ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

不要な皮脂や汚れもすっきり!CBDクレイマスク-Naturecan


顔の皮脂の量が気になる、スキンケアしながらリラックスしたい、このような悩みを抱えている方におすすめの製品が、「Naturecan(ネイチャーカン) CBDクレイマスク」です。汚れに働きかけるクレイ、リラックスをサポートするアロエベラとCBDを配合した洗い流すタイプのマスクです。


CBDとは、麻に含まれるカンナビノイドの一種です。健康や美容をサポートする成分として知られています。

ネイチャーカン CBDクレイマスクは、CBDブロードスペクトラムオイルを100mg配合しています。麻にはCBD以外のカンナビノイドが少なくとも114種類ほど含まれているといわれており、ブロードスペクトラムはCBD以外のカンナビノイドも含有しています。CBDとそれ以外のカンナビノイドを同時に摂取することで、それぞれの働きがより発揮されることが期待できます。

麻から抽出される成分の安全性が気になるかもしれませんが、ネイチャーカン CBDクレイマスクはTHCを含んでいないことを第三者機関の検査で確認しています。THC0.0%が保証されている安全性に配慮した製品です。


アロエベラも配合しており、CBDとともにリラックスをサポートします。アロエベラには保湿作用もあります。

クレイは多孔質な構造をしていることが特徴で、肌の汚れを吸着します。不要な皮脂を吸着して、すっきりとした肌へと導きます。

脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌でも使用できるクレイマスクです。


使用頻度は1週間に1~3回が目安です。クレンジング後にCBDクレイマスクを適量顔に広げ、5~10分そのままにしてから洗い流します。


CBD、クレイ、アロエベラを配合した、さまざまな肌質の方が使用できる洗い流すマスクです。スペシャルケアとして取り入れて、健やかな肌を目指しませんか。


→ネイチャーカンのクレイマスク


ネイチャーカンは当社とパートナー契約を結んでおりますので、

購入の際に、クーポンコード「CHILLIN15」と入れて頂くと、表示価格から15%引きで購入可能です。


クーポンコードの詳しい使い方に関しては、下記にて紹介しています


→世界一の商品数を誇るCBDメーカーの本命が遂に日本上陸


ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

スキンケアにも有用なヘンプシードオイル。効果や選び方、使い方


ヘンプシードオイルは口から摂取するだけでなく、肌に塗ることもできるオイルです。スキンケアに役立てることができるのです。

スキンケアに使うときには、ヘンプシードオイルの選び方や使い方に注意が必要です。

ここでは、ヘンプシードオイルに期待できるスキンケア効果、選び方、使い方を解説します。


ヘンプシードオイルに期待できるスキンケア効果

ヘンプシードオイルとは、ヘンプの実から抽出されるオイルです。

ヘンプシードオイルは、必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸を豊富に含んでいます。オメガ3とオメガ6の摂取の割合は、1:4が理想とされていますが、ヘンプシードオイルは1:3の割合で含んでいます。

オメガ3には炎症を抑える、オメガ6には保湿、アレルギーの緩和などの働きが期待できます。

またオイルには保湿作用があり、ヘンプシードオイルをスキンケアに使用すると、乾燥肌の予防も手助けしてくれます。

肌の表面は皮脂で覆われており、皮脂が肌からの水分蒸発を防いでくれています。ところが、加齢に伴い皮脂分泌量は低下をし、肌は乾燥気味になります。ヘンプシードオイルのようなオイルを肌に与えると、皮脂の代わりをしてくれて、潤いが逃げてしまうことを防いでくれます。


ヘンプシードオイルの選び方

スキンケに使用する場合は、スキンケア用のものを選ぶようにします。

ヘンプシードオイルには食用のものもあり、スキンケア用のものとは純度が違います。食用のものだと、ヘンプの実から絞ったそのままのもので精製はされておらず、不純物が含まれていることがあります。精製していないものだと、ポリフェノールなども含まれていることがあり、それらの働きも期待できるのですが、肌に刺激になることもあります。肌が弱い方は、精製されているものを選ぶとよいでしょう。

食用のものは、スーパーなどの食品売り場や食品を扱っている通信販売などで販売されており、スキンケア用のものは、化粧品売り場や化粧品を扱っている通信販売などで売られています。

また、見た目でもわかることがあります。精製していないものは、オイルにやや色がついていますが、精製しているものだと透明です。パッケージに「スキンケア用」と記載されていることもあります。

食用のヘンプシードオイルは肌に塗るために作られているものではないので、できればスキンケア用のものを購入するのが望ましいです。


ヘンプシードオイルの使い方

ヘンプシードオイルは、さまざまな使い方ができます


ブースターとして

洗顔後に最初につける化粧品は化粧水なのですが、化粧水の前にヘンプシードオイルを使うと、化粧水のなじみがよくなることが期待できます。化粧水のなじみがよくなることで、肌の潤い感がアップします。

水と油はなじみにくく、多量にヘンプシードオイルを使用すると化粧水をはじいてしまうので、使用量に気をつけましょう。製品に記載されている使用量を守るようにします。


美容オイルとして

ヘンプシードオイルには、オメガ3やオメガ6が含まれており、肌の保湿効果が期待できます。

化粧水の後に数滴を肌に塗ることで、化粧水で与えた潤いを閉じ込めてくれます。


ボディケアに

お風呂上り、まだ肌に水分が残っているときに体に塗ります。オイルを肌に塗ることで手の滑りがよくなり、マッサージにも使用できます。


ヘンプシードオイルの扱い方

スキンケア用のヘンプシードオイルは、スポイトつきの容器に入っていることがあります。オイルを取り出すときには、このスポイトを使用します。スポイトなら取り出す量を細かく調整でき、必要な量だけを取り出すことができます。

清潔に保つために、スポイトのガラス部分を手で触れないようにしてください。

また、オメガ3は非常に酸化しやすく、酸素、光、熱によって酸化が進んでしまいます。酸化したオイルを肌に塗ると肌の刺激になり、シミやくすみの原因になります。保管は高温多湿、直射日光を避けて行うようにします。

開封後はどんどん酸化が進むので、なるべく早く使い切るようにします。1か月程度を目安に使い切るとよいでしょう。小さな容器に入っている物なら、すぐに使い切ることができます。

ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

植物由来の天然成分100%のCBD美容オイル-SHIRI SILA


肌に直接触れるものにこだわってみませんか。

「SHIRI SILA オーガニックオイル」は、植物由来の天然成分100%でできている美容オイルです。


SHIRI SILA オーガニックオイルには世界で注目されているCBDが配合されています。

CBDは大麻草に含まれる自然由来の成分です。

人間の体内にはエンカンナビノイドシステムという、体の恒常性を保つための機能が備わっています。

睡眠、食欲、体温など、さまざまなことにかかわっています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムをサポートし、イライラを鎮める、睡眠の質を改善するなどの働きが期待されています。

大麻草にはTHCという日本の法律で規制されている成分が含まれていますが、SHIRI SILA オーガニックオイルはTHCを取り除いたTHC0%の成分を使用しています。

第三者機関での成分分析済みです。


CBD以外には、スクワランオイル、ホホバ油、オリーブオイルなどを配合しています。

どれも天然由来、保湿力の高い成分です。

オイルは酸化しやすく、酸化を防ぐためには空気にできるだけ触れないようにして保管をすることが重要です。

SHIRI SILA オーガニックオイルはエアレス容器を採用しており、最後まで清潔に保つことができます。


顔、体、髪など1本で全身に使用できるオイルです。

フェイスケアに使用する場合は、半プッシュから1プッシュが使用目安量です。

洗顔後に化粧水などで肌を整えた後に使用をします。

ボディケアに使用する場合は、肌の状態に合わせて適量を使用します。

ヘアケアに使用する場合は、半プッシュから1プッシュを髪の中ほどから毛先に向かってなじませます。


全身をケアできて1本あると重宝するCBD配合のオイルです。


→SHIRI SILA CBD美容オイル


ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

美容面で注目!CBDでスキンケア


肌を美しく整えるために毎日スキンケアを欠かさず行っている方は少なくありません。しかし、そのスキンケアで理想の肌に近づくことができたでしょうか。
美容面で注目を集めている成分がCBDです。
ここでは、CBD配合の化粧品やスキンケア方法について紹介をします。

スキンケアで大切なこと

肌を美しく保つために大切なことが、ターンオーバーを整えることです。
肌は常に生まれ変わっていて、これを肌のターンオーバーといいます。新しい細胞ができて古い細胞が垢として排泄されていきます。
ターンオーバーが滞ってしまうと、肌表面には古い角質が蓄積をして、毛穴のつまり、ニキビ、くすみ、乾燥、シワなどさまざまな肌悩みの原因になります。また、古い角質は固くゴワゴワしているため、肌がざらついてメイクのノリが悪くもなります。
ターンオーバーを整えるためにやりたいことが保湿ケアです。
脂性肌の方はさっぱり系の化粧品を選ぶ傾向がありますが、脂性肌も保湿ケアをすることがおすすめです。過剰に皮脂が分泌されるのは、肌の水分と油分のバランスが崩れているからです。潤いが足りないため、皮脂を多く分泌させて不足する潤いを補おうとしているのです。保湿ケアをして水分と油分のバランスが整うことで、皮脂の分泌バランスも整ってきます。

CBDに期待できる働き

20代のころは約28日周期だったターンオーバーは、40代になると約45日ほどかかるようになります。皮膚の再生が遅くなるほど古い角質はたまりやすくなり、たまった角質は乾燥肌、毛穴のつまり、ニキビ、シワなどさまざまな肌悩みを引き起こします。
肌を美しく保つポイントは、ターンオーバーを整えることです。CBDは皮膚の再生を促進する働きが報告されています。
CBDを配合した化粧品はオイルやクリームが一般的で、これらには保湿作用があります。保湿をすることでもターンオーバーが整うことが期待できます。
その他にも炎症を鎮める働きも期待できます。
肌にはバリア機能が備わっていて、紫外線・花粉・大気汚染・ホコリなどの外部刺激から守ってくれています。ところが、バリア機能が低下した肌では外部刺激に敏感になっており、肌内部では炎症が起こっています。炎症の刺激はメラニンの生成を促してシミを作ってしまいます。また、バリア機能の低下によって紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線によるメラニンの生成も促されてしまいます。そして、外部の刺激によってかゆみやヒリヒリなどの肌トラブルが出ることもあります。炎症を鎮める作用は、こういった肌の悩みに働きかけてくれることが期待できます。

CBDは安全なの?

CBDはオイルやクリームなどを肌に直接塗って使用することができます。直接つけるものなので、肌への影響が気になりますが、CBDは安全なのでしょうか。
CBDは麻に含まれるカンナビノイド類の一種です。麻というとマリファナなど違法薬物を連想する方もいることでしょう。
マリファナにはTHCという成分が多く含まれています。THCは精神への作用が強く、幻覚や幻聴などを引き起こすことがあります。一方、CBDは精神への働きがあまりないのでTHCのような強い作用はありません。
成分を抽出するために用いる麻は薬物とは違います。麻にはいくつか種類があり、CBDは規制対象外の麻の種子や茎から抽出されています。
CBDオイルは、アルガンオイルやヘンプオイルなどの基材となるオイルにCBDを混ぜたものです。これらのオイルは化粧品にも配合されていて安全なものです。
CBDクリームは、美容成分やアルガンオイル、シアバターなどにCBDを混ぜたものです。これらも一般的な化粧品に配合されている成分で安全なものです。

CBDを使ったスキンケア方法

肌に使いやすいのはCBDクリームです。日本で販売されているCBD配合化粧品は、クリームが多くあります。化粧水や美容液などでCBD配合のものはあまりないようなので、化粧水や美容液などは普段使っているものを使用するとよいでしょう。
洗顔後、化粧水、美容液、クリームの順番でスキンケアをします。
化粧水は顔全体に優しくパッティングをします。美容液は肌の悩みに特化した美容成分を配合しているので、肌悩みにあわせて選びましょう。最後にCBD配合のクリームを乾燥が気になるところを中心に塗ります。



ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スキンケア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示