2020年10月21日水曜日

アイコスでCBDは摂取できるのか


リキッドタイプのCBDは、専用の吸引器を使用してCBDを体内に取り込むものです。

アイコスに似ている専用の吸引器を使用するのですが、CBDを吸引するために使用する吸引器はアイコスとは少し違います。

では、どんな点が違うのでしょうか。

CBDリキッドの使い方も併せて紹介します。


アイコスとは

アイコスとは、加熱式タバコのことです。

タバコ葉を燃やすのではなく、加熱して蒸気を発生させて、発生した蒸気を吸引します。

紙巻きタバコのように燃焼させないので副流煙が出る心配がありません。

加熱式タバコには、低温加熱、高温加熱の2種類があります。

アイコスの場合は300度の高温加熱で、加熱ブレードをタバコスティックの内部に刺して加熱する内側直加熱方式となっています。

加熱ブレードは正確な温度で加熱をするヒートコントロールテクノロジーを採用しています。

紙巻きタバコは800度で燃焼するので煙が発生しますが、アイコスは300度以下でタバコ葉を加熱し、煙は出ずに蒸気が発生します。


アイコスと電子タバコの違い

アイコスは加熱式タバコで電子タバコとは仕組みが違います。

加熱式タバコは、タバコ葉を燃やすのではなく、加熱して蒸気を発生させるものです。

電子タバコは、リキッドを電気加熱して蒸気を発生させるものです。

英語圏では、VAPE、ヴェポライザーとも呼ばれています。

タバコ葉を使用しない電子タバコは、たばこ事業法上の「たばこ製品」にあたります。

使用されるリキッドにニコチンを含む場合は、日本の医薬品医療機器等法により、届け出が必要です。


CBDリキッドはアイコスを使える?

アイコスはタバコ葉を加熱するもので、リキッドを加熱するものではありません。

そのため、CBDリキッドは使用できません。

CBDリキッドを吸引するためには、電子式タバコが必要です。

電子式タバコにカートリッジを装着して、電源を入れて加熱をし、蒸気を吸引します。

CBD製品によっては、CBDリキッド専用のヴェポライザーを用意していることがあります。

専用のヴェポライザーは、CBDリキッドを充填しやすいようになっていたり、使い切りタイプになっていたりします。


CBDリキッドの選び方

CBDリキッドには、さまざまなフレーバーがあります。

タールやニコチンは含んでおらず、蒸気の香りを楽しむものなので、好みのフレーバーを選びましょう。

製品によってCBDの配合濃度が違うので、CBD濃度も確認します。

日本で販売されているものだと、5~10%濃度のものが多いようです。

CBDリキッドには、ヴェポライザーにリキッドを充填するタイプと、すでに充填されている使い切りタイプがあります。

ヴェポライザーに充填するタイプは、リキッドを充填することで繰り返し何度でも使用することができます。

バッテリーが充電式でないとバッテリーがなくなってしまうことで繰り返し使えなくなるので、充電できるか確認しておきましょう。

使い切りタイプはリキッドがなくなってしまったら、それで終わりで捨てることになりますが、充填する手間を省けたり、充填する際にこぼしたり手を汚したりする心配がありません。


CBDリキッドの使い方

ヴェポライザーにリキッドを充填します。

電源を入れるとリキッドが加熱されて蒸気が発生するので、蒸気を吸引します。すぐに息を吐き出さず、数十秒肺に留めておいてから息を吐き出します。

吸引が終わったら電源を切ります。

CBDは忍容性が高く、安全に摂取できるといわれ、1日1500mgが摂取上限とされています。

しかし、人それぞれ体質が違うので、わずかな量でも体調に異変を感じる可能性があります。

CBDリキッドを吸引して体長が悪くなるようなら、CBDリキッドの使用を停止してください。

運転前や運転中の使用はしないでください。

CBDリキッドにはニコチンやタールは含まれておらず、煙がでることもありません。

法律上は使用することが可能なのですが、店舗によっては蒸気が発生すると困ることがあるため、店舗や多くの人が集まる場所では、あらかじめ店舗に確認をしてください。

また、使い終わった使い捨てヴェポライザーは地域のゴミ捨て区分に従って処分をしてください。

CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ「初心者にオススメなCBDオイル3選」もご覧ください。

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→定期購入では無い、今だけの買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBD オイル Gold Amber 3%濃度 限定割引