2020年12月30日水曜日

40%を誇る超高濃度CBDオイル-Naturecan


CBDオイルといえば、舌下吸収にてCBDを摂取する製品です。

CBDオイル毎にオイルに含まれるCBD量は異なり、その濃度も一般的には3%~15%が殆どです。

ですが、今回紹介するNaturecanのCBDオイルは数あるCBDオイルの中でも超高濃度の40%です。

多くのCBDオイルは濃度の関係から、一回に使用する滴数が多くなりがちで、口の中がオイルまみれになる事に抵抗がある方も多いでしょう。

Naturecanの40%CBDオイルは1滴あたり16mgものCBDが含まれるので、通常使用では2滴で32mgものCBDを摂取する事が可能です。

他の製品と比べても、CBDカプセルであれば大体1カプセル20mg、高濃度CBDグミであれば1粒25mgですので、どれだけ高濃度なのかが分かるかと思います。

多くの方が体感を得られるCBD摂取量は25mgと言われていますので、2滴で体感を得られるほどのCBD摂取が可能です。

2滴であれば、そこまで口の中のオイルっぽさは気にならないでしょう。


ただ一点、好みが分かれるのが味です。

Naturecanの40%CBDオイルは高濃度がゆえにCBD特有の苦みが強く、少し辛くも感じます。

近い味としては「ショウガ」でしょうか。

良薬は口に苦しというように、少し刺激的な味に好みが分かれそうです。


また、使用しているCBDも単純に濃度を高めるだけのアイソレートとは違い、しっかりとブロードスペクトラムCBDを使用していますので、アトラージュ効果によって高い体感・効果が期待できます。

ブロードスペクトラムとは、CBD以外のも様々な有効成分が含まれ、相乗効果が期待できる抽出方法です。

純粋にCBDだけのアイソレートとは異なり、CBDをより効果的に作用させるための様々な成分が含まれています。

見掛け倒しの高濃度とは違い、しっかりと有効作用される事を考えた高濃度CBDオイルですので、他のCBDオイルで体感を得られなかった方にオススメです。


注意点としては、超高濃度なゆえに過剰摂取が気になる所です。

CBDは大量に摂取したとしても、お腹が緩くなったり、他の薬の効果を弱くする等が言われていますが、致命的な副作用はありません。

ですが、あえて基準を設けるとしたら、1日当たりのCBD最大摂取量は70mgまでとしてください。

これは英国食品基準庁によって定められている基準値です。

ですので、Naturecanの40%CBDオイルでは1日当たり4滴までを目安に摂取してください。


→Naturecan 40%CBDオイル


また、当サイト限定のクーポンコードを利用すれば、更に15%引きにて購入可能です。

詳しい購入方法は下記記事にて解説しています。


→Naturecan(ネイチャーカン)が遂に日本上陸


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選