ラベル 過剰摂取 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 過剰摂取 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年7月19日日曜日

MCTオイルの過剰摂取による副作用


健康への働きが注目されているMCTオイル
体のためにと思ってたくさん摂っていませんか。
体によさそうと思うものでも、過剰摂取をすると体の負担になります。
流石にCBDオイルの基材としての取りすぎは無いかと思いますが、MCTオイル単体で摂取する場合もあると思います。
何事も取りすぎは注意が必要という事を念頭に、懸念点について、MCTオイルの過剰摂取の影響について解説していきます。

過剰摂取で肥満に

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルです。
一般的に調理に使っている大豆油やキャノーラ油は長鎖脂肪酸を多く含んでいます。
中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を比べると、中鎖脂肪酸の方が分子の長さが短く、そのため素早くエネルギーになります。
そのため、たまりにくい油だといわれることがあります。
しかし、中鎖脂肪酸も長鎖脂肪酸も油であることには変わりありません。
カロリーがあるのは脂質、糖質、タンパク質です。
1gあたりのカロリーは脂質9kcal、糖質4kcal、タンパク質4kcalで、脂質がもっともカロリーが高くなっています。
摂取カロリー>消費カロリーだと太ると計算上は考えられています。
つまり、カロリーが高い油ばかり摂っていると摂取カロリーが多くなり、脂肪が蓄積して肥満を招く心配があるのです。
MCTオイルはエネルギーになりやすいとはいっても、動かなければエネルギーは消費されません。
現代は車や電車など便利な移動手段が登場し、デスクワークが中心で、動く機会が減っています。
油を過剰に摂取して動かなければ、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、肥満の原因になります。

お腹がゆるくなる

MCTオイルを過剰摂取するとお腹がゆるくなることがあります。
油には便の滑りをよくする働きがあります。
一度に摂取する量が少ないよりも、多量に摂取した方がその働きが高まります。
MCTオイルはコーヒーやヨーグルトに混ぜるとおいしく摂取できますが、こういったものに混ぜるとき計量せずに加えてしまい、思っている以上に多量に摂取してしまいがちです。
また、食べものに混ぜて摂る場合は食べものと混ざることで油の滑りがよくなる働きが抑えられることがありますが、飲み物だと食べもののように混ざり合って働きが弱まるという作用が弱く、お腹がゆるくなるとも考えられます。
「1回の摂取量が多いと、お腹がゆるくなることがあります。」と日清MCTオイルの商品ページに記載されています。
1回に多量に摂取しないようにしましょう。

肥満を防ぐための摂り方

過剰摂取は肥満のもとですが、量に気をつければおいしくMCTオイルを摂取できます。
MCTオイル小さじ1杯は41kcalほどです。
MCTオイルを摂取するなら、その分のカロリーを食事から減らすようにして、摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなりすぎてしまうことを防ぎます。
摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければ、脂肪がたまっていきにくいと考えられます。
ドレッシングのカロリーは、一般的な使用量大さじ1杯あたり、シーザーサラダドレッシング68kcal、胡麻ドレッシング59kcal、フレンチドレッシング38kcalほどです。
普段サラダにかけているドレッシングをやめてMCTオイルにすれば、これまでと摂取カロリーをほとんど変えずにMCTオイルを摂取することができます。
ヨーグルトに混ぜているなら、ヨーグルトを無脂肪のものに変えることで摂取カロリーを抑えられます。
100gあたりのカロリーは、全脂無糖タイプで62kcal、無脂肪無糖タイプで42kcalです。
普段の食事で揚げ物や炒め物など油を使ってカロリーが高くなりがちな料理を控えることでも、摂取カロリーを抑えることができます。
食事で減らした分の油をMCTオイルに置き換えれば、過剰摂取によるカロリーの摂りすぎを防ぐことにつながります。

下痢を防ぐための摂り方

一度に多量に摂取をするとお腹がゆるくなりやすいので、一度に摂取する量を少なくしましょう。
初めて摂る場合は小さじ1杯程度にして、体の調子を見ながら徐々に量を増やしてみます。
MCTオイルでなくても、酸化した油を摂取するとお腹がゆるくなることがあります。
油が悪い揚げ物を食べて下痢を起こした経験を持つ方もいると思います。
MCTオイルは開封後1~2か月で食べ切ってしまうことが目安です。
開封後時間が経つほど酸化をするので、早めに食べ切ってしまいましょう。



ラベル 過剰摂取 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 過剰摂取 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月11日月曜日

CBD製品の過剰摂取について


CBDは天然由来の成分なので、副作用はないという話を聞いた事はありますでしょうか。
確かに、薬ではないので大きな副作用はありませんが、やはり取りすぎは取りすぎで注意が必要です。
今回は、CBDを正しく摂取する為に、CBDの過剰摂取について解説します。

CBDとは?

まず、CBDについてですが、この成分は、麻からとれる成分でリラックス効果がある物質です。
麻からとれる天然由来成分で一見麻薬と同じような成分であると考えられますが、
麻薬と異なる点としては常習性や依存性が無く、
何時でも使用をやめることが出来るため、麻薬とは異なる成分であると言えます。
現在においては、食品や電子タバコ等の成分として使用することでリラックス効果や不安を消し去ることが出来る物質として使用されています。
これは、WHOがCBDの安全性を認め公表したため、瞬く間に産業利用される物質となったのです。

とは言うもの過剰摂取はできない

CBDの効果はリラックス効果や不安を取り去るという効果なのですが、
過剰摂取した場合、効果は持続するかと言うと決してそのようなことは無いです。
と言うのも、このCBDは、体内の酵素と反応し、服用している薬と反応し相反する効果を示すことがあると発表されています。
例えば、、抗痙攣剤や抗うつ剤などの薬を服用している場合においてその効果と相反する効果を示し、副作用となることがあると判明しています。

肝臓を損傷させてしまう副作用がある

CBDは肝臓の機能を低下させてしまう性質があるため、高濃度でかつたくさんの量を摂取した場合肝機能を低下させ肝臓を損傷させることがマウス実験で判明しています。
その為過剰摂取においては目安が設定されており、サプリ等においては許容量を守ったうえで使用すれば副作用が起きないよう設計されています。

サプリで過剰摂取するのは容易だが他の製品では難しい

サプリメントではCBDを過剰摂取することは容易で副作用が現れる量を一度に摂取することは容易です。
ですがそれ以外の製品においては一度に過剰に摂取することは難しい製品もあると言ってよいです。
例えばCBDオイルの製品においては、許容量である量としては最大1.280mgの量が4週間使用しても何ら問題のない量です。
そしてCBDリキッドがおおよそ一日使用することが出来る量が50mgであるためどう見積もっても4週間の使用量を1日で超えようとすることは不可能なのです。
その為CBDオイルにおいては使用料を守らなかったとしても一日で安全である許容量を超えて使用することが難しいということです。

食べるのと吸い込むのは吸収量が異なる

ではなぜ、CBDリキッドなどの製品や電子タバコの製品のほうが使用できる量が減らされているかを解説します。
まず、CBDの体内への取り込み方の違いが大きく、電子タバコやCBDリキッドの場合は効かされたものを吸い込むという性質上、より効果的にCBDを体内に取り込みます。
その為各メーカーでは過剰摂取の許容量である量を超えていなくても副作用が出る範囲に該当してしまうのではないかと言う点で制限を強化したのです。
逆に食べたり飲んだりするタイプのCBD製品は体内に取り込む際、胃の酸で有効成分がある程度分散し、
腸で吸収する頃には効果が薄れているため過剰に摂取した場合において直ちには影響がなく、
摂取できる量も気化したCBDよりも多く設けられているということです。
これは、気化した物は即効性があるため即座に不安やストレスなどを和らげることが出来るため、
多量に摂取した場合、その反動として副作用が現れた際、安全性に欠けるということで気化するCBDは摂取量の制限を強く設定していると考えられます。
ですが両者ともに言えることとしては結局の所、薬として使用されている有効成分でありますので過剰に摂取した場合、
如何に天然由来成分であってもどのようなことが起きるかわからず、一応安全のために制限を課して製品を生産し販売しているということです。
これは何もCBDだけに限らず、風薬や漢方薬といった製品で天然由来成分のお薬も同様に過剰に摂取した場合、どうなるかと言う実験を行っており、
実験結果から導き出された答えを副作用として公表しているため、過剰摂取することは望ましいことではないということになります。
万が一過剰摂取にて副作用が見られた場合においては医師に相談したのち対処を仰ぐことがベストです。


ラベル 過剰摂取 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 過剰摂取 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示