サウナで血流改善!得られる様々な効果やメリット


CBDと相性の良いサウナですが、サウナの入り方や効果等も知っておくと、よりCBDの相乗効果が得られると思われます。

今回は、サウナの「血流改善における様々なメリット」について解説します。


サウナに入ることで血流が促されることが期待できます。血流が促されることで、さまざまな働きがもたらされます。

この記事では、サウナに入ることでなぜ血流が促されるのかと、血流がよくなるメリットを解説していきます。


なぜ血流がよくなるのか

サウナには温熱効果があります。温熱効果とは、体が温まることです。

サウナでは、低いところでも70℃ほど、高いところだと90℃ほどの温度があります。この高温が体を温めます。

日本の夏は関東では気温が30℃を超えることが珍しくありません。気温が高くなると、体が暑く感じるようになります。そして、手先足先に血液が巡っていることが感じられます。血液には体の熱を運ぶ役割があり、血液が全身を巡ることで全身に熱が運ばれるのです。また、気温が高い場合には、体表面に血液を移動させて体温を下げようとする働きも行われます。

サウナもこれと似たようなもので、周囲の環境の温度が高いことで体が温められ、血流が促されます。

では、血流がよくなることでどのようなメリットがあるのかみていきましょう。


肩や首の凝り解消

長時間のデスクワークなどで、同じ姿勢をとり続けていると肩や首がこってきます。仕事終わりには肩や首がガチガチという人は少なくないことでしょう。また、凝っている部分に痛みを感じることもあります。

肩や首が凝って痛みを感じるのは、血流が悪くなって疲労物質がたまっているからと考えられます。

長時間同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張をします。それによって血液の流れが悪くなります。血液には老廃物を運ぶ働きがありますが、流れが悪くなってしまえば老廃物がたまりやすくなります。たまった老廃物が周囲の組織に影響を与えて痛みが発生をします。

マッサージをすることで一時的に肩や首が楽になることがありますが、ひどく凝っている場合はマッサージでは解消が難しいです。

そんなときに役立つのがサウナです。温めることで筋肉がほぐれて、血流がよくなり、老廃物の排泄が促されます。それによって、肩や首の凝りの軽減が期待できます。

ホットタオルを肩にのせて楽になった経験を持つ方もいると思います。これは温めることで血流がよくなるからです。ホットタオルよりもサウナの方が温度が高く、体を温める高い働きがあります。また、ホットタオルとは異なり、全身を温めることができます。


皮膚新陳代謝が活性化

皮膚は常に生まれ変わっています。皮膚の生まれ変わりには酸素や栄養が必要で、それらを運んでいるのが血液です。

冬になると手先が荒れることがあります。これは、気温が低くなることで手先への血流量が減り、肌代謝が落ちてしまったためです。肌代謝には、血液が運ぶ酸素や栄養が必要なのです。

サウナに入って体を温めれば、手先や足先など末端にも血液が行き届きやすくなります。それによって十分な酸素や栄養が行きわたり、皮膚の新陳代謝が活発になることが期待できます。新しい皮膚に生まれ変わることで、美肌効果も期待できます。


気分のリフレッシュ

血流がよくなり老廃物の排泄が促されると気分のリフレッシュが期待できます。

何だか体の中にたまっているなと感じるとき、体の中がもやもやとするだけでなく、気持ちももやもやとしてきませんか。心と体は繋がっており、心が不調だと体に影響が現れ、体が不調だと心に影響が現れてきます。そのため、体の中に老廃物がたまっていてもやもやとしているとき、心までもやもやとしてしまうことがあるのです。

老廃物の排泄を促すには、体を温めて血流をよくすることが大切です。血流がよくなることで、血液にのって老廃物が運ばれます。

サウナは体を温められる簡単な方法です。70℃から90℃ほどの室内にいるだけで体が温まってきます。サウナ前には手先や足先の血の巡りが悪く冷えていた人も、温まってきたことを感じられることでしょう。

血流がよくなるだけでは老廃物は体内から出ていきません。老廃物を体外に出すためには、汗をかく、尿や便を出すといったことが必要です。サウナなら汗を大量にかきます。汗とともに老廃物が排泄されて、気分がリフレッシュすることでしょう。汗をかくために水分補給を忘れないでください。

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選