2020年11月12日木曜日

CBDのお得なイベント情報をキャッチするには


日本で販売されているCBD製品は、海外で製造されてものを輸入したもの、または原料を輸入して国内で加工したものです。

もともとCBDは安いものではありませんが、輸入をしていて関税がかかっているので日本で購入できるものは高価な傾向があります。

CBDに興味がある人にとっては、もっと手に取りやすい価格で購入したいことでしょう。

そのようなときにうれしいのがイベントです。

販売店のイベントをうまく利用すれば、安く購入できる可能性があります。

では、どのように販売店のイベントを見つけたらよいのでしょうか。


CBDとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、麻から抽出される成分です。

朝には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれているといわれており、その中でもCBDは40%ほどを占めることがあります。

麻に含まれるカンナビノイドの中には、THCという成分もあります。

THCはマリファナの主成分で、精神に作用する力が高く、幻聴や幻覚などが引き起こされることがあります。

これに対しCBDは精神作用はないとされており、WHOが安全性を認めています。

THCは日本の法律で規制されている成分ですが、CBDは規制されていません。

また、THCとCBDでは使用する麻の部位が違います。

THCが多く含まれているのは、麻の花穂や葉です。

CBDは日本の法律では規制されていない、成熟した麻の種子や茎から抽出をしています。

しかし、含有量の少ない部位からCBDを抽出しているため、製品は高価になる傾向があります。

日本では健康食品として扱われているので健康保険は適用されません。


CBDをお得に購入するイベント

CBDを手軽に購入できるのは通信販売です。

実店舗での購入となると出かけなければならず、遠方の人は店舗に向かうことが困難な場合があります。

しかし、通販なら自宅に居ながらいつでも購入が可能です。

また、実店舗では店舗の面積の関係などから紹介できる製品が限られてしまいますが、通販ならさまざまな製品を扱うことができます。

通販ではイベントを開催して、お得な価格で購入できることがあります。

では、どのようにイベントを探せばよいのでしょうか。


メルマガに登録

通販サイトのメルマガに登録をしておくと、商品の入荷やお得な情報をお知らせしてくれます。

安く購入できるイベントに関してもメルマガでお知らせをしています。

メルマガに登録をしておけば、いち早く情報を入手できることでしょう。


SNSを利用

通販サイトがTwitterやFacebookなどを行っている場合は、SNSでイベント情報をお知らせすることがあります。

こまめに確認してみましょう。

また、当メディアの様なCBD情報メディアをフォローしておくと、様々な販売店のお得なイベント情報を得る事が出来ます。


頻繁に通販サイトを覗く

通販サイトでイベントを開催しているときには、イベント情報がサイトのどこかに記載されています。

多くの場合はトップページの上部にイベント情報が記載されます。

こまめに通販サイトを訪れていていれば、イベント開催情報を知ることができます。


CBDお試しイベント

都内でCBD試し放題イベントが開催されたことがあります。

このイベントでは、イベント名の通りCBDを試し放題することができます。

CBDには興味があっても、どんな製品なのかよくわからない、少しだけ試してみたい、どれを選んだらいいのかわからないといったことがあると思います。

そのような人でも気軽に参加できるイベントでした。

イベントでは参加者同士が談笑をしたり、スタッフがCBDの説明をしたりといった姿が見られました。

CBD試し放題イベントは盛り上がりを見せていたようです。


CBD製品の選び方

CBD試し放題イベントでは、リキッドやオイルなどさまざまなタイプのCBD製品が用意されました。

CBD製品は、使いやすいものを選んでみてください。

オイルはそのまま舌に垂らして摂取することができます。

舌に垂らしてしばらくおいてから飲み込みます。

リキッドはヴェポライザーを使用して蒸気にして吸引をします。

フレーバーが豊富なことが特徴です。

カプセルは味を気にせずに摂取できることと、持ち運びしやすいメリットがあります。

グミやチョコレートなどお菓子にCBDを配合した製品もあります。


CBD入りビールが遂に日本で発売に!アルコールとCBDの組み合わせについて


アメリカやヨーロッパを中心に注目されていたCBDですが、日本でも購入できるようになりました。

CBDは海外セレブやアスリートも注目している成分です。

薬やサプリメントはビールのようなアルコールを含む飲料と一緒に摂取していはいけないものがありますが、CBDの場合はどうなのでしょうか。

安全に摂取するためにCBDのことについて知っておきましょう。


そもそもCBDとは何?

CBDという名前を始めて聞くという人もいることでしょう。

そもそも、CBDとは何でしょうか。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中の一つです。大麻草に含まれるカンナビノイドには、CBD以外にTHC、CBG、CBNなどがあります。

CBDは医療分野での研究が進められており、リラックス作用や不眠への働きなどさまざまなことが研究されてきました。

大麻草から抽出される成分なので危険に感じる人もいることでしょう。

大麻草に含まれる成分で危険視されているのはTHCという成分です。

体にはカンナビノイドの受容体があり、THCはCB1という受容体に対して高い親和性を示します。

THCには向精神作用があり、幻覚・幻聴・精神錯乱などを引き起こすことがあります。

CBDはTHCに比べるとCB1への親和性が低く、向精神作用はないとされています。

THCは日本の法律で規制されている成分ですが、CBDは規制されていない成分です。

CBDは口から摂取することも肌に塗ることもでき、オイル、リキッド、カプセル、クリーム、バームなどの製品が日本では販売されています。


アルコールの体への影響

ビール、ワイン、焼酎などの飲料にはアルコールが含まれています。

アルコールを長期間大量に摂取をし続けると体の負担になります。

具体的には、中性脂肪が蓄積をして、脂肪肝や肝硬変などの肝機能障害が引き起こされます。

肝臓には栄養素を代謝したり、不要なものを解毒・排泄したりする働きがあります。

アルコールの代謝も肝臓で行われています。

アルコールは胃や小腸で吸収されて、吸収されたアルコールの大部分は肝臓で処理されます。

肝臓ではアルコールがアセトアルデヒドに分解され、さらにこれが分解されて水と二酸化炭素になります。

アルコールを大量に摂取し続けると肝臓での中性脂肪の合成が高まり、脂肪が蓄積をした脂肪肝になります。

さらに長期的にアルコールを大量に摂取し続ければ、脂肪肝から肝硬変となったり、幹細胞が破壊されてアルコール性肝炎になることもあります。

その他にも、アルコール依存症、食道炎、高脂血症、十二指腸炎など、体にさまざまな影響を与えます。


アルコールと薬を同時に摂取するとどうなる?

アルコールと薬は同時に摂取してはいけません。

アルコールと薬を同時に摂取すると、薬よりもまずはアルコールの代謝が優先されるため、薬の分解が滞ってしまいます。

薬は分解されない方がよく効くからいいと思うかもしれませんが、薬は肝臓で分解されることを想定して作られているため、薬の分解が滞ってしまうと予想よりも効き目が強くでてしまうことがあります。

そのため、アルコールと薬を同時に摂取してはいけません。

毎日の楽しみのビールを飲んだ後に薬を飲もうと考えるかもしれませんが、これはやってはいけないことです。


CBDとアルコールの関係

CBDオイルやCBDサプリメントとビールなどのアルコールを一緒に摂取したときのことは、詳しく調べられていないようです。

一般的なサプリメントとアルコールは、同時に摂取しても問題ないものが多くあります。

CBDの場合も通常の摂取量であれば、アルコールと一緒に摂取しても問題ないという意見があります。

ただし、アルコールを摂取すると眠気が出ることがあります。

CBDも摂取すると眠気が出ることがあるので、眠気が出ては困る場面ではアルコールとCBDを一緒に摂取しない方がよいでしょう。

アルコールもCBDも適量を守ることが重要です。

厚生労働省が提唱する「健康21」では、節度ある適度な飲酒量は1日平均純アルコールで20g程度としています。

ビールだとロング缶1本(500ml)です。

CBDは製品によって濃度が違うので、製品に記載されている摂取目安量を守ってください。


CBD入りのビールも登場

CBDは様々な製品に展開されています。

そんな中でも、最近はCBD入りビールも発売されました。

ビールを飲んだ後に運転する人はいないと思いますが、CBDとビールの組み合わせにより、よりリラックス体感を得る事が可能です。

今後はビール以外にも様々なCBD入りアルコール飲料が発売されると思われます。

日常的にビールを飲まれる方は、CBD入りのビールによってカンナビノイドを摂取するのは如何でしょうか。


出回るCBDの偽物製品。偽物を買わないために


雑誌で取り上げられることもあり、話題となっているCBD。

日本でも通販などで手軽に購入できるようになりました。

手軽に購入できる点は購入者にとってはメリットですが、同時に偽物商品を販売する業者を出すことにもなりました。

CBDは健康面や美容面でサポートしてくれる働きが期待できますが、偽物ではその働きは期待できません。

今回は、CBDの偽物を購入しないためのチェックポイントを紹介します。


CBDとはどのような成分なのか

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中の一つです。

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

CBDはヨーロッパやアメリカで注目されていた成分でしたが、近年は日本にも紹介されて雑誌でも目にするようになりました。

CBDが注目されており、市場が拡大していることの現れといえるでしょう。

現在CBDの研究が進められており、不安の軽減、食欲の調整、免疫、皮膚疾患などへの働きがこれまでに研究されています。

日本の法律では大麻草の栽培や所持などが禁止されており、CBD製品や原料は海外から輸入されています。

大麻草にはTHCというカンナビノイドの一種も含まれています。

THCは向精神作用があり、幻覚・幻聴などを引き起こすことがある成分です。

日本の法律では規制されているため、日本に輸入されるCBD製品や原料にはTHCは含まれていません。

しかし、偽物のCBD製品はどのような成分を配合しているのかわからず、摂取には危険が伴います。

そのため、購入の際には本物と偽物を見極めることが重要です。


第三者機関の検査を受けているか

日本で販売されている製品にはTHCが含まれていてはいけません。

THCが含まれていないことは、第三者機関によって調べてもらうことができます。

良質な製品を扱っている企業であれば、第三者機関に検査を依頼してTHCが0.0%であることを確かめています。

検査を受けていない場合は、THCなど危険を及ぼす可能性がある成分が含まれている可能性を否定できません。

検査を受けているかは、企業のホームページや販売店の商品紹介ページで確認できます。

「第三者機関検査済み」と商品紹介ページに記載されているだけでなく、それを証明するものがあるとなおよいです。


アイソレートまたはブロードスペクトラム

CBD製品には3つのタイプがあります。

1つめはフルスペクトラムです。フルスペクトラムとは大麻草が含有している成分をそのまま含んでいるもので、THC、CBDやその他のカンナビノイドなどを含有しています。

2つめはブロードスペクトラムです。フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。

3つめはアイソレートです。大麻草からCBDだけを取り出したもので、CBDの純度が高いです。

日本で販売されているCBD製品は、ブロードスペクトラムまたはアイソレートです。これらにはTHCは含まれていません。


販売元・会社名の記載

製品に販売元や会社名が記載されている確認してください。

CBD製品を扱っている大手の名前なら安心感があります。

ロゴで判断しがちですが、似ているロゴを使用している可能性があるので、必ず販売元や会社名を確認しましょう。

パッケージに記載されている文字は小さいし、ホームページの商品紹介はどこに記載されているのかわかりにくいかもしれませんが、偽物を購入しないために大切なことです。


CBD以外に配合されている成分を確認

CBD製品はCBDだけで作られているのではなく、その他の成分も使用されているものが多くあります。

たとえばCBDオイルの場合だと、ヘンプオイル、ココナッツオイル、MCTオイルなどにCBDを加えています。

CBD以外に配合されている成分が危険なものという場合もあるので、どのような成分を配合しているのか確認してください。

特に食物アレルギーを持っている人は、アレルギーの原因となる物質が製品に含まれていないことを確認しましょう。

また、化粧品にCBDを配合している場合、肌に直接塗るものなので肌荒れを起こすような成分を使用していないことを確認することも大切です。


メルカリでも注意

最近はメルカリでもCBDが売られているのを見かける様になりました。

中には偽物をつかまされたという報告や、明らかに含有量がおかしく、偽物と明確に分かるものまで様々出回っています。

また、偽物ではないにせよCBDの含まないヘンプシードオイルに対して、タグとしてCBDが付与されているものもありますので、注意が必要です。

必ず成分としてCBDが含まれているか確認すると良いでしょう。

思わぬ偽物を購入し、効果がないとCBDに対して思ってしまうのは勿体ありません。


ヨガを行ううえでCBDの存在は非常に有益となる


CBDはその独特の効果により、実にいろいろなシーンで活用される可能性がある存在です。

そして、実はヨガを行う場面においてこのCBDが利用されている状況があります。

ただ、CBDとヨガがどのように関係しているのか?どういうメリットがあるのか?そこが理解できない人もいるはずです。

国内ではこの組み合わせがそこまでメジャーではないだけに、詳しく知らない人は実際多いです。

でも、海外では割とメジャーな国もあるという点は重要でしょう。

したがって、CBDとヨガを組み合せることのメリット、そして海外での状況について知っておくといいと思います。


海外ではCBDに関するヨガのクラスが当たり前に存在する場合がある

国外に目をやると、実はCBDとヨガの組み合わせは割と普通だったりします。

日本でも同様のケースが見られるかもしれませんが、海外ではヨガのレッスンに関して、CBD専用のクラスが設けられている場合があります。

通常のクラスと何が違うのか?というと、CBDを感じながらのレッスンとなっています。

例えば、CBDをキャンドルで炊いたりするなど、通常のヨガとは違った光景として映ります。。

もちろん、これはヨガのレッスンを行うにあたって、メリットがあるからこそ実施しているわけです。

海外ではCBDのメリットに着目して、積極的にそういったものを普段のヨガに取り入れている国があります。

したがって、日本でも同様の状況が見られれば、そういったヨガのレッスンを利用していくのはおすすめです。

ただ、その前にはCBDとヨガを組み合せることのメリットとして、どんなものがあるのか?について詳しく知っておきましょう。


CBDによる集中力を高められる効果はヨガで大いに発揮される

CBDに備わっている効果により、ヨガを行う際に明らかなメリットが生じる場合があります。

その1つが集中力のアップであり、これはヨガを実際に行っている人が体感しやすい効果と言えるのではないでしょうか?

集中力を高める効果に関しては、ヨガ以外でもメリットを実感することができ、例えば勉強をしているときなどのケースで有効です。

しかし、ヨガも例外ではなく、ヨガそれ自体に集中できた方が実になりやすいと言えるはずです。

ヨガの場合には、特定の身体の姿勢を維持し続けるといったことが大切になってきます。

そのためには運動能力も重要ではありますが、集中力を発揮させることもどうしても必要と言えるでしょう。

また、ヨガに臨む際には余計なことを考えない、頭の中をすっきりさせるといったことも求められます。

これに関しても集中力が関係しており、ヨガのことだけを考える際にはCBDの集中力を高められる効果が有益に作用するはずです。

また、CBDにはリラックス効果も備わっているため、それ自体も集中力のアップに貢献してくれると評価できます。

CBDはヨガを行うにあたって、必要と言える理想的な心身の状況を実現させることができる力を持っています。


CBDの痛みを抑えられる効果がヨガを行うときに役立つ

CBDには痛みを和らげられる効果があり、一般的には鎮痛作用と言われています。

この効果に関してはヨガを行うときに役立つ状況が考えられるため、そこに関しても理解しておいてほしいです。

ヨガは激しい動きをするわけではないので、ケガのリスクは小さいですし、痛みを緩和させる効果がそんなに有効なの?と思うかもしれません。

ただ、ヨガは多くの人たちにとって無理な体勢をとることがあり、どうしても身体にとっては負担になりやすいです。

特に身体の柔軟性の部分には個人差があるため、結果的に身体に痛みが生じるリスクは十分にあります。

当然ながら痛みを感じる状況では、満足にヨガを続けることができません。

実際、ヨガを行っている人の中には筋肉痛や関節痛などに悩まされている人もいるため、CBDがそういった症状を和らげることで、満足にヨガを行うことができる人を増やすことが可能になるでしょう。

長期的にヨガをやっていれば、自分の身体に痛みを感じることは普通と言えるため、CBDを使うことで十分にメリットを感じられるはずです。

痛みの問題に関しては、ヨガを中止せざるを得ない状況になる可能性もありますから、それを防ぐことができるならばかなり効果的な部分と評価できるのではないでしょうか?


2020年11月10日火曜日

体質や体重によるCBD摂取量の違いとは


ストレスの多い現代社会に生きる人たちのサポートとなってくれると期待されている成分がCBDです。

健康面や美容面で注目されていますが、人それぞれ体質があるので摂取方法や摂取量が体質によって違ってきます。

安全に摂取をするためには、自分の体質を知って適切な摂取方法や摂取量を把握することが大切です。

ここではCBDが初めての人は、どの程度摂取すればよいのでしょうか。


CBDとはどんな成分?

CBDという言葉をはじめて聞く人もいることでしょう。

そもそも、CBDとはどんな成分なのでしょうか。

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略で、大麻草に含まれている成分の一種です。

大麻草にはカンナビノイドという成分が含まれており、含まれる成分の種類は80~114種類ほどになるといわれています。

CBDの他にも、THC、CBG、CBNなどのカンナビノイドが含まれています。

日本ではマリファナが規制されていますが、マリファナにはTHCという成分が主に含まれています。

THCは脳内の受容体への親和性が高く、摂取をすると幻覚、幻聴、精神錯乱などを引き起こすことがあります。

THCもCBDも大麻草に含まれている成分ですが、CBDにはTHCほど受容体への親和性が高くなく、向精神作用はありません。

日本の法律ではCBDは規制されておらず、現在CBDを使用したオイル、リキッド、サプリメント、チョコレートなどの製品が販売されています。

CBDの研究が進められており、健康面や美容面での働きが期待されています。


CBDの摂取量はどうやって決める?

薬の場合は1日にどれくらい摂取をしなさいと具体的に記載することができますが、CBD製品は薬ではないため具体的な量を記載することができません。

そのため、どの程度摂取をしたらよいのか困ってしまうことでしょう。

CBDの摂取目安量は体質によって違ってきます。

たとえば薬の場合だと、服用量は体重によって計算をします。

体重50kgの人と体重100kgの人では、体重に2倍もの違いがあり、同じ量を摂取しても同じ働きが期待できるのではありません。

体重が重くなるほど変化が期待できるCBD摂取量は多くなる傾向があります。

しかし、体重は一つの目安です。

それ以外にも体内の代謝効率が関係してきます。

CBDを効率的に体内に吸収することができるか、吸収した後にうまく利用することができるか、すぐに分解・排泄されてしまわないかということが関わってくるのです。

同じ体重50kgの人でも体質が違えば摂取目安量は変わってきます。


服用している人や持病がある人は医師に相談

CBDを利用している人は、アスリートだったり、一般的な事務仕事をしている人だったりさまざまですが、主に健康な人が利用をしています。

しかし、中にはちょっとした不調を何とかしたくて利用を考えている人もいることでしょう。

現在服用をしていたり、持病を持っていたりする人は、医師や薬剤師に相談をしてください。

CBDと薬との相互作用が心配なためです。

服用をしていなくても持病があるようなら、CBDがどのように体に作用を及ぼすのかわからないので、必ず医師に相談をしましょう。


多く摂ればよいのではない

CBDを多く摂取するほど効果が高まりそうで、多く摂取するほど体によいイメージを持っているかもしれませんが、そうではありません。

CBDは容認性が高く、1日1500mg程度までなら安全に摂取できるといわれています。

しかし、少量であっても食欲不振や頭痛などの副作用が現れる人がいます。

これも体質によるものです。

CBDに限ったことではありませんが、ある一定量までは摂取量を増やすほどに効果が高まりますが、ある量を超えると摂取量が増えるほどに効果が薄くなってしまうことがあります。

たくさん摂ればよいのではないのです。

特に初めて摂取する人はどの程度までなら安全に摂取できるのか把握していないので気をつけましょう。

初めて摂取する場合は製品に記載されている摂取方法や摂取量をよく読み、少ない量から摂るようにしてください。

慣れてきたら体質にあわせて量を調整してみましょう。

また、製品によってCBD配合濃度が違うので確認をしてください。

CBDは現代社会の救世主となるか?


情報にあふれ、残業続き、満員電車など、過酷な環境の現代社会。

日々ストレスを感じながら生活している人は少なくありません。

ストレス過多な現代社会に生きる人に注目されつつある成分がCBDです。

CBDは医療や科学の面で研究が進んでおり、最近は美容面での働きも注目されています。

では、CBDは過酷な現代社会に生きる私たちにどのような働きをもたらしてくれるのかみていきましょう。


CBDとは

CBDは大麻草に含まるカンナビノイドの一種です。

大麻草に含まれるカンナビノイドは80種類以上あるといわれており、CBD以外にもTHC、CBN、CBGといったものが存在しています。

脂溶性成分のため研究が難しく、これまで研究が思うように進んでいなかったのですが、研究結果の蓄積などによってCBDについてさまざまなことがわかってきました。

大麻草と聞くとマリファナを連想して危険に感じる人もいることでしょう。

マリファナの主成分はTHCです。

THCは向精神作用がある成分で、日本の法律では規制されています。

CBDは向精神作用のない成分で、日本の法律では規制されていません。

大麻草といっても種や抽出部位によってCBDやTHCの含有量が違います。

CBDの場合は日本の法律で規制されていない大麻草の完熟した種子や茎から成分を抽出し、THCを取り除いた原料を用いて製品化をしています。

原料や製品の輸入は日本の厚生労働省の指導のもと行われており、必要書類を提出しています。

第三者機関による成分分析を行っている企業もあります。


ストレスが多い現代社会

膨大な情報、大気汚染、食品添加物、満員電車、残業、人間関係など、現代社会にはストレスがあふれています。

ストレスは体に影響を与えて、うつ状態、胃痛、頭痛、不眠などの不調を招く原因といわれています。

生物にはストレスに対抗するシステムが備わっています。

一時的なストレスであれば体のシステムによって乗り越えることができ、適度なストレスはよい刺激になります。

しかし、ストレスがかかり続けるような状態が長期的に続いたり、大きなストレスがかかったりすると、体のシステムに乱れが生じることがあります。

体温、心拍数など人間の体は常に一定の状態に保たれていて、一定の状態に保とうとする働きのことをホメオスタシスといいます。

ホメオスタシスは、運動機能、食欲、睡眠、免疫などにもかかわっており、健康的に生活をするために重要な働きです。

不眠、食欲不振、うつ状態など何らかの不調を抱えているようなら、ホメオスタシスの働きがうまく機能していない可能性があります。

ホメオスタシスは加齢の影響も受けます。

老化は食い止めることができません。

そのため、運動習慣を作る、規則正しい食事をする、外から成分を補給するといったことが、ホメオスタシスの働きをよく保つために大切なことです。


ホメオスタシスとCBD

ホメオスタシスの機能を保つためには、適度な運動をする、リラックスを心がける、食事バランスに気を付けるといったことが大切ですが、運動をする時間を取れなかったり、リラックスしようと思ってもうまくできないことがあります。

そんな現代社会に生きる私たちをサポートしてくれる成分がCBDです。

CBDはリラックスしたいとき、リフレッシュしたいとき、忙しい毎日を送っているときなどにサポートしてくれる成分といわれています。

アスリートや海外セレブも注目しています。

ホメオスタシスは常に働いているシステムなので、出来れば毎日ケアを行っておきたいものです。

日本で購入できるCBD製品には、オイル、リキッド、サプリメントなどがありますが、これらはどれも日常的に摂取しやすい形となっています。

オイルであれば、そのまま舌に垂らして摂取をしたり、飲み物に混ぜて飲んだりすることができます。

リキッドはヴェポライザーを使用して吸引をします。

深く呼吸をすることも体のバランスを保ち、リラックスすることにつながります。

サプリメントは外出先に持ち運びやすく、出張や旅行が多い人にとって便利な製品です。

CBDを配合したチョコレートやグミなどの製品もあり、お菓子感覚で食べることができます。


うつ病に対してCBDは効果的か?


生涯に一度はうつ病になる人の割合は5.7%、精神疾患で通院をしている患者数は平成29年には400万人を突破しました。

うつ状態に悩む人は少なくない時代だといえるでしょう。

うつ病は「うつ」という状態の苦しさだけでなく、不眠などの合併症を抱えていることもあります。

CBDは精神に活力を与えてくれるといわれている成分です。

ここでは、CBDがどのように働くのか解説していきます。


CBDとは何?

CBDとは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、大麻草の種類によってはカンナビノイドの約40%をCBDが占めています。

大麻草ときくとマリファナを連想して危険に感じる人もいることでしょう。

マリファナの主成分は、カンナビノイドの一種であるTHCです。

THCはカンナビノイドの受容体であるCB1との親和性が高く、幻覚、幻聴、精神錯乱などを引き起こすことがあります。

日本の法律では規制されている成分です。

CBDはTHCに比べるとCBD1への親和性が低く、精神錯乱などを引き起こす働きはありません。

日本の法律で規制されていない成分です。

日本ではサプリメント、オイル、リキッド、クリーム、バームなどCBDを配合した製品が販売されています。


CBDに期待できる働き

CBDの研究が進められており、さまざまな働きが明らかになってきました。

人間の体はさまざまな要素によって構成されています。

ストレス、加齢、生活習慣はコンディションに影響を与え、こういったものが要因となってコンディションが低下してしまうことがあります。

CBDはコンディションのサポートをすることが期待できる成分です。

体に備わるエンカンナビノイドシステム(ESC)は、人間の体を常に一定に保つように働いてくれています。

食欲、睡眠、運動機能などの調整もESCがかかわっています。

神経細胞や免疫系にはCB1、CB2というカンナビノイドの受容体が存在しており、受容体にカンナビノイドが結合することでESCの働きをサポートします。

CBDはESCを促進する働きが期待できるとされています。


CBDはうつ状態に働きかける?

CBDオイルをうつ病や不安障害などの疾患に用いているクリニックがあります。

CBDの研究は主にマウスを使って行われており、人間による試験数は少ないようです。

うつに関してもCBDが人間に有効なのかはっきりしていないようです。

しかし、不安障害を抱える患者にCBDを経口投与して、不安症状が軽減したという報告があります。

うつ状態に対してのCBDの働きをヒト試験で実施され、その働きがあきらかになることが期待されます。


CBDは不眠にも働きかける?

うつ状態に悩んでいる方は不眠にも悩んでいることが珍しくありません。

不眠といっても、なかなか寝付けない入眠困難、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒、朝早くに目を覚ましてしまう早朝覚醒などがあります。

不眠の原因は、ストレスや精神疾患などさまざまあります。

CBDは不眠への働きが研究されており、不眠を解消する働きが示唆されています。

人間での試験ではありませんが、CBDオイルを摂取して寝つきがよくなったと感じている人はいるようです。


CBD製品の選び方

CBD製品には、オイル、リキッド、サプリメントなどがあります。

CBDオイルはヘンプオイル、MCTオイルなどにCBDを配合したものです。

直接舌に垂らして摂取をします。

CBDリキッドは、ヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をするものです。

ミントや柑橘系などフレーバーがつけられています。

サプリメントは、CBDオイルをカプセルに閉じ込めたものです。

味が気にならず、人目を気にせずに摂取しやすいです。

CBD製品を選ぶときには、THCが含まれていないことを確認してください。

日本ではTHCが規制されているため、日本にはTHCを含む製品を輸入することはできませんが、製品の情報をしっかりと自分の目で確認することが大切です。

第三者機関によってTHC0%なことが確認されていると安心できます。

また、製品によってCBD配合濃度が違うので、どの程度のCBDを摂取できるのかも確認しておきましょう。


ストレスとCBDの関係性。体への影響とは


ストレスは心身に影響を与えます。

ストレスが多いといわれる現代社会では、ストレスへの対処法が重要になってくることでしょう。

さまざまなストレス解消方法が紹介されていますが、実践をしてみてもいまひとつ変化を感じられないこともあると思います。

ストレスの多い現代人のサポートとなってくれることが期待できるものがCBDです。

今回はCBDとはどのような成分なのか、ストレスへの働きかけは?などについて紹介します。


CBDとは

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれており、CBDはその中の一つです。

CBDは医療分野での研究が進められており、これまでさまざまな報告がされています。

大麻草と聞くと危険なイメージを持つ人もいることでしょう。危険視されているものは、大麻草に含まれるTHCという成分です。

脳内にはCBDレセプターという神経細胞上に多く存在する受容体があり、THCはCB1レセプターに高い親和性を示します。

精神錯乱、幻覚、幻聴を引き起こすことがあり、日本の法律では禁止されている成分です。

一方、CBDはTHCに比べるとCB1レセプターへの親和性が低く、向精神作用はありません。

日本の法律で規制されておらず、WHOが安全性を認めている成分でもあります。

また、世界アンチドーピング機構ではCBDをドーピング薬物の規制から外しています。

手軽に摂取できるようにされた、オイル、リキッド、サプリメント、グミ、チョコレートなどが販売されています。


ストレスによる体への影響

外からの刺激に対する心や体の反応をストレス反応、ストレス反応を生じさせるものをストレッサーといいます。

一般的にストレス反応とストレッサーのことをあわせて「ストレス」と呼んでいます。

ストレスには人間関係や将来の不安など精神的なもの、暑さ寒さなど物理的なもの、薬害や栄養不足など化学的なものがあります。

人間には体を常に一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)が備わっており、ストレスを受けたときにはホルモンや神経伝達物質などの働きを通して、体を一定の状態に保とうとします。

しかし、強いストレスを受け続けているとこの働きに乱れが生じてきます。

ストレスは心身に影響を与えて病気の原因になります。

頭痛、めまい、高血圧、アトピー性皮膚炎、胃痛、下痢、便秘、腰痛、更年期障害などは、ストレスの影響を受けています。


ESCの働き

体内には地球上で生きていくために体の調整をするエンカンナビノイドシステム(ESC)が備わっています。

ESCは、食欲、運動機能、認知、睡眠など体の調整機能にかかわっており、体内カンナビノイドとCB1、CB2といた受容体によって構成されています。

ESCは加齢やストレスの影響で働きが低下してしまい、いわゆるカンナビノイド欠乏症という状態が引き起こされてしまいます。

これがさまざまな疾患の原因ではないかといわれています。

CBDは体のさまざまな部位に存在する受容体に結合をし、ESCの働きを整えることが期待されています。


CBDとストレスの関係

ストレスは全身の機能に影響を与えます。

ESCはストレスによって機能が低下をしてしまうのです。

CBDはESCの働きを調整するサポートになり、ESCの機能が整えばストレスに対して体が正常に反応できるようになってくることが期待できます。

ストレスによって現れる心身の変化に対する働きも期待できます。

ストレスによって頭痛、不眠、胃痛などが引き起こされることがありますが、これらの症状に対するCBDの働きが研究されています。

ストレスに対しては、マウスを使った実験なので有効性が示唆されています。


CBDの摂取方法

ストレスに対抗するためにはCBDの摂取方法が重要です。

オイルやサプリメントタイプのCBD製品は持ち運びしやすく、気軽に摂取ができます。

ストレスを感じそうな場面で摂取をするとよいでしょう。

グミやチョコレートなどCBDを配合した食品は、おやつ感覚で食べることができます。

ただし、あくびが出ることがあるのでプレゼン前などの摂取は考えた方がよいでしょう。

運転前や運転中には摂取しないでください。

2020年11月8日日曜日

癒しを求めるならCBDを。CBDのすすめ


ストレスが多い現代社会。

癒しが欲しいという方は少なくないようです。

癒し系グッズの人気や動物人気などは、その表れといえるでしょう。

癒しが欲しい人の手助けとなってくれそうなものがCBDです。

ここではCBDに期待できる働きや摂取方法について紹介します。


ストレスの影響

心臓の拍動、体温、消化、睡眠などは自律神経の働きによって調整されています。

自律神経には主に日中や緊張しているときに活発に働く交感神経と、主に睡眠中やリラックスしているときに活発に働く副交感神経があります。

この2つがバランスを保ちながら働くことで、体のバランスが整えられています。

ところが、ストレスは自律神経の働きを乱してしまいます。

その結果、寝つきが悪い、免疫力の低下、消化機能の低下など、体にさまざまな影響を与えてしまいます。

では、どういったものがストレスになるのでしょうか。

ストレスというと人間関係や仕事のことなどが思い浮かぶ人が多いことでしょう。

それもストレスになりますが、寒さ暑さ、騒音、化学物質などもストレスになる要因です。

見の周りにはストレスがあふれていて、それらをすべてなくすことは難しいです。

また、適度なストレスは体によい刺激を与えるともいわれています。

そのため、ストレスを完全になくすことを目指すのではなく、ストレスと上手に付き合っていくことが大切になります。


CBDは癒しにつながる?

人間にはエンカンナビノイドシステム(ESC)というシステムが備わっています。

ESCは免疫、食欲、運動機能、認知など、体のさまざまな働きを調節しているものです。

ESCには内因性カンナビノイドが関わっていますが、この内因性カンナビノイドが乱れることでESCに影響を与えてしまうといわれています。

内因性カンナビノイドの受容体は全身に分布をしています。

CDBは受容体に直接働きかけて、ESCのバランスを整えてくれることが期待されています。

マウスを使った実験では、ストレス全般への働きが報告されています。

人間での働きはこれから多くの検証をしていかなければなりませんが、ストレスへの働きかけも期待できそうです。

癒しを感じているとき、ストレスを同時に感じることはありません。

ストレスが軽減することで、癒しにつながることでしょう。


CBDの摂取方法

CBDはオイル、リキッド、サプリメントなどで摂取する方法が一般的です。


オイルの摂取方法

CBDオイルはスポイト式の容器に入っていることが多く、スポイトを使用して摂取をします。

舌に数敵を垂らし、1~2分ほど口の中に留めておき、その後に飲み込みます。

すぐに飲み込んでしまうのではなく、しばらく口の中に留めておくことが重要です。

オイルを舌に垂らす際には、スポイトが舌に付着しないように気をつけてください。


リキッドの摂取方法

CBDリキッドはヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をします。

専用ヴェポライザーが販売されているので、それを使用しましょう。

使い捨てタイプですでにヴェポライザーにセットされているものもあります。

ヴェポライザーにCBDリキッドをセットしたら、電源を入れて吸引をします。

吸いこんだらしばらく肺の中に空気を留めておきます。

こうすることで肺の血管からCBDが吸収されることが期待できます。

その後にゆっくりと息を吐きます。

吸引が終わったらヴェポライザーの電源を切ります。

深い呼吸をすることも癒しにつながります。

CBDリキッドはいろいろなフレーバーがあり、複数をそろえておくと気分に合わせて吸引することができます。

気分にあわせることで、よりリラックス感を得られることでしょう。


サプリメントの摂取方法

水またはぬるま湯と一緒にCBDカプセルを飲み込みます。

カプセルは開けずにそのまま飲み込んでください。

サプリメントはCBDオイルと比べてたくさんの量を摂取しやすいので、CBDの1日摂取量に気をつけましょう。

製品によって1カプセル当たりのCBD配合量が違うので確認をし、1日摂取目安量も確認をしてください。

また、サプリメントを作るための添加物に食物アレルギーとなる成分が使われている可能性があるので、原材料名を必ず確認するようにしましょう。

CBDでリラックスするのに最適な摂取方法とは


アメリカやヨーロッパの美容・健康業界で注目を集めているものがCBDです。

CBDは大麻草に含まれる天然の成分で、心身のリラックス、不眠、うつ状態の予防をサポートするといわれています。

ストレスの多い現代社会。

リラックスしたいと求めている人は少なくありません。

ここでは、CBDでリラックスできるのか、効果的な摂取方法はあるのかを解説していきます。


CBDとは

CBDは大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれているといわれており、CBDはその40%ほどを占めることもあります。

食欲、睡眠、運動機能、認知機能などはエンカンナビノイドシステム(ESC)という働きによって調整されていると考えられています。

体内にはカンナビノイドに反応する受容体が存在し、それに反応する内因性カンナビノイドも存在します。

ESCは加齢やストレスの影響で機能が低下をしてしまい、カンナビノイド欠乏症という状態になるといわれています。

これがさまざまな疾患につながるのではないかと考えられます。

CBDは受容体に働きかけてESCの働きをサポートします。


CBDは安全なの?

CBDは大麻草に含まれる成分です。

大麻草と聞くと不安を感じる人もいることでしょう。

大麻草といってもいくつかの種類があり、アメリカの連邦法によって定められた区分けによると、産業用ヘンプはCBD成分の含有率が20%以上でTHC成分が0.3%以下、違法薬物のマリファナはCBD成分の含有率が10%以上で、THC成分が20%以上としています。

THCは大麻草に含まれる成分の一つで、CB1という受容体への親和性が高く、摂取をすると錯乱、幻覚、幻聴などを引き起こすことがあります。

日本の法律では禁止されている成分です。

CBDはTHCほどCB1への親和性は高くなく、向精神作用はありません。

日本の法律では禁止されておらず、WHOは安全性を認めています。

CBD製品には、フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの3種類があります。

フルスペクトラムとは、大麻草に含まれる成分がそのまま残っているもので、THCもCBDも、その他のカンナビノイドも含まれています。

ブロードスペクトラムは、フルスペクトラムからTHCを取り除いたものです。CBDやその他のカンナビノイドは含まれています。

アイソレートは純度が高いCBDです。CBD以外のカンナビノイドは含まれていません。

日本流通している製品は、THCを取り除いたブロードスペクトラムやアイソレートです。


CBDはリラックスによい?

CBDオイルの愛称者の中には「よく眠れるようになった」と実感している人がいます。

よく眠るためにはリラックスしていることが大切です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、日中は主に交感神経、眠っているときには副交感神経が活発に働いています。

リラックスしているときには副交感神経が優位に働いているのです。

CBDオイルを摂取してよく眠れるなら、リラックスしているといえるでしょう。

また、CBDリキッドの場合は深い呼吸をしながら吸引をするため、呼吸によるリラックス作用も期待できます。

ゆっくりと腹式呼吸をすると副交感神経が優位に働いてきます。

腹式呼吸は、息を吸ったときにはお腹が膨らみ、息を吐いたときにはお腹が凹む呼吸法です。

リラックスするためには、ゆっくり長く生きを吐いて、鼻から息を吸い込むことがポイントです。


CBDの使い方

CBDを摂取するなら、よりリラックスできる方法で摂取したいものです。

では、どのように使ったらよいのでしょうか。


CBDオイル

スポイトを使って舌に垂らします。

舌の皮膚を通して吸収させたいので、CBDオイルを垂らしたらしばらく口の中に留めておきます。


CBDリキッド

ヴェポライザーにセットをして吸引をします。

吸引したら空気を肺の中にしばらくとどめておき、その後にゆっくりと息を吐き出します。

CBDリキッドはさまざまなフレーバーがあり、好みのものを選ぶとよりリラックスできることでしょう。


CBDサプリメント

カプセルタイプのサプリメントは味を気にせずに摂取できます。

水またはぬるま湯と一緒に飲みます。


摂取のタイミングに決まりはありませんが、リラックスしたいときに使用するとよいでしょう。

ただし、眠気が出ることがあるので運転前や運転中には使用しないでください。