ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDのアイソレートとフルスペクトラムの違い


CBDには「アイソレート」という用語がよく使われています。

CBD製品を購入しようとするとき、CBDに関して調べるときには、このアイソレートという用語を見かけることが多々あるはずです。

意味を知っている人もいるはずですが、意味を全く知らない人もいるでしょう。

したがって、CBD製品を利用するつもりの人や関心がある人はこのアイソレートの意味に関して知っておいてほしいです。

実際にCBDを使う際、選ぶ際にはこの用語が大きなキーになってくる場合もありますから。


CBDにおけるアイソレートとは何か?

CBDはアイソレートという言葉が使われることがありますけど、このアイソレートとは具体的に何を意味しているのでしょうか?

アイソレートに関しては、非常に純度の高いCBDという意味で使われています。

アイソレートのCBD製品について、99%CBDそのものという評価が可能で、純粋なCBDそのものを利用することができます。

つまり、純粋なCBDの効果を実感できると言え、そこがアイソレートの特徴になります。

一言で言えば、余計なものが一切入っていないCBD製品をアイソレートと呼ぶわけです。

CBDそのものを体感できればそれでいいという人にとっては、特におすすめの製品と評価できます。

ただ、このアイソレートについては、フルスペクトラムといった概念とやや似ています。

したがって、アイソレートとフルスペクトラムは何が違うのか?と疑問に感じる人がいるのではないでしょうか?

確かにこの2つは同じような側面を持っているので、詳しく知らない人にとっては混同してしまう可能性があります。

実際にCBD製品を購入して使うときには、両者の違いは重要と言えるため、そこに関しても理解しておきましょう。< p>


CBDにおけるアイソレートとフルスペクトラムの違いとは?

アイソレートはフルスペクトラムと概念が似ているため、この2つはどう違うのか?という点が気になるはずです。

フルスペクトラムは、CBDを含めたカンナビノイドが全て入っている製品のことを指しています。

フルスペクトラムに関してもCBDの純度は高いものの、こちらは余計なものが入っているという見方が可能です。

CBDにおけるフルスペクトラムはCBD以外にも、カンビノイド成分であるCBGやテルペンといった大麻草から抽出される成分が入っていますが、アイソレートには入っていません。

また、特に大きな存在がTHCで、これが微量ながら含まれているのがフルスペクトラムであり、アイソレートには一切含まれていない状況です。

THCは大麻の違法成分として知られていますが、これは一般的なCBD製品には微量ですが含まれているのが常識です。

しかし、基準値以下の状況となっているので法的には問題なく、一般的なCBD製品は合法的に使用できます。

ただ、微量ですら入っていないのがアイソレートになるため、このTHCに関して過度に気にする人であれば、アイソレートの方が向いているでしょう。

基準値以下であれば、THCが含まれていても人体に悪影響はまずありえないと言えますが、少しでも心配な人は知っておくと良いです。

アイソレートとフルスペクトラムに関しては、一応違いは存在していますから、こういった部分を把握してほしいです。


CBD製品に関してアイソレートとフルスペクトラムはどっちがいいのか?

これは何を求めてCBD製品を使うか?によると言えるでしょう。

単純に効果それ自体で言うならば、フルスペクトラムの方が高いと評価できなくはないです。

含まれているカンナビノイドの種類が豊富なだけに、お互いが相乗効果を発揮することができるためです。

そういった部分から、幅広い効果を期待することが可能なのがフルスペクトラムであり、そこはかなり魅力的と言えると思います。

だから、フルスペクトラムのCBD製品がもたらす効果に関して共感できる人、魅力を感じられる人であれば、フルスペクトラムはおすすめです。

一方で、CBDの安全性に関心がある人にとっては、THCの心配が皆無であるアイソレートはおすすめと言えるでしょう。

フルスペクトラムに関しても基本的に安全性に心配はいらないですけど、リスクが0ではない状況です。

アイソレートはTHCのリスクは0と言ってもいいような状況ですから、高い安全性を求めている人にはアイソレートの方が向いています。

そういった形で、それぞれメリットが異なる状況ですから、CBDに対して何を求めるか?でどっちが望ましいか?の結論は変わってきます。

自分が何を目的に、どんな部分にこだわりを持ってCBD製品を使っていくのか?そういった部分を考えてほしいと思います。


▼YouTube解説動画


ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

日本製のアイソレートCBDオイル-CALMS


日本製にこだわりたい、安心できるCBDを選びたい、CALMS CBDオイルはそのような方に向いている製品です。

CALMS CBDオイルには、CBDアイソレートを使用しています。
不純物を含まない精製されたものです。
そのため、CBD本来の風味を活かすことができます。
日本製のMCTオイルにCBDアイソレートを配合したオイルとなっています。

CALMSはセルフメディテーションを提唱するブランドです。
CBDはさまざまな臨床結果が報告されており、日々の生活をサポートすることが期待されています。
ストレス・不安・吐き気などへの働きも期待できます。オイルなので毎日の生活に取り入れやすいことでしょう。
毎日使うとなると気になることが安全性です。
CALMSではアメリカの農場と契約をしてオーガニック栽培をしたヘンプの茎からCBDを抽出しています。
日本の厚生労働省では、ヘンプの茎の使用は認めています。
アメリカ食品医療局(FDA)の検査にも合格しています。
安全性の確認されたCBDを日本製MCTオイルに配合しています。
MCTオイルはココナッツオイルやパーム油から中鎖脂肪酸を抽出したもので、こちらも安全性が確認されています。
MCTオイルは飲み物やサラダに混ぜて利用されている方もいます。

1回目安量はピペットの7分目までです。
舌に垂らしたら2分ほど口の中にためておき、その後に飲み込みます。
飲み物に混ぜることも可能です。
温かい飲み物に混ぜられますが、加熱料理には使用しないでください。

CBDは日々の健康をサポートすることが期待されている成分です。
CALMS CBDオイルは安全性に配慮しており、下に垂らして手軽に摂取することができ、日々の健康サポートに役立つ製品といえるでしょう。


➡CALMS アイソレートCBDオイル CBD含有量2000mg

➡CALMS アイソレートCBDオイル CBD含有量1000mg

➡CALMS アイソレートCBDオイル CBD含有量500mg



ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

研究も盛んなアイソレートCBDオイル-NATUuR(ナチュール)


今回ご紹介するのはCBD研究の最先端を行くオランダのNATUuR(ナチュール)社より発売されている NATUuR CBD OILです。

アイソレート製法により精製されているナチュール社のCBDオイルは、純度が高く、CBDやCBG以外のカンナビノイド成分がほぼ数値化されないほど不純物の混入の心配がほぼありません。
精神作用に影響のあるTHCなどの大麻の禁止成分が含まれる心配もありませんので、安心してご使用いただけるCBDオイルになります。

ナチュール社は、ヘンプに含まれるカンナビノイド成分のうち、CBDよりもその健康効果が期待できるCBGの効能についてもいち早く研究を進めています。
CBGはCBDと比べてヘンプに含まれる量が少ないため、希少性が高く商品化は難しいと言われていますが、ナチュール社のCBDオイルの特徴は、そのCBDとCBGの配合バランスが優れ、
より効率的に双方の効用を吸収できるところにあり、CBD単体の製品よりも一段高い効果が期待されるCBDオイルです。

こちらのCBDオイルは経口摂取タイプになります。
多くの方に抵抗なくご使用いただけるよう、フレーバーなど一切行わない無味無臭のCBDオイルになっています。

摂取方法は他のCBDオイルと同様で、とても簡単です。
キャップに付属しているスポイトを使用します。チャイルドロック式になっていますので、下に押し込むようにキャップを回してください。
スポイトを使用し、舌下に直接CBDオイルを数滴垂らします。
すぐに飲み込まず60秒ほど口の中に含ませてから飲み込んでください。CBDオイルが口の中の粘膜から吸収され、より効率的に吸収できます。

小細工をしないピュアで本物志向のナチュール社のCBDオイルからは、CBD先進国オランダのプライドを感じます。


NATUuR CBD OIL 2% CBD200mg 10ml
NATUuR CBD OIL 5% CBD500mg 10ml
NATUuR CBD OIL 2% CBD600mg 30ml
NATUuR CBD OIL 5% CBD1500mg 30ml



ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

働く男の為のCBDオイル!CANOVYアイソレートCBDオイル-株式会社クロスパブリシティ


アメリカから直輸入した純度99%のCBDを元に、日本国内で製造、販売されています。
日本国内の法律や安全性基準に基づいて検査されておりますので、安心です。
フルスペクトラム製法と違い、このCBDオイルはアイソレートタイプですので、純度の高いCBDのみ配合されています。

多忙な疲れや、不摂生な食事、乱れた生活習慣に対しCBDは本来持っている体調維持機能を活性化させるので、
仕事を頑張るうえで必要な体調維持管理をサポートします。

また、精神安定も望めるので、プレゼン前や大事な仕事の時など、是非とも飲んで頂きたい。
CBDを徹底的に有効活用した、正に働く男の為のCBDオイルです。

気になるCBD含有率も3%から10%までラインナップされ、CBD量も300mgから3000mgまであります。
低濃度から高濃度まで選べるので、気合の入れ具合で選択してください。
(個人的には高濃度にてガツンと入れるのがおすすめです)

摂取方法としては、ボトルキャップに付属されたスポイトで1日20滴程の使用が最適です。
舌の裏側に直接スポイトで垂らすか、スプーンに一度溜めたうえで舌裏に含み
90秒程馴染ませてください。
舌の裏側は毛細血管が沢山あり、直接血管にCBD成分を浸透させる事が可能です。
特にこのアイソレートCBDオイルは、ココナッツ由来のMCTオイルをベースにブレンドしていますので、CBD特有の苦み等は抑えられ、とても飲みやすい仕上がりになっています。

内容量的には、30mlで約1000滴、10mlで約300滴程使用可能ですので、30mlでは2か月程、10mlでは1か月程の使用感です。

出来れば継続的に摂取する事が望ましいですが、どれくらいの頻度で使用するのか、それに応じて必要な容量を選択頂ければと思います。

▼CANOVYアイソレートCBDオイル30mlボトル
30ml 含有率10% CBD3000mg
30ml 含有率5% CBD1500mg
30ml 含有率3% CBD900mg

▼CANOVYアイソレートCBDオイル10mlボトル
10ml 含有率10% CBD1000mg
10ml 含有率5% CBD500mg
10ml 含有率3% CBD300mg


ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アイソレート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示