ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナで‘ととのう‘ためには空腹と疲労感が重要な要素となる


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナで整う為に意識すべき、空腹と疲労感について解説します。


サウナを利用する目的は人それぞれですけど、いわゆる「ととのう」を体感することを目指している人もいるはずです。

これはサウナに詳しい人であれば知っている人も多いですが、気分的な高揚感を得ることができる状況を指しています。

ある種の快感であり、これはサウナならではのものとも言えるため、サウナ好きにとっては注目すべき存在です。

ただ、このととのうを実際に味わうためには、いくつかの条件が必要となっているため、そこに関しては理解しておきましょう。

正しい知識を持っておかないと、ととのう快感を味わうことは非常に難しいと評価できるわけです。


そもそもサウナにおけるととのうとはどんな状態か?

ととのうという状況を味わったことがない人にとっては、そのときの精神状態に関して、確実に想像することができないでしょう。

このととのうという現象は、端的に言えば脳だけが興奮している状態と表現できるはずです。

人間が興奮しているときには、脳だけではなくて、身体も少なからずそういった状態にあると言えます。

しかし、ととのうにおいては身体は平常時と何ら変わらない、そんな不可思議な感覚を得ることが可能となります。

このアンバランスの状況がととのうの特徴であり、脳と身体の感覚の著しい差において、快感を覚えるわけです。

実際にととのう状況を実現するには、サウナのみならず、水風呂も利用していかないといけません。

暑いサウナと冷たい水風呂を何度も交互に利用する中で、徐々に脳と身体の感覚の差が生じてきます。

ただ、それ以外にも重要な条件が存在しており、それは空腹状態という点と言え、これはととのうためには欠かせないポイントと評価できます。

単にサウナと水風呂を交互に利用するだけでOKとはならないため、必要な知識として覚えておいてほしいと思います。


サウナでととのうためには空腹である点が重要

サウナにおいて空腹である点は、ととのう状況を実現させるためにかなり大切な部分になります。

空腹じゃないとととのう感覚を一切得られないとは言えませんが、リスクが大きくなってしまうので、ここは注意すべきです。

端的に言えば、お腹がそれなりに膨れた状態でサウナ、水風呂を利用すると、消化不良が起きやすくなります。

その結果、腹痛を引き起こす可能性があり、サウナと水風呂の利用を続けることが困難になる状況が考えられます。

ととのうためには、サウナと水風呂を何度も往復する必要がありますが、その途中で腹痛が起きると、それを続けるのが困難でしょう。

したがって、腹痛が起きるリスクを低下させられた方がいいため、実際にサウナと水風呂に入るときには、空腹であることが重要です。

空腹であるという点は、人間の身体からすれば理想的な状態とは言い難いものの、あくまでもととのうためには理想的と見なすことができます。

実際にととのう目的でサウナに通うときには、直前には何も食べずに、できる限りお腹が空いている感覚のまま利用すると良いでしょう。


適度な疲労感があることもととのうためには欠かせない

サウナに入り、ととのう感覚を得るには空腹であることが大切と言いましたが、それ以外にも疲労を感じている点も同じく重要です。

サウナと水風呂を利用する過程では、低下している自律神経が徐々に回復していく状況を迎えます。

そして、この自律神経が回復する過程で、ととのう状況が徐々に顕在化していくわけですが、そうなると自律神経がそもそも低下している状況が望ましいと言えます。

低下していないと、回復できる余地がそれだけ小さくなるわけですから、自律神経の低下は多くが目指すべき箇所になります。

そのうえで自律神経の低下にはどんな条件が必要か?というと、疲労が蓄積している点は特に顕著です。

だから、適度な疲労感を覚えているようなタイミングで、サウナに向かうのが適当と言えるため、ここはぜひ覚えておきましょう。

何かしらの運動をした後、仕事帰りなどのシチュエーションにおいてサウナを利用すると、ととのう確率は多少なりとも上がるはずです。

したがって、ととのうためにはある種のコンディションが重要なわけですが、それは体調がいいときではないと断言できます。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナはアトピーの人であっても利用でき、さらに改善の効果も期待できる


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナとて「アトピーの改善効果」について解説します。


サウナは非常に高温の部屋で過ごす状況となり、肌に対して強い刺激があるようなイメージでしょう。

したがって、例えばアトピーなどの症状を抱えた人の場合には、利用は大丈夫なのか?と疑問を感じる可能性も考えられます。

肌に対してリスクがあるのではないか?状況が悪化するのではないか?と考えると、利用を躊躇してしまうかもしれません。

実際、サウナとアトピーの関係については正しい知識を持っていない人も割といるため、この際知っておくと良いと思います。

アトピーの症状を抱えた人で、サウナを利用してみたいと思っている人も実際多くいるでしょうから。


サウナの利用でいきなりアトピーの症状が悪化することは考えづらい

アトピーの人がサウナを利用するケースにおいて、いきなり肌の状態が悪化することは考えにくいでしょう。

よほど長時間、かつ高頻度の利用を続けていれば話は別ですが、適度な形で利用をしているならばそれが理由でアトピーが悪化するとは言い切れません。

ただ、少なからず肌に対して負担になっているのは間違いないため、絶対に悪化しないわけではないです。

そのため、注意すべき点が全くないわけではないので、そこは確実に覚えておいてほしいと思います。

しかし、サウナには多くがイメージするものとは違い、ミストサウナといったものも存在しています。

このミストサウナは従来のサウナ(ドライサウナという言い方をする場合もある)よりも、温度が低い代わりに湿度が高いという特徴を持っています。

そのため、ミストサウナを利用すれば肌への負担が従来のサウナよりもも小さいため、アトピーの人であっても問題ありません。

肌へのリスクは相当小さくなるので、安心して利用をすることができるのではないでしょうか?


ミストサウナはドライサウナと比べて室温が約半分になっている

サウナに関してあまり詳しくない人は、ミストサウナ自体を知らない可能性があります。

このミストサウナに関しては、室温が従来のサウナと比べても大分低く、その代わり湿度が大分高い状況となっているので、そこはまず理解しておきましょう。

ドライサウナの室温は通常80~100度、湿度は5~10%程度ですが、ミストサウナは室温が40~50度、湿度も40~50%程度となっています。

湿度は圧倒的に高いですけど、温度が大分下がっているので、この状況であれば肌への負担は大分小さくなっていると実感できるはずです。

ただ、ドライサウナの約半分の温度ですけど、それでも暑さはそれなりに感じるため、アトピーの人はそこまで長時間の利用は避けた方がいいです。

また、ミストサウナに関しては、どこにでもあるとは限らないため、そこはあらかじめ理解しておきましょう。

通常のサウナとはやや変わった施設ですから、自宅の近くにない可能性も考えられ、遠出しないといけないケースも考えられると思います。

ドライサウナと比べるとややマイナーな存在と言えるので、すぐに見つからないケースは十分にあるため、利用に際しては苦労するかもしれません。


ミストサウナの利用でアトピーの症状が改善する可能性がある

アトピーの人に関しては、ミストサウナの利用がおすすめであるという点について、これまで話してきました。

それは肌への負担が小さいからという点が主な理由ではあるものの、それ以外でもおすすめできる理由が実は存在しています。

というのも、ミストサウナの利用を続けると、結果的にアトピーの症状が改善される可能性が考えられます。

サウナというのは老廃物の排出を促す効果があり、さらに新陳代謝をアップさせることができる状況です。

つまり、肌の内部が非常に綺麗になり、それに加えて血行が促進されるために、結果として新しい肌の再生が実現しやすくなります。

こういった流れが実現すれば、異常を抱えた肌が綺麗な別に肌に生まれ変わる可能性が高まることになり、アトピーそれ自体が治りやすくなると評価できるはずです。

ミストサウナを何度も利用する状況を続けることで、アトピー肌の症状に徐々に変化が見られるかもしれない点は、とても大きな魅力でしょう。

アトピーで悩んでいる人は、その症状自体で悩んでいるケースもあるでしょうけど、なかなか状況が改善しない面でも悩んでいる可能性があり、そのような人にとってはぜひおおすすめしたいポイントです。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

トレーニング後にサウナを利用するならば筋肉痛の発生後にしよう


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナに入るタイミングとして「筋肉痛」発生時について解説します。


サウナに入るタイミングについては、どういった状況がベストなのか?と考えている人もいるでしょう。

例えば、ジムなどで汗を流した後にサウナを利用するのはどうなのか?問題ないのか?と考えるケースがありそうです。

実際、トレーニングができるジムにはサウナが設置されているケースが多く、汗を流した後において、実際に利用できる環境があるわけです。

トレーニングで疲れた後というのは、筋肉痛などが発生するケースもあり、体調的には微妙と言える面もあるでしょう。

そんな状況でサウナを利用しても大丈夫なのか?身体への影響はないのか?という点について、あらかじめ理解しておくと良いと思います。


トレーニング直後のサウナの利用はあまりおすすめできない

トレーニングをした後にサウナに入ること自体は問題ないものの、トレーニング直後というのはおすすめできません。

というのも、トレーニングをした後は筋肉に疲労が蓄積し、炎症が起きている状況と言えます。

本来であれば、炎症した筋肉を冷やしたうえで回復させることが先決であり、このタイミングでサウナに入るのは逆効果になってしまう状況です。

筋肉を冷やす必要がある段階でサウナに入ってしまうと、炎症から回復させるためのエネルギーが筋肉を冷やす方に使用される結果となります。

つまり、筋肉が炎症から回復するため時間がより長くなってしまう結果となるわけです。

こういった理由により、トレーニング直後には筋肉の炎症の回復を優先させた方がいいと言え、サウナの利用はもっと後にすべきです。

では、いつ頃だったらいいのか?という疑問がわいてくると思いますけど、これはいわゆる超回復が始まってからにしましょう。

超回復とは何か?というと、トレーニングによって受けた筋肉の損傷が回復する現象のことです。

この超回復が起きることにより、筋肉は以前よりも発達する状況を迎えるわけですが、このタイミングを狙うのがおすすめです。


超回復のタイミングでサウナを利用すると筋力アップの効果が高まる

筋肉は超回復を経て、より発達する状況となりますから、ここはまず理解しておきましょう。

そのうえで、超回復時にサウナを利用すると、この超回復の効果が大きくなる状況を迎えます。

つまり、筋力アップがより大きく実現するため、筋肉をつける目的でトレーニングをしている人は、ぜひサウナを活用してほしいです。

サウナに入ったうえで超回復を行うと、通常時よりも体内のたんぱく質量の増加、新陳代謝の活性化が起きやすくなります。

こういった部分は筋力アップには欠かせない点と言え、これによって超回復の効果が大きくなっていくわけです。

そして、超回復のタイミングというのは、基本的には筋肉痛が発生するタイミングとほぼ同じと言われています。

筋肉痛が発生した状況こそが、超回復が始まったサインとも言えるので、そこに関しても覚えておきましょう。

しかし、筋肉痛というのはトレーニング直後に起きるものではなく、多少なりとも時間が空いてから起きるものであり、だからこそトレーニング直後のサウナ利用は避けた方がいいと評価できます。


筋肉痛が起きるのはトレーニングから半日程度経ってからが目安

超回復のタイミング、つまり筋肉痛が起きるときを狙って、サウナを利用するのがおすすめと言いましたが、問題はどのくらい待つべきか?という点です。

トレーニングからどのくらい経てば筋肉痛を感じるのか?ですが、これは個人差があるため、一概には言えません。

ただ、目安としては約12時間後となっており、筋トレ終了から半日程度待つと良いのではないか?と思われます。

12時間というのは割と長いと感じるでしょうから、場合によっては当日ではなく、トレーニングの翌日にサウナに入るという方法をとるといいです。

しかし、12時間経つ前に筋肉痛を感じ始める状況があれば、もっと早い段階でサウナに入っても構わないでしょう。

そういった感じで、とりあえず12時間という数字は目安にしてもらいたいですが、個々人によって差があるので、その都度臨機応変に対応してほしいと思います。

問題はトレーニングをした直後には入らないという部分ですから、最低限そこは守ってもらって、できれば筋肉痛の発生まで待つというのがベストです。

筋トレ目的でジムに通っている人がいれば、サウナに入るときにはこのような部分を遵守して、利用をしていくと良いと思います。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガのデトックス効果と、よりデトックス効果を高める方法


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガの「デトックス効果と、よりデトックス効果を高める方法」について解説します。


体の中に老廃物がたまるとさまざまな不調が現れることがあります。大きな不調にはなっていなくても、何となくもやもやする方はいるのではないでしょうか。大きな不調になる前にヨガでデトックスをしましょう。

ここでは、ヨガがデトックスになぜよいのかや、デトックス効果を高めるためのポイントを紹介していきます。


老廃物がたまるとどうなるの?

食品添加物、ダイオキシンなどの化学物質、農薬など、私たちは日々体にとって不要なものを摂取しています。こういったものは尿や便などから排泄されますが、大量に摂取してしまったり、体の処理能力が追い付かないと、次第に体内にたまってきます。

老廃物は体にとって不要なものです。不要なものが蓄積をすると細胞同士のやり取りに支障がでたり、体内の酵素の働きに影響を与えたりします。

その結果、便秘、頭痛、肥満、肩こりなどに。

尿や便で排泄するといった、体本来の機能で老廃物を排泄できますが、その能力には限界があります。

デトックスを促すために行いたいことが運動です。さまざまな運動がありますが、ヨガはおすすめなものの一つです。

では、なぜヨガがおすすめなのか解説をしていきます。


ヨガのデトックス効果とは

ヨガがデトックスにおすすめな理由は以下の通りです。


リンパの流れを促す

老廃物はリンパによって運ばれていきます。リンパの流れがよくなれば、デトックスがスムーズに行われます。

リンパは血液と違って心臓のように押し出すものがありません。そのため、周囲にある血液の流れの刺激や筋肉を動かしたときの刺激などによって、流れが促されています。

ヨガには筋肉を動かすポーズがたくさんあります。しかも、普段使わないような筋肉を使用します。筋肉を動かすことでリンパの流れがよくなり、デトックスを促すことになります。


血液の流れを促す

老廃物は血液によっても運ばれています。

血液は心臓の力によって流れていますが、体の末端の方では血液の流れが滞りやすくなっています。特に下肢は重力の影響を受けやすいこともあり、血液の流れが滞りやすいです。そのため、筋肉のポインプ作用の力も借りて流れています。

長時間座りっぱなしでいると脚がむくむことがありますが、これは筋肉のポンプ作用が十分に働かず、血液の流れが滞ることが関係しています。

ヨガでは全身の筋肉を使うため、筋肉のポンプ作用によって血液の流れが促されることが期待できます。また、体を動かすことで体温が上がり、これによっても血液の流れが促されます。

血液がスムーズに流れることでデトックスが促されます。


便通を促す

老廃物の大部分は便で排泄されており、その割合は75%ほどです。しっかりデトックスするためには、便通をよくすることが大切なのです。

ヨガのポーズの中には内臓を刺激するものがあり、便通を促す働きが期待できます。便通がスムーズになると、便とともに老廃物が排泄されます。


心のデトックスにも

物質的な老廃物の排泄だけでなく、ヨガは心のデトックスにも働きかけます。

毎日家事や仕事などで忙しく過ごしていて、ストレスがたまっていませんか。人間関係や将来のことなどで悩んでいませんか。そういったものが心の老廃物になります。

ヨガをすると気持ちが落ち着いてきます。気持ちが落ち着いて、心のデトックスになるのです。


デトックス効果を高めるためには

デトックスを促しても、同時に体に悪いものを摂取していては、体内の老廃物はなかなか減りません。そこで気をつけたいことが食事です。

食品添加物は体にとって不要なものです。摂取しても体の栄養にはなりません。不要なものはなるべく摂取しないようにして、体内に老廃物がたまらないようにしましょう。

そうはいっても、食品添加物をまったく摂取せずに生活するのは難しいです。

そこで重要になることが、便通をよくすることです。老廃物の大部分は便から排泄されます。

便通をよくするために大切なことは、食物繊維を摂ることです。腸を刺激して働きを活発にしたり、善玉菌のエサになったりします。食物繊維が多い食品は、野菜、果物、海藻、きのこ、豆類などです。普段からこういったものを意識して摂取するとよいでしょう。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガは美肌に効果的!より美肌効果を高めるには


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガの「美肌に対する効果と、より美肌効果を高める方法」について解説します。


「毎日丁寧にスキンケアをしているのに肌荒れが気になる」「もっと美しい肌を手に入れたい」こんな悩みがありませんか。美肌を手に入れるためには、丁寧にスキンケアを行うことが大切ですが、それだけでは不十分です。体の中から整えていくことも大切なのです。

体の中から整える方法としておすすめなものがヨガです。美肌に近づくためにヨガがおすすめな理由と、もっと効果を高めるためのポイントを紹介します。


なぜヨガが美肌によいのか

「美肌を手に入れるためには化粧品でケアすることが大切」そう思っている人は少なくありません。ヨガは直接肌に何かをするものではないのに、なぜ美肌によいといわれているのでしょうか。


血流がよくなる

美肌を手に入れるためには、肌の新陳代謝が整っていることが大切です。そのために重要となるのが血流です。

肌の新陳代謝のためには、細胞を作るための栄養素と酸素が必要です。それらを運んでいるのが血液になります。血流が悪いようでは、肌細胞が生まれ変わるために必要な栄養素や酸素が十分に行き届かなくなってしまいます。

体を動かすと全身の血流がよくなります。ヨガにもその働きがあります。

血流がよくなることで肌に充分な栄養素と酸素が行き届き、それによって肌の新陳代謝が整うことが期待できます。


便秘を解消

便秘になると肌荒れがひどくなる、という経験を持つ人はいることでしょう。腸の状態と肌の状態は関係しているのです。

便秘になってしまう原因は、食物繊維摂取不足、運動不足、自律神経の乱れなどです。

ヨガには、運動不足と自律神経の乱れを解消する働きが期待できます。

ヨガにもさまざまなポーズがありますが、その中には腸を刺激して便通を促すものがあります。また、筋肉が鍛えられることで、便を押し出す力を高める働きも期待できます。

腸は自律神経の影響を受けており、交感神経が活発になっているときには腸の働きが鈍くなり、副交感神経の働きが活発になっているときには腸の働きが促されます。ヨガの呼吸やポーズは自律神経のバランスを整えるように働きかけ、それによって腸の働きがスムーズになります。


安眠を促す

肌の再生は眠っている間に活発に行われます。睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪いようだと、肌の状態に影響を与えます。寝不足のときには肌がくすんでいたり、クマが目だったり、化粧のノリが悪かったりした経験を持つ人もいることでしょう。睡眠と肌の状態は関係があるのです。

安眠を手に入れるためには、リラックスしていることが大切です。

ヨガにはリラックスを促す働きがあり、リラックスすることで寝つきがよくなります。

十分な睡眠時間を確保して、質の良い睡眠をとることで、肌の状態が整ってきます。


美肌効果を高めるために気をつけたいこと

せっかくヨガをするなら、美肌効果を高めるやり方でやりたいものです。では、どういったことに気をつけるとよいのでしょうか。


夜は激しい運動をしない

就寝前にヨガを行うことで、リラックスして寝つきがよくなる働きが期待できます。しかし、激しい運動はおすすめできません。

激しい運動を行うと交感神経が優位になり、寝つきが悪くなってしまいます。安眠のためにヨガを行っているつもりでも、その反対の働きになってしまうのです。

ヨガのポーズにはいろいろなものがあり、中には交感神経を活発にするようなものもあります。就寝前にはこういったものは行わず、リラックス系のものを行うようにしましょう。

リラックス系のポーズには、ガス抜きのポーズやワニのポーズなどがあります。これらは就寝前におすすめのポーズです。


服装に注意

ヨガをすることで血流が促されることが期待できますが、寒い格好ではその働きが期待できなくなります。

半袖・半ズボンだと動きやすいのですが、肌の露出面積が大きいので、人によっては寒く感じます。長袖・長ズボンでも、ヨガ用の動きやすいものがあります。寒さを感じない服装をするように気をつけてください。

また、室内の温度にも気をつけましょう。ヨガスタジオなら快適な温度に調節されていますが、自宅で行うときには室内の温度が低すぎず、高すぎないようにしてください。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガで便秘解消!なぜ便秘にヨガが良いのか


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガの「便秘に対するメリットと効果的な方法」について解説します。


便秘の原因としてまず考えられるのは食物繊維の摂取不足です。食生活が大きくかかわっているといわれていますが、実は運動不足も便秘の原因です。さまざまな運動がありますが、便秘解消に特におすすめなものがヨガです。

ヨガが便秘解消のためにおすすめな理由と、便秘解消に役立つポーズを解説していきます。


便秘になる理由

そもそも、どうして便秘になってしまうのでしょうか。便秘の原因には、以下のようなものがあります。


食物繊維の摂取不足

食物繊維には、便のかさを増やす、腸を刺激して働きを促す、腸内の善玉菌のエサになるなどの働きがあります。食物繊維摂取量が少ないと、腸の働きが鈍くなってしまいます。

ダイエットをすると便秘になりやすいのは、食べる量が減って食物繊維摂取量が減ることが関係しています。


自律神経の乱れ

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。腸の働きがよくなるのは副交感神経が優位になっているときです。反対に交感神経優位の状態では、腸の動きが鈍くなってしまいます。


運動不足

肛門付近まで到達した便は、腹筋の力を借りて排泄されます。運動不足は筋肉量の低下を招く原因です。腹筋が弱いと便を押し出す力が弱くなってしまいます。

運動には血流をよくする働きがあります。運動不足では全身の血液の巡りが悪くなりがちで、腸への血流量も減り、それによって腸の働きが鈍くなります。


なぜ便秘にヨガがよいのか

では、なぜヨガが便秘によいといわれているのでしょうか。その理由には次のようなものがあります。


自律神経の働きが整う

ヨガは自律神経の働きを整えることが期待できます。

ヨガでは、深い呼吸とともにポーズをとっていきます。この呼吸やポーズが自律神経のバランスを整える方向に働きかけていきます。

背骨は交感神経と、首と骨盤は副交感神経とかかわりがあります。ヨガの体をひねるポーズは背骨に働きかけ、これによっても自律神経のバランスが整うことが期待できます。

腸の働きは自律神経の影響を受けているので、自律神経の働きが整うことで腸の働きが整ってきます。


インナーマッスルが鍛えられる

インナーマッスルとは、体の深部にある筋肉のことです。これに対して、手で触ることができる筋肉をアウターマッスルといいます。

インナーマッスルは主に体幹にあります。腸の周辺にもインナーマッスルがあるのです。

インナーマッスルを鍛えることで、腸の働きが促されたり、便を押し出す力が高まったりすることが期待できます。


姿勢が整う

便秘と姿勢には関係があります。猫背になっていると胃や腸が圧迫されてしまい、内臓機能が低下してしまうのです。

ヨガには姿勢を整える働きが期待できます。体を動かすことで凝り固まっていた筋肉がほぐれ、また筋肉が鍛えられ、これによって姿勢が整ってきます。

悪い姿勢による内臓の圧迫が取り除かれれば、内臓が本来の力を発揮しやすくなります。


便秘におすすめなポーズ


ガス抜きのポーズ

腹部の不快感を和らげるポーズです。

仰向けで床に横になります。両ひざを抱えるようにして体に引きつけます。この状態で5呼吸キープをします。


マリーチアーサナ

体をひねって腸を刺激します。

床に座った状態で右足をまっすぐに伸ばし、左足を右ひざの横におきます。左手を後ろについて、その状態から体を左にひねります。この状態で5呼吸をキープします。脚を変えて同様のことを行います。


コブラのポーズ

リラックスを促すポーズです。

床にうつ伏せになり、手のひらをし手にして両手を肩の横におきます。その状態からゆっくりと状態を持ち上げて、背中を反らせるような形にします。おへそは床につけたままです。この状態で5呼吸をキープします。


ヨガをするときの注意点

食後2時間は行わず、なるべく空腹時に行うようにしてください。食後すぐに行うと胃腸を圧迫して、消化の妨げになったり、気分を悪くすることがあります。

腸の働きを促すためには、リラックスしていることが大切です。ヨガを行うときには、リラックスできる環境を整えることをおすすめします。たとえば、好きな音楽を流す、アロマオイルの香りを漂わせるなどをすると、リラックスできる環境に整うことでしょう。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガの前後に食事をして良いのか?するなら理想のタイミングは?


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガの「前後の食事タイミング」について解説します。


ヨガを行う前には食事をとってはいけな、そう聞いたことがある人もいることでしょう。しかし、ヨガの動きはエネルギーを消費するので、食事をしてエネルギー補給をしておくことも大切です。では、いったいいつ食事をしたらいいのでしょうか。

この記事では、ヨガ前後の食事について解説をしていきます。


ヨガ前の食事について

ヨガを行う2時間前には食事を済ませておくことが理想といわれています。これは、消化が終わらない状態で体を動かすことで、消化の妨げになったり、気分を悪くしてしまったりするからです。

食事をすると、消化のために胃に血液が集まります。しかし、運動をすると血液が手先足先にも回るようになります。体を動かして、手先足先が温まった経験を持つ人もいると思いますが、これは血液によって熱が運ばれたからです。

きちんと消化されなければ、体は食べものからうまく栄養素を吸収することができません。栄養が吸収されなければ、摂取カロリーが減ってやせる、と思うかもしれませんがそうではありません。代謝に必要な栄養素の吸収も落ちてしまい、必要な栄養素が不足をすれば体の機能が低下をします。

また、ヨガでは逆立ちをしたり、体をねじったりなどのポーズを行うことがあります。食べた直後に逆立ちをすれば、胃の内容物が逆流する可能性があります。体をねじると胃に負担をかけます。

そのため、ヨガを行う2時間前には食事を終えておくことが理想なのです。


ヨガ前に食事をするときの注意点

ヨガ前には食べない方がいいとはいっても、食べなければ体を動かすエネルギーが不足してしまいます。エネルギーが不足した状態では、ポーズをとりにくくなってしまうことでしょう。空腹感が気になり、ヨガに集中できなくもなります。

空腹が強いときには、軽く何かを食べておくことをおすすめします。たとえば、バナナ1本、小さいヨーグルト1カップなどです。しっかりとした食事をするときでも、腹7分目ほどまでにおさえましょう。


ヨガ後の食事について

運動後には体の修復のために栄養素の吸収がよくなります。ダイエット中の人は、ヨガ直後の食事は避けた方がよいでしょう。

しかし、吸収がよくなっているということは、必要な栄養素を取り込みやすいということでもあります。筋肉をつけたいときには、運動後45分以内にタンパク質を摂取するとよいとされています。ヨガ後にタンパク質が多い食品を食べたり、プロテインを飲んだりすれば、筋肉の修復を促すことに役立ちます。

体を動かした後には、体が疲れて食欲が落ちることがあります。食欲が落ちている状態で無理をして食べると、胃に負担をかけます。そして、無理に食べても消化・吸収がしっかりできません。内臓が疲れていると思ったら、ヨガ後に無理をして食べる必要はないでしょう。


ヨガ後に食事をするときの注意点

体を動かした後には栄養素の吸収がよくなっているので、脂質が多くカロリーが高いものの摂取は控えましょう。

何かを口にするなら、タンパク質が多いものがおすすめです。タンパク質を摂取することで筋肉の修復を手助けすることになります。ヨーグルト、豆乳、プロテインなどは、ヨガ後に簡単に口にできます。

ヨガを行って体が温まっている状態なので、冷たいものは避けましょう。体が温まり、血流がよくなり、代謝が高まっている状態なのに、冷たいものを摂ってしまうと、血流が悪くなる可能性があります。豆乳を飲むなら温かいものがおすすめです。


ヨガ前後に食事をするための工夫

仕事終わりにヨガスタジオに通う場合、ヨガ前後に食べるものの準備に困ります。そういったときは、どうしたらいいのでしょうか。

ヨガスタジオは駅周辺にある事が珍しくありません。駅周辺にはコンビニがあります。コンビニには、豆乳、プロテイン飲料、ヨーグルトなど、軽く飲食できるものがあるので、そういったものをヨガ前後の食事として活用してみましょう。

プロテインの場合は、自宅から持って行くことも可能です。シェイカーに粉末を入れて持ち運び、飲むときに水を加えて混ぜます。パックに入った豆乳も持ち運びしやすく、こういったものならスタジオで飲むことができます。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガのプロテインを摂取する最適なタイミングと飲み方


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガの「プロテインを摂取する最適なタイミングと飲み方」について解説します。


ダイエットのためにヨガを行っている人は少なくありません。ダイエットのためにプロテインを飲んでいる人もいるようです。ヨガとプロテインを組み合わせれば、さらにダイエット効果が高まることが期待できそうです。

しかし、ダイエット効果を期待するなら、プロテインを摂取するタイミングが大切です。

ここでは、ヨガをする際におすすめなプロテイン摂取のタイミングと飲み方を解説していきます。


プロテインを摂るメリット

プロテインとはタンパク質のことです。タンパク質は、肉、魚、卵、大豆などに多く含まれており、食事から摂取することができます。

この記事でいうプロテインとは、粉末状になっているタンパク質を主成分とする飲料のことです。食事から摂取できるタンパク質を、わざわざ飲料から摂取するメリットはあるのでしょうか。

プロテインを摂取するメリットは3つあります。


1・摂取カロリーを抑えられる

肉や魚からタンパク質を摂取する場合、タンパク質だけでなく脂質も多く含まれているため、摂取カロリーが多くなります。1gあたりのカロりーは、タンパク質が4kcal、脂質が9kcalです。タンパク質と脂質のカロリーを比べると、2倍ほど違うのです。

プロテインの場合は、脂質がほとんど含まれていないため、肉や魚を食べるよりも摂取カロリーを抑えることができます。


2・すぐに摂れる

食事からタンパク質を摂取する場合、食事の準備をしなければなりません。朝の忙しい時間帯や運動前後などは、食事の準備をするのが難しいことがあります。そういったときでも、プロテインならすぐに摂取できます。水に溶かすだけなので準備に時間がかかりません。


3・タンパク質以外の成分も摂れる

製品によっては、ビタミンE、カルシウム、鉄などの栄養素を配合しています。タンパク質以外の成分も同時に摂取できるのです。これらは、体の修復や美容などに役立ちます。


ヨガの前後がおすすめのタイミング

ヨガをしている人がプロテインを摂取するなら、ヨガを行う前後がおすすめのタイミングです。

ヨガは食後すぐは避けて行うのが望ましいとされています。しかし、空腹状態で行うとふらつく心配があります。また、エネルギー不足から筋分解が進んでしまう可能性があります。

体を動かすためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーは食事から摂取をしています。エネルギーが足りないときには、筋肉を分解して、そこから体を動かすためのエネルギーをつくり出します。筋肉が減れば基礎代謝が落ちて、やせにくくなります。

ふらつきや筋分解を防ぐために、ヨガの前にプロテインを摂取することがおすすめです。

運動後はタンパク質の吸収がよくなる時間帯です。運動後45分間は体の修復のために栄養素の吸収がよくなります。運動後45分以内であれば、筋肉に送られるアミノ酸が3倍アップするともいわれています。

アミノ酸とはタンパク質が分解されたものです。口から摂取したタンパク質は、胃や腸などでアミノ酸にまで分解されて吸収されます。アミノ酸の吸収がよく、筋肉に送られる量が増えれば、筋肉の修復の助けになります。

ヨガにはインナーマッスルを鍛える働きが期待できます。体を動かして、適度にプロテインを摂取すれば、インナーマッスルが鍛えられ、引き締まった体に近づくことが期待できます。


プロテインのおいしい飲み方

プロテインを生活に取り入れるためには、おいしく飲めることが大切です。おいしいものなら続けやすいことでしょう。

プロテインといっても、さまざまなフレーバーのものが販売されています。たとえば、バニラ、ココア、ストロベリーなどです。フレーバーつきのものは飲みやすいように味の工夫がされているので、水で溶かしたものをそのままでも飲みやすいです。いろいろなフレーバーがあるので、好みのものをみつけてみてください。

おいしくない場合は、飲み方に工夫をしてみましょう。

プロテインは水に溶かして飲むことが一般的ですが、この飲み方だとプロテインの味を強く感じてしまいます。あまりおいしくないプロテインの場合は、豆乳や牛乳に混ぜることがおすすめです。豆乳や牛乳の味でプロテインそのものの味がわかりにくくなります。スムージーに混ぜたり、きなこやココアなどを加えるのもおすすめな飲み方です。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガは効果ない?そう感じたときに


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガを行っていて「効果が無いなぁ」と感じたときに読んで欲しい知識を解説します。


ヨガはダイエットに効果的だといわれています。しかし、中にはヨガを行ってもダイエット効果を得られなかった、失敗してしまったという人もいるようです。

では、どうして効果がないのでしょうか。この記事では、ヨガがダイエットに効果ない理由と効果を発揮させるための方法を紹介していきます。


ヨガがダイエット効果ない理由

ヨガにはインナーマッスルを鍛えて代謝を上げる、リラックス作用をもたらすといった効果が期待できます。こういった働きによって、自然とやせやすい体に近づいていきます。

しかし、ダイエット効果ないことがあります。その理由は以下のようなものです。


実践時間が短い

やせるためには消費カロリーを増やすことが大切です。摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ればやせると理論的には考えられています。

ヨガを行って消費するカロリーは、筋肉量、年齢、ポーズなどによって若干違いますが、室温で行った場合は1時間あたり150kcalほどです。ご飯茶碗1杯(150g)のカロリーは約240kcalなので、ヨガを1時間行って消費されるカロリーは茶碗1杯のご飯分にもなりません。

1時間行っても消費されるカロリーはこの程度なので、1日5分や10分程度行うだけでは、やせることは難しいです。効果ないのは、実践する時間が短く、消費カロリーが少ないからという可能性があります。


食べ過ぎ

ヨガのポーズによっては、多くのカロリーを消費することができます。また、室温で行うよりも高温多湿の環境で行うホットヨガの方が、消費カロリーが多くなります。

消費カロリーが多いのにダイエット効果ない場合は、食べ過ぎていることが考えられます。

体を動かしてカロリーを消費しても、その分食べてしまっては意味がありません。食べ過ぎれば、消費カロリー>摂取カロリーを実現することは難しいです。

ヨガをすると内臓の働きが活発になってお腹が空くことがあります。そこで空腹に負けて食べ過ぎてしまえば、体を動かして消費した分のカロリーを食べものから摂ることになります。


リラックス系のヨガ

ヨガはポーズによって消費カロリーの量が違います。リラックス系のポーズは消費カロリーが少ないです。

リラックス系のポーズには、ウサギのポーズ、スフィンクスのポーズ、山のポーズなどがあります。

リラックス系のものは初心者でも行いやすいものが多く、ヨガを始めたばかりの人はこういったものばかりを行う傾向があります。ヨガを始めたばかりやリラックスを目的とするならこれでもよいのですが、ダイエットを目的とする場合は、これではやせることは難しいです。


効果を発揮させるためには

ヨガを行ってもダイエット効果ない理由を解説してきました。では、どうすれば効果を高めることができるのでしょうか。


実践時間を長くする

ヨガを行う時間が長いほど消費カロリーが多くなります。消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、やせることが期待できます。

ヨガ教室では1時間程度行われています。自宅で行う場合も、これくらいを目安にするとよいでしょう。

1時間続けて行うことが難しければ、朝に30分、夜に30分など、分けて行ってもよいでしょう。続けて1時間よりも分けて行った方が、体力的な負担が少なくなります。また、時間もとりやすいです。


継続する

ダイエットを始めたけれど、3日坊主で終わってしまう人は少なくありません。ヨガは1回行っただけですぐにやせるものではないので、継続して行うことが効果を実感するために大切なことです。

最初から張り切ると続かないので、初心者は1週間に1回から始めてみましょう。慣れてきたら1週間に行う回数を増やすようにします。


食事内容に気をつける

摂取カロリーが多ければやせることは難しいです。無意識に食べ過ぎていることがあるので、まずは1日のうちに何を食べているのか書き出して視覚化してみましょう。書くことで客観的に判断できるようになります。

書き出してみると、ちょこちょことお菓子を口にしていたり、意外とたくさん食べていたりすることがわかるはずです。自分にとっての1日に必要なカロリーを計算し、それよりも多くを摂取しているようなら食事内容を見直しましょう。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガに効果的な時間は?効果別に最適な時間帯を解説


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガを行うにあたり、期待する効果別に実施する最適な時間帯について解説します。


安眠、ダイエット、肩こり解消など、ヨガにはさまざまな効果が期待できます。どの時間帯に行ってもよいのですが、せっかくヨガをするなら効果的な時間に行いたいものです。

効果的な時間帯は、ヨガにどのような効果を求めるのかによって変わってきます。この記事では、ヨガを行うのに効果的な時間帯について解説をしていきます。


朝がおすすめ

一番のおすすめの時間帯は朝です。

朝すっきり目覚められない、起きたときに体が凝っている気がする、こういったことにあてはまるなら筋肉が凝っている可能性があります。就寝中に寝返りをあまり打てなかったり、寝具があっていなかったりすると、筋肉が凝りやすくなります。

筋肉が凝り固まったままでは、体を十分に動かすことができません。それによって、仕事のパフォーマンスが落ちる可能性があります。

ヨガには体の柔軟性を高める働きがあります。朝に行えば寝ている間に凝り固まった筋肉がほぐれ、1日のスタートを快適にはじめることができます。

また、朝は時間をとりやすいこともヨガをするのにおすすめな理由です。

日中は仕事や家事をしている人が多いことでしょう。ヨガをしたくても、そのための時間を十分にとることができません。

しかし、朝なら自宅にいるので比較的自由に時間を作ることができます。

起床時、5分でも10分でもいいのでヨガを行うと、いつもと体が違うことを感じることでしょう。


安眠に効果的な時間は夜

安眠効果を期待するなら、就寝前にヨガを行うことがおすすめです。

ヨガにはリラックス効果が期待できます。ヨガでは深い呼吸を大切にしており、呼吸にあわせてポーズをとります。これによって自律神経が整い、リラックスした状態へと導かれていきます。

安眠のためには、ベッドに入る前にリラックスしていることが大切です。しかし、気持ちを落ち着けようと思うほど、焦りが出てきてしまい、寝つきが悪くなることが少なくありません。リラックスしようと意識するほどに、リラックスとは反対の方に向かってしまうのです。

そんなとき、ヨガのポーズや呼吸に集中をすると気持ちが落ち着いてくることでしょう。ヨガといってもさまざまなポーズがあり、ガス抜きのポーズや仰向けでねじるポーズなどは就寝前におすすめのポーズです。

ヨガのポーズの中には、交感神経を刺激して体の働きを活発にするものがあります。そういったものを就寝前に行うと、逆に寝つきが悪くなってしまうことがあるので注意をしてください。


肩こり・首凝りには日中

長時間デスクワークをしていると、肩や首が凝ってきます。肩や首が凝ってるなと思ったときには、いつでもヨガを行うことがおすすめです。仕事は主に日中にすると思うので、日中に凝ってるなと思ったときにやってみてください。

仕事中、人の目が気になってヨガをやりにくいと感じる方もいることでしょう。たしかに、ヨガのポーズは大きく体を動かすものがあるので、そういったものは人の目が気になります。しかし、座ったままや職場でもできるものもあります。たとえば、椅子に座ったねじりのポーズや胸を開くポーズです。

凝りが気になったときだけでなく、時間があるときなどに行うのもおすすめです。


ヨガをやらない方がいい時間

効果的な時間を紹介してきましたが、ヨガをやらない方がいい時間もあります。

食後すぐはヨガを行わないようにしましょう。

食事をした後には、消化のために胃や腸に血液が集まります。ヨガを行ってしまうと血液が手先足先にも行き渡るようになり、消化の妨げになる可能性があります。また、ヨガのポーズの中には体をねじるものがあり、そういったものを食後に行うと内臓に負担をかける可能性があります。

食後すぐには行わない方がいいので、食べずに行えばいいのかというとそうではありません。空腹のときに行うと気分が悪くなる場合があります。空腹感が強いときには、バナナ1本などでもいいので軽く食べておくとよいでしょう。

入浴後すぐもおすすめできません。入浴後は体が温まり筋肉がほぐれて、体を動かしやすい状態になっているのですが、ヨガを行うと血液の流れに急激な変化が生まれて、気分が悪くなることがあります。

基本的にはいつ行ってもいいのですが、食後すぐや入浴後すぐは気をつけましょう。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヨガに期待できる効果!ヨガを行うと何が良いの?


CBDと相性の良いヨガですが、ヨガの行い方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、ヨガの「期待できる効果」について解説します。


ヨガはもともと解脱に至るために行われていたものですが、現代では身体や精神への効果を期待して行われています。呼吸と動作を一体化させながら行う動作によって、さまざまな効果が期待できます。

では、どういった効果があるのでしょうか。解説をしていきます。


基礎代謝のアップ

ヨガでは、さまざまなポーズをとっていきます。これらのポーズには、筋肉を鍛える効果が期待できます。

筋肉には、アウターマッスルとインナーマッスルがあります。アウターマッスルは体の表面の方にある、手で触ることができる筋肉です。一方、インナーマッスルは体の深部にあり、手で触ることができない筋肉です。

ヨガはインナーマッスルを鍛える働きが期待できます。インナーマッスルは主に胴体の部分にあり、体幹とも呼ばれています。普段鍛えることがない体幹を鍛えて筋肉量が増えると、基礎代謝がアップします。

1日のエネルギー消費量の大部分を占めているのが基礎代謝です。消費エネルギーの60~70%は基礎代謝が占めているといわれています。生命維持に最低限必要なエネルギーのことで、安静にしていても消費されます。

基礎代謝が上がれば消費エネルギーが上がり、結果的にダイエットにつながります。


姿勢の改善

姿勢を維持するためには筋肉の働きが必要です。

たとえば、背中をまっすぐに伸ばすには、脊柱起立筋が関係をしています。筋肉量が少ないと姿勢を維持することが難しく、姿勢が崩れてしまいます。背中の筋肉が弱ければ猫背に、脚の筋肉が弱ければ座ったときに股を開いた姿勢に、といったようなものです。

ヨガには筋肉を鍛える働きが期待でき、筋肉が適度につくことで姿勢の改善につながります。

また、よい姿勢を保つためには筋肉の柔軟性も大切です。

長時間デスクワークをしていて、肩や首が凝ることがあります。そのようなとき、猫背になったり、首が前に出ていたりするはずです。よい姿勢をとろうとしても、筋肉が凝り固まって難しく感じると思います。つまり、よい姿勢をとるためには、筋肉の柔軟性も必要なのです。

ヨガは筋肉を鍛えるだけでなく、柔軟性を高める働きもあります。これによっても姿勢の改善が期待できます。


ダイエット

ヨガを行うことで適度に筋肉がつき、それによって基礎代謝が上がり、やせることが期待できます。それだけでなく、リラックス作用によっても、やせることが期待できます。

なかなかやせられないという人は、食べ過ぎていることが珍しくありません。食べる量を減らさなくちゃと思っても、難しく感じることでしょう。

食べ過ぎてしまうのは、たいていストレスがたまっているときです。ストレス解消のために食事を選ぶ人は少なくありません。そうして、たくさん食べて罪悪感を抱くことになるのです。

ヨガでは深い呼吸を大切にしています。深呼吸をして気持ちが落ち着いた経験を持つ人もいると思いますが、ヨガのような深い呼吸をすることで、気持ちが落ち着いてくるリラックス効果が期待できます。リラックスすることで自然と食べる量が落ち着き、ダイエットにつながります。


安眠

ベッドに入ってもなかなか寝付けない。眠りの悩みを抱えている方は少なくありません。

なかなか寝付けない原因の一つがストレスです。眠るときには、副交感神経が優位になっていることが大切です。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は主に日中に活発に働き、身体活動が高まる方向に導きます。副交感神経は主に就寝中に活発に働き、リラックスさせる方向に導きます。

ヨガを行うことでリラックスでき、それによって安眠効果が期待できます。ヨガのポーズにはさまざまあり、チャイルドのポーズやクライニングツイストなどは、リラックスした状態へと導きます。


むくみの解消

血液は心臓の働きによって体内を循環しています。しかし、下肢は重力の影響を受けて、血液の流れが滞りやすくなっています。そのため、ふくらはぎのポンプ作用が血液の流れを促す手助けをしています。また、筋肉を動かすことでリンパの流れもよくなります。

ヨガはふくらはぎを動かすポーズがさまざまあります。体を動かすことによって血液やリンパの流れがよくなり、むくみの解消効果が期待できます。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナの基本的でオーソドックスな入り方!


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの「基本的な入り方」について解説します。


美肌作用、老廃物の排泄、疲労回復、リラックスなど、サウナに入ることでさまざまな働きが期待できます。しかし、これらの働きを得るためには、正しい入り方をしなければなりません。

「サウナに入ったことがない」「いつも入り方は気にしていなかった」という方もいることでしょう。そこで、ここではサウナの入り方を解説していきます。


体を洗う

サウナに入る前に体を洗いましょう。サウナに入るときだけでなく、公衆浴場ではまずは体を洗うことがマナーです。

ナイロンタオルでゴシゴシと肌をこすると、肌を守っているバリア機能が低下をしてしまいます。それによって肌内部の水分が蒸発しやすくなり、サウナ後に肌が乾燥しやすくなる可能性があります。そのため、体を洗うときには、泡立てた石けんを使って手で洗うことをおすすめします。


湯船に浸かる

サウナの温度は、低いところでも70℃、高いところでは90℃~110℃ほどになります。いきなり高温の中に入ると心臓に負担がかかり危険なので、まずはぬるめのお湯に浸かります。

お湯の温度は40℃ほどが目安です。熱いお湯は血圧を急激に高くするので、高温のお湯には入らないようにしましょう。お湯に浸かる時間は2~3分程度です。


サウナに入っている時間

サウナに入っている時間は12分程度が目安です。慣れていない方は12分程度入っているのもつらいかもしれません。その場合は無理をしないようにしましょう。

丁度サウナの中にある時計の様なもの「サウナタイマー」一周分が12分間です。

長くサウナに入っているほど健康によい影響がありそうですがそうではなく、サウナのような高温は体に負担をかけます。

日本の夏は最高気温が35℃を超えることがあり、そういった日には体がだるくなることがあると思います。また、熱中症患者もでます。

このように高温の状況には危険が伴います。サウナであってもそれは同じです。無理をすれば体に負担がかかるので、長くても15分程度を目安にしましょう。


サウナのどこに座るのか

サウナによっては、段が備えられていることがあります。下段、中段、上段とわかれています。下段がもっとも温度が低く70℃ほど、上段が温度が高く110℃ほどになります。

まずは体を慣らすために下段に座ります。慣れてきて無理がないと思ったら、中段、上段に移動をします。


クールダウンをする

サウナから出たら体を冷やします。

冷水を浴びると気持ちよく感じますが、いきなり冷水を浴びると急激に血管が収縮をし、心臓に負担をかけます。そのため、外気に触れて体を冷やすことがおすすめです。

また、30℃ほどのぬるめのお湯に浸かる、ぬるめのシャワーを浴びるといった方法でもクールダウンができます。湯に浸かると水圧の影響で血流を促すことができます。

どうしても冷水を浴びたい場合には、手先足先から水をかけるようにします。体の末端に冷水をかけて、少しずつ慣らしていきます。

また、慣れてくると水風呂がおすすめです。水風呂ではいきなりザブンとは入らず、しっかりと汗を流す意味でも掛水をしてから入ります。

慣れないうちは、腕を組むように脇と胸を抑えた状態で入ります。はじめは冷たく感じますが、5秒程我慢をすれば徐々に皮膚と触れ合っている水が温まり、冷たさが和らぎます。

その状態で1~3分。つま先が冷たくなってきた頃に水風呂から上がります。

しっかりと体をふき、その後は外気浴といって、露天風呂等に設置してある椅子に座って休憩します。

休憩は少し長めに15分位がおすすめです。


3回くらい繰り返す

サウナに入る・クールダウンをする、これを3回ほど繰り返します。サウナ・クールダウンを繰り返さなくても、長時間サウナに入っていればいいではないか、と思うかもしれませんが、連続してサウナに入っていると体の負担になります。そのため、一度サウナからでて体を冷やし、そしてまた入るという行為を繰り返します。

再びサウナに入るときには、しっかりと体を拭きます。下段からはじめて、慣れたら上段に移動をします。

一度サウナに入って慣れているからといって、長時間入らないようにしましょう。長くても15分程度です。


水分補給をする

サウナに入る前、入った後には水分補給をします。1回のサウナでは300~400mlの水分を失っているといわれています。これはコップ2杯ほどの量です。

人間の体は微妙な水分量を調整していて、わずか数パーセント水分を失っただけでも体調に影響を与えます。大量に汗をかくサウナの前後には、水分補給を忘れないようにしましょう。

このときに飲むものは常温の水をおすすめします。冷たいものを飲むと内臓を冷やして、内臓の働きを低下させます。喉が渇いているときにビールを飲むと普段以上においしく感じますが、アルコールには利尿作用があるため水分補給には適していません。何も加えていない水か経口補水液のようなものを摂取するようにします。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナはお肌に良い?メリット・デメリットを解説


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの「お肌に対する良い面と悪い面」について解説します。


サウナに入ることは肌にとってよいという意見がある一方、肌にとっては良くないという意見もあります。はたして、どちらが正しいのでしょうか。また、肌への効果を高めるためには、サウナの入り方が重要です。

この記事では、サウナの肌への影響や肌への効果を高める入り方を紹介します。


サウナが肌に良い理由

サウナには美肌効果が期待できます。期待できる働きは次のようなものです。


ターンオーバーの促進

肌は常に生まれ変わっていて、新しい細胞が作られ、古い細胞が垢となって剥がれ落ちます。これをターンオーバーといい、顔の皮膚の場合だとターンオーバーは約28日周期です。しかし、加齢に伴いターンオーバーが乱れてくるようになり、40代では40日ほどかかるようになります。それによって、くすみ、シワ、シミなどさまざまな肌トラブルが現れてくるようになります。

ターンオーバーを整えるために大切なことの一つが、血行をよくすることです。

肌の生まれ変わりには、細胞を作るための栄養素や酸素が必要です。それらは血液が運んでいます。

サウナに入ると温熱作用によって血流がよくなり、体の隅々に栄養素や酸素が行き届きやすくなります。それによって、ターンオーバーが促されることが期待できます。


くすみの改善

くすみの原因にはいくつかありますが、血行不良はその原因の一つです。体が冷えていたり、寝不足だったりすると、肌がどんより暗く見えますが、これは血行不良が関係しています。

サウナに入ると血流が促されます。それによって、サウナ後は肌のトーンが上がることが期待できます。


サウナが肌に悪い理由

美肌効果が期待できるサウナですが、肌の状態や入り方によっては、悪い影響を与えてしまうことがあります。悪い影響には次のようなものがあります。


乾燥

サウナに入ると皮膚表面が柔らかい状態になります。この状態で肌をゴシゴシこすると、肌のバリア機能が壊されてしまいます。肌のバリア機能には、紫外線やホコリなどの外部刺激から守る、乾燥を防ぐといった役割があります。バリア機能が壊れることで、肌内部の潤いが逃げやすい状態になり、乾燥肌が進行する可能性があります。


赤み

高温なサウナに長時間入っていると肌に赤みが出る可能性があります。赤みは体の熱が冷めることで目立たなくなる場合が多いです。


サウナ効果を高めるための入り方

肌へのサウナ効果を期待するには入り方が重要です。次のことに気をつけて入りましょう。


水分補給をする

サウナに入ると大量の汗をかきます。

入浴でも大量の汗をかき、水分が失われています。41℃の風呂に15分間入浴後30分間安静にした場合で、失われる水分量は800mlです。サウナに入った場合もこれくらいの量の水分が失われます。

喉が渇いていなくてもサウナ前には水分を摂取しましょう。サウナ後の水分補給も忘れずに。

水分補給には、常温の水がおすすめです。冷たいものは内臓を冷やしてしまい、血流を悪くする可能性があります。それでは、サウナ効果は期待できなくなってしまいます。体を冷やさないために常温の水を飲みましょう。

なお、ジュースはカロリーがあるのでおすすめできません。


無理をして長時間入らない

長時間サウナに入っているほど効果が高まりそうですが、そうではありません。無理に長時間入っていると体の負担になります。負担をかけ続ければ体調不良を招く恐れがあります。

美肌を手に入れるためには健康的でなければなりません。不健康な美肌の人は想像できないはずです。健康的な美肌を手に入れるために、サウナで無理をしないようにしましょう。

入っている時間は10分ほどが目安です。10分経たないうちに体がつらくなってきたら、サウナから出てください。


保湿をする

サウナから出たら保湿ケアをしましょう。入浴後、何も塗らずにいたら肌がカサカサになった経験を持つ人はいると思います。それと同じように、サウナも入った後に何も塗らずにいると、肌内部の水分が逃げて乾燥をしてしまいます。

汗をかいて肌がしっとりしているように感じますが、サウナから出たら保湿クリームや乳液などを使ってケアをしましょう。ミストタイプの化粧水を使うとヒンヤリして気持ちがよいです。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナで血流改善!得られる様々な効果やメリット


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの「血流改善における様々なメリット」について解説します。


サウナに入ることで血流が促されることが期待できます。血流が促されることで、さまざまな働きがもたらされます。

この記事では、サウナに入ることでなぜ血流が促されるのかと、血流がよくなるメリットを解説していきます。


なぜ血流がよくなるのか

サウナには温熱効果があります。温熱効果とは、体が温まることです。

サウナでは、低いところでも70℃ほど、高いところだと90℃ほどの温度があります。この高温が体を温めます。

日本の夏は関東では気温が30℃を超えることが珍しくありません。気温が高くなると、体が暑く感じるようになります。そして、手先足先に血液が巡っていることが感じられます。血液には体の熱を運ぶ役割があり、血液が全身を巡ることで全身に熱が運ばれるのです。また、気温が高い場合には、体表面に血液を移動させて体温を下げようとする働きも行われます。

サウナもこれと似たようなもので、周囲の環境の温度が高いことで体が温められ、血流が促されます。

では、血流がよくなることでどのようなメリットがあるのかみていきましょう。


肩や首の凝り解消

長時間のデスクワークなどで、同じ姿勢をとり続けていると肩や首がこってきます。仕事終わりには肩や首がガチガチという人は少なくないことでしょう。また、凝っている部分に痛みを感じることもあります。

肩や首が凝って痛みを感じるのは、血流が悪くなって疲労物質がたまっているからと考えられます。

長時間同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張をします。それによって血液の流れが悪くなります。血液には老廃物を運ぶ働きがありますが、流れが悪くなってしまえば老廃物がたまりやすくなります。たまった老廃物が周囲の組織に影響を与えて痛みが発生をします。

マッサージをすることで一時的に肩や首が楽になることがありますが、ひどく凝っている場合はマッサージでは解消が難しいです。

そんなときに役立つのがサウナです。温めることで筋肉がほぐれて、血流がよくなり、老廃物の排泄が促されます。それによって、肩や首の凝りの軽減が期待できます。

ホットタオルを肩にのせて楽になった経験を持つ方もいると思います。これは温めることで血流がよくなるからです。ホットタオルよりもサウナの方が温度が高く、体を温める高い働きがあります。また、ホットタオルとは異なり、全身を温めることができます。


皮膚新陳代謝が活性化

皮膚は常に生まれ変わっています。皮膚の生まれ変わりには酸素や栄養が必要で、それらを運んでいるのが血液です。

冬になると手先が荒れることがあります。これは、気温が低くなることで手先への血流量が減り、肌代謝が落ちてしまったためです。肌代謝には、血液が運ぶ酸素や栄養が必要なのです。

サウナに入って体を温めれば、手先や足先など末端にも血液が行き届きやすくなります。それによって十分な酸素や栄養が行きわたり、皮膚の新陳代謝が活発になることが期待できます。新しい皮膚に生まれ変わることで、美肌効果も期待できます。


気分のリフレッシュ

血流がよくなり老廃物の排泄が促されると気分のリフレッシュが期待できます。

何だか体の中にたまっているなと感じるとき、体の中がもやもやとするだけでなく、気持ちももやもやとしてきませんか。心と体は繋がっており、心が不調だと体に影響が現れ、体が不調だと心に影響が現れてきます。そのため、体の中に老廃物がたまっていてもやもやとしているとき、心までもやもやとしてしまうことがあるのです。

老廃物の排泄を促すには、体を温めて血流をよくすることが大切です。血流がよくなることで、血液にのって老廃物が運ばれます。

サウナは体を温められる簡単な方法です。70℃から90℃ほどの室内にいるだけで体が温まってきます。サウナ前には手先や足先の血の巡りが悪く冷えていた人も、温まってきたことを感じられることでしょう。

血流がよくなるだけでは老廃物は体内から出ていきません。老廃物を体外に出すためには、汗をかく、尿や便を出すといったことが必要です。サウナなら汗を大量にかきます。汗とともに老廃物が排泄されて、気分がリフレッシュすることでしょう。汗をかくために水分補給を忘れないでください。

ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナで水風呂を利用する際の入り方のポイントや注意点は?


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの醍醐味「水風呂の入り方と注意点」について解説します。


サウナを利用するときには水風呂にも入る人は多くいますし、実際のところ、水風呂も利用する意味は大いにあります。

ただ、何も考えないで水風呂に入るのはもったいないので、サウナを利用する際に一緒に入る水風呂の入り方については、正しい知識を持っておきましょう。

サウナの入り方とはちょっと違う面もありますから、そこを理解したうえで実際に利用すると良いのではないでしょうか?

サウナについて詳しくない人、経験が浅い人はそれだけ水風呂に対する知識もないと思われるので、この機会に知っておきましょう。

どういった入り方をするのが望ましいのか?を知ると、水風呂に対する興味もわいてくる可能性がありますし。


水風呂はサウナよりも短い時間で利用するのが基本

水風呂の入り方に関して、特に重要なのはその時間であり、基本的にはサウナよりも短めになります。

サウナに関してもそこまで長居するものではありませんが、水風呂については特にそういった部分を知っておく必要があります。

実際、サウナは8~15分程度入っていればそれで十分であり、水風呂は1~3分程度で十分と言える状況です。

1分しか入浴していない状況は、短すぎると感じる人もいるかもしれませんけど、サウナと水風呂を利用する際の効果については、この程度で得ることができます。

だから、サウナの入浴時間と比べて、水風呂の入浴時間が短いことは最初は気になるかもしれませんけど、現実的には特に問題ないと覚えておきましょう。

そういう意味では、あっという間の感覚で水風呂から出ることになるため、ぼーっとしていると長く入りすぎてしまう可能性があります。

水風呂に入る際には時間のことを常に頭に入れて、そのうえで実際に入浴をしていくと良いでしょう。

ただ、サウナに入る時間をやや長くするときには、水風呂に入る時間も少しだけ長めにとると良いので、そこも同時に覚えておくと望ましいです。


サウナと水風呂のサイクルを繰り返すときには休憩を挟もう

サウナに入って、その後水風呂に入るという行為は、1回やって終わりではなく、何回か繰り返す方法がおすすめです。

そして、実際にこのサイクルを繰り返すときには、間に休憩をはさんだ方がいいと思います。

つまり、サウナの入って、水風呂に入ってという状況を1サイクルとした場合に、このサイクルを1回終えた後は、すぐに2回目のサイクルに入らない方がいいということです。

サウナでもない、水風呂でもない場所で適度に休憩をとって、そのうえで2回目のサイクルに臨んでいきましょう。

3回目以降も同様に休憩をはさんだうえで、実践をしていってほしいと思います。

やはりサウナと水風呂は、ともに身体への負担が非常に大きいので、連続して行う状況はできれば避けた方が無難です。

サウナと水風呂の入り方においては、この休憩をはさむという部分はかなり大きなポイントと評価できます。

健康のために必要な入り方になるため、少々面倒くさいと思えてくるかもしれないですけど、ぜひ徹底をしていきましょう。


水風呂に入る前には大量の汗をきちんと流しておこう

水風呂はサウナに入った後に利用するものであり、当然ながらかなり大量の汗をかいたうえで利用することになります。

したがって、サウナを出た後に何もしないで水風呂に入ると、大量の汗がそのまま水風呂の中に入ってしまいます。

そういった状況は他の利用者からすればかなり迷惑と言えるでしょうし、気分がよくないはずです。

そのため、水風呂に入る際にはきちんと汗をタオルなどでふき取って、そのうえで利用していきましょう。

これはサウナと水風呂の効果、または健康面などに直接関係するわけではありませんが、マナーとして覚えておくと良いです。

お互いに気持ちよく利用をするために、サウナから水風呂に移動するときには、こういった注意点を入り方の一環として理解しておいてほしいです。

このような部分は常に意識しておかないと、ついつい忘れてしまう可能性がある点になるので、実際に利用する前に頭に入れておきましょう。

すでにサウナと水風呂を利用している人に関しても、改めて両者を併用するときのポイントとして、認識しておいてほしいと思います。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナの入り方の注意点は?入浴の時間の目安は?


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの「入り方や注意点、入浴時間の目安」等について解説します。


サウナに関して詳しくないが、これから利用をしてみたいと考えている人もいるでしょう。

やはりサウナは健康や美容などに関して様々な効果を持っている存在であり、メリットは大いに感じられるはずです。

ただ、今までサウナに関して特に縁がなかった人については、その入り方に関して疑問があるのではないでしょうか?

時間などはどうすればいいのか?そういった点で気になる部分があるはずなので、特にここはあらかじめ理解しておきましょう。

初心者の人にとっては、このような部分を知らないと思わぬ形で失敗をする可能性がありますから、ぜひ頭に入れておいてほしいです。


サウナに入る際にはとにかく水分補給が重要

サウナというのは、多くが知っている通り室温が非常に高い状況となっています。

この条件下で特に気を付けないといけない点は水分補給であり、こういった点は確実に頭に入れておきましょう。

サウナに慣れている人であれば、この部分に関して忘れることはほぼないと思われますが、初心者の場合には話は別です。

サウナ初心者の場合には、サウナの過酷な環境に関してまだ体験していない、体験が足りていないため、ついつい適当になってしまう可能性があります。

ただ、水分補給が疎かになると、本当に健康を害する危険性があるため、きちんと注意を払う必要があるでしょう。

したがって、サウナの入り方においては、水分を適切に摂ることを念頭に置いてほしいと思います。

しかし、サウナに入っているときに水分を摂るというよりは、入る前、出た後に摂った方がいいと言えます。

サウナの入浴時間は一般的にそこまで長時間にはなりませんし、入浴中に水分を摂ると老廃物の排出がスムーズにいかないケースがありますから。

水分を摂るタイミングについても、サウナの入り方の注意点として知っておいた方が無難と評価できます。


サウナの入り方で入浴時間はどうするべきか?

多くが最も気になるのは、サウナに入るときの入浴時間の部分になると思います。

初心者にとって、サウナの入り方の部分で特に気になるのはどのくらいの時間入るべきか?という点でしょう。

これに関しては、一般的には10分前後が理想的とされており、そのくらいを目安にしておくと良いです。

ただ、これはある程度サウナの利用経験がある人であって、初心者の場合にはもう少し短くても大丈夫です。

5分程度から初めてみるのがちょうどいい可能性があるため、10分前後を目安にする必要はありません。

実際、初心者の人はサウナの室温の高さにかなり辛さを感じると思われるので、いきなり10分程度入るというのは難易度が高いと思います。

何度かサウナを利用したうえで、サウナの過酷な状況に慣れてきたら、入浴時間を伸ばすという考え方で良いでしょう。

サウナの入り方に関して、初心者と経験豊富な人に関しては全く同じである必要はなく、慣れの程度に応じて変えていく状況が望ましいです。


ジムでサウナを利用するときには運動をした後が理想的

サウナは至るところにあり、例えばジムの中に設置されているというケースは決して珍しくありません。

そして、そういった場所にサウナがあるときには、運動をしながらの利用になることが予想されるでしょう。

ただ、運動をする際にサウナを利用するならば、その入り方は非常に慎重にならないといけません。

やはり通常時と比べても、身体の状態が異質となっているので、それ相応の考え方がどうしても必要になってきます。

ジムを利用するときのサウナの入り方については、基本的に運動をした後の方が望ましく、運動をする前には入らない方がいいです。

その理由としては、単純に身体への負担が大きくなってしまうからで、体温が上がった状態で運動をすると、健康的に望ましくないと評価できます。

入浴の時間などに関しては特に変える必要はありませんけど、入るタイミングについては工夫しないといけません。

ジムにて、運動をする際にサウナを利用するのであれば、運動をした後ということで、ここは入り方の注意点として覚えておきましょう。

特にダイエットなどを目的にジムに通う場合には、運動とサウナの併用は普通に行われる行為と言えますから。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

サウナ効果で痩せる理由とおすすめの実践方法


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの「痩せる理由とおすすめの実践方法」について解説します。


サウナに入って汗を流す理由は人それぞれですが、中にはダイエットを狙ってという人もいるかもしれません。

実際、減量を必要とするボクサーなどが、サウナを利用して体重を落としたりするケースは多々あります。

そういった光景を見ると、サウナ効果によってダイエットができるんだ?と思う人は世の中に多くいるはずです。

ただ、実際にダイエットのためにサウナを利用するならば、より効果的な方法などを理解しておいた方がいいでしょう。

サウナは身体に負担がかかる方法であり、運動をするケースと似ている面がありますから、できるだけ効率的に痩せる努力をすると良いです。


サウナを利用して痩せることができる仕組みは?

サウナを使ってダイエットをしたいと考えている人は、そもそもサウナ効果で痩せられる理由についてまず知っておきましょう。

どういうメカニズムで体重が減るのか?という点は、特に重要な箇所と評価できると思いますから。

そして、実際にサウナを利用して痩せられる理由については、老廃物の排出と代謝のアップという2点が主にかかわってきます。

汗を流すことで、身体の中にある老廃物が水分として流れることで、単純に体重が軽くなるのですが、これは非常に分かりやすいでしょう。

ちなみにこの老廃物の中には脂肪も含まれるので、脂肪の燃焼という部分も期待できるはずです。

ただ、代謝のアップに関しては、直接体重を落とす効果があるわけではなく、痩せやすい体質を作るという意味の効果になります。

要するに痩せるための行動をしたときに、従来よりも痩せやすくなるというメリットが状況が代謝のアップによる変化です。

だから、代謝がアップしただけでは痩せませんが、運動などの痩せるための行動をとったときには、目に見える変化を感じやすいわけです。

こういった部分が存在することにより、サウナに入ると痩せる状況を実現できると言えるので、ここはぜひ覚えておくと良いと思います。


ダイエットのためにサウナを利用するなら定期的に

サウナ効果によって、確かに痩せることは可能ですけど、これは1回の利用で実現するわけではありません。

老廃物の排出に関しては、1回でも多少は効果があるでしょうけど、続けることでその効果はより大きくなっていきます。

また、代謝のアップの部分については、1回ではさほど変化がない場合が多いと思われるので、何度も利用する必要は絶対にあります。

定期的にサウナに入ることで、代謝はよりアップしていきますから、ダイエットに関するサウナ効果も大きくなるはずです。

だから、一定のペースでサウナに通うという習慣を作っていくことが大切と言えるため、そこは知っておきましょう。

目安としては、最低でも週に1回程度は通う状況が理想と言えますが、通いすぎると身体に負担となるので、多くてもせいぜい週に3回程度にしておくべきです。

継続的に何度もサウナを利用していけば、老廃物の排出と代謝のアップという部分で、徐々に痩せていくことができると思います。

しかし、逆に言えば痩せるためのサウナ効果に関しては、すぐには生まれづらいということで、簡単にはどうしてもいかないと言えます。


塩サウナを利用するとダイエット効果がより高まる可能性がある

サウナにはいろいろな種類があって、中には塩サウナと呼ばれるものも存在している状況です。

これはどこにでもあるわけではなく、一部のサウナにしかありませんが、ダイエットをするうえではかなり有利な状況を作ることが可能です。

塩サウナというのは、利用していると身体中に塩が付着する環境となっており、この塩の存在はダイエットをするうえではかなり大きいと評価できるでしょう。

塩が身体に付着すると、単純に皮膚の毛穴が開く状況となり、体内の老廃物がより多く外に排出されやすくなります。

塩洗顔といって、洗顔をするときに毛穴を開かせる目的で塩を使うケースがありますけど、それに近い効果です。

だから、自分の家の近所に塩サウナが設置されているサウナ施設が存在すれば、そういった場所を利用するのはおすすめです。

普通のサウナでも痩せるためのサウナ効果は実感できると思いますけど、塩サウナの方がより顕著と言える状況になりやすいでしょうから。

また、塩サウナの場合にはやや温度が低いため、一般的なサウナと比べて苦痛を感じづらいという特徴を持っています。


ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 情報・知識 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示