2021年2月23日火曜日

CBDを飲物に加えるメリットや相性、そもそも飲物に加える事が出来るのか


CBDオイルは舌下に垂らしてしばらく放置し、その後に飲み込んで利用をします。

飲み込んでしまうのだから、飲物に加えて摂取してもよいのではないかと思いませんか。

また、飲物に加えることで摂取しやすくもなりそうです。

この記事では、CBDオイルを飲物に加えて摂取することができるのかや、飲物との相性などを解説していきます。


CBDを飲物に加えるメリット

CBDには独特の味があります。

おいしいものなら気軽に利用できますが、味が気になると毎日気軽に利用しにくく感じてしまうことでしょう。

CBDを飲物に加えると、飲物の味によってCBDの味が気になりにくくなります。

味が気にならなければ、毎日でも摂取しやすくなるはずです。

また、人目が気にならないメリットもあります。

CBDオイルはスポイトから直接口に垂らして摂取するのですが、口を大きく開けてスポイトから液体を垂らしている様子を人に見られることにためらいを感じる方もいると思います。

しかし、飲物に加えてしまえば他の人からは普通の飲物を飲んでいるようにしか見えないので、人目が気になりません。

人の目を気にしなくてもよくなれば、職場でも気軽にCBDを利用できます。


CBDを飲物に加えることはできる?

CBDオイルは、舌下に垂らしてから90秒ほど放置をして利用をします。

90秒ほど経ってからは、そのまま飲み込んでしまって構いません。

飲み込むなら、飲物と一緒に飲み込んでも同じではないかと思いませんか。

そもそも、どうして舌下に垂らして使用するのでしょうか。

口から摂取したものは、胃酸の影響を受けたり、小腸から吸収されて肝臓に届き、肝臓の分解作用を受けたりします。

CBDが体内に吸収されて利用される割合は、経口摂取の場合6~15%ほどといわれています。

口から摂取をしてすぐに飲み込んでしまうと、胃酸や肝臓での働きの影響を受けてCBDが分解されてしまうことが考えられるのです。

舌下に垂らすと舌の皮膚から吸収されます。

この方法だと胃酸の影響を受けないため、経口摂取の場合よりも体内で利用される割合が高まることが期待できます。

舌下から吸収させた場合は、6~20%ほど利用されると考えられています。

CBDを飲物に加えて摂取することはできるのですが、すぐに飲み込んでしまうと胃酸などの影響を受けて、吸収されて体内で利用できる割合が減ってしまう可能性があります。


CBDと飲物の相性

さまざまな飲物がありますが、どういったものとCBDとの相性がよいのでしょうか。


牛乳

プロテインやスムージーを牛乳に混ぜて飲むことがあり、牛乳は何かと混ぜる飲物として選ばれることが多くあります。

CBDは脂溶性の成分で油と一緒に摂取をすると吸収率が高まることが期待できます。

無脂肪牛乳でなければ、牛乳には脂肪分が含まれています。

また、脂肪分は苦味を和らげてくれる働きがあります。


柑橘系のジュース

爽やかな酸味がCBDの味を和らげてくれることが期待できます。

砂糖使用のジュースと砂糖不使用のジュースでは甘味が違うし、柑橘系といってもグレープフルーツ、オレンジ、みかんなどさまざまな種類があるので、好みのものを見つけてみてください。


野菜ジュース

野菜ジュースに健康的なイメージを持っているのではないでしょうか。

CBDも健康をサポートしてくれそうな成分で、相性がよいように感じませんか。

野菜ジュースにはリンゴのような甘味のある果物が加えられていることがあり、CBDの味を気になりにくくしてくれます。

青汁系の野菜ジュースだと、ジュースそのものの味が気になってしまうかもしれません。


スムージー

手作りのスムージーにCBDを加えることもできます。

ミキサーにかけるときにCBDを加えてしまうと、ミキサーにCBDが残ってしまい、口にできるCBDの量が減ってしまう可能性があるので、作ってコップに移し替えたスムージーにCBDを加えるとよいでしょう。


コーヒー

コーヒーとCBDの相性はあまりよくありません。

眠気を吹き飛ばすためにコーヒーを飲むことがあります。

CBDはリラックスのサポートが期待できる成分です。

コーヒーとCBDは反対の作用を持っているのです。

そのため、コーヒーと摂取してしまうとCBDに期待する働きを得られない可能性があります。

CBDオイルは料理に使えるのか?注意点含め解説


CBDとは、麻に含まれる成分の一種です。

麻の実(ヘンプシード)はヘンプオイルなどが料理に使われているので、CBDオイルも料理に使えるのではないかと考えたことがありませんか。

CBDオイルの説明書きには「料理に使用する」「料理に使用できる」とは記載されていませんが、料理に使うことはできるのでしょうか。


CBDを使っている飲食店

海外にはCBDを使用しているカフェがあり、日本でも数は少ないですがCBDを使って料理を提供しているカフェがあります。

こういった例からも、CBDは料理に加えることができるといえそうです。

CBDは麻から抽出される成分なので、麻製品関連でヘンプシードやヘンプオイルも料理に使われていることがあります。


加熱温度に注意する

CBDを料理に使うときには、いくつか注意したいことがあります。

CBD製品にリキッドがあります。

CBDリキッドは、電子タバコを使って蒸気にして吸引するものです。

蒸気化したCBDを吸引することで、肺から成分が吸収されることが期待できます。

蒸気化して吸引できるということは、加熱をすればCBDは蒸気になってしまうということです。

電子タバコを使えば蒸気になったものを吸引できますが、調理中に蒸気になってしまうと、料理の中に含まれるCBDが減ることになります。

CBDが蒸気になる温度は160℃~180℃、燃焼しはじめる温度は220℃~230℃です。

一気圧では水は100℃以上にならず、160℃以上になる調理方法とは揚げる、焼くなどです。

摂取できるCBDを減らさないように、料理の温度に気をつけましょう。


オイルと一緒に摂取する

CBDは脂溶性成分で、オイルと一緒に摂取することで吸収率が高まることが期待できます。

CBDオイルは、もともとオイルを使っている製品ですが、食事にも油分を含むものを加えるとよいでしょう。

ただし、トランス脂肪酸の摂取はおすすめできません。

トランス脂肪酸は、反芻動物の肉や乳などにも含まれていますが、天然のものではほとんど存在していないもので、過剰に摂取をすると心疾患のリスクが高まるといわれています。

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニング、それらを使った食品に含まれています。


少量から摂取しはじめる

より高い効果を得ようと、たくさんの量のCBDを摂取したくなるかもしれませんが、はじめてCBDを利用する方は少ない量から摂取しはじめるようにしましょう。

CBDは忍容性が高い成分で1日1500mg程度までの摂取なら問題ないといわれていますが、人によっては少量でも頭痛や吐き気などがでることがあります。

一度に大量に摂取をして体調を悪くしてしまう恐れがあるし、少量でも十分なのに大量に料理に使ってしまうと、CBDがもったいないです。

体質は人それぞれ違うので、自分にあった量を見つけて使ってみてください。


保管方法に気を付ける

オイルは酸化しやすい性質があるので、保管方法に注意が必要です。

CBDオイルには、ヘンプオイルやMCTオイルが使用されています。

ヘンプオイルにはオメガ3系脂肪酸が多く含まれており、オメガ3系脂肪酸は酸化しやすい油です。

MCTオイルは比較的安定していますが、保管方法に気をつけないと酸化が進みます。

CBDオイルは茶色い瓶に入っていることが多くありますが、この瓶は遮光瓶で光を遮られるようになっています。

CBDオイルは、高温多湿、直射日光を避けて保管しましょう。


1日の摂取量を考える

料理にCBDを加えて、それ以外にもCBDを摂取していると、1日のCBD摂取量が多くなってしまいます。

たとえば、料理にCBDオイルを加えていて、普段CBDリキッドを吸引していて、寝る前にCBDオイルを摂取しているなどは、過剰摂取による影響が心配されます。

適切な摂取量は人によって違うので、1日何mgが適切なのかを説明することはできませんが、過剰摂取には気をつけましょう。

少ない量からはじめて、体調をみながら少しずつ増やしていくことで、自分にあった量を見つけることができます。

オイルだと1滴ずつ量を調整しやすく、細かく調整しながら自分にあった量を見つけることができます。

食事と一緒にCBDを摂取しても良いのか。最適なタイミングは?


CBDには独特の苦みがあり、味に抵抗を感じることがあります。

しかし、食事と一緒に摂れば味を気にせずに摂取できそうです。

そうはいっても、CBDは食事と一緒に摂取して、期待するような変化を得られるのでしょうか。

この記事では、CBDを食事と一緒に摂取してもいいのか、どのようなタイミングで摂るとよいのかなどを解説していきます。


CBDの形態と一般的な摂取方法

CBD製品にはさまざまな形態のものがあり、それぞれ推奨される摂取方法が違います。


CBDオイル

CBDは脂溶性で、オイルに混ぜて摂取することで吸収がよくなると期待できます。

CBDオイルは、ヘンプオイルやMCTオイルなどにCBDを配合したものです。

舌下に垂らして使用をします。


CBDリキッド

CBDを配合しているリキッドを電子タバコを使って蒸気にして吸引をします。

フレーバーがついているものがあります。


CBDカプセル

一般的なビタミンやミネラルなどのカプセルタイプのサプリメントと同じようなカプセルの中に、CBDを閉じ込めたものです。

そのまま飲みます。


CBDパウダー

CBDを粉末状にしたものです。

一般的な食用油に混ぜてCBDオイルを作る、リキッドに混ぜてCBDリキッドを作るなどして利用できます。


CBDクリーム

一般的な化粧品のクリームにCBDを配合したものです。

肌に直接塗って使用をします。


CBDグミ、CBDチョコレート、CBDクッキー

CBDを配合しているお菓子です。

一般的なグミやチョコレートなどのように食べることができます。


CBDを食事に混ぜてもよいの?

CBDオイルやCBDパウダーは食事に混ぜることができます。

しかし、CBDオイルの場合、ヘンプオイルやMCTオイルなどを使用していて、これらのオイルは加熱には不向きなので、CBDオイルを入れた料理を加熱しない方がよいでしょう。

食事に混ぜたいときには、調理済みのものに加えるようにします。

また、CBDを高温で加熱して性質が変性することも考えられるので、パウダーも調理が済んでから加えるとよいでしょう。

塩や砂糖などの調味料は、味を調えるために調理中に加えますが、CBDを食事に混ぜても調味料のように味を大きく変えることはないので、調理中に加える必要はありません。

CBDリキッドは蒸気にして吸引するタイプなので、食事に加えないでください。

CBDカプセルはカプセルに閉じ込められているからこそ持ち運びしやすく、味が気にならないようになっています。

カプセルを分解して、わざわざ中身を取り出すようでは、カプセルのメリットを活かせません。

カプセルはそのまま飲むようにしましょう。

CBDクリームは肌に塗る目的で作られているので口に入れないでください。


吸収率の問題

CBDオイルやCBDパウダーは食事に混ぜて摂取することができますが、このような摂取の仕方をするとCBDの吸収率が下がる可能性があります。

体内に取り込まれた物質は、胃酸や小腸で分泌される消化酵素、肝臓の働きなどによって分解されます。

CBDを食事と一緒に摂取した場合、胃酸の影響を受けたり、肝臓で分解されたりして、吸収率が低下することが考えられます。

吸収率は6~15%とも言われています。

CBDオイルは舌下に垂らして摂取することが一般的ですが、これは舌の下の皮膚から吸収させるためです。

皮膚から吸収させると、胃酸や小腸の消化酵素の働きを受けることがありません。

舌下に垂らして摂取した場合は、吸収率が6~20%ほどといわれています。


CBDの摂取タイミング

摂取方法によって、期待する変化が発現するまでにかかる時間が違います。

舌下の場合は摂取してから15分から1時間ほどで現れます。

睡眠の質を高めたり、寝つきをよくしたりする目的なら、就寝の30分前ほどに摂取すると、ちょうどよいタイミングで変化が現れることが期待できます。

吸引の場合は2分から15分ほどで変化が現れます。

すぐに変化を実感したいときに向いている摂取方法です。

口から摂取をした場合は、変化が現れるまでに30分から90分ほどかかります。

これから運転する場合は、運転中に眠気が出る恐れがあるため、車を運転する可能性があるときには摂取しないようにしましょう。

業務用CBDを購入できるのか、安く購入する方法は?


食料品や日用品は、業務用を選ぶと一般的なものよりも安く購入できます。

毎日使うものを安く購入できると助かります。

CBDも業務用を購入できれば安く手に入れられそうですが、一般の人が業務用のCBDを購入することができるのでしょうか。

ここでは、業務用CBDを購入できるのか、安く購入する方法はあるのかなどを解説していきます。


業務用CBDを購入できるの?

業務用商品とは、学校、会社、官庁など一般家庭以外のものを対象に販売されている商品のことです。

業務用の家電製品だと電圧が家庭用と違っていたり、食料品や日用品だとパッケージが簡易になっていたり、大容量だったりします。

パッケージを簡易化するなどによって、一般家庭用よりも低価格で提供することが可能となります。

CBD(カンナビジオール)は、大麻草に含まれる成分の一種です。

日本では大麻取締法によって、大麻草の花穂や葉を所持したり、譲り渡したりしてはいけないと定められています。

しかし、大麻取締法では、大麻草の成熟した茎と種子やその製品は規制対象外となっているので、大麻草の成熟した茎や種子から抽出したCBDであれば、日本では合法です。

CBDは海外から輸入されていて、日本に輸入されているものは大麻草の成熟した茎や種子から抽出したものとなっています。

業務用CBDとして販売されているものは、CBD原料という形で販売されていることが多くあるようです。

オイル、カプセル、リキッドなどの形ではなく、製品になる前の段階の状態です。

また、業務用として製品の企画や開発を行っていることもあります。

これらはどれも企業などを対象にしたもので、注文単位数が多くなっています。

一般の人は購入しにくい製品です。


CBDを安く購入するには

業務用なら安く購入できそうですが、業務用を一般の人が購入するのは難しいです。

では、業務用以外ではどうすれば安く購入できるのでしょうか。


セールを利用する

セール期間は通常時よりも安く購入できます。

セールを逃さないように、メールマガジンの登録をしたり、お店をこまめにのぞいてみたりするとよいでしょう。


ディスカウントショップを利用する

CBDを販売している店舗は少ないですが、ディスカウントショップなら安く購入できます。

販売していないこともあるので、出かける前に店舗に問い合わせをしておくと安心できます。


まとめ買いする

まとめ買いをすると何パーセントか割引してくれるお店があります。

また、通販の場合だとまとめ買いをして一定金額以上の購入になれば、送料が無料になることがあります。


CBD製品の形態を選ぶ

CBD製品には、オイル、リキッド、カプセル、チョコレート、グミなどさまざまな形があり、それぞれ価格が異なります。


企業が業務用に購入するときの方法

一般の人が自分自身で使う用に購入するには、通販やCBDを扱っている実店舗で購入することになります。

では、通販や実店舗では、どのようにCBDを仕入れているのでしょうか。

日本では大麻取締法によって、大麻取扱者でなければ大麻草の栽培や所持などは禁止されており、販売されているCBD製品は輸入をしています。

輸入の際には、輸入しようとする製品が大麻草の茎や種子から抽出されたものであることを証明する書類、成分分析書、CBDの原料や製造工程の写真などを提出しなければなりません。

さらに、通関のための必要書類もあります。

これらの必要書類を提出して、必要な手続きをして輸入をしています。

こういったことを一般の人が行うには、時間と労力が必要になるので、個人輸入は難しいでしょう。

大麻草に不安を感じている方もいるかもしれませんが、このように必要書類を提出し、必要な検査も行われ、安全性を確認したうえで輸入や販売を行っています。

日本では大麻草に含まれるTHCという成分が規制されており、日本で販売されているものはTHCを含んでいないことを確認しています。

個人的に成分分析してもらうとなると費用が気になりますが、企業が輸入してくれたものをお店などで購入すれば、自分で成分分析する必要はありません。

必要な手続きがされている製品であれば、安心して購入できることでしょう。

CBDのレビューをチェックする際に頭に入れておくべき注意点


CBDに対して関心を持っていて、今後使っていきたいと考えている人は、他人のレビューを参考にするケースがあるでしょう。

確かにすでに使用している人の体験談を見ていくことで、CBDとは何か?という部分が大分見えてくる状況はありえるはずです。

レビューは未体験の人にとってはかなり有益な存在になり得ると言えますけど、こういったものをチェックする際にはどうしても注意が必要と言えます。

レビュー自体は参考にしていいものの、その際の注意点を心得ておかないと、後に失敗する可能性があります。

したがって、CBDのレビューを閲覧する際に頭に入れておくべき点について、しっかりと理解しておいてほしいです。


CBDの効果の現れ方には個人差がある

まず当たり前と言える部分に関して述べていきますが、CBDは誰に対しても均等に効果が出るわけではありません。

これはCBD以外のものを使用したときも同様ですけど、身体に変化を生じさせるアイテムは個人差がどうしてもあります。

そこを念頭に置いたうえで、レビューをチェックしていく必要があるわけです。

特に重要なのは、実際にレビューを見たときにそのレビューの通りになる保証はどこにもないという点です。

これは悪い内容、良い内容ともに共通ですが、レビューで書かれていることはあくまでもその人におけるケースと言えます。

つまり、自分が使ったときにそのレビューを書いた人と同じ状況になるか?と言えば、ならない可能性も大いにあります。

効果がなかったと書かれていてもあるかもしれないですし、効果があったと書かれていてもないかもしれません。

そういう個人差はCBDにはつきものと言え、レビューを実際にチェックする際には常に頭の中に入れておきましょう。


自分が求める効果のレビューを特にチェックしていく必要がある

CBDの効果に関してはかなり多く存在しており、それぞれが求める部分には違いがあるでしょう。

したがって、実際にレビューを見ていく際にはその点を考慮する必要があり、自分が欲している効果に関して書かれたレビューを閲覧すべきです。

効果の現れ方や程度、効果を実感できるまでの期間などについては、具体的な効果ごとに異なる性質があります。

だから、自分が求めている効果ごとにレビューをチェックしないと、参考にならない可能性が考えられます。

中にはCBDに関して、マイナーな効果を求めている人もいるかもしれません。

そういう人の場合には、レビューを探しても見つけるのが困難な可能性がありますが、別の効果に関するレビューを見ても参考のなる余地はほとんどないと思われます。

自分が求めている効果に関するレビューを根気よく探していくことが必要と言えるため、そこは知っておきましょう。

できるだけピンポイントで、自分と同じような理由でCBDを使っている人のレビューを探していくことが重要と評価できます。

自分が実際に使う状況をそのまま想像できるようなレビューに出会える状況が、理想ということです。


CBDの製品ごとにレビューをチェックしていくことも重要

CBD製品に関しては、世の中に相当な数が存在しており、非常に多くの会社が販売しています。

そして、それぞれの製品ごとに品質などの点で違いがあるため、そこも考慮してレビューを見ていかないといけません。

つまり、参考にしたレビューで扱われているCBD製品と全く異なるモノを買ってしまったら、レビューを見た意味がないということです。

自分が実際に購入するモノとレビューで参考にするモノを一致させないといけないため、ここも頭に入れておきましょう。

世の中にはCBD製品が数多く存在するので、それぞれごとに実際に使用したときの状況は変わるという点を認識しないといけません。

そういう意味では、レビューを見たうえである程度期待が持てそうなモノを候補にしていくやり方が良いと思います。

個人差があるため、レビューを完全に鵜呑みにすべきではないものの、参考にはしたうえで期待感が少なからずあると思われるモノに関して、自分が実際に使う候補として捉えると良いわけです。

最終的には実際に購入する製品を最低1つは決めないといけないため、こういったやり方をとるのが基本的には望ましいでしょう。


2021年2月18日木曜日

やけどの応急処置法やCBDに期待できる働きを解説


軽いやけど程度なら、誰もが一度は経験したことがあるはず。

軽いためそのまま放置してしまうこともありますが、跡を残さないためには適切な処置をすることが大切です。

皮膚への働きが期待されている成分がCBDです。

ここでは、やけどの応急処置法やCBDに期待できる働きを解説していきます。


やけどの原因

やけどとは、皮膚や粘膜に障害が生じたものです。

皮膚障害の程度は、触れたものの温度と触れている長さによって決まります。

高温ものであれば、一瞬触れただけでもやけどが生じます。

高温の鍋に触ってしまったときなどがそうです。

44~50℃程度のものだと長時間触れていることによってやけどが生じます。

これを低温やけどといいます。

使い捨てカイロや湯たんぽを長時間同じ場所に当てていたときなどに生じることがあります。

また、薬品や電流などによるやけどもあります。

全身のやけどは命にかかわることがあるので、すぐに治療が必要です。

軽度のものであっても適切な処置をしないと、傷跡が残ってしまったり、傷口から細菌が侵入をして炎症を起こすことがあります。


やけどの応急処置法

やけどをしたら、すぐに冷やすことが重要です。

水道水に5分から30分ほど当てます。

このときに、服の上から水を当てるようにします。

皮膚が衣服にくっつき、衣服を脱ぐ際に皮膚が剥がれてしまう恐れがあるためです。

皮膚が剥がれると痛みが増し、患部の直りが悪くなることがあります。

また、衣服を脱ぐことに時間をとられて、冷やすことが遅くなってしまいます。

保冷材のようなものを使って冷やしても構いません。

タオルにくるんで使用しましょう。

長時間当てていると凍傷を起こす可能性があるので、注意が必要です。

冷やした後には水泡をつぶさないようにして、速やかに病院を受診します。

自分では軽度と思っていても見た目では判断できないので、念のために病院で診てもらうとよいでしょう。

水泡をつぶすことに関しては賛否両論あります。

小さな水ぶくれであればつぶさない方がよいといわれており、大きなものはつぶした方が痛みが和らぐといわれています。

しかし、自分でつぶすと炎症がひどくなったり、細菌が侵入したりする可能性があるので、必ず医師に診てもらうようにしてください。


CBDの皮膚への働き

炎症を起こしている部位では、赤み、腫れ、痛み、熱感がみられます。

やけどでは、このような症状がみられます。

CBDには抗炎症作用が期待できます。

また、CBDには抗菌作用もあるといわれています。

傷口は細菌が侵入しやすく、細菌による炎症が心配されます。

適切な処置をすることで、傷口からの細菌の侵入を抑えることができます。

そして、皮膚の治りをよくするためには十分な睡眠時間を確保することが大切です。

寝ている間には成長ホルモンが多く分泌され、体の修復が行われています。

やけどを治すためにも十分な睡眠時間を確保することが大切です。

そうはいっても、寝つきが悪い、ぐっすり眠った感じがしないということがあるでしょう。

ストレス、スマホやパソコンのブルーライト、飲酒などは、睡眠の質を悪くする原因です。

CBDはリラックス感や睡眠をサポートすることが期待できます。

就寝前にCBDオイルを摂取している方もいます。


CBD製品の使い方

CBDを配合したクリームやローションなどは、直接皮膚に塗って使用することができます。

しかし、やけどを起こしている部位への使用は控えることが望ましいです。

CBDクリームやローションには、CBD以外にもさまざまな成分が配合されており、それらの成分が皮膚に刺激を与えてしまう可能性があります。

もしもCBDクリームやローションなどをやけどの部位に使いたい場合には、医師に相談をしましょう。

CBDオイルは口から摂取するもので、直接やけどの部位に触れることはないので使用可能です。

舌下に垂らして1分ほどそのままにして、その後に飲み込みます。

製品によって配合濃度が異なるので、製品に記載されている目安量を守って使用してください。

始めて使用する方は体の反応を見るために、少ない量から使用するようにします。

問題がなければ体の調子を見ながら量を調整します。

朝起きれないならCBD!起きれない人にCBDが効果的な理由


朝起きれない、眠くて仕方がない、疲れが抜けない、そんな悩みがありませんか。

睡眠は体を休めるための大切なものですが、しっかり休めない方は少なくないようです。

起きれない、眠れないと悩んでいる人のサポートが期待できる成分がCBDです。

ここでは、なぜ朝起きれないのか、CBDに期待できる働きは何なのかなどを解説していきます。


朝起きれない理由

朝眠くて仕方がない、起きられないなど、どうしてこういったことが起こってしまうのでしょうか。


夜更かし

朝早く起きるためには、夜早く眠ることや、質の良い睡眠をとることが必要です。

仕事がある日は出勤時間が決まっており、それにあわせて起床をすることになります。

つまり、夜更かしをしていると睡眠時間が短くなってしまいます。

スマホやパソコンをする、テレビを見るなどで夜更かししてしまうことが珍しくありません。

十分な時間睡眠を取れないと朝起きなければならない時間になってもまだ眠く、起きられなくなってしまうことがあります。


ストレス

自律神経とは、自分の意志ではコントロールできない働きです。

自律神経は呼吸、体温、心拍数などの調整にかかわっています。

交感k神経と副交感神経があり、交感神経は主に日中に活発に働き、副交感神経は主に夜眠っている間やリラックスしているときに活発に働きます。

寝つくためには、交感神経が静まって副交感神経が優位になっていることが大切です。

しかし、ストレスがあると交感神経が優位な状態が続き、寝つきが悪くなります。

寝つきが悪いと、早くベッドに入っても睡眠時間が少なくなってしまいます。


アルコールの影響

寝る前にアルコールを摂ると寝つきがよくなると思っているかもしれませんが、実はアルコールの摂取は睡眠の質を低下させます。

アルコールには利尿作用があり、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまいます。

また、アルコールが代謝される過程で生まれるアセトアルデヒドが血圧や脈拍に影響を与えて、睡眠の質を低下させます。


CBDに期待できる働き

麻には80種類以上のカンナビノイドが含まれており、CBDはその中の一種です。

麻を危険視する方もいるかもしれませんが、日本の法律では規制されていない成分で、輸入に際しては必要書類が提出されています。

生物にはエンドカンナビノイドシステムという、恒常性を維持する機能が備わっています。

体温、食欲、睡眠、脈拍など、体のさまざまな機能にかかわっているシステムです。

エンドカンナビノイドシステムは、内因性カンナビノイドとその受容体で構成されています。

CBDはエンドカンナビノイドシステムの働きをサポートするといわれています。

CBDを摂取している方の中には、寝つきがよくなったことを実感している方がいます。

個人差があるので誰にでもあてはまることではありませんが、こういった変化が期待できそうです。

朝にすっきりと起きるためには、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

寝つきがよくなることで、睡眠時間を確保したり、睡眠の質がよくなったりすることが期待できます。


朝起きれないの対処法

夜にスマホやパソコンをみない

スマホ、パソコン、テレビなどからはブルーライトが発せされています。

夜暗くなるとメラトニンという睡眠にかかわるホルモンが分泌されて、自然と寝つけるようになるのですが、ブルーライトはメラトニンの分泌を妨げてしまいます。

睡眠の質をよくするためにも、寝つきをよくするためにも、就寝2時間くらい前からはスマホ、パソコン、テレビなどは見ない方がよいでしょう。


毎日同じ時間に起きる

生物には体内時計が備わっており、人間の体内時計は24時間とちょっとで地球の時点とずれています。

このずれを整える働きがあるものが朝日です。

朝起きたら朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。

平日と休日で起床時間が大きく違うと体内時計が乱れてしまい、軽い時差ぼけのような状態になり、平日に起きることがつらくなってしまいます。


光目覚まし時計を使う

光目覚まし時計は、光を使って起床を促すような時計です。

設定した時間の少し前から徐々に明るくなっていき、自然な目覚めを手助けしてくれます。

日本ではCBDに年齢制限はあるのか?子供でも利用可能なCBD製品とは


CBDを愛用している大人の方で、子どもにも摂取させたいと考えることがあるのではないでしょうか。

また、未成年でCBDを利用してみたいと考えている方もいると思います。

タバコや酒などは年齢制限がされていますが、CBDの場合はどうなのでしょうか。

ここでは、日本ではCBDに年齢制限はあるのか、どんなCBD製品だったら利用できるのかなどを解説していきます。


CBDとは

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、麻に含まれる成分の一種です。

日本では大麻取締法によって、大麻草の花穂や葉に関して規制されています。

しかし、大麻取締法では、大麻草の成熟した茎とそれを利用した製品、種子とそれを利用した製品に関しては規制されていません。

日本で販売されているCBD製品は、麻の成熟した茎や種子からCBDを抽出しているため合法です。

CBDの原料や製品は海外から輸入をしており、輸入に際しては厚生労働省の指示に従い、必要書類を提出しています。

また、麻に含まれるTHCという成分は日本の法律では規制されているため、輸入するCBDはTHCフリーであることを確かめるようにされています。

CBDは研究が進められており、数々の報告がされています。

日本で販売されているCBD製品は、オイル、リキッド、カプセルなどがあり、これらは医薬品ではないので効果効能を記載することはできませんが、心身の健康をサポートしてくれることが期待できます。


CBDに年齢制限はあるのか

CBDオイルは食品扱いで、食品なので年齢制限はありません。

しかし、小児が食品としてCBDを摂取した場合のことは詳しく研究されていないようで、摂取してどのような影響がでるかわかりません。

CBDは忍容性が高い成分といわれていますが、人によっては頭痛や吐き気などがでることがあるので、小児に与えることは控えた方がよいでしょう。

また、CBDは妊娠中・授乳中の摂取は勧められていません。

胎児への影響が心配されるので摂取は控えましょう。

服薬中の方は医師に相談をしてください。

薬との飲み合わせもあり、自己判断でCBDを摂取してしまうと危険です。


CBDリキッドは注意

CBDに年齢制限はないのですが、CBDリキッドは注意が必要です。

CBDリキッドは、電子タバコを使って蒸気にし、吸引をするタイプのものです。

日本で販売されているCBDリキッドにニコチンやタールは含まれていないので、法律的には未成年が購入することに問題はないのですが、電子タバコ販売店によっては未成年への販売を自主規制していることがあります。

また、未成年が電子タバコを利用していると、電子タバコのことを知らない人から見ると違法行為をしているように見られてしまう可能性があります。

年齢制限はありませんが、未成年はCBDリキッドの利用を控えが方がよいでしょう。


どんなCBD製品を選べばいいの?

CBD製品にはさまざまな形態のものがあり、人それぞれ使いやすさが異なります。

自分にとって使いやすい形態のものを選ぶと、日常的に利用しやすいです。

日本では次のような製品が販売されています。


CBDオイル

ヘンプオイルやMCTオイルにCBDを配合したものです。

ヘンプオイルもMCTオイルも食用として扱われている、日常的に摂取できるものです。

スポイトを使って1滴ずつ細かく量を調整することができます。


CBDリキッド

CBDリキッドにはニコチンやタールは含まれておらず、年齢制限はされていませんが、未成年の購入や利用は控えた方がよいでしょう。


CBDカプセル

CBDをカプセルに閉じ込めたものです。

食品として扱われていて、年齢制限はありません。


CBDグミ

お菓子のグミにCBDを配合したものです。

お菓子感覚で食べることができます。


CBDチョコレート

お菓子のチョコレートにCBDを配合したものです。

チョコレートの甘さがCBDを摂取しやすくしてくれます。


また、輸入の際にはTHCが含まれていないことを確認していますが、念のためにTHCが含まれていないことを購入するときに自分自身で確認しましょう。

製品によっては成分分析書をホームページで公開しています。

CBDが女性ホルモンのバランスをサポートする。更年期障害や月経前症候群にも


頭痛、イライラ、憂うつ、不眠など、女性ホルモンの影響で悩んでいる女性は少なくないようです。

生理前に現れる症状を月経前症候群、更年期になってから現れる症状を更年期障害と呼んでいます。

症状と長く付き合っていかなければならないのは、つらいものがあるでしょう。

これらの症状は女性ホルモンのバランスが関係をしています。

体のバランスをサポートしてくれることが期待されている成分がCBDです。

この記事では、CBDと女性ホルモンの関係を解説していきます。


月経前症候群とは

月経前症候群とは、月経がはじまる数日前に現れる、生活に支障がでるような不快な症状のことです。

症状が全くでない人もいれば、重く出てしまう人もいます。

月経のある女性の7~8割が生理前に何らかの不快な症状を感じており、生活に支障が出ている女性は2~4割いるといわれています。

現れる症状には、頭痛、倦怠感、イライラ、むくみ、過食、不安感、憂うつなどがあります。

女性には生理周期があり、月経、卵胞期、排卵、黄体期という周期を繰り返しています。

そして、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが、この周期にかかわっています。

排卵から月経までの間(黄体期)には、エストロゲンとプロゲステロンが多く分泌され、その後に低下をします。

このホルモンの変動が心身に影響を与えていると考えられています。

現在のところ、月経前症候群のすべてを説明できる学説はありません。


更年期障害・更年期症状とは

閉経の期間を挟んだ45~55歳ころを一般的には更年期と呼んでいます。

この時期には、イライラ、のぼせ、憂うつ、倦怠感、不眠などの症状がみられることがあります。

他の検査をしても異常がない場合に更年期症状といいます。

脳が「女性ホルモンを分泌せよ」と指令をだし、それを卵巣が受け取ることで卵巣から女性ホルモンが分泌されます。

しかし、更年期を迎えると脳から指令がでても卵巣は十分な女性ホルモンを分泌することができなくなります。

女性ホルモンが分泌されないので、脳からは「女性ホルモンを分泌せよ」という指令が出続けます。

この異常を脳にある視床下部に伝えられ、自律神経の乱れにつながります。

自律神経には、呼吸、体温、心拍数など体の機能の調整をする働きがあります。

体のさまざまな働きをコントロールしている自律神経が混乱してしまうことによって、更年期のさまざまな不快な症状が現れてしまうのです。


CBDに期待できる働き

生物にはエンドカンナビノイドシステム(ECS)と呼ばれる身体機能調節が備わっています。

ECSは、体内カンナビノイドとそれを受け取る受容体とで構成されています。

ECSはストレスや加齢などによって機能が低下をします。

体の機能を調整するシステムの機能が低下してしまうことが、さまざまな不調とかかわりがあるといわれています。

CBDは、大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

リラックス、睡眠、リフレッシュなどをサポートする成分として期待されています。


CBDの摂取方法

CBD製品には、オイル、カプセル、リキッドなどの形態があるので、自分が利用しやすい形のものを試してみるとよいでしょう。

初めてCBDを摂取する場合は、少ない量から摂取するようにします。

オイルは1滴ずつ細かく量を調節することができます。

オイルの場合は、舌の皮膚から吸収をさせたいので、舌下に垂らしたら90秒ほどそのままにしておきます。

その後に飲み込んで構いません。飲み物に加えて摂取することもできます。

カプセルは、一般的なビタミンやミネラルなどのサプリメントと同じように摂取をします。

リキッドは電子タバコを使用して蒸気にしたものを吸引します。

吸いこんだらしばらく肺に空気を留めておき、その後にゆっくり吐き出します。

月経前症候群や更年期の症状で悩んでおり、現在通院をしたり服薬をしていたりする場合には、医師に相談をしてください。

自己判断で飲まないようにしましょう。

また、月経前症候群や更年期の症状だと思っていたものが、実は他の病気だったという可能性もあるので、不調で悩んでいるようなら病院に相談をしてみるとよいでしょう。

現在妊娠をしていたり、授乳をしていたりする方は摂取しないでください。

CBDが高額な理由と各CBD製品の価格帯。安く購入する為のポイントと注意点


ストレス、眠れない、疲れが抜けない、パフォーマンスを上げたい、このよう悩みを抱えている方のサポートが期待できる成分がCBDです。

日本ではCBDは食品と扱われており、医薬品ではないため使用してすぐに劇的な変化が期待できるものではありません。

変化を期待するなら、継続して使用することが大切です。

続けるとなると価格が気になるのですが、CBDオイル1本10ml入りのものが1万円程度することとがあります。

高額なものは手を出しくいことでしょう。

この記事では、なぜCBDが高額なのか、安い製品はあるのかなどを解説していきます。


CBDが高額な理由

CBDとは、大麻草に含まれるカンナビノドの一種です。

大麻草に含まれるカンナビノイドは80種類以上あるといわれており、大麻草によっては、カンナビノイドの約40%をCBDが占めています。

大麻草に含まれるカンナビノイドの約40%を占めているというと、たくさん抽出できそうに感じますが、実はそれほど多くとれるものではありません。

日本には大麻取締法があり、大麻草の花穂や葉を所有してはいけないことになっています。

そのため、大麻草の花穂や葉から抽出したCBDを日本国内に持ち込んだり、所有したりすることは禁止されています。

日本で販売されているCBD製品は、大麻草の成熟した茎や種子から抽出したCBDを使用しています。

限られた部位からしかCBDを抽出することができないため、製品が高額になりがちです。

なお、大麻取締法では、大麻草の成熟した茎やその製品、種子やその製品は規制対象外です。

また、輸入をしているので関税がかかり、その費用も製品代金に上乗せされています。


CBD製品の種類

日本で販売されているCBD製品には、さまざまな形態のものがあります。


CBDオイル

ヘンプオイルやMCTオイルなどにCBDを配合したものです。

価格は3000円から38000円ほどまで幅広くあります。


CBDリキッド

電子タバコで蒸気にして吸引するものです。

価格は3000円から15000円ほどです。


CBDカプセル

CBDをカプセルに閉じ込めたものです。

カプセルで包まれることにより、CBDの味を感じにくくなっています。

価格は5000円から23000円ほどです。


CBDグミ

一般的なグミにCBDを配合したものです。

スーパーやコンビニで販売されているグミよりも高額で、価格は50粒入りで10000円ほどです。


安いCBD製品を購入するには

手ごろな価格のものもあれば、高額なものもあります。

できるだけお財布の負担を少なくしたいとき、安い製品はうれしいのですが、ではどうすれば安い製品を購入できるのでしょうか。


割引セールを利用する

CBD専門店では、割引セールを実施していることがあります。

このときなら、普段よりも安い価格で購入できます。

いつセールが行われるのかわからないので、メールマガジンに登録をしておいたり、こまめに確認したりするとよいでしょう。


配合量が少ないものを選ぶ

CBD配合量が多いものほど価格が高くなります。

安い製品が欲しいなら、CBD配合量が少ないものを選ぶとよいでしょう。

ただし、配合量が少なすぎると期待しているような変化を得られない可能性があります。

また、配合量が少ない製品を使ってたくさんのCBDを摂取しようとすると、使用量が多くなり、あっという間に製品がなくなってしまいます。


クーポンを利用する

お店によってはクーポンを配布しています。

クーポンは製品を購入したときにもらえたり、通販の場合だと無料でクーポンを配布していることがあります。


商品を購入するときに気を付けること

安かろう悪かろうという考えを持っている方もいることでしょう。

安いCBD製品を購入するときには、本当に安心できるものなのか、品質は良いのか確認する必要があります。

日本に輸入するCBDには、THCという成分が含まれていてはいけません。

成分分析をしてTHCフリーであることを確認しているのか確かめましょう。

CBD以外に配合されている成分にも注目してみましょう。

CBD以外の成分の品質が悪かったり、添加物使用量が多かったりするものはできれば避けたいものです。