2020年5月23日土曜日

CBDでむくみ解消!CBDによる体のケア


美容に悪影響を与えるものがむくみです。夕方になると脚がパンパン、座りっぱなし・立ちっぱなしの仕事でつらいという方もいるのではないでしょうか。
いつもスラッとした美しい脚をしている人たちが海外セレブです。海外セレブが注目しているものがCBDです。今回はCBDがむくみに与える働きを紹介します。

むくみの原因

人間の体の60%ほどは水分でできているといわれています。体の中の水分は、細胞の中に存在する「細胞内液」と、細胞と細胞のすき間や血液内に存在する「細胞外液」とがあります。これらの水分には、栄養や老廃物を運搬して、体のバランス保つ働きがあります。
細胞内液と細胞外液のバランスが崩れて、細胞と細胞の間に水分がたまったものがむくみです。水分がたまってしまう原因はいくつかあります。

血行不良、運動不足

心臓から送り出された血液は、動脈や毛細血管を通りながら栄養や酸素を運搬し、静脈を通りながら老廃物を回収して心臓に戻ります。下半身は重力の影響を受けやすいため、心臓が血液を押し出す力だけでは血液が戻りにくく、ふくらはぎの筋肉がポンプとなって血液を送り出す手助けをしています。
ところが、長時間同じ姿勢でい続けるとふくらはぎのポンプ作用がしっかりと働かないため、下半身に血液や水分が滞りやすくなります。運動不足でも下半身に滞ってしまいます。これによって水分がたまってむくんでしまうのです。

塩分の過剰摂取

体には塩分(ナトリウム)を一定に保とうとする働きがあります。塩分を過剰に摂取すると体の塩分濃度を保つために、水分をため込んで薄めようとします。塩分の過剰摂取で水分をため込みやすくなり、むくみやすくなります。

アルコールの摂取

飲み会の翌日は顔がパンパンになる経験がありませんか。
アルコールを摂取すると血管が拡張し、血管内の水分が漏れ出してきます。
また、アルコールには利尿作用があり、アルコール摂取後には水分を多めに摂る傾向があります。アルコールの分解には水分が必要です。多量に水分を摂取をすると体が処理しきれません。
こういったことで体内に水分がたまってしまいます。

ホルモンバランス

女性には生理周期があり、生理前にはむくみやすくなります。排卵後からはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増え、ホルモンの影響でむくみやすくなるのです。

CBDの働き

CBD(カンナビジオール)は麻(ヘンプ)に含まれるカンナビノイド類の一種です。麻に含まれるカンナビノイドは80~114種ほどあるといわれていて、その中でもCBDとTHC(テトラヒドロカンナビオール)が注目されている成分です。
THCは精神的作用が強い成分ですが、CBDにはそのような強い働きはありません。
CBDには血流をよくする働きがあるといわれています。
むくみの原因の一つは、血行不良によって体内に水分がたまってしまうことです。つまり、むくみを解消するためには血行を促すことが大切になります。血流が促されることで余分な水分や老廃物が排泄されて、すっきりとすることが期待できます。
CBDにはリラックス作用があり、睡眠を促すともいわれています。
女性ホルモンのバランスが崩れることもむくみの原因です。睡眠不足が続くと女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。質のよい睡眠をとることはホルモンバランスを整えるために大切なことです。

CBDクリーム、CBDオイルの使い方

マッサージには血行を促す働きがあります。肌が乾いた状態でマッサージを行うと皮膚を傷つけてしまうので、CBD配合のクリームを使ってマッサージをするとよいでしょう。CBDクリームの中には、リラックス作用や血行促進が期待できる成分を配合しているものがあり、そういったものを選ぶこともおすすめです。
マッサージは心臓から遠いところから心臓に向かって行います。脚の場合は足首から太もものの付け根に向かって優しくなでてマッサージをします。
CBDオイルは舌に垂らして摂取をします。口腔内粘膜から吸収させたいので、すぐに飲み込まずしばらく口の中にとどめておきます。CBDにはやや苦味があり摂りにくいと感じるときには、ジュースなどに混ぜてみるとよいでしょう。



▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選