ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

朝起きれないならCBD!起きれない人にCBDが効果的な理由


朝起きれない、眠くて仕方がない、疲れが抜けない、そんな悩みがありませんか。

睡眠は体を休めるための大切なものですが、しっかり休めない方は少なくないようです。

起きれない、眠れないと悩んでいる人のサポートが期待できる成分がCBDです。

ここでは、なぜ朝起きれないのか、CBDに期待できる働きは何なのかなどを解説していきます。


朝起きれない理由

朝眠くて仕方がない、起きられないなど、どうしてこういったことが起こってしまうのでしょうか。


夜更かし

朝早く起きるためには、夜早く眠ることや、質の良い睡眠をとることが必要です。

仕事がある日は出勤時間が決まっており、それにあわせて起床をすることになります。

つまり、夜更かしをしていると睡眠時間が短くなってしまいます。

スマホやパソコンをする、テレビを見るなどで夜更かししてしまうことが珍しくありません。

十分な時間睡眠を取れないと朝起きなければならない時間になってもまだ眠く、起きられなくなってしまうことがあります。


ストレス

自律神経とは、自分の意志ではコントロールできない働きです。

自律神経は呼吸、体温、心拍数などの調整にかかわっています。

交感k神経と副交感神経があり、交感神経は主に日中に活発に働き、副交感神経は主に夜眠っている間やリラックスしているときに活発に働きます。

寝つくためには、交感神経が静まって副交感神経が優位になっていることが大切です。

しかし、ストレスがあると交感神経が優位な状態が続き、寝つきが悪くなります。

寝つきが悪いと、早くベッドに入っても睡眠時間が少なくなってしまいます。


アルコールの影響

寝る前にアルコールを摂ると寝つきがよくなると思っているかもしれませんが、実はアルコールの摂取は睡眠の質を低下させます。

アルコールには利尿作用があり、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまいます。

また、アルコールが代謝される過程で生まれるアセトアルデヒドが血圧や脈拍に影響を与えて、睡眠の質を低下させます。


CBDに期待できる働き

麻には80種類以上のカンナビノイドが含まれており、CBDはその中の一種です。

麻を危険視する方もいるかもしれませんが、日本の法律では規制されていない成分で、輸入に際しては必要書類が提出されています。

生物にはエンドカンナビノイドシステムという、恒常性を維持する機能が備わっています。

体温、食欲、睡眠、脈拍など、体のさまざまな機能にかかわっているシステムです。

エンドカンナビノイドシステムは、内因性カンナビノイドとその受容体で構成されています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムの働きをサポートするといわれています。

CBDを摂取している方の中には、寝つきがよくなったことを実感している方がいます。

個人差があるので誰にでもあてはまることではありませんが、こういった変化が期待できそうです。

朝にすっきりと起きるためには、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

寝つきがよくなることで、睡眠時間を確保したり、睡眠の質がよくなったりすることが期待できます。


朝起きれないの対処法

夜にスマホやパソコンをみない

スマホ、パソコン、テレビなどからはブルーライトが発せされています。

夜暗くなるとメラトニンという睡眠にかかわるホルモンが分泌されて、自然と寝つけるようになるのですが、ブルーライトはメラトニンの分泌を妨げてしまいます。

睡眠の質をよくするためにも、寝つきをよくするためにも、就寝2時間くらい前からはスマホ、パソコン、テレビなどは見ない方がよいでしょう。


毎日同じ時間に起きる

生物には体内時計が備わっており、人間の体内時計は24時間とちょっとで地球の時点とずれています。

このずれを整える働きがあるものが朝日です。

朝起きたら朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。

平日と休日で起床時間が大きく違うと体内時計が乱れてしまい、軽い時差ぼけのような状態になり、平日に起きることがつらくなってしまいます。


光目覚まし時計を使う

光目覚まし時計は、光を使って起床を促すような時計です。

設定した時間の少し前から徐々に明るくなっていき、自然な目覚めを手助けしてくれます。

ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

実験結果にみるCBD摂取による覚醒と睡眠の線引き


CBDオイルを試した方は「リラックスする」「よく眠れる」と話す一方、「覚醒する」「集中力が高まる」と話す人もいます。

リラックスすることと覚醒することは逆の作用です。

どうしてCBDが真逆の作用を示すのでしょうか。

CBDとリラックス・覚醒の関係について解説をしていきます。


CBDやCBDオイルとは

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中の一種です。

大麻草というとマリファナを連想しますが、マリファナの主成分はTHCというカンナビノイドの一種です。

THCには向精神作用があり、日本の法律では規制されています。

それに対し、CBDには向精神作用はなく、日本の法律では規制されていません。

CBDオイルは、油脂にCBDを配合したものです。

ベースとなる油脂には、ココナッツオイル、MCTオイル、ヘンプオイルなどが使用されることが多いです。

CBD製品にはリキッドやカプセルなどもありますが、オイルは手に取りやすい製品といえるでしょう。

ベースとなるオイルの違い、配合濃度の違いなど、さまざまな製品が出回っています。


CBDとエンドカンナビノイドシステム

人間の体にはエンドカンナビノイド(ESC)が備わっています。

ESCは体のバランスを調整するために働く機能で、免疫、運動機能、心肺機能、食欲、睡眠などにかかわっています。

人間の体には内因性カンナビノイドというものも存在しています。

内因性カンナビノイドは体内の受容体(CB1、CB2)に働きかけて、ESCの働きをサポートします。

CBDはカンナビノイド受容体に働きかけてESCにかかわり、さまざまな身体機能のバランスの調整をサポートすることが期待されます。

ストレスの緩和、食欲の調整、睡眠、炎症の抑制など、さまざまな働きへの期待が寄せられています。

これまで数多くの研究論文が発表され、現在もCBDの研究が進められています。


CBDと睡眠・覚醒

睡眠と覚醒は真逆の活動です。

CBDオイルを試した人の中には、「よく眠れるようになった」と話す人もいれば、「集中力が高まった」と話す人もいます。

どうしても同じ物質なのに逆の体験をしているのでしょうか。

ラットを使った実験があります。

ラットに高容量(体重1kgあたり10mg~40mg)のCBDを与えるとラットの睡眠率が増加しました。

低用量を与えた場合には、ラットの睡眠時間が減少をし、起きている時間が長くなりました。

このように、ラットの場合は高容量のCBD投与によって睡眠が促され、低用量の投与の場合には覚醒度が高まると考えられます。

ラットを使った実験なので、この結果がそのまま人間に当てはまるわけではありませんが、人間の場合は使用量によって体への働きが変わると考えられます。


CBDの摂取方法

CBD製品には、いろいろなタイプがあり、摂取方法が異なります。


CBDオイル

舌下投与をするタイプです。

スポイトを使用して舌に数滴を垂らし、90秒ほどそのままの状態を保ちます。

舌の皮膚から吸収させたいので、すぐに飲み込まずにしばらく舌に留めておきます。

その後に飲み込みます。


CBDリキッド

電子タバコで蒸気にして吸引をします。

CBDリキッドには、ミントやカフェなどさまざまなフレーバーがあり、好みにあわせて選ぶことができます。


CBDカプセル

CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

カプセルに閉じ込めることで、CBD独特の苦みがわかりにくくなっています。

水やぬるま湯と一緒に飲みます。


CBDを摂取すると眠気が出てくることがあるので、運転前・運転中には摂取をしないでください。

CBDを摂取することで眠気がでることもあれば、集中力が増すこともあり、時間帯にあわせて摂取することが上手な利用方法です。

寝つきが悪いときには就寝前に摂取するとよいでしょう。

集中して作業をしたいといったときには、仕事中などに摂取するとよいでしょう。

仕事中には周りの人の視線があるので、CBDリキッドだと使いにくいかもしれません。

CBDオイルやCBDカプセルだと職場でも摂取をしやすいです。

カプセルなら持ち運びもしやすくなっています。


ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDを使って覚醒作用が起きるときの条件とそのメリット


CBDを摂取すると、睡眠に対してプラスの効果をもたらすことができます。

これはCBDにおける効果として割と有名であり、そういった部分を利用して質の高い睡眠を手に入れることも可能でしょう。

しかし、そういった効果が常に出るとは限らず、中には望まない作用をもたらすこともあります。

CBDは睡眠の質を高めることができるとされていますけど、そうならないケースが存在することは知っておきましょう。

CBDを使ったときの睡眠に対する一般的な効果とともに、そういった面に関しても理解しておくと良いです。


CBDを摂ると睡眠の質が上がる可能性が高い

CBDの効果の1つには睡眠の質が上がるというものがありますが、これはいわゆるノンレム睡眠を促進するものと言えます。

CBDには浅い眠りであるレム睡眠を妨害する効果があり、結果として深い眠りでありノンレム睡眠を誘発することができます。

それによって、CBDの使用者はぐっすりと眠ることができるため、睡眠の質が上がると言えるわけです。

睡眠の質が上がれば、それによって身体にプラスの影響が現れるでしょうから、この部分に関してはCBDの効果としては非常に大きいでしょう。

実際、この部分に期待をしてCBDを使用している人もいるでしょうし、十分に魅力的な存在です。

ただ、この効果が常に出るとは言えず、中にはCBDを使ったにもかかわらず全く違った状況を体感している人もいます。

というのも、CBDを使った結果、深い眠りとは真逆の作用を実感しているケースが確認されています。

それがいわゆる覚醒作用であり、これはぐっすり眠ることができるどころか、目が覚めてしまう状況です。

つまり、眠ることができなくなる感覚を得てしまうため、CBDを使う際には注意しなければいけません。


使用量がCBDの睡眠に対する効果に影響する?

CBDに関しては数多くの実験が過去に行われており、そこからあらゆる結論が導き出されています。

その中にはCBDの使用量が、睡眠に対する効果の中身を左右するというものがあります。

つまり、CBDを使った結果、ぐっすりと眠ることができるか?目が覚めてしまうか?を分ける要因はその量と言えるわけです。

基本的には少量と言える量しか摂らなかった場合には、CBDは覚醒作用をもたらすとされています。

一方で、ある程度の量を摂ったときには、ノンレム睡眠を促進する作用が生まれると言われています。

したがって、そこに気を付けて使用していけば、CBDの睡眠に対する効果はコントロールしやすいはずです。

一般的には、20~30mg程度を服用するとぐっすりと眠りやすくなりますから、そこを目安にすると良いでしょう。

覚醒作用に関しては、タイミングによっては最悪の効果と言えるでしょうし、実際にCBDを使用する人は気を付けないといけません。

特に使用量によって、実際に現れる効果が異なるという点は知らない人も多くいるため、CBDの利用者は絶対に頭に入れておく必要があるでしょう。


CBDの覚醒作用は有効に使っていくべき

CBDの覚醒作用に関しては、一見するとマイナスに見えるかもしれませんが、そうとは言い切れません。

タイミング次第ではかなり魅力的な効果と言えるはずであり、そこは理解しておくべきでしょう。

というのも、覚醒作用それ自体は何かの作業に集中したいときにはもってこいと言えます。

集中力を発揮しないといけない状況では、この覚醒作用により、眠気を感じずに済むわけですから、有用な効果と評価できます。

CBDには集中力を発揮する効果が別にありますが、それは不安などを和らげる効果とも言え、覚醒作用とは別です。

したがって、少量のCBDを使用して覚醒作用を引き出すことができれば、さらに集中できる可能性が高まります。

ぐっすり眠りたいとき、何かに集中したいとき、それぞれで効果を使い分けることができるならば、その特徴的な面を利用していくべきでしょう。

CBDの使用量を調整することで、自分にとって今望ましい効果を引き出すことを意識していくことが大切です。

覚醒用は決してマイナスではなく、場面を選ぶことでプラスとも評価できる状況になるわけですから、そこは頭に入れておいた方がいいです。


ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDにおける眠りと覚醒について


CBDは眠りを誘う一方、覚醒作用があるともいわれています。

このような作用があるCBDとはどんな成分なのでしょうか。

CBDの眠りと覚醒について解説します。


CBDはこんな成分

CBDとは、カンナビジオール(Cannabidiol)という大麻草に含まれる成分のことです。

大麻草というと危険に思う方もいると思いますが、問題にされているのはTHC(Tetrahydrocannabinol・テトラヒドロカンナビノール)です。

THCは体内の受容体に作用をして向精神作用を示します。

マリファナを吸うとハイになるのは、THCが関係をしています。それに対して、CBDには向精神作用はありません。

CBDの研究が進み、さまざまな疾患の改善が期待できるといわれています。

そして、CBDの製品が流通するようになりました。

日本ではTHCは法律で規制をしていますが、CBDは規制しておらず、CBD製品が流通をしています。

手に入れやすいCBD製品はオイルです。

ココナッツオイルやMCTオイルをベースにCBDを配合したものです。

その他には、専用のヴェポライザーを使用して吸引するリキッドは、そのまま飲み込めるサプリメント、普通のお菓子感覚で食べられるチョコレートやグミなども日本で購入が可能です。


CBDの睡眠への働き

CBDは睡眠の質を高める働きが期待されています。

その理由はエンカンナビノイドシステム(ESC)に働きかけるからです。

人間の体内にはESCという身体調節機能が備わっています。

人間の体は常に一定の体温を保ったり、心拍数が安定していたりしますが、これは恒常性を保とうとする作用が働いているからです。

ESCは食欲・睡眠・記憶・痛みの知覚など、さまざまな機能に関与をしています。

ESCは生態の内部に存在している内因性カンナビノイドが、カンナビノイド受容体に作用することによって反応が高められます。

CBDはカンナビノイド受容体に結合をして、ESCに働きかけるといわれています。

ESCは睡眠の調整にかかわっているため、CBDによって睡眠の質が高められることが期待されるのです。

また、CDBには不安や痛みを和らげる働きがあるともいわれています。

不安なことがあると、なかなか寝付けくことができません。

質の良い睡眠を手に入れるためには、気持ちが落ち着いていることが重要です。

CBDは不安に働きかけ、それによって睡眠の質が高まることが期待できます。

痛みは睡眠の妨げをします。

そういったときにもCBDが睡眠の手助けをしてくれることでしょう。


CBDの覚醒作用

寝付けないと病院で相談をすると睡眠薬が処方されることがあります。

睡眠薬を飲むと翌日眠気が続いてしまうことがあります。

睡眠薬の効果が翌日以降も持続し、ふらつきや脱力感などがあらわれやすくなることを持ち越し効果といいます。

その他にも健忘、筋弛緩作用などの副作用がみられることもあります。

CBDは翌日に眠気を持ち越すことがありません。

睡眠薬の場合は脳に働きかけて眠気を誘いますが、CBDはリラックス感をもたらして眠りにつきやすい状態に導いてくれるためです。

睡眠薬とは働き方が違います。

不眠に悩む人15人を対象にしたある試験があります。

試験ではCBDを160mg摂取した場合と、プラセボを摂取した場合を比較しました。

その結果、CBDを摂取した人たちはそう睡眠時間が長くなり、睡眠中の覚醒回数が減少しました。

一方、低用量のCBD摂取は覚醒を促し、睡眠不足による日中の眠気を抑える働きが示唆されています。


CBDの摂取方法

試験数が少ないのではっきりしていませんが、日中の覚醒を高めるためには、低用量のCBDが効果的である可能性があります。

CBDオイルはスポイトを使って舌に垂らして摂取をするタイプです。

1滴ずつ量を調整できるので少量を手軽に摂取できます。

サプリメントの場合だとカプセルを分解しないと少量の摂取は難しいです。

覚醒を高める働きが期待できるCBDですが、運転前や運転中には摂取しないでください。

眠気を誘うことがあり危険です。

また、大量に摂取すると吐き気や頭痛が現れることがあるので体の状態をみながら量を摂取しましょう。

1日1500mgまでなら安全といわれています。


▼CBDは睡眠作用や覚醒作用の両方の側面がある


ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイルにて勉強効率がアップする


学生はもちろんですが、社会人になってからでも勉強をする機会は多くあります。
しかし、勉強をしないといけない状況であっても、勉強に集中できない人がいるはずです。
勉強は思い立ったら誰でもすぐにできるとは限らず、勉強に必要なコンディションが整っている必要があります。
逆に勉強のためのコンディションが整っていない状況で無理に始めても、成果が生まれづらい、長続きしないというケースが考えられます。
その状況は確実に改善しないといけませんが、CBDを含んだ製品を使うとそれが可能です。

CBDオイルにて勉強に必要な睡眠を確保

勉強をするときに必要なコンディションに関して、睡眠は非常に重要です。
睡眠不足と感じられる状況では、集中力を発揮することができませんから。
だから、睡眠に関して問題を抱えている人がいれば、CBDオイルを使うことでその部分を改善できます。
実際、CBDオイルには睡眠の質を高める効果が備わっており、寝不足であるとか、熟睡できないといった状況に関して効果的に作用します。
CBDオイルはレム睡眠をブロックする効果があるため、いわゆる浅い眠りを妨げることが可能です。
その結果、ノンレム睡眠という深い眠りが起こりやすくなり、熟睡できる状況を生みます。
睡眠に関して明らかに質が高まるはずですから、ぐっすり眠れた感覚が残り、身体のコンディションとしては良好と感じられる可能性が増します。
頭がぼんやりしている感覚などが消えて、すっきりとした冴えた頭を維持できるはずです。
そうなれば、勉強をするときに集中することも可能になるでしょう。

CBDオイルにて不安を軽減させ、勉強に集中

勉強に集中するには、頭の中を勉強モードにしないといけませんが、どうしても人間の頭には邪念というか、集中を乱す存在が生まれる場合があります。
要するに、何かしらの気になることが自分の中にあれば、それが無意識のうちに思い出され、集中を乱す状況になります。
それが頻繁に起こることで、確実に集中しづらい状況となり、勉強をしていても頭の中に入っていないなどの問題を発生させるでしょう。
そんなときにも実はCBDオイルが有効であり、CBDに備わっている抗不安作用が効果を生み出します。
不安は誰しもが抱えているものであり、それを完全に消すことは不可能に近いはずです。
しかし、それを軽減することができれば状況は一変すると言えるでしょう。
実際にCBDオイルには今抱えている不安を軽減する作用があり、それによって勉強に集中しやすいコンディションを整えます。
勉強のことだけを考えられる状況ができれば、勉強に集中しやすくなり、その成果も表れやすくなるはずです。
こういった部分からも、CBDオイルは勉強を行う人にとっておすすめと言える理由が存在します。

不安を軽減する効果は緊張という感覚にも有益

CBDオイルには抗不安作用があり、何らかの不安が頭をよぎっているケースでは非常に有益な状況を生みます。
しかし、その効果は単純に不安だけを打ち消すわけではありません。
不安とはやや性質が異なる緊張という感覚に対しても、効果を発揮することが可能となっています。
緊張というのは、普段勉強をしているときに生じることは滅多にないはずですが、特定のケースでは生じることがあるでしょう。
勉強において緊張する感覚を覚えるシーンと言えば、やはり入試がそれに当たります。
それ以外でも何らかの試験を受けないといけないケースでは、少なからず緊張という感覚が心身を襲うはずです。
緊張に関しては、人によってはプラスに働く可能性があるものの、一般的にはマイナスに働く可能性が高いでしょう。
したがって、緊張状態を緩和させられるならばそっちの方が絶対に良いはずで、そのときにCBDオイルは有効です。
不安を解消しながら、そこから発生する緊張に関しても打ち消すことが可能であるため、他が緊張しているのに自分は平常心でいられるという部分でアドバンテージを得ることが可能です。
緊張に悩んでいる人も中にはいるはずですが、この部分にまで作用することができるならば、多くの人たちにとって想像以上の効果と評価できるでしょう。

▼CBDオイルによって勉強効率は上がるのか

ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

即効性のあるCBDオイルの摂取方法について


睡眠障害、仕事のストレスによる疲労や倦怠感、花粉症などのアレルギーといった全身性の不快症状の解決は一朝一夕に出来るものではありません。
ところが、これらに即効効果があると巷で騒めかれるCBDオイルをご紹介します。
いったいどんな成分が含まれ効果を発揮するのか?安全性?使用方法?購入について?などアレコレをお伝えします。

CBDオイルの即効効果

すぐにはどうにもならない、でも明日までにどうにかしたい不快な症状を抱えて生活している人は多いです。
つらい症状があるのに一つの病名に結びつくこともないので特効薬はありません。
そのため、生活全般の改善とかサプリメントや漢方などを継続的に服用したり徐々に消えていくのを待つしかないということになります。
ところが、CBDオイルを使用すると胃炎の胃薬のように即効的な回復効果が得られます。

CBDオイルを使ったその夜からぐっすり眠れたり、朝使ってみたら全身がすっきりして仕事の効率がグ~ンと上がったとかそういう効果が簡単に得られます。
「まるで麻薬みたい」なんてよく知らないで使った人は思うかしれません。実はあながち的外れな感想ではありません。

CBDオイルの成分

CBDオイルの主成分は大麻草から抽出しています。
大麻草というといかにも犯罪を思わせるギザギザの葉を連想する人が多いのではと思います。
日本で禁止されているのは実はこの葉と花の部分だけです。
CBDオイルは茎と種の部分に限られ、しかもその中のマリファナ等に含まれる陶酔成分THCは一切含みません。
つまり、合法なので安心して使っていただけます。
この成分だと麻薬のように常習性をもつことはありません。
そのため効果を継続させるためには朝夜など、自分から意識して使い続ける必要は出て来ます。

CBDオイルの濃度による効果の違い

CBDオイルの濃度は5%ほどのものと、24%ほどのものと幅があります。用途によって選ぶことが出来ます。

昼間集中力を高めたいと言う場合は、覚醒効果が得られやすい低~中の濃度のものを使用します。
一方夜の睡眠障害で悩んでいる場合は、躊躇なく高濃度のものを使うとその日に効果が得られます。
濃度が濃い物の方がより医療的な効果が期待できるようです。

ちなみに価格としては同じ量なら高濃度の方が高くなります。

CBDオイルの効能のメカニズム

そもそも、CBDオイルが全身の不快症状になぜ効果があるかと言えば、CBDの受容体が全身にあるからです。
摂取された有効成分の15%が全身で利用されます。経口摂取で早ければ10分、標準でも30分くらいで効果が実感できます。

CBDオイルは体内に蓄積されるという性質もあります。
3~5日は体内にとどまります。
体質の個人差もあるので誰にでもというわけではありませんが、継続的に2~3週間使用していると段々始めより少ない量で効き目が十分な場合もあるといいます。

CBDオイルの摂取について

摂取のタイミングとしては一日2回、朝と夜摂取します。
スマホのアラームをセットするなど時間を決めておくと忘れにずに飲むことができるでしょう。

CBDオイルの摂取方法は商品附属のスポイトで舌の下に垂らして摂取するようにします。
食べ物や飲み物に混ぜることもできますが、租借や胃酸の分解により効果が半減してしまうのでより効果を得るために、舌の裏から直接摂取するこの方法をおすすめします。
そして、垂らした後1分間はそのまま飲み込みません。1分おいてからゴックンです。
始め慣れるまでは違和感のある飲み方になりますが慣れてくれば苦になることはないと思うので継続してこの摂取方法を続けます。

CBDオイルの購入方法

CBDオイルは合法の薬品としての認知度は日本では高くありません。
それでも、イオンボディやビープルバイコスメキッチンなど店頭で販売している所もあります。
初めての場合、濃度や量について自分に合ったものを対面で聞くことができるので、足を運ぶことをおすすめします。
大手百貨店の店頭なら品質的な心配は少ないと言えます。

楽天などの通販サイトでも購入出来ますが、その場合は成分量がきっちりと表記されているか、ちゃんとした所が輸入し、製造しているか等がポイントになります。

▼当記事はYouTubeでも解説しています


ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイルが不眠症に効果的である理由


CBDオイルというのは、美容の面においても魅力が確認されていますが、健康の面においても実は大きな魅力を持っているのです。
というのも、CBDオイルは不眠症に効果があるとされているのです。
つまり、実際に不眠症になっているという状況の人に関して、CBDオイルを使うとその症状が改善される可能性があるので、知っておくとお得です。
ただ、CBDオイルがどうしてそういった効果をもたらすのか?に関しても同時に知っておくと良いと言えるでしょう。
実は多くが知らないメカニズムというものが存在していたのです。

CBDオイルはストレスを軽減させる効果がある

CBDオイルというのは、心身に対するリラックス効果というものが備わっています。
そういう部分によって、余計な不安などの感情が芽生えづらくなる、または既にあったそういう感情が消えやすくなると言えるのです。
ストレスからくる不安などを抱えやすい、またはそういったものが頭に浮かんできやすくなると、不眠症の原因になります。
考え事を無意識のうちにしてしまうことになり、それによって眠るタイミングがどうしても遅れてしまうのです。
眠ることに集中できないという言い方もできますけど、確実に不眠症の原因になります。
だから、CBDオイルを使って心身をリラックスさせられれば、不眠症の原因が勝手に取り除かれることになりますから、快眠を実現しやすくなるということなのです。
これがCBDオイルの不眠症への効果の1つになります。
ストレスが軽減されれば、単純に眠りやすくなるだけではなくて、日々の精神面においてもいい影響をもたらすということが言えるはずですが。

CBDオイルは徐波睡眠を促すことができる

CBDオイルというのは、それ自体が眠りを促すような側面も持っています。
というのも、人間の眠りの中でも特に深いものを指すときに使われるノンレム睡眠という言葉がありますが、このノンレム睡眠の中には徐波睡眠というものが存在しており、これを促すことができるのです。
この徐波睡眠というのは、脳波の周波数が特に低いときの睡眠のことですけど、これはノンレム睡眠の中で見られるので、非常に深い眠りの状態とも言えるのです。
そして、CBDオイルはその徐波睡眠の発生を促すことができますから、単に眠りやすくなるというだけではなく、ぐっすり眠ることができると言えます。
不眠症どころか、多くが理想としている快眠の状況になることも可能であるので、不眠症の人にとってはCBDオイルがいかに魅力的か?というのが理解できるでしょう。

CBDオイルを利用することでレム睡眠を妨害できる

CBDオイルは徐波睡眠を促すことで、深い眠りにつきやすくなるということを説明しましたが、同時にレム睡眠という浅い眠りを妨害することも可能なのです。
人の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があり、それぞれ浅い眠りと深い眠りを意味しています。
人間がぐっすり眠るためにはレム睡眠が出現する頻度を低くするということが重要ですけど、CBDオイルによって徐波睡眠を出現させると、それがレム睡眠の出現を抑えてくれるという効果もあります。
レム睡眠を抑えて、ノンレム睡眠を長く持続させようとする力が働くので、そこは睡眠の質という部分においては非常に重要と言えます。
不眠症を解消するだけではなく、ぐっすり眠ることが可能になるというのが、CBDオイルの魅力ではありますけど、それはこういった側面からも説明ができるということです。
普段の睡眠において、浅い眠りや深い眠りという部分を意識することはあまりないかもしれませんが、私たちの睡眠中はそういった2つの睡眠が存在していることは知っておくべきです。
できる限り深い眠りを維持した方が、身体にとっては良いと言え、それが疲労の回復などにも関係してくることになります。
だから、ノンレム睡眠というのは重要な存在であり、そのためにはCBDオイルを使っていくということは必要なのです。
不眠症に悩んでいる人であれば、それ自体が改善することもありますけど、多くが理想と考えるほどにぐっすりと眠ることができるケースもあるので、期待をして使ってみると良いのではないでしょうか?


CBDの安眠効果について動画で解説されていましたので、参考にしてください。
▼本記事の動画解説

▼簡単ぐっすり!睡眠不足を解消!?・・・CBDで安眠できる?

ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示