2020年11月29日日曜日

就業中にもCBDを摂取したい方へ


仕事をしているとストレスや疲れを感じることが少なくありません。

就業中にはストレスによって、頭痛、肩こり、目の疲れなどを感じる方もいることでしょう。

ストレスは心身のバランスを崩す原因なので、できるだけストレスをためこまないようにすることが、健康を維持しながら仕事をするために大切なことです。

そうはいっても、就業中にストレス解消のために大声を出すなどはできません。

また、ストレスを完全になくすことも難しいです。

そこで、ストレスとうまくつき合っていく工夫が必要になります。

その手助けをしてくれるようなものがCBDです。

ここでは、CBDに期待できる働きや就業中の摂り方を紹介します。


ストレスの心身への影響

やりたくもない仕事、上司からの叱責、人間関係など、仕事をしているとさまざまなストレスがあります。

適度なストレスであれば、やる気や集中力を高めてくれますが、過度なストレスは心身に悪影響を与えます。

体のバランスを保つ働きにかかわる機能が自律神経です。

自律神経には主に日中や緊張しているときに活発に働く交感神経と、眠っているときやリラックスしているときに活発に働く副交感神経があります。

ストレスは交感神経を活発にします。

また、コルチゾールやアドレナリンなどのホルモンも分泌されます。

こういった状態が長期的に続くと、免疫力の低下、不眠、胃腸障害などさまざまな影響を体に与えます。


CBDに期待できる働き

人間の体内にはエンドカンナビノイドシステム(ESC)という体を調整する機能が備わっています。

心拍数、血圧、免疫などの調整もESCが関わっています。

ところが、ESCはストレスによって機能が低下をしてしまいます。

ストレスを感じるとドキドキしたり、長期的な影響では免疫力が低下をしたりしますが、これらはESCもかかわっている働きです。

CBDはESCの働きをサポートして、機能を整えてくれると期待されています。

CBDを摂取した人の中には、よく眠れるようになった、リラックスできるなど実感している人もいるようです。


CBD製品の種類

CBDを配合した製品には、いくつかの種類があります。


CBDオイル

ヘンプオイル、ココナッツオイル、MCTオイルなどにCBDを配合したものです。

スポイトを使って舌に垂らして摂取をします。


CBDリキッド

液体にCBDを配合したもので、ヴェポライザーを使って蒸気にして吸引をします。


CBDカプセル

CBDオイルをカプセルに閉じ込めたサプリメントです。


CBDクリーム、CBDバーム

肌に塗るタイプのCBDです。

シアバターやホホバオイルなどの油脂をベースにCBDを配合しています。


CBDグミ、CBDチョコレート

食べるタイプのCBDです。

一般的なグミやチョコレートと同じようなものにCBDを配合しています。


就業中のCBDの摂り方

就業中には周りの人の目があるので、気軽に何かを口にできる状況ではないと思います。

このような状況では、CBDを摂取したくても難しいことでしょう。

就業中に摂取するなら、なるべく人目が気にならない形状の製品を利用することをおすすめします。

CBDリキッドはタバコを吸っているように見えるので、就業中の利用はおすすめできません。

タバコを吸う人が多い職場なら人目が気になりにくいかもしれませんが、近年は受動喫煙についても厳しく管理されるようになってきています。

CBDリキッドは蒸気にして吸引をするので、喫煙所でなくても吸引して問題ないのですが、もしもCBDリキッドを使用するなら周りの人に配慮をして、喫煙所を利用した方がよいかもしれません。

CBDオイルは口を大きく開けて、舌にオイルを垂らして摂取をします。

口を大きく開けるため、人目が気になるかもしれません。

飲み物に混ぜて摂取することもできるので、人目が気になるなら飲み物に混ぜるとよいでしょう。

CBDグミやCBDチョコレートは、一般的なグミやチョコレートを食べているのと同じように見えるので、あまり人目が気になりません。

ただし、カロリーが気になります。

カプセルも普通のサプリメントを飲んでいるように見えるので、就業中でも摂取をしやすいです。

CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ「初心者にオススメなCBDオイル3選」もご覧ください。

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→定期購入では無い、今だけの買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBD オイル Gold Amber 3%濃度 限定割引