2020年10月5日月曜日

CBDエディブルの安全性とメリット


CBDはオイルを飲むことが一般的な摂取方法でしたが、食べることもできます。

そういった商品のことをCBDエディブルといいます。

ここでは、CBDエディブルとは何かやCBDエディブルのメリットを紹介します。


CBDエディブルとは

英語の「エディブル(edible)」には「食べる」という意味があります。

CBDエディブルとは食べるCBDのことです。

グミとして摂取するタイプが多いです。

CBDは独特の苦みがあり、オイルをそのまま摂取すると苦味が気になります。

苦いものが苦手な方は摂取しにくく感じることでしょう。

グミのような食べるタイプのCBDだと、苦味を気にせずにおいしく摂取をしやすいです。


安全性は?

CBDとは、大麻草に含まれている80種類以上のカンナビノイドの一種です。

さまざまなカンナビノイドがある中、CBDは多くの研究者によって調べられていて、医療分野でも科学分野でも注目されています。

大麻草というと危険なイメージがあるかもしれませんが、日本で販売されているCBDエディブルは安全な成分を使用しています。

日本の法律で規制されているのは、大麻草に含まれるTHCという成分です。

THCには精神に働きかける作用があり、幻覚や幻聴を引き起こすことがあります。

一方、CBDには向精神作用はありません。日本の法律ではCBDを規制しておらず、またWHOはCBDの安全性を認めています。

そして、成分を抽出する部位がTHCとCBDでは違います。

CBDを抽出する部位は日本の法律で規制されていない、成熟した大麻草の種子や茎です。

CBD製品にはフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートなどの種類があります。

フルスペクトラムとは、大麻草に含まれるさまざまな成分をそのまま含有しているもののことです。

CBDをはじめとしたカンナビノイド類やテルペンなどを含有しています。

フルスペクトラムにはTHCも含まれています。

ブロードスペクトラムとは、CBDをはじめとしたカンナビノイドやテルペンなどは含んでいますが、THCは取り除いたものです。

アイソレートとは、純度が高いCBDのことです。

CBD以外のカンナビノイドやテルペンなどは含んでいません。

日本で販売されているCBD製品はTHCを含んでいないものです。

また、原料はアメリカやヨーロッパなどから輸入されることが多いのですが、輸入は日本の厚生労働省の指導のもと行われています。


CBDエディブルのメリット

苦味が気にならない

CBDエディブルはグミタイプの製品が多いです。

一般的なグミもそうですが、グミは甘い食べものです。

甘味がCBD独特の苦みをわからなくしてくれて、苦味が苦手な方でも食べやすくなっています。


持ち運びしやすい

オイルの場合、しっかりふたを閉めていてもカバンの中でキャップが開いてしまい、中身がこぼれてしまう心配があります。

また、瓶に入っているものが多いので重さが気になります。

グミタイプのCBDエディブルは液体のように周りを汚すことがありません。

汚す心配がないので、カバンに入れて持ち運びをしやすいです。

重さもそれほど気になりません。


手軽に食べられる

CBDエディブルを食べていても、周りの人からはCBDを摂っているようには見えません。

グミタイプの場合なら、「お菓子を食べているのかな」と普通のグミを食べているように見えます。

オイルやパウダータイプの場合は、舌の下にしばらく置いてから飲み込む摂取方法をします。

人がいるところだと口を開けて舌にオイルを垂らしている姿をみられることにためらいを感じるのではないでしょうか。

しかし、CBDアディブルならそういったことがありません。


安心できる成分

グミは砂糖たっぷりな食べものというイメージがありませんか。

WHOは砂糖などの糖類の摂取量をエネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めています。

CBDエディブルのグミは砂糖を使用せず、アガベや果汁など天然の甘味を使っているものが多いです。

健康志向の人でも安心できるように、合成香料や合成着色料などの成分は使用していません。

グミには色がついていますが天然成分によるものです。


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選