ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月29日日曜日

CBDリキッド、CBDカートリッジの使い方


日本では、CBDオイル、CBDリキッド、CBDサプリメントなど、さまざまな製品が販売されています。

オイルやサプリメントは摂取方法がわかりやすいのですが、リキッドはVapeへの注入式や、カートリッジと専用のヴェポライザーを使用するもの等があるので、摂取方法がよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではCBDリキッドのカートリッジの使い方を解説していきます。


CBDとはどのような成分なのか

CBDは大麻草に含まれる成分のことで、カンナビジオールの略称です。

大麻草というと違法な成分だと考えてしまいますが、日本の法律で規制されているのは大麻草に含まれるTHCという成分で、CBDは規制されていません。

THCには向精神作用があり、幻覚や幻聴を引き起こすことがあります。

それに対し、CBDは精神への働きかけはなく、幻覚や幻聴などを引き起こす心配はないとされています。

WHOも安全性を認めている成分です。

日本ではTHCが規制されているため、日本に輸入されるCBD製品はTHCが含まれていないものです。

日本の厚生労働省の指導のもと、必要書類を提出して輸入されています。


CBDリキッド、CBDカートリッジとは

CBDリキッドとは、液体状になっているCBDのことで、ヴェポライザーを使用して蒸気にして吸引をします。

CBDの配合濃度は1~10%程度です。

CBDオイルの場合は5~10%程度の配合濃度なので、配合濃度はリキッドとオイルで大きな違いはありません。

ですが、注入式のCBDリキッドに比べ、CBDカートリッジは濃度が高いものがあります。

CBDワックスに近いでしょうか。

濃度も30%~70%程のものも多く出回っています。

CBDには苦味があるので、直接摂取すると苦さが気になって摂りにくいと感じることがあります。

しかし、リキッドの場合はミントやオレンジなどのフレーバーが加えられているので、苦味が気になりにくくなっています。

さまざまなフレーバーをそろえておくと、気分にあわせて使用できます。

CBDリキッドには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3タイプがあります。

フルスペクトラムとは、大麻草に含まれるさまざまな成分を含有しているものです。

CBDとそれ以外のカンナビノイドやテルペン類などが含有されています。

フルスペクトラムはTHCも含まれています。

ブロードスペクトラムはフルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

CBDやその他のカンナビノイド、テルペン類などが含まれています。

アイソレートは純度が高いCBDです。

CBD以外のカンナビノイドやテルペン類などは含まれていません。

日本で購入できるCBDリキッドは、ブロードスペクトラムやアイソレートです。


CBDリキッド、カートリッジの使い方

CBDリキッドはヴェポライザーを使用して蒸気にして吸引をします。

そのため、カートリッジだけでなくヴェポライザーを購入する必要があります。

ヴェポライザーにカートリッジを装着します。

電源を入れると蒸気が発生をするので吸引をします。

吸引をしたらすぐに呼吸を吐き出さず、しばらく肺の中に空気を留めておきます。

肺の中に空気を留めることで、CBDが肺から吸収されることが期待できます。

吸引が終わったらヴェポライザーの電源を切ります。

カートリッジ内のリキッドがなくなったら、新しいカートリッジと交換をします。

蒸気なので店内でも吸引することができるのですが、一部のお店では吸引できないことがあるので、吸引をしたいときにはお店の人に確認をしてください。


カートリッジ交換不要のヴェポライザー

カートリッジの交換が面倒、ヴェポライザーを充電する事も面倒。

そのようなときには、使い捨てタイプのヴェポライザーが便利です。

使い捨てタイプはカートリッジの交換が不要です。

充電も不要な場合が多いです。

最初からリキッドが装着されているものが多いので、自分でリキッドを装着する手間を省けます。

こぼしたり、手を汚したりする心配もないです。

使い方はカートリッジの交換が必要なヴェポライザーと同じです。

電源を入れて吸引をして、吸引が終わったら電源を切ります。

使い捨てタイプなので、リキッドがなくなってしまったら、そのヴェポライザーは使用することができません。

新しいものを購入して使いましょう。

捨てるときには自治体のゴミ分別ルールに従ってください。


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月18日日曜日

充電式CBD用電子タバコ-C-Tec DUO


今回ご紹介する製品はC-Tec Duoです。


C-Tec Duoは、カートリッジ内のリキッドを蒸気で霧状の煙にして、吸引してフレーバーを楽しむ電子タバコです。

カートリッジ内には、植物性グリセリン、プロピレングリコール、香料、ビタミン類などが含まれています。

タール、ニコチンは含んでいません。

リキッドを霧状にした煙を吸うものなので、副流煙の心配もないです。

フレーバーには、クリスタルメンソール・マスカットクーラー・トロピカルマンゴー・エスプレッソ・ローストキャラメルなどがあります。

さまざまなフレーバーが用意されているので、お気に入りが見つかることでしょう。

いくつものフレーバーを用意しておくと、気分にあわせて楽しめます。リッキドにはビタミンCを配合しており、健康面に配慮をしています。


C-Tec DUO本体は13cmほどとコンパクトなのに、大容量バッテリーなので繰り返し何度でも使用できます。

バッテリーがなくなったらUSBケーブルを使用して充電することで再度使用ができます。

リキッドはカートリッジ式で充填する必要がないので交換が簡単です。

リキッドをこぼしてしまったり、手が汚れてしまったりする心配が少ないです。


使い方は簡単です。本体にカートリッジを装着し、電源を入れて吸引をします。

吸引が終わったら電源を切ります。

カートリッジ内のリキッドがなくなったら、新しいものに交換をします。

タールやニコチンなど含んでおらず、副流煙の心配もないため、禁煙エリアで使用することに関して法的な規制はありません。

しかし、使用したい場合は水蒸気が発生をするので店舗にあらかじめ確認をしてください。


C-Tec Duoはコンパクトで持ち運びしやすく、手軽に利用できる電子タバコです。

フレーバーの種類が多く、さまざまな風味を楽しめます。


→C-Tec Duo CBD用電子タバコ


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月6日火曜日

CBDリキッドとは?CBDリキッドのメリットや摂取方法を解説


CBDはリキッド、オイル、パウダー、グミなどさまざまな形態のものから摂取できます。

ここではリキッドの特徴やメリット、使用方法について紹介します。


CBDとは

CBDはCannabidiol(カンナビジオール)の略称です。

大麻草に含まれるカンナビノイドの一種で、現在研究が進められており、薬理作用が期待されています。

大麻草に含まれる代表的なカンナビノイドには、CBDともう一つTHCがあります。

THCは精神活性作用があり、摂取をすると幻覚や幻聴が起こることがあり、日本の法律では規制されています。

CBDはTHCのような精神活性作用はなく、日本の法律で規制されていません。

日本でCBD製品を販売するためには、大麻取締法をクリアしている必要があります。

大麻取締法では、大麻草の葉と花穂、その製品を規制しています。

日本で販売されているCBD製品は規制対象外である大麻草の成熟した種子と茎を使用しています。

また、日本の法律ではTHCを禁止成分に指定しているので、日本で販売されているCBD製品はTHCを取り除いています。

THCを含まないことは第三者機関に検査によって確認されています。


CBDリキッドとは

リキッドとは「液体」という意味で、CBDリキッドは液体状のCBD製品のことです。

CBDのオイルやサプリメントは飲み込んで摂取をしますが、リキッドは吸引をして体内に取り込みます。

電子タバコのような吸引方法です。

CBD製品にはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3種類があり、日本で販売されているCBDリキッドはブロードスペクトラムまたはアイソレートです。

フルスペクトラムはTHCを含んでいますが、ブロードスペクトラムとアイソレートはTHCを含んでいません。

日本の法律では規制されておらず、THCフリーなら安心できます。

ブロードスペクトラムとアイソレートの違いはCBD以外の成分を含んでいるか、含んでいないかです。

ブロードスペクトラムにはCBD以外のカンナビノイドやテルペン類などが含まれていますが、アイソレートはその他のカンナビノイドやテルペン類は含有しておらずCBDだけです。


CBDリキッドのメリット

さまざまなフレーバーがある

CBDには独特の苦みがあり、オイルはCBDの苦味を強く感じやすい形態です。

それに対してリキッドの場合は、ピーチ、マンゴー、ストロベリーなどさまざまなフレーバーがあり、苦味を感じにくくなっています。


臭いがつかない

一般的な電子タバコは紙巻きタバコに比べれば臭いは少ないものの、服や髪につく臭いが気になります。

CBDリキッドの場合は煙が発生せず、服や髪に臭いがつく心配がありません。


コンパクト

一般的な紙巻きタバコと同じくらいの大きさ、ポケットやカバンに入れて持ち運びやすいです。

CBDにはリラックスへと誘う働きがあるとされています。

ポケットにしのばせておけば、イライラしたとき、気持ちをリフレッシュさせたいときなど、手軽にCBDを吸引できます。


CBDリキッドの摂取方法

CBDリキッドは電子タバコ(VAPE)にアトマイザーをセットして使用をします。

CBD専用のヴェポライザーという製品もあります。

VAPEとは違いCBD専用に開発されたCBDを効率的に吸引できる形になっています。

まずは、アトマイザーにリキッドを入れます。

次に電子タバコのスイッチをいれます。

リキッドが加熱されるので吸引をします。

吸引が終わったら電子タバコの電源を切ります。

吸引をするときには、できるだけ長く肺の中にリキッドを留めておくことがポイントです。

吸引をしてすぐに息を吐き出してしまうと、リキッドに含まれる成分が十分に体内に取り込まれる前に吐き出してしまうことになります。

リキッドを吸う・息を止める・吐くというように使ってみましょう。

また、リキッドの底に結晶が固まってしまうことがあるので、使用前には軽く振ります。強く振って中身をこぼさないように気をつけてください。

CBDを摂取すると眠気が出て来ることがあるので、運転前や運転中には使用しないでください。

妊娠中・授乳中の方も摂取しないようにしましょう。


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年6月25日木曜日

ボブ・サップが広告塔を務める日本製CBDリキッド-+WEED(プラスウィード)


今回ご紹介するのは、メイドインジャパンの高品質な吸引タイプのCBD、+WEED(プラスウィード)のCBDリキッドです。

東京に本社があるGREEN RUSH BY WEED社より販売されているプラスウィードのCBDは安心安全の日本製です。
クラス10000という高度な清浄度レベルのクリーンルームで製造されており、CBDリキッドの品質管理は折り紙付きです。
麻に含まれるカンナビノイドから、より効果的な成分は残したまま、危険な大麻の禁止成分であるTHCのみを取り除いたフルスペクトラム製法により抽出されたCBDオイルが配合されているため、より自然に近い形でCBDの効用を体内に吸収でき、それぞれの成分が相乗的に作用するアントラージュ効果が期待できるCBDリキッドです。

リキッドタイプのCBD

プラスウィードのCBDはリキッドタイプです。
仕様値99%の高純度CBDリキッド蒸気を肺の深くまで吸引することによって、より長時間のCBD効果が期待できます。

こちらのプラスウィードCBDリキッドの摂取には、CBDリキッド用ヴェポライザーが必要となります。
リキッドをヴェポライザーに注入し、15分程度浸透させてから電源を入れます。
CBDリキッドは粘度があるため、吸引前に予熱することをおすすめします。
吸い込んだ蒸気はすぐに吐き出さず、10秒程度肺の中に溜めることによって、その効果はより期待できます。
3段階の電圧があり強さによって煙の量が変わりますので、疲労度等により吸収量を調整することも可能です。

フレーバーも、香ばしいナッツ系ハーブフレーバーと甘いシャンパンピーチの2種類があり、CBD濃度も3%・5%・10%と多種多様に揃っているため
体調や好みに応じてお楽しみいただけます。
コストパフォーマンス的にも優れたプラスウィードCBDリキッドは長期間の利用にも適しており、毎日CBDのパワーを体感できる商品です。


プラスウィード日本製CBDリキッド


▼ボブ・サップ出演のCMSは下記の通りです


プラスウィード日本製CBDリキッド


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月20日水曜日

ナノ化させたCBDを手軽なVapeペンで「Disposable Vape Pen」-CBDLiving


今回ご紹介するのは、CBDLiving社さんのCBD Vapeペン「Disposable Vape Pen」です。
カリフォルニア州に本社を置くCBD Living社さんは、より効率よくCBD成分を体内に吸収するために、どうすればよいか日々研究を重ね、ナノテクノロジーによりCBDをナノ化させることに成功しました。
CBD粒子を赤血球の千分の一サイズまで細かくすることによって、通常のCBD製品であれば10%~15%程度しか体内に吸収されずに他は体外に排泄されていたCBDが、最大90%まで吸収率が上がり全身循環するようになりました。
その結果、少しの量で多くの効果が得られるようになり、また、ナノ化したことにより水に溶けやすくなったCBDは様々な食品に加工しやすくなりました。

そんなCBDLiving社さんのCBD Vapeペン「Disposable Vape Pen」ですが、使い方はとても簡単です。
開封し吸っていただく。それだけです。
Disposable Vape Penは、充電器などの追加機器を一切必要とせず、液体がなくなるまで蒸気を吸い取ってから廃棄していただくだけの、使い捨てタイプCBD Vapeペンです。
フレーバーも、BUBBLE GUM,NATURAL,SOUR DIESEL,TANGIE,BLUEBERRY,GRAPEFRUIT と6種類もありますので、様々な気分や用途でお使い分けいただけます。
CBDも250mgも入っていますので、手軽なのにしっかりとCBDを摂取する事が可能です。

もちろん大麻の禁止成分であるTHCは一切含まず、他にも身体に有害だとされるプロピレングリコールやプロピレングリコールなども含まれていないため、安心安全にご使用いただけます。
CBDLiving の Disposable Vape Penはお手軽に心のバランスを整えてくれる最適ツールです。


CBD使い捨てVAPE CBD250mg(50%)



ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月12日火曜日

CBDリキッドはなぜ禁煙に効果的か


電子タバコ、Vapeは禁煙グッズとしても人気ですが、やはりニコチンが入っていない分、口さみしさの代替品としかならず、禁煙には程遠い人も多いのではないでしょうか。
CBDリキッドは、普通のリキッドとは異なり、禁煙に効果的な成分が配合されていますので、禁煙にもってこいのリキッドです。
今回は、CBDリキッドと禁煙の関連性について解説します。

タバコを吸う人の心理が重要ポイント

タバコを吸う人の多くが何故タバコを吸うかを考えるとその理由が紐解かれます。
たばこは不安やストレスを解消することが出来るがゆえに飲用する方が多く
健康被害があったとしても、吸いたくなり、吸ってしまう本数と健康を害する有害性のどちらを優先させるかといったジレンマがあります。
では、たばこと同じ効能を秘めている製品が登場し、健康を害することが無いものが登場した場合、
たばこを愛用していた方はどうするか?と言うポイントが重要となるのです。

CBDリキッドはたばこの問題点を解決した製品

タバコの問題点である健康被害を解決することが出来たものがこのCBDリキッドであり、
タバコが害であるとされる由縁であるニコチンを含んでいないのがこのCBDリキッドになります。
このCBDリキッドの特徴は、医療用に使用されているCBDを使用しているため、
依存しない点や生活の中に入り込まない点が利点として挙げられており、
病気の治療などに使用されている実績があります。
その為、麻薬とは異なり依存しないため、タバコの代わりとして使用されています。
つまり何時でも辞めることができる電子タバコの成分として、使用することに適していると判断され、禁煙の手助けに一躍をかっています。
また、CBDリキッドはCBD成分がもつ特徴として、心を落ち着かせてリラックスさせる効果があります。
タバコの代わりとしてVapeを使用しても、なかなか禁煙に成功しない方でも、このCBDリキッドを使用する事によって、
吸いたい気持ち、イライラが軽減され、CBDリキッドを吸引するといわゆるヤニ切れの症状から解放されるので、
自然と禁煙に導く事が出来るでしょう。

ただ、CBDリキッドも過剰摂取は危険

タバコもそうですが、一度に過剰に摂取した場合、CBDリキッドにも同様に健康被害があります。
CBDリキッドは一日当たりに使用することが出来るリキッドの容量が定められており、おおよそ50mgまでと規定されています。
この量についてはかなり量としては多いので、タバコと比較するとかなりの量を吸入することになりますが、
イライラした分、どんどんCBDリキッドを吸入し続けると、それはそれで体にも悪影響を及ぼします。
あくまでイライラの解消、リラックス効果を優先させ、解消したら必要以上に吸入しないよう心掛けましょう。
特に初心者は、初めてのVapeで大量の煙と共に吸う事自体が楽しくなって、必要以上に吸い続けてしまう可能性があります。
目的を明確にし、使用量は節度のある形でお願いします。
煙で遊ぶ、Vapeトリックを行いたい方は専用のリキッドがありますので、その場合はCBDリキッドではない爆煙タイプのリキッドを使用しましょう。
あくまでCBDリキッドはリラックス効果と禁煙目的での使用をお勧めします。


CBDが禁煙に効果的な理由を解説した動画がありましたので、参考にしてください。
▼あなたの不安をとりのぞく!?・・・CBDと禁煙の関連性

ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月11日月曜日

CBD製品の過剰摂取について


CBDは天然由来の成分なので、副作用はないという話を聞いた事はありますでしょうか。
確かに、薬ではないので大きな副作用はありませんが、やはり取りすぎは取りすぎで注意が必要です。
今回は、CBDを正しく摂取する為に、CBDの過剰摂取について解説します。

CBDとは?

まず、CBDについてですが、この成分は、麻からとれる成分でリラックス効果がある物質です。
麻からとれる天然由来成分で一見麻薬と同じような成分であると考えられますが、
麻薬と異なる点としては常習性や依存性が無く、
何時でも使用をやめることが出来るため、麻薬とは異なる成分であると言えます。
現在においては、食品や電子タバコ等の成分として使用することでリラックス効果や不安を消し去ることが出来る物質として使用されています。
これは、WHOがCBDの安全性を認め公表したため、瞬く間に産業利用される物質となったのです。

とは言うもの過剰摂取はできない

CBDの効果はリラックス効果や不安を取り去るという効果なのですが、
過剰摂取した場合、効果は持続するかと言うと決してそのようなことは無いです。
と言うのも、このCBDは、体内の酵素と反応し、服用している薬と反応し相反する効果を示すことがあると発表されています。
例えば、、抗痙攣剤や抗うつ剤などの薬を服用している場合においてその効果と相反する効果を示し、副作用となることがあると判明しています。

肝臓を損傷させてしまう副作用がある

CBDは肝臓の機能を低下させてしまう性質があるため、高濃度でかつたくさんの量を摂取した場合肝機能を低下させ肝臓を損傷させることがマウス実験で判明しています。
その為過剰摂取においては目安が設定されており、サプリ等においては許容量を守ったうえで使用すれば副作用が起きないよう設計されています。

サプリで過剰摂取するのは容易だが他の製品では難しい

サプリメントではCBDを過剰摂取することは容易で副作用が現れる量を一度に摂取することは容易です。
ですがそれ以外の製品においては一度に過剰に摂取することは難しい製品もあると言ってよいです。
例えばCBDオイルの製品においては、許容量である量としては最大1.280mgの量が4週間使用しても何ら問題のない量です。
そしてCBDリキッドがおおよそ一日使用することが出来る量が50mgであるためどう見積もっても4週間の使用量を1日で超えようとすることは不可能なのです。
その為CBDオイルにおいては使用料を守らなかったとしても一日で安全である許容量を超えて使用することが難しいということです。

食べるのと吸い込むのは吸収量が異なる

ではなぜ、CBDリキッドなどの製品や電子タバコの製品のほうが使用できる量が減らされているかを解説します。
まず、CBDの体内への取り込み方の違いが大きく、電子タバコやCBDリキッドの場合は効かされたものを吸い込むという性質上、より効果的にCBDを体内に取り込みます。
その為各メーカーでは過剰摂取の許容量である量を超えていなくても副作用が出る範囲に該当してしまうのではないかと言う点で制限を強化したのです。
逆に食べたり飲んだりするタイプのCBD製品は体内に取り込む際、胃の酸で有効成分がある程度分散し、
腸で吸収する頃には効果が薄れているため過剰に摂取した場合において直ちには影響がなく、
摂取できる量も気化したCBDよりも多く設けられているということです。
これは、気化した物は即効性があるため即座に不安やストレスなどを和らげることが出来るため、
多量に摂取した場合、その反動として副作用が現れた際、安全性に欠けるということで気化するCBDは摂取量の制限を強く設定していると考えられます。
ですが両者ともに言えることとしては結局の所、薬として使用されている有効成分でありますので過剰に摂取した場合、
如何に天然由来成分であってもどのようなことが起きるかわからず、一応安全のために制限を課して製品を生産し販売しているということです。
これは何もCBDだけに限らず、風薬や漢方薬といった製品で天然由来成分のお薬も同様に過剰に摂取した場合、どうなるかと言う実験を行っており、
実験結果から導き出された答えを副作用として公表しているため、過剰摂取することは望ましいことではないということになります。
万が一過剰摂取にて副作用が見られた場合においては医師に相談したのち対処を仰ぐことがベストです。


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月10日日曜日

CBDオイルで効果が得られなかった方へのCBDリキッドPremium Black E-LIQUID-Pharmahemp


Pharmahemp社のPremium Blackシリーズから、Vape用CBDリキッドの登場です。
Premium Blackシリーズの良い所はそのままに、吸入に最適化されたこのCBDリキッドは、
Vapeとして楽しめる様に、フレーバーも多数ラインナップされています。

気になる香りは、
  • 爽快感がたまらない「メンソールブルー」
  • 甘いメロン風味の「ハニーデューメロン」
  • チェリー好きにはたまらない「アマレナチェリー」
  • さっぱりと吸いやすい「ライム」、
  • 素材本来の香りを再現した「カンナビス」
  • 甘くゆったりとした時間を与える「バニラカスタード」
  • 果汁感をそのままに「グリーンアップル」
  • 甘酸っぱい酸味とクリーム感が絶妙な「クリーミーストロベリー」
  • スイーツの王道「ティラミス」
  • ココナッツで南国気分「ピニャコラーダ」
の10種類です。

肝心のCBDがどれだけ摂取できるかですが、
10mlボトルで、CBD含有量は5%でCBDが500mg配合されているものと、
同じく10mlボトルで、CBD含有量は3%、CBDが300mg配合されているタイプがあります。
好みに応じて使い分けてください。
また、このCBDリキッドはフルスペクトラムですので、CBD、CBDV、CBDA、CBG、テルペン、ミネラル等をそのままに、包括的に摂取する事が可能です。
更に相乗効果を高めてくれるでしょう。

また、通常のVapeでは口の中で香りを楽しみながら吸うのが一般的ですが、CBDリキッドの場合は肺の中でCBD成分を吸収するので、出来るだけゆっくりと、そしてたっぷりと肺にためるイメージです。
そして、しっかりと肺にためて吸収した後に、ゆっくりと吐き出します。
ゆっくりと深呼吸するイメージです。
そうする事で、効果的かつ体感を早める事が可能です。

大体1日に3回程度行うとより効果を実感出来るでしょう。
Vapeを持っていない方は、Vapeとのセットもありますので、そちらを選択してください。

Vapeだけでも禁煙に効果的ですが、CBDは禁煙中のイライラを抑制する効果もあるので、禁煙には正にもってこいです。

一般的には、CBDオイルとして飲み込むよりも、CBDリキッドとして吸入した方が即効性は高いと言われています。
CBDオイルにて体感が得られなかった方は、一度CBDリキッドを試してみると良いでしょう。
また、他のCBDリキッドよりも高濃度なCBD含有量5%がありますので、そちらをお勧めします。
CBD製品で効果がなかなか感じられない方は、諦めずにCBDリキッドをお試しください。

Premium Black E-LIQUID 10ml CBD含有率5% CBD500mg
Premium Black E-LIQUID 10ml CBD含有率5% CBD500mg 専用Vape付き

Premium Black E-LIQUID 10ml CBD含有率3% CBD300mg
Premium Black E-LIQUID 10ml CBD含有率3% CBD300mg 専用Vape付き


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月9日土曜日

ペット用やVape用もある高濃度CBDオイル・CBDリキッド-Natural Health


アメリカ産のCBDを国内でボトリングしているCBDオイルです。
CBDオイルは、ホルモンの分泌が調整され、安眠効果が高く、精神の安定に効果的です。

オーガニックなヘンプから抽出したヘンプシードオイルを使用及びCBDを利用し、オリーブオイルを加えて飲みやすくしており、
不純物を取り除いたCBD純度99% 高濃度CBDオイルを継続的に続けやすくしています。

リノール酸、α‐リノレン酸、γ‐リノレン酸などの必須脂肪酸が含有率80%も含まれている事も嬉しい特徴の一つです。
製法としてはフルスペクトラムで、CBG、CBN、CBC等の有効成分も含まれています。
テルペンも含まれていますので、様々なカンナビノイドの成分の吸収を助けます。
もちろん飲んで摂取すると効果的ですが、オイルという事と、CBDの特性から肌に塗る事もおすすめです。
その際は、マッサージする様に揉みこんでください。
保湿性も高く、肌からもCBD成分が浸透する為、美容効果も望まれます。

飲んで良し、塗って良しのCBDオイルです。

飲み方的には、他のCBDオイルと同じように、
舌の裏側に10滴垂らし、90秒程静かに浸透するのを待ちます。
その後、飲み込んで頂いて問題ありません。

CBDオイル 20ml 3% CBD600mg
CBDオイル 20ml 5% CBD1000mg
CBDオイル 20ml 10% CBD2000mg
CBDオイル 20ml 15% CBD3000mg

また、CBDオイルは天然由来のオイルなので、人間だけでなくペットにも効果的ですが、
この製品はペット専用のものも展開されており、無駄吠えするワンちゃんや、暴れるワンちゃんの抑制にもご利用頂けます。
ペット専用のCBDオイルは珍しいですね。そちらも必要に応じて検討してください。

ペット用CBDオイル 20ml 3% CBD600mg

CBDオイルを飲むよりも、Vapeにて気化させて摂取したい方向けに、CBDリキッドも展開しています。
こちらは、Vapeとセットで購入できますので、摂取方法に応じてお選びください。

CBDリキッド 20ml 3% CBD600mg Vapeセット


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月7日木曜日

トルコ産オリーブオイルブレンドCBDオイル!HEMP OIL-Talya


このCBDオイルは、通常のCBDオイルの様に飲むだけでなく、
CBDリキッドとして、Vapeで気化させて吸入する事も可能です。

摂取方法を比べると、
吸入の方が体感の即効性は高いですが、持続性は低く、
舌裏で直接オイルをなじませると、即効性は吸入に比べ遅くなりますが、持続性は高くなります。

CBDオイルを直接口の中に入れたときのオイリー感が苦手な方は、CBDリキッドとしてご利用頂く方が良いかもしれません。

このCBDオイルのメーカーであるTalya社は、2004年にトルコで設立された無添加オイル加工会社です。
Talya社の製品はトルコだけでなく、世界中で流通し、高い評価を得ています。

特徴としては、CBDオイルは飲みやすさを高める為にMCTオイルとブレンドする事が多いですが、
このCBDオイルはヘンプシードオイルとオリーブオイルをブレンドしています。
オリーブオイルは直接寝る前に飲む健康法もある程に、体に良いとされ、またクセが無く飲みやすいので
CBDオイルとのブレンドにも相性が良いでしょう。
ヘンプシードオイルも麻の種から抽出したオイルですので、そもそもな相性はピッタリです。
この独自配合もTalya社の特長ですね。

MCTオイルベースの味があまり得意でない方は、このオリーブオイル・ヘンプシードオイルベースのCBDオイルも試してみては如何でしょうか。

飲み方は、
1日10滴程を目安に、舌の裏側に含み、90秒程馴染ませてください。その後、そのまま飲み込んで頂いて問題ありません。
また、1日だけとか1回だけで終わらせずに、継続的に摂取する事でより体感が得られるでしょう。

純度99%のフルスペクトラムCBDを使用していますので、有効成分であるCBG、CBN、CBCも含まれています。
また、テルペンにてCBDの吸収も促進されます。

内容量とCBD含有量に関しては、20mlボトルが基本で、濃度が1.5%と低いものから、15%の高濃度なものまで幅広く展開されており、
CBDの量は、300mg~3000mgと、少ないものと多いものでは10倍の差があります。
求める効果に応じてお選びください。

また、CBDリキッドとして吸入にて利用される方用に、お得なVape付きのものもありますので、
吸入についてもご検討ください。


CBDオイル リキッド 20ml 濃度1.5% CBD 300mg
CBDオイル リキッド 20ml 濃度3% CBD 600mg
CBDオイル リキッド 20ml 濃度5% CBD 1000mg
CBDオイル リキッド 20ml 濃度7.5% CBD 1500mg
CBDオイル リキッド 20ml 濃度10% CBD 2000mg
CBDオイル リキッド 20ml 濃度15% CBD 3000mg

CBDオイル リキッド 20ml 濃度3% CBD 600mgと、Vapeのセット


ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月2日土曜日

【FUTURA75】使用高濃度CBDオイルPREMIUM BLACK-PharmaHemp(プレミアムブラック-ファーマヘンプ)


あのPharmaHemp(ファーマヘンプ)社の一押しCBDオイル「プレミアムブラックシリーズ」です。

PharmaHemp(ファーマヘンプ)社のCBDオイルの特徴として、余計な後付けフレーバーはなく、麻独自の香りを楽しむ事が出来ます。
また、実際に使用される原材料も農薬や除草剤、殺虫剤を使わずに有機栽培されたオーガニックな麻を使用しており、更に人工着色料や防腐剤は一切添加されていません。
身体に有害なものは徹底排除した安心のCBDオイルです。

そんな状態でも効能・効果は他に引けをとらず、
使用している麻も、EU認証麻種ブランド【FUTURA75】を使用しています。
【FUTURA75】は、他の麻と比べ、CBD量が多い事で有名で、高濃度のCBDオイルにうってつけな麻の品種です。

その為、今まではCBD濃度が、だいたい5%未満が主流でしたが、
それ以上の高濃度シリーズを実現しました。

高濃度により、他の製品以上に身体のダルさがとれ、やる気がみなぎります!
普段から受ける様々なストレスに対し、リラックス効果がすごいので、心の休息に最適です。
(最高のリラックスタイム、心身共に疲れ切った一日をリセット)
また、体の機能も正常に保つように整います。

使用方法については、ボトルのキャップに付随している専用スポイトにて15滴程を舌の裏側に垂らし、
30秒程馴染ませてから飲み込んでください。

使用後は冷蔵庫に保管する事をお勧めします。
ですが、中身が凝固し、次に中身が出にくくなる場合があるので、注意が必要です。
ただ、使用前に常温に戻すと、すぐに中身が出やすくなるので、問題ありません。
(ただ、温めすぎると中身が柔らかくなりすぎてこぼします・・・・)

また、CBDリキッドとしてVapeで吸う事も可能です。
その場合、1日3回程度、出来るだけ肺にためる様にゆ~~~っくりと吸い込み、肺からちゃんと吸収される様に肺にためた後に、ゆ~~~っくりと吐き出してください。
大きく深呼吸をする様なイメージです。
そうすると、効果の体感が早いかと思われます。

舌の裏側で飲み込む場合は体への浸透がゆるやかで、効果も長続きしますが、CBDリキッドとしてVapeで吸引すると、即効性のある効果が体感できます。

濃度の種類が多いですが、効果を体感したい人は高濃度をお勧めします。
使用するうえで、自分に合った濃度を探してみてください。
(高濃度だからといって副作用はありません。とりすぎたとしても問題ありません)

Premium Black 24% 2,400mg 10ml
Premium Black 12% 1,200mg 10ml
Premium Black 6.6% 600mg 10ml

ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年4月30日木曜日

CBDオイル&CBDリキッド Koi NATURALS-CBDオイル


あなたはCBDオイルを飲む派ですか?吸う派ですか?
今回ご紹介する「Koi NATURALS」は、飲むと効果的だけど、Vape等での吸引は不可のものと、
Vape等で気化させて吸引した方が効果的な、二つの「Koi NATURALS」を紹介します。

この「Koi NATURALS」は、CBDエキスポで"最優秀賞"を受賞した大人気CBDオイルです。

いろんな味、フレーバーがありますが、どれも100%天然の上質なCBDオイルです。

▼各種フレーバー
ナチュラル(ヘンプ)
レモンライム
オレンジ
スペアミント
ストロベリー
ペパーミント

主な効果はストレス・不眠・二日酔いに効き、良質なリラックスタイムをもたらします。
他には、会議やプレゼン前の緊張にも効きますし、
筋肉炎症も軽減しますので、筋トレやスポーツ後の筋肉痛も大丈夫です。

Vapeがあれば、CBDリキッドとして手軽に気化して吸引できるので、
常に持ち歩いていつでも吸える状態にしておくと良いでしょう。

CBDオイルの効果的な摂取方法として、現在の研究では気化させて吸うのが一番全身に成分が循環すると言われています。
ですので、是非ともVape等で吸引して利用頂きたいのですが、
特別な機材が必要なのも実状です。

まずは手軽に試したい、機材を購入するのはちょっと・・・
という方は、飲むタイプから試してみるのも良いかもしれません。


飲むといっても、舌の下側(裏側)に付属のスプレーを取り付けて数回噴射し、
2分程馴染ませた後に飲み込んでください。
舌の下側(裏側)が一番血管に浸透しやすく、効果的です。


Koi Naturals CBDオイル 吸うタイプ

Koi Naturals CBDオイル 飲むタイプ

ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDリキッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示