBDオイルを使ったその夜からぐっすり眠れたり、朝使ってみたら全身がすっきりして仕事の効率がグ~ンと上がったとかそういう効果が簡単に得られます。
「まるで麻薬みたい」なんてよく知らないで使った人は思うかしれません。実はあながち的外れな感想ではありません。

CBDオイルの成分

CBDオイルの主成分は大麻草から抽出しています。
大麻草というといかにも犯罪を思わせるギザギザの葉を連想する人が多いのではと思います。
日本で禁止されているのは実はこの葉と花の部分だけです。
CBDオイルは茎と種の部分に限られ、しかもその中のマリファナ等に含まれる陶酔成分THCは一切含みません。
つまり、合法なので安心して使っていただけます。
この成分だと麻薬のように常習性をもつことはありません。
そのため効果を継続させるためには朝夜など、自分から意識して使い続ける必要は出て来ます。

CBDオイルの濃度による効果の違い

CBDオイルの濃度は5%ほどのものと、24%ほどのものと幅があります。用途によって選ぶことが出来ます。

昼間集中力を高めたいと言う場合は、覚醒効果が得られやすい低~中の濃度のものを使用します。
一方夜の睡眠障害で悩んでいる場合は、躊躇なく高濃度のものを使うとその日に効果が得られます。
濃度が濃い物の方がより医療的な効果が期待できるようです。

ちなみに価格としては同じ量なら高濃度の方が高くなります。

CBDオイルの効能のメカニズム

そもそも、CBDオイルが全身の不快症状になぜ効果があるかと言えば、CBDの受容体が全身にあるからです。
摂取された有効成分の15%が全身で利用されます。経口摂取で早ければ10分、標準でも30分くらいで効果が実感できます。

CBDオイルは体内に蓄積されるという性質もあります。
3~5日は体内にとどまります。
体質の個人差もあるので誰にでもというわけではありませんが、継続的に2~3週間使用していると段々始めより少ない量で効き目が十分な場合もあるといいます。

CBDオイルの摂取について

摂取のタイミングとしては一日2回、朝と夜摂取します。
スマホのアラームをセットするなど時間を決めておくと忘れにずに飲むことができるでしょう。

CBDオイルの摂取方法は商品附属のスポイトで舌の下に垂らして摂取するようにします。
食べ物や飲み物に混ぜることもできますが、租借や胃酸の分解により効果が半減してしまうのでより効果を得るために、舌の裏から直接摂取するこの方法をおすすめします。
そして、垂らした後1分間はそのまま飲み込みません。1分おいてからゴックンです。
始め慣れるまでは違和感のある飲み方になりますが慣れてくれば苦になることはないと思うので継続してこの摂取方法を続けます。

CBDオイルの購入方法

CBDオイルは合法の薬品としての認知度は日本では高くありません。
それでも、イオンボディやビープルバイコスメキッチンなど店頭で販売している所もあります。
初めての場合、濃度や量について自分に合ったものを対面で聞くことができるので、足を運ぶことをおすすめします。
大手百貨店の店頭なら品質的な心配は少ないと言えます。

楽天などの通販サイトでも購入出来ますが、その場合は成分量がきっちりと表記されているか、ちゃんとした所が輸入し、製造しているか等がポイントになります。


ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月11日月曜日

CBDオイルで得られる効果と選び方


今回は、CBDオイルってどんなものなのか、その得られる効果と、実際に使用を検討する際に最適なCBDオイルを選べるように、基本的な選び方について解説します。

CBDオイルとは

大麻草の中には、100種類以上という膨大な数の生理活性物質が含まれています。
その中でも特に注目されている成分が、テトラヒドロカンナビノールとカンナビジオールです。
テトラヒドロカンナビノールは摂取すると強い精神作用を起こしてしまうため、日本では規制されています。
一方のカンナビジオールはCBDと呼ばれ医療等の分野に利用すべく、積極的に研究が進められているのです。
そしてCBDオイルは、大麻草から抽出され生み出されています。

日本でCBDオイルを使用して問題ないのか

海外の1部の国では大麻の使用が合法化されていますが、日本国内では大麻取引法によって使用が禁止されているのです。
なので大麻の成分で生み出されるCBDオイルを使用すると、違法になるのではないかと不安に思う人もいます。
ですがCBDオイルには大麻の花や葉に含まれ、強い精神作用を起こすテトラヒドロカンナビノール、所謂THCが含まれていません。
そのためCBDオイルを使用した所で、幻覚作用といった厄介な症状が生じる事はないのです。
この様にCBDオイルには大麻草に含まれる違法な成分が含まれていないため、日本国内で使用しても法的な問題は生じる心配はないと言えます。

CBDオイルで期待出来る効果

CBDオイルを摂取する事で、精神的かつ身体的にも様々な効果を得る事が可能です。
まず効果が期待出来るのが、精神を安定化させてストレスを緩和してくれる事だったりします。
特に現代人は仕事やプライベートで何かと忙しく、身体だけでなく心を休める事を疎かにしがちです。
お陰で精神的な疲れからストレスが溜まってしまい、常に脳が緊張状態で不眠症に陥る人が少なくありません。
CBDオイルには、脳の緊張をほぐす効果が期待出来ます。
なので眠りが深くなったり、忙しさに追われていても焦りに飲み込まれずにリラックス出来るので、ストレスを溜め込むのを防ぐ効果が期待可能です。
更に肌トラブルやアレルギーに悩んでいる人も、CBDオイルを摂取する事によって改善効果を期待する事が出来ます。
というのもそういった疾患の多くは、免疫系の暴走によって起きる事が多いです。
CBDオイルは、そういった免疫の暴走を抑制する効果も期待出来るので、摂取する事で肌トラブルやアレルギーの緩和効果を得る事が出来ます。
他にもてんかんや喘息といった厄介な発作の緩和効果や、統合失調症や不安障害の軽減、或いはホルモンバランスを整えるといった様々な効果が期待可能です。
しかもCBDオイルのこういった効果は、比較的即効性がある点も魅力的だったりします。
ストレス等に効果的な漢方やサプリの場合、即効性が期待出来ず数カ月間摂取を続けて徐々に効果が得られるケースが多いです。
所がCBDオイルの場合は、早ければ10分程度でリラックス効果が実感出来ます。

CBDオイルの選び方の基本

CBDオイルに興味を持ったものの、何を基準にどう選んで良いのか分からないという人が少なくないです。
もっともどうせ手に入れるなら、きちんと効果が得られる物を手に入れたいと考えるのが当然だったりします。
そこで選び方としてまず重視すべきなのが、CBDの含有量です。
幾らオイルの量が多くても、そこに含まれるCBDの量が少ないと、期待した様な効果を得る事は出来ません。
だからこそ購入する前に、きちんとCBDの含有量をチェックして、なるべくCBDが豊富に含まれているCBDオイルを選ぶべきです。
CBDの含有量の記載がない商品は、購入を避けるか或いはメーカーやショップに問い合わせてきちんと確認する事をおすすめします。

オイル成分による選び方

CBDオイルのベースとなるオイルとして、オリーブオイルやMCTオイル、ヘンプシードオイル等が使用されているのです。
オリーブオイルには、必須脂肪酸のオメガ9を豊富に含んでいて、高い健康効果を得る事が出来ます。
MCTオイルやヘンプシードオイルは、日本人が不足しがちと言われる必須脂肪酸のオメガ3が豊富に含まれているのです。
なのでベースオイルを比較して、自分にとって必要な物を選ぶという方法もあります。

飲み易さによる選び方

CBDオイルは、飲み続ける事により得られる効果が継続したり、より高い効果を得る事が可能です。
逆に言うと幾らCBDの含有量が豊富でも、飲み続ける事が出来ないときちんと高い効果を得るのは難しかったりします。
実際に苦味や味の癖が強いと、食べ物や飲み物に混ぜても摂取するのが辛かったりするのです。
なので長く続けるために、飲み易い物を選ぶというのも選び方の1つの方法と言えます。


ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 選び方 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示