2021年2月7日日曜日

農薬、除草剤ゼロ!イタリア産有機栽培ヘンプ使用CBDオイル-Alpentol


なかなか寝付けない、朝起きたときすっきりしない、ストレスやプレッシャーが多い、現代社会に生きる人たちは、このような悩みを抱えていることが珍しくありません。

みんなそうなのだからとあきらめてしまっている方もいることでしょう。

しかし、まだあきらめないでください。

睡眠や疲れの悩みを抱えている方に試してもらいたいものが「アルペントル CBDオイル」です。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれていて、CBDはその中の一つです。

これまでに数々の研究が行われ、さまざまなことがわかってきました。

海外セレブやアスリートが注目をしている成分です。


アルペントル CBDオイルは、農薬や除草剤を使用せずに栽培されている、イタリア産有機栽培のヘンプから抽出をしています。

大麻草を危険視する方もいると思いますが、アルペントル CBDオイルは、日本の法律で規制されているTHCをほとんど含まない産業用ヘンプを使用しています。

製品にする段階でTHCは取り除いており、製品にはTHCは含まれていません。

1ボトルあたりのCBD配合量は1000mg、10%濃度です。

ベースには冷温圧搾ヘンプシードオイルを使用しています。

オイルは高温が加わると酸化が進んでしまいますが、低温圧搾することで酸化を最小限に抑えています。


スポイト式のキャップになっており、適量を簡単に取り出すことができます。

1日2回、1回4滴ほどが摂取目安量です。

舌下に適量を垂らし、90秒ほどそのままにします。

その後に飲み込んで構いません。


日々疲れやストレスは蓄積をしていきます。

日々のコンディションの管理のために、アルペントル CBDオイルを役立ててみてはどうでしょうか。


→アルペントル 10ml CBD10%(1000mg)


自己治癒力を目覚めさせるCBDオイル-NUMUN NATURALS


CBDは独特の苦みを感じることがあります。

苦味が苦手な人にとっては、飲みにくく感じてしまうことでしょう。

「苦味を感じない」と評価されているCBDオイルが「NUMUN NATURALS(ニュームーン・ナチュラルズ) プレミアムCBDオイル」です。


大麻草には80種類以上のカンナビノイドが含まれています。

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドのことです。

いくつもの研究論文が発表されており、ストレスの緩和、抗炎症作用、食欲のサポートな度の働きが期待されています。


日本では大麻草の栽培や所持などが禁止されており、大麻草に含まれるTHCという成分を所持することも禁止されています。

海外で販売されている製品の中には、わずかですがTHCを含有しているものがありますが、日本で販売するには、THCを含んでいてはいけません。

ニュームーン・ナチュラルズのCBD製品は、THCフリーな製品です。

無農薬で栽培された、非遺伝子組み換えの大麻草の種子や茎から成分を抽出しています。

また、アメリカのCBD製品の業者と話しをして、信頼できる生産工場に生産をしてもらっています。

CBDの配合量は1500mg、10%濃度です。

1本5%濃度の製品の2本分を含有しているコストパフォーマンスがよい商品といえます。


MCTオイルをベースにしており、甘味料は使用していない、そのものの味を感じられる製品です。

最初は2滴ほどから始めてください。

スポイトで舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにしてから飲み込みます。

摂取量を増やす場合は、少しずつ増やしてください。


甘味料や添加物を使用していない、そのものの味わいを楽しめるCBDオイル。

そして、原料にも製造工場にもこだわっている製品です。


→NUMUN NATURALS プレミアムCBDオイル 10% 1500mg


CBDは多発性硬化症に対しても効果を期待できるのか


多発性硬化症は、厚生労働省が指定する難病の一つです。

日本では12000人ほどの患者がいると推計されています。

発症年齢は30歳前後で、男性よりも女性の方が多いです。

難病なので、よいといわれるものがあれば、すぐにでも試してみたい方もいることでしょう。

現在世界から注目されている成分がCBDです。

CBDには、さまざまな働きが期待されているのですが、多発性硬化症とは何か関係があるのでしょうか。


多発性硬化症とは

多発性硬化症は中枢神経系の病気で、視力障害、運動障害、感覚障害などの神経症状の再発と寛解を繰り返します。

中枢神経は、神経細胞体と軸索で構成されています。

神経細胞体のシナプスという部位で信号を受け取り、軸索を電気信号が流れ、次の神経細胞体へと信号と伝えていきます。

軸索はミエリン(髄鞘)というもので覆われています。

多発性硬化症はミエリンが壊れてしまい、信号が伝わりにくくなってしまうことで、症状が現れます。

病状によって「再発寛解型」「一次性進行型」「二次性進行型」に分類されています。

再発寛解型は症状の再発と消失を繰り返します。

一次性進行型は初めから症状が継続して進行するタイプ、二次性進行型は、初めは症状が現れたり消えたりしますが、次第に症状がゆっくりと進行をしていきます。

多発性硬化症は原因がはっきり解明されていないので、治療は再発の予防と症状の進行を抑制する薬物療法が中心になります。


日常生活で注意すること

2020年の時点では多発性硬化症を治す方法は明らかになっていません。

日常生活に気をつけて、上手に付き合っていくことがQOLを維持していくためには大切だといえるでしょう。


体温の上昇に気を付ける

体温が上昇すると一時的に症状がひどくなることがあります。

体温が下がればおさまります。

長時間日光にさらされる、入浴をする、運動をするなどで体温が上がりすぎないように注意が必要です。


軽い運動をする

軽い運動は、筋肉の維持と気分転換に役立ちます。

激しい運動は体温を上昇させたり、体の負担となるので、自分の体力にあった運動内容や運動時間で行いましょう。


感染症の予防

ウイルスなどに感染をすると免疫系が働き出して、再発する恐れがあります。

感染症予防の基本は、手洗いとうがいです。


十分な睡眠時間をとる

疲労やストレスは再発のきっかけになることがあります。

睡眠には体を休め、ストレスを軽減する働きがあるので、十分な睡眠時間を確保しましょう。

人によって必要な睡眠時間は異なるので、日中眠くならない程度の睡眠時間を確保するとよいでしょう。


CBDに期待できる働き

CBDとはカンナビジオールのことで、大麻草に含まれている成分です。

大麻草というとマリファナを連想する方もいることでしょう。

マリファナにはTHCという成分が多く含まれています。

THCは幻覚や幻聴を引き起こすことがある成分で、日本の法律で規制されています。

CBDは産業用ヘンプというTHC含有量が少ないものから抽出されています。

日本の法律では規制されていない成分です。

CBDは医療や科学の分野で注目されており、これまで数々の研究がされてきました。

アメリカでは、エピディオレックスというCBDを含む医薬品が、ドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群の治療薬として承認されています。

カナダでは、多発性硬化症に伴う疼痛の緩和のための医薬品として、ナビキシモルスが承認されています。

日本では2019年に臨床試験のためとしてエピディオレックスの使用が認められ、聖マリアンナ医科大学で治験の申請準備がされました。

しかし、2020年の時点ではCBDは医薬品として日本では認められていません。

カナダでは多発性硬化症に伴う疼痛の緩和にCBDを含む医薬品が使用されており、日本の多発性硬化症の患者さんもCBDを含む医薬品を使ってみたいということもあるでしょうが、まだそれは実現していません。

CBDは現在日本で、オイルやカプセルなどの形でサプリメントとして販売されています。

しかし、医療用とサプリメントでは配合濃度が異なるので、サプリメントを摂取して医薬品のような効果が期待できるとは限りません。

CBDを試してみたい場合は医師に相談をしてください。

多汗症にも効果があるのか。正常性が期待できるCBD


手のひらに大量に汗をかいて手をつなげない、汗で紙を濡らしてしまってうまく文字をかけないなど、多汗症の人は日常生活で困っていることが珍しくありません。

原因がわからない多汗症は、自律神経の働きが関係しているといわれています。

体のバランスを整えることに役立つと考えられている成分がCBDです。

多汗症に悩んでいて、何でも試してみたいと考えている方もいることでしょう。

では、CBDは多汗症の改善に役立つのでしょうか。


多汗症とは

多汗症とは、異常な量の汗をかく症状のことです。

運動をしたり、お風呂に入ったりなど、体温が上昇すると汗がでるものですが、多汗症の人は体温上昇によるものなど生理的なものではなくても、大量に汗をかいてしまいます。

多汗症は、全身性多汗症と局所性多汗症に分けられます。

全身性多汗症は、手、足、背中など、体全体に大量の汗をかく症状です。

全身性多汗症の中で原因がわかっているものは、続発性全身性多汗症といいます。

局所性多汗症は、手のひら、脇、足の裏など、特定の部位から多量の汗が出る症状のことです。

局所性多汗症の多くは原因が特定できないもので、原発性局所性多汗症と呼ばれています。

原発性局所性多汗症は、自律神経の乱れが関係しているのではないかと考えられています。

治療は、原因が特定できるものであれば、その原因を治していきます。

原発性多汗症の治療には、塩化アルミニウムの外用、抗コリン作用をもつ外用薬の使用などがあります。

ボトックスの注射、イオントフォレーシス療法、交感神経遮断術などもあります。

どの部位から大量に汗がでるのか、治療を行うことで生活の質にどう影響が出るのかなどを考えて、治療方法を選択する必要があります。


CBDとは

CBD(カンナビジオール)は、麻(ヘンプ)に含まれるカンナビノイドの一種です。

ヘンプには、80種類以上のカンナビノドが含まれているといわれており、その中でもCBDは注目されて研究報告がされています。

ヘンプに含まれるカンナビノイドの中には、THCという成分もあります。

THCは幻覚や幻聴を引き起こすことがあり、日本の法律では規制されている成分です。

一方、CBDは日本の法律では規制されておらず、向精神作用のない成分です。

日本で販売されているCBD製品はアメリカやヨーロッパから輸入されています。

輸入の際には、写真や成分分析書など必要書類を提出しています。

第三者機関によってTHCを含んでいないことを確認しています。


CBDとホメオスタシス

現代社会に生きる人間は、多忙な仕事、満員電車、大気汚染、食品添加物など、さまざまなストレスにさらされています。

適度なストレスは体によい影響を与えるといわれていますが、過度のストレスは心身の負担になります。

ストレスにさらされ続けると、自律神経のうち交感神経が優位になり、体や心に不調が現れることがあります。

ストレスにうまく対処できないのは、ホメオスタシスがうまく機能していないことが関係しています。

ホメオスタシスとは恒常性のことで、体温を一定に保つ、暑いときに汗をかく、傷を治そうとするなど、常に体を一定に保とうとする働きのことです。

ホメオスタシスは、食欲、免疫、睡眠、運動など、体のさまざまな機能にかかわっています。

ホメオスタシスは誰の体にも備わっている機能ですが、加齢やストレスの影響によって働きが落ちていくといわれています。

この状態を放置していると、心身に影響を与える可能性があります。

加齢の影響はどうすることもできませんが、ストレスの影響は対処が可能です。

ホメオスタシスの機能を保つためには、規則正しい生活、適度な運動、十分な睡眠などが大切です。

そうはいっても、十分な時間をとれないことがあります。

そこで注目されているものがCBDです。

CBDは体内の機能の調節にかかわるエンドカンナビノイドシステムの働きをサポートすると考えられています。

エンドカンナビは、血圧、食欲、体温、睡眠、免疫など、体のさまざまな機能にかかわっています。

ストレスが多い現代社会に生きる私たちをサポートしてくれる成分と注目されているのです。

CBDは脂溶性で、オイル製品が多くで回っています。

CBDオイルは口から摂取をします。

また、クリームやバームなど塗るタイプもあります。

仙台にあるCBD製品を販売するお店の魅力や知っておきたいポイント


東北地方では、宮城県の仙台市は特に規模が大きく、このエリア内における中心となる都市です。

したがって、日々の生活における利便性は非常に高いと評価できますが、CBDの分野でもそういった特徴を見出すことが可能でしょう。

CBD愛好家や興味を抱いている人は全国にいるものの、東北地方では特に仙台に注目する必要があると言えます。

そして、この地域にはCBD製品を多く扱っているお店が揃っているため、必要なものを購入するにあたって不便を感じづらい環境があります。

実際、どういったお店が存在しているのか?代表的なところをチェックしていきましょう。


宮城県の仙台市にあるWORLD VAPE SHOP JAPAN 国分町店の特徴や魅力

宮城県の仙台市には、CBD製品の取り扱いがあるお店をいくつも見つけることができます。

その中には「WORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店」が存在していますが、ここは規模そのものに特徴があります。

というのも、このお店は東北地方では最大級の品揃えとなっているので、魅力は非常に大きいと評価できるでしょう。

WORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店では、CBD全般を扱っていますけど、あとは電子タバコ、VAPEなどの品も豊富です。

だから、CBDに興味がある人はもちろんと言えるものの、それ以外の分野に関心が高い人に対してもおすすめできます。

そして、このお店はいずれのジャンルについても初心者が多く訪れている状況があります。

したがって、CBDなどに慣れていない人、使用経験がない人であっても安心して訪れることができるでしょう。

お店のスタッフに関して、そのような人たちに日頃から頻繁に接しているので、不安に感じる必要はないと言えます。


WORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店ではInstagramを日々更新している

CBD製品を扱っているお店に関しては、SNSを活用している例がありますけど、このWORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店も同様です。

このお店では、実際いくつかのSNSを利用していますが、特にInstagramは注目と言えるでしょう。

お店のInstagramには日々いろいろな写真が投稿されているので、見ているだけでも楽しめる可能性があります。

写真の大半はお店の商品に関してですが、どういった商品が在庫としてあるか?を確認できる点は大きいです。

特にお店に1度も行ったことがない人にとっては、こういった部分でまず品揃えに関して理解できるでしょうから。

お店の品揃えについて完璧に理解するのであれば、やはりお店に直接行くのが最も望ましいでしょう。

ただ、家にいながらそういった部分について、ある程度理解できる部分は大きいので、Instagramのチェックとてもおすすめです。

WORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店では、他にもTwitterやFacebookのアカウントが存在しています。

Instagramに加えて、できればそういったものについても同時にチェックしていくと良いのではないでしょうか?


WORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店では試飲スペースが優れている

WORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店ではCBD製品をはじめ、いろいろな品を揃えています。

ただ、単純に商品を売っているだけではなく、試すことができる点は特徴と言えるでしょう。

お店の中に試飲スペースがあり、そこが充実している状況ですから、お店の魅力として知っておくといいと思います。

というのも、このお店の試飲スペースは非常に広くて、大きいです。

他のお店と比べても、かなり違いを感じられる可能性があると言え、優雅な気分で試飲ができるかもしれません。

実際にCBDなどに興味がある人の場合には、まず試してみたい、どんなものか知っておきたいという気持ちがあるでしょう。

したがって、試飲は非常におすすめのサービスと言えますが、そのときの環境においてWORLD VAPE SHOP JAPAN 仙台国分町店は非常に優れているのです。

だから、ここを目当てに実際にお店に行ってみるのもいいのではないでしょうか?

CBDの魅力とともに、お店に魅力について感じ取ってほしいなと思います。

2021年2月5日金曜日

顔のお手入れに、体の保湿に無香料・無着色CBDクリーム-CANOVY


肌の乾燥が気になり、メイクがうまくのらない、カサカサかゆい、そんな経験がありませんか。

乾燥対策には、こまめな保湿が大切です。

保湿ケアに適した製品が「CBDクリーム CANOVY」です。


麻には100種類以上の成分が含まれていて、その中の一つがCBDです。

麻にはいくつかの品種がありますが、品種によっては約40%ほどをCBDが占めています。

CBDは医学や科学の面で注目されており、数々の研究結果が報告されています。

麻を危険視する人もいると思いますが、CBDは精神を興奮させる働きはなく、日本で合法とされている成分です。

麻に含まれるTHCという成分は日本の法律で規制されており、CBDクリーム CANOVYは第三者機関でTHCを含まないことを検査しています。

CBDクリーム CANOVYは1製品当たりに100mgのCBDを配合しています。CBDをアメリカから輸入をし、日本国内で製造された製品です。


クリームは、無香料・無着色です。

合成香料はもちろんですが、精油など天然の香料も使用していません。

においが気にならないため、全身に使用することができます。

CBD以外には、アサ種子油やカカオ脂を配合しています。

これらは保湿作用のある油脂です。

CBDとともに肌を乾燥から守ります。

1製品40g入りで、カバンに入れて持ち運べるサイズです。


CBDクリーム CANOVYは、顔のお手入れに、体の保湿に、ハンドクリームとして使用することができます。

適量を取り出して、肌になじませてください。

傷やはれものがある部位には使用しないでください。


CBDクリーム CANOVYは、CBDや保湿作用のある油脂を配合しています。

乾燥が気になる、カサカサする、CBDをスキンケアに取り入れたいという方に適した製品です。


→CANOVY CBDクリーム 40g CBD100mg含有


4つのフレーバーから選べる自然の恵みCBDオイル-nuu(ヌー)


寝つきが悪い、疲れが抜けない、イライラするなど、不調を抱えている方は少なくありません。

もっと心地よい生活をサポートする製品が「nuu(ヌー) CBDオイル」です。


nuuは、自然の恵みで心身を整えることをコンセプトにした、日本で誕生したブランドです。

CBDを通して、現代に生きる人々の身体や心の健康をサポートします。

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種のことです。

大麻草を危険視している方もいると思いますが、CBDは日本では合法で、WHOが安全性を認めている成分です。

CBD製品はアメリカから輸入をしており、輸入の際には必要書類を提出しています。

日本の法律を守り、許可を得て販売している製品です。

CBDはこれまでにいくつもの研究論文が発表されており、ストレスが多い方、寝つきが悪い方、疲れが抜けない方などをサポートする働きが期待できます。


nuu CBDオイルは4つのフレーバーを用意しています。

ノンフレーバーは、そのまま口にしても、飲み物に加えても摂取しやすいフレーバーです。

ベリーは、もぎたてのベリー類の甘酸っぱさがあります。

ミントは、爽やかさを感じられるフレーバーです。

ゆずは、柑橘系のみずみずしさを感じられる、ほっとくつろげるようなフレーバーです。

どのフレーバーも、6%濃度でCBDを配合しています。


スポイトタイプの容器で、10滴から20滴ほどを舌の下に垂らし、90秒ほどそのままにして使用をします。

しばらくおくことで舌の皮膚から吸収されます。

好みの飲み物に加えて摂取することも可能です。


すっきり目覚めたい、気持ちを休めたい、このような方をサポートする製品です。

心身のケアのために手軽に取り入れられる製品といえるでしょう。


→nuu(ヌー) CBDオイル 6% 600mg 10ml


使いやすくオシャレなボトルのCBD OIL ASAMI


癒しが欲しい、すっきりしたい、そんな悩みを抱えていませんか。

毎日忙しく過ごしていると、リラックスするための時間を取りにくいことでしょう。

そのような方をサポートする製品が「CBD OIL ASAMI」です。


CBD OIL ASAMIは、CBDを配合したオイルです。

CBDは麻から抽出される成分のことで、いくつもの論文が発表されており、世界中で注目されています。

CBDには、気持のリフレッシュ、くつろぎなどの働きが期待できます。

麻は危険なのではないかと心配になる方もいると思いますが、日本でCBDは合法な成分です。

CBD OIL ASAMIは国内自社グループで製造をしている、国産のCBDオイルです。

99%以上高純度なCBDオイルで、THCは含んでいないことを成分分析をして確認しています。


ベースオイルには、MCTオイルを使用しています。

MCTオイルは、ココナッツオイルやパーム核油から得られる中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。

MCTオイルに10%濃度でCBDを配合しています。

さらに、ビタミンEを5000mg配合しています。

ビタミンEは抗酸化力や血行促進などの働きがある成分です。

食品では、アボカド、アーモンド、オリーブオイルなどに多く含まれています。


CBD OIL ASAMIは、飲んでも塗っても使用できます。

舌に直接垂らすか、飲み物に加えて、口に含んだら60秒ほどそのままにし、その後に飲み込みます。

1日3滴程度が目安量です。塗る場合は粘膜や傷口を避けて使用してください。


CBD OIL ASAMIは、飲むことも飲むこともできて、気軽に使えるCBDオイルです。

いつでもどこでも持ち歩いて、リラックスやリフレッシュに活用してみてはどうですか。


→CBD OIL ASAMI 1500mg(10%)


2021年2月3日水曜日

名古屋のCBD販売店-ブログやオンラインショップが魅力のDr.Vapor


CBD製品を販売するショップは愛知県ではやはり名古屋市内に多く存在しています。

名古屋市は愛知県の中では非常に大きく、栄えているエリアのため、商業施設は充実しているはずです。

CBDという存在はややマイナーではあるものの、CBDを探している人にとって便利なお店がこの名古屋にはいくつかあります。

その中でもDr.Vaporに関しては、割と老舗と言えるお店になるため、その詳細について知っておいてほしいです。

実際に名古屋市内やその周辺に住んでいる人たちにとって、かなり存在価値を感じられるお店と言えるでしょうから、詳しい特徴や魅力を把握しておきましょう。


名古屋で有名なDr.Vaporの特徴

愛知県名古屋市にあるDr.Vaporは、CBD製品を多く扱っていますが、それ以外の品揃えも割と充実しています。

VAPE、電子タバコといったものもきちんと揃えており、CBD製品と一緒にそういった品も同時に購入することができます。

このDr.Vaporは、名古屋市内では特に歴史が古く、このような部分で信頼度は高いと評価できるでしょう。

したがって、扱っている品についても信頼度が高いと評価できるはずで、十分におすすめ可能だと思います。

いろいろなジャンルの製品を扱っていますが、CBD関連のものは特に品数が多い状況です。

だから、このDr.Vaporに関しては、特にCBD製品を求めている人にとって魅力を感じやすい特徴が存在しています。

結構珍しい、真新しい製品も普通に取り扱いがありますから、他のお店では見ることができない光景かもしれません。

やはり興味がある人は、実際にお店に行ってみるのが良いと思うので、ぜひ店内を見学していきましょう。


Dr.Vaporはブログでお店の最新情報を発信している

Dr.Vaporに関しては、お店の中はCBD製品などを中心に、多くの品が所狭しと並べられている状態です。

ただ、Dr.Vaporではお店独自のブログが存在しており、そこではこのお店に関する最新情報が多く掲載されています。

特に扱っている商品についての情報が多く、実際にお店に行かなくても商品の陳列状況、入荷状況を知ることができるので、そこは知っておくと良いのではないでしょうか?

Dr.Vaporのブログをチェックすることで、日々どういったものが扱われているのか?を知ることができますが、お店の雰囲気やスタッフの人柄なども同時に把握することが可能です。

CBD製品を扱うお店に関して、こういったものを使って情報を発信しているケースはそこまで多いとは言えないでしょう。

したがって、Dr.Vaporのような状況はある程度は貴重と評価でき、利用する客側にとって大きな利便性が実現している状況です。

ブログに関しては毎日チェックする必要はないでしょうけど、定期的に見ていくと良いと思います。

ブログに載っていた情報をもとに、実際にDr.Vaporのお店に行くというやり方が効率的だと思われるので、そこは頭に入れておくと良いです。

Dr.Vapor自体は知っていても、ブログを知らない人がいるはずですし、そういった人はブログの存在まで覚えておくことをおすすめします。


Dr.Vaporはオンラインショップも存在する

Dr.Vaporは実店舗は愛知県名古屋市にありますけど、実はオンラインショップも存在しています。

したがって、名古屋のお店まで向かうことがしづらい人、現実的に厳しいと言える人はそういう選択肢もありでしょう。

Dr.Vaporの場合、オンラインショップに関しても品揃えは良いと言える状況であり、見ているだけで楽しめる光景が広がっています。

インターネットの場合には在庫を豊富に管理することがしやすいため、実店舗よりも品揃えが良いと言える場合がありえます。

だから、Dr.Vaporに関しても、オンラインショップは十分に期待できるはずですし、1度見てみることをおすすめします。

名古屋にあるお店に向かうことができる人に関しても、オンラインショップの存在は知っておくべきだと思います。

店頭で商品を直接確認したいとか、スタッフの人に直接話を聞きたいという人はDr.Vaporのお店に向かってもいいです。

ただ、そういった必要がないのであれば、お店に行ける範囲に住んでいる人についても、オンラインショップでもいいかもしれません。

その代わり、注文した日には届かないでしょうから、すぐに使いたいと思っている人には向きませんが。

しかし、オンラインショップの選択肢がある点は知っておくべき部分と言えます。

2021年1月31日日曜日

ヘンププロテインとは?メリットや摂り方を解説


プロテインには、カゼイン、ホエイ、ソイなどさまざまな種類がありますが、ヘンププロテインを知っていますか。

ヘンププロテインは、カゼインやホエイなどとは違う特徴を持っています。

では、ヘンププロテインとはどのようなものなのか見ていきましょう。


ヘンププロテインとは?

ヘンププロテインとは、麻の実(ヘンプシード)をコールドプレス製法で圧搾をした後の脱脂した実のことです。

フレーク状やパウダー状に加工されますが、パウダー状のものが多くで回っています。

ヘンプは麻科の植物なので、ヘンププロテインは植物性のタンパク質です。

ベジタリアンでも乳製品にアレルギーがある方でも摂取できます。

ヘンプシードはアミノ酸が豊富で、人間が体内で作り出すことができない必須脂アミノ酸9種類すべてを含有しています。

必須アミノ酸の中のトリプトファンの含有量がやや少ないのですが、トリプトファンが多い豆乳や牛乳などと組みあわせれば、アミノ酸バランスがよくなります。

その他には、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどの栄養素を豊富に含有しています。

これらはどれも現代人が不足しやすい栄養素です。

脱脂したヘンプシードをそのままパウダーやフレーク状にしたものには、食物繊維も多く含まれています。

食物繊維は、カゼインプロテインやホエイプロテインには含まれていない成分です。


ヘンププロテインのメリット

さまざまな種類のプロテインがありますが、ヘンププロテインを取り入れることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。


乳製品アレルギーがある人でも摂れる

カゼインプロテインやホエイプロテインは、乳製品にアレルギーがある方は摂取できません。

食物アレルギーの原因となる物質は、食物に含まれるタンパク質なので、牛乳に含まれるタンパク質であるカゼインやホエイを摂取できないのです。

ヘンププロテインは植物性プロテインで、カゼインもホエイも含んでいないので、味付けなどのために乳成分を加えていない製品であれば、乳製品にアレルギーがある方でも摂取できます。


食物繊維を摂れる

食物繊維には、便のかさを増やして腸を刺激し、蠕動運動を促す働きがあります。

お腹をすっきりさせるために大切な成分です。

1日の食物繊維摂取目標量は、成人男性20g以上、成人女性18g以上ですが、15g程度しか摂取できていないのが現状です。

ヘンププロテイン100gあたりには食物繊維が18gほど含まれているので、不足しがちな食物繊維を補えます。


いろいろなアレンジができる

ヘンププロテインは水やジュースなどに溶かして摂取することはもちろん、お菓子や料理にも活用できます。

いろいろな摂り方ができると、飽きずに摂取し続けられることでしょう。


トランス脂肪酸ゼロ

トランス脂肪酸は、自然界にはほとんど存在しない脂肪酸です。

牛や羊などの反芻動物の肉や乳、その加工品にトランス脂肪酸が含まれていますが、現在私たちが摂取しているトランス脂肪酸の主な摂取源となっているのは、人間が加工して作りだしたものです。

トランス脂肪酸の摂りすぎは、心疾患のリスクを高めるといわれています。

低温製法で圧搾されたヘンププロテインなら、トランス脂肪酸がゼロです。


ヘンププロテインの摂り方

水に溶かす

ヘンププロテインの味を感じやすい摂取方法です。

ダマにならないように溶かすことが、おいしく飲むためのポイントです。


豆乳に溶かす

豆乳にヘンププロテインを溶かせば、ヘンププロテインに少ないトリプトファンをプラスすることができます。

また、大豆は畑の肉といわれているタンパク質が多い食品なので、ヘンププロテインと組みあわせればさらに多くのタンパク質を摂取できます。


甘酒に加える

甘味が欲しいときには甘酒に加えることがおすすめです。

甘酒は飲む点滴といわれていて、ビタミンB群やアミノ酸などを含んでいます。


チョコレートに加える

手作りチョコレートに加えると甘味があって摂取しやすくなります。

トリュフチョコレートとの相性がよいです。


ケーキに加える

ホットケーキやパウンドケーキなど手作りするときに加えても、違和感なく摂取できます。

ヘンププロテインはグルテンフリーな食品で、米粉を使えばグルテンフリーなお菓子になります。