2020年11月7日土曜日

CBDクリームで得られる効果と選ぶ際の注意点


肌荒れやかゆみなど、肌の悩みを抱えている人は少なくありません。

悩みを解決するために、さまざまな化粧品を試してきたこともあるでしょう。

肌の悩みの解決をサポートしてくれそうな成分がCBDです。

CBDはオイルやリキッドなどで体の中に取り込む方法がよく知られていますが、CBDクリームを使って肌の外側からケアをすることができます。

今回はCBDクリームに期待できる効果や購入時の注意点を紹介します。


CBDクリームとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略で、大麻草に含まれる成分の一種です。

大麻草というとマリファナを思い浮かべますが、マリファナの主成分はTHCです。

THCも大麻草に含まれている成分で、向精神作用があります。

一方、CBDにはTHCのような向精神作用はありません。

日本の法律ではTHCを禁止していますが、CBDに関しては規制はありません。

CBDは恒常性を維持することに貢献するといわれています。

外気温が高くても低くても体温は一定に保たれていますが、これは恒常性を保つように体が働いているからです。

恒常性の維持にはエンカンナビノイドシステム(ESC)が関わっていると考えられており、ESCは食欲、睡眠、運動機能などさまざまな体の活動に関与しています。

CBDはESCの働きをサポートします。

CBDクリームは、CBDを配合したクリームのことです。

CBD製品には、オイル、リキッド、サプリメント、グミ、チョコレートなどがあり、これらは口から摂取して体内に取り込むものですが、CBDクリームは皮膚に塗るものです。

皮膚にもCBDの受容体があります。


皮膚の再生を促進

CBDクリームに期待できる効果の一つに皮膚の再生を促進するというものがあります。

皮膚の状態をよく保つためには、古い細胞と新しい細胞の生まれ変わりが必要です。

私たちの肌は一定のサイクルで生まれ変わっており、この代謝の仕組みをターンオーバーといいます。

皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織で構成されています。

表皮はさらに基底層、有棘細胞層、顆粒層、角質層で構成されています。

新しい肌細胞が作られているのは、表皮の一番下にある基底層という場所です。

新たに細胞が作られることで基底層で作られた細胞が下から上に押し上げられ、肌表面の角質層に到達します。

そして、垢となって剥がれ落ちます。

この繰り返しがターンオーバーです。

ターンオーバーが乱れると古い角質が肌にたまってしまい、キメの乱れ、くすみ、ニキビ、肌荒れなどのトラブルの原因になります。

皮膚の再生が促進されることでターンオーバーが整い、肌の状態が整ってくることが期待できます。


かゆみの軽減

かゆみの軽減も期待できそうです。

ESCはかゆみにもかかわっており、CBDはESCに働きかけるので、ESCが整うことでかゆみが軽減する効果が期待できると考えられます。

また、皮膚の状態が整うこともかゆみの軽減につながります。

肌にはバリア機能が備わっており、紫外線・花粉・大気汚染などの外部刺激から守ってくれています。

バリア機能が低下をすると外部の刺激を受けやすくなり、わずかな刺激に対しても敏感に反応をして、かゆみとなって表れます。

バリア機能を整えるためには、ターンオーバーを整えることが重要です。

CBDは皮膚の再生促進効果が期待でき、ターンオーバーが整うことでバリア機能が整ってきます。


CBDクリームを選ぶときの注意点

CBDクリームには肌トラブルに悩む人にとってうれしい効果が期待できますが、製品を選ぶときに注意したいことがあります。

CBDクリームに配合されている成分はCBDだけではありません。

CBD以外に配合されている成分が肌に刺激を与える可能性があります。

そのため、CBDクリームを購入するときには原料をよく読んで確認をしましょう。

特に気をつけたい成分はTHCです。

日本の法律ではTHCが規制されているため、日本ではTHCが含まれている製品は流通していないと考えられます。

しかし、もしものことを考えて、THCが含まれていないことが明記されているか確認をしてください。

健康を守るためでもありますが、THCを所持していると違法になってしまいます。

信頼できるメーカー、製品を選びましょう。


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選