ラベル CBDとは の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDとは の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月10日日曜日

CBDオイルが不眠症に効果的である理由


CBDオイルというのは、美容の面においても魅力が確認されていますが、健康の面においても実は大きな魅力を持っているのです。
というのも、CBDオイルは不眠症に効果があるとされているのです。
つまり、実際に不眠症になっているという状況の人に関して、CBDオイルを使うとその症状が改善される可能性があるので、知っておくとお得です。
ただ、CBDオイルがどうしてそういった効果をもたらすのか?に関しても同時に知っておくと良いと言えるでしょう。
実は多くが知らないメカニズムというものが存在していたのです。

CBDオイルはストレスを軽減させる効果がある

CBDオイルというのは、心身に対するリラックス効果というものが備わっています。
そういう部分によって、余計な不安などの感情が芽生えづらくなる、または既にあったそういう感情が消えやすくなると言えるのです。
ストレスからくる不安などを抱えやすい、またはそういったものが頭に浮かんできやすくなると、不眠症の原因になります。
考え事を無意識のうちにしてしまうことになり、それによって眠るタイミングがどうしても遅れてしまうのです。
眠ることに集中できないという言い方もできますけど、確実に不眠症の原因になります。
だから、CBDオイルを使って心身をリラックスさせられれば、不眠症の原因が勝手に取り除かれることになりますから、快眠を実現しやすくなるということなのです。
これがCBDオイルの不眠症への効果の1つになります。
ストレスが軽減されれば、単純に眠りやすくなるだけではなくて、日々の精神面においてもいい影響をもたらすということが言えるはずですが。

CBDオイルは徐波睡眠を促すことができる

CBDオイルというのは、それ自体が眠りを促すような側面も持っています。
というのも、人間の眠りの中でも特に深いものを指すときに使われるノンレム睡眠という言葉がありますが、このノンレム睡眠の中には徐波睡眠というものが存在しており、これを促すことができるのです。
この徐波睡眠というのは、脳波の周波数が特に低いときの睡眠のことですけど、これはノンレム睡眠の中で見られるので、非常に深い眠りの状態とも言えるのです。
そして、CBDオイルはその徐波睡眠の発生を促すことができますから、単に眠りやすくなるというだけではなく、ぐっすり眠ることができると言えます。
不眠症どころか、多くが理想としている快眠の状況になることも可能であるので、不眠症の人にとってはCBDオイルがいかに魅力的か?というのが理解できるでしょう。

CBDオイルを利用することでレム睡眠を妨害できる

CBDオイルは徐波睡眠を促すことで、深い眠りにつきやすくなるということを説明しましたが、同時にレム睡眠という浅い眠りを妨害することも可能なのです。
人の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があり、それぞれ浅い眠りと深い眠りを意味しています。
人間がぐっすり眠るためにはレム睡眠が出現する頻度を低くするということが重要ですけど、CBDオイルによって徐波睡眠を出現させると、それがレム睡眠の出現を抑えてくれるという効果もあります。
レム睡眠を抑えて、ノンレム睡眠を長く持続させようとする力が働くので、そこは睡眠の質という部分においては非常に重要と言えます。
不眠症を解消するだけではなく、ぐっすり眠ることが可能になるというのが、CBDオイルの魅力ではありますけど、それはこういった側面からも説明ができるということです。
普段の睡眠において、浅い眠りや深い眠りという部分を意識することはあまりないかもしれませんが、私たちの睡眠中はそういった2つの睡眠が存在していることは知っておくべきです。
できる限り深い眠りを維持した方が、身体にとっては良いと言え、それが疲労の回復などにも関係してくることになります。
だから、ノンレム睡眠というのは重要な存在であり、そのためにはCBDオイルを使っていくということは必要なのです。
不眠症に悩んでいる人であれば、それ自体が改善することもありますけど、多くが理想と考えるほどにぐっすりと眠ることができるケースもあるので、期待をして使ってみると良いのではないでしょうか?


CBDの安眠効果について動画で解説されていましたので、参考にしてください。
▼簡単ぐっすり!睡眠不足を解消!?・・・CBDで安眠できる?

ラベル CBDとは の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDとは の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月5日火曜日

CBD(カンナビジオール)とは


植物の麻麻(ヘンプ)に含まれる104種類の植物性ポリフェノール成分の一つ、カンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。
カンナビジオールは一般的な大麻のイメージの様な、ハイになる。ラリる様な麻薬成分ではなく、
非精神活性化合物として世界中で体への有効性が叫ばれている、日本国内でも合法の成分です。

その有効性は、WHO(世界保健機構)でも2017年11月に発表があり、
安全性や、健康に対する有効性を認めています。
また、麻薬とは異なりますので、依存性もありません。
基本的には健康食品に該当します。

大麻の成分の中には、このCBD以外にもTHCといった成分があり、
そちらは精神興奮効果もある事から、日本国内では違法とされていますが、
CBDに関しては医療の分野での利用も活発で、結構昔から日本でも使用されています。
もちろん、日本でも普通に流通していますので、手軽に手に入れる事が可能です。

効果としては、人間が本来持っている調整機能の働きを活発にする事から、
様々な症状に対して改善報告がされています。
また、鎮静効果、リラックス効果もあるので精神的な健康にも役立ちます。

人間は元々体内に受動態である「内因性カンナビノイド・システム」を持っており、
その機能を改善します。
「内因性カンナビノイド・システム」に関する研究は盛んで、人間にとってとても重要で、生体維持する為になくてはならない存在という事が分かってます。
CBDは、その「内因性カンナビノイド・システム」を活発化させるのにとても効果的です。

また、その受容体は体中のいたる所に存在し、様々な場所、様々な方法にてCBDを吸収する事が可能です。
CBDは飲んで良し、食べて良し、吸って良し、塗って良しなので、現在CBDの成分を含んだ製品は世界中で開発され、利用されています。


ちなみに国内では、花穂、葉、根の利用は禁止されていて、茎と種からのCBD抽出であれば問題ありません。
これは1948年に制定された日本の法律によるところです。
日本で流通しているものは、きちんとした検査を経て、茎と種から抽出したCBD成分のみで出来ていますので、
所持、使用に何の問題もありません。

もう少し具体的に説明しますと、麻は成分使用だけでなく、様々な産業製品としても医療されています。
例えば、茎の部分は特に神社のしめ縄ですとか、ロープ、糸として利用されていますし、建材やプラスチックの材料としても使われています。
糸まで考えると、そこから広がる製品は沢山ありますよね。
下駄の鼻緒だったり弓道の弓弦、凧糸、畳の縦糸、横綱の化粧回しなど、いたる所で使われています。
また、種の部分は油や食品、石鹸や化粧品にも使われています。
(七味唐辛子にも麻の種が入ってますよ)

普段意識する事なく、実は生活の中に麻は沢山使われています。
整理すると下記の様な形です。


  • 穂(医薬品・嗜好品)←×
  • 種(食品・食用油・化粧品・石鹸)←〇
  • 茎「靭皮部(繊維)」(糸・ロープ・織物・神道儀式)←〇
  • 茎「木質部(オガラ)」(燃料・紙・建材・プラスティック)←〇
  • 葉(医薬品・肥料・飼料)←×
  • 根(土壌改良)←×


CBDオイルの様なCBD製品は、種と茎から抽出していますので、日本国内でも普通に流通しています。
ですので、麻だからといって「怪しい」とか「危ない」といった事は一切なく、
法律でも認められている通常の健康食品です。

CBDが含まれている国内で入手可能なものは下記の通りです。
利用シーンにあった製品を活用してくださいね



より詳しくCBDについて知りたい方は、動画でも解説されていますので、
そちらも参考にしてください。


日本法律におけるCBDに関しては、中田敦彦のYouTube大学でも解説されていますので、是非参考にしてください。


ラベル CBDとは の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDとは の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示