2020年5月15日金曜日

海外で注目されるCBD 手軽に摂れるCBDキャンディーとはどんなもの?


海外で話題となっている成分がCBDです。日本ではまだCBD製品は広まっていませんが、海外ではCBDキャンディーというものが販売されています。では、海外で注目されるCBDとはどのようなものなのでしょうか。CBDとはどのようなものか、CBDキャンディーとはどういったものなのか紹介します。

注目されるCBD

CBD(カンナビジオール)は大麻草や産業用ヘンプに含まれる成分の一種です。
大麻というと薬物を連想するかもしれませんが、CBDにマリファナなど薬物を摂取したときのような精神作用はほとんどありません。
マリファナを吸って気分がハイになるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分によるものです。
THCは脳内のCB1レセプターに作用をして、幻覚や幻聴を起こす作用があります。一方CBDは、CB1レセプターへの親和性が低く、精神や神経への影響はほとんどありません。
麻といっても品種改良が進んでおり、THCが少ない品種も登場しています。日本では薬物指定されていない麻の茎などからCBDを抽出しています。
産業用ヘンプはCBD含有量が20%以上・THC含有量が0.3%以下、大麻草はCBD含有量が10%以上・THC含有量が20%以上と、アメリカ連邦法では区分されています。
CBDはいくつかの研究がされており、痙攣、不安神経症、炎症、嘔吐を抑制するといった働きが報告されています。

CBDキャンディーとは

CBDキャンディーとは、CBDを配合しているキャンディーのことです。見た目は普通のキャンディーと変わりなく、味も普通のキャンディーです。
CBDキャンディーは日本では手に入りにくく、手に入れるためには海外に旅行に出かけたときに購入する必要があります。ヨーロッパやアメリカで販売されています。現地の人が買い物をするようなスーパーや健康食品店などを覗いてみると手に入れられるかもしれません。

どうやって食べる?

CBDには、リラックス作用や不安を取り除く作用があるといわれています。しかし、CBDキャンディーを食べてその働きを得られるのかは疑問です。
CBDキャンディーといっても配合量は製品によって違い、ある程度の量を摂取しないとCBDの働きは得られないと考えられます。
医薬品はどの程度摂取をしてもよいのか、どのように摂取するのかなど明確に記載することができますが、CBDキャンディーは食品なので医薬品のように記載することができません。
1日1500mg程度まで体が耐えられるといわれて、これ以上の量は摂取しないようにしましょう。
キャンディーなので1粒当たり数十mgほどの配合量です。大量に食べない限り、1日1500mgを超えることはありません。体長を見ながら摂取量を考えてください。
しかし、キャンディーは手軽に口に入れることができるので、意識をしていないとあっという間に数百mgのCBDを摂ってしまうことになります。
キャンディー好きの方は食べ過ぎてしまう恐れがあります。1日何粒までと決めておくと、食べ過ぎ防止になります。1日の食べてもよい量をあらかじめ決めておいて、その分を小さな容器に分けて置くと、どれくらい食べたのかわかりやすいです。

製品選びの注意点

CBDキャンディー製品を購入するときには、必ず原料を確認しましょう。アレルギー物質が使用されている可能性があり、アレルギーを持っている人は食べることができません。
海外のCBDキャンディーだとグミのような見た目のものがあります。グミにはゼラチンが使用されています。ゼラチンは日本では表示を推奨する特定原材料に準ずるものとされています。
海外製品だと英語などで記載されていてわかりにくいので、よく確認をするように注意をしてください。わかりにくいと面倒になって調べずに食べたしまいがちですが、アレルギー症状を起こす心配があります。辞書などできちんと確認をしておくことが、安全に食べるために大切なことです。
また、CBDキャンディーによってCBD配合量が違うので配合量も確認しましょう。あまりにも配合量が少ないとCBDのメリットを得られないかもしれませんが、多ければ多いほどよいのではなく、摂りすぎることによる副作用もあります。
後は単純に味ですね。CBDキャンディーは普通のキャンディーと同じく様々な味が展開されていますので、普段から定期的にCBDを摂取したい方には、やはり日常的に食べられる味を選ぶと良いでしょう。

日常にCBDを取り入れたい方には、手軽で摂取できるCBDキャンディーはお勧めです。



▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選