ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

体重に併せて適量を!ペット用CBDオイル-Alpentol


CBDは健康や美容をサポートすると注目されている成分です。CBDを愛用している方やペットの健康を考えている方は、ペットにCBDを与えたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

ペットに与える場合は、人間用ではなくペット用を選びましょう。

「アルペントル ドッグケアCBDオイル」は、ペットのためのCBDオイルです。


CBDには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートがありますが、アルペントル ドッグケアCBDオイルが使用しているのはアイソレートです。

CBDとは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、80~114種類ほどがあるといわれています。アイソレートはCBDだけを抽出したもので、その他のカンナビノイドは含まれていません。もちろん、THCは0%です。製品詳細ページで成分分析書を公開しています。

CBD配合量は1製品あたり500mlです。1滴あたりには、約1.5mgのCBDが含まれています。


アルペントル ドッグケアCBDオイルに使用している原料は、CBDアイソレートとMCTオイルのみです。MCTオイルは中鎖脂肪酸100%で、不純物を含んでいないオイルです。味やにおいがしないオイルなので、ペットでも摂りやすくなっています。


ペットに与えるときには、ペットの体重にあわせて量を調整してください。体重3~5kgで1日1滴、5~10kgまでは1日2滴、11~20kgまでは1日3滴、21~50kgまでは1日4滴が目安量です。そのまま口の中に垂らす、ペットフードに混ぜて与えます。そのまま口の中に垂らす場合は、スポイトの先が口に触れないように気をつけます。


CBDはペットの健康維持に役立つことが期待できる成分です。ペットが長く健康に生活できるようにCBDを活用してみませんか。


→アルペントル ドッグケアCBDオイル500mg

ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

小型中型大型犬に加え、猫や馬用もあるペット用CBDオイル-Naturecan(ネイチャーカン)


ペットも人間と同じようにストレスを感じます。

人間はストレスによって不調を引き起こすように、ペットにもストレスの影響はあります。

ペットが快適に日々を過ごせるようにするためには、ストレス対策が欠かせません。

環境を整える、遊んであげるなどが大切なのですが、いつもいつもそうできるとは限りません。

もっと手軽でケアに役立つものが「 Naturecan(ネイチャーカン) CBDオイル」です。

この記事では、CBDオイルとはどのようなものなのかや、ネイチャーカン CBDオイルの特徴を解説していきます。


CBDとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、麻に含まれる成分の一種です。

麻は古くから利用されてきた植物で、食用、衣類、縄、神事など、さまざまなことに活用されています。

CBDは世界中で注目されている成分で、研究が進められています。これまでの研究では、抗炎症作用やストレスの緩和などに役立つことがわかってきました。

アメリカやカナダなどでは、医薬品として承認されているものがあります。

生物の体にはエンドカンナビノイドシステムが備わっており、食欲・運動機能・体温・睡眠など、さまざまな体の働きが調整しされています。

しかし、ストレスや加齢などの影響で、エンドカンナビノイドシステムの働きが低下をします。

働きが乱れることで、不調につながると考えられています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムをサポートすると期待されている成分です。


ペットのストレスとCBDの関係

犬や猫を留守番させておくと、帰宅したときに部屋が荒らされていたという経験がありませんか。

対策に頭を悩ませている飼い主さんは少なくないことでしょう。

部屋を荒してしまうのは、一人ぼっちでストレスを感じているからと考えられます。

大きな音もペットのストレスになります。

騒音を怖がっていた犬にCBDを与えたことにより、落ち着くようになったという証言があります。

また、暗闇を怖がっていた犬がCBDを服用することで、ぐっすり眠るようになったという証言もあります。

ペットが一人で過ごしているとき、飼い主さんが何かをしてストレスを和らげてあげることができません。

しかし、CBDなら外出前などに与えることが可能です。

ペットのストレス緩和に役立つことでしょう。


痛みの緩和

2018年に関節炎を持つ犬にCBDを投与する研究が行われました。

この研究では、体重1kgあたり2ミリまたは8ミリのCBDを与えました。

その結果、80%の犬に痛みや体の動きに変化があったと報告をします。

炎症が起こっている部位には痛みが発生をします。

CBDは抗炎症作用が期待でき、それによって痛みをコントロールすることが期待できます。

人間の場合は痛みのある部位に湿布を貼るなど対処ができますが、ペットには湿布を貼ることは難しいです。

しかし、CBDオイルなら口から与えることができ、利用しやすい特徴があります。


ネイチャーカンが使用しているCBDとは

CBDには、3つのタイプがあります。

1つめは、フルスペクトラムです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、カンナビノイドには少なくとも114種類ほどがあります。

フルスペクトラムは、麻に含まれるCBD以外のカンナビノイドも含むものです。

日本ではカンナビノイドの一種であるTHCが規制されていますが、フルスペクトラムにはTHCが含まれています。

2つめは、ブロードスペクトラムです。

フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

THC以外のカンナビノイドは含んでいます。

3つめは、アイソレートです。

純度の高いCBDで、CBD以外のカンナビノイドは含んでいません。

もちろん、THCも含まれていません。

ネイチャーカンが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。

アメリカで栽培され、州法に準拠したものです。

第三者機関の検査を受けており、THC0%であることが確かめられています。

さまざまなテストをクリアしたもので、ペットに与えても安全なものです。

CBDオイルの原料は、CBDとMCTキャリアオイルのみです。

ペットにとって刺激となる成分は配合していません。

ネイチャーカン CBDオイルは、小型犬/猫用 3%、中型犬用 5%、大型犬用 10%、馬用 40%を用意しています。

ペットの体格にあわせて選ぶことができます。



ネイチャーカンのペット用CBDオイルは国内配送対象商品です。


→国内配送対象ペット用CBDオイルはこちら


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸



ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

エキゾチックアニマル向けCBDオイル-VIGOPET


ペットにもCBDを与えたいと思ったことがありませんか。

ペットには人間用の製品の使用は向かず、安全・安心して使用するためにはペット用の製品を選ぶ必要があります。

今回ご紹介する製品は、ペットのためのCBD製品「VIGOPET EXOTIC ANIMALS(ビーゴペットエキゾチックアニマル) CBDオイル」です。


ビーゴペットでは、人間が口にできるほどの品質であるCBDを使用しています。

ヨーロッパ産の有機栽培ヘンプの成熟した種子や茎から抽出したものです。

抽出には、アルコールや溶剤などを使用しない超臨界二酸化炭素抽出法を採用しています。

ヘンプの成分をできる限りそのままに保つことができる抽出方法です。

CBDには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの種類がありますが、ビーゴペットではフルスペクトラムを使用しています。

ヘンプに含まれる80~114種類ともいわれるさまざまなカンナビノイドや、テルペンなどを含有するもので、さまざまな成分が含まれることにより、アントラージュ効果が期待できます。

日本の法律で規制されているTHCは取り除いており、成分分析によってTHCを含まないことを確認しています。


原料はヘンプシードオイルとCBDのみです。

保存料・着色料・香料などは使用していません。

ヘンプシードオイルはオメガ3やオメガ6といった必須脂肪酸を含むオイルです。

ヨーロッパ産の有機栽培されたヘンプからコールドプレス製法で抽出をしています。


1日に与える量は、体重1kgあたり7滴までが目安です。

直接与える、またはフードなどの食べものに混ぜて与えます。


ビーゴペットCBDオイルは、ヒューマングレードのCBDを使用したオイルです。

大切なペットに安心して与えられるように配慮されています。


→VIGOPET ペット用CBDオイル


ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ペットの事を考えて作られたペット用CBDバーム-VIGOPET


「ペットにケアをしてあげたい」そう思っていても、どのようなケア製品を使用したらよいのか困ってしまうことがありませんか。

今回ご紹介する製品は「VIGOPET CBD BALM(ビーゴペットCBDバーム)」です。

ペットのために作られた、CBDを配合しているバームです。


ビーゴペットCBDには、安心して使ってもらえるように徹底した品質管理が行われています。

CBDは大麻草に含まれる成分で、大麻草と聞くと不安を覚える方もいることでしょう。

ビーゴペットCBDバームは、一般社団法人日本カンナビノイド協会による検査を受けたCBDを使用し、国内工場で製造を行っています。

第三者機関による残留農薬・重金属・微生物検査も受けています。


ベースとなるのはシアバターやホホバオイルといった油脂やホホバオイルです。

シアバターはオーストラリアオーガニック認定機関、ホホバオイルはアメリカ合衆国農務省のオーガニック認証を受けているものを使用しています。

これらの油脂類は保湿力があり、角質化やひび割れから守る働きが期待できます。

無香料、シトラス、フローラルの3タイプがあり、シトラスとフローラルに使用されている精油は、フランスのオーガニック認証機関であるcosmeBIOの承認を取得しています。

保存料・着色料・発色剤・酸化防止剤は使用していません。


無香料は犬猫に使用可能ですが、シトラスとフローラルは猫やエキゾチックアニマルには使用不可ですので注意してください。

エキゾチックペットには使用しないでください。

適量を手に取り出し、肉球などに使用をします。

バームが固いときには手のひらで温めることで伸びがよくなり、塗布しやすくなります。


ペットにはペット用のケア用品が必要です。

ペットために作られたビーゴペットCBDバームでペットの健康を守ってあげませんか。


→VIGOPET CBD BALM(ビーゴペットCBDバーム)30g


ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

三つの味でペットも大満足なペット用CBDオイル-MEDTERRA


CBDを普段から利用している方は、ペットにも与えたいと考えているのではないでしょうか。

CBDを利用していない方でも、ペットには健康に長生きして欲しいと考えていると思います。

人間とペットでは代謝などに違いがあるため、ペットにはペット用の製品が必要です。

「メディテラ ペット用CBDオイル」はペットのために開発されたCBD製品です。

今回はペット用CBDについて紹介をします。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドのことです。

メディテラでは、ヘンプパイロットプログラムのもと栽培された、アメリカ産のヘンプ(麻)を使用しています。

非遺伝子組み換えで汚染されていないことを確認しています。

抽出には二酸化炭素抽出法を採用しています。

99%という高純度のCBDです。

大麻草にはTHCという日本の法律で規制されている成分が含まれています。

そのため、日本にはTHCを含んだ製品を輸入することができません。

メディテラの製品はTHCを含んでいないもので、ラボ試験によってTHC0%であることを確認しています。


ペット用CBDは1本が15ml入りで、CBDは150mg配合をしています。

スポイトタイプの容器なので簡単に与えることができ、量を調整しやすくなっています。

ペットの好みにあわせられるように、味なし、ビーフ味、チキン味の3種類を用意しています。


1日の目安量は1mlです。

スポイトを使ってフードや水に直接垂らし、与えます。

舌に直接垂らして与えることも可能です。

舌に直接垂らす場合は、ペットの下にスポイトが触れないようにしてください。


ペットにCBDを与えるならペット用のものを選ぶことが大切です。

メディテラ ペット用CBDオイルは、ペットのことを考えたCBD製品です。


→medterra ペット用CBDオイル CBD150mg 15mL


ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

高品質ペット用CBDオイル-CANNA RIVER


ペットにもCBDを与えてみたい、そんな方のための製品がcannariverのペット用CBDオイルです。

cannariverはペットの嗜好性を考えて、ナチュラル・ベーコン・チキンの3つのフレーバーを用意しています。
ペットに安心して与えられるように原料に配慮をしています。

cannariverが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。
麻にはCBDをはじめ114種類以上ものカンナビノイド類やミネラルなどが含まれています。
ブロードスペクトラムは、CBDをはじめとしたカンナビノイド、テルペン類、ミネラルなどは残し、THCだけを除去する製法です。
成分の抽出に使用されている麻は、ケンタッキー州の広大な土地で育てられてものです。
葉と花穂にはTHCが多く含まれていて規制されていますが、CBDは規制されていない麻の茎と種から抽出をしています。
使用している部位や成分が違うのです。CBDは薬効に注目が集まり、数多くの論文が発表されています。
ペットが摂取しやすいように、CBDにMCTオイルを注入しています。
MCTオイルは一般的なオイルよりも素早く吸収される特徴があります。

ペットに与える際には少量から始めてください。フードや水に混ぜるか直接口にスポイトで垂らします。
直接口に垂らす場合は、スポイトがペットの口に付着しないように気をつけます。
口に付着してしまうと雑菌がスポイトにつき、製品内に雑菌が混入して不衛生になる恐れがあります。
なお、薬を服用中の場合は獣医師に相談をしてください。
生後半年の子犬、妊娠中、授乳中には与えないでください。

ペットへの安全に配慮してブロードスペクトラムのCBDを使用した、手軽に与えられる製品です。


【カンナリバー】ペット用CBDオイル 200mg 60ml

【カンナリバー】ペット用CBDオイル 400mg 60ml

【カンナリバー】ペット用CBDオイル 600mg 60ml


ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

獣医も認めたCBDオイルをペットに与える効果


CBDオイルは健康や美容における効果により、使用する人は世の中に数多くいます。
しかし、これは必ずしも人間に対してのみ使うべきとされているものではありません。
したがって、CBDが含まれた製品は人間以外の動物、例えばペットに対しても使用することが可能です。
そして、人間と同じような効果がペットにも現れる可能性が高いので、その点は理解しておきましょう。
CBD製品を上手く利用すると、ペットの健康に寄与することができ、飼い主としても安心感などが生まれる可能性があるはずです。

CBDオイルはペットの不安やストレスを軽減させる

ペットは生き物なので、当然生きている中ではストレスを抱えています。
しかし、そのストレスがどの程度のものか?または何が原因でストレスになっているのか?に関して、飼い主は正確に判断することは難しいでしょう。
やはりコミュニケーションが万全にとれるわけではないため、飼い主の知らないところでペットがストレスや不安を感じている可能性があります。
その状況を放置していると、飼い主が気付かないうちにペットの健康に関して問題が生じている状況がありえます。
これは飼い主、ペットともに不都合と言えるので、できるだけストレスや不安を軽減してあげることが重要であり、そのときにはCBDが有効です。
CBDにはペットに対しても不安やストレスを小さくさせられる効果があるため、CBDオイルなどを使用することで、心身を良好に保ちながら生きることが可能です。
ペットのストレスや不安などが軽減すると、例えば犬であれば鳴く頻度が低くなるなどのメリットもあります。
鳴き声に悩まされる飼い主がいると思われますけど、ペットのストレスなどが小さくなると、そういう面での魅力も感じられるはずです。
したがって、飼い主としてはペットのストレスや不安には気を配る必要があり、そのときにはCBDオイルを便利な製品として捉えてほしいです。

CBDオイルはペットの食欲増進に効果がある

CBDオイルを使用すると、ペットの食欲に影響を与えることができます。
ペットによっては餌を食べないことがありますが、その原因として食欲がないという可能性が考えられます。
食欲がないなどの理由で、餌を食べてくれないと飼い主としても非常に心配になるはずです。
ペットの健康問題に大きくかかわりますから、なんとか食べてくれないものかな?と思うこともあるでしょう。
すぐに状況が改善すれば大した問題ではないものの、しばらく続くとさすが不安になるのではないでしょうか?
そういったときにはCBDオイルを使っていくと、ペットの食欲が戻る場合があります。
そのような効果があるので、実際にペットの食欲減退というシーンに出くわしたときには、CBDオイルを使用してみると良いでしょう。
食欲が戻れば飼い主としては一安心になるはずですから、食欲を戻すための1番の策になる可能性があります。
特に高齢のペットになってくると、食欲減退というリスクは大きくなりやすいです。
だから、長くペットを飼っていればこういうシーンに遭遇することは普通にあるでしょうから、多くの飼い主にとって必要な知識と言えます。

CBDオイルのペットへの有用性は獣医も評価している

CBDオイルに関しては、実際多くの効果を期待することができ、ペットにとっても大きな意味を与えることができます。
その点については、実は獣医が評価している面があり、専門家においてもCBDオイルはペットに対して有効であるという考えが存在します。
2019年のアメリカにおける、獣医の意見を集めたカンナビジオールの犬に対する使用に関する論文では、全体的に肯定的な意見が多く存在していました。
つまり、CBDオイルに関してはペットに対して使用する意味があることを専門家が認定しています。
全ての獣医が肯定的な意見を持っているとは言えないものの、肯定的な意見を持っている獣医が割合としては高いと言える状況のため、ここは飼い主にとっても追い風でしょう。
CBDオイルは積極的にペットに使っていっても構わないと言えるお墨付きが存在しているわけですから。
CBDが含まれた製品をペットに使っている飼い主がいることを知っていても、こういったものを本当に使用して大丈夫なのか?と不安に感じている人もいるのではないでしょうか?
そのような飼い主がいれば、獣医からも認められている部分は大きな安心材料になるはずです。
ペットの心身に対する有益な効果を多く持っているだけに、ペットの飼い主はCBDオイルの有用性については正しく理解しておくべきです。



ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

猫にCBDを使える?猫への効果は?


人間への効果が研究されつつあるCBDですが、猫への効果も期待されています。
まだ猫への効果に関する研究は進んでいませんが、人間と同じような働きを得られるという意見もあります。
では、猫にはどのような働きが期待できるのでしょうか。

猫にもカンナビノイド系がある?

CBDとは麻に含まれるカンナビノイドの一種です。
人間の体内にはカンナビノイドの受容体があり、受容体に働きかけることでCBDの力が発揮されます。
猫にもカンナビノイド受容体のCB1とCB2が存在しています。
CB1は食欲、消化管、肝臓、筋骨格組織の代謝などにかかわっていて、CB2は免疫調整などにかかわっています。
カンナビノイド刑に働きかけることで、食欲の調整や体の健康のサポートに役立つのではないかと期待されます。

CBDの働き

猫にCBDを利用した場合の働きはまだ研究が進んでいなくてはっきりしていませんが、期待できる働きを紹介します。

ストレスの緩和

人間がCBDを摂取するとストレスの緩和をサポートすることに役立ちます。
猫はいつもリラックスしているように見えますが、飼い主さんが構ってくれない、お腹が空いたなど、ストレスを感じている可能性があります。
ストレスから皮膚を掻きむしってしまったり、食欲不振になってしまうこともあります。
人間はストレスを感じたときに自分で何かしらの対処ができますが、猫はそれができないことがあります。
そういったときにCBDが役立つことでしょう。

炎症の緩和

CBDには抗酸化作用があり、人間に対して炎症を緩和する働きが知られています。
炎症を起こしている部分には、赤み・腫れ・痛み・熱の症状が見られます。
関節炎や捻挫などは炎症を起こしている状態で、炎症を鎮めることで痛みの緩和につながります。
猫にCBDを利用した場合も炎症を緩和する働きが期待できます。

毛並みの改善

CBDのオイルを与えるだけでなく、CBDを配合したクリームを猫に塗ることもできます。
皮膚に直接塗ることで毛並みの改善が期待できます。

副作用の心配は?

人間がCBDを大量に摂取すると、嘔吐、頭痛、食欲不振などの副作用が出ることが報告されています。
どのようなものであっても、大量に摂取すると体の負担になります。
猫の場合も大量に摂取すると人間と同じような副作用が出ることが予想されます。
人間は不調があれば口で伝えることができますが、猫はそれができません。
猫の体調に異変がないかよく観察しましょう。

CBD製品の選び方

人間に使うCBD製品には、オイル、カプセル、クリーム、キャンディーなど、さまざまな製品があります。
猫に与える場合は猫に使える製品を選んでください。
人間が使うものは人間用に開発されており、猫に与えた場合副作用の心配があります。
猫用のCBD製品は、通販や一部動物病院で販売されています。
猫以外の動物にも使うことができるので「ペット用」として販売されていることもあります。
CBDは麻から抽出される成分ですが、麻にはTHCという麻薬に含まれる成分も含有されています。
製品として出回っているものは、麻の種や茎などを利用しています。
日本国内では麻の花穂、根、葉は使用しては池なことになっているので、どの部位を使用しているのか、THCが含まれていないか確認をしてください。
また、製品の中には添加物を使用しているものがあります。
添加物の副作用も考えられるので、添加物不使用なものが望ましいです。
猫にアレルギーがある場合は、アレルギー物質が含まれていないことも確認してください。

猫への与え方

製品によってCBDの配合濃度が違い、1日の使用目安量が違うため、使用目安量は製品の説明書きで確認してください。
体調変化を見るために、最初は少ない量から与えるようにします。
スプレータイプの場合は直接口内にスプレーをしています。
嫌がる場合は手を噛まれてしまう心配があるし、猫にストレスを与えることになるので、無理に与えない方がよいでしょう。
CBDオイルは飲み物や食べものに混ぜることができます。
普段猫に与えている水やペットフードに混ぜて与えてもよいでしょう。
CBDはやや苦味があるので、苦味がわかりにくくなるように工夫してみてください。

ペット用CBDオイルはこちら


ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイルは猫などのペットにも有効で人間同様のメリットがある


CBDを使うのは通常は人間ですが、人間以外の動物に使用することも可能です。
例えば、自分の家でペットを飼っている場合には、そのペットに使用することもできます。
猫などの動物に対してCBDが有効になると言える根拠があるので、飼い主としてはそこを知っておくべきでしょう。
猫の健康を気遣うならば、CBDオイルといった製品が有効に作用することを知ることはやはり大切ですから。

ペット用のCBDオイルが販売されている

CBDは人間以外の動物に対して有効ではありますが、人間が使っているものをそのまま使わない様にしてください。
CBDオイルは猫にも有効ではあるものの、あくまでもペット用のものを使うべきです。

人間が使っているものをそのまま使用しても確実にペットにとって大きな害になるとは言えないものの、
ペット用のCBDオイルの中には、ペットの消化器官に負担を与える穀物を排除した「グレインフリー」なものや、余計な添加物を排除したペットへの使用を想定したCBDオイルもあります。
そういったペット用のCBDオイルを使った方が飼い主としても安心できるはずです。
実際、CBDの健康効果に関して詳しい人ほど、ちゃんと理解している人ほどそのCBDを自分の猫などのペットに使いたくなるのではないでしょうか?
ペット用のCBDオイルを検索して、どういった製品が販売されているのか?を調べたうえで検討すると良いです。
その中でもお勧めなのは下記の商品です。


人間以外の動物にも備わっているエンドカンナビノイドシステム

CBDオイルというのは、エンドカンナビノイドシステムに有効に作用することができます。
このエンドカンナビノイドシステムは生物における恒常性にかかわっているもので、調整機能を果たしています。
このバランスが保たれることで、病気になりづらい状況にもなりますから、生物にとっては非常に重要なポイントです。
そして、このエンドカンナビノイドシステムは人間以外にの動物にも備わっています。
猫にも当然存在しているものですから、CBDオイルを使用してこの部分の機能を活性化させることができれば、免疫力が高まります。
免疫力が高まれば病気になりづらいということで、猫の健康が増進する状況が実現できます。
そして、このエンドカンナビノイドシステムが正常に働く状態が長く続けば、病気になりづらいので、少しでも元気な猫の姿を飼い主として眺めることが可能です。
病気になりづらければ、飼い主の不安も軽減しますし、治療のコストなどの面でも有利なので、CBDによるエンドカンナビノイドシステムを活性化させる力は非常に魅力的だと評価できます。
このエンドカンナビノイドシステムに対する効果だけでも十分とは言えるものの、CBDオイルは人間にとっても脅威となるある病気を予防することもできます。

ペットのてんかんに対する効果もCBDオイルにはある

CBDの効果として、特定の病気に対してのものがあるのですが、その中にはてんかんが含まれています。
てんかんは多くの人たちにとってあまり馴染みがないものかもしれませんけど、人間にとっては割と脅威になる病気です。
また、このてんかんに関しては動物もかかるものであり、さらに言えば猫などのペットのてんかんによる死亡ケースが増えています。
つまり、人間のみならず動物にとってもてんかんというのは要注意な病気と言え、特にペットにおけるてんかんが死因になるケースの増加は知っておくべきです。
自分のペットがてんかんにかかるという想像はあまりできないかもしれませんが、実は可能性は十分にあります。
それにてんかんになると、仮に死亡しなくても身体に異常が出ることが考えられます。
代表的なのは痙攣の症状であり、あとは意識障害とか、身体にマヒが出ることもあるります。
そのような状況となれば、猫自身にとってもかなり不都合な状況ですし、飼い主としても見ていて痛々しい光景です。
だからこそ、てんかんという病気は恐ろしいということ、そして人間以外の動物にも起きうることを知っておきましょう。
CBDオイルを摂取させれば、同時にてんかん以外の病気のリスクも下がるので、かなりメリットは大きいです。
ペットの健康そのものに大きく貢献してくれるので、CBDオイルの果たす役割の大きさは認識できるはずです。
また、このてんかんに対する効果はもちろん人間に関しても有効ですから、飼い主自身がCBDオイルを利用することもてんかんへの予防の効果を生みます。
エンドカンビノイドシステムの活性化の部分を併せて、ペットや私たちにとって有益な存在であると言えるでしょう。

▼CBDオイルと猫などのペットへの有効性について

ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ペットにCBDを与えることはできる?安全性は?


人間に対して健康や美容面でよい変化が期待できるといわれているCBD。ストレスの緩和や不眠への効果が報告されています。
ペットを飼っている方は、健康的に長生きして欲しいと考えることでしょう。そのため、人間によいといわれるものを与えたくなることがあると思います。
では、ペットにCBDを与えることはできるのでしょうか。

CBDのペットへの影響

日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、CBDがアメリカでは健康・美容業界で話題となっています。
CBD(カンナビジオール)は、産業用ヘンプやマリファナに含まれる成分です。産業用ヘンプやマリファナにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分も含まれています。マリファナを吸って気分が高まるのは、この成分が高濃度で含まれているためです。
THCは脳内のCB1レセプターへの感受性が高い特徴があります。CB1レセプターに作用をすることで精神的な作用を示します。場合によっては幻覚や幻聴を引き起こすこともあります。
一方、CBDは脳内のCB1レセプターへの感受性はTHCに比べると低い特徴があります。精神や神経への影響はほぼありません。
犬や猫にも脳内にCB1レセプターが存在しています。しかし、人間と感受性が違うと考えられます。
また、ペットといっても犬、猫、フェレット、うさぎ、モルモットなど、さまざまな動物がいて、それぞれの動物で感受性は違います。そして、犬といっても小型犬から大型犬までいて体格が違います。
こういったことがあるため、ペットには与えない方がいいという意見があります。その一方でペットに対して安全という意見もあります。

ペットへの効果

がん治療の緩和ケア、不安感の緩和、血圧、炎症抑制などの目的で使用されています。動物病院の中にもCBDを使用するところがでてきています。
CBDの人間への効果の研究は進んできていますが、ペットへの効果の研究はほとんどされていないようです。これからの研究成果が期待されます。

ペット用のCBD製品を選ぼう

ペットに与える場合は、ペット用のCBD製品を選びましょう。ペット用のものは、ペットに与えても安全なようにCBD濃度を調節していたり、CBDを混ぜる基材に十分気をつけていたりします。
人間が使用する製品には、オイル、クリーム、グミ、パウダーなどさまざまな形態がありますが、ペット用のものはオイルが主流です。ペットにグミやパウダーを与えても食べにくいですが、オイルなら舌にそのまま垂らしたり、フードに混ぜたりなどして与えることができます。
CBDオイルとは、MCTオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなどにCBDを混合した製品のことです。混ぜ合わせるオイルにどんなものを使っているのか、そのオイルにアレルギーがないか確認をしましょう。添加物を加えていないとより安心できます。
CBDオイルには独特の苦みやエグミがあるので嫌がるかもしれません。ペット用CBDオイルの摂取を嫌がるときには、フレーバー付きのものを与えてみると、摂取してくれることがあります。
ペット用のCBD製品を選ぶときに、どんなペットに与えることができるのかも確認してください。犬には与えることができるけれど、その他のペットには与えることができないなど、製品に記載されています。「与えることは控えてください」と記載されているものを与えてしまうと、ペットに副作用が出る心配があります。

下記はペット専用として工夫されたCBDオイルです。

ペットへの与え方

製品の説明をよく読んで与え方を確認してください。製品によってCBDの配合濃度が違うので、1日に与える量が違います。
犬は小型犬と大型犬では体格がまったく違い、体格が違うため与える量も違います。ペット製品には体重による目安量が記載されているので、それを目安にしてください。
そして、1日摂取量をいきなり当たるのではなく、少ない量から与えてみましょう。少ない量から与えることで、大量摂取による危険性を回避できます。体調を見ながら量を調節していきます。
ペットの舌に直接垂らす、フードや水に混ぜるといった与え方ができます。苦みやエグミを感じやすいので、味を感じにくいフードに混ぜる方法で与えるとよいでしょう。

▼Yotubeでも解説中

ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示