ラベル 実験 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 実験 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月31日水曜日

CBDの効果や副作用、今後について、実験が果たす役割は大きい


CBDはこれまでに数多くの実験が行われてきており、その全貌が徐々に明らかになってきています。

CBDに関しては、人類にとってはまだ歴史が浅いと言え、全てが判明しているわけではありません。

少しずつその実態が明らかになりつつある状況であり、不明な部分はどうしても存在しています。

しかし、CBDについての実験を重ねてきたことで、私たちが知っておくべき真実が見えてきているのは事実です。

安心してCBDを使うためには、何らかの実験を行い、人体への影響などを観察する必要がありますが、それは今後も続けられていくでしょう。


CBDの実験で特に重要なのは副作用に関して

これまで多くの実験がCBDおいて行われてきていますが、その中で私たちにとって特に大きな意味を持つのが副作用です。

口の中に入れるものについては、この副作用は無視できない部分であり、多くの人たちの関心ごとと言えます。

薬に関して特に副作用は気にすると思われますけど、薬以外のものであっても、当然そういった部分は頭に引っかかるのではないでしょうか?

だからこそ、事前にCBDの実験を繰り返すことで、どのような副作用があるのか?を調べておくことは非常に重要です。

実際、CBDには副作用と呼べるものはほとんど存在しない、安心感を持ちながら使用できるとすでに言われています。

しかし、そういった事実は実験を行ったからこそ分かった部分ですから、やはりこれまでの積み重ねは非常に大きかったと言えます。

副作用に関しては、効果と同じで個人差があるので、誰に対しても何もかも生じないとは言い切れません。

でも、高い確率で特に問題が生じないと多くが思えるはずですから、そういった心理的面で大きな貢献を果たしてくれていると評価できるでしょう。


CBDに備わっている効果の種類に関しても実験によるものが大きい

CBDにはどんな効果があるのか?これに関しては実際に使用した人からの報告などが大きいです。

しかし、きちんと体制を整えたうえでの実験に関しても、CBDの効果の範囲を特定するのに役立っています。

実験をするうえでは、効果を正確に見定めるための配慮がきちんとなされており、そのうえでCBDについて効果の有無を見ていきます。

多くの人たちがCBDを使用する状況においては、効果を正確に見定めるための配慮はなされていないでしょう。

したがって、CBDを使ったうえで何らかの変化が生じた際に、それがCBDを使ったことによるものか?の判断は本来は容易ではありません。

別の何かが作用して起きた効果かもしれないのですが、それがCBDによるものか?そうじゃないのか?正確に区別はできないでしょう。

でも、CBDによる実験では、そういった部分への配慮ができるだけ行われたうえで実施されるので、特定の変化がCBDによるものか?どうかの判断がしやすいはずです。

つまり、利用者の報告とは違い、実験による効果の有無に関してはかなり信頼のできる状況と言えるわけです。


CBDの実験を重ねることで人類の未来は明るくなる?

CBDの健康効果は、今日では多くの人たちの間で認識されており、病気などに有効とされています。

この状況も実験を行ったゆえに判明した事実ですが、こういった部分は今後より顕著となっていくでしょう。

というのも、CBDの健康に対する効果について、多くが当初想像していた範囲を明らかに超えてきた感があると言えます。

いろいろな症状を緩和することに加えて、命を脅かす可能性がある病気に対しても効果的と言える一面が確認されていますから。

これは今まで以上に実験を重ねていくことで、さらなるCBDの効果を確認できる可能性があると評価できる状況でしょう。

今まで治すことができなかった状況を改善へと向かわせることも可能になるかもしれませんし、そういった夢を広げてくれる存在がCBDと言えます。

実際、すでにCBDは薬のような使われ方をしている面がありますから、いずれは幅広くあらゆる病気に対して効果をもたらす存在として重宝するかもしれません。

CBDによる実験の結果次第で、今後CBDが世界中でどのような扱いになるのか?が決まってくると言えるでしょう。

すでに多くの分野で役立っている状況と評価できますが、今まで以上のその役割を増し、人類に多大な貢献をしてくれる可能性もあるのではないでしょうか。

ラベル 実験 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 実験 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月29日日曜日

実験結果にみるCBD摂取による覚醒と睡眠の線引き


CBDオイルを試した方は「リラックスする」「よく眠れる」と話す一方、「覚醒する」「集中力が高まる」と話す人もいます。

リラックスすることと覚醒することは逆の作用です。

どうしてCBDが真逆の作用を示すのでしょうか。

CBDとリラックス・覚醒の関係について解説をしていきます。


CBDやCBDオイルとは

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中の一種です。

大麻草というとマリファナを連想しますが、マリファナの主成分はTHCというカンナビノイドの一種です。

THCには向精神作用があり、日本の法律では規制されています。

それに対し、CBDには向精神作用はなく、日本の法律では規制されていません。

CBDオイルは、油脂にCBDを配合したものです。

ベースとなる油脂には、ココナッツオイル、MCTオイル、ヘンプオイルなどが使用されることが多いです。

CBD製品にはリキッドやカプセルなどもありますが、オイルは手に取りやすい製品といえるでしょう。

ベースとなるオイルの違い、配合濃度の違いなど、さまざまな製品が出回っています。


CBDとエンドカンナビノイドシステム

人間の体にはエンドカンナビノイド(ESC)が備わっています。

ESCは体のバランスを調整するために働く機能で、免疫、運動機能、心肺機能、食欲、睡眠などにかかわっています。

人間の体には内因性カンナビノイドというものも存在しています。

内因性カンナビノイドは体内の受容体(CB1、CB2)に働きかけて、ESCの働きをサポートします。

CBDはカンナビノイド受容体に働きかけてESCにかかわり、さまざまな身体機能のバランスの調整をサポートすることが期待されます。

ストレスの緩和、食欲の調整、睡眠、炎症の抑制など、さまざまな働きへの期待が寄せられています。

これまで数多くの研究論文が発表され、現在もCBDの研究が進められています。


CBDと睡眠・覚醒

睡眠と覚醒は真逆の活動です。

CBDオイルを試した人の中には、「よく眠れるようになった」と話す人もいれば、「集中力が高まった」と話す人もいます。

どうしても同じ物質なのに逆の体験をしているのでしょうか。

ラットを使った実験があります。

ラットに高容量(体重1kgあたり10mg~40mg)のCBDを与えるとラットの睡眠率が増加しました。

低用量を与えた場合には、ラットの睡眠時間が減少をし、起きている時間が長くなりました。

このように、ラットの場合は高容量のCBD投与によって睡眠が促され、低用量の投与の場合には覚醒度が高まると考えられます。

ラットを使った実験なので、この結果がそのまま人間に当てはまるわけではありませんが、人間の場合は使用量によって体への働きが変わると考えられます。


CBDの摂取方法

CBD製品には、いろいろなタイプがあり、摂取方法が異なります。


CBDオイル

舌下投与をするタイプです。

スポイトを使用して舌に数滴を垂らし、90秒ほどそのままの状態を保ちます。

舌の皮膚から吸収させたいので、すぐに飲み込まずにしばらく舌に留めておきます。

その後に飲み込みます。


CBDリキッド

電子タバコで蒸気にして吸引をします。

CBDリキッドには、ミントやカフェなどさまざまなフレーバーがあり、好みにあわせて選ぶことができます。


CBDカプセル

CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

カプセルに閉じ込めることで、CBD独特の苦みがわかりにくくなっています。

水やぬるま湯と一緒に飲みます。


CBDを摂取すると眠気が出てくることがあるので、運転前・運転中には摂取をしないでください。

CBDを摂取することで眠気がでることもあれば、集中力が増すこともあり、時間帯にあわせて摂取することが上手な利用方法です。

寝つきが悪いときには就寝前に摂取するとよいでしょう。

集中して作業をしたいといったときには、仕事中などに摂取するとよいでしょう。

仕事中には周りの人の視線があるので、CBDリキッドだと使いにくいかもしれません。

CBDオイルやCBDカプセルだと職場でも摂取をしやすいです。

カプセルなら持ち運びもしやすくなっています。


ラベル 実験 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 実験 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示