肌荒れの防止や毛穴の引き締めに効果的なウィッチヘーゼルとは?


ウィッチヘーゼルという植物を知っていますか。化粧品などに配合されることがある成分で、肌荒れの防止や毛穴の引き締めが期待できます。その他にもウィッチヘーゼルには、さまざまな魅力があります。

ここでは、ウィッチヘーゼルとはどのような植物なのか、どのような働きが期待できるのかなどを解説していきます。


ウィッチヘーゼルとは

ウィッチヘーゼルはハマメリスとも呼ばれる落葉樹です。日本ではアメリカマンサクとも呼ばれています。

ウィッチヘーゼルは2~3月ころに、錦糸卵のような花ともいわれる黄色いひも状の花を咲かせます。色が少ない寒い季節に明るい色を添えてくれる存在です。

葉は直径15cmほどです。落葉樹なので冬には葉がない状態です。

ウィッチヘーゼルはアメリカ先住民が使用していたといわれています。民間療法的には、炎症の緩和、すり傷・切り傷・あざの治療などに使用されます。


化粧品に配合されるウィッチヘーゼルに期待できる働き

民間療法的には、炎症の緩和、軽度の傷の治療、口内炎の治療などに使用されていますが、化粧品に配合されるウィッチヘーゼルのエキスには、毛穴を引き締め働きが期待できます。

顔の毛穴が目立ってしまう理由は4つあります。

1つめは、過剰な皮脂が毛穴を押し広げることです。皮脂分泌量が多いと、過剰な皮脂が毛穴を押し広げ、ぽっかりと毛穴が目立ってしまうことがあります。

2つめは、毛穴にたまった角栓です。角栓は、皮脂と角質が混ざり合ったものです。洗顔をしても落とすことが難しく、毛穴に角栓がたまって酸化をすると、毛穴が黒っぽく見えます。

3つめは、肌の乾燥です。肌表面には、皮溝という溝と皮丘という盛り上がった部分があり、皮溝と皮丘が規則正しく並んでいると、キメが整い毛穴の目立たない状態になります。ところが、肌が乾燥をすると皮溝と皮丘の並びの構造が乱れてしまい、毛穴が開いた状態になります。

4つめは、メラニンによるものです。毛穴の周りにメラニン色素がたまると、黒っぽくなって目立ちます。

毛穴に汚れがたまることで目立つ毛穴は、汚れを取ることが解消につながります。ウィッチヘーゼルは、乾燥によって開いた毛穴や過剰な皮脂分泌によって目立つ毛穴をキュッと引き締める働きが期待できます。


なぜ引き締めてくれるの?

では、なぜ毛穴の引き締めによいとされているのでしょうか。

それは、タンニンという成分が含まれているからです。

タンニンは植物に含まれるポリフェノールの一種です。ポリフェノールは何千種類もあり、タンニンの他にもアントシアニン、イソフラボン、レスベラトロールなどがあります。

タンニンは口に入れると渋みを感じる成分です。柿、紅茶、緑茶などに多く含まれていますが、これらの食品を口に入れると渋みを感じた経験を持っていることでしょう。渋みを感じるのは、タンニンが舌のタンパク質を変性させることによります。味覚ではなく、タンパク質変性によって生じる痛みなどの感覚だとされています。

肌に塗るとタンパク質変性によって、毛穴の引き締め作用を発揮します。これを収れん作用といいます。

また、タンニンは口から摂取しても力を発揮し、下痢をとめる働きがあるとされています。


ウィッチヘーゼル配合の化粧品の使い方

ウィッチヘーゼルは化粧品に配合される成分です。では、ウィッチヘーゼル配合の化粧品は、どのように使ったらよいのでしょうか。


化粧水

導入美容液を使わない場合、洗顔後の肌に最初につけるものが化粧水です。

化粧水は手でつける方法と、コットンを使ってつける方法があります。

手でつけるときには、手のひらに化粧水を適量取り出して顔全体になじませ、最後に手のひら全体で化粧水を押し込むイメージで顔を覆います。

コットンでつけるときには、コットンが化粧水を吸収するので、やや多めに化粧水を使用します。コットンが透けるくらいたっぷりと使用することが目安です。中指の間にコットンを乗せ、人差し指と薬指で挟み、優しくパッティングをします。


乳液、クリーム

乳液やクリームはスキンケアの最後に使用をします。

適量を手に取り出し、両頬・額・鼻・あごの5か所におきます。指を滑らせるようにして、顔の内側から外側に向かって広げてなじませます。

▼ウィッチヘーゼルを使用した製品はこちら

→肌と筋肉に作用するスーパーCBDクリーム-Naturecan


▼高価なCBDオイルをいきなり試すのが怖い方は、まずは980円でお試しできるキャンペーンを利用するのが良いでしょう。
→買い切りお試し価格 2週間分980円 hemptouch CBDオイル

▼CBDオイル初心者の方は、300商品以上解説した当サイトが選ぶ下記3選もご覧ください。
→初心者にオススメなCBDオイル3選