ラベル ヘルニア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ヘルニア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

CBDはヘルニアに効果的なのか?痛みの緩和やCBDの使い方


長時間のデスクワークや立ち仕事で腰や背中に痛みを覚える人は少なくありません。

ひどい場合はヘルニアを発症してしまうこともあるようです。

CBDは痛みへの働きが期待できるといわれている成分です。

ここでは、CBDの痛みへの働きや使用方法を紹介します。


ヘルニアとは

ヘルニアとは、臓器や組織の一部が組織のすき間を通って本来あるべき場所ではない位置にはみ出ている状態のことです。

ヘルニアには、内ヘルニアと外ヘルニアがあります。

内ヘルニアとは腹部の内側に起こるヘルニアのことです。

内臓が本来あるべき場所から脱出していますが、腹部の内側なので外から確認することはできません。

外ヘルニアは腹部の外側に脱出したもので、外から確認することができます。


ヘルニアにはいろいろな種類があります。


食道裂孔ヘルニア

食道が横隔膜を貫く食道裂孔と呼ばれる通り道があります。

この部位は加齢によって組織の脆弱化によって広がってしまうことがあり、腸や胃が胸腔内に飛び出した状態を食道裂孔ヘルニアといいます。


鼠径ヘルニア

脚の付け根は鼠径輪という孔があります。

ここから腸の一部が脱出したものが脚の付け根にある鼠径輪です。

脱出した腸管を体の外側から触ることができます。


椎間板ヘルニア

よく名前が知られているものが椎間板ヘルニアではないでしょうか。

背骨は椎骨が積み重なったような構造をしています。

椎骨と椎骨の間には、クッションの役割をしている椎間板があります。

椎間板の一部が飛び出た状態が椎間板ヘルニアです。

飛び出た部分が周囲の神経に触れて痛みが伴います。


さまざまな種類のヘルニアがありますが、多くの場合は筋肉や組織が脆弱化をして組織を支えられなくなることが原因です。

筋肉や組織の脆弱化は、加齢や繰り返し動作によって引き起こされます。

椎間板ヘルニアの場合は、立ったり座ったりの動作の繰り返しによって負担がかかることが原因ではないかといわれています。

座ったまま前かがみになる姿勢をすると、体重の2.5倍の負荷がかかります。

こういった繰り返しが椎間板の変性を引き起こし、椎間板ヘルニアにつながると考えられます。


CBDとは

CBDは大麻草から抽出されるカンナビノイドの一種です。

大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれているといわれていますが、大麻草によってはカンナビノイドの約40%をCBDが占めることがあります。

人間には恒常性を保つ役割を果たすエンカンナビノイドシステム(ESC)というものが備わっています。

ESCは体温調整、食欲、睡眠、運動機能など、さまざまな活動にかかわっています。

CBDはESCに働きかけて、体のバランスを整えるサポートをすることが期待されています。

CBDはオイル、リキッド、カプセルのサプリメント、CBD入りのチョコレートやグミなどから摂取できます。

CBDを配合したクリームや化粧水を使えば、体の外側からCBDでケアすることも可能です。


CBDはヘルニアによい?

CBDには痛みを抑える働きが期待できます。

ESCは痛みにもかかわっているシステムです。

CBDはESCに働きかけるので、痛みを抑える働きが期待できるのです。

痛みを抑える場合、痛みを抑え過ぎてしまうと問題になることがあります。

感覚がなくなってしまうようだと日常生活に支障がでます。

CBDの場合は適切な範囲に戻すといった働きをします。

そして、副作用の心配がほとんどありません。


CBDの使い方

口から摂取する方法と肌に塗る方法があります。

口から摂取する場合、オイルを利用することが一般的です。

スポイトを使ってオイルを舌に数敵垂らし、その状態を1分ほど保ちます。

その後にCBDオイルを飲み込みます。

オイルは飲み物に加えることも可能です。

運転前や運転中には摂取しないでください。

CBD配合のクリームは痛みが気になる部位に直接塗ります。

適量を手に取り出し、肌にすり込むように塗ってみましょう。

肌が弱い方はパッチテストをしてから気になる部位に使用することをおすすめします。

CBDクリームには炎症を鎮める植物性成分が配合されていることもあり、こういった成分の働きも期待できます。


▼ヘルニアとCBDの関係性について動画で解説


ラベル ヘルニア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ヘルニア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ヘルニアの痛みに対してCBDの効果が十分に期待できる


CBDは人間の身体に作用し、健康を害する問題を解決する存在として有名です。
このCBDは人間の身体のあらゆる問題を改善に導くことが可能ですが、その中にはヘルニアも含まれています。
ヘルニアは腰に発生することが多いもので、実際にそういった状況になると激痛を体感するケースもあります。
身体的な問題として、非常に深刻な状況になりかねないので、ヘルニアになってしまった人は一刻も早く痛みを緩和させたいと思うはずです。
したがって、CBDにヘルニアへの効果が確認されるならば、実際に使ってみると良いと思います。

ヘルニアに対してCBDが効果的だったという体験談がある

CBDが含まれた製品を使った結果、ヘルニアの状況が改善したという声は実際に見ることができます。
例えば、椎間板ヘルニアの症状を持つ人が病院に行って、ブロック注射をしてもらったり、鎮痛剤を処方してもらったのに痛みがひかなかったが、CBDオイルを使ったら痛みが引いたというケースが報告されています。
この人は夜も眠れない状態だったみたいですが、それが眠れるようになったということで、効果は十分に確認できます。
ヘルニアの痛みは本当に強いものが出やすいですから、そのままの状態を放置していると、日常生活に確実に影響が出ます。
痛みが完全に消えないとしても、緩和するだけでもかなり違うはずなので、CBDにそういった効果があれば本当に大きな存在と言えます。
ヘルニアに対してCBDが効果があったという体験談は複数見つかるので、全員が効果を実感できるとは限らないものの、期待できる存在なのは確かです。
実際にブロック注射や鎮痛剤を施したが効果がなかったという人がいれば、CBDに頼ってみるのもおすすめです。
こういったものと比べて、ヘルニアの痛みに対する高い効果が現れる可能性は十分にありますから。

CBDの鎮痛作用がヘルニアに作用している可能性

ヘルニアの痛みを和らげることができるCBDですが、具体的にどんな要素が効いているのでしょうか?
可能性が高いのは、CBDに備わっている効果の1つである鎮痛作用です。
CBDの効果としては鎮痛作用があるのですが、これは単純に痛みを軽減させることができ、人体にとってプラスの影響をもたらします。
ヘルニアの症状として最も大きいのはこの痛みですし、その痛みが軽減しているならば、やはり鎮痛作用が効いていると評価するのが妥当です。
ヘルニアの痛みは、それを経験した人じゃないと程度に関して理解するのが難しいでしょう。
したがって、ヘルニアになったことがない人にとっては、ヘルニアはどの程度の痛みなのか?について想像しづらいと言えます。
しかし、中には激痛を感じている人もいるわけですから、ヘルニアの痛みの悩みに関しては非常に大きいケースがあるはずです。
そのような大きな痛みに対しても効果があったと言えるならば、CBDの鎮痛作用は相当大きいと見ることができます。
実際、夜も眠れないほどの痛みが改善したという声があるため、CBDによるヘルニアの痛みの緩和の効果はかなり期待できるはずです。

CBDの鎮痛作用はヘルニア以外のあらゆるものに対して有効

ヘルニアの痛みに関して、CBDは有効である可能性が十分に考えられます。
しかし、このCBDの鎮痛作用はありとあらゆる痛みに対して機能し、人が感じる痛みであればほぼなんでも効く可能性があります。
身体に発生する痛みというのは、いろいろな部位で考えられますし、その原因も様々です。
したがって、ヘルニアの痛み以外でも何らかの痛みを感じるケースは往々にしてあるでしょう。
ヘルニアの痛みを緩和させるという目的でCBDを使い始める人も中にはいますが、ヘルニア以外の痛みに対しても有効である点は頭に入れておくべきです。
ヘルニア以外でもなかなか改善しない痛み、激痛に感じるほどの痛みが発生する可能性がありますから。
そんなときにCBDのことが頭に入っていれば、すぐに対処することが可能になるため、非常に便利です。
CBDの鎮痛作用は、すでに話したようにヘルニアの痛みにも効果がある状況のため、相当強力であると評価できます。
すなわち、CBDを使って効果が全く感じられない痛みというのはそうはないはずですから、いろいろな機会で使用が可能でしょう。
CBD製品それ自体を常備薬のような形で、家に保管しておくことは重要であり、これから多くの機会で使用する想定をしておくと良いです。



ラベル ヘルニア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ヘルニア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示