ヘンプシードオイルの化粧品、扱い方の注意点など徹底解説


ヘンプシードオイルは、食用としてだけではなく、化粧品にも使用されています。オメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸を多く含むヘンプシードオイルを化粧品として取り入れることで、美肌効果が期待できます。

ここでは、ヘンプシードオイルが使用されている化粧品とその特徴、使い方などを解説していきます。


ヘンプシードオイルが使われている化粧品

ヘンプシードオイルは油です。油と水は混ざりにくいので、化粧水のような水分が多い化粧品にはあまり使用されていません。

では、どのような化粧品に使用されているのでしょうか。


クレンジング

オイル系のクレンジング剤に配合されています。

オイル系のクレンジングは、汚れを落とす力が高く、メイク落ちがよいのですが、同時に肌の必要な皮脂を強力に奪ってしまうことがあります。そのため、クレンジング後の肌は潤いが不足して、ガサガサになってしまいます。

これは、界面活性剤を多く配合しているオイル系のクレンジングの場合で、天然成分だけで作られているものだと、潤いを守りながら汚れを落としてくれるものがあります。

ヘンプシードオイルを配合したもので、天然のオイルを中心に使用しているものが販売されています。


化粧水

油と水は混ざりにくいので、ヘンプシードオイルを配合した化粧水は少ないのですが、まったくないわけではありません。

水分だけを与えてもすぐに蒸発して肌が乾燥してしまいますが、オイルを加えることで保湿力が高まります。


乳液

乳液は油分が多い化粧品です。肌に必要な油分を与えたり、化粧水で与えた水分の蒸発を防ぐ役割があります。


クリーム

クリームも油分が多い化粧品です。乳液よりも油分を多く含んでいます。

肌に必要な油分を与えたり、化粧水で与えた水分の蒸発を防ぐ役割があります。油分が多いため、乾燥しやすい秋冬や乾燥肌の人に向いています。


美容オイル

植物由来のオイルを中心にして作られているものです。ヘンプシードオイルだけでなく、ホホバオイル、アルガンオイルなど、他のオイルが混ぜられている美容オイルもあります。


ヘンプシードオイル化粧品の使い方

肌の調子を整えてくれる化粧品でも、使い方を間違えると化粧品が本来持っている力が発揮されません。正しい使い方を理解して、肌を整えていきましょう。


クレンジングオイル

手のひらに適量を取り出し、顔全体に広げてメイクとなじませます。メイクとなじませるときに肌をゴシゴシこすってしまうと、肌を守っているバリア機能が低下してしまうので、強くこすらないように気をつけます。

肌の上で手を動かしていると、オイルの感触が変わってきます。感触が変わったら洗い流すサインです。ぬるま湯で優しく洗い流します。


化粧水

手のひらに適量を取り出し、顔全体になじませます。一度に大量に手に取り出すと、手のひらから化粧水がこぼれてしまうので、その場合は2回に分けて塗ります。

オイルが配合されていると化粧水にとろみがついていることがあります。とろみのある化粧水はコットンでつけるよりも、手でつけることをおすすめします。


乳液

手にひらに適量を取り出し、顔の中心から外側に向かってなじませます。このときに、肌をこすらないように気をつけましょう。


クリーム

手のひらに適量を取り出し、顔の中心から外側に向かってなじませます。

ジャータイプの場合は、クリームを直接手で触れると手に付着している雑菌が、容器内のクリームに混入して不衛生なので、スパチュラを使ってとるようにします。


ヘンプシード化粧品の扱い注意点

ヘンプシードオイルには、オメガ3が多く含まれています。オメガ3は酸化しやすい脂肪酸なので、化粧品が酸化しないように保管に気をつけてください。オイルのみで作られている美容オイルは、特に酸化に注意が必要です。

熱、光、酸素によって酸化をするので、高温になったり、直射日光が当たる場所を避けて保管をします。開封後は酸素に触れてどんどん酸化が進んでいくので、できるだけ早く使い切るようにします。化粧品は、1か月程度を目安に使い切るようにしましょう。

嫌な臭いがするようなら、酸化している可能性があります。酸化したものを肌に塗ると肌に刺激を与えてしまうので、使用は控えることが望ましいです。


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選