ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBD入りビールが遂に日本で発売に!アルコールとCBDの組み合わせについて


アメリカやヨーロッパを中心に注目されていたCBDですが、日本でも購入できるようになりました。

CBDは海外セレブやアスリートも注目している成分です。

薬やサプリメントはビールのようなアルコールを含む飲料と一緒に摂取していはいけないものがありますが、CBDの場合はどうなのでしょうか。

安全に摂取するためにCBDのことについて知っておきましょう。


そもそもCBDとは何?

CBDという名前を始めて聞くという人もいることでしょう。

そもそも、CBDとは何でしょうか。

大麻草には少なくとも80種類のカンナビノイドが含まれているといわれていて、CBDはその中の一つです。大麻草に含まれるカンナビノイドには、CBD以外にTHC、CBG、CBNなどがあります。

CBDは医療分野での研究が進められており、リラックス作用や不眠への働きなどさまざまなことが研究されてきました。

大麻草から抽出される成分なので危険に感じる人もいることでしょう。

大麻草に含まれる成分で危険視されているのはTHCという成分です。

体にはカンナビノイドの受容体があり、THCはCB1という受容体に対して高い親和性を示します。

THCには向精神作用があり、幻覚・幻聴・精神錯乱などを引き起こすことがあります。

CBDはTHCに比べるとCB1への親和性が低く、向精神作用はないとされています。

THCは日本の法律で規制されている成分ですが、CBDは規制されていない成分です。

CBDは口から摂取することも肌に塗ることもでき、オイル、リキッド、カプセル、クリーム、バームなどの製品が日本では販売されています。


アルコールの体への影響

ビール、ワイン、焼酎などの飲料にはアルコールが含まれています。

アルコールを長期間大量に摂取をし続けると体の負担になります。

具体的には、中性脂肪が蓄積をして、脂肪肝や肝硬変などの肝機能障害が引き起こされます。

肝臓には栄養素を代謝したり、不要なものを解毒・排泄したりする働きがあります。

アルコールの代謝も肝臓で行われています。

アルコールは胃や小腸で吸収されて、吸収されたアルコールの大部分は肝臓で処理されます。

肝臓ではアルコールがアセトアルデヒドに分解され、さらにこれが分解されて水と二酸化炭素になります。

アルコールを大量に摂取し続けると肝臓での中性脂肪の合成が高まり、脂肪が蓄積をした脂肪肝になります。

さらに長期的にアルコールを大量に摂取し続ければ、脂肪肝から肝硬変となったり、幹細胞が破壊されてアルコール性肝炎になることもあります。

その他にも、アルコール依存症、食道炎、高脂血症、十二指腸炎など、体にさまざまな影響を与えます。


アルコールと薬を同時に摂取するとどうなる?

アルコールと薬は同時に摂取してはいけません。

アルコールと薬を同時に摂取すると、薬よりもまずはアルコールの代謝が優先されるため、薬の分解が滞ってしまいます。

薬は分解されない方がよく効くからいいと思うかもしれませんが、薬は肝臓で分解されることを想定して作られているため、薬の分解が滞ってしまうと予想よりも効き目が強くでてしまうことがあります。

そのため、アルコールと薬を同時に摂取してはいけません。

毎日の楽しみのビールを飲んだ後に薬を飲もうと考えるかもしれませんが、これはやってはいけないことです。


CBDとアルコールの関係

CBDオイルやCBDサプリメントとビールなどのアルコールを一緒に摂取したときのことは、詳しく調べられていないようです。

一般的なサプリメントとアルコールは、同時に摂取しても問題ないものが多くあります。

CBDの場合も通常の摂取量であれば、アルコールと一緒に摂取しても問題ないという意見があります。

ただし、アルコールを摂取すると眠気が出ることがあります。

CBDも摂取すると眠気が出ることがあるので、眠気が出ては困る場面ではアルコールとCBDを一緒に摂取しない方がよいでしょう。

アルコールもCBDも適量を守ることが重要です。

厚生労働省が提唱する「健康21」では、節度ある適度な飲酒量は1日平均純アルコールで20g程度としています。

ビールだとロング缶1本(500ml)です。

CBDは製品によって濃度が違うので、製品に記載されている摂取目安量を守ってください。


CBD入りのビールも登場

CBDは様々な製品に展開されています。

そんな中でも、最近はCBD入りビールも発売されました。

ビールを飲んだ後に運転する人はいないと思いますが、CBDとビールの組み合わせにより、よりリラックス体感を得る事が可能です。

今後はビール以外にも様々なCBD入りアルコール飲料が発売されると思われます。

日常的にビールを飲まれる方は、CBD入りのビールによってカンナビノイドを摂取するのは如何でしょうか。


ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDと酒を同時に摂ることで生じる問題はあるのか?


CBDを利用している、または利用を考えている人の中にはアルコールを普段から摂っている人がいるのではないでしょうか?

酒が好きな人は世の中に多くいますから、CBDと酒を普段からともに利用するという状況は普通にありえます。

ただ、この状況って大丈夫なの?と考える人も中にはいると思われます。

CBDと酒の組み合わせは、なんとなくイメージとして悪い気がすると感じる人がいるはずです。

その部分に関して正しい知識を持っておくと、安心してCBD、そして酒を楽しむことができるでしょう。


アルコールとCBDの組み合わせは海外では割と普通

日本ではあまり馴染みがないものの、海外ではアルコールとCBDは普通に組み合わさる機会があります。

例えば、アメリカではCBD入りのカクテルが割と定着しており、普段からそういったものが飲まれています。

つまり、CBDと酒を混ぜて、同時に摂っている人が実際にいるわけです。

アメリカではそれが普通の状況であり、疑うことなく両者を摂っている人たちが多くいる状況と言えます。

したがって、日本ではともかく、海外ではCBDと酒の組み合わせ自体を悪く捉えていないケースも普通にあります。

CBDは心身の健康に寄与する効果があるため、薬のような役割をイメージする人がいます。

だからこそ、酒と薬はマズイだろうという印象になるのではないでしょうか?

ただ、実際はCBDは薬ではないため、薬として扱わないといけない理由はありません。

CBDと酒を混ぜて普通に飲んでいる慣習が存在する国があるという事実は、1つヒントになるでしょう。


酒とCBDを組み合せることで生じる健康上の問題はない

海外ではCBDが含まれた酒を普通に飲んでいる状況があるわけですが、それは問題ないの?と思う人がいるはずです。

酒とCBDを組み合せることで、何かしら人体に影響はないのか?というと、悪影響と言える面はほぼありません。

CBDそれ自体の成分に関して、人体に悪影響を与えるものが特にないですし、酒に関しても通常の飲み方をしたときには問題は発生しないでしょう。

そして、それらを同時に摂ったとしても、明らかな問題が生じるという根拠はないです。

むしろCBDと酒を同時に摂ることで、あるメリットが生じているという報告があります。

ある実験では、アルコールだけを飲んだ人間、そしてCBDカプセルとアルコールを同時に飲んだ人間の血中アルコール濃度を比較してみたところ、後者の方が明らかに低い数値が出ました。

つまり、血液の中のアルコール濃度が薄まったという状況であり、これは健康上大きなメリットを生じさせていると言えます。

そういったメリットが存在している以上、CBDと酒の組み合わせは効果的という評価ができます。

お酒を飲むときには、CBDも摂取していくことでアルコールの身体への影響を最小限にできる状況ですから。

悪影響がないないどころか、良い影響があるという点はCBD、酒ともに興味がある人は知っておきましょう。


CBDと酒の組み合わせに関しては体質が関係する場合もある

こういった感じで、CBDと酒の組み合わせは特に問題ないという評価が可能です。

しかし、これはあくまでも理論上であり、全ての人に対して同様の状況になるとは限りません。

人によっては酒とCBDの組み合わせにより、身体に異常が出る可能性も否定できないでしょう。

CBD、酒をそれぞれ別々に摂る、時間を空けて摂った場合に問題が生じる可能性は低いでしょうけど、ほぼ同時にや時間をほとんど空けないで摂るとと何らかの異常を感じる場合があります。

これは各自の体質によるもので、CBDと酒の組み合わせそれ自体が合わないケースがどうしてもあると言えます。

だから、その部分に関してはきちんと頭に入れておかないといけません。

実際にCBDと酒を組み合わせて飲んでみる、間隔をそこまで空けずに飲んでみるのは構いませんが、何らかの体調などの異変を感じたらそれ以降はやめた方がいいでしょう。

滅多にあることではないですけど、そういう可能性があるため、ときには慎重な判断も必要です。

CBDと酒をともに利用するときには、自分の体質に合うか?どうかの確認は重要ですから、その点は最初にチェックしてほしいです。


ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDオイルは辛い二日酔いの症状を緩和させられる


CBDはお酒が好きな人にとっては、救世主になる可能性があるのでその点は頭に入れておきましょう。
お酒が強い人であっても、二日酔いというリスクは確実に持っていると言えます。
二日酔いになると、心身共に疲弊して何もできないという状況が続くため、できればそれは避けたいと思うでしょうし、二日酔いになれば早く治ってほしいとも思うはずです。
この二日酔いに関してはいろいろな解消法、予防法がありますが、CBDという存在は特におすすめです。
CBDオイルといった製品が実際に売られていますけど、そういったものを使うと、二日酔いに関する効果を実感しやすいはずで、お酒好きの人は特に知っておく必要があります。
二日酔いになったときにはいろいろな症状が発生して、それが悩みの種になることも多々ありますが、そういう具体的な状況において効果を発揮することが可能になっています。

CBDはアルコールに対する効果があることが実験で証明済み

過去に実際に行われた実験では、致死量とも言えるアルコールの量をネズミに与え、さらにCBDを皮膚に塗りこんだ結果、従来のアルコールによる影響がかなり抑えられたという結果が出ました。
具体的に言うと、致死量のアルコールをネズミに与えると、脳細胞がどうしても死んでしまうという状況になりますが、その死んでしまう脳細胞の数が従来の半分以下になっていました。
つまり、CBDは動物の脳にプラスの作用をもたらしたことになり、これはアルコールによる害を少なからず除去できているという結果の証明になるでしょう。
人間にも同様に作用するか?どうかは分からないものの、二日酔いは脳に影響がある現象であり、ネズミでこういった結果が出たということは、期待は持てるはずです。
CBDオイルなどを実際に使っていけば、二日酔いの症状が緩和されることは十分に考えられるはずです。
実際、二日酔いになると身体も頭もかなりきつい状態になりますから、その苦痛が緩和されるだけでも大きいと言えるでしょう。

CBDは二日酔いへの制吐作用が期待できる

二日酔いは身体がだるいとか、頭が回らないなどのいろいろな症状がありますが、代表的なのは吐き気です。
気持ち悪いという感覚になる人が実際にいますが、そういった状況に対してCBDオイルを使うと、その苦痛が緩和されます。
というのも、CBDには制吐作用があり、吐き気がマシになる、または感じなくなるという効果が期待できます。
だから、通常であれば吐き気を感じるのに、そういった感覚がないという状況が考えられます。
CBDオイルによって二日酔いの症状が軽く感じられるので、これは確実に大きなメリットであると言えるはずです。
二日酔いの症状の中で、吐き気というのはかなり辛いものでしょうから、それがマシになるというだけでも相当な効果と評価できるでしょう。
ただ、二日酔いと言えばもう1つ代表的な症状があるはずで、それに関しても効果を発揮するのがCBDなので、そちらも同時に覚えておいてほしいです。

CBDは二日酔いへの鎮痛作用も備わっている

CBDには鎮痛作用があるため、二日酔いによって生じる頭痛に対して効果を発揮できます。
二日酔いのときには頭痛を感じることがよくありますし、この頭痛というのは吐き気とともに多くの人を悩ませる症状です。
頭が痛い状態だと何事に関しても取り組む気力がそがれますから、早く改善してほしいと思うのではないでしょうか?
したがって、この頭痛が収まりやすいならば、吐き気と併せて二日酔いに対する苦痛はかなり緩和されます。
吐き気と頭痛の両方が生じづらくなれば、二日酔いの身体的な問題点はかなり少なくなり、二日酔いを恐れることもないと言えるかもしれません。
ただ、もちろんそういった苦痛を感じづらくなったとしても飲み過ぎには気を付けないといけませんが。
CBDオイルを使用すれば、実際にこういった効果を感じることが可能であり、程度は異なるものの、二日酔いの症状はマシになるはずです。
お酒を飲むときだけCBDオイルを使用しても効果は出るかもしれませんが、普段から定期的にCBDオイルを利用していくのはおすすめです。
そうやって自分自身の体質として、アルコールに影響されない、二日酔いに強いと言える状況を作っていきましょう。



ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アルコール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示