2020年12月21日月曜日

CBDに関するヨーロッパの事情や普及度合い


CBDは日本以外の国でも評判が高く、実際に多くの利用者に愛用されている状況があります。

国外に目を向けると、アメリカの話題は特に多いですけど、近年ではヨーロッパに関しても人気が高まってきています。

ヨーロッパはいろいろな国があるため、必ずしも多くの国で共通とは言えないものの、全体的には普及がかなり進んでいます。

そして、日本とは違う事情があるので、それによってCBDに対する捉え方も異なっていると言えるのですが、どんな違いがあるのか?は知っておきましょう。

ヨーロッパのCBD事情を見ていると、CBDに関する日本の未来を想像できる可能性もありますから。


ヨーロッパでは医療用大麻がそもそも普及している

日本人からすると、大麻は危ない薬物というイメージですが、海外ではそうとも言えない部分があります。

例えば医療用大麻に関しては、世界各国で割と評判が高い状況が確認できます。

ヨーロッパもその1つで、この地域では医療用大麻に対する悪いイメージはほとんどありません。

日本が厳しすぎるのでは?と思えるほどに、ヨーロッパなどの世界各国では大麻が徐々に解禁されつつあります。

医療用大麻はその1つで、こういった状況を見ると日本と世界では大麻に対する認識が大きく異なっている状況が理解できます。

大麻に対して寛容な面が確認されれば、当然ながらCBDに関しても評判は高くなるはずですし、実際ヨーロッパの中ではかなり普及しています。

CBDについては日本でもある程度は人気ですけど、ヨーロッパに関しては大麻への理解があるため、評判の高さは日本よりも上なのでは?という雰囲気すら感じられます。

実際、ヨーロッパに旅行に行くと、その状況を実感しやすいと言えるはずです。


ヨーロッパではどの程度CBDが普及しているのか?

ヨーロッパは大麻やCBDが割と普及していると言いましたが、実際どの程度そういった状況が確認できるのでしょうか?

CBDに関しては、合法となっている国を数えることができるので、そこからある程度は判断ができます。

ヨーロッパの場合には約30か国存在しており、EUの加盟国よりも多い状況となっています。

つまり、ヨーロッパ全体としてCBDを普通に使用することができる状況であり、そこは日本と同様です。

どの程度日常に溶け込んでいるのか?については、数値では表すことが難しいですけど、日本よりも日常のアイテムとして感じやすい面はあるでしょう。

日本の場合、CBDに対して知識がある人の場合はともかく、そうじゃない人の場合には大麻由来という部分でネガティブな印象を抱く人がいますから。

こういった点により、日本とヨーロッパにおけるCBDに対する印象の違いは少なからず感じられます。

日本の場合には愛好家が使っているイメージですが、ヨーロッパでは大衆に広まっている国が多くあると言えるでしょう。


ヨーロッパではどのような用途でCBDを使用しているのか?

ヨーロッパにおいてCBDが割と普及している状況が確認できたと思われますが、彼らは何の目的でCBDを使っているのでしょうか?

国ごとに微妙な差はありますけど、全体的に言うと健康効果、またはリラックス効果という面が大きいです。

CBDの効果は多様であるため、どういう効果に期待をするか?に関してはかなり幅広く、一概には言えない面を持っているでしょう。

ただ、全体の傾向で言えば、ヨーロッパの人たちは健康効果、リラックス効果を狙って使用している状況が見られます。

この2つはCBDの効果としてはメジャーであり、日本人においてもちろんこういった部分に期待をして使っている人がいます。

しかし、ヨーロッパにおいては特にメジャーな使い方として定着しているため、ここは特徴として理解をしておくと良いでしょう。

特にリラックス効果に関しては人気のようで、ほぼ嗜好品のような使われ方をしているのが現状です。

例えば、タバコを吸うとリラックスできる人もいるはずですけど、それと同じような効果をもたらすため、ヨーロッパにおいてCBDは嗜好品としての性格が強いと評価できます。

嗜好品としての性格を持っていれば、日常に溶け込みやすいと言えるため、ヨーロッパにおいてCBDが普及するのも納得がいきます。

CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ「初心者にオススメなCBDオイル3選」もご覧ください。

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→定期購入では無い、今だけの買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBD オイル Gold Amber 3%濃度 限定割引