ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年3月26日金曜日

葉っぱがポイント。棒付きCBDキャンディ-CHILL STICK CANDY


CBDは舌下から吸収させる方法が吸収率が高いといわれています。

オイルは舌下に垂らして使用する製品ですが、もっとおいしくCBDを摂取したいと思いませんか。

おいしさを考えたCBD製品が「CBD スティック・キャンディ」です。


CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種である天然成分です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、その中でもCBDがよく知られています。

世界で注目されており、現在も研究が進められている成分です。

CBD スティック・キャンディは、オーガニック認証の畑で栽培された、遺伝子組み換えでない大麻草からCBDを抽出しています。

GMP認証された設備で精製しており、THCは一切含んでいません。

また、農薬、化学合成物質、重質溶剤なども一切含んでいません。

成分分析をしており、結果を公表しています。


CBD スティック・キャンディは、オレンジ、リンゴなどのフレーバーはつけておらず、水あめの甘さのある味です。

フレーバーが苦手な方でも食べやすい味となっています。

スティック・キャンディのよいところは、CBDを舌下から吸収させられることです。

舐めているだけで舌に触れるので、自然とCBDが吸収されていきます。

また、周りからは普通のキャンディを食べているようにしか見えないので、人目が気になりにくいです。

気分転換にも適しています。


摂取量は体調を見ながら調整してください。

1本あたり30mgのCBDを摂取する事が可能です。

運転前や運転中の摂取は控えるようにします。

食べる際には、スティックを誤って飲まないように注意をしてください。


舐めるだけでおいしくCBDを摂取できる製品です。

気分転換や日々のコンディションのサポートに役立つことでしょう。


→CHILL STICK CANDY CBD30mg配合


ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月26日木曜日

苦みを気にせず舌下吸収CBDキャンディー-CHILLAXY


CBDは苦味がある成分で、CBDオイルで摂取をすると苦味を強く感じることがあります。

これまでCBDを試したことある方は、摂取しにくいと感じていたのではないでしょうか。

また、まだCBDを試したことがない方にとっては、はじめて摂取したものが苦味のあるものだとCBDに苦手意識を持ってしまうことでしょう。

苦いものは苦手だという方でも気軽に試せるものが「CHILLAXY CBDキャンディー」です。


CHILLAXY CBDキャンディーは北米・欧州産のヘンプからCBDを抽出しています。

農薬は一切使用せずに栽培された、非遺伝子組み換えのヘンプです。

ヘンプにはTHCというカンナビノイドの一種が含まれていますが、この成分は日本の法律で規制されています。

CHILLAXY CBDキャンディーはTHCフリーな製品で、最終製造は日本国内で行っています。


1袋には130mgのCBDを配合しています。

使用している原料は水あめ、グラニュー糖、カンナビジオール/香料で、カンナビジオールがCBDのことです。

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

カンナビジオール以外は一般的なキャディーに使用される、食べても安全な成分です。

水あめとグラニュー糖や国産、カンナビにオールはアメリカ産です。

味はグレープです。

CBDの味を感じにくくなっていつつも、CBDの味の余韻がかすかに残ります。


1日3~4粒が目安量です。

CBDは忍容性が高いといわれる成分ですが、過剰摂取にならないように気をつけてください。


CHILLAXY CBDキャンディーはグレープ味のキャンディーにすることで、苦味が気になる人でも摂取しやすくなっている製品です。


→CHILLAXY CBDキャンディー グレープ味 CBD130mg


ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月2日月曜日

プロポリス配合のCBDキャンディー-AZTEC


甘いものを食べてほっと一息つきたい、そんなときに最適なお菓子が「AZTEC CBD プロポリス配合 CBD HARD CANDY」です。

プロポリスとCBDを配合したキャンディーが日本でも登場しました。


大麻草には80~114種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中でも注目されている成分です。

医学・薬学の分野で研究が進められており、数多くの論文が発表されています。

リラックス、活力に満ちた毎日、恒常性の維持などのサポートをする成分だといわれています。

プロポリスは健康食品と知られている成分です。

ミツバチが樹脂を集めて作り出した物質で、ミツロウとあわせて巣材として利用されています。

樹脂には抗菌作用がある成分が含まれています。

抗菌作用のある物質を巣に塗ることで、蜂の巣の内部を清潔な状態に保っているのです。

プロポリスは古代エジプト時代から人が利用していたといわれています。

古代からその有用性が知られていたのでしょう。


AZTEC CBD プロポリス配合 CBD HARD CANDYは、フルスペクトラム製法を採用しています。

フルスペクトラムとは、成熟した麻の種子と茎から成分を抽出する方法です。

CBD以外にもテルペン、他のカンナビノイド、ビタミン、ミネラルなども含有をしています。

CBDは苦味のある成分ですが、ハチミツを加えることで甘味のあるキャンディーとなっています。


キャンディー1粒には5mgのCBDを配合しています。

1日に摂取する量に決まりはありませんが、体調をみながら量を調整してください。

眠気が出ることがあるので運転前や運転中には摂取しないでください。


CBDもプロポリスも注目されている成分です。

この2つの成分を配合しているキャンディーです。


→AZTEC CBDキャンディー 総含有量30mg 一粒5mg


ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月18日日曜日

手軽に可愛く3種のCBDキャンディ-WEENERGY


普段からカバンに飴を入れて持ち歩き、よく口にしている人は少なくありません。

飴は手軽に口にできる食品なのです。

そんな飴にCBDを配合した製品が、WEENERGY CBDキャンディです。


人間の体内にはエンカンナビノイドシステム(ESC)というものが備わっています。

ESCは食欲、睡眠、運動機能など生態を調整しているシステムなのですが、ストレスや加齢の影響で働きが低下をしてしまいます。

ESCの機能低下がさまざまな不調に原因になるといわれています。

弱った機能を手助けするものがCBDです。

CBDは麻に含まれる成分の一種、心身の不調をサポートすると注目が集まっています。

CBDの安全性と薬理作用はWHOが認めています。

麻にはTHCという成分が含まれていて、この成分は日本の法律で禁止されているので、WEENERGY CBDキャンディはTHCを取り除いた成分を使用しています。

第三者機関によってTHCを含んでいないことが検査済みです。

CBDの原料を輸入して日本で生産・管理をしています。


キャンディのフレーバーは、イチゴ・レモン・グレープの3種類です。

海外製のキャンディやグミなどは日本人の口に合わないものが珍しくありませんが、WEENERGY CBDキャンディは日本で生産されており、日本人好みの味となっています。


1日当たりの摂取量に決まりはありません。

イライラしたとき、リフレッシュしたいとき、口寂しいとき、集中力が続かないときなどに摂取することがおすすめです。

CBDの摂取で眠気がでることがあるので、運転前や運転中には摂取をしないでください。


CBD製品はオイルが多く出回っていますが、WEENERGY CBDキャンディは飴という形なのでいつでもどこでもCBDを摂取しやすくなっています。


→WEENERGY CBDキャンディ(75mg配合)

ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年9月19日土曜日

CBDキャンディーでいつでも手軽にCBD摂取-ataracia


CBDをいつでも手軽に摂れる製品が、ataracia CBDキャディーです。

外出先でCBDを摂取したい、子どもにもすすめたい、CBD製品の味が苦手、家族や友人にプレゼントしたい、このような方に適しています。


ataraciaは、より身近にCBD製品を手に取って欲しいというビジョンを掲げている日本のブランドで、オイル、飴、ボディクリームなど年齢や性別を問わずに手に取りやすい製品を展開しています。

原料や製造工程にこだわりがあり、違法成分であるTHCを一切含まない原料をアメリカから輸入し、日本向けに構築した製造ラインで製品の製造を行っています。

CBDを抽出するヘンプは、日本で許可されている成熟した種子と茎を使用しています。第三者機関で成分分析を行い、THCが一切含まれていないことを確認しています。


ataracia CBDキャンディー1袋には75mgのCBDを配合しています。

1袋10粒入りで、1粒当たりのCBD配合量は7.5mgです。

グラニュー糖、水飴、はちみつ、生姜粉末を原料に使用しています。

はちみつを加えているため、ほのかな優しい甘味を感じられるキャンディーとなっています。

柔らかなオレンジ色をしており、見た目からも優しさを感じられます。

CBDには独特の苦みがあり、オイルでは摂取しにくいと感じてしまうことがありますが、CBDの味が苦手な方でも甘味を加えたキャンディーなら摂取しやすいです。

熟練の技を使って丁寧にCBDを練り込みました。


1日の目安量は2~3個です。

目安以上を摂取しても問題ありませんが、体の様子を見ながら摂取をしてください。


キャンディーだからこそいつでも持ち運べて手軽に摂取できるCBD製品です。


→ataracia CBDキャンディ CBD含有量7.5mg 10個入り



ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月15日金曜日

海外で注目されるCBD 手軽に摂れるCBDキャンディーとはどんなもの?


海外で話題となっている成分がCBDです。日本ではまだCBD製品は広まっていませんが、海外ではCBDキャンディーというものが販売されています。では、海外で注目されるCBDとはどのようなものなのでしょうか。CBDとはどのようなものか、CBDキャンディーとはどういったものなのか紹介します。

注目されるCBD

CBD(カンナビジオール)は大麻草や産業用ヘンプに含まれる成分の一種です。
大麻というと薬物を連想するかもしれませんが、CBDにマリファナなど薬物を摂取したときのような精神作用はほとんどありません。
マリファナを吸って気分がハイになるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分によるものです。
THCは脳内のCB1レセプターに作用をして、幻覚や幻聴を起こす作用があります。一方CBDは、CB1レセプターへの親和性が低く、精神や神経への影響はほとんどありません。
麻といっても品種改良が進んでおり、THCが少ない品種も登場しています。日本では薬物指定されていない麻の茎などからCBDを抽出しています。
産業用ヘンプはCBD含有量が20%以上・THC含有量が0.3%以下、大麻草はCBD含有量が10%以上・THC含有量が20%以上と、アメリカ連邦法では区分されています。
CBDはいくつかの研究がされており、痙攣、不安神経症、炎症、嘔吐を抑制するといった働きが報告されています。

CBDキャンディーとは

CBDキャンディーとは、CBDを配合しているキャンディーのことです。見た目は普通のキャンディーと変わりなく、味も普通のキャンディーです。
CBDキャンディーは日本では手に入りにくく、手に入れるためには海外に旅行に出かけたときに購入する必要があります。ヨーロッパやアメリカで販売されています。現地の人が買い物をするようなスーパーや健康食品店などを覗いてみると手に入れられるかもしれません。

どうやって食べる?

CBDには、リラックス作用や不安を取り除く作用があるといわれています。しかし、CBDキャンディーを食べてその働きを得られるのかは疑問です。
CBDキャンディーといっても配合量は製品によって違い、ある程度の量を摂取しないとCBDの働きは得られないと考えられます。
医薬品はどの程度摂取をしてもよいのか、どのように摂取するのかなど明確に記載することができますが、CBDキャンディーは食品なので医薬品のように記載することができません。
1日1500mg程度まで体が耐えられるといわれて、これ以上の量は摂取しないようにしましょう。
キャンディーなので1粒当たり数十mgほどの配合量です。大量に食べない限り、1日1500mgを超えることはありません。体長を見ながら摂取量を考えてください。
しかし、キャンディーは手軽に口に入れることができるので、意識をしていないとあっという間に数百mgのCBDを摂ってしまうことになります。
キャンディー好きの方は食べ過ぎてしまう恐れがあります。1日何粒までと決めておくと、食べ過ぎ防止になります。1日の食べてもよい量をあらかじめ決めておいて、その分を小さな容器に分けて置くと、どれくらい食べたのかわかりやすいです。

製品選びの注意点

CBDキャンディー製品を購入するときには、必ず原料を確認しましょう。アレルギー物質が使用されている可能性があり、アレルギーを持っている人は食べることができません。
海外のCBDキャンディーだとグミのような見た目のものがあります。グミにはゼラチンが使用されています。ゼラチンは日本では表示を推奨する特定原材料に準ずるものとされています。
海外製品だと英語などで記載されていてわかりにくいので、よく確認をするように注意をしてください。わかりにくいと面倒になって調べずに食べたしまいがちですが、アレルギー症状を起こす心配があります。辞書などできちんと確認をしておくことが、安全に食べるために大切なことです。
また、CBDキャンディーによってCBD配合量が違うので配合量も確認しましょう。あまりにも配合量が少ないとCBDのメリットを得られないかもしれませんが、多ければ多いほどよいのではなく、摂りすぎることによる副作用もあります。
後は単純に味ですね。CBDキャンディーは普通のキャンディーと同じく様々な味が展開されていますので、普段から定期的にCBDを摂取したい方には、やはり日常的に食べられる味を選ぶと良いでしょう。

日常にCBDを取り入れたい方には、手軽で摂取できるCBDキャンディーはお勧めです。



ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CBDキャンディー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示