CBDのアイソレートとフルスペクトラムの違い


CBDには「アイソレート」という用語がよく使われています。

CBD製品を購入しようとするとき、CBDに関して調べるときには、このアイソレートという用語を見かけることが多々あるはずです。

意味を知っている人もいるはずですが、意味を全く知らない人もいるでしょう。

したがって、CBD製品を利用するつもりの人や関心がある人はこのアイソレートの意味に関して知っておいてほしいです。

実際にCBDを使う際、選ぶ際にはこの用語が大きなキーになってくる場合もありますから。


CBDにおけるアイソレートとは何か?

CBDはアイソレートという言葉が使われることがありますけど、このアイソレートとは具体的に何を意味しているのでしょうか?

アイソレートに関しては、非常に純度の高いCBDという意味で使われています。

アイソレートのCBD製品について、99%CBDそのものという評価が可能で、純粋なCBDそのものを利用することができます。

つまり、純粋なCBDの効果を実感できると言え、そこがアイソレートの特徴になります。

一言で言えば、余計なものが一切入っていないCBD製品をアイソレートと呼ぶわけです。

CBDそのものを体感できればそれでいいという人にとっては、特におすすめの製品と評価できます。

ただ、このアイソレートについては、フルスペクトラムといった概念とやや似ています。

したがって、アイソレートとフルスペクトラムは何が違うのか?と疑問に感じる人がいるのではないでしょうか?

確かにこの2つは同じような側面を持っているので、詳しく知らない人にとっては混同してしまう可能性があります。

実際にCBD製品を購入して使うときには、両者の違いは重要と言えるため、そこに関しても理解しておきましょう。< p>


CBDにおけるアイソレートとフルスペクトラムの違いとは?

アイソレートはフルスペクトラムと概念が似ているため、この2つはどう違うのか?という点が気になるはずです。

フルスペクトラムは、CBDを含めたカンナビノイドが全て入っている製品のことを指しています。

フルスペクトラムに関してもCBDの純度は高いものの、こちらは余計なものが入っているという見方が可能です。

CBDにおけるフルスペクトラムはCBD以外にも、カンビノイド成分であるCBGやテルペンといった大麻草から抽出される成分が入っていますが、アイソレートには入っていません。

また、特に大きな存在がTHCで、これが微量ながら含まれているのがフルスペクトラムであり、アイソレートには一切含まれていない状況です。

THCは大麻の違法成分として知られていますが、これは一般的なCBD製品には微量ですが含まれているのが常識です。

しかし、基準値以下の状況となっているので法的には問題なく、一般的なCBD製品は合法的に使用できます。

ただ、微量ですら入っていないのがアイソレートになるため、このTHCに関して過度に気にする人であれば、アイソレートの方が向いているでしょう。

基準値以下であれば、THCが含まれていても人体に悪影響はまずありえないと言えますが、少しでも心配な人は知っておくと良いです。

アイソレートとフルスペクトラムに関しては、一応違いは存在していますから、こういった部分を把握してほしいです。


CBD製品に関してアイソレートとフルスペクトラムはどっちがいいのか?

これは何を求めてCBD製品を使うか?によると言えるでしょう。

単純に効果それ自体で言うならば、フルスペクトラムの方が高いと評価できなくはないです。

含まれているカンナビノイドの種類が豊富なだけに、お互いが相乗効果を発揮することができるためです。

そういった部分から、幅広い効果を期待することが可能なのがフルスペクトラムであり、そこはかなり魅力的と言えると思います。

だから、フルスペクトラムのCBD製品がもたらす効果に関して共感できる人、魅力を感じられる人であれば、フルスペクトラムはおすすめです。

一方で、CBDの安全性に関心がある人にとっては、THCの心配が皆無であるアイソレートはおすすめと言えるでしょう。

フルスペクトラムに関しても基本的に安全性に心配はいらないですけど、リスクが0ではない状況です。

アイソレートはTHCのリスクは0と言ってもいいような状況ですから、高い安全性を求めている人にはアイソレートの方が向いています。

そういった形で、それぞれメリットが異なる状況ですから、CBDに対して何を求めるか?でどっちが望ましいか?の結論は変わってきます。

自分が何を目的に、どんな部分にこだわりを持ってCBD製品を使っていくのか?そういった部分を考えてほしいと思います。


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選