ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

若返り効果で有名なNMNの何故?と期待される効果


NMNはさまざまな体の機能への働きかけが期待されている成分です。

マウスの実験で糖尿病に対する治療効果を上げたと、米ワシントン大の今井眞一郎教授が報告をして注目されました。

その他にもさまざまな働きが期待されています。

では、NMNにはどのような効果が期待されているのでしょうか。


NMNとは

NMNが日本で知られ始めるようになるのは、2015年に放送されたNHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来」がきっかけです。

番組ではワシントン大学とハーバード大学の研究者が研究に取り組んでいるNMNを紹介しました。

さまざまな体の機能の衰えに関与しているのではないかと考えられている物質がNADです。

あらゆる生物の体内にはサーチュインというタンパク質が存在しています。

サーチュインは老化や寿命のコントロールにかかわる酵素です。

サーチュインを活性化するものがNADです。

NADはあらゆる生物の組織や臓器の細胞内に存在をしていて、もちろん人間の体内にも存在しています。

しかし、加齢に伴いNADが減少をします。

NADの合成能力が落ちることで体の機能が衰えてくると考えられています。

体の機能が衰えれば、それに関連して疾患が引き起こされてしまうとも考えられます。

サーチュインを活性化させる働きを持つNADは体内で合成できるものの、摂取をしても細胞内に取り込むことができません。

そこで研究者が注目した成分がNMNです。

NMNはNADの中間産物で、NMNを摂取すると体内でNADに変換されます。

NMNをマウスに投与すると血中のNMN濃度が上昇し、NADに変換されることが確認されています。

そして、NMNを投与したマウスの試験から、NMNの効果についてわかってきました。


NMNの有効性と期待される疾患

老化や寿命をコントロールしているサーチュインは、さまざまな疾患との関与が指摘されています。

認知機能低下、鼻炎、不妊、難聴、糖尿病、心血管疾患、腎疾患、視力低下、脂肪肝などがそうです。

サーチュインの活性にかかわるNADの中間産物であるNMNは、これらの疾患に対しての有効性が期待されています。

米ワシントン大の今井眞一郎教授のマウスを使った実験では、抗加齢作用が確認されています。

今井教授は、健康なマウスに100mg/kg/日と300mg/kg/日を1年間飲ませ続けました。

マウスは加齢に伴い体重が増加をします。

特にオスでは脂肪が増えます。

ところが、NMNを飲ませたマウスは老化に伴い体重増加がみられなかったのです。

普通の水を飲んでいたマウスと比較して、100mg/kg/日で4%、300mg/kg/日で9%の体重減少という結果が出ています。

さらに、酸素消費量が増えていることも確認されています。

マウスは加齢によって代謝が落ちます。

しかし、1年間NMNを飲み続けていた17か月齢のマウスは、普通の水を飲んでいた11か月齢のマウスとほぼ同等の酸素消費量だったのです。

その他にも骨密度の上昇もわかっています。

年齢を重ねると骨密度が減少をしていき、骨粗しょう症のリスクが高まります。

特に閉経後の女性は骨粗しょう症の原因になる破骨細胞の働きを抑える作用を持つ女性ホルモンの分泌量が減少をするので、骨粗しょう症に注意が必要です。

年齢を重ねて眼が乾きやすくなったと感じる人もいることでしょう。

年齢を重ねると涙の量が減少をして、眼が乾きやすくなるのです。

マウスでも年齢を重ねると涙の量が減少をしますが、NMNを与えたマウスは与えていないマウスに比べて涙の量が増えたと報告されています。

これらはマウスを使った実験によるもので人間での効果ははっきりしていません。

これからの研究が期待されます。


NMNを含む食品

さまざまな効果が期待できるNMN。

摂取したいと考える人もいることでしょう。

NMNはあらゆる生物の細胞内に存在していて、野菜、果物、肉、魚などにも含まれています。

普段口にする食べものでは、野菜や果物は肉に比べてNMN含有量が高いです。

これまで調べられているものでは、枝豆やアボカドなどに多く含まれていることがわかっています。

日常的に手軽に摂取できるようにサプリメントも登場しています。

ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

若返りの薬NMNを化粧品へ


NMNは若返りの薬といわれている成分です。

飲み水にMNMを加えたものをマウスに与えたところ、抗加齢作用が確認されました。

この試験では経口投与をしていますが、肌に塗っても効果が期待できそうです。

ここでは、NMN配合の化粧品について解説をします。


NMNが若返りの薬といわれる理由

NMNとは、ニコチンアミド・モノヌクレオチドのことです。

あらゆる生物の細胞内に存在をしています。

若返りの鍵となる物質がNADです。

老化現象をコントロールしているものがサーチュインで、NADにはサーチュインを活性化させる働きがあります。

ちなみに、サーチュインとはサーチュイン遺伝子の活性化によって発現する酵素のことで、生物の体内に存在しています。

人間の体内には7種類のサーチュインが存在していますが、通常は休眠をしているので、起動させて活性化させる必要があります。

NADには、その起動の役割があります。

ところが、絶食や運動によってNADを増やすことはできても、口から摂取して細胞内に取り込むことはできません。

NADが減少することがさまざまな体の機能の衰えにかかわっていることがわかってきています。

そこで登場するものがNMNです。

NMNはNADの中間産物です。マウスにNMNを投与すると血中NMN濃度が上昇し、その後に肝臓でのNAD量が増えることが確認されています。

1年間NMNを投与したマウスでは酸素消費量が高まっていました。

人間と同じようにマウスも年を取ると代謝が落ちますが、NMNを投与した17か月齢マウスはNMNを投与されていない11か月齢マウスと酸素消費量があまり変わっていないことが試験で確認されています。

NMNを投与したマウスは6か月若い状態だったのです。

NMNの摂取によってNADが増え、サーチュインが活性化させることで老化が抑制されることが期待されています。


NMN化粧品とは

NMN化粧品とは、NMNを配合している化粧品のことです。

化粧水、美容液、クリームなどの商品があります。

NMNを角層に塗布するとNMN量が増加することが大学や民間の研究機関から報告されています。

NMNやNADを増加させて、エネルギー供給源を活性化し、天然保湿因子の生成を促すことが期待されています。

滑らかでキメの整った肌に近づくためには、肌が潤っていることが重要です。

肌にはもともと、皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質といった乾燥から守る物質が存在しています。

ところが、これらの物質は加齢や間違ったスキンケア、不規則な生活などで減少をしてしまいます。

その結果、シワ、ニキビ、肌荒れ、くすみなどの肌悩みを招くことに。

肌の状態を整えるためには、加齢などによって減少してしまう天然保湿因子や細胞間脂質の生成を促すことがポイントになります。


NMN化粧品の選び方

NMNの働きを期待するなら濃度が重要です。

どのくらい濃度が理想なのかはっきりしていませんが、配合濃度が低すぎれば働きは期待できないことでしょう。

製品のパッケージをよく読んでNMN濃度を確認してください。

NMN濃度が記載されていない場合は、原料から判断をします。

化粧品に記載されている原料は、配合量が多い順に記載されています。

原料名の最初の方にNMNが記載されていてば、配合量が多いことが期待できます。

逆に原料名の後ろの方に記載されている場合は、配合量が少ない可能性があります。

原料名には「NMN」ではなく「ニコチンアミド・モノヌクレオチド」と記載されていることがあります。

化粧品を選ぶときにはNMN以外の成分にも着目してみましょう。

肌によさそうな成分が配合されていても、肌にダメージを与える成分が同時に配合されていては、肌によい成分の力を十分に感じることができません。

アルコール、パラベン、香料、着色料などはできれば肌に与えたくない成分なので、こういったものが配合されていないものがおすすめです。

価格も重要です。

NMNを経口投与するマウスの試験では1年間投与をし続けました。

化粧品の場合も長期的に使い続けないと変化は期待できないと考えられるので、長期的に使い続けられる価格のものを選ぶとよいでしょう。

ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDがもたらす3つの若返り効果!!


いつまでも若々しくいたいと思っている方は少なくないと思います。
若返りができたらいいと考えている方もいるのではないでしょう。
美容への意識が高い海外セレブが着目している成分がCBDです。
CBDは若返りをサポートしてくれるのでしょうか。

質のよい睡眠で美肌に

美肌を保つためにはスキンケアを丁寧に行うことも大切ですが、睡眠をしっかりと取ることも大切です。
どんなに肌のお手入れを丁寧に行っていても、肌の再生時間である睡眠時間を削ってしまっては、化粧品の力が十分に発揮されないことでしょう。
そうはいっても、しっかり眠れた気がしない、なかなか寝付けないという方もいると思います。
CBDは睡眠に不満を抱えている方のサポートが期待できます。
CBDを摂取することでぐっすり眠れたと実感している人がいます。
CBDには心身を調節する働きがあり、睡眠の質の改善をサポートしてくれます。
ぐっすり眠った翌日は肌の調子がよいと感じたことがありませんか。
いつもよりも肌がしっとり、化粧のノリがよいなど感じられることでしょう。

リラックスしてアンチエイジング

老化を進行させる物質が活性酸素です。
活性酸素とは反応性の高い酸素のことで、健康な細胞を傷つけて老化を進行させます。
肌細胞に影響を与えれば、シミ、シワ、たるみなどを増やしてしまいます。
人間は酸素を吸わないと生きていけませんが、呼吸で取り入れた酸素のうち数パーセントが活性酸素に変化をします。
また、ストレス、喫煙、紫外線、睡眠不足などで活性酸素が大量に発生をします。
若々しさを保つ秘訣は、活性酸素の体への影響を抑えることです。
呼吸を止めることはできませんが、禁煙や紫外線対策は自分の力でコントロールできます。
しかし、ストレスのない生活は難しいです。
上司からの叱責、苦手な人、満員電車など、毎日ストレスを感じていませんか。
そこで、ストレスを軽減する工夫をしてみることを提案します。
CBDにはリラックス作用があるといわれています。
リラックスをすれば活性酸素の発生を抑えられることが期待できます。
ストレスをなくそうとしてかえってストレスを増やしてしまうことがあります。
ストレス発散方法としてアクティブに活動する、ぼーっとするなどさまざまな方法が紹介されていますが、自分に合わない方法を行うとストレスをため込むことになります。
また、ストレス解消のための何かをする時間を取れないこともあります。
その点、CBDはオイルやサプリメントを摂取するだけなので、誰でも簡単に実践できます。

消化不良の改善

体を若々しく保つためには、体に必要な栄養素を毎日摂取することも大切です。
必要な栄養素が不足をすると肌代謝が落ちる、骨がもろくなる、筋肉が減少するなど、体にさまざまな影響がでてしまいます。
若返りのためには体が健康であることが重要です。
体は重要な部位から栄養素を供給していくので、必要な栄養素の量が満たされていないと若返りに栄養素を回してもらえません。
しかし、きちんと食べているつもりでも、口にした食べものが消化吸収されなければ体内で利用できません。
食べたもの栄養素を効率よく消化吸収するためには、消化器官が丈夫であることが大切です。
食べたものは胃や小腸で酵素の働きにより分解されてから体内に吸収されます。
食べものが大きなままでは体内に吸収できません。
CBDは消化不良に働くと報告されています。
消化機能が整えば食べたものをきちんと分解されれば栄養素が吸収されやすくなり、必要な栄養素を満たしてあげることで体を若々しく保つことにつながります。
たとえば肌の代謝には、タンパク質や亜鉛などが特に重要です。
骨を丈夫に保つためには、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなどが必要です。
こういったものを食事から摂取し、消化器官がきちんと分解してくれると、体内で効率的に利用されることでしょう。

CBDの摂取方法

細胞は日々生まれ変わっているので、若返りのためにはできるだけ毎日CBDを使うとよいでしょう。
過剰に使うと体に害を与えてしまい、若返りは期待できなくなってしまいます。
製品によって使い方が違うので、製品の説明書きをよく読んで正しく使ってください。



ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 若返り の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示