ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月31日水曜日

CBDの効果や副作用、今後について、実験が果たす役割は大きい


CBDはこれまでに数多くの実験が行われてきており、その全貌が徐々に明らかになってきています。

CBDに関しては、人類にとってはまだ歴史が浅いと言え、全てが判明しているわけではありません。

少しずつその実態が明らかになりつつある状況であり、不明な部分はどうしても存在しています。

しかし、CBDについての実験を重ねてきたことで、私たちが知っておくべき真実が見えてきているのは事実です。

安心してCBDを使うためには、何らかの実験を行い、人体への影響などを観察する必要がありますが、それは今後も続けられていくでしょう。


CBDの実験で特に重要なのは副作用に関して

これまで多くの実験がCBDおいて行われてきていますが、その中で私たちにとって特に大きな意味を持つのが副作用です。

口の中に入れるものについては、この副作用は無視できない部分であり、多くの人たちの関心ごとと言えます。

薬に関して特に副作用は気にすると思われますけど、薬以外のものであっても、当然そういった部分は頭に引っかかるのではないでしょうか?

だからこそ、事前にCBDの実験を繰り返すことで、どのような副作用があるのか?を調べておくことは非常に重要です。

実際、CBDには副作用と呼べるものはほとんど存在しない、安心感を持ちながら使用できるとすでに言われています。

しかし、そういった事実は実験を行ったからこそ分かった部分ですから、やはりこれまでの積み重ねは非常に大きかったと言えます。

副作用に関しては、効果と同じで個人差があるので、誰に対しても何もかも生じないとは言い切れません。

でも、高い確率で特に問題が生じないと多くが思えるはずですから、そういった心理的面で大きな貢献を果たしてくれていると評価できるでしょう。


CBDに備わっている効果の種類に関しても実験によるものが大きい

CBDにはどんな効果があるのか?これに関しては実際に使用した人からの報告などが大きいです。

しかし、きちんと体制を整えたうえでの実験に関しても、CBDの効果の範囲を特定するのに役立っています。

実験をするうえでは、効果を正確に見定めるための配慮がきちんとなされており、そのうえでCBDについて効果の有無を見ていきます。

多くの人たちがCBDを使用する状況においては、効果を正確に見定めるための配慮はなされていないでしょう。

したがって、CBDを使ったうえで何らかの変化が生じた際に、それがCBDを使ったことによるものか?の判断は本来は容易ではありません。

別の何かが作用して起きた効果かもしれないのですが、それがCBDによるものか?そうじゃないのか?正確に区別はできないでしょう。

でも、CBDによる実験では、そういった部分への配慮ができるだけ行われたうえで実施されるので、特定の変化がCBDによるものか?どうかの判断がしやすいはずです。

つまり、利用者の報告とは違い、実験による効果の有無に関してはかなり信頼のできる状況と言えるわけです。


CBDの実験を重ねることで人類の未来は明るくなる?

CBDの健康効果は、今日では多くの人たちの間で認識されており、病気などに有効とされています。

この状況も実験を行ったゆえに判明した事実ですが、こういった部分は今後より顕著となっていくでしょう。

というのも、CBDの健康に対する効果について、多くが当初想像していた範囲を明らかに超えてきた感があると言えます。

いろいろな症状を緩和することに加えて、命を脅かす可能性がある病気に対しても効果的と言える一面が確認されていますから。

これは今まで以上に実験を重ねていくことで、さらなるCBDの効果を確認できる可能性があると評価できる状況でしょう。

今まで治すことができなかった状況を改善へと向かわせることも可能になるかもしれませんし、そういった夢を広げてくれる存在がCBDと言えます。

実際、すでにCBDは薬のような使われ方をしている面がありますから、いずれは幅広くあらゆる病気に対して効果をもたらす存在として重宝するかもしれません。

CBDによる実験の結果次第で、今後CBDが世界中でどのような扱いになるのか?が決まってくると言えるでしょう。

すでに多くの分野で役立っている状況と評価できますが、今まで以上のその役割を増し、人類に多大な貢献をしてくれる可能性もあるのではないでしょうか。

ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月29日木曜日

CBDの効果にエビデンスはあるのか?


医療分野では「エビデンス」という言葉がよく使われるようになりました。

エビデンスとは「科学的根拠」のことです。

多くの患者さんに効果のある治療法を選択してもらうための指標として用いられています。

医療分野でも注目されている成分がCBDです。

では、CBDにエビデンスはあるのでしょうか。


CBDについて

CBDとはCannabidioの略です。

大麻草に含まれる80~114種類ほどのカンナビノイドの一種です。

大麻草に含まれるカンナビノイドの一種にTHCという成分があります。

THCはマリファナの主成分であり、摂取をすると向精神作用を示し、幻覚や幻聴が現れることもあります。

CBDはTHCとは違った成分で向精神作用はありません。

日本の法律ではTHCを禁止していますが、CBDの規制は行われておらず、日本国内ではCBDを配合したオイル、リキッド、チョコレート、グミなどが販売されています。

日本で販売されているのは、日本国内の法律で規制されていない大麻草の成熟した種子や茎から抽出した成分を使用しています。

また、海外ではCBDを使用した医薬品が承認されています。


CBDにエビデンスはある?

いくつかの疾患に関してはCBDの有効性を示唆する研究報告がされていますが、これらは小規模な研究がほとんどです。

科学的根拠を得るためには、大々的な研究が必要です。

数十人を対象とした研究を1,2例程度行っただけでは科学的根拠があるとはいいにくいのです。

これまでに報告されているCBDの研究は、皮膚がん2件、線維筋痛3件、つわり1件、かゆみ3件、偏頭痛3件などです。

質の高い研究結果を得るためには、もっと多くの研究数が必要です。

また、偏りのあるエビデンスも存在します。

実験や調査は世間のすべての人を対象としているのではなく、その中から特定の人を選んで行われています。

実験結果が望むものになるように、意図的に対象者を選別している可能性は否定できません。

このような研究では研究結果に偏りがでてしまいます。

実験結果に偏りが出ないように工夫することが望まれるのはもちろんですが、エビデンスを利用する際には偏りを排除できているか考慮することも大切です。


糖尿病のリスクを下げる?

イスラエルの研究者らによって2006年に発表された研究では、非肥満糖尿病マウスにCBDを投与したところ、糖尿病の発症リスクが下がったと報告されています。

糖尿病は合併症が怖いといわれています。

高血糖状態になることで血管や組織に負担をかけてしまい、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などの合併症を発症することがあります。

齧歯類を用いた試験では、CBDが慢性炎症性や神経障害性疼痛を抑制する働きが示唆されています。

このことから、糖尿病による神経障害にも働きがあるのではないかと期待されています。

しかし、これらの試験では、マウスにCBDを投与しており、まだヒトでははっきりとした研究結果がでていません。

マウスとヒトでは遺伝子的に違う部分があるので、マウスに当てはまるものがヒトにも当てはまるとは限りません。

ヒトでのエビデンスを得るためには、ヒトを使った試験が必要です。

これからの研究が期待されます。


副作用の心配はないの?

エビデンスがはっきりしているとしても、副作用が強く出てしまうようでは成分を使い続けることが難しくなってしまいます。

CBDは忍容性が高く、安全性のある成分だといわれており、1日1500mgていどまでなら摂取しても問題ないとされています。

しかし、体質には個人差があるので1日1500mg以下であっても副作用がでてしまう可能性があります。

倦怠感、下痢、食欲の変化などが現れることもあります。

また、CBDを配合している医薬品のエピディオレックスの添付文書では、眠気、不眠、睡眠の質の低下、食欲低下、下痢、倦怠感などの注意喚起がされています。


CBDの摂取方法

安全だといわれているCBDですが、副作用のリスクがゼロではありません。

副作用が出ないようにするために、初めて摂取をする際には少ない量から始めましょう。

CBDオイルのようなスポイト式のものだと量を調整しやすいです。

体の調子を見ながら量を調整してください。


ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月16日金曜日

NMNサプリに副作用はあるのか?


NMNは若返りの薬として注目されているものです。

日本でもサプリメントが販売されて、一般の人でも手に入れられるようになりました。

「若返り」というとたくさんNMNを摂取するほど体によいように感じてしまいますが、たくさん摂取をしても本当に安全なのでしょうか。

医薬品ではありませんが、食品でも副作用の心配がゼロとはいい切れません。

NMNは副作用の心配はないのでしょうか。

そこで、ここではNMNとはどういった成分なのか、摂取して副作用がないのかなどを紹介します。


NMNとは

NMNとはニコチンアミト゛モノヌクレオチトのことです。

日本で一般の人たちに注目されるようになったきっかけは、NHKスペシャル『ネクストワールド 私たちの未来』です。

「寿命はどこまで延びるのか」をテーマにした回で、ワシントン大学とハーバード大学の研究者が注目しているNMNについて紹介されました。

老化現象にかかわっているものがサーチュインです。

人間の体内には7種類のサーチュインが存在しており、老化を抑制しています。しかし、通常は休眠をしているのでサーチュインを活性化させる必要があります。

サーチュインの活性にかかわっているものがNADです。

NADは生物のあらゆる臓器や細胞に存在しています。

ところが、加齢に伴いNADは減少をします。

NADが減少することによって体の機能が衰え、機能の衰えがさまざまな疾患につながると考えられています。

ならば、NADを増やせばよいと考えるところですが、NADは絶や運動食で増やすことができても、NADそのものを口から摂取しても細胞内に取り込まれることがありません。

そこで注目されたものがNMNです。

NMNはNADの合成中間体で、NMNを摂取することでNADが合成されることがマウスの実験で確かめられています。

マウスに1年間NMNを投与した実験では、抗老化作用が確認されています。


NMNの人への働きは?

NMNの研究が進められていますが、マウスなど動物を使った実験が主で、ヒトでの臨床試験はまだ少数です。

2019年にはフレイルや糖尿病を対象にしたヒト試験が行われました。

しかし、はっきりとした効果を検証するためには、まだまだ多くの臨床試験が必要です。

これからの研究が期待されています。


NMNを含む食品

NMNは生物の体内で自然に作られているものです。

母乳にも含まれており、赤ちゃんが最初に口にするものにNMNが含まれているのです。

枝豆、アボカド、キャベツ、トマト、ブロッコリー、牛肉、エビなど、普段食べているものにもNMNは含まれています。

食品では、芽の成長のための栄養を蓄える種などにNMNが多く含まれているようです。

現在確認されているものでは、枝豆やアボカドがNMNを多く含有しています。

それに比べると牛肉や魚介類はNMN含有量が少ないです。

普段これらの食品を食べていても、アレルギーを持っている人でなければ副作用が出ることはありません。

食品からNMNを摂取する場合は、副作用はないと考えられるでしょう。

ただし、食べ過ぎには注意が必要です。

NMNをたくさん摂取しようと思うと食品を大量に食べなければなりません。

食べる量が多ければ摂取カロリーが増え、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなると使われなかったエネルギーが脂肪として体に蓄積をします。

NMNが多く含まれていると考えられる食品は種です。

種には芽の成長のための栄養がギュッと凝縮されており、カロリーが高いです。

ゴマや大豆なども種ですが、脂肪分やタンパク質が多くてカロリーが高い食品です。

食べ過ぎは肥満につながるので気をつけましょう。


サプリメントの安全性は?

NMNを配合したサプリメントが登場しています。

医薬品の場合は厳しい試験をクリアして安全性を確かめてから販売されますが、サプリメントは日本では食品扱いされており、医薬品ほどの厳しい試験は受けていないようです。

そのため、副作用についてもわかっていないところがあります。

また、サプリメントは科学的な裏付けがされていないものも多く出回っています。

サプリメントを使ってのヒトでの安全性は不確かで副作用についてもわかっていないところがあるので、製品に記載されている摂取方法を守って摂るようにする必要があります。

ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年7月19日日曜日

MCTオイルの過剰摂取による副作用


健康への働きが注目されているMCTオイル
体のためにと思ってたくさん摂っていませんか。
体によさそうと思うものでも、過剰摂取をすると体の負担になります。
流石にCBDオイルの基材としての取りすぎは無いかと思いますが、MCTオイル単体で摂取する場合もあると思います。
何事も取りすぎは注意が必要という事を念頭に、懸念点について、MCTオイルの過剰摂取の影響について解説していきます。

過剰摂取で肥満に

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルです。
一般的に調理に使っている大豆油やキャノーラ油は長鎖脂肪酸を多く含んでいます。
中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を比べると、中鎖脂肪酸の方が分子の長さが短く、そのため素早くエネルギーになります。
そのため、たまりにくい油だといわれることがあります。
しかし、中鎖脂肪酸も長鎖脂肪酸も油であることには変わりありません。
カロリーがあるのは脂質、糖質、タンパク質です。
1gあたりのカロリーは脂質9kcal、糖質4kcal、タンパク質4kcalで、脂質がもっともカロリーが高くなっています。
摂取カロリー>消費カロリーだと太ると計算上は考えられています。
つまり、カロリーが高い油ばかり摂っていると摂取カロリーが多くなり、脂肪が蓄積して肥満を招く心配があるのです。
MCTオイルはエネルギーになりやすいとはいっても、動かなければエネルギーは消費されません。
現代は車や電車など便利な移動手段が登場し、デスクワークが中心で、動く機会が減っています。
油を過剰に摂取して動かなければ、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、肥満の原因になります。

お腹がゆるくなる

MCTオイルを過剰摂取するとお腹がゆるくなることがあります。
油には便の滑りをよくする働きがあります。
一度に摂取する量が少ないよりも、多量に摂取した方がその働きが高まります。
MCTオイルはコーヒーやヨーグルトに混ぜるとおいしく摂取できますが、こういったものに混ぜるとき計量せずに加えてしまい、思っている以上に多量に摂取してしまいがちです。
また、食べものに混ぜて摂る場合は食べものと混ざることで油の滑りがよくなる働きが抑えられることがありますが、飲み物だと食べもののように混ざり合って働きが弱まるという作用が弱く、お腹がゆるくなるとも考えられます。
「1回の摂取量が多いと、お腹がゆるくなることがあります。」と日清MCTオイルの商品ページに記載されています。
1回に多量に摂取しないようにしましょう。

肥満を防ぐための摂り方

過剰摂取は肥満のもとですが、量に気をつければおいしくMCTオイルを摂取できます。
MCTオイル小さじ1杯は41kcalほどです。
MCTオイルを摂取するなら、その分のカロリーを食事から減らすようにして、摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなりすぎてしまうことを防ぎます。
摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければ、脂肪がたまっていきにくいと考えられます。
ドレッシングのカロリーは、一般的な使用量大さじ1杯あたり、シーザーサラダドレッシング68kcal、胡麻ドレッシング59kcal、フレンチドレッシング38kcalほどです。
普段サラダにかけているドレッシングをやめてMCTオイルにすれば、これまでと摂取カロリーをほとんど変えずにMCTオイルを摂取することができます。
ヨーグルトに混ぜているなら、ヨーグルトを無脂肪のものに変えることで摂取カロリーを抑えられます。
100gあたりのカロリーは、全脂無糖タイプで62kcal、無脂肪無糖タイプで42kcalです。
普段の食事で揚げ物や炒め物など油を使ってカロリーが高くなりがちな料理を控えることでも、摂取カロリーを抑えることができます。
食事で減らした分の油をMCTオイルに置き換えれば、過剰摂取によるカロリーの摂りすぎを防ぐことにつながります。

下痢を防ぐための摂り方

一度に多量に摂取をするとお腹がゆるくなりやすいので、一度に摂取する量を少なくしましょう。
初めて摂る場合は小さじ1杯程度にして、体の調子を見ながら徐々に量を増やしてみます。
MCTオイルでなくても、酸化した油を摂取するとお腹がゆるくなることがあります。
油が悪い揚げ物を食べて下痢を起こした経験を持つ方もいると思います。
MCTオイルは開封後1~2か月で食べ切ってしまうことが目安です。
開封後時間が経つほど酸化をするので、早めに食べ切ってしまいましょう。



ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年6月26日金曜日

CBDを使用するうえで副作用や人体に対しての悪影響はあるのか?


CBDが含まれた製品を使うと、美容、そして健康などの面において大きな効果を発揮します。
だからこそ、その魅力を知っている人からすれば、もはや手放せない存在になっている場合もあるでしょう。
しかし、これからCBDを使ってみたいと考えている人にとってはその副作用が気になるのではないでしょうか?
効果があったとしても、何らかの副作用が存在しているとなれば、リスクが含まれている状況です。
リスクがある製品を使うことは勇気がいりますし、躊躇してしまう人もいる可能性もあるため、この部分はしっかりと把握する必要があります。

そもそも副作用とは何か?

CBDには副作用が存在するのか?を知るために、必要な知識として「副作用」とは何か?があります。
副作用に関しては、正確な定義を知っている人が少ないと思われます。
この副作用という言葉は何に対しても使用できるわけではなく、基本的には薬に対して使います。
薬には患者にとってプラスとなる効果が含まれているものの、その効果を発生させるために同時に起きてしまうマイナスの影響こそが副作用です。
この副作用はどんな薬にも必ず備わっているわけではありませんが、備わっている場合も十分に考えられます。
だから、副作用という概念は本来は薬に対してのみ使用するため、薬ではないCBD製品に関しては副作用という言葉は馴染みません。
結論を言えば、CBD製品には副作用は存在しないという言い方が適当です。
ただ、副作用がないといっても、人体にとっての悪影響がゼロであるか?は別です。
要するに副作用という言葉が馴染まないのであって、有害な部分がないとは言い切れません。

CBDは基本的には安全な成分である

CBDに危険性が皆無とは言えないものの、基本的には安全な成分です。
したがって、CBDが含まれた製品に関して明らかに注意しないといけないリスクはまず存在しません。
実際、CBDを含めたヘンプ由来の製品を使って何らかの死亡事故や重病が発生したケースはありません。
だから、データから言えばCBDはかなり安全性の高い成分と評価できます。
また、WHOがCBDに対して言及した際には、その効果とともに安全性に関しても評価していました。
CBDは公衆衛生上の問題などは含まれていないと語っており、世界的に認められた存在と言えます。
だから、CBDは効果それ自体は非常に魅力的であるにもかかわらず、それに伴うデメリットはほぼない状態で使用できます。
人体にマイナスな影響が絶対に出ないとは言い切れないものの、仮に発生したとしても軽度なものが予想されます。
正しい用法、用量を守って使用すれば命を脅かすような危機的状況は起きないでしょう。

CBDが含まれた製品は使用頻度、使用量に気を付けるべき

普通に使っていれば、CBDを使用することで副作用は起きませんし、悪影響も発生しません。
とはいっても、100%安心し切ったうえでCBDを使用していいわけではないです。
それは使用頻度が高すぎる、大量に使用しすぎるような状況が起きる可能性が考えられるからです。
そういった使用状況が確認できれば、何らかの悪影響が起きるケースははあります。
本来は人体にとって有害ではないものであっても、それを使いすぎることで身体に問題が発生することは多々あると言え、CBDに関しても同様です。
甘いものを普通に食べるだけなら特に問題なくても、大量に食べると血糖値が大幅に上がるなどの状況が起きる場合があります。
それと同じように考えれば良いので、節度を保ってCBD製品を使用していきましょう。
そうすれば副作用はもちろん、私たちの身体にとって不都合な状況が発生することはまず考えられません。
CBDそれ自体に大きなリスクはほぼ存在しないとは言えますが、それは正しい使い方をした場合の話です。
したがって、効果を早く出したいと思って過剰な使い方をすれば、何らかの不都合が起きる可能性があります。
そこは頭に入れておく必要がありますから、注意点は少なからず存在しており、油断はしないでおきましょう。
そして、CBDを使用した際の効果に関しては気長に待つという姿勢も重要であり、即効性に期待しすぎるのはよくないと言えます。



ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 副作用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示