ラベル 有名 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 有名 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2021年2月28日日曜日

有名なCBDメーカー,CBDブランドの商品を選ぶメリット


有名なメーカー・ブランドの製品に安心感を覚えたり、手に取りやすかったりしませんか。

CBDという名前を聞き慣れない方にとっては、有名な製品を選びたい気持ちがあることでしょう。

有名なものであれば、高い安全性が期待できそうです。

ここでは、有名なCBDブランドやCBDの選び方について解説をしていきます。


有名なブランドの製品を選ぶメリット

CBDブランドは数多くありますが、その中から有名ブランドを選ぶことで何かメリットがあるのでしょうか。


安心感がある

よく名前を聞くもの、よく知っているものには安心感を覚える心理があります。

スーパーなどで日常的に使うものを購入するときも、たとえば醤油でも知らないメーカーのものよりも、よく名前を知っている企業のものを手にすることが多いでしょう。

CBDも「有名」というだけで安心感を覚えます。


成分分析をしている

ブランドが有名になったのは、それだけ多くの人に支持されているからだと考えられます。

よい製品を提供することによって、多くの人に支持されることが期待できます。

日本にCBDを輸入する際には、成分分析書を提出しなければなりません。

CBDは大麻草から抽出される成分です。

日本では大麻取締法が定められており、大麻草に含まれるTHCという成分は規制されています。

そのため、THCを含んでいないことを成分分析をして証明する必要があるのです。

ちなみに、CBDは規制対象ではありません。


製品の種類が豊富

有名なブランドはCBD製品の開発・販売で成長していることが少なくなく、多くの製品を開発する力を持っています。

CBD製品には、オイル、リキッド、バーム、カプセルなどさまざまあり、さまざまな種類の製品を取り扱っているブランドなら自分にあったものを選びやすいです。


有名なCBDブランドを紹介

HEMP Baby(ヘンプベビー)

アメリカフロリダ州マイアミにあるブランドです。

「健康とウェルネスをコントロールし本来の自分を取り戻す」のテーマのもと製品開発に取り組んでいます。

すべての製品は、THCを含んでいないことを第三者機関の検査によって確認済みです。

特に日本ではグミが大人気で、下記でも紹介しています

→5つの味で美味しい高濃度CBDグミ-HEMP Baby


Aztec(アステカ)

イギリスのロンドンに本社を構えるブランドです。

CBDには、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの種類があります。

フルスペクトラムとは、大麻草に含まれるさまざまな種類のカンナビノイドやテルペンなどを含有しているものです。

THCも含んでいるので、日本には輸入できません。

ブロードスペクトラムは、フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

アイソレートはCBD以外のカンナビノイドやテルペン類などを取り除いた、純度の高いものです。

アステカはフルスペクトラム製品を扱っているのですが、日本向けのものはブロードスペクトラムです。

農薬や化学物質を使わずに栽培された大麻草から、超臨界二酸化炭素抽出方法で成分を抽出しています。

高品質なCBDを摂取するには、手軽なVapeペンがおすすめで、下記にて紹介しています。

→手軽に高品質!人気テルペン入りのCBDペン-AZTEC


MEDTERRA(メディテラ)

カリフォルニアで誕生したブランドです。

CBD製品の開発に携わってきたものたちが集結してブランドが誕生しました。

成分の抽出に使用している大麻草は、ケンタッキー州の厳しい品質管理のものと栽培されたものです。

遺伝子組み換えではありません。製品の製造最終段階では、THCを含んでいないことを検査しています。

特にアスリートから絶大な人気を誇るブランドで、中でも人気なCBDオイルは下記で紹介しています。

→トップアスリートが注目する「MEDTERRA」CBDオイル


ataracia(アタラシア)

日本で製造されているブランドです。

第三者機関で成分分析済みで、THCを含んでいないことを確認しています。

原料の輸入に際しては、厚生労働省の指示に従い、必要書類を提出しています。

特に会社自体はとても古く、様々な商品展開がされていますが、中でもCBDオイルを紹介しています。

→大正12年創業「吉兆堂」のCBDオイル-ataracia


CBD製品の選び方

有名だからという理由だけでCBD製品を選ぶのではなく、自分で確かめることが大切です。

CBD製品を購入するときに特に気をつけたいことが、THCの含有の有無です。

日本ではTHCは規制されており、所有していると違法になります。

THCが混入していると知らずに所有してしまわないように、自分で確認をしましょう。

成分分析をしてTHCを含んでいないことを確かめていれば、製品に記載をしたり企業のホームページで公開をしたりしています。

有名なブランドの場合だと、THCを含んでいないことが確かめられていることが多いです。

ラベル 有名 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 有名 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示