ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDの効果はゴルフをプレーする人たちにとって非常に有益である


CBDに関しては、スポーツの世界でも評判が高い面が存在しており、アスリートからの支持も確認できます。

やはりスポーツを行うにあたって、望ましいと言える効果が備わっているため、彼らにとってはかなり魅力的な存在に感じられるはずです。

特にゴルフをプレーする人たちからの人気は高く、アスリートのみならず、趣味で楽しむ人たちにとっても身近な存在になっている面があります。

実際、ゴルフをプレーするにあたって、CBDがどのように役立つのか?そのメカニズムを知っておくと良いと思います。

ゴルフ好きの人は世の中に多くいますし、そういった人にとってプレーの質を上げるきっかけになるかもしれませんから。


CBDの睡眠の質を高める効果が魅力的

CBDの代表的な効果の1つに睡眠の質を高めるというものがあり、熟睡を可能にできる面があります。

熟睡できるということは、身体の疲れがとれやすくなるわけで、スポーツをするには最適な状況でしょう。

ゴルフはそこまで激しく動くようなスポーツではないものの、疲労の有無はプレーの質に大きな影響を与えるはずです。

したがって、ぐっすりと眠ることができ、疲労を完全に回復した状況で臨めるか?どうかは非常に重要と評価できます。

特にゴルフの場合には、非常に朝早くからプレーすることも珍しくないため、十分な睡眠がとれない人もいるでしょう。

また、普段ぐっすり眠ることができていても、ゴルフをプレーする前日だけ眠れないといったこともあり得ると思われます。

どうしても大好きなゴルフを目の前にして、興奮してなかなか寝付けない傾向は十分に考えられますから。

だからこそ、CBDによる睡眠の質が上がる効果を求める人は多いでしょうし、魅力を感じやすいと言えます。

CBDを利用していくことで、この部分が改善していく可能性は十分にあり得るので、ぜひ使ってみてほしいと思います。


CBDの身体の痛みを緩和する効果も見逃せない

CBDには鎮痛効果が備わっているため、身体に何らかの痛みがあればそれを緩和することができます。

ゴルフはスポーツなので、ときには身体の痛みなどを感じるケースもありえるでしょう。

ただ、そのままの状態でプレーを続けるのは苦痛でしょうし、そもそも結果に悪影響を与える可能性があると思われます。

したがって、できるならば痛みを軽減、解消したうえでゴルフを行っていくべきですが、そんなときにCBDが有効と言えるはずです。

CBDはあらゆる痛みに対して効果的であるため、筋肉痛などについてももちろん効く可能性が高いでしょう。

ゴルフはそこまで激しい動きを伴わないので、大きな痛みに発展するケースは少ないかもしれませんが、痛みが軽減、解消されるならばそれに越したことはありません。

熟睡できる効果に加えて、痛みが和らぐ効果もメリットは大きいと言えますから、利用する意味は十分に見出すことができるでしょう。

ゴルフを趣味などで日常的にプレーしている人は、CBDの利用を実際に検討していくと良いのではないでしょうか?


有名なプロゴルファーもCBDを使用している状況がある

ゴルフにおいてCBDが有用であるという点は、すでに説明をした通りですが、そういった状況を踏まえて実際に利用している人は割と多くいます。

そして、その中にはプロゴルファーも含まれており、彼らの使用は多くのゴルフプレイヤーに対して影響を与えています。

世界的に有名なプロゴルファーの中には、自身でCBDを使用している事実を公表しているケースがあるからです。

したがって、有名な存在がCBDを使っている事実が多くの人たちに知れ渡った結果、自分も使ってみようかな?と考えるケースが増えるでしょう。

ゴルフをプレーしている人たちにとって、有名なプロゴルファーの存在は非常に偉大でしょうし、無意識のうちに影響を受けてしまうはずですから。

しかし、そういう状況があることで、結果的にゴルフの世界ではCBDが普及してきている事実があるわけで、これは好ましい光景と評価できると言えます。

ゴルフにおいて、CBDの作用は基本的にプラスのものしかありませんから、利用しない手はないという言い方もできると思います。

ゴルフが趣味という人に関して、CBDの存在やその効果の内容を知らないケースもあると思いますが、今後のためにぜひ頭に入れておいてほしいです。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

虫歯予防にCBDが効果的と言える理由とは?


健康は人間の口の中においても重要と言え、特に虫歯に関しては高い関心を持っている人が多くいるはずです。

虫歯になると治療を必要とし、痛い思いをするケースも普通にありますから、虫歯にならないように日頃から気を付けている人は多いでしょう。

そして、そんな虫歯に関して、実はCBDが有効であるという情報が存在している状況です。

つまり、日常的にCBDを利用していくことで、虫歯の予防などがしやすいと言える可能性があるわけですから、ここは多くの人たちにとって注目すべき部分と評価できます。

虫歯予防については、いろいろな方法を実践することができるものの、CBDという選択肢も頭に入れておくと良いです。


虫歯になる確率は個人差が大きいと言える

虫歯に関しては、まず全員が確実に知っておくべきと言える点が存在しています。

それは虫歯になる確率はどうしても個人差があり、それぞれの口内環境に大きく依存するという部分です。

全く同じような食生活、同じような歯磨きの仕方を続けていても、虫歯のなりやすさは完全に同じにはなりません。

虫歯ができやすい人、できづらい人がともに存在するため、虫歯対策としてCBDを使った場合の効果の現れ方も差が出てくることになります。

というのも、元々虫歯ができづらい人の場合には、CBDを使ったとしても変化はほとんどないでしょう。

相変わらず虫歯ができづらい状況が続くだけと言えるわけですから、あえてCBDを使用する意味はそこまで見出しづらいです。

ただ、今まで何度も虫歯ができてきた、歯医者に何度も通ってきた経験があるという人ならば、CBDを使って虫歯対策をする意味は大いに存在するはずです。

そういった点をあらかじめ頭に入れておいて、そのうえで実際に虫歯の予防のためにCBDを使用するか?どうかを考えていきましょう。


CBDは虫歯の原因となる細菌を減少させる力がある

それでは実際に、CBDが虫歯に対して効果的であると言える理由について知っていきましょう。

アメリカでは、通常の市販の歯磨き粉とCBDに含まれるカンナビノイドそれぞれにおいて、虫歯の細菌をどのくらい抑制できるのか?に関する実験が行われました。

これは18~60歳を対象とし、彼らの口の中の細菌の数に注目をした実験となっています。

その結果、市販の歯磨き粉と比べて、カンナビノイドの方が明らかに細菌の数が減ったという事実が判明しました。

したがって、市販の歯磨き粉と比較すると、CBDを使った方が虫歯の予防には効果的であると評価できるわけです。

実際にCBDを使用する際にはCBDオイルなどを選ぶことになると思いますけど、それを一定時間口に含ませるだけでも違いを実感できる可能性があります。

CBDオイルなどを普段から使用している人がいれば、それを虫歯予防でも使うと良いのではないでしょうか?

普段の生活の中で、虫歯予防を簡単に実践できるはずなので、すでにCBDを使っている人はぜひ試してもらいたいと思います。


アメリカでの実験は不完全な部分があると指摘されている

すでに話したアメリカでの実験に関しては、一定の傾向を示すことには成功したと言えます。

しかし、実は人数が60人とそれほど多くなく、さらに言えば口内環境に関しては特に意識せずに参加者を集めたため、必ずしも信ぴょう性が高くないと言われている面があります。

すでに話したように、虫歯になる確率は個人差が非常に大きく、元々の口内環境にかなり依存する状況です。

そして、普段から虫歯の原因菌が多い人、少ない人が実際に世の中にいるわけですが、特に多い人ばかりが集まった状況では結果は良く見えやすいです。

したがって、虫歯になりやすい人、なりにくい人がどれくらいの割合でいたのか?という点は非常に重要と評価できます。

その部分が全く考慮されずに行われた実験ということで、必ずしも信用できるとは限らない(原因菌が少ない人に関しては効果がほとんど現れない可能性がある)点は知っておきましょう。

でも、一定の結果を出したという意味では、やはりCBDが虫歯に有効である可能性は存在している状況で、期待は十分に持てるでしょう。

だから、実験の結果を鵜呑みにすることはできないとしても、十分に参考になるという指摘は可能だと思うので、そこは覚えておくと良いのではないでしょうか?


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

cbdには耐性があるのか?効果が薄くなってきたと感じるケースはある?


薬を使用していると、どうしても耐性がついてくる場合があります。

これは同じ薬を長期間にわたって、何度も使用することで、効きづらくなる感覚を指しています。

耐性自体は誰にでも発生する可能性があるものですから、頭に入れておいた方が良いと言えるでしょう。

ただ、cbdを利用している人に関しては、cbdでもこの耐性が存在するのではないか?と思う人がいるはずです。

実際、cbdにおいても耐性はあるのか?効きづらくなるという感覚は存在するのか?そういった面について見ていきましょう。


cbdを利用していて効果が薄くなってきたと感じている人は実際にいる

cbdの利用者の中に、耐性を実感している人はいるのか?というと、一応存在しています。

利用者の体験談のような部分をチェックすると、実際にそういう記述がある状況は確認できます。

ただ、これはあくまでの利用者の感覚であるため、それだけでcbdに耐性があると言えるか?は別問題です。

利用者が感じている利き目が薄くなっている状況が、耐性によるものなのか?というと、そこは何とも言えません。

実際、cbdに耐性があるならば、多くの人たちに平等に発生しないといけない状況でしょう。

でも、cbdの利用者の中で利き目が薄くなってきたと感じている証言をしている人はごくわずかです。

したがって、この状況を見ると、cbdに耐性が存在しているという評価をするのは厳しいのではないか?と思われます。

耐性に近い状況が存在するとは言えるものの、それはcbdに備わっている問題ではなく、利用者側に存在している問題かもしれませんし。


cbdに耐性があるという証拠は存在していない

cbdには耐性があるのではないか?という疑問を持っている人がいるかもしれません。

しかし、cbdに耐性が存在しているという研究報告などは一切ないため、基本的には耐性と言える部分は見つかっていない状況です。

そのため、cbdに耐性がないと100%言い切れるわけではないとしても、耐性が存在する証拠は全くないわけです。

すなわち、現状においてはcbdには耐性はないと判断するのが妥当であり、効果が薄くなってきたと感じられる状況はたまたまと評価せざるを得ません。

cbdの効果には個人差が存在していますから、耐性のような症状が出てきたとしても、それも個人差の一種である可能性が考えられます。

ただ、耐性が仮に存在しないとしても、効果が薄くなると感じる可能性は現実的にあるわけですから、そこは覚えておくべきです。

cbdの効き目が小さくなってくるという部分は全員に生じるものではありませんが、起きるかもしれない想定はしておいた方が良いと思います。

でも、この部分に関してはやはり本人の感覚であるという点は忘れてはいけないでしょう。

つまり、慣れからそういう耐性に近い感覚を覚えているだけという可能性も考えられますから。


cbdを初めて使用したときの感動をその後も味わえるとは限らない

cbdの効果が薄くなってきたという感覚については、実際効果が薄くなったのではなく、そう感じているだけのケースがありえます。

cbdを初めて使用して、何らかの変化を感じればかなり新鮮な思いに浸ることができるはずです。

しかし、そういう思いがその後もずっと持続するか?というと、現実的には厳しいものがあるでしょう。

つまり、cbdに備わる耐性によるものではなく、cbdを使うことに関する慣れから、効き目を感じづらくなっているかもしれません。

人間は同じ感動をいつまでも味わうことがしづらい傾向があるため、この可能性は割と考えられるものと思われます。

だから、そもそもの話をすれば、効き目が薄くなっているという体験談自体の信ぴょう性が疑われる状況です。

cbdに耐性が存在するという証拠がない以上、cbdの特性以外の部分に原因を探るというのは現実的な話でしょう。

そして、利用者の感覚に原因があるという可能性は十分に考えられるはずであり、ここは現在利用している人、これから利用する人、ともに頭に入れておくと良いです。

また、実際に利用をするにあたっては、効果の感じ方それ自体についてはあまり気にしない方が良いのではないか?と思われます。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

cbdがアトピーに対して効果があるという事実は論文に明記されている


cbdを利用すると、身体の不調などに対して一定の効果が現れることがあります。

したがって、日頃から悩みに思っている問題をcbdを使って改善できるチャンスは誰にでも存在するはずです。

身体の悩みと言えば、アトピーは代表的だと思われますけど、このアトピーに関してcbdがおすすめと言える余地があります。

それは効果に関しての期待度が高いからで、すでに論文などでその効果について言及されている状況です。

すでに効果があることが証明されたも同然の状況だけに、アトピーで困っている人はcbdの利用を考えてみるのは賢明ではないでしょうか?


慢性的なアトピーは治療をするのが難しい場合もある

アトピーの場合、治療薬が存在しているため、現実的に治すことはできます。

しかし、全員が全員治療薬を使うことでアトピーの症状が緩和するとは言い切れず、慢性的な状況から抜け出せないケースも存在します。

その間、かゆみや湿疹などの症状に苦しみ続ける可能性が高いので、人によっては本当に深刻に感じられるはずです。

ステロイドなどを使えばたいていは治癒するとは言え、それでも症状が収まらないケースではcbdが候補になります。

cbdはアトピーの治療薬という扱いにはなっていませんけど、使用することで好ましい状況に変わる可能性は大いにあるでしょう。

ただ、どうしてアトピーに対してcbdが効果的なのか?そう言える根拠は何なのか?という点は気になるはずです。

cbdがアトピーに対して効果的と言い切れる理由は、それに言及した論文の存在が非常に大きいです。

専門家がcbdとアトピーの関係性について調査をし、出た結論においてcbdにアトピーに対する有効性が認められる状況になっています。


日本臨床カンナビノイド学会が作った論文にcbdのアトピーに対する効果が掲載されている

cbdがアトピーに対して効果的である根拠は、日本臨床カンナビノイド学会が発表した論文にあります。

この論文の中には、cbdが効果を発揮する人間の疾患がいくつか載っており、ここにはアトピーも含まれています。

つまり、この論文によるとcbdを使うことで、アトピーの症状を和らげられる可能性があると断言できるわけです。

だから、アトピーの症状それ自体がマシになると感じられる可能性は大いにあると言えるはずです。

実際、論文内では湿疹、かゆみ、そして皮膚炎の部分に関してcbdが有効と言われているため、これはアトピーの症状に完全に合致します。

だから、アトピーの症状を抑えることができるだけの力があると見て問題ない状況でしょう。

慢性的なアトピーに悩まされている人であれば、この論文が示す内容に期待をしたくなるのではないでしょうか?

ステロイドなどの治療薬を使ってもあまり状況が変わっていない、そんな感覚を持っている人であれば、おすすめの存在と言えます。


アトピーの根本原因に対して効果があるか?どうかは未知数

cbdはアトピーの症状を緩和させられるだけの力は持っていると言え、それがあるだけでも期待は膨らみます。

ただ、やはり理想を言うならば、今後一切アトピーの症状が出ない状況を望む人が多いでしょう。

問題はそういった根本部分まで、cbdは作用できるのか?という点であり、そこに関して気になる人はたくさんいると思われます。

でも、現状においてはcbdはアトピーの症状を緩和させることはできるとしても、どうしても一時しのぎになりやすいです。

つまり、1度治ったと思っても、それ以降以前と同じ状況が再発しないとは言い切れません。

できれば根本的にアトピーを治したいと思うところですが、そこに関しては論文では明記されていない状況です。

論文を根拠にした場合、アトピーを根本的に治すことは不可能とは言えないものの、厳しいケースも十分に考えられるわけです。

根本的な治療に対する期待は、現状ではどうしても乏しいという評価になってしまいます。

アトピーに関しては、完全に治る人もいれば、治っては再発という状況を繰り返す人もいるだけに状況は様々でしょう。

cbdのアトピーに対する効果については、どうしてもケースバイケースになりがちという点は覚えておいてほしいです。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヘンプシードオイルで得られる4つの効果効能をしっかり解説


ヘンプシードオイルは、健康への効果効能が期待されているオイルです。健康に関心がある方、ヘンプシードオイルに興味がある方は、効果効能が気になるのではないでしょうか。

ここでは、ヘンプシードオイルに期待される働きを解説します。


ヘンプシードオイルとは

ヘンプシードオイルは、アサ科の植物の実から絞ったオイルです。

ヘンプとは、アサ科の植物のことです。ヘンプの実は食用にされており、そのまま食べたり、搾油をしたものを食べたり、化粧品などに使用したりされています。

ヘンプシードオイルの特徴は、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸が豊富に含まれていることです。

一般的に調理に使用されておるオイルのオメガ3とオメガ6の含有量は100gあたり、大豆油でオメガ3が6.1g、オメガ6が49.67g、とうもろこし油でオメガ3が0.76g、オメガ6が50.82g、米ぬか油でオメガ3が1.15g、オメガ6が32.11gです。オメガ3よりもオメガ6の方が多くなっています。

一方、ヘンプシードオイルは100gあたり、オメガ3は18gほど、オメガ6は55gほどとなっています。他のオイルよりもオメガ3が多く含まれているのです。

オメガ3とオメガ6の摂取の理想的な割合は1:4とされており、ヘンプシードオイルはこの値に近い割合になっています。

オメガ3は酸化しやすいオイルなので、加熱調理には向きません。そのため、オメガ3を豊富に含むヘンプシードオイルは、加熱料理には向いていないオイルです。


美肌への働き

人間の肌細胞は細胞膜に包まれています。細胞膜はリン脂質と膜タンパク質で構成されています。つまり、細胞膜を作るためには油が必要なのです。

油(脂質)といっても、オメガ3、オメガ6などさまざまな種類があり、その働きは異なります。オメガ3が肌細胞の原料になると、肌が潤うことが期待できます。

肌の乾燥は、ニキビ、くすみ、シワなど、さまざまな肌トラブルの原因です。肌が潤うことにより、肌トラブルの少ない状態に近づくことが期待できます。


便秘解消の働き

便通をよくするためには、食物繊維の摂取が大切です。食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は腸の働きを促す、水溶性食物繊維には、糖や脂肪の吸収を穏やかにする、腸内細菌のエサになるなどの働きがあります。

しかし、食物繊維をたくさん摂っても便通がよくならないことがあります。

その場合、オイルを適度に摂取するとよいでしょう。オイルを摂取することで便の滑りがよくなり、便通が促されることが期待できます。

オイルの中でも便通を促す働きが大きいと期待できるものが、オリーブオイルです。オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれており、オレイン酸が腸の働きを活発にしたり、便の滑りをよくしたりします。

ヘンプシードオイルにもオレイン酸が含まれています。また、オレイン酸以外の脂肪酸にも便の滑りをよくする働きは期待できます。


血流の改善の働き

オメガ3には血小板の凝集を抑える働きがあります。血小板とは血液中の成分の一つで、怪我をしたときに血液凝固にかかわっているものです。

また、オメガ3は血栓を防ぐ働きも期待されています。

これらの働きによって血流の改善が期待できます。

血栓ができてしまうと、心疾患や脳疾患のリスクを高めます。血栓を予防し、血流を浴することは、これらの疾患を予防するうえで大切です。


脳への働き

脳の大部分は脂質でできています。その割合は、乾燥重量で6割ほどです。

オメガ3が不足をすると、脳の働きに影響を及ぼすことがあります。軽度から中程度のアルツハイマー患者に、1日1.8gのオメガ3を24週間摂取させたところ、症状の改善が見られたという報告があります。

それくらい脳にとって脂質は重要で、オメガ3が重要な働きをしているといえるでしょう。

また、脳の情報伝達をスムーズにする働きもあるといわれています。

魚を食べると頭がよくなるといわれていたことがありますが、このようにいわれているのは、魚にオメガ3が豊富に含まれていることが関係しています。

ヘンプシードオイルもオメガ3が豊富に含まれています。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDは多発性硬化症に対しても効果を期待できるのか


多発性硬化症は、厚生労働省が指定する難病の一つです。

日本では12000人ほどの患者がいると推計されています。

発症年齢は30歳前後で、男性よりも女性の方が多いです。

難病なので、よいといわれるものがあれば、すぐにでも試してみたい方もいることでしょう。

現在世界から注目されている成分がCBDです。

CBDには、さまざまな働きが期待されているのですが、多発性硬化症とは何か関係があるのでしょうか。


多発性硬化症とは

多発性硬化症は中枢神経系の病気で、視力障害、運動障害、感覚障害などの神経症状の再発と寛解を繰り返します。

中枢神経は、神経細胞体と軸索で構成されています。

神経細胞体のシナプスという部位で信号を受け取り、軸索を電気信号が流れ、次の神経細胞体へと信号と伝えていきます。

軸索はミエリン(髄鞘)というもので覆われています。

多発性硬化症はミエリンが壊れてしまい、信号が伝わりにくくなってしまうことで、症状が現れます。

病状によって「再発寛解型」「一次性進行型」「二次性進行型」に分類されています。

再発寛解型は症状の再発と消失を繰り返します。

一次性進行型は初めから症状が継続して進行するタイプ、二次性進行型は、初めは症状が現れたり消えたりしますが、次第に症状がゆっくりと進行をしていきます。

多発性硬化症は原因がはっきり解明されていないので、治療は再発の予防と症状の進行を抑制する薬物療法が中心になります。


日常生活で注意すること

2020年の時点では多発性硬化症を治す方法は明らかになっていません。

日常生活に気をつけて、上手に付き合っていくことがQOLを維持していくためには大切だといえるでしょう。


体温の上昇に気を付ける

体温が上昇すると一時的に症状がひどくなることがあります。

体温が下がればおさまります。

長時間日光にさらされる、入浴をする、運動をするなどで体温が上がりすぎないように注意が必要です。


軽い運動をする

軽い運動は、筋肉の維持と気分転換に役立ちます。

激しい運動は体温を上昇させたり、体の負担となるので、自分の体力にあった運動内容や運動時間で行いましょう。


感染症の予防

ウイルスなどに感染をすると免疫系が働き出して、再発する恐れがあります。

感染症予防の基本は、手洗いとうがいです。


十分な睡眠時間をとる

疲労やストレスは再発のきっかけになることがあります。

睡眠には体を休め、ストレスを軽減する働きがあるので、十分な睡眠時間を確保しましょう。

人によって必要な睡眠時間は異なるので、日中眠くならない程度の睡眠時間を確保するとよいでしょう。


CBDに期待できる働き

CBDとはカンナビジオールのことで、大麻草に含まれている成分です。

大麻草というとマリファナを連想する方もいることでしょう。

マリファナにはTHCという成分が多く含まれています。

THCは幻覚や幻聴を引き起こすことがある成分で、日本の法律で規制されています。

CBDは産業用ヘンプというTHC含有量が少ないものから抽出されています。

日本の法律では規制されていない成分です。

CBDは医療や科学の分野で注目されており、これまで数々の研究がされてきました。

アメリカでは、エピディオレックスというCBDを含む医薬品が、ドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群の治療薬として承認されています。

カナダでは、多発性硬化症に伴う疼痛の緩和のための医薬品として、ナビキシモルスが承認されています。

日本では2019年に臨床試験のためとしてエピディオレックスの使用が認められ、聖マリアンナ医科大学で治験の申請準備がされました。

しかし、2020年の時点ではCBDは医薬品として日本では認められていません。

カナダでは多発性硬化症に伴う疼痛の緩和にCBDを含む医薬品が使用されており、日本の多発性硬化症の患者さんもCBDを含む医薬品を使ってみたいということもあるでしょうが、まだそれは実現していません。

CBDは現在日本で、オイルやカプセルなどの形でサプリメントとして販売されています。

しかし、医療用とサプリメントでは配合濃度が異なるので、サプリメントを摂取して医薬品のような効果が期待できるとは限りません。

CBDを試してみたい場合は医師に相談をしてください。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

多汗症にも効果があるのか。正常性が期待できるCBD


手のひらに大量に汗をかいて手をつなげない、汗で紙を濡らしてしまってうまく文字をかけないなど、多汗症の人は日常生活で困っていることが珍しくありません。

原因がわからない多汗症は、自律神経の働きが関係しているといわれています。

体のバランスを整えることに役立つと考えられている成分がCBDです。

多汗症に悩んでいて、何でも試してみたいと考えている方もいることでしょう。

では、CBDは多汗症の改善に役立つのでしょうか。


多汗症とは

多汗症とは、異常な量の汗をかく症状のことです。

運動をしたり、お風呂に入ったりなど、体温が上昇すると汗がでるものですが、多汗症の人は体温上昇によるものなど生理的なものではなくても、大量に汗をかいてしまいます。

多汗症は、全身性多汗症と局所性多汗症に分けられます。

全身性多汗症は、手、足、背中など、体全体に大量の汗をかく症状です。

全身性多汗症の中で原因がわかっているものは、続発性全身性多汗症といいます。

局所性多汗症は、手のひら、脇、足の裏など、特定の部位から多量の汗が出る症状のことです。

局所性多汗症の多くは原因が特定できないもので、原発性局所性多汗症と呼ばれています。

原発性局所性多汗症は、自律神経の乱れが関係しているのではないかと考えられています。

治療は、原因が特定できるものであれば、その原因を治していきます。

原発性多汗症の治療には、塩化アルミニウムの外用、抗コリン作用をもつ外用薬の使用などがあります。

ボトックスの注射、イオントフォレーシス療法、交感神経遮断術などもあります。

どの部位から大量に汗がでるのか、治療を行うことで生活の質にどう影響が出るのかなどを考えて、治療方法を選択する必要があります。


CBDとは

CBD(カンナビジオール)は、麻(ヘンプ)に含まれるカンナビノイドの一種です。

ヘンプには、80種類以上のカンナビノドが含まれているといわれており、その中でもCBDは注目されて研究報告がされています。

ヘンプに含まれるカンナビノイドの中には、THCという成分もあります。

THCは幻覚や幻聴を引き起こすことがあり、日本の法律では規制されている成分です。

一方、CBDは日本の法律では規制されておらず、向精神作用のない成分です。

日本で販売されているCBD製品はアメリカやヨーロッパから輸入されています。

輸入の際には、写真や成分分析書など必要書類を提出しています。

第三者機関によってTHCを含んでいないことを確認しています。


CBDとホメオスタシス

現代社会に生きる人間は、多忙な仕事、満員電車、大気汚染、食品添加物など、さまざまなストレスにさらされています。

適度なストレスは体によい影響を与えるといわれていますが、過度のストレスは心身の負担になります。

ストレスにさらされ続けると、自律神経のうち交感神経が優位になり、体や心に不調が現れることがあります。

ストレスにうまく対処できないのは、ホメオスタシスがうまく機能していないことが関係しています。

ホメオスタシスとは恒常性のことで、体温を一定に保つ、暑いときに汗をかく、傷を治そうとするなど、常に体を一定に保とうとする働きのことです。

ホメオスタシスは、食欲、免疫、睡眠、運動など、体のさまざまな機能にかかわっています。

ホメオスタシスは誰の体にも備わっている機能ですが、加齢やストレスの影響によって働きが落ちていくといわれています。

この状態を放置していると、心身に影響を与える可能性があります。

加齢の影響はどうすることもできませんが、ストレスの影響は対処が可能です。

ホメオスタシスの機能を保つためには、規則正しい生活、適度な運動、十分な睡眠などが大切です。

そうはいっても、十分な時間をとれないことがあります。

そこで注目されているものがCBDです。

CBDは体内の機能の調節にかかわるエンドカンナビノイドシステムの働きをサポートすると考えられています。

エンドカンナビは、血圧、食欲、体温、睡眠、免疫など、体のさまざまな機能にかかわっています。

ストレスが多い現代社会に生きる私たちをサポートしてくれる成分と注目されているのです。

CBDは脂溶性で、オイル製品が多くで回っています。

CBDオイルは口から摂取をします。

また、クリームやバームなど塗るタイプもあります。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDのリラックス効果は誰にとってもメリットに思えるはず


CBDの効果の中でどういったものを重視しているか?は人によって違うと思います。

ただ、誰が使用した場合であっても、確実にメリットに感じられる効果があります。

それがリラックス効果で、これはそれを感じることに対しての喜びを全員が実感できるはずでしょう。

それ以外の効果は人によってメリットに感じられたり、そうじゃなかったりというケースに分かれることもあるはずです。

ただ、リラックス効果をメリットとして感じられない人はまずいないはずで、ここはCBDを使ったことがない人、これから使用を考えている人は特に理解しておくべきでしょう。


心身をリラックスさせることができるのがCBD

CBD製品を買って、実際に使うといろいろな効果が現れることになります。

その中の1つにはリラックス効果があり、これは具体的に言えば不安を打ち消し、緊張を緩和する効果と言えるでしょう。

不安や緊張という感覚は誰もが持っているもので、ときには生じてしまいます。

ただ、基本的にはこういったものがプラスに作用するとは言えず、どちらかと言えばマイナスに作用しがちなはずです。

そうであれば、不安や緊張という感覚はできれば解消できた方が良いので、CBDのリラックス効果は非常に重要と評価できます。

リラックスできるということは、平常心でいられるわけですから、いろいろな機会で自分の本来の力を発揮しやすいはずです。

そして、本来の自分の力を発揮しないといけない機会に関しては、誰もが持っているはずです。

そのときに不安や緊張を感じたままなのか?それらを解消できているのか?の違いは非常に大きいと言えます。

だからこそ、CBD製品を使ったときのリラックス効果は大きなメリットとして評価ができるわけです。


失敗ができないと感じたときにCBDのリラックス効果は有効

リラックスすること、平常心でいることが求められる場面は確実に人生の中であるでしょう。

そういうときにはCBDに頼ることで、理想の精神状態を作ることが可能と言えます。

CBDを使うのはどちらかと言えば大人であり、社会人である可能性が高いでしょう。

社会人であれば、会社などで働いているときにそういうケースに遭遇することは普通にあるでしょう。

多くの人に顕著なのは、例えばプレゼンをするような機会で、特に社外の人間を相手にするときは不安は相当あるはずです。

また、緊張感も高いレベルになっていることもあるでしょうし、そのままの状況で臨むと失敗する可能性が十分に考えられます。

だから、事前にCBDを摂取し、不安と緊張を解消しておけば平常心で本番に臨むことができるため、仕事が上手くいく可能性があります。

社会人にとって、こういった場は自分の出世や昇給などにもかかわってくるため、非常に大きな場面と言えるでしょう。

そういうシチュエーションを上手くくぐりぬけることができるか?少なからず失敗するか?は人生の大きな分岐点になるかもしれません。


CBDに頼ることができる状況を安心感として捉えられるようになる

CBDの持つリラックス効果により、失敗が許されない状況において不安や緊張感を覚えづらくなる可能性が高まり、その結果として成功の確率が高まる期待を持てます。

実際にCBDを使って不安や緊張感が緩和されれば、特定のケースにおける失敗を回避しやすくなり、自分自身としても上手くいきそうだという感覚を持てるでしょう。

そして、そのような経験を過去にしていれば、それはその後の安心感につながるのではないでしょうか?

要するに、過去にCBDを使って不安や緊張感に関して明らかに減退が感じられた経験をしていれば、CBDを頼れば大丈夫だと思えるはずです。

無意識のうちに、過去の経験が自信になり、それが安心感に変わっている状況は普通にありえます。

だから、CBDがお守りのような存在に感じられ、そういう状況を実際に体験できれば、怖いもの知らずといった気分になるでしょう。

CBDさえあれば、どんなときでも平常心でいられるような、多くの人にはまず想像できない感覚を得ることができるはずです。

そのような境地に至ることができたなら、精神面においては無敵状態と評価でき、不安や緊張とは無縁とも言える光景を手に入れることができると言えます。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDで得られる効果はサウナを活用することでも得られる


CBDを使うと、人の精神状態に対して大きな効果をもたらすことが可能となります。

それによって心身ともに非常に理想的な状況を実現でき、日常生活を大きく変えることができるでしょう。

しかし、そういった効果を実現できるのはCBDだけではなく、他にもいくつか候補が存在します。

その1つがサウナであり、実はサウナを利用することで、CBDを使ったときに発生する精神面に対する効果と同等のものを生み出すことが可能です。

そういった部分を知っておくと、サウナに対する見方が変わる可能性があるでしょう。


CBDはリラックス効果や多幸感を生み出すことが可能

CBDを使用することのメリットの1つには、精神面への影響があります。

具体的に言うと、リラックス効果や多幸感の実現があり、これは多くの人たちにとって魅力的な状況と言えます。

リラックス効果は不安を打ち消すことにより、精神的な安定を実現することが可能です。

多幸感は精神状態が優れている、安定していて少なからず気分がいいといった状況を生み出します。

どちらの効果も非常に大きなメリットと評価でき、ここを目当てにCBDを使用している人もいるでしょう。

こういった部分はCBDの効果としてはメジャーですけど、これと同様の効果を別の存在から得ることもできます。

それがサウナであり、実はサウナを利用することでリラックス効果や多幸感を覚えることが現実的に可能と言え、その点は覚えておくべきでしょう。

サウナは銭湯に行けば設置されているケースも多いですし、身近な存在として利用することができるはずです。

したがって、CBDを利用しながらサウナという選択肢も頭に入れておくと良いのではないでしょうか?


サウナと水風呂を利用することでリラックス効果や多幸感を実現できる

CBDを利用したときに生まれるリラックス効果や多幸感に関しては、サウナを利用しても実現できます。

ただ、普通にサウナに入るだけではなく、水風呂も利用する必要がありますが。

「温冷交代浴」と呼ばれる、サウナと水風呂を交代で何度も利用するという手法により、精神面に影響を与えられます。

実際にこれを実行したときには、脳内でβ・エンドルフィン、セロトニン、オキシトシンといった神経伝達物質が分泌されています。

こういった物質は脳内麻薬と表現されることもあるほどの存在で、それだけ人間の精神面に大きな変化をもたらします。

不安を解消し、気分がすぐれている状況になるという言い方が適当であり、この温冷交代浴を実践することで得られるメリットは非常に大きいです。

サウナとともに水風呂が必要ですけど、サウナが設置されているところであれば水風呂はだいたいあるでしょう。

したがって、誰にとっても実現しやすい方法であると言え、今日からでも試すことが可能と言えるのではないでしょうか?

サウナと水風呂を利用して、自分にとっての理想的な精神状態を実現することをぜひ考えてもらいたいです。


温冷交代浴とCBDを組み合せることもおすすめ

サウナ、水風呂を利用した温冷交代浴を実践することで、CBDを使ったときと同じような効果を得ることが可能です。

しかし、この2つを組み合わせたらどうなるのか?について気になる人もいるはずです。

効果の感じ方は人によるとは言えるものの、実際にやってみた人の感想を確認すると、より効果が大きくなったと証言している人はいます。

どちらかを単体で試したときよりも、温冷交代浴を実践しながらCBDを摂取する方法を試した結果、いつも以上にリラックス効果、多幸感を得ることができた人が確認できます。

だから、どちらか一方だけでも意味はありますけど、可能ならば同時にやってみるのも良いでしょう。

リラックス効果や多幸感をより大きく得ることができれば、それだけ精神面への影響も大きくなります。

そして、勉強や仕事などに身が入りやすくなるとも言え、毎日の生活が変わる、充実する可能性も大いに考えられるはずです。

CBDに詳しい人でも、温冷交代浴に関しては知らない人も多いのではないか?と思われます。

CBDと同様の効果を発揮できる存在として頭に入れておくといいと思いますし、可能な範囲で実際に行ってみてほしいです。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

実験結果にみるCBD摂取による覚醒と睡眠の線引き


CBDオイルを試した方は「リラックスする」「よく眠れる」と話す一方、「覚醒する」「集中力が高まる」と話す人もいます。

リラックスすることと覚醒することは逆の作用です。

どうしてCBDが真逆の作用を示すのでしょうか。

CBDとリラックス・覚醒の関係について解説をしていきます。


CBDやCBDオイルとは

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中の一種です。

大麻草というとマリファナを連想しますが、マリファナの主成分はTHCというカンナビノイドの一種です。

THCには向精神作用があり、日本の法律では規制されています。

それに対し、CBDには向精神作用はなく、日本の法律では規制されていません。

CBDオイルは、油脂にCBDを配合したものです。

ベースとなる油脂には、ココナッツオイル、MCTオイル、ヘンプオイルなどが使用されることが多いです。

CBD製品にはリキッドやカプセルなどもありますが、オイルは手に取りやすい製品といえるでしょう。

ベースとなるオイルの違い、配合濃度の違いなど、さまざまな製品が出回っています。


CBDとエンドカンナビノイドシステム

人間の体にはエンドカンナビノイド(ESC)が備わっています。

ESCは体のバランスを調整するために働く機能で、免疫、運動機能、心肺機能、食欲、睡眠などにかかわっています。

人間の体には内因性カンナビノイドというものも存在しています。

内因性カンナビノイドは体内の受容体(CB1、CB2)に働きかけて、ESCの働きをサポートします。

CBDはカンナビノイド受容体に働きかけてESCにかかわり、さまざまな身体機能のバランスの調整をサポートすることが期待されます。

ストレスの緩和、食欲の調整、睡眠、炎症の抑制など、さまざまな働きへの期待が寄せられています。

これまで数多くの研究論文が発表され、現在もCBDの研究が進められています。


CBDと睡眠・覚醒

睡眠と覚醒は真逆の活動です。

CBDオイルを試した人の中には、「よく眠れるようになった」と話す人もいれば、「集中力が高まった」と話す人もいます。

どうしても同じ物質なのに逆の体験をしているのでしょうか。

ラットを使った実験があります。

ラットに高容量(体重1kgあたり10mg~40mg)のCBDを与えるとラットの睡眠率が増加しました。

低用量を与えた場合には、ラットの睡眠時間が減少をし、起きている時間が長くなりました。

このように、ラットの場合は高容量のCBD投与によって睡眠が促され、低用量の投与の場合には覚醒度が高まると考えられます。

ラットを使った実験なので、この結果がそのまま人間に当てはまるわけではありませんが、人間の場合は使用量によって体への働きが変わると考えられます。


CBDの摂取方法

CBD製品には、いろいろなタイプがあり、摂取方法が異なります。


CBDオイル

舌下投与をするタイプです。

スポイトを使用して舌に数滴を垂らし、90秒ほどそのままの状態を保ちます。

舌の皮膚から吸収させたいので、すぐに飲み込まずにしばらく舌に留めておきます。

その後に飲み込みます。


CBDリキッド

電子タバコで蒸気にして吸引をします。

CBDリキッドには、ミントやカフェなどさまざまなフレーバーがあり、好みにあわせて選ぶことができます。


CBDカプセル

CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

カプセルに閉じ込めることで、CBD独特の苦みがわかりにくくなっています。

水やぬるま湯と一緒に飲みます。


CBDを摂取すると眠気が出てくることがあるので、運転前・運転中には摂取をしないでください。

CBDを摂取することで眠気がでることもあれば、集中力が増すこともあり、時間帯にあわせて摂取することが上手な利用方法です。

寝つきが悪いときには就寝前に摂取するとよいでしょう。

集中して作業をしたいといったときには、仕事中などに摂取するとよいでしょう。

仕事中には周りの人の視線があるので、CBDリキッドだと使いにくいかもしれません。

CBDオイルやCBDカプセルだと職場でも摂取をしやすいです。

カプセルなら持ち運びもしやすくなっています。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDを人前で摂取するのが気になる方へ

人前で話すときに緊張してしまう、人前に出ることを考えると怖い、このような経験がありませんか。

普段からプレゼンなどで人前に出る機会が多い人にとって、緊張をしたり、恐れを感じたりするようなど、困ってしまうことでしょう。

「何度も経験を積めば慣れるよ」ともいわれますが、経験するにも不安を感じてしまうと思います。

人前に出るときに緊張してしまう、不安を感じるというときに、気持ちの面でサポートしてくれそうなものがCBDです。

ここでは、CBDに期待できる働きや人前で摂取するときの方法を解説していきます。


CBDとは

CBDはカンナビジオール(Cannabidio)の略称です。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれており、CBDはその中の一つです。

アメリカではCBDを使用した、商品名[エピディオレックス]が医薬品として承認されています。

日本ではまだ医薬品としては使われていませんが、CBDを配合したオイル、リキッド、カプセルなどが販売されています。

大麻草と聞くと違法なのではないか、危険があるのではないかと思うことでしょう。

日本の法律で規制されているのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)です。

THCはマリファナの主な成分で向精神作用があります。

一方、CBDは忍容性が高く、THCのような向精神作用はありません。

日本ではCBDの所持や使用を規制していません。


CBDの働き

人間には身体機能を調節する働きが本来備わっています。

睡眠、食欲、体温なども、もともと体に備わっている機能によって調整されています。

普段意識しなくても体温が一定に保たれているのも、この働きによるものです。

私たちの身の回りには、ストレスを与えるようなことがあふれています。

また、人間は加齢の影響から逃れることができません。

ストレスや加齢は、本来備わっている身体機能を低下させる要因です。

もともと備わっている身体機能調整作用が衰えることが、さまざまな疾患につながるのではないかと考えられています。

CBDには人間の体に備わっている身体機能調節作用を手助けする働きが期待できます。

具体的には、睡眠の改善、食欲の調整、集中力のアップ、メンタル面の調整などです。

動物実験の段階のものもあり、これから臨床試験で働きが確かめられることが期待されます。


人前での摂取方法

CBD製品には、オイル、リキッド、カプセル、クリーム、バームなどがあります。

緊張する場面では人の目があるので、人前で摂取しやすい形態のものを選ぶとようでしょう。


CBDオイル

CBDオイルは、MCTオイルやココナッツオイルをベースにCBDを配合したものです。

スポイト式の容器が一般的で、スポイトで適量を取り、舌に直接垂らして摂取をします。

大きく口を開けて上を向いて摂取をするので、人前では使いにくいかもしれません。

CBDオイルをスプレーボトルに入れた製品もあり、こちらの方が人前では摂取をしやすいです。


CBDリキッド

ヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をします。

周囲から見るとタバコを吸っているようです。

ニコチンやタールなどは含まれていませんが、受動喫煙を嫌がる人もいるので、人前では使用しない方がよいでしょう。


CBDカプセル

CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

水と一緒に飲み込みます。

小さなカプセルのものが多く、素早く口に含んで飲み込んでしまえば、人目はあまり気にならないことでしょう。

サプリメントケースに入れておけば、持ち運びをしやすいです。


CBDクリーム、CBDバーム

肌に塗るタイプのCBDです。

人前で緊張するときに使用するというよりも、肌のケアのために使用されることが多いです。

CBDクリームやCBDバームの中には、ラベンダーやカモミールなどリラックスできるような香りを配合しているものがあり、香りによる緊張緩和作用が期待できます。


CBDグミ、CBDチョコレート、CBDキャンディー

一般的なお菓子と同じ見た目です。

違うことはCBDが配合されていることです。

人前に出るときに緊張していると、食欲がなくて口にしにくいかもしれません。

しかし、普通のお菓子を食べているように見えるので人目は気になりません。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガを行ううえでCBDの存在は非常に有益となる


CBDはその独特の効果により、実にいろいろなシーンで活用される可能性がある存在です。

そして、実はヨガを行う場面においてこのCBDが利用されている状況があります。

ただ、CBDとヨガがどのように関係しているのか?どういうメリットがあるのか?そこが理解できない人もいるはずです。

国内ではこの組み合わせがそこまでメジャーではないだけに、詳しく知らない人は実際多いです。

でも、海外では割とメジャーな国もあるという点は重要でしょう。

したがって、CBDとヨガを組み合せることのメリット、そして海外での状況について知っておくといいと思います。


海外ではCBDに関するヨガのクラスが当たり前に存在する場合がある

国外に目をやると、実はCBDとヨガの組み合わせは割と普通だったりします。

日本でも同様のケースが見られるかもしれませんが、海外ではヨガのレッスンに関して、CBD専用のクラスが設けられている場合があります。

通常のクラスと何が違うのか?というと、CBDを感じながらのレッスンとなっています。

例えば、CBDをキャンドルで炊いたりするなど、通常のヨガとは違った光景として映ります。。

もちろん、これはヨガのレッスンを行うにあたって、メリットがあるからこそ実施しているわけです。

海外ではCBDのメリットに着目して、積極的にそういったものを普段のヨガに取り入れている国があります。

したがって、日本でも同様の状況が見られれば、そういったヨガのレッスンを利用していくのはおすすめです。

ただ、その前にはCBDとヨガを組み合せることのメリットとして、どんなものがあるのか?について詳しく知っておきましょう。


CBDによる集中力を高められる効果はヨガで大いに発揮される

CBDに備わっている効果により、ヨガを行う際に明らかなメリットが生じる場合があります。

その1つが集中力のアップであり、これはヨガを実際に行っている人が体感しやすい効果と言えるのではないでしょうか?

集中力を高める効果に関しては、ヨガ以外でもメリットを実感することができ、例えば勉強をしているときなどのケースで有効です。

しかし、ヨガも例外ではなく、ヨガそれ自体に集中できた方が実になりやすいと言えるはずです。

ヨガの場合には、特定の身体の姿勢を維持し続けるといったことが大切になってきます。

そのためには運動能力も重要ではありますが、集中力を発揮させることもどうしても必要と言えるでしょう。

また、ヨガに臨む際には余計なことを考えない、頭の中をすっきりさせるといったことも求められます。

これに関しても集中力が関係しており、ヨガのことだけを考える際にはCBDの集中力を高められる効果が有益に作用するはずです。

また、CBDにはリラックス効果も備わっているため、それ自体も集中力のアップに貢献してくれると評価できます。

CBDはヨガを行うにあたって、必要と言える理想的な心身の状況を実現させることができる力を持っています。


CBDの痛みを抑えられる効果がヨガを行うときに役立つ

CBDには痛みを和らげられる効果があり、一般的には鎮痛作用と言われています。

この効果に関してはヨガを行うときに役立つ状況が考えられるため、そこに関しても理解しておいてほしいです。

ヨガは激しい動きをするわけではないので、ケガのリスクは小さいですし、痛みを緩和させる効果がそんなに有効なの?と思うかもしれません。

ただ、ヨガは多くの人たちにとって無理な体勢をとることがあり、どうしても身体にとっては負担になりやすいです。

特に身体の柔軟性の部分には個人差があるため、結果的に身体に痛みが生じるリスクは十分にあります。

当然ながら痛みを感じる状況では、満足にヨガを続けることができません。

実際、ヨガを行っている人の中には筋肉痛や関節痛などに悩まされている人もいるため、CBDがそういった症状を和らげることで、満足にヨガを行うことができる人を増やすことが可能になるでしょう。

長期的にヨガをやっていれば、自分の身体に痛みを感じることは普通と言えるため、CBDを使うことで十分にメリットを感じられるはずです。

痛みの問題に関しては、ヨガを中止せざるを得ない状況になる可能性もありますから、それを防ぐことができるならばかなり効果的な部分と評価できるのではないでしょうか?


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

体質や体重によるCBD摂取量の違いとは


ストレスの多い現代社会に生きる人たちのサポートとなってくれると期待されている成分がCBDです。

健康面や美容面で注目されていますが、人それぞれ体質があるので摂取方法や摂取量が体質によって違ってきます。

安全に摂取をするためには、自分の体質を知って適切な摂取方法や摂取量を把握することが大切です。

ここではCBDが初めての人は、どの程度摂取すればよいのでしょうか。


CBDとはどんな成分?

CBDという言葉をはじめて聞く人もいることでしょう。

そもそも、CBDとはどんな成分なのでしょうか。

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略で、大麻草に含まれている成分の一種です。

大麻草にはカンナビノイドという成分が含まれており、含まれる成分の種類は80~114種類ほどになるといわれています。

CBDの他にも、THC、CBG、CBNなどのカンナビノイドが含まれています。

日本ではマリファナが規制されていますが、マリファナにはTHCという成分が主に含まれています。

THCは脳内の受容体への親和性が高く、摂取をすると幻覚、幻聴、精神錯乱などを引き起こすことがあります。

THCもCBDも大麻草に含まれている成分ですが、CBDにはTHCほど受容体への親和性が高くなく、向精神作用はありません。

日本の法律ではCBDは規制されておらず、現在CBDを使用したオイル、リキッド、サプリメント、チョコレートなどの製品が販売されています。

CBDの研究が進められており、健康面や美容面での働きが期待されています。


CBDの摂取量はどうやって決める?

薬の場合は1日にどれくらい摂取をしなさいと具体的に記載することができますが、CBD製品は薬ではないため具体的な量を記載することができません。

そのため、どの程度摂取をしたらよいのか困ってしまうことでしょう。

CBDの摂取目安量は体質によって違ってきます。

たとえば薬の場合だと、服用量は体重によって計算をします。

体重50kgの人と体重100kgの人では、体重に2倍もの違いがあり、同じ量を摂取しても同じ働きが期待できるのではありません。

体重が重くなるほど変化が期待できるCBD摂取量は多くなる傾向があります。

しかし、体重は一つの目安です。

それ以外にも体内の代謝効率が関係してきます。

CBDを効率的に体内に吸収することができるか、吸収した後にうまく利用することができるか、すぐに分解・排泄されてしまわないかということが関わってくるのです。

同じ体重50kgの人でも体質が違えば摂取目安量は変わってきます。


服用している人や持病がある人は医師に相談

CBDを利用している人は、アスリートだったり、一般的な事務仕事をしている人だったりさまざまですが、主に健康な人が利用をしています。

しかし、中にはちょっとした不調を何とかしたくて利用を考えている人もいることでしょう。

現在服用をしていたり、持病を持っていたりする人は、医師や薬剤師に相談をしてください。

CBDと薬との相互作用が心配なためです。

服用をしていなくても持病があるようなら、CBDがどのように体に作用を及ぼすのかわからないので、必ず医師に相談をしましょう。


多く摂ればよいのではない

CBDを多く摂取するほど効果が高まりそうで、多く摂取するほど体によいイメージを持っているかもしれませんが、そうではありません。

CBDは容認性が高く、1日1500mg程度までなら安全に摂取できるといわれています。

しかし、少量であっても食欲不振や頭痛などの副作用が現れる人がいます。

これも体質によるものです。

CBDに限ったことではありませんが、ある一定量までは摂取量を増やすほどに効果が高まりますが、ある量を超えると摂取量が増えるほどに効果が薄くなってしまうことがあります。

たくさん摂ればよいのではないのです。

特に初めて摂取する人はどの程度までなら安全に摂取できるのか把握していないので気をつけましょう。

初めて摂取する場合は製品に記載されている摂取方法や摂取量をよく読み、少ない量から摂るようにしてください。

慣れてきたら体質にあわせて量を調整してみましょう。

また、製品によってCBD配合濃度が違うので確認をしてください。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDは現代社会の救世主となるか?


情報にあふれ、残業続き、満員電車など、過酷な環境の現代社会。

日々ストレスを感じながら生活している人は少なくありません。

ストレス過多な現代社会に生きる人に注目されつつある成分がCBDです。

CBDは医療や科学の面で研究が進んでおり、最近は美容面での働きも注目されています。

では、CBDは過酷な現代社会に生きる私たちにどのような働きをもたらしてくれるのかみていきましょう。


CBDとは

CBDは大麻草に含まるカンナビノイドの一種です。

大麻草に含まれるカンナビノイドは80種類以上あるといわれており、CBD以外にもTHC、CBN、CBGといったものが存在しています。

脂溶性成分のため研究が難しく、これまで研究が思うように進んでいなかったのですが、研究結果の蓄積などによってCBDについてさまざまなことがわかってきました。

大麻草と聞くとマリファナを連想して危険に感じる人もいることでしょう。

マリファナの主成分はTHCです。

THCは向精神作用がある成分で、日本の法律では規制されています。

CBDは向精神作用のない成分で、日本の法律では規制されていません。

大麻草といっても種や抽出部位によってCBDやTHCの含有量が違います。

CBDの場合は日本の法律で規制されていない大麻草の完熟した種子や茎から成分を抽出し、THCを取り除いた原料を用いて製品化をしています。

原料や製品の輸入は日本の厚生労働省の指導のもと行われており、必要書類を提出しています。

第三者機関による成分分析を行っている企業もあります。


ストレスが多い現代社会

膨大な情報、大気汚染、食品添加物、満員電車、残業、人間関係など、現代社会にはストレスがあふれています。

ストレスは体に影響を与えて、うつ状態、胃痛、頭痛、不眠などの不調を招く原因といわれています。

生物にはストレスに対抗するシステムが備わっています。

一時的なストレスであれば体のシステムによって乗り越えることができ、適度なストレスはよい刺激になります。

しかし、ストレスがかかり続けるような状態が長期的に続いたり、大きなストレスがかかったりすると、体のシステムに乱れが生じることがあります。

体温、心拍数など人間の体は常に一定の状態に保たれていて、一定の状態に保とうとする働きのことをホメオスタシスといいます。

ホメオスタシスは、運動機能、食欲、睡眠、免疫などにもかかわっており、健康的に生活をするために重要な働きです。

不眠、食欲不振、うつ状態など何らかの不調を抱えているようなら、ホメオスタシスの働きがうまく機能していない可能性があります。

ホメオスタシスは加齢の影響も受けます。

老化は食い止めることができません。

そのため、運動習慣を作る、規則正しい食事をする、外から成分を補給するといったことが、ホメオスタシスの働きをよく保つために大切なことです。


ホメオスタシスとCBD

ホメオスタシスの機能を保つためには、適度な運動をする、リラックスを心がける、食事バランスに気を付けるといったことが大切ですが、運動をする時間を取れなかったり、リラックスしようと思ってもうまくできないことがあります。

そんな現代社会に生きる私たちをサポートしてくれる成分がCBDです。

CBDはリラックスしたいとき、リフレッシュしたいとき、忙しい毎日を送っているときなどにサポートしてくれる成分といわれています。

アスリートや海外セレブも注目しています。

ホメオスタシスは常に働いているシステムなので、出来れば毎日ケアを行っておきたいものです。

日本で購入できるCBD製品には、オイル、リキッド、サプリメントなどがありますが、これらはどれも日常的に摂取しやすい形となっています。

オイルであれば、そのまま舌に垂らして摂取をしたり、飲み物に混ぜて飲んだりすることができます。

リキッドはヴェポライザーを使用して吸引をします。

深く呼吸をすることも体のバランスを保ち、リラックスすることにつながります。

サプリメントは外出先に持ち運びやすく、出張や旅行が多い人にとって便利な製品です。

CBDを配合したチョコレートやグミなどの製品もあり、お菓子感覚で食べることができます。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

うつ病に対してCBDは効果的か?


生涯に一度はうつ病になる人の割合は5.7%、精神疾患で通院をしている患者数は平成29年には400万人を突破しました。

うつ状態に悩む人は少なくない時代だといえるでしょう。

うつ病は「うつ」という状態の苦しさだけでなく、不眠などの合併症を抱えていることもあります。

CBDは精神に活力を与えてくれるといわれている成分です。

ここでは、CBDがどのように働くのか解説していきます。


CBDとは何?

CBDとは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、大麻草の種類によってはカンナビノイドの約40%をCBDが占めています。

大麻草ときくとマリファナを連想して危険に感じる人もいることでしょう。

マリファナの主成分は、カンナビノイドの一種であるTHCです。

THCはカンナビノイドの受容体であるCB1との親和性が高く、幻覚、幻聴、精神錯乱などを引き起こすことがあります。

日本の法律では規制されている成分です。

CBDはTHCに比べるとCBD1への親和性が低く、精神錯乱などを引き起こす働きはありません。

日本の法律で規制されていない成分です。

日本ではサプリメント、オイル、リキッド、クリーム、バームなどCBDを配合した製品が販売されています。


CBDに期待できる働き

CBDの研究が進められており、さまざまな働きが明らかになってきました。

人間の体はさまざまな要素によって構成されています。

ストレス、加齢、生活習慣はコンディションに影響を与え、こういったものが要因となってコンディションが低下してしまうことがあります。

CBDはコンディションのサポートをすることが期待できる成分です。

体に備わるエンカンナビノイドシステム(ESC)は、人間の体を常に一定に保つように働いてくれています。

食欲、睡眠、運動機能などの調整もESCがかかわっています。

神経細胞や免疫系にはCB1、CB2というカンナビノイドの受容体が存在しており、受容体にカンナビノイドが結合することでESCの働きをサポートします。

CBDはESCを促進する働きが期待できるとされています。


CBDはうつ状態に働きかける?

CBDオイルをうつ病や不安障害などの疾患に用いているクリニックがあります。

CBDの研究は主にマウスを使って行われており、人間による試験数は少ないようです。

うつに関してもCBDが人間に有効なのかはっきりしていないようです。

しかし、不安障害を抱える患者にCBDを経口投与して、不安症状が軽減したという報告があります。

うつ状態に対してのCBDの働きをヒト試験で実施され、その働きがあきらかになることが期待されます。


CBDは不眠にも働きかける?

うつ状態に悩んでいる方は不眠にも悩んでいることが珍しくありません。

不眠といっても、なかなか寝付けない入眠困難、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒、朝早くに目を覚ましてしまう早朝覚醒などがあります。

不眠の原因は、ストレスや精神疾患などさまざまあります。

CBDは不眠への働きが研究されており、不眠を解消する働きが示唆されています。

人間での試験ではありませんが、CBDオイルを摂取して寝つきがよくなったと感じている人はいるようです。


CBD製品の選び方

CBD製品には、オイル、リキッド、サプリメントなどがあります。

CBDオイルはヘンプオイル、MCTオイルなどにCBDを配合したものです。

直接舌に垂らして摂取をします。

CBDリキッドは、ヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をするものです。

ミントや柑橘系などフレーバーがつけられています。

サプリメントは、CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

味が気にならず、人目を気にせずに摂取しやすいです。

CBD製品を選ぶときには、THCが含まれていないことを確認してください。

日本ではTHCが規制されているため、日本にはTHCを含む製品を輸入することはできませんが、製品の情報をしっかりと自分の目で確認することが大切です。

第三者機関によってTHC0%なことが確認されていると安心できます。

また、製品によってCBD配合濃度が違うので、どの程度のCBDを摂取できるのかも確認しておきましょう。


ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ストレスとCBDの関係性。体への影響とは


ストレスは心身に影響を与えます。

ストレスが多いといわれる現代社会では、ストレスへの対処法が重要になってくることでしょう。

さまざまなストレス解消方法が紹介されていますが、実践をしてみてもいまひとつ変化を感じられないこともあると思います。

ストレスの多い現代人のサポートとなってくれることが期待できるものがCBDです。

今回はCBDとはどのような成分なのか、ストレスへの働きかけは?などについて紹介します。


CBDとは

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれており、CBDはその中の一つです。

CBDは医療分野での研究が進められており、これまでさまざまな報告がされています。

大麻草と聞くと危険なイメージを持つ人もいることでしょう。危険視されているものは、大麻草に含まれるTHCという成分です。

脳内にはCBDレセプターという神経細胞上に多く存在する受容体があり、THCはCB1レセプターに高い親和性を示します。

精神錯乱、幻覚、幻聴を引き起こすことがあり、日本の法律では禁止されている成分です。

一方、CBDはTHCに比べるとCB1レセプターへの親和性が低く、向精神作用はありません。

日本の法律で規制されておらず、WHOが安全性を認めている成分でもあります。

また、世界アンチドーピング機構ではCBDをドーピング薬物の規制から外しています。

手軽に摂取できるようにされた、オイル、リキッド、サプリメント、グミ、チョコレートなどが販売されています。


ストレスによる体への影響

外からの刺激に対する心や体の反応をストレス反応、ストレス反応を生じさせるものをストレッサーといいます。

一般的にストレス反応とストレッサーのことをあわせて「ストレス」と呼んでいます。

ストレスには人間関係や将来の不安など精神的なもの、暑さ寒さなど物理的なもの、薬害や栄養不足など化学的なものがあります。

人間には体を常に一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)が備わっており、ストレスを受けたときにはホルモンや神経伝達物質などの働きを通して、体を一定の状態に保とうとします。

しかし、強いストレスを受け続けているとこの働きに乱れが生じてきます。

ストレスは心身に影響を与えて病気の原因になります。

頭痛、めまい、高血圧、アトピー性皮膚炎、胃痛、下痢、便秘、腰痛、更年期障害などは、ストレスの影響を受けています。


ECSの働き

体内には地球上で生きていくために体の調整をするエンカンナビノイドシステム(ECS)が備わっています。

ECSは、食欲、運動機能、認知、睡眠など体の調整機能にかかわっており、体内カンナビノイドとCB1、CB2といた受容体によって構成されています。

ECSは加齢やストレスの影響で働きが低下してしまい、いわゆるカンナビノイド欠乏症という状態が引き起こされてしまいます。

これがさまざまな疾患の原因ではないかといわれています。

CBDは体のさまざまな部位に存在する受容体に結合をし、ECSの働きを整えることが期待されています。


CBDとストレスの関係

ストレスは全身の機能に影響を与えます。

ECSはストレスによって機能が低下をしてしまうのです。

CBDはECSの働きを調整するサポートになり、ECSの機能が整えばストレスに対して体が正常に反応できるようになってくることが期待できます。

ストレスによって現れる心身の変化に対する働きも期待できます。

ストレスによって頭痛、不眠、胃痛などが引き起こされることがありますが、これらの症状に対するCBDの働きが研究されています。

ストレスに対しては、マウスを使った実験なので有効性が示唆されています。


CBDの摂取方法

ストレスに対抗するためにはCBDの摂取方法が重要です。

オイルやサプリメントタイプのCBD製品は持ち運びしやすく、気軽に摂取ができます。

ストレスを感じそうな場面で摂取をするとよいでしょう。

グミやチョコレートなどCBDを配合した食品は、おやつ感覚で食べることができます。

ただし、あくびが出ることがあるのでプレゼン前などの摂取は考えた方がよいでしょう。

運転前や運転中には摂取しないでください。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

癒しを求めるならCBDを。CBDのすすめ


ストレスが多い現代社会。

癒しが欲しいという方は少なくないようです。

癒し系グッズの人気や動物人気などは、その表れといえるでしょう。

癒しが欲しい人の手助けとなってくれそうなものがCBDです。

ここではCBDに期待できる働きや摂取方法について紹介します。


ストレスの影響

心臓の拍動、体温、消化、睡眠などは自律神経の働きによって調整されています。

自律神経には主に日中や緊張しているときに活発に働く交感神経と、主に睡眠中やリラックスしているときに活発に働く副交感神経があります。

この2つがバランスを保ちながら働くことで、体のバランスが整えられています。

ところが、ストレスは自律神経の働きを乱してしまいます。

その結果、寝つきが悪い、免疫力の低下、消化機能の低下など、体にさまざまな影響を与えてしまいます。

では、どういったものがストレスになるのでしょうか。

ストレスというと人間関係や仕事のことなどが思い浮かぶ人が多いことでしょう。

それもストレスになりますが、寒さ暑さ、騒音、化学物質などもストレスになる要因です。

見の周りにはストレスがあふれていて、それらをすべてなくすことは難しいです。

また、適度なストレスは体によい刺激を与えるともいわれています。

そのため、ストレスを完全になくすことを目指すのではなく、ストレスと上手に付き合っていくことが大切になります。


CBDは癒しにつながる?

人間にはエンカンナビノイドシステム(ESC)というシステムが備わっています。

ESCは免疫、食欲、運動機能、認知など、体のさまざまな働きを調節しているものです。

ESCには内因性カンナビノイドが関わっていますが、この内因性カンナビノイドが乱れることでESCに影響を与えてしまうといわれています。

内因性カンナビノイドの受容体は全身に分布をしています。

CDBは受容体に直接働きかけて、ESCのバランスを整えてくれることが期待されています。

マウスを使った実験では、ストレス全般への働きが報告されています。

人間での働きはこれから多くの検証をしていかなければなりませんが、ストレスへの働きかけも期待できそうです。

癒しを感じているとき、ストレスを同時に感じることはありません。

ストレスが軽減することで、癒しにつながることでしょう。


CBDの摂取方法

CBDはオイル、リキッド、サプリメントなどで摂取する方法が一般的です。


オイルの摂取方法

CBDオイルはスポイト式の容器に入っていることが多く、スポイトを使用して摂取をします。

舌に数敵を垂らし、1~2分ほど口の中に留めておき、その後に飲み込みます。

すぐに飲み込んでしまうのではなく、しばらく口の中に留めておくことが重要です。

オイルを舌に垂らす際には、スポイトが舌に付着しないように気をつけてください。


リキッドの摂取方法

CBDリキッドはヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をします。

専用ヴェポライザーが販売されているので、それを使用しましょう。

使い捨てタイプですでにヴェポライザーにセットされているものもあります。

ヴェポライザーにCBDリキッドをセットしたら、電源を入れて吸引をします。

吸いこんだらしばらく肺の中に空気を留めておきます。

こうすることで肺の血管からCBDが吸収されることが期待できます。

その後にゆっくりと息を吐きます。

吸引が終わったらヴェポライザーの電源を切ります。

深い呼吸をすることも癒しにつながります。

CBDリキッドはいろいろなフレーバーがあり、複数をそろえておくと気分に合わせて吸引することができます。

気分にあわせることで、よりリラックス感を得られることでしょう。


サプリメントの摂取方法

水またはぬるま湯と一緒にCBDカプセルを飲み込みます。

カプセルは開けずにそのまま飲み込んでください。

サプリメントはCBDオイルと比べてたくさんの量を摂取しやすいので、CBDの1日摂取量に気をつけましょう。

製品によって1カプセル当たりのCBD配合量が違うので確認をし、1日摂取目安量も確認をしてください。

また、サプリメントを作るための添加物に食物アレルギーとなる成分が使われている可能性があるので、原材料名を必ず確認するようにしましょう。

ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 効果 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示