定期購入でCBDを購入するメリット・デメリットを解説


CBD製品には、手ごろな価格で購入できるものもあれば、1本が1万円以上するものもあります。

CBDを使ってみたいと思っても、高額なものは手を出しにくいことでしょう。

お得に購入したいという人におすすめなのが定期購入です。

ここでは定期購入でCBDを購入するメリット・デメリットを解説していきます。


CBDが高価な理由

CBDとはカンナビジオールの略称で、大麻草に含まれるカンナビノイドの一種です。

CBDを使用したい製品には、オイル、カプセル、リキッド、クリーム、バームなどさまざまなものがあり、比較的手ごろな価格で購入できるものもあれば、手を出しにくいと感じる価格のものもあります。

たとえば、1本10ml、CBD濃度10%のオイルは1万円以上するものが珍しくありません。

こういった高価に感じる製品もあれば、CBDグミのように1袋5粒入りで1700円といったように、手に取りやすい価格のものもあります。

では、どうしてCBDが高価になりがちなのでしょうか。

日本の法律では大麻草の花や葉を使用することが規制されています。

日本で販売されているCBDはアメリカなど海外から輸入をしているものですが、日本向けの製品は日本の法律で規制されていない大麻草の種子や茎からCBDを抽出しています。

もともとCBDの含有量が少ない部位で、さらに使用できる部位が限られてしまっているため、大量に抽出することができません。

希少なものは製品価格が高くなる傾向があります。


定期購入とは

定期購入とは、自動的に購入するサービスのことです。

定期購入に申し込みをすると、その都度申し込みをしなくても定期的に注文した商品を届けてくれます。

届く間隔は、1か月であったり、2か月に1回であったり、製品によって違います。

お届け間隔は自分で選べることが一般的です。

定期的に商品が届けられていると、次第に使い切れずに余ってしまう商品がでてくることがあります。

飲み物のような場所を取る製品だと、置き場所に困ってしまうことでしょう。

そういった場合には、定期購入の一時停止や数量の変更などを行うことで、商品を無駄なく消費できます。


定期購入のメリット

申し込みを毎回する必要がない

定期購入の申し込みは初回の1回のみです。

その後は定期的に商品が届けられます。

定期購入に申し込んでいない場合は、その都度申し込みをしないと商品を届けてもらうことができません。

毎回住所などを入力するのは面倒に感じることでしょう。

しかし、定期購入なら何度も住所など入力する必要がなく、手間を省くことができます。


割引価格で購入できる

定期購入なら通常購入から割引された価格で購入できます。

割引価格は製品によってさまざまですが、初回限定50%引きという製品もあります。

通常よりもお得に購入できます。


送料無料

定期購入に申し込みをすれば送料を無料にしてもらえることがあります。

何度も送料がかかるようだと送料だけで大きな費用がかかってしまいますが、送料無料にしてもらえればその分のコストを削減できます。


買い忘れを防ぐことができる

「もうすぐなくなりそうだから注文しなくちゃ」と思っていても、注文し忘れてしまうことは珍しくありません。

定期購入なら自動的に購入され、商品をお届けしてくれるので、買い忘れすることがありません。


定期購入のデメリット

途中解約できない

商品にもよりますが、定期購入は「○回以上の購入が条件」と決められていることがあり、その回数分商品を受け取らないと解約することができません。

条件の回数前に解約できたとしても解約手数料がかかります。


使い切れずに商品がたまってしまう

使い忘れたり、旅行などで使うことがなかったりすると、商品がたまってしまいます。

たまった商品の保管場所に困るし、賞味期限が定められているものだと、賞味期限内に使い切れずに無駄にすることになります。

使い切れずに商品がたまってしまったら、一時停止やお届け間隔を変更するとよいでしょう。


数量を考える

定期購入する数量を考えずにいると、思っているよりもたくさん届いてしまったということになります。

どの程度購入するのか考えてから申し込む必要があります。

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選