ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年12月13日日曜日

ペットの事を考えて作られたペット用CBDバーム-VIGOPET


「ペットにケアをしてあげたい」そう思っていても、どのようなケア製品を使用したらよいのか困ってしまうことがありませんか。

今回ご紹介する製品は「VIGOPET CBD BALM(ビーゴペットCBDバーム)」です。

ペットのために作られた、CBDを配合しているバームです。


ビーゴペットCBDには、安心して使ってもらえるように徹底した品質管理が行われています。

CBDは大麻草に含まれる成分で、大麻草と聞くと不安を覚える方もいることでしょう。

ビーゴペットCBDバームは、一般社団法人日本カンナビノイド協会による検査を受けたCBDを使用し、国内工場で製造を行っています。

第三者機関による残留農薬・重金属・微生物検査も受けています。


ベースとなるのはシアバターやホホバオイルといった油脂やホホバオイルです。

シアバターはオーストラリアオーガニック認定機関、ホホバオイルはアメリカ合衆国農務省のオーガニック認証を受けているものを使用しています。

これらの油脂類は保湿力があり、角質化やひび割れから守る働きが期待できます。

無香料、シトラス、フローラルの3タイプがあり、シトラスとフローラルに使用されている精油は、フランスのオーガニック認証機関であるcosmeBIOの承認を取得しています。

保存料・着色料・発色剤・酸化防止剤は使用していません。


無香料は犬猫に使用可能ですが、シトラスとフローラルは猫やエキゾチックアニマルには使用不可ですので注意してください。

エキゾチックペットには使用しないでください。

適量を手に取り出し、肉球などに使用をします。

バームが固いときには手のひらで温めることで伸びがよくなり、塗布しやすくなります。


ペットにはペット用のケア用品が必要です。

ペットために作られたビーゴペットCBDバームでペットの健康を守ってあげませんか。


→VIGOPET CBD BALM(ビーゴペットCBDバーム)30g


ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年12月12日土曜日

色々試せる3種のCBDバームセット-hemptouch


CBD製品はいろいろとあり、どれを使ってみようか迷うことがありませんか。

いろいろ使いたい方にうれしい製品が「ヘンプタッチ ミニスキンバームキット」です。

スキンバームシリーズ の5mlを3種セットにしました。


ヘンプタッチは百貨店、サロン、セレクトショップなどでも製品の扱いがあるオーガニックブランドです。

一部の製品ではNaTrue(ネイトゥルー)認証を獲得しています。ネイトゥルーは世界基準の自然派化粧品認証で、オーガニック原料を使用する、シリコンや石油由来成分は使わないなど、厳しい基準をクリアしたものにだけ与えられます。

また、ヘンプタッチは元祖CBDブランドでもあり、CBD製品お客様満足度No1を獲得しています。


ミニスキンバームキットは、ジェントル・スージング・セラピューティックの3種類がセットになっています。

ジェントルはマンゴー種子脂、シア脂、アサ種子油などを配合した、普段使いできるバームです。

CBD(カンナビジオール)は配合されていません。

スージングはCBDやマンゴーバター、シア脂などを配合したバームです。

天然精油のラベンダーの香りがします。

セラピューティックはCBDやシア脂、トウセンカ花エキスなどを配合したバームです。

スペシャルケアにおすすめです。


どのバームも顔、体に使用することができます。

顔のお手入れ、リップケア、体の保湿などに使用してください。

顔のお手入れに使用する場合は、洗顔後に化粧水で肌を整えてから、スキンケアの最後に使用をします。

バームが固い場合は手のひらで温めると柔らかくなります。


ヘンプタッチ ミニスキンバームは、3種類ものバームを試せるセットです。

いろいろなバームを試せて、自分にあった製品が見つかることでしょう。


→hemptouch 3種のミニスキンバームキット


ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年12月4日金曜日

万能な国産高濃度CBDバーム-CRAFT


世界中で注目されている成分CBD。

CBDはオイルやカプセルなどで口から摂取する製品が多く発売されていますが、肌に塗ることもできる成分です。

今回は肌に塗るタイプの製品、CBD CRAFT CBDバームを紹介します。


CBDとはカンナビジオールのことで、麻に含まれているカンナビノイドの一種です。

麻には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、いまだ解明されていない成分もありますが、その中でもCBDは研究が進められており、医学・薬学的研究が行われています。

麻と聞くと危険に感じるかもしれませんが、CBDはWHOが安全性を認めている成分です。

日本の法律で規制されているのは、麻に含まれるTHCという成分で、CBDは日本の法律では規制されていません。

CBD CRAFTの製品は、種子から収穫までの段階で厳しいテストを行い、成分分析表・安全データシート・製造工程表など、いくつもの書類を提出して輸入をしています。


CBD CRAFT CBDバームは、ワセリンやホホバ種子油をベースに1製品当たり300mgのCBDを配合しています。

ワセリンには肌を乾燥から保護する働き、ホホバ種子油には保湿作用があります。

肌をしっとり守ってくれるようなバームです。

内容量は14gとカバンやポケットに入れて持ち運びしやすいサイズになっています。


CBDバームは気になるところに塗って使用します。

ハンドクリームやボディケアに使用できます。

粘膜部分や傷のある部位は避けて使用をしてください。


CBD CRAFTは安全性に配慮した製品をお届けしているブランドです。

安心できるCBDバームなら日常的に利用しやすく、肌のケアをサポートしてくれることが期待できます。


→CBD CRAFT CBDバーム CBD総含有量300mg


ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月26日木曜日

加齢に打ち勝つCBDバーム-Shea Brand


今回紹介する製品は「Shea Brand CBDバーム」です。

リップクリーム、ネイルケア、ハンドケア、メイク直し、ヘアケアなど、万能に使えるバーム。

1つ持っていると重宝します。


私たちの体は常に一定の状態に保とうとする働きが備わっていて、これをホメオスタシスといいます。

体温が一定に保たれているのも、ホメオスタシスのおかげです。

ところが、加齢やストレスの影響によって体のバランスが崩れてしまいます。

加齢の影響から逃れることはできません。

だからこそ、日々ケアをして体のコンディションを保つことが、イキイキと過ごすためのポイントになります。

CBDはコンディション作りをサポートしてくれる働きが期待できる成分です。

CBDとは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種で、カンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

これまでにいくつもの論文が発表されています。


Shea Brand CBDバームは、シアバターをベースにCBD、カミツレ花、ユーカリ葉油、ヒマワリ種子油など植物性の成分を配合しています。

シアバターは保湿力の高い成分で、乾燥から肌を守ります。

人の皮脂に近い構造をしていて、肌にすっとなじんでいく使い心地です。

Shea Brand CBDバームはセイヨウハッカ油やスペアミント油を配合しているので爽やかな香りです。

高い保湿力でありながら、爽やかな使用感となっています。


一般的なバームと同じように使用でき、適量を手に取って肌になじませます。

目や粘膜部分への使用は避けてください。


バームはさまざまな使い方ができ、1つ持っていると重宝する化粧品です。

CBDを配合したShea Brand CBDバームを携帯して、いつでもどこでもケアに使ってみませんか。


→Shea Brand CBDバーム/CBD50mg配合


ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月7日土曜日

CBDクリームとCBDバームの違い。正しく選択する為に


ハリウッド女優も注目し、美容面での働きも期待されているCBD。

肌に使用するCBD製品としてはCBDバームとCBDクリームがあります。

どちらも肌に塗るという点では同じなのですが、CBDバームとCBDクリームの違いは知っていますか。

CBDバームとCBDクリームは違います。

違いを知ってそれぞれの特徴を活かした使い方をしてみましょう。

では、どんな点が違うのでしょうか。


CBDバームとは

バームとは主に美容液成分で構成されており、水分はほとんどあるいはまったく含んでいない、オイルが固形化された軟膏、あるいはバターのようになっている化粧品のことです。

植物の油脂の多くは常温では液体で、肌にバームを塗ると体温でとろけていきます。

常温では固形になっているバームで使いにくそうに感じますが、手に取って温めるととろけて肌に伸ばしやすくなります。

バームといっても、クレンジングバーム、アイバーム、リップバーム、フェイシャルバーム、ボディバームなどさまざまなタイプがあります。

クレンジングバームはメイクを落とすためのバームです。

肌にのせるととろけて、メイク汚れとなじんでいきます。

アイバームは、バーム状のアイシャドーまたは目元用のスキンケア化粧品です。

目元周りは乾燥しやすい部位ですが、アイバームはオイルの保湿力で乾燥から守ります。

リップバームは唇に塗るものです。デリケートな唇のことを考えて成分が配合されているものが多くあります。

フェ―シャルバームは顔用のバームです。

ボディーバームは体用のバームです。

CBDバームとは、美容オイルにCBDを加えて固形化した軟膏またはバターのようにした化粧品のことです。

CBDは麻に含まれるカンナビジオールという成分のことです。

医療分野での研究が進められており、研究の中で美容面への働きも発見されてきました。

私たちの体は常に一定の状態に保たれています。

恒常性にかかわるシステムが、エンカンナビノイドシステム(ESC)です。

ESCは加齢や生活習慣によって機能が衰えてきてしまいますが、CBDはその機能のサポートをするといわれています。


CBDクリームとは

クリームは主に水分と油分で構成されています。

水分と油分は本来混ざり合わないものですが、乳化という工程によって混ぜ合わせています。

乳化させるためには、合成界面活性剤やレシチンなど天然の乳化剤を使用します。

常温では固形または半固形状です。

固形のものでも手のひらに取り温めると流動性が高まります。

クリームといっても、リップクリーム、フェイシャルクリーム、ボディークリーム、ハンドクリームなどがあります。

リップクリームは唇に塗るためのものです。

唇は皮脂腺がないため乾燥しやすいので、リップクリームは保湿成分が中心に配合されているものが多くあります。

フェイシャルクリームは顔に塗るものです。

保湿、シミ対策、シワ対策など、さまざまな用途のものがあります。

ボディクリームは体に塗るものです。

ハンドクリームは手に塗るもので、持ち運びしやすいように小さなサイズの容器に入っているものが多くあります。

CBDクリームは、水分と油分で構成されているクリームにCBDを加えたものです。

CBD以外にも植物成分など加えられていることがあります。


CBDバームとCBDクリームの違いとは

CBDバームとCBDクリームには、いくつかの点で違いがあります。


水分を含んでいるか

CBDバームは、まったくあるいはほとんど水分を含んでいません。

CBDクリームは水分が含まれています。


柔らかさ

CBDバームは固形化された軟膏またはバターのような状態でクリームに比べると固さがあります。

CBDクリームはバームに比べると柔らかいです。

容器に入っているときは固くても、どちらも温めると柔らかくなります。


美容成分

CBDバームは美容オイルが主な成分です。

油脂で構成されているので、水溶性の美容成分は配合しにくいです。

CBDクリームは脂溶性の成分も水溶性の成分も配合することができます。

混ざりにくい水分と油分は乳化をして混ぜます。


使用感

CBDバームはオイルが主体なので、製品によってはべたっとします。

しかし、使用感は製品によって違い、べたつきが抑えられているものもあります。

CBDクリームも使用感は製品によってさまざまで、べたつきやすいものやさっぱりしたものがあります。


ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月2日月曜日

唇のケアと保護を可能にするCBDリップバーム-Naturecan


唇が乾燥してひび割れていませんか。

唇の荒れがひどくなると痛みを伴うことがあります。

リップケアをサポートする製品が「Naturecan ケア & プロテクト CBD リップバーム」です。

唇の乾燥に悩んでいる方におすすめです。


ケア & プロテクト CBD リップバームはCBDをはじめとした植物成分でできているリップバームです。

CBDとはカンナビジオールのことで、麻に含まれる80~114種類のカンナビノイドの一種です。

フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートといった種類がありますが、Naturecanはブロードスペクトラムを使用しています。

フルスペクトラムは麻に含まれる成分がそのまま残っていますが、日本の法律で規制されているTHCも含んでいます。

ブロードスペクトラムは、麻から抽出したものからTHCを取り除いたものです。

THC以外のカンナビノイドや麻に含まれるテルペンなどは含有しています。

ケア & プロテクト CBD リップバームはTHCが0.0%なことが確認されています。


CBD以外にはシアバター、ココナッツオイル、アボカドオイル、チアシードオイル、ヘンプオイル、ビタミンEを配合しています。

オイルはどれも保湿力が高いものです。

植物性の成分なのでビーガンに対応をしています。

化学薬品や防腐剤などは使用していない、デリケートな唇のことを考えた製品です。


スティックタイプのリップバームです。

キャップを開けて数ミリを繰り出し、適量を唇に塗布します。

肌に異常を感じたときには使用を中止してください。


Naturecan ケア & プロテクト CBD リップバームは植物性成分を使ったデリケートな部位のことを考えたリップバームといえるでしょう。

乾燥しがちな唇を柔らかな状態へと導きます。


→Naturecan ケア & プロテクト CBD リップバーム CBD50mg

当サイト限定のクーポンコードを利用すれば、更に15%引きにて購入可能です
→Naturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸

ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月6日火曜日

CBDバームとは?CBDバームのメリットや使い方、利用シーンについて解説


肌の乾燥が気になる方や運動後の筋肉ケアにおすすめな製品がCBDバームです。

ここでは、CBDバームとはどのようなものなのか、メリットは何なのか、どのように使用するのかを紹介します。


CBDバームとは

CBDバームとは、大麻草から抽出したCBDをバーム状の製品にしたものです。

バームの主原料はミツロウです。

ミツロウとは、ハチミツを巣から取り除いた後に残る蜜蜂の巣を構成する成分のことです。

巣に熱と圧力を加えたり、湯で溶かしたりして採取されます。

ビーワックスとも呼ばれる天然のワックスです。

保湿作用があり、リップクリームやハンドクリームなどの化粧品に使用されたり、食品にも利用されたりしています。

バームにはその他にもヘンプオイル、オリーブオイルなどの油脂が加えられています。

ミツロウだけでは固くてしようしにくいですが、他のオイルも加えることで柔らかみが生まれます。

また、オイルによって含まれる脂肪酸の種類が違い、複数のオイルを使用することでさまざまなオイルの働きが期待できます。

CBDは大麻草に含まれる代表的なカンナビノイドです。

CBDの受容体は体内や皮膚に存在をしていて、皮膚に塗ることでもCBDの働きが期待できます。


CBDバームのメリット

いろいろな使い方ができる

CBDバームは一般的なバームと同じ使い方ができて、顔に塗る、ハンドクリームとして使う、髪に使うなど、目的にあわせたさまざまな使用方法が可能です。

1つあるだけで重宝します。


保湿力が高い

バームには保湿力が高いミツロウが使用されています。

乾燥しやすい唇を守るリップとして使われることからもわかるように、高い保湿力で肌を乾燥から守ります。


いつでも使える

日本で販売されているCBDバームは小さいサイズだと内容量が60mlです。

手のひらに乗るサイズです。

コンパクトなのでカバンに入れても邪魔にならず、いつでもどこでも持ち運びができて、気になったときに使用できます。


香りが豊富

CBDバームには無香料のものや香りつきのものがあります。

香りには気分を高めたり、リラックスさせたりする働きがあります。

複数の香りが用意されているため、気分に合わせて選ぶことができます。


CBDバームの使い方

バームを適量取り出して気になる部分に塗布します。

ミツロウは気温が低くなると固くなる性質があるため、バームが固くなってしまうことがあります。

固い場合は手のひらで少し温めると伸びがよくなります。

固い状態で肌に乗せてもうまく伸び広がらないので、柔らかくしてから使用をしましょう。

粘膜部分や目、口は避けて使用をしてください。

傷がある場合もその場所は避けて使用をするようにしましょう。

CBDバームの多くは合成香料、合成着色料、アルコール、パラベンなどを使用していませんが、肌の状態によっては肌にあわないことがあります。

赤み、腫れ、かゆみなど皮膚に異常が出た場合は使用を中止してください。


使用シーン

リラックスしたいとき

CBDにはリラックスへと誘う働きがあるといわれています。

また、バームに加えられている香りにもリラックス作用が期待できます。

仕事で忙しいとき、イライラしていると、気持ちを切り替えたいときなどにおすすめです。


運動後の筋肉ケアに

ペパーミントオイルやカンファーオイル入りのバームは運動後の筋肉ケアにおすすめです。

ペパーミントには清涼感があり、カンファーオイルは抗炎症に働くといわれています。


就寝前に

心地よい香りは質のよい睡眠へと誘います。

ラベンダーの精油には酢酸リナリル成分が含まれていて、神経を沈静させる働きが期待できます。

心地よい眠りのためには気持ちが落ち着いていることが大切です。

ラベンダーの香りを使ったバームを使用すれば、香りが眠りに誘ってくれることが期待できます。


乾燥肌のケアに

バームは保湿力の高い成分を使用しているので、乾燥肌のケアにおすすめです。

バームだけを塗るとオイルのべたっと感が気になることがあるので、化粧水をつけて肌に水分を与えてからバームを使用することをおすすめします。

バームを先に塗ってしまうと水分をはじくので、先に化粧水をつけるようにします。


ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月25日金曜日

ブロードスペクトラムCBD配合のCBDボディバター-NEO


ボディバターは油脂を豊富に使用した肌の乾燥のケアに最適なケア製品です。

そのボディバターにCBDを加えた製品が@NEO CBDボディバターです。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドという植物成分です。

アメリカやヨーロッパでは、食品、サプリメント、医療用として利用されています。

現在数多くの研究がされており、さまざまな研究報告がされている注目の成分です。

CBD製品には、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3つの種類があります。

フルスペクトラムは、大麻草に含まれる成分がすべて入っているものです。

0.3%以下のTHCも含まれています。

ブロードスペクトラムは、大麻草の抽出液からTHCを取り除いたものです。

CBG、CBDV、テルペンなど、大麻草に含まれるCBD以外の成分も含入しています。

アイソレートは、大麻草抽出液を精製して可能な限り純度の高いCBDを原料としているものです。

@NEO CBDボディバターには、ブロードスペクトラムを使用しています。

CBGやCBDVなども含む麻抽出物を1製品当たりに300mg、1%濃度で配合をしています。


ベースとなっているのは、中鎖脂肪酸油・ミツロ・シア脂です。

どれも保湿力が高い成分で、空気の乾燥から肌を守ります。

さらに、ラベンダー油とカミツレ油もブレンドをしています。

アロマオイルとして人気の高いもので、優しい香りが特徴的です。

夜のボディケアに使えば、日中に緊張していた心をほぐしてくれることでしょう。


適量を手にとって気になる部位になじませて使用をします。

目や粘膜などは避けて使用をしてください。


保湿力の高いミツロウやシア脂とフルスペクトラムをブレンドしたボディバターです。

潤いが欲しいときにおすすめです。




→NEO CBDボディバター 1% 30g



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月15日火曜日

リラックスとリフレッシュを可能とするCBDボディバーム-gron


マッサージやリラックスしたいときに適した製品が、gron CBDボディバームです。
運動後のケア、肌の乾燥が気にあるとき、気分をリフレッシュさせたいときなどに、このクリームがサポートをします。

グロンは慢性痛に苦しむ人のためのカンナビスチョコレート作りから始まった、オレゴン州に拠点を構えるブランドです。
ヘンプの栽培からCBDプロダクツまでを一貫して行っています。
製品に使用する成分はフェアトレードで、中にはオーガニック成分を使用した製品もあります。

CBDボディーバームは、オーガニックなココアバター、グレープシードオイル、ビーズワックス、エッセンシャルオイル、ヘンプエキスを使用した製品です。
ココアバター、グレープシードオイル、ビーズワックスはどれも保湿力の高い成分です。
特にココアバターは近年注目されている成分で、肌を柔らかくする、保湿をする、などの働きが期待できます。
カカオから得られる油脂でほのかにカカオの香りを感じられます。
エッセンシャルオイルには、ペパーミントとローズマリーを使用しています。
どちらも天然のものです。爽やかな香りが気分のリフレッシュをサポートします。
ヘンプエキスもCBDも大麻草から得られる成分ですが、日本で規制されているTHCは含まれていません。
できる限りオレゴン州で栽培されたヘンプを使用しています。
製品には化学的な成分は一切使用しておらず、グルテンフリー、非遺伝子組み換えの製品です。

清潔な肌に適量をなじませて使用してください。
バームが固い場合は、手のひらで温めると伸びがよくなります。

肌のことを考えた天然成分を組み合わせた、さまざまな肌の不調のケアをサポートするボディバームです。


➡gron CBDボディバーム 内容量28g CBD含有量200mg



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月26日水曜日

肌からCBDを吸収!CBDボディバター-ENDOCA


今回ご紹介する製品は、エンドカ CBD ホイップドボディバターです。

CBDブランドはアメリカ発が多い中、エンドカはヨーロッパで誕生したブランドです。
1934年ころに行われていたヘンプシード圧搾によるヘンプオイル製造が母体となっており、2013年にデンマークで操業をしています。
エンドカの製品はオーガニックであり、厳しい試験をクリアしたものです。
100%ヨーロッパ製の信頼度の高い製品です。

ボディバターにはCBDを300mg配合をしています。
CBDの受容体は肌にも存在しており、肌に塗ってもCBDの力が発揮されることが期待できます。
ボディバターのベースとなるオイルは、シア脂、パーム油、カカオ脂などです。
シア脂やカカオ脂は「脂」と書くように常温では固体です。
しかし、エンドカのボディバターは柔らかい製品で、夏場は溶けやすくなっています。
それほどまでに柔らかい製品なのです。
柔らかいため肌に伸ばしやすく、摩擦を抑えながら優しくケアを行うことができます。
アサ種子エキス、アサ茎、アサ種子油といった、オメガ3・オメガ6を豊富に含む成分も配合をしています。
肌に栄養素を与えながら、保湿をしていきます。
バニラ果実エキス配合で、ほんのりとバニラの香りがします。
甘い香りに包まれて、心地よいひと時を過ごせることでしょう。

1日を通して好きなときに使える製品ですが、乾燥が気になったときやお風呂上りなどの使用がおすすめです。
適量を取り出して気になる部分になじませます。
柔らかい製品なので高温多湿は避けて保管してください。

CBD、シア脂、カカオ脂など自然由来の成分を中心に配合した、柔らかく滑らかなボディバターです。
乾燥が気になったときなど、毎日のケアにお使いください。


➡ENDOCA CBDホイップドボディバター 300mg



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月24日月曜日

顔にも体にも使える保湿CBDバーム-HempMeds


今回ご紹介する製品は、ヘンプメッズのCBDスージングボディバーム アーモンド&ジンジャーです。
肌が乾燥する、潤いが欲しい、そんな悩みがありませんか。
肌の乾燥が気になる、外出先で手軽に保湿ケアをしたい、このような方をサポートする製品が、ヘンプメッズのCBDスージングボディバーム アーモンド&ジンジャーです。
CBDは体に有益な働きをもたらしてくれると期待されている成分です。
アーモンド油、ミツロウ、アサ種子油などと組みあわせることで、乾燥した肌をケアしていくバームとなっています。
38ml入りで小さなケースに入っているので、カバンに入れて持ち運びをしやすく、外出先でのケアに手軽に使用できます。
一製品あたりには50mgのCBDを配合しています。

ヘンプメッズはCBD業界をリードするブランドで、業界のトップを走り続けて、これまで数々の製品を世に送り出してきました。

製品に使用するカンナビジオールにこだわっており、何代にもわたりヘンプを栽培しているオランダの農家から原料を調達しています。
CBDを抽出するヘンプは、農薬、除草剤、化学肥料を一切使用しておらず、危険な化学物質も含んでいません。
cGMP認定済み・FDA登録済みの施設で調合・包装を行い、第三者機関で製品の検査を3回も実施し、安全性を確かめています。
安全な製品をユーザーに届けられるように、厳格なテストを行っているのです。
安心で高品質な製品を届けていると言えるでしょう。

バームのベースとなるアーモンド油、ミツロウ、アサ種子油は、どれも保湿力の高い成分です。
アーモンドには血行促進やアンチエイジングのサポートが期待できるビタミンEを豊富に含んでおり、肌に潤いと柔らかさを与え、血行不良によるカサカサ肌に働きかけることが期待できます。
ミツロウには、保湿力に優れている成分で、肌をしっとり柔らかに導く働きがあり、肌の潤いを守っていきます。
アサ種子油はヘンプから抽出されるオイルで、豊富な栄養素が含まれており、美容面でも健康面でも注目されています。

ヘンプメッズのCBDスージングボディバームは、顔にも体にも使用できます。
適量を手に取り出して、肌に優しくなじませます。
ローションで肌を整えた後に使用をすれば、ローションの出会えた潤いを閉じ込めます。
バームが固いときには、手のひらで温めると伸ばしやすくなります。
冷蔵庫に入れる必要はありませんが、高温多湿・直射日光を避けて保管をしてください。
傷ができている部位への使用は控えてください。

CBDと保湿力の高いオイルを使用した、乾燥肌が気になる人、保湿したい人に向いている製品です。
CBD50mg配合、アーモンドオイルやミツロウなど自然由来の成分を中心に使用した、肌を優しく守るバームです。
日常的なケアに最適です。


➡HempMeds CBDスージングボディバーム アーモンド&ジンジャー 50mg



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月14日金曜日

日本製の安心・安全なCBDロールオン-H THINK


イライラしがち、筋肉のこわばり、頭痛、こういった悩みを抱えている方をサポートしてくれる製品が、H THINK CBDロールオンです。

H THINKは有機栽培されたヘンプの茎から、超臨界二酸化炭素抽出という方法で有毒な溶剤を使用せずに抽出したCBDを使用しています。
CBD製品に使用されるものは、ブロードスペクトラムまたはアイソレートが一般的です。
ブロードスペクトラムはCBD以外のカンナビノイドも含有していますが、アイソレートはカンナビノイドとしてCBDしか含んでいません。
そのため、アイソレートは世界ドーピング機構がドーピングの対象とならないと認めていて、アスリートでも使用ができます。
CBDには、不眠、不安、痛みを軽減させる働きが期待されています。

H THINK CBDロールオンは、ホホバ種子油、ハッカ油、ヘンプシードオイルにアイソレートをブレンドしています。
ホホバ種子油は肌なじみがよく、肌をしっとりした状態に保ちます。
ハッカ油はすーっと清涼感のある香りがして、イライラしているときのリフレッシュを手助けします。
ヘンプシードオイルには必須脂肪酸のオメガ3が豊富に含まれています。
1本は8mlで手のひらに収まるサイズの容器です。
ポケットに忍ばせておけば、デスクワーク中、頭痛が気になるとき、運動後など、いつでも手軽に使用することができます。

キャップを取り外したら、手首、こめかみ、首筋など気になる部分に直接当てて塗ってください。
目や口など粘膜には使用できません。
使用後にはキャップをしっかりと閉めて保管をします。

ロールオンタイプだから、いつでも気になるときにサッと使える製品です。
手軽に使えるからこそ、毎日の健康維持に役立つことでしょう。


➡H THINK CBDロールオン 国産 8ml CBD80mg含有



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ホホバオイルとミントでリフレッシュ!日本製CBDロールオン-CALMS


CBD製品は海外ブランドのものが少なくありませんが、CALMSは日本初のCBDブランドです。
今回はCALMSのCBDロールオンを紹介します。

CALMSは米国でオーガニック栽培されたヘンプの茎から抽出したCBD原料を輸入し、日本国内で製品化をしています。
ヘンプというと禁止されている大麻草を連想するかもしれませんが、CBD抽出に使用されているヘンプは日本の厚生労働省が認めているヘンプの茎を使用しています。
安心・安全な部位から抽出しているのです。
抽出には超臨界二酸化炭素抽出法を採用しています。
有害な有機溶媒を使用しない、低温での抽出が可能な方法です。
低温で抽出することで、植物の成分をできるだけ損なわずに抽出することができます。

CBDロールオンは、安心・安全なCBDとホホバ種子油とミントをブレンドしています。
ホホバオイルは保湿力が高く、化粧品に利用されることもある成分です。
ミントは爽やかな香りが特徴です。
ストレスを感じているときやおやすみ前など、気分をリフレッシュしたいときにピッタリな香りです。
CALMS CBDロールオンは手のひらに乗る小さなサイズで、カバンに入れて持ち運びやすくなっています。
仕事中に疲れを感じたときでも使いやすく、スッキリ感を与えてくれることでしょう。

肌に直接塗ることができる製品です。
キャップを外して、肌に直接当てて塗り広げます。
こめかみ、腕、首、腰、肩などへの使用が可能です。妊娠中や授乳中の方は医師に相談をしてください。

安心できる日本製のCBDロールオンで、気分をスッキリ、リフレッシュしませんか。
ホホバオイル、CBD、ミントをブレンドしたロールオンが、リラックスした気分をサポートします。


➡CALMS CBDロールオン CBD80mg含有 8ml



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月11日火曜日

敏感な肌荒れに効果的なCBDフェイスクリーム-hemptouch


肌荒れが気になる、余計なものを使っていない化粧品を試したい、このような方におすすめの化粧品が「ヘンプタッチ CBDフェイスクリーム」です。

ヘンプタッチはCBDブランドとしてだけでなく、オーガニックコスメもよく知られているスロベニア生まれのブランドです。
ヨーロッパでは、ヘンプタッチのコスメが広く販売されています。
CBDフェイスクリームは、CBD、ダマスクバラ花水、マンゴー種子脂などを配合した、肌なじみのよいクリームです。

CBDは麻由来のカンナビノイドの一種のことで、肌を健やかに整える働きが期待されています。
ヘンプタッチの製品には、麻に含まれるさまざまなカンナビノイド、テルペン、ミネラルなどを含有するフルスペクトラムCBDを使用しています。
麻由来のローヘンプシードオイルも配合をしています。
コールドプレス製法で抽出することで、オイルの酸化を極力抑えています。
オメガ3とオメガ6の必須脂肪酸とオメガ9をバランスよく含み、肌なじみがよいオイルです。
その他にもクレオパトラも愛したといわれるダマスクバラ花水、保湿作用のあるマンゴー種子脂やグリセリンなどを配合しています。
容器はプッシュタイプです。
クリームに直接手を触れずに中身を取り出すことができ、最後まで清潔に保てます。

使用目安回数は朝と夜の1日2回です。
洗顔をして化粧水で肌を整えた後に使用をします。
水分が多い化粧水の前に油分が多いクリームを使用すると、化粧水が油分で弾かれてしまうので、クリームはスキンケアの最後に使用をします。

CBDは肌のバランスを整える手助けが期待できる成分です。
乾燥が気になる肌のバランスを整えて、健やかな状態に導いていきます。


➡hemptouch ニューチャリング CBDフェイスクリーム 50ml



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

高い保湿力と高い信頼性のCBDバーム-hemptouch


顔も体もカサカサ、こんな悩みを抱えていませんか。
高い保湿力のある化粧品でのお手入れが必要かもしれません。
「ヘンプタッチ スージングCBDスキンバーム」は、敏感な肌を整える働きがあるといわれるCBDや保湿力の高い成分を配合した化粧品です。

ヘンプタッチはCBD製品だけでなく、オーガニックコスメも扱うブランドです。
オーガニックコスメに関する厳格な基準をクリアした製品にだけ与えられる「NaTrue(ネイトゥルー)」を取得している製品も扱っています。
スージングCBDスキンバームには、CBDをはじめとした天然由来成分を中心に配合しています。

CBDは麻に含まれる114種類ほどのカンナビノイドの一種です。
ヘンプタッチではフルスペクトラムCBDを使用していて、さまざまな種類のカンナビノイドが含まれています。
ミネラルやビタミンなども含有していて、バランスの取れた肌に近づく手助けをします。
バームは油脂が主体で、マンゴーバター・シアバター・ヘンプシードオイル・オリーブオイルなどの油脂を配合しています。
この中でもヘンプシードオイルは低温製法で抽出するこだわりがあります。
オメガ3・オメガ6・オメガ9をバランスよく含み、肌の柔軟性をサポートします。
香りにもこだわり、天然のラベンダーを配合しています。
ラベンダーにはリラックスへと誘う働きがあるといわれています。

室温では固形で、固い場合は手のひらで温めてから気になる部位に伸ばします。
体や顔への使用が可能です。
伸びがよいため、マッサージクリームとしても活用できます。

自然由来の成分を中心に配合したバームは、どのような肌質の方でも使用ができます。
顔、体、リップクリーム、マッサージクリームなど、さまざまなケアに使えて1つあると便利なバームです。


➡hemptouch スージング CBDスキンバーム 50ml

更にスペシャルケアを必要としている方は、下記がおすすめです
➡hemptouch セラピューティック CBDスキンバーム 50ml



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月10日月曜日

スポーツ後のクールダウンに最適なCBDクリーム-MEDTERRA


筋肉の疲れを何とかしたい、コリをほぐしたい、そんなときにサポートしてくれる製品が、メディテラのCBDクリームです。
疲れを放置していると蓄積をして、放置するほどに回復に時間がかかってしまいます。
その日の疲れはその日の内にケアをすることをおすすめします。

メディテラはカリフォルニアで誕生したCBDブランドです。
徹底した品質管理により高い信頼性を得ています。

使用しているCBDは、アメリカ国内産の非遺伝子組み換えで安全性に配慮した麻から抽出をします。
精神活性成分であるTHCは一切含まれていません。
CBDカンナビノイドの一種で、麻に含まれる114種類のカンナビノイドの中でも主要な成分です。
体内のカンナビノイド受容体が存在していて、記憶処理、免疫、気分などを調整しています。
メディテラ CBDクリーム100ml入りには、1本あたりCBDを750mg配合しています。
その他に、ヒマワリ種子油、オリーブ果実油、ティーツリー葉油、メントールなども配合をしています。
ヒマワリ種子油やオリーブ果実油などには保湿作用が期待できます。
ティーツリーはオーストラリア先住民のアボリジニが古くから感染症や傷のケアに使用をしてきた植物です。
現在は抗菌作用があることが確かめられています。
メントールは清涼感のある成分で、ほてった筋肉のクールダウンをサポートします。

容器は直接クリームに手を触れずに取り出せる形をしています。
適量を手に取り出して、筋肉の疲れをやわらげたい部位に塗ります。

スポーツをする人はもちろんのこと、デスクワークなどでも日々筋肉に疲れが蓄積をしていきます。
メディテラ CBDクリームは、手軽に使えて日々の筋肉ケアに役立つ製品といえるでしょう。


➡MEDTERRA CBDクリーム CBD750mg 100ml



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月8日土曜日

肩こりに最適なメントール入りCBDロールオン-HEMP Baby


肩こり、ストレス、首こり、こういった悩みを抱えていませんか。
リフレッシュをサポートしてくれる製品が、ヘンプベイビー CBDロールオンです。

ヘンプベイビーは、高品質で安全な原料を使用し、製造工程でのテスト・検品を行い、安全安心な製品を届けているブランドです。
CBDロールオンは、1本に500mgのCBDを配合しています。

CBDとは麻から抽出される成分の一種です。
麻というと安全性が気になるかもしれませんが、薬事法規制されているものは麻に含まれるTHCです。
ヘンプベイビーが使用しているものは、THCを含んでいません。
麻に含まれる成分の中でもCBDは注目されており、論文が多数発表されています。
ヘンプベイビーでは、種子から収穫まで何度もテストを行い、成分分析表、安全データシート、製造工程表など何枚もの資料を提出して輸入の許可を取っています。
除草剤、殺虫剤、殺菌剤などは一切使用していない、無農薬栽培の麻から成分を抽出しています。
その他にCBDロールオンにはメントール成分を配合しています。
メントールはペパーミントにも含まれている成分で、すーっと清涼感があることが特徴です。
リフレッシュしたいとき、肩がこっているときなどのしようにおすすめです。

ロールオンタイプなので、気になるところに直接塗ることができます。
キャップを開けたら、肌に直接ロールを当てて塗ってください。
1本約60mlでカバンに入れて持ち運びやすいサイズです。
目や粘膜、傷ができている部位への使用は避けてください。
また、運転前や運転中には使用しないでください。

スッキリしたいときに、こりが気になるときなど、手軽に塗れるCBD配合のロールオンです。


➡HEMP Baby CBDロールオン CBD500mg/2OZ



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月6日木曜日

スポーツ後に最適なCBDクリーム-HEMP Baby


スポーツ後の回復のサポートにうれしい製品が、ヘンプベイビー CBDクリームです。

CBDは麻から抽出されるカンナビノイドです。
多数の論文が発表されており、恒常性の維持や心身のリラックスなどへの働きかけが注目されています。

ヘンプベイビー CBDクリームには、1製品あたり500mgのCBDを配合しています。
麻というと安全性が気になると思いますが、心身への影響が心配されている成分はTHCです。
ヘンプベイビーでは、完全無農薬の麻からCBDを抽出しており、何度もテストを行って安全性に配慮をしています。
輸入の際には厚生労働省に求められている書類を提出し、製品の分析を受けている、正式な製品です。
その他に、セイヨウハッカ油、ローズマリー油、スペアミント油などの植物成分を中心に配合をしています。
どれも清涼感のある成分です。アロエベラ液汁も配合をし、保湿作用も期待できます。
バームは約56g入りです。小さな容器に入っていて、カバンに入れて持ち運びをしやすいサイズです。
普段から持ち歩き、運動後のリカバリーなどに役立てられます。

気になる部分に優しくすり込んで使用をします。
特に運動後の筋肉や関節への使用におすすめです。
1日3~5回までが目安です。
バームが固いと感じるときは手のひらで温めてから塗ってください。
運転前、運転中の使用は避けるようにします。
妊娠中、授乳中の方は使用しないでください。

CBDは恒常性の回復やリフレッシュが期待される成分です。
運動後に使用することでリカバリーを手助けすることが期待できます。
植物成分との相乗作用も期待できます。
小さなサイズで持ち運びやすく、普段から運動後のケアに役立てられる製品です。


➡HEMP Baby CBDクリーム 500mg 2oz 56g



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

4種類の目的から選べるCBDバーム-CBD fx


CBD FXはアメリカのロサンゼルスで誕生した、世界61か国で親しまれるCBDブランドです。
CBD FXの商品を肌に使いたい方におすすめなのもが、CBDバームです。

CBDFXのバームは4種類あります。
それぞれ香りが違い、目的や好みの香りによって使い分けることができます。

ベースとなるのはミツロウです。
ミツロウとは、ミツバチの巣を構成する蝋を精製したものです。
保湿作用があり、リップクリームやハンドクリームなどの化粧品の他、キャンドルにも使用されています。
そこに、ホホバオイル、サンフラワーオイル、CBDなどを配合しています。
CBD FXはオーガニック栽培された麻から抽出したCBDを使用した、CBD製品を開発・生産し続けているブランドです。
バームに配合しているCBDはブロードスペクトラムで、THCを取り除いた安全性の高いものです。
バームの種類は4つです。
筋肉の痛みが気になる方のためのマッスルバーム、肌の沈静のためのカーミングバーム、夜の回復のためのオーバーナイトバーム、肌の保湿のためのシアバターバームを用意しています。
それぞれ、ペパーミント、カモミール、ラベンダー、柑橘系の香りがします。

どの製品も使い方は同じです。
肌の気になる部位に適量を塗ります。
特にマッスルバームは運動後の気になる部位に、シアバターバームは乾燥する部位に使用することをおすすめします。
ミツロウは室温が低いと固まりやすいため、バームが固い場合は手のひらで温めてから塗ると、伸び広げやすくなります。
傷ができている部位には使用しないでください。

目的にあわせて4種類から選ぶことができ、健やかな肌をサポートしてくれるCBD配合のバームです。


➡CBDFX バーム CBD濃度 150mg 57g



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年8月4日火曜日

筋肉疲労に最適なCBD冷却バーム-CANNA RIVER


筋肉疲労を何とかしたい、そんな方をサポートする製品が「cannariver CBD冷却バーム」です。

運動直後は体が熱を持ち、筋肉は疲労しがちです。
そんな肌にCBD冷却バームがスーッと溶けて優しく守ります。

冷却バームの主成分となっているのはCBDです。
CBDに関する論文が数多く出されており、健康面への働きかけが期待されています。
cannariverが使用しているCBDは、ケンタッキー州の広々とした土地で栽培された麻から抽出したブロードスペクトラムです。
人体への影響が心配されるTHCを除去し、CBDをはじめとしたカンナビノイド、ミネラル、テルペンなどは残しています。
CBD冷却バームの基材には、シアバター、ココナッツオイル、ミツロウを使用しています。
これらのオイルは比較的安定性があることと、肌なじみがよく保湿作用があることが特徴です。
オイルを配合していながらも、伸びがよくなじみがよい使用感です。
ほてった肌にはぺパーミントオイルやユーカリ葉油が働きかけます。
スーッとした清涼感のあるオイルです。
疲労感のある筋肉に心地よさを与えることが期待できます。

普段使用しているボディーローションのように使えます。
適量を指先で取り、気になる部分になじませます。
毎回スパチュラを使ってCBD冷却バームをすくいとるようにすれば、手に付着している雑菌が冷却バーム内に混入することがなく、清潔な状態を保てます。
外用以外の目的で使用しないでください。
また、傷口が広がっている部位には塗らないでください。

筋肉疲労は翌日に持ち越したくないものです。
疲れを持ち越さないためには、その日の内に適切なケアを行うことが大切です。
cannariver CBD冷却バームは、運動後の疲労を何とかしたい方をサポートします。


➡cannariver CBD冷却バーム CBD1000mg



ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDバーム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示