2021年2月12日金曜日

CBD製品を愛用する海外セレブ。その理由とは


海外セレブも愛用しているといわれるものがCBDです。

海外セレブは、美容や健康に気を遣っています。

そんな海外セレブが注目しているCBDとはどのようなものなのでしょうか。

愛用しているといわれる海外セレブや注目される理由を解説していきます。


CBDとは

CBDとは、大麻草に含まれる天然成分の一種です。

大麻草には80種類から114種類ほどのカンナビノイドが含まれており、その一種がCBDです。

大麻草というとマリファナを連想するかもしれませんが、CBDの抽出に使用されている大麻草とマリファナはTHCやCBD含有量が違います。

THCも大麻草に含まれるカンナビノドの一種です。

脳の受容体への感受性が高く、摂取すると幻覚、幻聴、精神錯乱などを起こすことがある、日本では規制されている成分です。

CBDはWHOが安全性を認めており、向精神作用はありません。

また、日本では合法の成分です。

CBDは、リラックス、ストレスの緩和、睡眠などをサポートするといわれています。


CBDを愛用する海外セレブ

オリヴィア・ワイルド

2004年のテレビシリーズ「The O.C.」で注目を集め、2007年には「Dr.HOUSE」に出演、2008年には『マキシム』誌による「2009年のハリウッドを引っ張っていくホットで若いセレブ8名」に選ばれています。

さらに、2009年には同誌による「セクシーな女性100人」にも選ばれています。

CBDのボディーローションを使用しています。


ジェニファー・アニストン

1990年にデビュー、1994年から放送されたテレビドラマ「フレンズ」で注目されるようになります。

2002年にエミー賞、2003年にゴールデングローブ賞を受賞し、2004年には『ピープル』誌による「最も美しい50人」に選ばれ、2010年には同誌による「最も美しい100人」に選ばれています。

CBDオイルを愛用しています。


ナタリー・ポートマン

1994年にデビューをした、イスラエル出身の女優です。

「アンネの日記」や「スター・ウォーズ」などに出演をしています。

CBDを配合しているボディークリームを使用しているようです。


レントン・ミースター

女優、歌手、モデルと多彩に活躍している女性です。

女優としては2007年に放送された「ゴシップガール」に出演したことがきっかけでブレイクしました。


CBDが注目される理由

では、なぜ海外セレブがCBDを愛用しているのでしょうか。


リラックスのため

海外セレブは忙しい毎日を過ごしており、パパラッチの心配もあり、ストレスの多い生活なことでしょう。

ストレスをため込んでしまうと心身に影響を与えます。

息抜きをしたいと思っても、日々忙しく過ごしていると息抜きする時間を取ることがなかなかできません。

CBDは緊張やストレスを感じたとき、ほっと一息つく手助けをしてくれます。


質の良い睡眠のため

寝ている間には体の修復や疲労の回復が行われています。

日々忙しくても健康的に仕事をこなしていくためには、良質な睡眠をとることが必要です。

そして、睡眠不足は肌に影響を与えるので、肌のコンディションをよく整えておくためにも、質の良い睡眠をとることが大切になります。

CBDを使用している方の中には、飲むと寝付きやすくなると感じている方がいるようです。


肌の調子を整えるため

CBDクリームやボディーローションには、保湿系の成分が配合されていることが珍しくありません。

肌が乾燥をすると乾燥小ジワや乾燥によるくすみが現れてしまうことがあります。

こういったことを防ぐためには、肌を保湿ケアすることが大切です。


CBD製品の選び方

海外セレブたちは、CBDオイルやCBDクリーム、CBDボディーローションなどを愛用しているようです。

こういった形態の製品は日本で手に入れることができます。

さまざまな製品がありますが、どのように選べばよいのでしょうか。


THCフリー

日本ではTHCを規制しているため、THCを含んでいる製品を所持していてはいけません。

THCフリーなことを確認しましょう。


使いやすい

オイル、カプセル、クリームなどさまざまな形態があります。

自分が使いやすいものを選びましょう。


価格

毎日続けるなら価格も大切です。

手の取りやすい価格のものなら毎日使いやすいです。

2021年2月11日木曜日

CBD製品の国内製造の課題と選び方


日本で販売されているCBD製品の多くは、アメリカやヨーロッパなどから輸入しているものです。

しかし、国内製造のCBD製品も輸入品に比べれば数は少ないものの、日本国内で販売されています。

この記事では、CBD製品を国内製造するために必要なことや、CBD製品の選び方などを紹介していきます。


CBDとは

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

麻には80種類以上のカンナビノイドが含まれており、CBDはその一種になります。

麻は人間が古くから利用してきた植物で、衣類、縄、食用など、さまざまなことに利用されてきました。

現在でも麻繊維など日常生活の中に取り入れられています。

麻を危険視する方もいるかもしれませんが、古くから利用されてきた人間になじみがある植物なのです。

CBDはWHOが安全性を認めている成分で、日本では規制されていません。

また、向精神作用や依存性もないとされています。


なぜ輸入製品が多いのか

CBD製品を国内製造するためにどのようなことが必要なのか知る前に、なぜCBD製品を輸入しているのか知っておきましょう。

輸入している理由がわかると、国内製造することの難しさがわかります。

日本には大麻取締法があり、大麻取扱者でなければ大麻草の所持や栽培をしてはいけないとされています。

そのため、日本で大麻草を育てて、そこからCBDを抽出して、製品化することは行われていません。

海外は日本とは法律が違うので、麻を栽培してCBDを抽出することができます。

また、アメリカやカナダではCBDを使用している医薬品が承認されています。

海外ではCBDの抽出から製品化までをすることができるけれど、日本ではそれができない。

そのため、日本で販売されているCBD製品の多くは輸入されているものなのです。


CBD製品を国内製造するためには

CBDを輸入するためには手続きが必要です。

大麻草から作られたCBD製品を輸入する際には、大麻草の成熟した茎や種子から抽出・製造されたCBD製品であることを証明する文書、成分分析書、CBDの原材料および製造過程の写真を提出します。

大麻取締法で規制されているのは、大麻草の花穂と葉です。

成熟した茎と種子は規制対象外になっているので、大麻草の成熟した茎や種子から抽出・製造されたCBD製品であれば、輸入することができます。

これらの書類を提出して原料を輸入し、国内製造をします。

国内製造をするためには、そのための製造ラインが必要です。

日本国内では部位ごとに製造ラインが別れておらず、これまでは法律に適した工場で製造することができませんでした。

しかし、長年の努力の結果、日本国内で製造ラインを完成させた企業があります。

法律に適した製造ラインを持つことによって、国内製造が可能となりました。


国内製造のCBD製品の選び方

国内製造の製品は安心感を持つ方もいると思いますが、国内製造ならどんな商品でも安全だとは限りません。

では、どのような点に気をつけて選べばよいのでしょうか。


THCフリー

国内製造のCBD製品は、原料のCBDを輸入して、国内工場で最終的な製品にしています。

輸入する原料はTHCを含んでいないことを確認しています。

しかし、日本に輸入された海外製品(日本国内製造ではない)からTHCが見つかったケースがあるので、国内製造の製品でも注意が必要です。

成分分析書を公表し、THCフリーなことが明らかになっている製品を選びましょう。


配合量

製品によってCBD配合量が違います。

CBDは忍容性が高い成分といわれていますが、人によっては頭痛や吐き気などの症状が出てしまうことがあります。

CBDを始めて摂取する場合は、配合量が少ない成分を選び、少ない量から摂取するようにしましょう。


添加物の有無

CBD自体に問題がなくても、一緒に配合されている成分が心配なことがあります。

全成分を見て、どのような成分が使用されているのか、その成分は安全なのか確認しておきましょう。

また、食物アレルギーを持っている方は、アレルギー成分を含んでいないことを確認してください。

チョコレートやクッキータイプのCBD製品は、アレルギー成分を含んでいる可能性があるので注意が必要です。

CBD製品を飛行機や船で日本持ち込みする事は出来るのか


日本で販売されているCBD製品は海外から輸入されているもので、CBDオイル30ml入りのものだと1万円程度で販売されています。

この値段を高く感じる人もいることでしょう。

しかし、海外でなら日本で購入するよりも安く手に入れられる可能性があります。

でも、海外で購入したものを日本持ち込み(国内持ち込み)できるのでしょうか。

CBDを日本持ち込みできるのかや注意点を解説していきます。


CBDの日本での扱い

アメリカやカナダでは、CBDを含有した薬品が承認されていますが、日本では2020年時点では承認された医薬品はなく、日本国内で販売されているCBD製品は食品や化粧品扱いになっています。

製品の形態としては、オイル、リキッド、カプセル、クリーム、バームなどがあります。

日本では大麻取締法が定められており、「大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。」としています。

大麻取締法でいう「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)およびその製品のことです。

CBDは大麻草に含まれるカンナビドの一種にあたります。

しかし、大麻取締法では、大麻草の成熟した茎およびその製品、種子およびその製品は対象とされていません。

そのため、日本で販売されているCBD製品には、大麻草の成熟した茎や種子から抽出されたCBDが使用されています。


飛行機にCBDを持ち込める?

飛行機はCBDオイルの持ち込みが可能です。

CBDオイルは液体に分類され、航空会社が定める液体物の持ち込みルールに従うことになります。

手荷物として持ち込むには、次のようなルールに従う必要があります。


  • 100ml(g)以下の容器に入った液体物で、ジッパー付きの透明で再封可能で透明な袋に余裕を持っていれる。
  • 持ち込みに利用できる透明袋の大きさの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以下。
  • 透明プラスチック袋の持ち込みは、1人1つまで。


持ち込み制限の対象となる液体物があるので、事前に確認しておきましょう。

保安検査場で放棄されてしまうこともあります。


CBDはカプセルやリキッドなどの製品もあります。

サプリメントは飛行機に持ち込み可能です。

リキッドは電子タバコを蒸気にして吸引するもので、機内でも電子タバコの使用は禁止されています。

機内で吸引しない場合でも、リキッドは持ち込みが禁止されてしまう可能性があります。


クルーズ船にCBDを持ち込める?

クルーズ船はさまざまな国に寄港をするため、それぞれの国の法律によって対応が違ってきます。

国によっては大麻草に関連する製品を規制しているので、寄港する国の法律を確認しておきましょう。

持ち込める場合でも、CBDオイルの場合は持ち込み可能な容量が決められています。

クルーズ船によって異なるので確認してください。


日本持ち込み(国内持ち込み)は可能なのか

大麻草に含まれるTHCは日本で規制されていますが、CBDは規制されていません。

そのため、CBDを日本持ち込みすることは可能です。

そのときに、注意しなければならないことがあります。

それは、THCを含んでいない製品であることです。

日本ではTHCを規制しているため、THCを含んだ製品を日本持ち込みすることはできません。

現在日本で販売されているCBD製品は、THCフリーなことを成分分析で確認しているものです。

THCを含んでいる製品であった場合は、逮捕される可能性があります。

海外ではTHCを含んでいる製品が販売されていることがあるので、購入の際にはラベルをよく読んで確認しましょう。

海外の文字で書かれているとわかりにくいので、よく確認するように注意が必要です。

もしもTHCを含む製品を購入し、日本に持ち込もうとした場合は、検査でとめられてしまったり、製品を没収されたり、場合によっては逮捕される可能性があります。

THCを含んでいることを知らず、悪気があって行ったのではなくても、日本では大麻草の所持が禁止されているため、逮捕されてしまう可能性があるのです。

このようなリスクがあるため、海外で購入したものを日本持ち込みしない方がよいでしょう。

正規輸入されているものを購入した方が安心できます。

日本企業がCBDブランドを展開できる理由


日本で販売されているCBD製品は、海外から輸入されています。

日本でCBDを抽出して、日本で製品化している製品は、2020年の時点ではないのです。

しかし、日本企業のCBDブランドはあります。

この記事では、なぜ日本でCBDを抽出する段階から製造していないのか、日本で販売されているCBD製品はどういったものなのか、日本企業のブランドはどういったものがあるのかを解説していきます。


CBDを日本で抽出していない理由

CBDは大麻草から抽出される成分です大麻草には80~114種類ほどのカンナビノイドが含まれていて、その中の一種がCBDです。

日本では大麻取締法という法律があり、第三条では「大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。」と定めています。

この法律の大麻とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)のことです。

また、カンナビノイドの一種であるTHCを含む製品を輸入したり、所持することもできません。

このような決まりがあるため、日本ではCBDを抽出していないのです。


日本で販売されているCBD製品について

大麻草の成熟した茎およびその製品、大麻草の種子およびその製品は、大麻取締法の規制対象にはなっていません。

そのため、大麻草の茎や種子から抽出したCBDでTHCを含んでいないものであれば、日本に輸入することができます。

現在日本で販売されているCBD製品は、アメリカなどで製造された製品です。

日本の法律では大麻草の花穂や葉が規制されているため、大麻草の茎や種子からCBDを抽出し、THCを取り除いて製品化して、それを輸入しています。

また、CBD原料を海外から輸入をして、日本で製品化しているものもあります。

また、使用している大麻草はTHCの含有量が少ないものを選んでいます。

アメリカの連邦法で定められた大麻草の区分けでは、産業用ヘンプとはCBD成分の含有率が20%以上でTHC成分が0.3%以下、マリファナとはCBD成分の含有率が10%以上でTHC成分が20%以上としています。

CBD抽出に使用されているのは産業用ヘンプです。

輸入の際には、製品の写真、成分分析書などを提出する必要があります。

成分分析ではTHCを含んでいないことを確認します。


CBD製品の種類

CBDオイル

CBDは脂溶性の成分です。

CBDオイルは、MCTオイルやヘンプオイルなどにCBDを配合したものです。

日本で販売されているものは、5%濃度や10%濃度のものが多いです。


CBDリキッド

電子タバコを使用して蒸気にして吸引をします。

フレーバー付きのものがあり、香りを楽しめます。


CBDカプセル

CBDをカプセルに閉じ込めたものです。

CBDの味を気にせずに摂取できます。


CBD配合のお菓子

チョコレート、グミ、キャンディー、クッキーなどにCBDを配合した製品です。

お菓子のように食べることができます。


CBDクリーム

肌に塗るタイプのCBD製品です。

乾燥対策や運動後のケアに役立ちます。


CBDの日本企業ブランド

数は少ないですが、日本でCBDを製品化している日本企業もあります。

CBD原料は海外から輸入をし、最終的な製品化を日本で行っています。

製品化するためには、まず原料の調達から難しいです。

日本では大麻草の茎や種子から抽出したCBDでなければ輸入することができず、そのような製品を作っている海外のメーカーを探すことが難しいのです。

そして、製品化するためには何度も試作を繰り返さなければなりません。

何度も試すために時間がかかり、さらに資金も必要です。

その資金をどうやって集めるかも問題になります。

さらに、販売ルートを確保しなければなりません。

日本では大麻草は危険、CBDは怪しいというイメージを持っている方が少なくないので、販売ルートを確保することにも苦労をします。

こういった苦労を重ねながらも日本でCBDを販売しているブランドがあります。

日本で立ち上げられたブランドには、「WALALA」「THE CBD」「ataracia」などがあります。

これらは、輸入の際に必要書類を提出し、THCを含んでいない原料を使用している製品です。

代官山にあるCBD関連ショップの特徴や利用するメリット


東京の代官山は知名度が高い街で、オシャレな雰囲気を感じられる心地いい場所と言えます。

そんな代官山の地には多くのお店が並んでおり、様々な文化を体感することができるはずです。

そして、その中にはCBDに関連したショップが存在し、CBDを日頃から使っている人、またはこれから使用したいと考えている人にとっては絶好のエリアと評価できます。

実際に代官山にはどんなお店が存在しているのか?そこにはどういう魅力が備わっているのか?という部分について知っておきましょう。

代官山はアクセス的にも優れている場所なので、CBDに関心がある人からすれば、非常に価値のある情報と言えるはずですから。


代官山に存在するエンペラドーラ代官山の特徴や魅力

代官山は珍しいショップなどが割と並んでいる地域なので、CBD関連のお店があっても全く不思議ではない雰囲気となっています。

実際、代官山にはCBD製品を扱うお店がいくつか見つかりますが、「エンペラドード代官山」はその1つです。

このお店は代官山では有名なCBD関連のショップの1つであり、元々はオーガニック製品を中心に販売していました。

その後、徐々に品揃えを充実させていき、今ではCBD製品なども普通に扱うようになっています。

したがって、CBDを求めにやってきた際には、他のジャンルの品についても目を奪われる可能性があります。

基本的には若い人たちが多く訪れているものの、割と高齢な人たちもやってくるお店です。

例えば60代以上と思われる人たちがお店に来ることもあるため、お客さんの年齢層としては割とバラバラです。

だから、年齢に関係なく、多くの人たちにとって訪れやすい状況が実現していると言え、ここはメリットと評価できるでしょう。

また、エンペラドーラ代官山は、全体的に清潔感を覚えることができる佇まいとなっているため、入りやすい雰囲気があります。


エンペラドーラ代官山のアクセスは抜群にいい

エンペラドーラ代官山に関しては、最寄り駅は代官山駅です。

東急東横線のみの駅となっていますけど、渋谷駅と中目黒駅に挟まれた駅であるため、利便性は非常に高いです。

この代官山駅から徒歩3分となっているため、非常に通いやすい状況となっています。

駅を出てすぐという状況は非常に魅力的と言えるでしょうし、実際に向かってみるとその通いやすさは理解できるはずです。

また、このお店は恵比寿駅から通うことも可能となっており、こちらは徒歩5分という位置にあります。

恵比寿駅に関しては、代官山駅以上に利便性を実感しやすい駅と言えるでしょう。

JR山手線においては、こちらも渋谷駅の隣に位置するわけですが、乗り換えできる路線もありますから。

この恵比寿駅も徒歩圏内となっているので、実際にエンペラドーラ代官山を訪れる際には知っておくと良いと思います。

アクセスに関しては、不満が生まれる余地はほぼないと言えるのではないでしょうか?


エンペラドーラ代官山では多くの人たちの相談に乗っている

CBDを使用する人は、基本的に何かしらの悩みを持っている人が大半と言えます。

その悩みを解決するための手段としてCBDを使っていくことが多いので、当然と言えば当然ですが。

ただ、何らかの悩みを持っている人がこのお店を訪れる傾向にあるため、エンペラドーラ代官山ではそういったお客さんへの対応が可能となっています。

このお店のスタッフはそれなりにCBDに対する知見を持ち、経験も豊富となっているので、気軽に相談がしやすいです。

実際に相談をすると、お店で扱っている中で、どういった商品を買うと良いのか?の提案をしてくれる場合があります。

したがって、何かしらの悩みを持ち、CBD製品を頼ろうと考えている人は、エンペラドーラ代官山のスタッフに相談をすると良いでしょう。

的確な商品を紹介してくれるはずで、何を買えばいいのか?に関して迷う必要がない点は非常にありがたいと感じるはずです。

こういった部分についてもエンペラドーラ代官山を訪れるメリットになるはずですから、覚えておくと良いと思います。

CBDに関して初心者であるという自覚がある人が訪れるときには、特にその価値を見出しやすいと評価できるわけです。

CBD製品やコスメなどが充実している広島のお店の特徴や魅力


CBD製品を扱うお店は、全国的に見るとそれなりの数は存在しています。

しかし、ある程度地域的な偏りがあるため、どのエリアにも満遍なくあると言える状況ではありません。

中国地方の広島県においては、CBD製品を扱うお店は一応存在しているものの、数は多くない状況です。

したがって、この地域に住んでいる人の場合、実店舗でCBDを購入しようと思ったら、苦慮する可能性があります。

ただ、お店自体がないわけではありませんから、広島県内に存在するCBD製品に関するショップの情報を頭に入れておきましょう。


CBD製品も扱うBiople by CosmeKitchenエキエ広島店の特徴や魅力

広島県でCBD製品に関するお店として特に有名なのは「Biople by CosmeKitchenエキエ広島店」でしょう。

ここはCBDに関する専門店というわけではありませんが、CBD製品を扱っているという意味では、非常に貴重な存在と言えます。

ただ、全体的に言えばコスメ用品がかなり目立っており、CBD製品がメインというわけではありません。

そこはBiople by CosmeKitchenエキエ広島店の特徴として、あらかじめ理解しておきましょう。

コスメ用品がメインということで、客層はどうしても女性に偏りがちな面があります。

したがって、男性にとっては入りづらい雰囲気を感じる可能性があるので、そこについても知っておきたい部分です。

しかし、女性からすればCBD製品のみならず、コスメ用品などに関しても同時にチェックできる部分は魅力でしょう。

CBDは美容に関して効果を発揮する側面があるため、CBDに関心がある人であれば、コスメに関しても興味を抱けるはずですから、双方をともにチェックできる面は確実にメリットと言えます。


Biople by CosmeKitchenは全国展開しているお店

Biople by CosmeKitchenエキエ広島店に関しては、そもそも広島だけに存在しているお店というわけではありません。

このBiople by CosmeKitchenは、それ以外にも日本の多くのエリアに出店している状況が確認できます。

中国地方は、広島にある1店のみですけど、例えば関東であればかなりの数が存在しています。

こういった部分は、お店に関して大きな信頼を感じることができるのではないでしょうか?

全国に多くのお店があるということは、それだけ儲かっている状況が多いはずで、それは消費者から支持されている証拠でしょうから。

したがって、このBiople by CosmeKitchenエキエ広島店に関しても当然に期待を持つことはできるはずです。

全国展開しているという点は消費者からすればメリットを感じられると言え、エキエ広島店以外のお店の存在に関しても頭に入れておくと良いと思います。

また、Biople by CosmeKitchenに関しては、オンラインショップもあるため、必ずしも実店舗に向かう必要がない点も重要と言えます。

これは広島に住んでいる人だけにかかわる話ではないですけど、オンラインショップという選択肢は常に意識しておいた方が良いです。


Biople by CosmeKitchenエキエ広島店のオンラインショップの充実度は素晴らしい

Biople by CosmeKitchenエキエ広島店のオンラインショップに関しては、ぜひ1度見てもらいたいと思います。

それくらいに商品のラインナップが充実しており、人によってはしばらく見とれてしまう可能性があるでしょう。

CBD製品も割と揃っているのですが、それ以外に関しても幅広く美容にかかわる品が並んでいる状況です。

コスメにかかわる品が多いですが、それ以外にもジャンルが豊富なので、多くの人たちにとっては予想外の光景となるでしょう。

実店舗に向かうことが厳しい人もいるでしょうから、そういった人に関してはオンラインショップも候補にすると良いです。

特に広島に住んでいる人の場合には、Biople by CosmeKitchenエキエ広島店に向かうことが難しい場合もあります。

場所は広島駅の近くなので、アクセスは悪くないと評価できますが、全員がそこに向かいやすいわけではないですから。

オンラインショップの選択肢があるだけで助かるケースもあるため、Biople by CosmeKitchenエキエ広島店に関して興味を抱いた人は、こちらの充実ぶりを1度チェックしてみてください。

横浜にあるCBD製品の販売店の知っておくべき特徴や魅力


神奈川県の横浜市は、県内では有数の都市として有名となっています。

東京にも近いですし、立地の面で言えば魅力は相当大きいと評価できるはずです。

この地には商業施設が充実している面があるため、当然ながらCBDに関するお店もそれなりに見られます。

したがって、横浜市内、または横浜に近いエリアに住んでいる人に関しては、この地でCBD製品を買うならば横浜はかなりおすすめと言えるでしょう。

実際、多くの人たちに知ってもらいたい、とっておきのお店が存在しているので、そこに関して詳しく紹介していきます。


Mr. VAPE YOKOHAMAの特徴や魅力

横浜にはCBD製品を扱うお店が複数ありますけど、「Mr. VAPE YOKOHAMA」はその1つです。

このお店は文字通り横浜市内に存在しており、VAPE専門店となっているものの、CBDに関しても品揃えは良いです。

もちろん、VAPEに関しても豊富に揃っているため、そういったものを求めている人にもおすすめできます。

ここは実店舗だけではなくて、オンラインショップも存在しているので、そこで購入することも可能です。

だから、お店に行っても問題ありませんが、ちょっと遠いとか、アクセスしづらいと感じるならば、オンラインショップの利用でも構わないでしょう。

やはりMr. VAPE YOKOHAMAの場合には、そういった選択肢がある点は非常に大きいと言えるはずです。

横浜市内であれば、神奈川県の多方面、東京などからも向かいやすいはずですから、店内の雰囲気を楽しむ目的も兼ねて、直接訪れてみるのも良いと思いますが。

ただ、Mr. VAPE YOKOHAMAには通販という選択肢がある点はとりあえず覚えておくといいです。


Mr. VAPE YOKOHAMAは横浜駅から非常に近い

Mr. VAPE YOKOHAMAのアクセス面に関して言えば、横浜駅から徒歩圏内という魅力が存在しています。

横浜駅と言えば、神奈川県内でも特に大きな駅ですし、多くの路線が乗り入れている場所です。

したがって、本当にあらゆる方向から訪れやすい場所にお店を構えていると評価できます。

このMr. VAPE YOKOHAMAは、横浜駅から徒歩5分となっているため、迷う心配はほぼないと思われます。

お店自体はビルの4階にあって、そのビル自体は割と大きめなのですぐに分かるでしょう。

初めての人であってもすぐに着くことができるはずですから、アクセスに関しては特に問題は生じないと思います。

実際、お店の中に入ってみると、全体的にオシャレな空間が広がっているという感覚になりやすいはずです。

スタイリッシュな場所なので、シンプルながらどことなくこだわりが感じられるような印象になるでしょう。

そういった中でCBDやVAPEに関する品が並んでいますから、心地よく商品を見定めることができる状況になっています。


Mr. VAPE YOKOHAMAでは女性のスタッフが在籍している

Mr. VAPE YOKOHAMAにおいては、男性スタッフのみならず、女性のスタッフも働いています。

CBD製品を扱うお店では、女性スタッフはどちらかと言えば少ない、ほとんどいないお店も珍しくありません。

したがって、女性スタッフがきちんと在籍している状況は、女性の利用客からするとメリットに感じられるでしょう。

男性スタッフだと話しかけづらいといった感覚になる場合も考えられ、質問などがしづらい可能性は現実的にありえます。

だからこそ、女性スタッフの方が女性の利用客にとっては都合がいいと言え、そこに気を遣っているMr. VAPE YOKOHAMAはかなり評価できるはずです。

実際、このお店は女性の利用客も多く訪れている状況があるため、女性の方でも入りやすい状況が整っている点はとても素晴らしいです。

スタッフのみならず、利用客について女性が多いという点に関しても、女性にとっては安心材料となるでしょう。

また、CBDやVAPEに関してかなり詳しい人のみならず、どちらかと言えば初心者に該当する人も割と訪れているようですから、ビギナーにとっても安心です。

つまり、誰にとっても訪れやすい環境となっているため、そこは横浜にあるMr. VAPE YOKOHAMAの特徴として覚えておくと良いのではないでしょうか?

南アフリカ共和国におけるCBDや大麻の事情や特徴


南アフリカ共和国はアフリカ大陸の南端にあり、日本人からすれば馴染みがあまりないと感じられるでしょう。

ただ、南アフリカに関しては、実は日本と多少なりとも共通点を見出すことが可能です。

それはCBDに関してであり、実はCBDや大麻に関する現状が日本と似通っている状況が確認されます。

南アフリカにおけるCBDや大麻事情に関して詳しい日本人はなかなかいないと思われますが、実は日本人にとっては無視できない現状が存在しています。

南アフリカという国について詳しく知らない人であっても、CBDや大麻事情から興味を持つケースがもしかしたらあるかもしれません。


南アフリカのCBDや大麻事情は日本と割と似ている

南アフリカでは、CBDや大麻はどのような扱いになっているのか?その点に関して、まずは知っておきましょう。

まずCBDに関しては、基本的には合法という扱いになっているため、普通に日常生活の中で使用ができます。

ただ、THCに関しては違法となっているので、基本的には大麻それ自体は違法です。

こういった部分を見ると、CBDと大麻の扱いについては、日本とほぼ同じ状況が存在していると言えるでしょう。

日本でもCBD自体は合法ですが、THCは基本的には違法であり、THCが一定量を越えたCBD製品は使用不可となっています。

大麻に関する認識は日本と南アフリカでは割と似ているため、日本人からすると妙に親近感がわいてくるかもしれません。

実際、国としては大きな違いを見出すことが可能だとは思われますが、こういった部分で少なからず共通点はあると言える状況です。

CBDの普及度合いについても日本と似ているところがありますし、多くの人たちがお店を通じて愛用しているのが現状です。

ただ、CBD市場のシェア争いについては、日本よりも激化している面があると言えるでしょう。


南アフリカでは大麻を合法的に使用できる状況が存在する

南アフリカでは、大麻は基本的に違法であると先ほどお伝えしました。

ただ、特定のケースに限っては、実は合法に使用することができるため、完全に違法にはなっていない部分に注意です。

南アフリカでは、実は大麻を私的な場所において所持、使用することは違法ではない状況が存在しています。

だから、場所を選べば事実上大麻を使用することが可能となっており、それが理由で刑罰を受けることはありません。

したがって、この点においては日本と南アフリカの大麻事情に関して違いがあると言えるでしょう。

しかし、相変わらず公の場における大麻の使用、譲渡、売買などは違法なので、あくまでも私的利用に限るという判断です。

この部分は2018年に示されたものですから、昔からそうだったというわけではない点が特徴です。

つまり、2017年以前は大麻の扱いに関して、日本とかなり似通った状況だったわけですが、2018年からは南アフリカならではの方向性に向きつつあると評価できます。

大麻の扱いに関しては日本のように完全に違法になっているケースの方が珍しいのかもしれないです。

南アフリカでは、CBDのみならず大麻を愛用している人も少なからずいる状況と評価できます。


南アフリカのCBDに対するイメージは日本とは違う

南アフリカでは、日本と同様にCBDは人気の存在として、多くの人たちから愛用されています。

そういった状況は、大雑把に見れば日本と同様と評価でき、特別違った雰囲気には見えないかもしれません。

しかし、南アフリカにおけるCBDに対するイメージは、日本よりもずっといいものです。

先ほど話したように、南アフリカでは大麻の使用が状況によってはOKとなっているため、大麻それ自体に対するイメージはさほど悪くありません。

つまり、CBDに対するイメージも割と良い状況で、基本的に嫌悪感を抱いているような層は相当少ないでしょう。

ただ、日本の場合には大麻が完全に違法になっているため、その成分が一部含まれているCBDに対するイメージは必ずしもいいとは言えません。

愛用者や詳しい人たちは何とも思わないはずですけど、興味がない人たちからしたら近寄り難い存在というケースもあるはずです。

偏見を持っている人の割合で言えば、南アフリカよりは日本の方がどうしても高いと言えるでしょう。

2021年2月7日日曜日

持ち運びに便利で様々な物に使えるCBDアイソレートパウダー-LEGITEX


健康を気にする方、ストレスが多い方などから注目されている成分がCBDです。

CBDはオイル製品が多いのですが、オイルは液体なので持ち運びしにくい性質があります。

持ち運びをするなら、パウダーが便利です。

今回ご紹介する製品は「LEGITEX CBD アイソレート パウダー」です。


CBDはヘンプに含まれるカンナビノイドの一種です。

CBDは免疫、食欲、睡眠などをコントロールしている機能をサポートする働きがあるといわれています。

リラックスや気分のリフレッシュに役立つ成分です。


LEGITEX CBD アイソレート パウダーは、ヘンプから超臨界二酸化炭素抽出方法でCBDを取り出したフルスペクトラムヘンプオイルをろ過した、純度99%のアイソレートの製品となっています。

その他のカンナビノイド、テルペン、日本の法律で規制されているTHCなどは取り除かれています。

CBDのみの純度の高い製品となっており、テルペンなどを含まないため、無味無臭です。

製品の内容量は1gです。

小さなフタができる容器に入っていて軽いので、持ち運びが可能です。

カバンやポケットに入れておけば、外出先でもCBDを摂取できます。


パウダーになっているので、飲み物や料理に混ぜて摂取することが可能です。

普通の電子タバコリキッドにCBDパウダーを溶かせば、CBD入りのリキッドにすることもできます。

濃度は体調を見ながら調整をしてください。

はじめて摂取する方は、少ない量から始めるようにします。

また、眠気が出ることがあるので、運転前や運転中には摂取しないでください。


LEGITEX CBD アイソレート パウダーは、パウダー状で持ち運びに便利、飲み物にも、料理にも、電子タバコにも使用することができ、使い勝手がよい製品といえるでしょう。


→LEGITEX CBDアイソレート パウダー 1000mg 1g


プロロングボーダーMitch Abshere監修CBDオイル-BEACHED DAYS


麻から抽出されたCBDに不安を感じていたり、安全性に疑問を持っている方もいることでしょう。

高品質なCBDを使用している製品が「BEACHED DAYS(ビーチドデイズ)CBDオイル」です。


ビーチドデイズは、カリフォルニア出身のMitch Abshereのがデビューさせたブランドです。

Mitch Abshereはカリスマ的なプロロングボーダーであり、カフェや古着などを一段高い次元に引き上げた、日本においても影響力のある人物です。


ビーチドデイズ CBDオイルは、1ボトルあたり1000mgのCBDを配合しています。

使用しているCBDは、有機栽培をしているヘンプの茎から超臨界二酸化炭素抽出法を用いて抽出しています。

超臨界二酸化炭素抽出方法は、有機溶剤を使用しない方法で、高温によって損なわれてしまう成分を守りながら抽出することができます。

日本ではTHCという成分が規制されていますが、ビーチドデイズ CBDオイルはアメリカ食品医薬局(FDA)が認可する施設で成分分析を行っており、THCフリーなことを確認しています。

また、輸入に際しては日本の厚生労働省の指導に基づいています。

ビーチドデイズ CBDオイルに使用されている原料は、MCTオイルとCBDだけとシンプルです。

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%のオイルで、中鎖脂肪酸はココナッツオイルや母乳などに含まれています。


1回摂取量は1mlです。付属のスポイトの8分目ほどが1mlになります。

初めてCBDを摂取する場合は、少ない量から試すようにしてください。


有機栽培されたヘンプの茎を使用し、成分分析を行っている、高品質なCBD製品です。

品質の高いものなら、毎日安心して摂取できることでしょう。


→BEACHED DAYS CBDオイル