ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

小型中型大型犬に加え、猫や馬用もあるペット用CBDオイル-Naturecan(ネイチャーカン)


ペットも人間と同じようにストレスを感じます。

人間はストレスによって不調を引き起こすように、ペットにもストレスの影響はあります。

ペットが快適に日々を過ごせるようにするためには、ストレス対策が欠かせません。

環境を整える、遊んであげるなどが大切なのですが、いつもいつもそうできるとは限りません。

もっと手軽でケアに役立つものが「 Naturecan(ネイチャーカン) CBDオイル」です。

この記事では、CBDオイルとはどのようなものなのかや、ネイチャーカン CBDオイルの特徴を解説していきます。


CBDとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、麻に含まれる成分の一種です。

麻は古くから利用されてきた植物で、食用、衣類、縄、神事など、さまざまなことに活用されています。

CBDは世界中で注目されている成分で、研究が進められています。これまでの研究では、抗炎症作用やストレスの緩和などに役立つことがわかってきました。

アメリカやカナダなどでは、医薬品として承認されているものがあります。

生物の体にはエンドカンナビノイドシステムが備わっており、食欲・運動機能・体温・睡眠など、さまざまな体の働きが調整しされています。

しかし、ストレスや加齢などの影響で、エンドカンナビノイドシステムの働きが低下をします。

働きが乱れることで、不調につながると考えられています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムをサポートすると期待されている成分です。


ペットのストレスとCBDの関係

犬や猫を留守番させておくと、帰宅したときに部屋が荒らされていたという経験がありませんか。

対策に頭を悩ませている飼い主さんは少なくないことでしょう。

部屋を荒してしまうのは、一人ぼっちでストレスを感じているからと考えられます。

大きな音もペットのストレスになります。

騒音を怖がっていた犬にCBDを与えたことにより、落ち着くようになったという証言があります。

また、暗闇を怖がっていた犬がCBDを服用することで、ぐっすり眠るようになったという証言もあります。

ペットが一人で過ごしているとき、飼い主さんが何かをしてストレスを和らげてあげることができません。

しかし、CBDなら外出前などに与えることが可能です。

ペットのストレス緩和に役立つことでしょう。


痛みの緩和

2018年に関節炎を持つ犬にCBDを投与する研究が行われました。

この研究では、体重1kgあたり2ミリまたは8ミリのCBDを与えました。

その結果、80%の犬に痛みや体の動きに変化があったと報告をします。

炎症が起こっている部位には痛みが発生をします。

CBDは抗炎症作用が期待でき、それによって痛みをコントロールすることが期待できます。

人間の場合は痛みのある部位に湿布を貼るなど対処ができますが、ペットには湿布を貼ることは難しいです。

しかし、CBDオイルなら口から与えることができ、利用しやすい特徴があります。


ネイチャーカンが使用しているCBDとは

CBDには、3つのタイプがあります。

1つめは、フルスペクトラムです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドの一種で、カンナビノイドには少なくとも114種類ほどがあります。

フルスペクトラムは、麻に含まれるCBD以外のカンナビノイドも含むものです。

日本ではカンナビノイドの一種であるTHCが規制されていますが、フルスペクトラムにはTHCが含まれています。

2つめは、ブロードスペクトラムです。

フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

THC以外のカンナビノイドは含んでいます。

3つめは、アイソレートです。

純度の高いCBDで、CBD以外のカンナビノイドは含んでいません。

もちろん、THCも含まれていません。

ネイチャーカンが使用しているCBDは、ブロードスペクトラムです。

アメリカで栽培され、州法に準拠したものです。

第三者機関の検査を受けており、THC0%であることが確かめられています。

さまざまなテストをクリアしたもので、ペットに与えても安全なものです。

CBDオイルの原料は、CBDとMCTキャリアオイルのみです。

ペットにとって刺激となる成分は配合していません。

ネイチャーカン CBDオイルは、小型犬/猫用 3%、中型犬用 5%、大型犬用 10%、馬用 40%を用意しています。

ペットの体格にあわせて選ぶことができます。



ネイチャーカンのペット用CBDオイルは国内配送対象商品です。


→国内配送対象ペット用CBDオイルはこちら


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸



ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

猫にCBDを使える?猫への効果は?


人間への効果が研究されつつあるCBDですが、猫への効果も期待されています。
まだ猫への効果に関する研究は進んでいませんが、人間と同じような働きを得られるという意見もあります。
では、猫にはどのような働きが期待できるのでしょうか。

猫にもカンナビノイド系がある?

CBDとは麻に含まれるカンナビノイドの一種です。
人間の体内にはカンナビノイドの受容体があり、受容体に働きかけることでCBDの力が発揮されます。
猫にもカンナビノイド受容体のCB1とCB2が存在しています。
CB1は食欲、消化管、肝臓、筋骨格組織の代謝などにかかわっていて、CB2は免疫調整などにかかわっています。
カンナビノイド刑に働きかけることで、食欲の調整や体の健康のサポートに役立つのではないかと期待されます。

CBDの働き

猫にCBDを利用した場合の働きはまだ研究が進んでいなくてはっきりしていませんが、期待できる働きを紹介します。

ストレスの緩和

人間がCBDを摂取するとストレスの緩和をサポートすることに役立ちます。
猫はいつもリラックスしているように見えますが、飼い主さんが構ってくれない、お腹が空いたなど、ストレスを感じている可能性があります。
ストレスから皮膚を掻きむしってしまったり、食欲不振になってしまうこともあります。
人間はストレスを感じたときに自分で何かしらの対処ができますが、猫はそれができないことがあります。
そういったときにCBDが役立つことでしょう。

炎症の緩和

CBDには抗酸化作用があり、人間に対して炎症を緩和する働きが知られています。
炎症を起こしている部分には、赤み・腫れ・痛み・熱の症状が見られます。
関節炎や捻挫などは炎症を起こしている状態で、炎症を鎮めることで痛みの緩和につながります。
猫にCBDを利用した場合も炎症を緩和する働きが期待できます。

毛並みの改善

CBDのオイルを与えるだけでなく、CBDを配合したクリームを猫に塗ることもできます。
皮膚に直接塗ることで毛並みの改善が期待できます。

副作用の心配は?

人間がCBDを大量に摂取すると、嘔吐、頭痛、食欲不振などの副作用が出ることが報告されています。
どのようなものであっても、大量に摂取すると体の負担になります。
猫の場合も大量に摂取すると人間と同じような副作用が出ることが予想されます。
人間は不調があれば口で伝えることができますが、猫はそれができません。
猫の体調に異変がないかよく観察しましょう。

CBD製品の選び方

人間に使うCBD製品には、オイル、カプセル、クリーム、キャンディーなど、さまざまな製品があります。
猫に与える場合は猫に使える製品を選んでください。
人間が使うものは人間用に開発されており、猫に与えた場合副作用の心配があります。
猫用のCBD製品は、通販や一部動物病院で販売されています。
猫以外の動物にも使うことができるので「ペット用」として販売されていることもあります。
CBDは麻から抽出される成分ですが、麻にはTHCという麻薬に含まれる成分も含有されています。
製品として出回っているものは、麻の種や茎などを利用しています。
日本国内では麻の花穂、根、葉は使用しては池なことになっているので、どの部位を使用しているのか、THCが含まれていないか確認をしてください。
また、製品の中には添加物を使用しているものがあります。
添加物の副作用も考えられるので、添加物不使用なものが望ましいです。
猫にアレルギーがある場合は、アレルギー物質が含まれていないことも確認してください。

猫への与え方

製品によってCBDの配合濃度が違い、1日の使用目安量が違うため、使用目安量は製品の説明書きで確認してください。
体調変化を見るために、最初は少ない量から与えるようにします。
スプレータイプの場合は直接口内にスプレーをしています。
嫌がる場合は手を噛まれてしまう心配があるし、猫にストレスを与えることになるので、無理に与えない方がよいでしょう。
CBDオイルは飲み物や食べものに混ぜることができます。
普段猫に与えている水やペットフードに混ぜて与えてもよいでしょう。
CBDはやや苦味があるので、苦味がわかりにくくなるように工夫してみてください。

ペット用CBDオイルはこちら


ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイルは猫などのペットにも有効で人間同様のメリットがある


CBDを使うのは通常は人間ですが、人間以外の動物に使用することも可能です。
例えば、自分の家でペットを飼っている場合には、そのペットに使用することもできます。
猫などの動物に対してCBDが有効になると言える根拠があるので、飼い主としてはそこを知っておくべきでしょう。
猫の健康を気遣うならば、CBDオイルといった製品が有効に作用することを知ることはやはり大切ですから。

ペット用のCBDオイルが販売されている

CBDは人間以外の動物に対して有効ではありますが、人間が使っているものをそのまま使わない様にしてください。
CBDオイルは猫にも有効ではあるものの、あくまでもペット用のものを使うべきです。

人間が使っているものをそのまま使用しても確実にペットにとって大きな害になるとは言えないものの、
ペット用のCBDオイルの中には、ペットの消化器官に負担を与える穀物を排除した「グレインフリー」なものや、余計な添加物を排除したペットへの使用を想定したCBDオイルもあります。
そういったペット用のCBDオイルを使った方が飼い主としても安心できるはずです。
実際、CBDの健康効果に関して詳しい人ほど、ちゃんと理解している人ほどそのCBDを自分の猫などのペットに使いたくなるのではないでしょうか?
ペット用のCBDオイルを検索して、どういった製品が販売されているのか?を調べたうえで検討すると良いです。
その中でもお勧めなのは下記の商品です。


人間以外の動物にも備わっているエンドカンナビノイドシステム

CBDオイルというのは、エンドカンナビノイドシステムに有効に作用することができます。
このエンドカンナビノイドシステムは生物における恒常性にかかわっているもので、調整機能を果たしています。
このバランスが保たれることで、病気になりづらい状況にもなりますから、生物にとっては非常に重要なポイントです。
そして、このエンドカンナビノイドシステムは人間以外にの動物にも備わっています。
猫にも当然存在しているものですから、CBDオイルを使用してこの部分の機能を活性化させることができれば、免疫力が高まります。
免疫力が高まれば病気になりづらいということで、猫の健康が増進する状況が実現できます。
そして、このエンドカンナビノイドシステムが正常に働く状態が長く続けば、病気になりづらいので、少しでも元気な猫の姿を飼い主として眺めることが可能です。
病気になりづらければ、飼い主の不安も軽減しますし、治療のコストなどの面でも有利なので、CBDによるエンドカンナビノイドシステムを活性化させる力は非常に魅力的だと評価できます。
このエンドカンナビノイドシステムに対する効果だけでも十分とは言えるものの、CBDオイルは人間にとっても脅威となるある病気を予防することもできます。

ペットのてんかんに対する効果もCBDオイルにはある

CBDの効果として、特定の病気に対してのものがあるのですが、その中にはてんかんが含まれています。
てんかんは多くの人たちにとってあまり馴染みがないものかもしれませんけど、人間にとっては割と脅威になる病気です。
また、このてんかんに関しては動物もかかるものであり、さらに言えば猫などのペットのてんかんによる死亡ケースが増えています。
つまり、人間のみならず動物にとってもてんかんというのは要注意な病気と言え、特にペットにおけるてんかんが死因になるケースの増加は知っておくべきです。
自分のペットがてんかんにかかるという想像はあまりできないかもしれませんが、実は可能性は十分にあります。
それにてんかんになると、仮に死亡しなくても身体に異常が出ることが考えられます。
代表的なのは痙攣の症状であり、あとは意識障害とか、身体にマヒが出ることもあるります。
そのような状況となれば、猫自身にとってもかなり不都合な状況ですし、飼い主としても見ていて痛々しい光景です。
だからこそ、てんかんという病気は恐ろしいということ、そして人間以外の動物にも起きうることを知っておきましょう。
CBDオイルを摂取させれば、同時にてんかん以外の病気のリスクも下がるので、かなりメリットは大きいです。
ペットの健康そのものに大きく貢献してくれるので、CBDオイルの果たす役割の大きさは認識できるはずです。
また、このてんかんに対する効果はもちろん人間に関しても有効ですから、飼い主自身がCBDオイルを利用することもてんかんへの予防の効果を生みます。
エンドカンビノイドシステムの活性化の部分を併せて、ペットや私たちにとって有益な存在であると言えるでしょう。

▼CBDオイルと猫などのペットへの有効性について

ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示