ラベル 生理痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 生理痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月15日日曜日

CBDに期待できるPMS(月経前症候群)への働きと摂取方法


PMS(月経前症候群)に悩む女性は少なくありません。

毎月の不調のことを考えると気分が憂うつになってきませんか。

PMSに悩む人のサポートが期待できる成分がCBDです。

これまでさんざんPMSに悩んできて人にとっては朗報といえるでしょう。

今回はCBDに期待できるPMSへの働きや摂取方法を紹介します。


PMSとは

PMSは月経前症候群のことで、月経前に現れる心身の不快な症状のことをいいます。

月経開始の3~10日前ほどから現れ、月経の開始にともない症状がみられなくなります。

人によって現れ方が違いますが、体に現れる症状には頭痛・だるさ・便秘・肩こり・ニキビ・肌荒れなどがあり、心に現れる症状にはイライラ・集中力の低下・気分の落ち込みなどがあります。

PMSを引き起こす要因となっているのが女性ホルモンのプロゲステロンです。

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、子宮を柔らかくしたり、体内に水分をため込んだりする働きがあります。

そのため、生理前にプロゲステロンが増えることでむくみが起こったり、ため込む力やむくむことで腸の働きが鈍くなって便秘になったりします。

PMSは20代から30代に多くみられ、生理周期が安定している人でも起こります。


CBDはPMSに有効?

人間には体の状態を一定に保とうとするエンカンナビノイドシステム(ECS)が備わっています。

体温調整、運動機能、食欲などもECSが関わっていることです。

全身に存在するCB1、CB2という受容体に内因性カンナビノイドが働きかけることで、心身のバランスを保つことをサポートします。

ところが、ECSは加齢やストレスの影響によって機能が低下をします。

これはカンナビノイド欠乏症といわれ、さまざまな不調の要因えはないかと考えられています。

CBDは内因性カンナビノイドの分泌量を増やすなどして、心身のバランスを整えるサポートをすることが期待されています。

CBDのPMSに対する研究報告は今のところないようです。

しかし、EMSは痛み、うつ症状、ストレスなどにかかわっており、これらはPMSで現れる症状です。

CBDのPMSへの働きかけに関する今後の研究が期待されます。


CBDの摂取方法

CBD製品にはオイル、リキッド、サプリメントなどがあり、それぞれ摂取方法が異なります。


オイル

スポイトを使って舌に垂らし、1分ほどそのままにしてから飲み込みます。

CBDはオイルと一緒に摂取をすると吸収がよくなるといわれていますが、CBDオイルならオイルが一緒に配合されています。


リキッド

ヴェポライザーを使用してリキッドを蒸気にし、吸引をします。

肺に取り込んだら数秒間そのままにしてから、ゆっくりと息を吐き出します。


サプリメント

カプセルタイプのものが多くあります。

水またはぬるま湯と一緒に飲み込みます。


CBDを摂取するとあくびが出たり、眠気が出たりすることがあるので、車の運転前・運転中には摂取をしないでください。

PMSのときには眠気が出やすいので注意をしましょう。

また、現在PMSの治療で通院をしていたり、薬を飲んでいるようなら、CBDを使用する前に医師に相談をしてください。

PMSの症状の緩和のために市販薬を飲んでいる人もいると思いますが、市販薬との相互作用が心配なので、CBDと市販薬を一緒に飲まない方がよいでしょう。

気になるときには薬剤師に相談をしてください。


食事に気を付けることも大切

PMSを緩和させるためには食事内容に気を付けることも大切です。

血糖値が急激に上がると、血液中の糖分を取り込むインスリンが大量に分泌されます。

大量にインスリンが分泌されると、その反動で血糖値が急激に下がってしまい、血糖値が低くなることでイライラが現れます。

生理前になるとチョコレートなど甘いものを食べたくなるかもしれませんが、甘いものは血糖値を急激に上げてしまうので摂取は控えることをおすすめします。

CBD入りのチョコレートやグミが販売されていますが、これらは甘いので控えて、CBDを摂取するならオイル、リキッド、サプリメントなどを使うとよいでしょう。

カフェインを摂取すると神経が興奮しやすくなるので、カフェインを含むコーヒーや紅茶なども控えることをおすすめします。

ラベル 生理痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 生理痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年5月24日日曜日

生理痛を何とかしたい!CBDは効果がある?


「生理痛がひどい」「イライラする」「憂うつになる」など、生理の悩みは体験した人でないとわかりません。周囲の人が理解してくれない、生理のときは毎回痛いなど、つらい思いをしている方もいるのではないでしょうか。
生理を少しでも楽に過ごせるようにしてくれるのがCBDです。では、CBDとはどのようなものなのでしょうか。

生理痛の原因

生理痛とは生理中に起こる痛みのことです。生理のときには必ずといっていいほど痛みがでて、生理のときには痛みが出ることが当たり前と思っているかもしれませんが、痛みがない人もいます。
生理痛の原因は主に5つあります。

1・プロスタグランジンの過剰分泌
女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの働きにより、子宮内膜が厚くなったり、排卵されたりします。妊娠をしなかった場合、不要になった粘膜を排泄するためにプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。プロスタグランジンには、子宮を収縮させて、不要な粘膜を血液とともに排泄する働きがあります。プロスタグランジンの分泌量が過剰になると、子宮が収縮しすぎてしまい痛みが発生をします。

2・子宮の発達が未熟
初潮を迎えたばかりのころは、まだ子宮の発達が未熟で子宮口が狭く固くなっています。このため不要な粘膜が排泄されにくく、子宮から押し出すために強く収縮が起こります。年齢を重ねると子宮が発達してくるので、この痛みは年齢を重ねることで軽減します。

3・肉体的、精神的な疲れ、ストレス
肉体的、精神的に疲れていると血流が悪くなります。冷えていると筋肉が緊張して固くなり、骨盤が開きにくくなります。それによって子宮内の粘膜を排泄しにくくなってしまい、痛みが発生します。

4・痛みに対する恐怖
生理中に強い痛みを感じたり、毎回のように痛みを感じているようだと、生理=痛みという恐怖心ができてしまい、痛みを助長させることがあります。

5・病気
病気によって生理痛が引き起こされていることもあります。生理痛と関係のある代表的な病気には、子宮筋腫や子宮内膜症などがあります。生理のとき以外は痛みを感じにくく、病気だと自覚しにくいので注意が必要です。経血の量や様子がいつもとは違う、痛みが強いといった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

CBDオイル

腰や下腹部に塗って使うCBD配合オイルが販売されています。
CBDを混ぜてあるオイルには、アルニカオイル、サンフラワーシードオイル、アルガンオイルなどが使用されています。エッセンシャルオイルもプラスしていることがあります。
アルニカオイルとは、キク科のアルニカという植物から抽出されるオイルです。ヨーロッパでは古くから民間療法に使用されてきました。アルニカオイルには、筋肉痛や炎症を抑える、頭皮や肌を健康に保つといった働きがあります。
エッセンシャルオイルといってもさまざまな種類がありますが、リラックスできるような香りのものが多くあります。ストレスは生理痛を助長する原因です。エッセンシャルオイルの香りは、気持ちをほぐしてくれることでしょう。
CBDは月経痛や頭痛などへの働きが報告されています。CBDを混ぜるオイルやエッセンシャルオイルとCBDとの相乗作用が期待できそうです。

CBDサプリメント

リキッドタイプやカプセルタイプのCBDサプリメントもあります。サプリメントなら口から直接な体内に摂取ができます。
緊張をしていると筋肉が固くなったり、ホルモンバランスが乱れて子宮がうまく開かずうっ血してしまい、生理痛がひどくなることがあります。
CBDにはリラックス作用があるといわれています。リラックスすることで筋肉の緊張がほぐれて、子宮が開きやすくなります。
そして、生理痛を緩和するためには質のよい睡眠をとることも大切です。睡眠不足はホルモンバランスを乱して無排卵月経になったり、頭痛や生理痛の原因になります。CBDは睡眠を促す働きがあるともいわれています。

CBD製品の選び方

ヨーロッパやアメリカでは、CBDの健康や美容への働きかけが注目されており、さまざまなCBD製品が販売されています。しかし、日本ではヨーロッパやアメリカなどに比べると製品の数が少ないです。生理痛に特化したCBDオイルもそれほど種類は多くありません。
生理痛が気になるなら、アルニカオイルのような痛みの軽減に役立つオイルを使用しているものがおすすめです。その他のオイルでも、オイルの滑らかさによって製品を肌に伸ばしやすくなったり、保湿作用が期待できたりします。
香りも大切です。生理中は敏感になっているので、心地よいと感じられる香りを選んでみましょう。リラックスするような香りには、カモミールやラベンダー、気持ちをすっきりとさせるような香りにはミントがあります。
また、生理中は肌も敏感になっているので刺激のある成分を配合していないものが望ましいです。
サプリメントは不純物を含まないことを確認しましょう。直接体内に取り込むものなので、安全性への配慮が必要です。
オイルは直接舌に触れるため、やや苦味が気になることがあります。苦味が苦手な場合は、カプセルタイプを選ぶとよいかもしれません。


生理痛について動画で解説されていましたので、紹介します。
▼つらい生理痛、PMS(月経前症候群)にはCBD!

ラベル 生理痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 生理痛 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示