CBDに中毒性はあるのか?離脱症状は?


CBDは麻から抽出される成分です。

麻というとマリファナを連想して、中毒性を心配する人もいることでしょう。

では、CBDに中毒性はあるのでしょうか。


CBDとは

CBDはCannabidiol(カンナビジオール)の略で、大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

大麻草というと日本の法律で規制されているマリファナを思い浮かべることでしょう。

マリファナの主成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)で、向精神作用があります。

THCは体内にあるCB1という受容体と結びつきが強く、幻覚をみたり、幻聴が現れたりすることもあります。

一方、CBDには向精神作用はありません。

日本の法律では大麻草の花穂や葉を使用することやその製品を禁止しており、THCも禁止されています。

そのため、日本で流通しているCBD製品に使用されている原料は、大麻草の成熟した種子や茎から抽出をし、THCを完全に取り除いています。

THCゼロの成分を使用していることを、第三者機関によって確かめられている製品が多いです。

また、原料や製品の輸入は厚生労働省の指導のもと行われています。


CBDに中毒性はある?

CBDは忍容性が高い成分で、1日1500mgまでの摂取なら安全だといわれています。

中毒性はありません。

中毒症状の一つにアルコール依存症があります。

アルコール依存症の場合、長期にわたって体内にアルコールが存在することで脳が変かすることがあります。

アルコールが体内に存在することが普通の状態だと脳が勘違いをしてしまい、アルコールが体内から抜け出ると、変化した脳は十分な機能を果たせなくなります。

そのため、離脱症状が現れます。

CBDにはアルコール依存症のようなことはなく、摂取をやめたからといって離脱症状が現れることもありません。


CBD以外の成分の問題

CBD自体には中毒性はなく、離脱症状もありません。

しかし、CBD製品に配合されている他の成分に注意が必要です。

日本で販売されているCBD製品にはTHCは含まれていませんが、海外で販売されているものはTHCが含まれているものがあります。

THCはマリファナの主成分です。

CBD製品に含まれているTHCはわずかな量ですが、人によって感受性が違います。

このわずかな量に対して中毒性を起こしてしまう可能性がないとはいい切れません。

また、製品に含まれるTHCの量わずかであっても、1日に摂取する製品の量が多くなれば、THCの摂取量も多くなることになります。

CBDはグミやチョコレートなど、お菓子に配合されているものもあります。

グミにはゼラチンが使用されることが一般的です。

ゼラチンは中毒性の心配はありませんが、食物アレルギーを起こしやすい成分なので、食物アレルギーを持っている方は気をつけましょう。

チョコレートは砂糖を大量に使用している食品です。

最近は砂糖の摂取が問題視されるようになり、WHOは砂糖などの糖類は1日に摂取するカロリーの5%程度にまで抑えるべきだと発表しています。

「砂糖中毒」という言葉もあるので、甘いものの食べ過ぎには気を付ける必要がありそうです。

オイルの場合は、MCTオイル、ココナッツオイル、ヘンプオイルなどをベースにしてCBDを配合しています。

これらのオイルに中毒性の心配はありません。


CBDは安全なの?

CBDに中毒性はありませんが、だからといって安全だと言い切ることはできません。

気をつけなければならないのは、薬との併用です。

ある種の薬を服用している人がCBDを摂取すると、副作用が出る可能性があります。

薬を服用している場合は、必ず医師や薬剤師に相談をしましょう。

CBDは日本では食品扱いされています。

食品だから薬と組みあわせても大丈夫だろうと考えたくもなりますが、高脂血症治療剤や降圧剤とグレープフルーツジュースを一緒に摂ると、効き目が強くでたり、副作用がでたりします。

食品でも危険なことがあるので、必ず医師や薬剤師に相談してください。

CBD自体に副作用がまったくないわけでもありません。

これまでには、立ちくらみやめまいなどの副作用が報告されています。

摂取をして体調が悪いと感じるようなら、摂取をやめるようにしましょう。


▼解説はYouTubeでも発信しています

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選