2020年11月15日日曜日

CBDを実店舗で買うメリットとは


CBDはネットショップだけでなく実店舗でも購入ができます。

しかし、地方に住んでいると近隣にCBDを販売している実店舗が見つからないことがあると思います。

そうはいっても、実店舗で購入するメリットはあります。

今回は実店舗で購入するメリットや地方に住んでいる人はどうやって購入したらいいのかを紹介します。


メリット1 スタッフに相談できる

CBDを始めて購入する人、使う人は、どのような製品を選んだらいいのか迷ってしまうと思います。

CBD製品といっても、オイル、リキッド、カプセルなどさまざまなタイプがあり、またCBDオイルといってもいくつものメーカーから販売されていて、それぞれCBD配合量などが異なります。

安全に利用するためには、自分にあった製品を選ぶことが大切です。

CBDを専門に扱っている店舗なら、CBDに関しての知識があるスタッフが常駐しているはずです。

わからないことがあればスタッフに相談でき、CBD製品選びを手伝ってくれることでしょう。

知識のあるスタッフなら、CBDの摂取方法についてのアドバイスもくれるかもしれません。

たとえばCBDオイルの場合、オイルを口に含んですぐに飲み込むよりも、しばらく口の中に留めておいた方が吸収がよくなります。

こういったちょっとしたアドバイスがあるだけで、CBD初心者でも利用をしやすくなります。


メリット2 実際に手に取って確かめられる

ネットショップの商品紹介ページでは、商品の原料、CBD配合量、CBD濃度などが記載されています。

しかし、文字が小さくて見にくい、ページのどこに記載されているのかわからないといったこともあります。

安心できる製品を購入するためには、製品情報をしっかり確認することが大切です。

実店舗なら製品を実際に手に取って確かめることができます。

パッケージには原料やCBD配合量などが記載されていて、手に取って自分の目で確認することができるのです。

また、店舗によっては試せることがあります。

CBDオイルには独特の香りや味があり、苦手と感じる人もいます。

せっかく高いお金を支払って購入をしたのに、臭いや味が気になって数回使って捨ててしまうようではもったいないです。

実店舗で試すことができれば香りや味を確認できて、その製品を自分が摂取できるのかがわかります。

一度試しておくと安心できることでしょう。


メリット3 送料がかからない

ネットショップで購入をすると送料がかかりますが、実店舗なら送料は必要ありません。

近年は送料が値上がりする傾向があるので、小さな商品1つを発送してもらうにも送料が高くついてしまうことが珍しくないです。

1回1回の送料がそれほどかからなかったとしても、何度も利用していればそれなりの金額になります。

実店舗なら送料分のコストを削減できます。


地方に住んでいて実店舗がない場合は

地方に住んでいるとCBD製品を購入できる実店舗が近くにないことがあると思います。

その場合は、実店舗がある地域に出かけたときについでに購入する、ネットショップを利用するといった方法で購入するとよいでしょう。

ネットショップによっては実店舗よりも種類を豊富にそろえていることがあります。

さまざまな種類のものがあると、自分にあったものを見つけやすいです。

また、まとめて購入をすれば送料が無料になることがあります。

ネットショップによっては○○円以上で送料無料となっているので確認してみてください。

ネットショップで購入するときには実際に手にとって確かめることができないので、商品情報をしっかりと確認しておくことが重要です。

文字が小さくてわかりにくいかもしれませんが、商品ページで原料、CBD配合量、CBD濃度を確認してください。

そして、THCが含まれていないことを確認することも重要です。

THCは向精神作用がある成分で、日本の法律では規制されています。

厚生労働省の指導のもとに日本に製品や原料を輸入されていることが多いのですが、違法な方法で輸入しているメーカーがないとは限りません。

実際にTHCを含む製品が見つかっています。

そのため、成分分析表を掲載しているか、第三者機関の検査を受けているかなどを確認してください。

▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。