ラベル うつ病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル うつ病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月10日火曜日

うつ病に対してCBDは効果的か?


生涯に一度はうつ病になる人の割合は5.7%、精神疾患で通院をしている患者数は平成29年には400万人を突破しました。

うつ状態に悩む人は少なくない時代だといえるでしょう。

うつ病は「うつ」という状態の苦しさだけでなく、不眠などの合併症を抱えていることもあります。

CBDは精神に活力を与えてくれるといわれている成分です。

ここでは、CBDがどのように働くのか解説していきます。


CBDとは何?

CBDとは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、大麻草の種類によってはカンナビノイドの約40%をCBDが占めています。

大麻草ときくとマリファナを連想して危険に感じる人もいることでしょう。

マリファナの主成分は、カンナビノイドの一種であるTHCです。

THCはカンナビノイドの受容体であるCB1との親和性が高く、幻覚、幻聴、精神錯乱などを引き起こすことがあります。

日本の法律では規制されている成分です。

CBDはTHCに比べるとCBD1への親和性が低く、精神錯乱などを引き起こす働きはありません。

日本の法律で規制されていない成分です。

日本ではサプリメント、オイル、リキッド、クリーム、バームなどCBDを配合した製品が販売されています。


CBDに期待できる働き

CBDの研究が進められており、さまざまな働きが明らかになってきました。

人間の体はさまざまな要素によって構成されています。

ストレス、加齢、生活習慣はコンディションに影響を与え、こういったものが要因となってコンディションが低下してしまうことがあります。

CBDはコンディションのサポートをすることが期待できる成分です。

体に備わるエンカンナビノイドシステム(ESC)は、人間の体を常に一定に保つように働いてくれています。

食欲、睡眠、運動機能などの調整もESCがかかわっています。

神経細胞や免疫系にはCB1、CB2というカンナビノイドの受容体が存在しており、受容体にカンナビノイドが結合することでESCの働きをサポートします。

CBDはESCを促進する働きが期待できるとされています。


CBDはうつ状態に働きかける?

CBDオイルをうつ病や不安障害などの疾患に用いているクリニックがあります。

CBDの研究は主にマウスを使って行われており、人間による試験数は少ないようです。

うつに関してもCBDが人間に有効なのかはっきりしていないようです。

しかし、不安障害を抱える患者にCBDを経口投与して、不安症状が軽減したという報告があります。

うつ状態に対してのCBDの働きをヒト試験で実施され、その働きがあきらかになることが期待されます。


CBDは不眠にも働きかける?

うつ状態に悩んでいる方は不眠にも悩んでいることが珍しくありません。

不眠といっても、なかなか寝付けない入眠困難、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒、朝早くに目を覚ましてしまう早朝覚醒などがあります。

不眠の原因は、ストレスや精神疾患などさまざまあります。

CBDは不眠への働きが研究されており、不眠を解消する働きが示唆されています。

人間での試験ではありませんが、CBDオイルを摂取して寝つきがよくなったと感じている人はいるようです。


CBD製品の選び方

CBD製品には、オイル、リキッド、サプリメントなどがあります。

CBDオイルはヘンプオイル、MCTオイルなどにCBDを配合したものです。

直接舌に垂らして摂取をします。

CBDリキッドは、ヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をするものです。

ミントや柑橘系などフレーバーがつけられています。

サプリメントは、CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

味が気にならず、人目を気にせずに摂取しやすいです。

CBD製品を選ぶときには、THCが含まれていないことを確認してください。

日本ではTHCが規制されているため、日本にはTHCを含む製品を輸入することはできませんが、製品の情報をしっかりと自分の目で確認することが大切です。

第三者機関によってTHC0%なことが確認されていると安心できます。

また、製品によってCBD配合濃度が違うので、どの程度のCBDを摂取できるのかも確認しておきましょう。


ラベル うつ病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル うつ病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月12日月曜日

心に活力を!セロトニンとCBDの関係性


ストレスは心身に影響を与え、場合によってはうつ状態や不眠を引き起こすことがあります。

CBDは身体機能の調整だけでなく、精神にも活力を与えるといわれています。

ここでは、CBDがどのようにこころに作用をするのか紹介していきます。


CBDとは

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイド類の一種です。

カンナビノイドとは、アサ科植物に含まれる化学物質の総称です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれているといわれており、大麻草の種類によっては40%ほどをCBDが占めています。

大麻草と言うと不安なイメージを抱える方もいることでしょう。

大麻草に含まれる成分で問題となるのはTHCです。

THCは精神活性作用があり、幻覚や幻聴を引き起こすことがあります。

CBDはTHCのような精神活性作用はありません。

THCは日本の法律で規制されている成分ですが、CBDの規制は日本の法律ではありません。

CBDを手軽に摂取できるように、オイル、リキッド、サプリメントなどの製品が販売されています。


エンド・カンナビノイド・システムとは

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは、体内にある身体調節機能のことです。

ECSは睡眠、免疫、食欲、痛み、運動機能などの調整にかかわっています。

ECSは、内因性カンナビノイド(エンカンナビノイド)と、それらと結合をする受容体であるCB1、CB2で構成されています。

CB1は神経細胞上に、CB2は免疫細胞上に多く分布をしています。

ESCは加齢やストレスの影響で機能が低下をします。

カンナビノイドが欠乏することによって、さまざまな不調が引き起こされると考えられています。

CBDはエンカンナビノイドを活性化して、ESCを促進することが期待されています。

THCは受容体への結びつきが強く、精神的にハイになってしまう成分ですが、CBDは受容体に間接的に働くため、劇的な精神への働きはないと考えられます。


うつ状態との関係は?

厚生労働省によると、日本人の100人に3~7人はうつ状態を経験しているとされてます。

現在、セロトニンの不足がうつ状態の原因だと考えられています。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質の一種です。

脳内の神経伝達物質であるドパミンとノルアドレナリンを抑制する働きがあり、精神を安定させます。

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから生合成されます。

セロトニンが不足をすると、ドパミンとノルアドレナリンのバランスが不安定になり、2つのバランスが崩れることで不安、うつ、攻撃性などが引き起こされるといわれています。

「CBDはアナンダミドの分解を抑制する」「アナンダミドのシグナル伝達効果を促進する」と、2012年のドイツの研究者による試験で発表されています。

アナンダミドCB1に作用するエンカンナビノイドです。

脳や神経系に多く分布しており、幸福の分子と呼ばれています。

CBDがエンカンナビノイドに働きかけることで、心に活力をもたらすことが期待されます。

2011年に社会不安障害を抱える患者に対して行われた試験では、経口投与をすることで不安が軽減することが示唆されています。


CBDの摂取方法

日本で販売されているCBD製品には、オイル、リキッド、サプリメント、チョコレート、グミなどがあります。

日本では食品扱いされており、医薬品ではないため詳しい摂取方法を製品に記載することができません。

そのため、CBDの摂取方法に決まりはありません。

CBDを摂取するとあくびが出たり、眠気が出たりすることがあるので、運転中や運転前には摂取してはいけません。

これ以外のタイミングであれば、いつでも摂取することができます。

たとえば、朝起きた気分が沈みがちなときにCBDを摂取してみる、寝付けないときに摂取してみるというのでもよいでしょう。

オイルやサプリメントは持ち運びしやすく、職場などでもCBDを摂取できます。

また、セロトニンの分泌を活性化させるためには朝日を浴びることが重要です。

CBDを摂取するだけでなく、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる習慣をつけることもおすすめします。


ラベル うつ病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル うつ病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示