2020年10月6日火曜日

CBDリキッドとは?CBDリキッドのメリットや摂取方法を解説


CBDはリキッド、オイル、パウダー、グミなどさまざまな形態のものから摂取できます。

ここではリキッドの特徴やメリット、使用方法について紹介します。


CBDとは

CBDはCannabidiol(カンナビジオール)の略称です。

大麻草に含まれるカンナビノイドの一種で、現在研究が進められており、薬理作用が期待されています。

大麻草に含まれる代表的なカンナビノイドには、CBDともう一つTHCがあります。

THCは精神活性作用があり、摂取をすると幻覚や幻聴が起こることがあり、日本の法律では規制されています。

CBDはTHCのような精神活性作用はなく、日本の法律で規制されていません。

日本でCBD製品を販売するためには、大麻取締法をクリアしている必要があります。

大麻取締法では、大麻草の葉と花穂、その製品を規制しています。

日本で販売されているCBD製品は規制対象外である大麻草の成熟した種子と茎を使用しています。

また、日本の法律ではTHCを禁止成分に指定しているので、日本で販売されているCBD製品はTHCを取り除いています。

THCを含まないことは第三者機関に検査によって確認されています。


CBDリキッドとは

リキッドとは「液体」という意味で、CBDリキッドは液体状のCBD製品のことです。

CBDのオイルやサプリメントは飲み込んで摂取をしますが、リキッドは吸引をして体内に取り込みます。

電子タバコのような吸引方法です。

CBD製品にはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3種類があり、日本で販売されているCBDリキッドはブロードスペクトラムまたはアイソレートです。

フルスペクトラムはTHCを含んでいますが、ブロードスペクトラムとアイソレートはTHCを含んでいません。

日本の法律では規制されておらず、THCフリーなら安心できます。

ブロードスペクトラムとアイソレートの違いはCBD以外の成分を含んでいるか、含んでいないかです。

ブロードスペクトラムにはCBD以外のカンナビノイドやテルペン類などが含まれていますが、アイソレートはその他のカンナビノイドやテルペン類は含有しておらずCBDだけです。


CBDリキッドのメリット

さまざまなフレーバーがある

CBDには独特の苦みがあり、オイルはCBDの苦味を強く感じやすい形態です。

それに対してリキッドの場合は、ピーチ、マンゴー、ストロベリーなどさまざまなフレーバーがあり、苦味を感じにくくなっています。


臭いがつかない

一般的な電子タバコは紙巻きタバコに比べれば臭いは少ないものの、服や髪につく臭いが気になります。

CBDリキッドの場合は煙が発生せず、服や髪に臭いがつく心配がありません。


コンパクト

一般的な紙巻きタバコと同じくらいの大きさ、ポケットやカバンに入れて持ち運びやすいです。

CBDにはリラックスへと誘う働きがあるとされています。

ポケットにしのばせておけば、イライラしたとき、気持ちをリフレッシュさせたいときなど、手軽にCBDを吸引できます。


CBDリキッドの摂取方法

CBDリキッドは電子タバコ(VAPE)にアトマイザーをセットして使用をします。

CBD専用のヴェポライザーという製品もあります。

VAPEとは違いCBD専用に開発されたCBDを効率的に吸引できる形になっています。

まずは、アトマイザーにリキッドを入れます。

次に電子タバコのスイッチをいれます。

リキッドが加熱されるので吸引をします。

吸引が終わったら電子タバコの電源を切ります。

吸引をするときには、できるだけ長く肺の中にリキッドを留めておくことがポイントです。

吸引をしてすぐに息を吐き出してしまうと、リキッドに含まれる成分が十分に体内に取り込まれる前に吐き出してしまうことになります。

リキッドを吸う・息を止める・吐くというように使ってみましょう。

また、リキッドの底に結晶が固まってしまうことがあるので、使用前には軽く振ります。強く振って中身をこぼさないように気をつけてください。

CBDを摂取すると眠気が出て来ることがあるので、運転前や運転中には使用しないでください。

妊娠中・授乳中の方も摂取しないようにしましょう。


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選