ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

体重に併せて適量を!ペット用CBDオイル-Alpentol


CBDは健康や美容をサポートすると注目されている成分です。CBDを愛用している方やペットの健康を考えている方は、ペットにCBDを与えたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

ペットに与える場合は、人間用ではなくペット用を選びましょう。

「アルペントル ドッグケアCBDオイル」は、ペットのためのCBDオイルです。


CBDには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートがありますが、アルペントル ドッグケアCBDオイルが使用しているのはアイソレートです。

CBDとは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、80~114種類ほどがあるといわれています。アイソレートはCBDだけを抽出したもので、その他のカンナビノイドは含まれていません。もちろん、THCは0%です。製品詳細ページで成分分析書を公開しています。

CBD配合量は1製品あたり500mlです。1滴あたりには、約1.5mgのCBDが含まれています。


アルペントル ドッグケアCBDオイルに使用している原料は、CBDアイソレートとMCTオイルのみです。MCTオイルは中鎖脂肪酸100%で、不純物を含んでいないオイルです。味やにおいがしないオイルなので、ペットでも摂りやすくなっています。


ペットに与えるときには、ペットの体重にあわせて量を調整してください。体重3~5kgで1日1滴、5~10kgまでは1日2滴、11~20kgまでは1日3滴、21~50kgまでは1日4滴が目安量です。そのまま口の中に垂らす、ペットフードに混ぜて与えます。そのまま口の中に垂らす場合は、スポイトの先が口に触れないように気をつけます。


CBDはペットの健康維持に役立つことが期待できる成分です。ペットが長く健康に生活できるようにCBDを活用してみませんか。


→アルペントル ドッグケアCBDオイル500mg

ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

小型中型大型犬に加え、猫や馬用もあるペット用CBDオイル-Naturecan(ネイチャーカン)


ペットも人間と同じようにストレスを感じます。

人間はストレスによって不調を引き起こすように、ペットにもストレスの影響はあります。

ペットが快適に日々を過ごせるようにするためには、ストレス対策が欠かせません。

環境を整える、遊んであげるなどが大切なのですが、いつもいつもそうできるとは限りません。

もっと手軽でケアに役立つものが「 Naturecan(ネイチャーカン) CBDオイル」です。

この記事では、CBDオイルとはどのようなものなのかや、ネイチャーカン CBDオイルの特徴を解説していきます。


CBDとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、麻に含まれる成分の一種です。

麻は古くから利用されてきた植物で、食用、衣類、縄、神事など、さまざまなことに活用されています。

CBDは世界中で注目されている成分で、研究が進められています。これまでの研究では、抗炎症作用やストレスの緩和などに役立つことがわかってきました。

アメリカやカナダなどでは、医薬品として承認されているものがあります。

生物の体にはエンドカンナビノイドシステムが備わっており、食欲・運動機能・体温・睡眠など、さまざまな体の働きが調整しされています。

しかし、ストレスや加齢などの影響で、エンドカンナビノイドシステムの働きが低下をします。

働きが乱れることで、不調につながると考えられています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムをサポートすると期待されている成分です。


ペットのストレスとCBDの関係

犬や猫を留守番させておくと、帰宅したときに部屋が荒らされていたという経験がありませんか。

対策に頭を悩ませている飼い主さんは少なくないことでしょう。

部屋を荒してしまうのは、一人ぼっちでストレスを感じているからと考えられます。

大きな音もペットのストレスになります。

騒音を怖がっていた犬にCBDを与えたことにより、落ち着くようになったという証言があります。

また、暗闇を怖がっていた犬がCBDを服用することで、ぐっすり眠るようになったという証言もあります。

ペットが一人で過ごしているとき、飼い主さんが何かをしてストレスを和らげてあげることができません。

しかし、CBDなら外出前などに与えることが可能です。

ペットのストレス緩和に役立つことでしょう。


痛みの緩和

2018年に関節炎を持つ犬にCBDを投与する研究が行われました。

この研究では、体重1kgあたり2ミリまたは8ミリのCBDを与えました。

その結果、80%の犬に痛みや体の動きに変化があったと報告をします。

炎症が起こっている部位には痛みが発生をします。

CBDは抗炎症作用が期待でき、それによって痛みをコントロールすることが期待できます。

人間の場合は痛みのある部位に湿布を貼るなど対処ができますが、ペットには湿布を貼ることは難しいです。

しかし、CBDオイルなら口から与えることができ、利用しやすい特徴があります。


ネイチャーカンが使用しているCBDとは

CBDには、3つのタイプがあります。

1つめは、フルスペクトラムです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、カンナビノイドには少なくとも114種類ほどがあります。

フルスペクトラムは、麻に含まれるCBD以外のカンナビノイドも含むものです。

日本ではカンナビノイドの一種であるTHCが規制されていますが、フルスペクトラムにはTHCが含まれています。

2つめは、ブロードスペクトラムです。

フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

THC以外のカンナビノイドは含んでいます。

3つめは、アイソレートです。

純度の高いCBDで、CBD以外のカンナビノイドは含んでいません。

もちろん、THCも含まれていません。

ネイチャーカンが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。

アメリカで栽培され、州法に準拠したものです。

第三者機関の検査を受けており、THC0%であることが確かめられています。

さまざまなテストをクリアしたもので、ペットに与えても安全なものです。

CBDオイルの原料は、CBDとMCTキャリアオイルのみです。

ペットにとって刺激となる成分は配合していません。

ネイチャーカン CBDオイルは、小型犬/猫用 3%、中型犬用 5%、大型犬用 10%、馬用 40%を用意しています。

ペットの体格にあわせて選ぶことができます。



ネイチャーカンのペット用CBDオイルは国内配送対象商品です。


→国内配送対象ペット用CBDオイルはこちら


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸



ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

エキゾチックアニマル向けCBDオイル-VIGOPET


ペットにもCBDを与えたいと思ったことがありませんか。

ペットには人間用の製品の使用は向かず、安全・安心して使用するためにはペット用の製品を選ぶ必要があります。

今回ご紹介する製品は、ペットのためのCBD製品「VIGOPET EXOTIC ANIMALS(ビーゴペットエキゾチックアニマル) CBDオイル」です。


ビーゴペットでは、人間が口にできるほどの品質であるCBDを使用しています。

ヨーロッパ産の有機栽培ヘンプの成熟した種子や茎から抽出したものです。

抽出には、アルコールや溶剤などを使用しない超臨界二酸化炭素抽出法を採用しています。

ヘンプの成分をできる限りそのままに保つことができる抽出方法です。

CBDには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの種類がありますが、ビーゴペットではフルスペクトラムを使用しています。

ヘンプに含まれる80~114種類ともいわれるさまざまなカンナビノイドや、テルペンなどを含有するもので、さまざまな成分が含まれることにより、アントラージュ効果が期待できます。

日本の法律で規制されているTHCは取り除いており、成分分析によってTHCを含まないことを確認しています。


原料はヘンプシードオイルとCBDのみです。

保存料・着色料・香料などは使用していません。

ヘンプシードオイルはオメガ3やオメガ6といった必須脂肪酸を含むオイルです。

ヨーロッパ産の有機栽培されたヘンプからコールドプレス製法で抽出をしています。


1日に与える量は、体重1kgあたり7滴までが目安です。

直接与える、またはフードなどの食べものに混ぜて与えます。


ビーゴペットCBDオイルは、ヒューマングレードのCBDを使用したオイルです。

大切なペットに安心して与えられるように配慮されています。


→VIGOPET ペット用CBDオイル


ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ペットの事を考えて作られたペット用CBDバーム-VIGOPET


「ペットにケアをしてあげたい」そう思っていても、どのようなケア製品を使用したらよいのか困ってしまうことがありませんか。

今回ご紹介する製品は「VIGOPET CBD BALM(ビーゴペットCBDバーム)」です。

ペットのために作られた、CBDを配合しているバームです。


ビーゴペットCBDには、安心して使ってもらえるように徹底した品質管理が行われています。

CBDは大麻草に含まれる成分で、大麻草と聞くと不安を覚える方もいることでしょう。

ビーゴペットCBDバームは、一般社団法人日本カンナビノイド協会による検査を受けたCBDを使用し、国内工場で製造を行っています。

第三者機関による残留農薬・重金属・微生物検査も受けています。


ベースとなるのはシアバターやホホバオイルといった油脂やホホバオイルです。

シアバターはオーストラリアオーガニック認定機関、ホホバオイルはアメリカ合衆国農務省のオーガニック認証を受けているものを使用しています。

これらの油脂類は保湿力があり、角質化やひび割れから守る働きが期待できます。

無香料、シトラス、フローラルの3タイプがあり、シトラスとフローラルに使用されている精油は、フランスのオーガニック認証機関であるcosmeBIOの承認を取得しています。

保存料・着色料・発色剤・酸化防止剤は使用していません。


無香料は犬猫に使用可能ですが、シトラスとフローラルは猫やエキゾチックアニマルには使用不可ですので注意してください。

エキゾチックペットには使用しないでください。

適量を手に取り出し、肉球などに使用をします。

バームが固いときには手のひらで温めることで伸びがよくなり、塗布しやすくなります。


ペットにはペット用のケア用品が必要です。

ペットために作られたビーゴペットCBDバームでペットの健康を守ってあげませんか。


→VIGOPET CBD BALM(ビーゴペットCBDバーム)30g


ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

三つの味でペットも大満足なペット用CBDオイル-MEDTERRA


CBDを普段から利用している方は、ペットにも与えたいと考えているのではないでしょうか。

CBDを利用していない方でも、ペットには健康に長生きして欲しいと考えていると思います。

人間とペットでは代謝などに違いがあるため、ペットにはペット用の製品が必要です。

「メディテラ ペット用CBDオイル」はペットのために開発されたCBD製品です。

今回はペット用CBDについて紹介をします。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドのことです。

メディテラでは、ヘンプパイロットプログラムのもと栽培された、アメリカ産のヘンプ(麻)を使用しています。

非遺伝子組み換えで汚染されていないことを確認しています。

抽出には二酸化炭素抽出法を採用しています。

99%という高純度のCBDです。

大麻草にはTHCという日本の法律で規制されている成分が含まれています。

そのため、日本にはTHCを含んだ製品を輸入することができません。

メディテラの製品はTHCを含んでいないもので、ラボ試験によってTHC0%であることを確認しています。


ペット用CBDは1本が15ml入りで、CBDは150mg配合をしています。

スポイトタイプの容器なので簡単に与えることができ、量を調整しやすくなっています。

ペットの好みにあわせられるように、味なし、ビーフ味、チキン味の3種類を用意しています。


1日の目安量は1mlです。

スポイトを使ってフードや水に直接垂らし、与えます。

舌に直接垂らして与えることも可能です。

舌に直接垂らす場合は、ペットの下にスポイトが触れないようにしてください。


ペットにCBDを与えるならペット用のものを選ぶことが大切です。

メディテラ ペット用CBDオイルは、ペットのことを考えたCBD製品です。


→medterra ペット用CBDオイル CBD150mg 15mL


ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

高品質ペット用CBDオイル-CANNA RIVER


ペットにもCBDを与えてみたい、そんな方のための製品がcannariverのペット用CBDオイルです。

cannariverはペットの嗜好性を考えて、ナチュラル・ベーコン・チキンの3つのフレーバーを用意しています。
ペットに安心して与えられるように原料に配慮をしています。

cannariverが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。
麻にはCBDをはじめ114種類以上ものカンナビノイド類やミネラルなどが含まれています。
ブロードスペクトラムは、CBDをはじめとしたカンナビノイド、テルペン類、ミネラルなどは残し、THCだけを除去する製法です。
成分の抽出に使用されている麻は、ケンタッキー州の広大な土地で育てられてものです。
葉と花穂にはTHCが多く含まれていて規制されていますが、CBDは規制されていない麻の茎と種から抽出をしています。
使用している部位や成分が違うのです。CBDは薬効に注目が集まり、数多くの論文が発表されています。
ペットが摂取しやすいように、CBDにMCTオイルを注入しています。
MCTオイルは一般的なオイルよりも素早く吸収される特徴があります。

ペットに与える際には少量から始めてください。フードや水に混ぜるか直接口にスポイトで垂らします。
直接口に垂らす場合は、スポイトがペットの口に付着しないように気をつけます。
口に付着してしまうと雑菌がスポイトにつき、製品内に雑菌が混入して不衛生になる恐れがあります。
なお、薬を服用中の場合は獣医師に相談をしてください。
生後半年の子犬、妊娠中、授乳中には与えないでください。

ペットへの安全に配慮してブロードスペクトラムのCBDを使用した、手軽に与えられる製品です。


【カンナリバー】ペット用CBDオイル 200mg 60ml

【カンナリバー】ペット用CBDオイル 400mg 60ml

【カンナリバー】ペット用CBDオイル 600mg 60ml


ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

獣医も認めたCBDオイルをペットに与える効果


CBDオイルは健康や美容における効果により、使用する人は世の中に数多くいます。
しかし、これは必ずしも人間に対してのみ使うべきとされているものではありません。
したがって、CBDが含まれた製品は人間以外の動物、例えばペットに対しても使用することが可能です。
そして、人間と同じような効果がペットにも現れる可能性が高いので、その点は理解しておきましょう。
CBD製品を上手く利用すると、ペットの健康に寄与することができ、飼い主としても安心感などが生まれる可能性があるはずです。

CBDオイルはペットの不安やストレスを軽減させる

ペットは生き物なので、当然生きている中ではストレスを抱えています。
しかし、そのストレスがどの程度のものか?または何が原因でストレスになっているのか?に関して、飼い主は正確に判断することは難しいでしょう。
やはりコミュニケーションが万全にとれるわけではないため、飼い主の知らないところでペットがストレスや不安を感じている可能性があります。
その状況を放置していると、飼い主が気付かないうちにペットの健康に関して問題が生じている状況がありえます。
これは飼い主、ペットともに不都合と言えるので、できるだけストレスや不安を軽減してあげることが重要であり、そのときにはCBDが有効です。
CBDにはペットに対しても不安やストレスを小さくさせられる効果があるため、CBDオイルなどを使用することで、心身を良好に保ちながら生きることが可能です。
ペットのストレスや不安などが軽減すると、例えば犬であれば鳴く頻度が低くなるなどのメリットもあります。
鳴き声に悩まされる飼い主がいると思われますけど、ペットのストレスなどが小さくなると、そういう面での魅力も感じられるはずです。
したがって、飼い主としてはペットのストレスや不安には気を配る必要があり、そのときにはCBDオイルを便利な製品として捉えてほしいです。

CBDオイルはペットの食欲増進に効果がある

CBDオイルを使用すると、ペットの食欲に影響を与えることができます。
ペットによっては餌を食べないことがありますが、その原因として食欲がないという可能性が考えられます。
食欲がないなどの理由で、餌を食べてくれないと飼い主としても非常に心配になるはずです。
ペットの健康問題に大きくかかわりますから、なんとか食べてくれないものかな?と思うこともあるでしょう。
すぐに状況が改善すれば大した問題ではないものの、しばらく続くとさすが不安になるのではないでしょうか?
そういったときにはCBDオイルを使っていくと、ペットの食欲が戻る場合があります。
そのような効果があるので、実際にペットの食欲減退というシーンに出くわしたときには、CBDオイルを使用してみると良いでしょう。
食欲が戻れば飼い主としては一安心になるはずですから、食欲を戻すための1番の策になる可能性があります。
特に高齢のペットになってくると、食欲減退というリスクは大きくなりやすいです。
だから、長くペットを飼っていればこういうシーンに遭遇することは普通にあるでしょうから、多くの飼い主にとって必要な知識と言えます。

CBDオイルのペットへの有用性は獣医も評価している

CBDオイルに関しては、実際多くの効果を期待することができ、ペットにとっても大きな意味を与えることができます。
その点については、実は獣医が評価している面があり、専門家においてもCBDオイルはペットに対して有効であるという考えが存在します。
2019年のアメリカにおける、獣医の意見を集めたカンナビジオールの犬に対する使用に関する論文では、全体的に肯定的な意見が多く存在していました。
つまり、CBDオイルに関してはペットに対して使用する意味があることを専門家が認定しています。
全ての獣医が肯定的な意見を持っているとは言えないものの、肯定的な意見を持っている獣医が割合としては高いと言える状況のため、ここは飼い主にとっても追い風でしょう。
CBDオイルは積極的にペットに使っていっても構わないと言えるお墨付きが存在しているわけですから。
CBDが含まれた製品をペットに使っている飼い主がいることを知っていても、こういったものを本当に使用して大丈夫なのか?と不安に感じている人もいるのではないでしょうか?
そのような飼い主がいれば、獣医からも認められている部分は大きな安心材料になるはずです。
ペットの心身に対する有益な効果を多く持っているだけに、ペットの飼い主はCBDオイルの有用性については正しく理解しておくべきです。



ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

大事なペットにもCBDオイルを!やすらぎの「CANNIMAL CBD」


今回ご紹介するのは、大切な愛犬・愛猫のためのCBDオイル「CANNIMAL CBD」です。
愛するペットには、より健康で長生きしてほしい と願うのは飼い主さんの共通の思いですよね。
アメリカのCannimal(カンニマル)社が創業されたのは、動物とCBDのコンサルタントであるエリカさんの愛犬が、悪性腫瘍で死んでしまった事がきっかけでした。
ペット達には穏かな人生を送ってほしい、という全ての飼い主さんのために、Cannimal社は日夜研究と開発を続けている企業です。

「CANNIMAL CBD」は動物のためのCBDオイルなので、人間が使用するCBDオイルとは異なる特徴がいくつかあります。
その中のひとつが、「グレインフリー」です。腸が短い犬や猫にとって、穀物はその消化器官に負担をかける場合があります。
CANNIMAL CBDは、穀物を使用しない事によって犬や猫の負担を減らしています。
その他、オーガニックにこだわった原料を使用し、遺伝子組み換え原料や化学物質は一切使わず、徹底的に犬や猫の身体と気持ちに寄り添った商品づくりをしています。
また、フルスペクトラム製法によるCBDオイルなので、CBD以外の成分も多く取り入れる事が出来、アントラージュ(相乗)効果が期待できます。

このCBDオイルのフレーバーは4種類

摂取方法ですが、食事に混ぜても問題ありませんが、食前に少しずつ与えることで、より効果的です。
※犬の体重に応じて使用量が異なりますので、必ず適用量をご確認ください。

大切なペットの健康を考えてつくられたCANNIMAL CBD。動物を愛する優しさでつくられたCBDオイルです。


[EVERTDAY WELLNESS] 内容量50ml CBD含有量250mg

[EVA's BLEND] 内容量50ml CBD含有量250mg

[RELIEVE] 内容量50ml CBD含有量250mg

[RELAX] 内容量50ml CBD含有量250mg



ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ペット用やVape用もある高濃度CBDオイル・CBDリキッド-Natural Health


アメリカ産のCBDを国内でボトリングしているCBDオイルです。
CBDオイルは、ホルモンの分泌が調整され、安眠効果が高く、精神の安定に効果的です。

オーガニックなヘンプから抽出したヘンプシードオイルを使用及びCBDを利用し、オリーブオイルを加えて飲みやすくしており、
不純物を取り除いたCBD純度99% 高濃度CBDオイルを継続的に続けやすくしています。

リノール酸、α‐リノレン酸、γ‐リノレン酸などの必須脂肪酸が含有率80%も含まれている事も嬉しい特徴の一つです。
製法としてはフルスペクトラムで、CBG、CBN、CBC等の有効成分も含まれています。
テルペンも含まれていますので、様々なカンナビノイドの成分の吸収を助けます。
もちろん飲んで摂取すると効果的ですが、オイルという事と、CBDの特性から肌に塗る事もおすすめです。
その際は、マッサージする様に揉みこんでください。
保湿性も高く、肌からもCBD成分が浸透する為、美容効果も望まれます。

飲んで良し、塗って良しのCBDオイルです。

飲み方的には、他のCBDオイルと同じように、
舌の裏側に10滴垂らし、90秒程静かに浸透するのを待ちます。
その後、飲み込んで頂いて問題ありません。

CBDオイル 20ml 3% CBD600mg
CBDオイル 20ml 5% CBD1000mg
CBDオイル 20ml 10% CBD2000mg
CBDオイル 20ml 15% CBD3000mg

また、CBDオイルは天然由来のオイルなので、人間だけでなくペットにも効果的ですが、
この製品はペット専用のものも展開されており、無駄吠えするワンちゃんや、暴れるワンちゃんの抑制にもご利用頂けます。
ペット専用のCBDオイルは珍しいですね。そちらも必要に応じて検討してください。

ペット用CBDオイル 20ml 3% CBD600mg

CBDオイルを飲むよりも、Vapeにて気化させて摂取したい方向けに、CBDリキッドも展開しています。
こちらは、Vapeとセットで購入できますので、摂取方法に応じてお選びください。

CBDリキッド 20ml 3% CBD600mg Vapeセット


ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

安心安全の国内生産!ペットにも使用可能-H THINK CBDオイル


CBDオイルと、 大人気のココナッツ由来MCTオイルを 掛け合わせた、国産のCBDオイルです。
安心・安全の国内生産!
今回の「H THINK CBDオイル」は人間だけでなく、ペットにも使用する事が可能です。

「H THINK」は、アメリカからCDBを輸入し、国内で製造、販売を行う国内メーカーです。
アメリカのオーガニックヘンプの茎だけを使用した、贅沢なCBDを抽出し、
アメリカの政府機関の認可を受けた研究所で成分検査を行った後に、日本国内に輸入しています。
輸入する際も厚生労働書指導を受け、国内の品質、国内の法律に準拠した状態でCBDオイルの製造を行っています。

「H THINK」のCBDオイルは、その安全性、品質から、ワンちゃんや猫ちゃん等の大切なペットに対しても与える事が可能です。

疲れが取れないし、眠れない、だるいし、休みの日も休んだ気がしない。
そういった心と体が沈んでいる時に、CBDオイルはとっても効果的です。
活力のある体調維持をサポートします。

「H THINK CBDオイル」の飲み方

飲み方は簡単、
付属のスポイトで舌の裏側に5滴程垂らし、90秒程しっかりとなじませます。
舌の裏側から毛細血管に直接CBDを吸収させるように、静かに浸透を待ちます。
時間がたちましたら、そのまま飲み込んでOKです。
余計なフレーバーは無く、無味無臭ですので、とっても飲みやすいCBDオイルです。
効果は薄まりますが、舌の裏側での摂取が難しい場合は、飲物に入れて消化器官から摂取する事も可能です。
体感含め、摂取方法は検討してください。
また、空腹時や寝る前に摂取すると、より効果的です。

フレーバー違いはありませんが、
「H THINK CBDオイル」ではCBDの含有量で3つのバリエーションがあります。
求める効果に応じて、選択してください。


H THINK CBDオイル 30ml CBD500mg
H THINK CBDオイル 30ml CBD1000mg
H THINK CBDオイル 30ml CBD2000mg


ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット用 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示